日本では、お祝いごとにプレゼントを贈る習慣があります。

必ずしも渡すわけでは無いものの、結婚や出産・入学などの場合には渡す事が多いとされています。

例え親族で無かったとしても、出産や結婚などの際には気持ちとして贈る場合があり、貰った人も貰いっぱなしでは無く『内祝い』という形でお返しをする事が基本となっております。

日本は、それだけ相手に対して礼を重んじる傾向があります。

大事な友人や知人などであれば、是非自分の嬉しい気持ちを相手に伝える意味も込めてプレゼントを送ってみてはいかがでしょうか。

特に、出産祝いの場合は選ぶ方もなんだか楽しい気持ちになる物です。

例え自分が使う物では無かったとしても、子供用品は見ているだけで心が暖かくなる物です。

小さいというだけでどんな靴も、洋服も可愛く見えてしまいます。

ついつい予算を越えて、多くも物を相手にプレゼントしたくなる事もあるでしょう。

そんな楽しい気持ちでお買い物をする事が出来る出産祝いですが、時には悩む場合もあるでしょう。

それは、そのお祝いが『二人目』だった場合です。

今の日本では少子化が進んでいるといわれています。

その為、昔に比べれば一人っ子の家庭も多くなり決して珍し事ではなくなりつつあります。

しかしながら、今でも多くのお子さんを出産する方は勿論居ます。

2.3人であれば珍しい事でも無いでしょう。

その場合、出産祝いを贈る事が難しくなる場合があります。

というのも、既に一度子育てをしている場合必要な物がある程度揃ってしまっている場合が殆どなのです。

洋服などの衣類の場合も、年が近ければ近い程おさがりを保管してあるご家庭が殆どです。

その為、あえて購入しなくとも用が足りてしまうのです。

一人目と同じような感覚で出産祝いを購入すると、かぶってしまったり相手を喜ばせる事が出来なくなってしまう事もあるでしょう。

せっかく贈るプレゼントが相手を喜ばせることが出来ないのであれば意味がありません。

どうせ贈るのであれば、相手に気に入って貰えるものを贈りたい物です。

そこで今回は、二人目に向けて贈る出産祝いのお勧め商品をご紹介させて頂きます。

どんな物が良いのか悩んでいる方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

一人目と比べ二人目は選ぶのが難しい

一人目の出産は、何もかもが初めてです。

自分は勿論、おじいちゃん・おばあちゃんにあたる両親や友人・知人達の喜びも大きな物があるんでしょう。

その為、周りから色々な贈り物を貰う事もあるでしょう。

何を貰っても初めての事なので、被る事も少なく新鮮な気持ちで楽しむ事が出来るでしょう。

しかし、『二回目』となるとどうしても感動が半減してしまう場合があります。

ついつい熱が冷めてしまい、1回目のように気持ちを込めて商品を探す事が出来ない場合もあるでしょう。

出産での『2回目』と言えば第二子の事を指します。

末っ子の方からすれば『2人目でもしっかりお祝いしてよ!!』と怒りを感じるかもしれません。

ですが、お祝いする気持ちは勿論あります。

あるけれどそれを、お祝いの物として考えるとどうしても一人目のような熱い気持ちを持つ事が出来なくなってしまうのです。

また、一人目より二人目のお祝いを選ぶ事が難しい理由は他にもあります。

それは、第二子の場合同じ物をあげてしまう可能性があるからです。

一人目の時は、何を渡しても一度目なのでそうそう被る事はありませんでした。

洋服などの場合も、何を貰っても嬉しいと感じる事が出来たでしょう。

ですが、2人目の場合はそうは行きません。

既に持っている物が沢山あるからです。

育児グッズは勿論、洋服なども上の子と同性だった場合には殆ど数年先まで揃っていると言っても過言ではありません。

だからこそ、お祝いを贈る側の人々は何を渡したら良いのか分からず悩んでしまうのです。

育児グッズ等がある程度揃っている


育児グッズは沢山の物があります。

必要な物は成長と共にドンドン変化して行きます。

その為、一度揃えれば終わりと言う事は無く次々に購入する必要があります。

この様に書くと、それならばお祝いとして渡しても良いのでは無いかと思う方も多いでしょう。

勿論、第二子の出産祝いに育児グッズを渡す事も悪い事ではありません。

ですが、『2回目』であると言う事を忘れてはいけません。

どんなに必要な物も二つは要らないのです。

確かに、育児グッズは多くの物があります。

買い集めるのには時間もお金もかかるでしょう。

お祝いでその部分を手助けする事が出来れば、喜ばれるようにも感じるでしょう。

ですが、第二子の場合は違います。

既に一度育児を経験していると言う事は、必要な物は既にあるという場合が殆どなのです。

自分が必要と感じたものは、必然的に買い足さなければなりません。

結果的に、その人に必要な育児グッズは一人目の時にある程度揃ってしまうのです。

勿論赤ちゃんによって性格も行動も違います。

その為、もしかしたら第二子になって初めて必要となる物もあるかもしれません。

そんな時は、お祝いとして渡す事も良いでしょう。

ですが、被る確率がとても高いと言う事を忘れては行けません。

ママの目も肥えている

人は一度経験すると、学習します。

それは育児に関する事も同じです。

第一子の時は、何もかもが手さぐ繰りで何が必要で、何が役立つかも分からない物です。

そのせいで無駄な物を購入してしまったりする事も多いでしょう。

お祝いで貰った可愛いけれど、使い心地の悪い商品なども、ついつい捨てる事が出来ず使用している事も。

ですが、二人目になると二回目と言う事もありついつい自分の目が肥えてしまって居ます。

そのせいで、貰った物の必要頻度などを考えてしまう事もあります。

中には、このメーカじゃない物が良かったなんて思う事もあるかもしれません。

勿論、どんな物を貰ってもお祝いの気持ちは嬉しい物です。

感謝もしてくれるでしょう。

ですが、本当の意味で納得し心のそこから感謝する事が出来る物を渡す事が出来なければ相手は心のどこかでがっかりしてしまう事もあるかもしれません。

二人目の出産祝いの相場は?


日本には、様々な礼儀に関する決まり事があります。

それはお金に関する事でも、同じ事です。

例えば、結婚式のご祝儀は身内以外は基本的に3万円と相場が決まって居ます。

これには諸説あるものの、多くの人は対して理由も分からずに3万を用意してご祝儀として居るのかもしれません。

『皆一緒』が好きな日本人ならではの行動の一つと言えるでしょう。

それは、結婚祝いとして渡されるご祝儀に限られた事ではありません。

出産祝いに対してもおおよその相場があります。

幾らぐらいの物を購入したら良いのか分からない方は、まずその相場を調べる事から初めてください。

お金の差はシビアに出ます。

他の人が、2万の物を渡しているのにも関わらずあなたが3000円の物を渡していては、その差に恥ずかしい思いをするかもしれません。

勿論、金額だけが全てなわけではありません。

自分がどうしてもそれを渡したいと思って選んだものなのであれば問題ありません。

ですが、もし知らずに選んでいるのであれば恥ずかしい気持ちになる事は大いに想像出来るでしょう。

だからこそ、相場を知る事はとても大切なのです。

相場はあくまでも平均値です。

それを知る事によってどうするのかは、あなた次第です。

自分が納得する物を購入する事が出来るかどうかを考える為にも、まずは相場をしっかりと頭の中に入れておいてください。

一般的に5000円~10000円

2人目の出産祝いの相場は、5000円~10000円だと言われて居ます。

その為、その程度の商品を探す事によって、周りから浮く事も無く適度な物を選ぶ事が出来るでしょう。

ですが、物によてはこの金額で買う事が出来ない場合もあるでしょう。

そんな時は、連名で贈る事も一つのポイントです。

一人では、金銭的な理由もあり気分が希望した贈り物を購入する事が出来ない場合もあるでしょう。

ですが、数人でまとまって行動する事によって、予算が増えより一層良いものを贈る事が出来るかもしれません。

金額的に余裕が無く、贈りたい物を購入する事が出来ないという方は、是非参考にしてみてください。

一人目の7、8割を目安にしてもOK

もし、一人目の出産祝いをとても張り切って購入した場合、2人目からいきなり金額を下げるのも気が引けるという事もあるでしょう。

例え相場があろうとも半額以下になってしまうと、どうしても後ろめたい気持ちになってしまうかもしれません。

もちろん、お祝いは気持ちが大切です。

金額だけで全ての物事が決まるわけではありません。

ですが、金額を全く気にしなくて良いかと聞かれればそれは難しい問題です。

やはり多少は、金額を意識する必要があるでしょう。

そこで、金額の目安もうけてみてはいかがでしょうか。

第一子に送った場合には、その7、8割を意識しましょう。

そうする事によってもらった方も格段に下がったと感じる事無く贈り物を喜んで受け取る事が出来るのでは無いでしょうか。

親戚の場合は10000円~30000円

親戚は、どうしてもなんに関しても金額が高くなるものです。

それは、お祝い事も勿論そうです。

その為、友人と同じような相場のプレゼントをあげてしまうとなんだか少ないような雰囲気になってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、贈り物を買うときはまず相場を意識して下さい。

ただし、既に自分が第二子を出産しお祝いを貰っているのであればその貰った物を基準とする事も出来ます。

相手か
高価なものを貰った場合には高価なものを。

お手頃な物を貰った場合には、お手軽な物を渡しても問題はありません。

相場はあくまでも世間的な平均値です。

その為、家庭によってズレがある事は容易に想像する事が出来るでしょう。

世間の流れを意識する事も大切ですが、自分の家庭での基準を第一に考えて下さい。

上の子にお兄ちゃん・お姉ちゃんになったお祝いをする場合も

第二子の出産は、喜ばしい事です。

その為、出産祝いと言えば生まれた子に向けて送る事が一般的でしょう。

ですが、もし余裕があるのであれば、上の子に向けたプレゼントを買ってあげてみてはいかがでしょうか。

年齢が近ければ近いほど、上の子は下の子が生まれた事に対して複雑な思いを抱えている場合があります。

うれしけれど、ママやパパが取られてしまうようなさみしさがあるのです。

だからこそ、そんな時に下の子に向けたお祝いばかりが届けば、その思いはさらに強い物になってしまう場合があります。

その為、そんなときは上の子に向けてのプレゼントを容易してあげてください。

何も高価なものを渡す必要はありません。

気持ちだけでいいのです。

なんなら、お菓子だけでもかまいません。

そのちょっとした気遣いがあるだけで、子供の心は満たされるものなのです。

おすすめの出産祝い商品

それではここからは、オススメの出産祝いについてご紹介させて頂きます。

こらは、あくまでも2人目以降に向けてのオススメ商品です。

何が良いかとと常に悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

お揃いの洋服

2人目という事は、上にお姉ちゃんなりお兄ちゃんがいる事は分かりきっています。

だからこそ、その子達と一緒に着れるお揃いのお洋服を贈ってみてはいかがでしょうか。

既に2人目という事で、ある程度の服は揃っている場合が殆どです。

性別川同じであれば特にそうでしょう。

だからこそ、新生児に向けた洋服はさほど好まれない場合が多々あります。

ですがわお揃いの服は、2人目が生まれてこそ初めて着ることが出来る服装なのです。

だからこそ、あまり数を持っていない場合も多く被ることが少ないという利点があります。

また、自分で購入するには二枚分という事もあり金額的な負担も大きくなってしまいます。

そのせいで、なかなか数を揃えることが出来ない場合もあるでしょう。

だからこそ、そういった物を選ぶ事によって、より相手に喜ばれるプレゼントを選ぶ事が出来るようになるでしょう。

遊び心のある着ぐるみ等

お祝いというと、ついついかしこまったものを想像してしまいがちです。

ですが、2人目なのであれば時には遊んでみてはいかがでしょうか。

勿論、ふざけると言うわけではありません。

あくまでも、ちょっと楽しんでみる程度です。

1人目で既にある程度のグッズが揃っているのであれば、あえて遊びごごろのある着ぐるみなどを渡してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんが着る着ぐるみ姿ほど可愛い物はありません。

その姿を見るだけで、大変な育児を乗り切ることが出来るかもしれません。

疲れたママを癒してくれるのも、可愛い子供の姿です。

その姿を見ることが出来るようにちょっと手助けしてみてはいかがでしょうか。

おむつケーキ

育児グッズが殆ど揃っている場合、何を貰っても『ふたつ目』となってしまう場合もあるでしょう。

そんな時は、消耗品を渡す事によって、相手に喜ばれるケースが多々あります。

新生児の育児の場合、一番の消耗品と言えばオムツでしょう。

1時間に何度も交換することも珍しい事では無く、まとめ買いをしてもあっという間に無くなってしまうものです。

その為、オムツは喜ばれるケースが多々あります。

送る方からすると、オムツでは何だか味気ないような気持ちになってしまう事もあるでしょう。

ですが、一番実用的で場所も取らない事から喜ばれるケースが多々あります。

最近では、オムツだけでは無く他のプレゼントも一緒になって販売されているものも多々あります。

オムツだけではと言う方は、そういった物をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

食器セット

新生児向けのお祝いは、たくさん貰う物です。

2人目ともなれば、その数は更に増える事でしょう。

ですが、それに比べもう少し大きくなった幼児期に使うものは貰う機会が少ない場合が多々あります。

そこで、その時期に使うものを意識して贈り物を考えてみてはいかがでしょうか。

今はまだミルクしか飲む事が出来ない小さな命である赤ちゃんも、月日が経てば知らず知らずのうちに食事を取る事が出来るようになります。

一年も経てば、ミルクを卒業し薄味のご飯を家族に混じって食べるようになるかもしれません。

出産祝いでは、そんな時に使用する事が出来る食器をプレゼントしてまてはいかがでしょうか。

例え1人目の時に使っていたものがあったとしても、割れにくいプラスチックなどの場合には古くなってしまっている可能性もあります。

自分で買い直す程ではないけれど、貰えたら嬉しいと思うかもしれません。

名前入りアイテム

2人目は、どうしてもお下がりが多くなってしまいます。

特に同性の場合には洋服や靴などありとあらゆる物がお下がりになってしまう可能性もあります。

それは仕方がない事です。

子供はすぐに大きくなってしまいます。

まだ使えるものが、サイズアウトしてしまう事も少なくないでしょう。

だからこそ、次に生まれた2人目にそれを使用したいと思うのは自然の流れでしょう。

ですが、2人目の子供からしてみれば時には自分だけの物を買って欲しいと思うもの。

だからこそ、その子に向けてあえて名前入りのプレゼントを贈ってみるのもいいかもしれません。

新生児の頃は、自分の名前があるかどうかなど全く分からないでしょう。

ですが、大きくなり自分に向けて送られた物だと言う事が分かるようになれば嬉しい気持ちも倍増するでしょう。

未来に向けて、プレゼント贈ってみてはいかがでしょうか。

よだれかけ

よだれかけを今ではスタイと呼びます。

よだれかけというと何だか古めかしいイメージの物も、スタイと言うだけでとたんに素敵なものに感じる事が出来るから不思議です。

スタイは新生児の頃は、意外とあまり使いません。

なんと無く付けている姿が可愛いからこそ、使っている方はいるかもしれませんがよだれを受け止めると言う本来の役割はあまり果たしては居ません。

ですが、歯が生え始める時期や離乳食が始まるとスタイは大活躍します。

1日一枚では足りないほど沢山のスタイが必要になる場合もあるでしょう。

可愛い物を使いたいと思いつつ、何枚も必要な物なので、そうそう沢山の種類を購入する事は出来ません。

そんな時にお祝いで可愛いスタイを貰っていたらどうでしょうか。

新生児の時に、すぐに使えるものでは無いので贈った当初はあまり反応をして貰え無い場合もあるでしょう。

ですが、後々になり、喜ばれる可能性が大いにあるプレゼントです。

ですが、スタイはその子によって必要頻度が全く違います。

沢山の数が必要な人もいれば、ほとんど必要ない子も居るのです。

その為、使われない場合もあることを意識しておきましょう。

メモリアルギフト

1人目の時は、何もかもが初めてです。

大変な事も、勿論沢山ありますがそれ以上に喜びを強く感じる事が出来るでしょう。

記念品や写真なども沢山用意する事もあるかもしれません。

ですが、2人目になると、どうしてもそれが減ってしまいます。

興味がないわけでは無いものの、どうしても数は減ってしまうという現実があるのです。

だからこそ、お祝いでは2人目の子に向けたメモリアルグッズを代わりに用意してみてはいかがでしょうか。

どんな物が良いかは、その人によって違います。

その為、そのご家庭の趣味などに合わせて考えてみてはいかがでしょうか。

部屋のインテリアや趣味などを考えることによって、その人にあってプレゼントを考える事が出来るかもしれません。

育児サポートグッズ

育児はとても大変な仕事です。

最近では核家族が進み、ママが1人で育児をするケースも少なく無いでしょう。

『ワンオペ』と言う言葉が流行するほど、多くの人が一対一の育児に奮闘しています。

ですが、一対一でもいっぱいいっぱいだった育児が二対一になればどうでしょうか。

どうしても手が回らない部分も出てきてしまうかもしれません。

そんな時に使う事が出来る、育児をサポートしてくれるグッズがあったらどうでしょうか。

1人目の育児では必要無かったものも、2人目になり必要になる場合も出てきます。

自分ではあえて購入する事に躊躇してしまうような事も、人からの贈り物であれば、遠慮なく使用する事が出来るのでは無いでしょうか。

お祝いは、ついつい子共に向けたものが多くなりがちです。

ですが、本当に大変なのは勿論ママです。

そのママが頑張る事が出来るようなグッズを、プレゼンてあげることも大切な事なのでは無いでしょうか。

赤ちゃん用のタオル

育児グッズは、消耗品です。

一度揃えたからと言って、2人目の時に全く買うものが無いかと言われればそんな事はありません。

すでに使い古してしまった物などは、新たに購入する必要があるでしょう。

例えば、タオルなどもその1つです。

新生児の場合には、まだ免疫力が低く家族と同じ洗濯洗剤を使用してはいけないほど肌が敏感だとされています。

その為、新生児の時には使用するタオルなども別で用意する場合が殆どです。

ですが、大きくなるにつれ自然と家族と共有の物へと変化していきます。

その為、昔は新生児用のタオルだったものも、気がつけばそうでは無くなっているのです。

だからこそ、新しいタオルを送る事によって、必要な物をまかなう事が出来る場合もあるでしょう。

食事用エプロン

食事用のエプロンは、育児においての必須アイテムです。

新生児の頃はまだまだだと思っていてもその時期はあっという間にやってくるでしょう。

大変な離乳食の時代を乗り切るためにも、食事用のエプロンを贈ることは、ママに対するえーるになるかもしれません。

また、2人目の場合には、1人目の子のエプロンがある場合もあるでしょう。

ですが、年齢が近い場合まだ上の子が現役で使用している場合もあるのです。

その為、あるけれど、もう一枚欲しいと言う事もあり得るのです。

キチンとした食事用のエプロンは意外とたかく、既に一枚あるのにもう一枚購入する事に抵抗を感じる場合もあるかもしれません。

そう言ったものこそ、お祝いにピッタリな物だと言えるでしょう。

ありがたいけど嬉しくない…NG出産祝い

出産祝いなどは、相手から必ず貰わなければいけない物ではありません。

相手が気持ちがあってこそ渡してくれる物なのです。

そのため、どんな物を貰ったとしても本来であれば喜ぶべきであり、文句を言うものではありません。

ですが、それでも、時にはガッカリしてしまうようなプレゼントを送られる場合もあるかもしれません。

貰ったものを断る事は出来ない物の、ガッカリした気持ちを消す事は出来ません。

送る側も、どうせ送るのであれば相手に喜ばれは物を送りたいと考えるはずです。

だからこそ、贈り物を考える際はキチンと内容を考える相手が困らないものをチョイスしましょう。

ベビーカー等大型プレゼント

あくまでも、二人目と言う事を忘れては行けません。

ベビーカーなどは、基本的に持っている場合が多く二人目の時にプレゼントされても困る事が殆どです。

勿論人によってはもっていない場合もあるでしょう。

本人からの希望なのであれば、それを渡す事も悪い事ではありません。

ですが、それはあくまでも本人がピンポイントで指定してきた場合のみです。

それ以外の場合では、相手が困る事を想定しそういった物はさけるようにしてください。

高額過ぎるプレゼント

何事も程度問題というものがあります。

例え、どんなにお世話になっている方に対するお祝い出会ったとしても、出産祝いであまりにも高価な物をプレゼントする事はお勧め出来ません。

そこまで高価な物をプレゼントされれば相手が恐縮してしまう可能性があります。

また、お祝いは貰うばかりでは行けません。

必ず相手にお返しをしなければならないからです。

そうなった時に、高価な物は相手の負担になってしまう事もあるでしょう。

そうならない為にも、極力一般の常識の範囲内のプレゼントを贈るようにしましょう。

おさがりをプレゼントにする

親しい友人であれば自分の子供が着なくなった服をプレゼントする事は悪い事ではありません。

子供はすぐに服を汚すもの。

その為、それを考えれば服はいくつあっても助かる贈り物です。

ですが、それを出産祝いと考えるのはいかがな物でしょうか。

いくら仲の良い間柄であったとしてもおさがりはあくまでもお下がりです。

お祝いの気持ちがあるのであれば、お祝い事はきちんと新品をおくりましょう。

安過ぎるプレゼント

お祝いは、高すぎてもいけませんが安すぎてもいけません。

お祝いを貰った場合には、大抵内祝いとしてお返しをする事がきほんとなっています。

しかし、余りにも安いものだと内祝いを購入する金額に達せずに赤字になってしまうのです。

贈り物は気持ちですが、あくまでも常識の範囲内でのお祝いにしましょう。

キャラクターものの服

キャラクターは、好みがはっきりと別れます。

あなたが大好きなキャラクターも、相手は好きで無いかもしれません。

中には『ダサい』と感じる事もあるでしょう。

だからこそ、キャラクター物は避けるべきです。

上の子など、自分の好きな物がハッキリと決まっている子に対しては喜ばれる事もあるかもしれませんが、それ以外は出来るだけキャラクターは避けるようにしましょう。

二人目以降の出産祝いは、特別感を大切にする事がポイント

2人目の出産祝いは、どんな物を贈ったら良いのか分からず悩むことも多いでしょう。

1人目の時にきちんとお祝いを贈っているからこそ、2人目を何もしないと言うわけにもいかず、どれ程の物を遅れば良いのか分からなくなってしまうのです。

また、2人目の場合には既に持っている可能性も多々あります。

その為、自分が贈った物がかぶってしまい、喜ばれないケースもあるかもしれません。

必要な育児グッズが殆ど揃ってしまっているという事も十分考えられます。

だからこそ、より一層何を贈ったら良いのか分からなくなってしまう場合もあります。

勿論、贈り物は気持ちが大切です。

だからこそ、どんな物をあげても問題は無いのです。

とは言え、贈るからには喜んでほしいと言う気持ちもあるでしょう。

その為、2人目のお祝いの場合にはより特別感を意識したものを選ぶように心がけましょう。

特別感と言っても、値段をかければ良いと言うわけではありません。

その家族にピッタリな物や、より実用的なものを意識してみてはいかがでしょうか。

それが例え一般的なお祝いとは少々違っていたとしてもそれで相手が喜んでくれるのであればそれが一番のお祝いです。

『素敵なプレゼントをありがとう』と言って貰えるよう、どうせ贈るのであればしっかりと中身を考えて贈ることをお勧めします。