友人や会社の同僚、上司、先輩、後輩と、自分の周りにめでたく結婚の決まったカップルはいませんか?心から祝福するためにもお祝いのプレゼントは早めに渡しておきたいところですね。

しかし、最近は近所付きあいが減り、こういった冠婚葬祭ごとのしきたりやルールに全く疎くなってしまっている傾向にあります。

結婚のお祝い品っていったい、いくらくらいのものを用意すればいいのか、どんな品物ならば相手に対して失礼に当たらないのか、祝い事だけに犯してはいけないルールがあるのだろうか、などなど。

切り詰めていったら、案外、分からないことだらけなのですよね。

そこで、今を生きる人たちに結婚祝いのプレゼントの事について色々と紹介していきたいと思います。

晴の舞台の二人を祝うに当たって、粗相のないマナーを身に着けておきましょう。

【結婚祝いのプレゼントに迷ったら、こちらの記事もチェック!】

結婚祝いのプレゼントを選ぶ前に知っておきたいこと

古来より日本では、目出度い席である婚儀に関しては、格式と伝統を重んじる傾向があります。

その中にはやっていいことと悪いことの区別がはっきりとつけられていました。

祝言の席で粗相を起こし、そのお家に不幸や災いが起こらぬように配慮した名残が今も残っているのです。

そんな中の一つが贈り物を渡す上での、決まり事ですね。

では、昔と今とではプレゼントの渡し方に大きな違いが出来ているのでしょうか?一つ一つ見ていくことにしましょう。

1. 渡すタイミングはいつ?


結婚を控えたお二人に、お祝いのプレゼントを渡したいのですが、さて、いざ渡すとなると考えてしまいますね。

渡す時期、タイミング、暦の上で何か気にすることがあるの?などなど。

気にし始めたらますます気になってしまってこちらの身動きが取れなくなってしまいそうですね。

一般的には結婚されるお二人の結納が済んで結婚式をあげるまでの間に直接、届けに行くのがベターだと言われています。

もしくは、式をあげる一週間前までには渡しておくべきところでしょう。

これは結婚式を挙げた事のある方ならば、良く分かる判断だと思います。

とにかく、式を挙げるまでの前日まで、忙しいといったらありません。

式の諸々の打ち合わせにこれほど時間を割かれるとは思いもよらなかったでしょう。

また、当人たちが結婚式を挙げるまでにご挨拶を済ませておかなければいけない人も大勢います。

それ以外にも新居のこと、新婚旅行のこと、結婚道具のことなど、数え上げたら切りがありません。

また、結納が無事に終わってもいないのに、気が早い人は早ければいいだろう、と相手の都合も考えずに渡してしまおうとする人もいます。

これもよくありません。

何らかの理由で二人の結婚が破棄されてしまう事もあり得ます。

だから、最低でも結納が済むまではじっとしていなければなりません。

このように、お祝いのプレゼントを渡すだけでも、渡す方といただく方との忙しさの密度が大きく違っていることに注意する必要があるということなのです。

その他にも二点ほど、注意しておいた方がいいことを紹介しておきますね。

1. カレンダー的に良い日は?

お祝いの品のプレゼントですから、常識をお持ちの方であれば、大安吉日などの縁起の良い日に届けに行ったほうがいいのではないか?と思われることでしょう。

確かに、日本ではこだわり過ぎるくらい、縁起を担ぐ風習があります。

わざわざ、大安の日を狙って何かをする、という感じです。

果たしてこの大安狙い、本当に意味があるのでしょうか?

まあ、事の信憑性についてはさておき、ここはやはり結婚する当人たちの都合、スケジュールを最優先にして行動するべきではないでしょうか?
先程も書きましたように、結納から式当日まで、当人たちにとったら息つく暇もないくらい、スケジュールが詰まってきます。

いくら、結婚祝いの品を届けに来てくれるからといって、大安の日を狙ってばかり来られたのでは、こちら側の予定が立たなくなってしまいますね。

よって、結婚祝いのプレゼントを届けに行くのは、相手の都合を聞いてからにしましょう。

旧暦による縁起の事を気にされる方もいるでしょうが、主役は結婚される両人です。

こちらは脇役だと思って動くことですね。

2. 結婚式当日はNG?


結婚式の当日に結婚祝いの品物をプレゼントしようとする方もいらっしゃるかも分かりませんね。

遠方からやって来た身なので、当人たちに中々会えないが為の行動かもしれませんが…。

これは、やはり当日に渡すということは差し控えるべきでしょう。

結婚式当日に式を挙げた両名に自由な時間などありません。

式を挙げる何時間も前から会場へ入って髪合わせや衣装の着付けに入ります。

多くの出席者たちと挨拶も行わなければなりません。

式と披露宴が終わったら、二次会や三次会で引っ張られます。

とても夫婦二人でくつろげる時間などありません。

そのような時にいくら小さ目の大きさのプレゼントを渡されてもろくな挨拶もゆっくりできないでしょう。

全てにおいて逆効果になってしまうのです。

なので、直接、届けたい場合は二人が新婚旅行から帰ってきて新居に入って落ち着いた頃合いを狙って伺った方がタイミング的にはいいのではないでしょうか?

不思議なもので式の前日までは、あんなに忙しかったのに新婚旅行から帰ってきて1週間もたてば、嘘のようにひっそりとしてきます。

伺うならこのタイミングでしょうね。

双方とも落ち着いてゆっくりとした時間を味わえるでしょう。

2. 渡し方にも気を配ろう

結婚祝いとはいえ、そんなに肩ひじ張るほどのプレゼントでもないから、ブラッと行ってサッと渡してきて帰ればいい、なんて考えている方がいるとしたら、ちょっと考え直してもらいたものです。

例え、プレゼントする品物が高価なものでないにしろ、受け取る方は一生に一度だけの(?)イベントに関する来訪客です。

それなりの応対も必要になってきます。

それと、渡す時の場所や周囲の雰囲気にも配慮が必要になってきます。

もしかしたら、仕事仲間にも知らせていない、秘密の結婚なのかもわかりません。

結婚に関することは、当人が堂々と周囲に公表していればいいですが、中には公表できずに当日を迎えられる方もいるかも分かりません。

思いやりと配慮が欠けてしまうと、とんでもない事態に陥ってしまう可能性も結婚にはあるのです。

なので、当人たちとしっかり連絡を取り合って、いついつのどこで待ち合わせて、という感じで行いましょう。

せっかくの結婚を祝う気持ちが逆効果になってしまっては、元も子もないですからね。

3. メッセージを添えよう

結婚祝いのプレゼントには気の利いたお祝いのメッセージを添えて渡すと、祝福ムードに更に華が加わることになるでしょう。

女性が品物をみつくろって選んだ場合は、このようなサービスは容易に考えつくことだと思います。

問題は男性です。

男性がプレゼントを選ぶと、お目当てのものを探し出すのに必死で、買い物ができたことだけに専念し過ぎる事になりかねません。

すると、メッセージを添えるという付加価値をきれいさっぱり忘れ去ってしまうことになります。

もし、買い物に不慣れな男性が結婚用のお祝いのプレゼントを選ぶのなら、買い慣れしている女性に相談して、何なら一緒に着いていってもらって選んでもらった方が無難でしょう。

やはりショッピングにかけたら女性の方が圧倒的に男性よりもセンスが上手ですからね。

4. のしの書き方のルール

結婚祝いのプレゼントを買い物するときには ,店員さんも「贈り物用ですか?」と、聞いてくれると思います。

でも、あくまでこちらが気を使って用意するようにしましょう。

他人任せのサービスなってしまうと思わぬ不備に後から気付いたりすることもありますので。

まず、のし紙の上段には「寿」と書いてもらいます。

下段には自分の名前をフルネームで入れます。

贈る人が連名の場合は3名までなら縦書きで並べて書きます。

3名以上となった場合は代表者の名前のみ下段に書き込み、他の人達の名前は「外一同」と書かれた紙を別途用意してプレゼントの包装に添えるようにしておいてください。

のし紙の書き方に関しては大体、このような感じでいいでしょう。

5. 水引のルール

のし紙の中央部分を囲っている紅白(又は金銀)の紙紐のことです。

通常は10本の水引で結った「結び切り」ののし紙を使用することになると思います。

引っ張っても解けない、というところから縁起を担いだ作法となっているようですね。

まあ、のし紙にしても水引にしても、結婚のお祝い用と言えば、お店の方が判断してきちんとやってくれるのが通常でしょう。

なので、買い物に使うお店もそれなりの品位と風格のあるお店を選んで購入したほうが安心感は高いでしょう。

のし紙に関する習わしも普段の生活の中では、ほとんどなくなってしまいましたからね。

分からないのも当然だと思いますよ。

送って喜ばれる結婚祝いのプレゼントとその相場とは?

さて、結婚祝いのプレゼントって、いったいいくらくらいのお値段のものを贈ればいいのでしょうか?全く初めてプレゼントする人にとっては、基準となるラインすら分からないことでしょう。

一般的に祝言用で包む祝儀というのは、3万円程度が相場となっているようですね。

なので、この金額を基準にして、自身の身分(社会人3年目未満か以上か)、相手の格付けなどによって決めていきましょう。

では、以下に具体例をだして見ていくことに致します。

1. 仲の良い友人の場合

相手が仲の良い友人であるならば、最も気易く品物選びを出来そうですね。

しかし、いくら仲がいいからといってあまりにケチケチしてしまったら、とんだ恥をかいてしまう可能性もあります。

ここは披露宴に招かれた場合のご祝儀額を参考にして考えましょう。

もしあなたが会社に入社して3年以上が経過しているのなら、ご祝儀の相場は3万円です。

入社して3年未満ならば2万円です。

このラインを参考にして品物を探しましょう。

尚、参考額はあくまで一般論であって、あなたと友人の仲の良さ加減によってはもっと金額も上昇するでしょう。

あまり、一般論に振り回されず、自身の気持ちがこもったプレゼントであれば自ずとそれくらいの金額の線になってくると思いますよ。

2. 会社の同僚の場合

会社の同僚の場合も、友人と同ラインくらいで考えていてもいいと思います。

しかし、それにも立場というものがあって、例えばあなたの方が同僚の中で一番、出世しているのなら3万円プラスアルファくらいの気持ちで臨んだ方がいいでしょう。

いくら同僚とはいえ、親近感があるかどうかは別物。

狭い社内です。

うっかり同僚の口からプレゼントの金額を割り出されて周りの社員にチクッてしまわないとも限りません。

相場の金額以下というのは、自分にも弊害が出る恐れがあることを意識しておいた方がいいかも分かりませんね。

3. 会社の上司や先輩の場合

会社の上司や先輩ともなれば、あなたの現状の地位、身分に合った額を拠出したらいいと思います。

相手もあなたの年収を大まかにでも掴んでいることでしょう。

いくら目出度い席でのプレゼントとはいえ、自分よりも簿給の人間から相場以上のモノを贈ってもらうのは社内のバランス上、引っかかるものがあるかも知れません。

しかし、だからといって5千円程度のものでお茶を濁すのもしっくりきませんね。

自身が冒険し過ぎず、けち臭くなり過ぎない線を狙ってプレゼントを探してくださいね。

4. 会社の後輩の場合

「会社の後輩への結婚祝い用のプレゼントなら、気持ちも軽い。

適当なのを探してきて渡しておけばいいや」という考えを持っておられる方、非常に危険ですよ。

いくらあなたから見たら若輩者の後輩でも、会社の人間に変わりはありません。

ましてや結婚するのですから、当然ながら後輩のパートナーもあなたからのプレゼントを見るわけです。

その時にあまりにもしょぼい金額の品物だったら…。

いらぬ噂話が会社内に広まるとも限りません。

先輩のあなたから見たら厄介な立場なのが後輩です。

後輩の存在を甘く見てはいけませんよ。

今は立ち場的にもあなたより下かも分かりませんが、ほんの2~3年で立場が逆転することだってあります。

そうなってから「あの時、もう少し、奮発しておけば良かった!」
と、思っても遅すぎるという訳です。

相手がいくら後輩でも、先輩の度量と器の大きさを見せておくにこしたことはありません。

一般的な祝儀ラインまで考えてもいいと思いますよ。

先輩に対する後輩の気の使い方が大きく変わってきますからね。

5. 取引先のお客さんの場合

取引先のお客さんへの結婚祝いのプレゼントは、会社側が費用負担するのが一般的でしょう。

品物の選別に関しても担当者レベルかその上長の判断に基づいて決められるでしょうから、個人的は判断で勇み足にならないようにしておくべきですね。

予算的にはそのお客様が会社にとって、どれくらい重要度の高いお客様かによって決まってきます。

もしかしたら、10万円くらいの予算をかけられるケースもあるかもしれません。

それくらいの金額になると個人では手に負えないですよね。

会社の取引先のお客様の場合は会社判断に委ねることが一番という事になります。

6. 兄弟姉妹の場合

永らく一緒に暮らしてきた兄弟姉妹の誰かが目出度く、結婚するのですから親族の一人としてこれほどお目出度いことはないでしょう。

ご祝儀とは別に結婚祝いプレゼントにも力が入るここと思います。

相場的にはその家族の考え方次第になってくるでしょうから一概に決めつけることはできません。

子供の頃から一緒に過ごしてきた「絆」は金額で計ることはできないでしょうが、一生一代の「結婚」というお祝い用なのですから、どーんと、奮発される方も多いでしょう。

金額的には想像にお任せします。

悔いのない品物をプレゼントしてあげてくださいね。

7. できちゃった婚の場合

友人であれ、会社の同僚であれ、親類関係者であっても、できちゃった婚に対しての結婚お祝いのプレゼントも、今までの考え方とさほど、変わりはないものでよいと思います。

あとは、その方のお腹の大きさや経済的事情を考慮して決めればいいのではないでしょうか。

その方の結婚事情に特別の困難さがないのであれば、お祝い用のプレゼントを。

反対にご両親や周囲からいい印象を受けていない結婚であるならば、プレゼントを贈るよりも現金を包んで多めに渡した方がいいのかもしれません。

いずれにしても結婚する相手とあなたとの関係次第で額も何を贈るかも変わってくるでしょう。

まあ、いろいろ気を遣わずに思い出に残るようなプレゼントを贈るだけでもいいかもわかりませんですね。

その時は自分の許す限りの予算で祝福してあげましょう。

8. さほど親しいわけではない場合

さほど親しくもしていない人に対する結婚のお祝いのプレゼントはある意味、あれこれと考える必要もないと思います。

例えば、会社内で同じ部署に属するAさんが目出度く結婚することになりました。

あなたは挨拶する程度で、さほど交流も会話もありません。

しかし、同じ部署ということなので部員一同でお金を集めてなにか、プレゼントを渡すこととなりました。

大体がこういう流れではないでしょうか?こういった場合は一人いくらと額が決まっていたりするので、その分を徴収されたらそれでいいのです。

部署の人数が多ければ金額も低くなるでしょうし、少なければ負担が大きくなる、という感じでしょうね。

日頃からあまり親しくしていない人に個人的にプレゼントを贈るといったケースはほとんど考えにくいので、あまり気に掛ける必要もなさそうですね。

どうしても困った時は定番を選ぼう!

さて、結婚祝いのプレゼントの品物選び。

いざとなってしまうと頭を悩ますものです。

せっかくの二人の晴の門出の日。

どうせ贈るなら、ありきたりじゃない、何か珍しくて面白いものはないものか?と。

しかし、祝福されるべき結婚というイベントは、案外NGな事が多いのです。

だから、プレゼントにしても結局、落ち着くところに落ち着いてしまうしかないのかも分かりません。

それでは、結婚祝いのプレゼントの妙案が浮かばない時のための、定番プレゼントの数々を見ていくことにしましょう。

1. 綺麗なフォトフレーム

フォトフレームは結婚祝いのプレゼントとして定番中の定番ですね。

変に場所を取ることもありませんし、あって困るようなものでもありません。

記念の写真を飾るには、別にいくつあってもいいくらいのものですね。

結婚祝い用として贈るのであれば、フレームの部分が綺麗なものや女性が喜びそうなディズニー系のキャラクターで飾られているようなものが喜ばれそうです。

結婚祝いの品というのは、大体が新妻となる女性が喜びそうなものを選択するのが必須条件でしょう。

綺麗なもの、可愛いものは選択する際の欠かせない条件です。

あなたの選択眼でいいものを選んであげましょうね。

2. 新妻が使うおしゃれなキッチングッズ

キッチングッズ関係は、これから新居で若奥様が腕を振るった料理を作る際に是が非でも揃えておかなければならない必須アイテムです。

恐らく、ご自身で気に入ったものを取り揃えていくだろうとは思いますが、別に重複しても構わないものでもあるのがキッチングッズです。

プレゼントとして贈るのであれば、がちがちの実用品的なものにするよりはこれからの二人の甘い生活を連想させてくれるようなメルエンチックなものがオススメかも分かりませんね。

もしくはセンスのいい、かわいいデザインや色柄で統一されたものなどもいいでしょう。

キッチングッズ関連も女性の感性がダイレクトに選択する際に表れるでしょう。

押しつけがましくないものを選んでくださいね。

3. 手書きの似顔絵

絵心のある方ならば、記念の一品として結婚されるお二人の似顔絵やイラストをしたためたものを贈るという手もありますね。

ただ、結婚してうん十年もたつと似顔絵の入っているものが押し入れの主になっていたり、家庭内で行方不明になってしまうことがままあります。

あまり、リアルな顔の描写はうん十年後に有難迷惑に変身する可能性もありますので、差しさわりのない表現を選んだ方がいいかも分かりません。

あと、日常でよく使う湯呑茶碗やコーヒーカップに似顔絵を焼き付けたものもありますが、うん十年後の事を考えると、何か違う別のものに書き込むようにしちゃいましょう。

毎日、目に触れる存在になると奥さんの心理面を心配してしまいますので。

4. お花(特にプリザーブドフラワー)

プリザードフラワーは大きさ的にもお値段的にも、結婚のお祝い用のプレゼントとしては申し分ない一品の一つと言えるでしょうね。

また、花というものは生活空間に憩いと安らぎ感を与えてくれる特別な一品でもあります。

生け花だったら当然、日持ちがしませんが脱水して加工してあるプリザードフラワーならば申し分なしですよね。

お値段的にも1万円以内で十分、いいのを選択することができると思います。

観賞用としてお部屋に飾ってあれば新婚の雰囲気がますますよくなっていくことでしょう。

相手の方の誕生月や星座を調べておいてそれにゆかりのある花を選んでいいでしょうね。

とにかく、種類も豊富にそろっていますので、ピッタリだと思える品を探すのに苦労するかもしれませんね。

プレゼントとしてプリザードフラワーと、ご祝儀とを一緒に届ければバランス的にも丁度いい感じでしょう。

もらったら相手ががっかりする結婚祝いとは?

逆にせっかくの結婚祝いのプレゼントを、相手がもらっても全くありがたみを感じさせなかったり、がっかりさせてしまうような一品もあります。

贈る方は、全く悪気はなく、むしろ喜んでもらえるだろうと一人合点しているところもるでしょうが、もらった方のがっかり感は比べものにならないかもしれません。

では,プレゼントされてありがたくない物、がっかりさせられる物を集めて見ましょう。

1. 重すぎるものや大きすぎるもの

重すぎるものや大きすぎるもののプレゼントは良くありません。

極端な例かも分かりませんが、部屋に飾る絵画だったらいいだろうと思って縦横、それぞれ5メートルもあるような巨大額縁に入った絵を贈られても、飾り用がありません。

また、10キロ近いような超重い置物や鉢植えなども一般家庭では邪魔になるばかりです。

極端な例えでしたが、結婚祝いのプレゼントは、基本的に飾って眺めるようなものが多いのは確かでしょう。

それならば、相手の住居の事も考えて相応しいものを選択すべきですよね。

大きくて重いものは確かに高価で値打もあるでしょうが、時と場所を考えて決めてほしいものです。

2. 刃物はNG!

昔から刃物系は縁を切ると言われることが多かったせいか、結婚する二人には贈ってはいけないものの一つとして数えられてきていました。

しかし、最近では「幸せを切り開く」という意味合いにも解釈して、プレゼント用に包丁セットなどが使われてもいるようです。

どちらの考えを尊重するかは、結婚する相手次第でしょう。

でも、ここは古くからの風習の方を尊重してプレゼント用には加えないようにしておいた方が無難でしょうね。

3. 食器など割れる物

結婚用のプレゼント品には落としたりしたら割れたり壊れたりするようなものも、扱わないようにする習わしがあります。

そのままの通りで幸せが、「壊れる」「割れる」という意味にとられるからです。

しかし、これも最近では反対の意味にとって「幸せが増す」という意味にも取っている方たちもいるようですね。

これも送り手側の解釈よりも受け手側の気持ちを優先した方がいいでしょう。

普段は割り切った考えのひとなのに、こういったことになるとものすごく縁起を気にかける人もいます。

自分の判断が最優先にならないように気をつけましょうね。

4. 全然趣味じゃない物

その人の趣向、趣味、好き嫌いに全く沿っていないものであると、せっかくの結婚祝いのプレゼントも押し入れの住人になる可能性があるでしょう。

例えばピンクやオレンジなどの明るい感じのする色が好みの人のところにブラックやダークグレーの色でできている物をプレゼントされてもいい気分にはなれないかもしれません。

動物のキャラクターものの置物が大好きという人に、「じゃあ、動物系だったら何でもいいんだろう」と思って見た目がリアルすぎるカエルや蛇の置物をプレゼントされたら、卒倒するかもしれません。

贈り物はあくまでもらう人の気持ちが主役です。

送り側の好き嫌いを押し付けないようにしましょうね。

5. 目上の人には時計はNG!

結婚祝いのプレゼントとして時計は大きさといい予算といい、贈りやすい一品ですね。

しかし、相手が目上の人の場合は避けた方がよいようです。

と、いいますのも、時計や筆記具関係には「勉強・仕事に励みなさい」というメッセージが込められているからです。

「時計を贈ってあげるから、これからも大いに仕事に励んでくださいよ」という意味あいになりますよね。

これって年下の相手に贈る言葉ならいいですが、相手が年上、つまり会社の先輩や上司に当たる人だった場合にはとても使えませんよね。

もらった方も事の真意を知っていたならばいい気はしないでしょう。

人間関係はちょっとしたことで簡単に壊れやすいものなのですから。

だから、こういった些細なことであっても会社勤めの人達は十分、気をつけましょうね。

6. 「4個入り」と「9個入り」は避けよう

結婚祝いのプレゼントにお菓子類を贈ることはあまりないかもしれませんが、高級ボールペンセットのようにギフト品のような場合は箱の中に複数の品が入っています。

その時の数が「4」と「9」は避けるようにしておいてもらいたいのです。

「4」は「死」。

「9」は「苦」を表すと昔からとられています。

縁起が悪い代表のような数字だということですね。

一般的に2で割り切れる偶数は避けるべきとも言われています。

ここは昔からの風習に従って「4」と「9」は避けるようにしておきましょう。

祝い事の贈り物です。

お互い、いい気分でいたいですからね。

7. 使ったり食べたりして無くなってしまうもの

使ったり食べたりして無くなってしまうものも結婚祝いのプレゼントには向かないでしょう。

形がなくなってしまうということは2人の関係もなくなってしまう、という意味にもとられてしまいます。

縁起的にはよくないですよね。

悪い風に解釈されてしまう語呂合わせものは使わないようにすることです。

相手のことをしっかり思い遣って選べば失敗しません

如何だったでしょうか?結婚祝いのプレゼントに関する情報を紹介させていただきました。

今どきの若いカップルが果たして、昔からの言い伝えのような古いしきたりを素直に聞き入れるかどうかは分かりません。

しかし、結婚という縁起のいい儀式にわざわざ縁起の悪いものを贈っては、相手に対する敬意の表れが全くないも同然となりますので、その後の人間関係に大きなヒビを入れてしまう事は避けられない事実となってしまいそうです。

要は思いやりです。

相手の立場に立ってみれば自ずとその人が喜ぶことは何かが分かるはずです。

相手の笑顔を見て、悪い気分になる人はいませんよね。

お互いがいい笑顔で晴の結婚式を迎えてあげましょうね。