イライラして気持ちが落ち着かない事、よくあることではないでしょうか。

イライラを落ち着かせるのは、非常に難しいことですし、すぐに沈めろといわれてもなかなかできないものです。

しかし、イライラする自分に嫌気がさしたり、できることならこのイライラを鎮めたいと思っている人は多くいるのではないでしょうか?

自分で思っていてもなかなかコントロールするのは難しいですし、最初からできるのならそんなことで悩まないよという声も聞こえてきそうです。

実際に、何に対してイライラしてるのかによっても違いは出てくるでしょう。

自分に対してのイライラなのか、それとも誰か他人に対してのイライラなのか、それによっても鎮める方法や、落ち着かせる方法は変わってきます。

また、人の性格によるものも大きいでしょうね。

元からイライラしやすい性格で、せっかちで自分の思い通りにいかないことばかりあると、すぐにイライラし不機嫌になる。

このような場合は、自分の心の持ちようによって、治せやすかったりそうでなかったりします。

すぐに自分はイライラしてしまうという性格を自覚し、少しでも改善したいと考えるのであれば、

その人はもしかしたらイライラする性格を改善することはできるかもしれません。

しかし、無意識でイライラしてしまっている人、自分のイライラで周囲にどのような影響を与えているのかを考えていない、

考えられない人に関しては改善の余地は、すでにないかもしれません。

あなたは、どちらですか?

さらに、性格的には、特段イライラすることも少ないが、あまりにもイラつく出来事が起こったり、

そのような出来事が連続して起こった場合、自分の気持ちとは関係なくイライラしてくることはあるはずです。

では、そのような突発的にイライラしてしまったり、性格的にイライラしてしまった場合どのようにして改善すれば心は落ち着くのでしょうか?

今回は、どうしようもなくイライラする場合の対処法について紹介していきます。

心を落ち着ける9個の方法

人はどうしてもイライラしてしまうことはありますし、どんなに気持ちを整えようとしても、あまりの出来事があればイライラしてしまいます。

また、性格的なものもありますから、イライラを抑えきれない時は多岐に渡ってあるはずです。

そんな時に大事になるのが、そのイライラが収まった時に反省している自分がいるかどうかです。

「あの時はあんなにイライラしてしまったけど、もうあんな態度は出したらいけない」とか「周りにイライラした態度は伝わっていないだろう?

周りに迷惑かけたな」というように、反省している自分がいるかいないかでは話は変わってきます。

イライラする自分を改善したい場合、改善の余地はあります。

元からイライラするのを反省していないで、特に気にしていない人は、どのような方法を試したところでイライラの元を解消するのは無理があるでしょう。

イライラしてしまう解消する方法はあります。

しかし、本当にイライラする気分を晴らしたいという気持ちがなければ、全てが無駄に終わってします。

では、具体的に心を落ち着かせる方法を見てきましょう。

1.気持ちを全て紙に書き写す

イライラの気持ちの原因が何なのか、なぜイライラしてしまうのか、イライラしてどんな気分なのかを全て紙に書き出してみましょう。

これは、心を落ち着かせるのには非常に良い方法で、すぐにでも実践してほしいところです。

とにかくイライラした時に、何も考えずにとにかくその時の気持ちを書き出していくんです。

後ではだめで、その時、イライラしている時に書くのが有効的です。

人には見せられない自分の気持ちでも、絶対に口には出せない愚痴でも大丈夫です。

誰にも見られる事はないので、とにかく書き出してしまいましょう。

この時、自分に嘘をついてはいけません。

思った事を正直に書くんです。

正直に書く事ができなければ心を落ち着かせることはできません。

結局イライラしてしまうのは、自分の思い通りにことが運ばなかった場合が多く、負の気持ちが溜まった時に起こる現象です。

なので、紙に書き出す内容というのはネガティブなことに必ずなります。

なので、書き出す時には気持ちが引けてしまう場合がありますが、気にせず思った事を書きましょう。

また、イライラするとそのイライラする気持ちに集中してしまい、他のことを考えられなくなりますが、

書くという作業をすることでそちらの方にも気持ちがいくので、イライラする気持ちが分散するという効果も得られます。

冷静になれる

そして、気持ちを紙に書き出すことで大きくどのような効果が働くかというと、もちろんイライラの気持ちを分散させる働きもあるわけですが、その書いた内容を読んでみましょう。

その自分の正直な気持ちを読むことによって、なぜイライラしているのかという部分を冷静に見られるようになります。

そして、それを客観的にみる事により、「こんな小さい事でイライラしていたのか」とか「なんでこんなことでイライラしているんだろう」という風に、冷静な気持ちになることができるでしょう。

イライラしている時はどうしても、腹立たしい気持ちから抜け出せないのはしょうがないです。

しかし、このように紙に書き出す事によって、冷静に自分の気持ちを整理することができるんですね。

そして、自分はこのようなことでイライラしてしまうんだという、自分を見つめなおす事もできるんです。

なのでイライラした時には、紙に気持ちを書き出す事は非常に有効といえますね。

2.外の空気を吸う

何かに集中したり、物事がうまく進まない場合イライラしてしまうことは多々あるでしょう。

そんな時は一度外に出て深く深呼吸するのはどうでしょうか?会社のデスクワークなど、

何かアイデアを出したいのになかなか出ない、会議などが煮詰まってなかなか良い意見が出ない時なんかはイライラしてしまいがちになりますね。

そんな時は、思い切って外に出るんです。

環境を変えるというか、そのイライラしてしまうような雰囲気を変えるんですね。

そうすることによって心機一転とまではいわないかもしれませんが、心を落ち着かせることができるんです。

外の空気を吸うのも短時間ではなく、少し長い時間外にいて空気を吸いましょう。

何も思いつかない時や、なかなか物事がうまく進まない時って、正直何をやってもうまくいかないものです。

うまくいかないから、もっとうまくやらなきゃいけないと思いつめてても、もっとうまくいかなくなるのが現実なんですね。

なので、そんな時は時間をおくのが一番で、ゆっくりと外の空気を吸いましょう。

3.むりやりでも良いから満面の笑顔を作る

むりやりでもいいです。

とにかく満面の笑顔を作ってみましょう。

鏡に向かって満面の笑顔を作るのが良いでしょう。

「そんなイライラしている時に満面の笑顔なんて作れるわけがない!」と怒られてしまいそうですが、満面の笑顔には凄い効果があります。

普通、満面の笑顔になる時って何か楽しいことがあったり、嬉しいことがあった時ですよね?

まさか、イライラしている時に満面の笑顔なんてしないですよね?

でも、実は笑顔って何か楽しいことがあるから笑顔になるのは当たり前なんですが、みるやり笑顔にすることによって気持ちも楽しくなっていくものなんです。

これは、接客の基本で、いくら忙しい接客業をやっている人でも常に笑顔の人っていますよね?

あのような人はどういう気持ちで笑顔を出していると思いますか?もちろん、仕事が接客業だからむりやり笑顔を出していると思うかもしれませんが、それは2流の人がやることです。

1流の接客マン、いわゆる接客のプロは自分でむりやり笑顔を出す事によって、気持ちを楽しくさせているんです。

満面の笑顔にはそのような効果があるので、イライラした時に逆に笑顔を出すのは心を落ち着かせる上で非常に有効な方法といえるんですね。

4.読書などで気持ちを落ち着かせる

どうしてもイライラしてしまう時は、他のことをして気を紛らわすのが一番です。

特に読書なんかは、気を紛らわし心を落ち着かせる上で非常に効果的な方法となります。

自分の興味のある本を読むようにしましょう。

もちろん漫画でも大丈夫です。

その内容に引きこまれる内容であればあるほど良いです。

読書は、非常に集中力が高まる行動ですが、そのような何かに集中することによってイライラは自然と晴れてくるでしょう。

今の自分を全く違う世界にいける内容の本であれば、なおさら良いかもしれません。

読書が苦手という人もいるかもしれませんが、それは食わず嫌いの可能性だってあります。

何か少しでも興味のあることでいいんです。

本を読むのは、自分の成長のためにも良いことです。

イライラしてしまう気持ちを落ち着かせるためだけではなく、今後の自分の成長にも大きく繋がることになるでしょう。

なので、ついイライラしてしまう時には、一度読書を楽しむというのも良い手ですね。

5.ストレスを発散しよう


人がイライラしてしまう原因として挙げられる一番が、ストレスを溜めているからかもしれません。

日本は現在、ストレス社会といわれるようにとにかく毎日普通の生活をしているだけでもストレスが溜まってしまう生活になってしまいます。

「自分はストレスを溜めない性格だから」という人もいますが、そんな人に限ってストレスを溜めてしまっているものです。

どんなに頑張っていようとも、ストレスとは知らないうちに溜まってしまっているんです。

ある意味ガスと同じで、良いタイミングでストレス解消、ガス抜きをしないとそれが体中に溜まりどんどんイライラする気持ちが高くなってしまうんですね。

うつ病もそうです。

ストレスを溜めて我慢し続けて、自分は大丈夫と思っていたけど、実は身体に限界がきていた、なんていう人は山ほどいます。

そんなに毎日頑張る必要はありません。

もっと楽に、ストレスを溜めないように生活をしていかなければ、人間どこかでおかしくなってしまいます。

最初は軽いイライラが、止められないイライラに変わったらそれは大変です。

自分で自分をコントロールできなくなってしまう可能性もあります。

ストレスには、それぐらい恐ろしい力があります。

なので定期的にストレスを解消しなければいけません。

イライラしない人って、このようなストレス解消が非常に上手です。

気の合う仲間と集まってストレス発散

気の合う仲間と集まって飲み会などを開催し、ワイワイ騒ぐのがとてもストレス発散に効果的です。

気の合う仲間であれば気を使う事もないでしょうし、気兼ねなく楽しむことができますね。

ストレス解消をする時は、いかに気を使わないで自然体の自分でいられるかがポイントです。

気の合う仲間と何をしても良いです。

遠くに遊びに行っても良いですし、飲み会も良いでしょう。

カラオケで歌を歌いまくるなんていうのも、ストレス発散になりますね。

またそんな仲間たちに、自分の不満を全てぶちまけてしまうのも良いでしょうね。

しかし、注意してほしいのは愚痴ばっかりにならないことです。

愚痴ばっかりになってしまうと、一緒にいる人の迷惑を掛けてしまうので、愚痴をいうのも良いですが、そればっかりになるのはやめておきましょう。

また、そんな仲間たちの愚痴を聞くのも良いです。

ストレスを発散するのに人の愚痴を聞いてどうするの?と思うかもしれませんが、

その愚痴を聞く事によって辛いのは自分だけじゃないということもわかりますし、共感できることがあれば、一緒に盛り上がることもできるでしょうね。

体を存分に動かしてストレス発散

体を動かしたり何かスポーツをすることは、非常にストレス発散になります。

それは、どんな運動でもスポーツでも良いのですが、一番はやはり自分が一番好きなスポーツをすれば最高のストレス解消になります。

大好きなスポーツを集中して思い切りやることができれば、終わった時の疲れた心地良さと爽快感はなんともいえない気分になるでしょう。

イライラする時に疲れたくないと思うかもしれませんが、逆に何かに集中して体を動かすことでかなりのストレス解消の効果をもたらすことができるでしょう。

癒される場所を作って、心に余裕をつくる

あなたには、どこか自分の心が落ちつく癒される場所はあるでしょうか?

もしあるのであれば、そこでしばらくの間何も考えずにボーっとしてみるのも良いかもしれません。

もしないのであれば、そんな場所を探して、自分だけの癒される場所を作ってみましょう。

どこかに、癒される場所というのはあります。

海であったり、どこか誰の目にも届かないところ、押入れの中なんていう人もいるかもしれませんね。

そのような場所にいることによって、心に余裕を作るんです。

イライラの原因に心に余裕がないということが挙げられます。

なので、心の余裕を持っていると、無駄にイライラすることはありません。

なので、このような癒される場所への滞在は心に余裕を持つ上で重要なことになるでしょう。

6.深呼吸で心を落ち着かせる


深呼吸をすることで、イライラが解消される場合があります。

何かイライラしている時や、誰かにあたってしまいそうになる時は、まず何も考えずに深く大きく深呼吸をしてみましょう。

それをするだけで、だいぶ心が落ち着きましょう。

この時に大きなため息になってしまってはいけません。

息を大きく吸って吐きす、深呼吸をしてみるんです。

イライラするのは、止めようと思っても止まりません。

気が付いたら落ち着いているものですよね。

イライラした場合、すればするほど気持ちがどんどん大きくなり、さらにイライラしてしまいます。

そんな時に一度リセットをかけるために深呼吸をしてみるんです。

イライラしている気持ちに一度ストップをかけるイメージですね。

もちろん完全にイライラの気持ちは収まる事はありませんが、そのままにしているより明らかに気持ちが落ち着く事でしょう。

7.相手または自分に対して尊敬心を持とう

イライラするのは、誰かに対してだったりどうしても自分の気持ちを優先させてしまい、相手のことを思いやれなくなった時に起こってしまう感情です。

あの人がもっとこうならいいのに、あの人がちゃんとしないから私に迷惑が掛かっている、なんて人のせいにすればきりがありませんよね?

しかし、それって正しい事でしょうか?誰かに対してイライラするのって、本当にその人のせいなのでしょうか?

「自分は悪くない全て悪いのは相手」そう考えているのであれば、考えを改めるべきでしょう。

まず、イライラの原因は誰かのせいではなく、全て自分の責任であることを認識するべきです。

心に余裕のある人、しっかりと相手を思いやることができる人というのは、イライラすることがありません。

それは、なぜかイライラする原因は全て自分にあるという認識が出来ているからです。

生きていく中で他人に対しては、しっかりと尊敬心を持たなければいけません。

相手にも気持ちがあることを忘れない

誰かに対してイライラしまうのは、相手のせいではなく自分のせいです。

また、もし誰かにイライラしてそれを態度に表してしまう時、あなたは相手を物だと思っていませんか?感情のない人形だと思っていないでしょうか。

相手もあなたと同じ人間で、気持ちがあるということを忘れないです下さい。

なので、イライラした態度を取られれば当然のごとくイライラするでしょうし、あなたに嫌な気持ちが働く事は間違いないでしょう。

相手もしっかりとした感情を持つ人間ですし、あなた以上に繊細な気持ちを持つ人かもしれません。

あなたの少しのイライラの態度で、相手をどれだけ傷つけているかを知っていますか?

相手に対して思いやりの心があるのであれば、イライラすることはまずありません。

イライラしているのは、自分の責任を他人になすりつけているだけです。

本当に自分に非がなく、相手の失敗でイライラしているのであれば、それも自分の責任です。

他人の失敗を笑ってあげられるくらいの器の大きい人間になりましょう。

逆の立場に立って物事を考える

相手の立場に立って物事を考えることができれば、イライラすることが少なくなります。

自分がイライラすることで相手はどう思うだろうか?イライラした態度の人が近くにいるとどのような気持ちになるでしょうか?全て自分に置き換えて考えてみて下さい。

例えば、自分の思いがけないミスや、心から気をつけていたけど犯してしまった失敗を伝えた時、なんて言われるのが一番良いですか?失敗をした原因というのは、一番自分がわかっています。

そんな時にイライラされた態度を取られたら、どのように感じますか?もう何にも手をつけたくなくなりますよね。

こんな時は、優しい言葉を掛けてもらったり、思いやりをもって次は失敗をしないように頑張ろうね、なんて言葉を掛けられたら嬉しいですし、

次は頑張ろうという気になりますよね?そうした相手の立場に立った物事の考え方ができるとイライラすることは少なくなるでしょう。

8.ありがとうの気持ちを持つ

相手に対して感謝の気持ち、ありがとうの気持ちを持つことにより、イライラを押さえることができます。

これは、言葉で言うのは簡単ですがなかなかできないことです。

なので根本的なことから考えていきましょう。

あなたは1人で生きていけるでしょうか?絶対に無理ですよね?人が存在する理由は、他人がいるからです。

他人がいることによってあなたという存在が成立します。

なので、人間とはひとりでは確実に生きていけないもの、存在しないものということになります。

そのように考えると、他人がいて良かったと思えませんか?また、イライラするのってあなたが人間で、

感情があるからですよね?その感情を動かしてくれているのって紛れもなく相手がいるからこそです。

誰か相手がいないとあなたの感情は動く事はありません。

感情が動いているイコール生きているという証拠となります。

なので、そんな相手にはあなたを存在させてくれているという感謝の気持ちを持てるようになりましょう。

9.お互いに気持ちを伝えあうこと

イライラが止まらない時は思い切ってお互い、腹を割って気持ちを伝え合うのはどうでしょうか?

自分がイライラしている時は、大抵相手もイライラしている事が多いです。

なので、お互いに気持ちをぶつけあうと良い方向へいくかもしれません。

さらに、本音でぶつかり合う事によって、よりいっそうの信頼関係を築けますし、今後同じ事でイライラすることは少なくなることでしょう。

イライラする原因とは?

あなたがイライラしてしまう原因はいったい何なのでしょうか?イライラの原因も色々とあると思います。

まずは、そのイライラ原因を解明しなければなかなか解消する事は難しいでしょう。

しっかりと原因がわかれば、なぜイライラしているのかがわかりますし、次にお感じ様な場面がきても違う対処法でイライラを防ぐことができるでしょう。

なので、まずは自分がイライラしてしまう原因をとにかく探してみましょう。

自分自身にイライラする


自分自身に対してイライラしてしまうというのは、よくあることです。

ある意味過信しているのか、それとも自分が思っている以上に能力が伴っていないのか?自分にイライラしてしまうのにも、様々な原因が考えられます。

自分のことが嫌いともいえるかもしれません。

しかし、自分を嫌っていては自分自身を見つめ直す事もできないですし、今後成長することも難しいでしょう。

ここは改善すべき点といえます。

自分に厳しい

自分自身にイライラしてしまう原因として、自分に厳しいという点が挙げられます。

もちろん自分に厳しくするのは、自己を成長させるためにも非常に大切なことですが、あまりにも厳しすぎるのは返って自分を自滅させてしまいます。

少しの失敗やミスで自分を攻めてしまい、本来できることができなくなってしまうんですね。

なので、少し寛容な気持ちをもって自分に対して接してあげなければ、イライラは解消されません。

自分に対する期待と行動が伴わない

自分に期待しすぎるのも、自分に対してイライラしてしまう原因となります。

自分の能力が低いのにも関わらず、それ以上の結果を自分に求めているため期待と行動が伴わないんですね。

自分ならもっとできるはずと、本来できる範囲以上を求めてしまうので、なかなか結果がついてこないんです。

なので、ハードルを低くしましょう。

足りない能力は、努力をしてこれからつけていけば良いんです。

体調が優れないため、ストレスがたまりやすい

これは身体が弱い人がなりやすい体質になります。

体調が優れなくて、どんどんストレスをためていってしまうパターンになります。

本当は元気でいたいのに、心は元気なのに身体がついていかないことに腹立たしくなってイライラしてしまうパターンです。

こんな時は、とにかく休んでリフレッシュし、体調を戻す為にストレス解消をするのが一番理想的です。

こんな時に無理をしてしまうと返って体調が悪化してしまうでしょう。

子どもや部下にイライラする

子供や部下にイライラすることは多いはずです。

こちらとしては、何か教えたり教育をしていかなくてはいけない立場になるので、それはうまくいかないことも多いことでしょう。

意見の行き違いであったり、お互いの考えの違いなども多く、人に教えるのは非常に難しいと痛感することでしょう。

しかし、うまくいかなくてもどんどん物事を教えていかなければいけないので、どんどんイライラしてしまうんですね。

教えたことに対して理解してくれない

色々と教えますが、こちらの気持ちとは裏腹に全く言っていることを理解してくれようとしません。

何かを教える場合、教える方に原因がある、教え方が悪いという考え方を持つ人が多いですが、いくら自分が丁寧に教えたつもりでも、相手には少ししか伝わらないのが現状になります。

そのような場合、思っている通りにことが進まないわけですからイライラはピークになってしまいますね。

イライラしても何事も解決しないのはわかっていますがイライラしてしまいます。

相手と自分の考えが一致しない

何かを教えている時に、うまく伝わるのはお互いの意志が疎通しあい教えている方も、しっかりと相手の立場になって教える事ができ、教わる方も素直な気持ちで聞いている状態です。

それが少しでも狂うと、相手と自分の考えが一致しないので、うまく物事が伝わらないですよね。

教えているのに伝わらないということほどイライラすることはありません。

まずは自分から歩み寄って、相手の考えに合わせるようにしなくてはいけません。

求めていることを実行してくれない

これは部下や子供に対しての期待の表れです。

しかし、良い期待の仕方とはいえないですね。

「おまえはもっとできるだろう」そんな風にイライラしたことはありませんか?これは相手にとっては、プレッシャー以外の何物でもありません。

期待をするだけイライラするだけなので、いっそのこと期待なんかしないようにしましょう。

温かく見守っているだけで良いんです。

お互いにその方は良いですし、部下や子供も伸びていく事でしょう。

親や上司にイライラする

自分の親や上司にイライラすることも多いでしょう。

親は、毎日家で顔を合わせればイライラ、会社に行けば上司にイライラ、そんな状態になっている人も多いのではないでしょうか?

自分よりも上の立場にイライラしてしまうのは、本当に辛いことです。

文句の一つでも言ってやりたいとも考えますが、特に会社の上司ともなると文句をいえば、どんな仕打ちが待っているかもわからないので、なかなか強気でいけません。

それが、なおさらイライラしてしまいます。

自分の意見を理解してくれない

親や上司が自分の意見を理解してくれないのはよくあることで、それに対してイライラしてしまうことは多くあります。

それはお互いが思っていることなんですがね。

理不尽な態度を取られる

会社の上司は理不尽な態度を取る人が非常に多いです。

そんな理不尽な態度にイライラしてしまうのはしょうがないですね。

反面教師のつもりで、自分が上司になった時には、部下には優しく接してあげるようにしましょう。

固定観念を押し付けられる

親は自分の考えを正しいと思い込みがちで、あまり子供の意見を聞きたがりません。

なので、親の固定観念を押しつけられがちになってしまいます。

子供としては、親のこのような態度にイライラしてしまうんですよね。

子供を自分の思い通りにしてやろうと考える親は多いです。

【イライラする原因については、こちらの記事もチェック!】

まとめ

いかがでしたか?なぜ自分がイライラしてしまうのか、またそのイライラした時にどのような対処をすれば解決するのか少しでも理解してもらえたはずです。

しかし理解したからといってすぐに解消できる問題ではないでしょう。

日頃からの意識が大切なので、常にイライラしない自分を作れるように心掛けましょう。

【落ち着くためにすべきことは、こちらの記事もチェック!】