人間誰しも悩みはあります。

未来は明るく何でも自分の思い通りにこなせて、順風満帆に歩んでいる人などそうそう見たことがありません。

不安だらけの世の中でもあるのですが、特に不安になり過ぎる人も目立ちます。

不安というものは軽減させる必要があるので、様々な対策をして不安軽減を目指しましょう。

不安になりやすい人の特徴

不安になりやすい人はたくさんいると思います。

そんな人の特徴としては、自分に自信がない。

常にネガティブな思考しかできない。

周りに迷惑を掛けたくない。

責任感が強すぎるなどいろいろあります。

それは姿勢にも現れます。

自信のなさは体の姿勢にも出てくるので、背中が丸まっていたり、肩が下がっていたり、目線が下がったりと、下へ下へと体も向かっています。

いずれの理由にせよ、考えなくてもいいようなことを深く考えすぎることが原因ではあります。

目に見えないものの恐怖が体と心を支配しているような状態です。

不安だらけになって縛られてしまうと体を壊す原因にもなりますし、人間関係もまともに築き上げられなくなる可能性もあります。

そして見た目でも自信のなさが出てしまう人は、頼ることのできない人だと思われてしまいます。

そんな不安についての原因や対策法は人によって違いますが、一生つきまとう問題でもあるので、解消を目指しましょう。

必要以上に心配する

不安になりやすい人は心配の度合いが普通の人と違います。

普通の人が1ぐらいの不安に思うことが、10ぐらになっています。

「え?そんなことで悩むの?」と思われるようなことですら延々と悩んだりしています。

どうしてそんなことが起こるのでしょうか?それは見えない恐怖を感じているからです。

その一つに人の声というものがあります。

その人のいないところでひそひそ噂をすることですが、人の考えなど目に見えませんし聞こえません。

だからその人が何を思って口にしているのかなど分かるはずがありません。

だからそんなのをいちいち気にしていたら何もできません。

他にもいろいろな原因がありますが、それは全て自らが生み出した幻想だったり、他者がそれほど気にしないことだったりします。

結果考えるだけ無駄だったなと思えるものばかりという結果にもなります。

物事に対して慎重過ぎる

失敗することを恐れているので、失敗しないように慎重になるのですが、それがかえって周囲から反感を買ってしまいます。

「そこまで考えなくてもいきあたりばったりで何とかなるでしょうが」という意見や「そこに時間を割くの?」と思われたり、

「能力がないからそれだけ細かくやっているの?」と言われることもあります。

慎重になりすぎるというのはマイナスイメージが多いです。

それは必要以上のことをしているのだから、その分時間を掛け、振り回して周りに迷惑を掛けてしまっているのです。

慎重にならなくてはならない場面は当然あります。

しかしどうでもいい場面もありますので、その時にいかに適当に流せるかも大事になってきます。

これは経験でカバーすることもできます。

同じような状況を何でも繰り返していくと要領を得てそこまで慎重にならなくても大丈夫と判断できるようになります。

経験が積み重なればそれなりに状況を推測して動くこともできるようになります。

物事を複雑に考えすぎる

慎重になりすぎる理由が物事を複雑に考えているということにあります。

単純な発想と程遠い方へいくことでかえってややこしくなってしまいます。

それが自分をがんじがらめにしてしまいどうにもできなくなっているのです。

複雑に考えたから素晴らしい結果が生まれるわけではありません。

いかに効率よくまとめるかが重要です。

人に伝える時でもいらない言葉や行動だらけでは混乱しかえって動きづらくなるので簡単に誰でもわかるような物事の考え方が大事です。

自分でストレスを与えている

いろいろな悪いことを一人で悶々と考えていると出口の見えない迷路に迷いこむことになります。

「あれをして失敗したらどうしよう、それならこうした方がいいのかも」や「あの人の考え方はこうだけど、別の人の考え方は違うからどっちに合わせるべきか」

など考えても仕方のないことでどんどん悩み深みにはまっていきます。

一人で悩みすぎるのでストレスを与え続けているのです。

このストレスは確実に体を壊してしまうもので胃潰瘍になったりする原因にもなります。

悩みすぎは体に毒なので話し相手を設けて相談するのが一番です。

常にネガティブやマイナスな事を想像している

仕事以外でも暮らしていく中で、不安が過度にある人は「どうせ自分なんか」「絶対にうまくいかない」という考え方で満たされてしまいます。

だから恋愛においても遊びにおいても全然楽しめていないのです。

心の底から楽しいと思えていないのは不安な要素があちこちにあるからです。

心から楽しむことをまずできるような精神状態にすることが大事です。

ネガティブな性格をまずは根本から直さなくてはなりません。

ネガティブになる原因はまず自分に自信がないということです。

自信がないから何をやってもうまくいかないのではないかと心の奥底で考えてしまいます。

それならどうしたら自信をつけられるのでしょうか?それはやはりスキルを磨くことです。

会話でも仕事でも勉強でもそうですが、努力は必要です。

自分を高めたいなら本を読んだり、自ら調べたり、人から学んだりしていかなくてはなりません。

少しでも他人よりも優れた部分ができると自信が付いてきます。

何でもできる人はネガティブではありません。

何故なら自分よりも優れた人がいないからです。

これは年上、年下関係ありません。

だから優れている人は年上の人にいろいろ言われたとしてもストレスを感じません。

「この人は自分よりも出来る人だから、言われた悪いところはすぐ直そう」「この人の言っていることは、自分よりもできないくせに話しているから全然参考にならない」と割り切っています。

ネガティブな発想にならないためにもどこか他者よりも優れたスキルを身につけ、ここだけは負けない!という自信を付けましょう。

【マイナス思考を直すには、こちらの記事もチェック!】

何をするにも準備しないと落ち着かない

ちょっとした約束でも細かくきっちりとしないと落ち着かないことがあります。

しかし不安になりやすい人はだいぶ前から無意味な準備をしたりします。

仕事にしても遊びにしてもそうです。

準備は何事にも必要かもしれまん。

しかしそれがそこまで必要かどうかということです。

旅行、テストや会議、発表があるのなら準備は必要です。

それが日常である些細なことに対しても準備をしなくてはならないとなると、周囲の人が引いてしまいます。

仕事をしている人だと「効率悪く動いて、しかも無駄なことをやりすぎているこの人は仕事ができないんじゃないか?」と思われることにもなります。

あまりにもあたふたしすぎていると周囲からの信頼感を得られなくなってしまいますので、

どんと構えることも大事になってくるので必要最低限のことだけに準備はとどめておきましょう。

不安になりやすい場面

不安になりやすい場面がいくつかあります。

その場面とはどんな場面なんでしょうか?やはり人や仕事、役割が大きく絡んできます。

不安というものを引き起こすのは、緊張する場面ということがまず挙げられます。

他にも初めてやることだったり責任あることをしなくてはならないということです。

場面、場面によっていろいろな結末を迎えるのですが、その結末までの時間が不安になりやすい人は地獄でしかないはずです。

初めての事に挑戦する

初めてのことは誰だって苦手です。

しかしそれを楽しもうと思う人もいます。

それを楽しめずになかなか受け入れられない人は、どうしたらいいのか分かりません。

自分の経験がある程度あるのと、柔軟な姿勢を取れれば初めてのことでもどうにか対応はできます。

しかし凝り固まってしまってたり、同じ経験しかしていなかったりするとどう対応していいのかが分かりません。

初めてのことは失敗しても仕方がないと思うしかありません。

いきなり器用に出来る人はいません。

だから人に聞いたってそれは恥でも何でもありません。

たまに「こんなこともできないの?」と経験してから初めてやる人に話す人がいますが、その人だって初めての時は簡単にできなかったはずです。

しかし優越感からそういった言葉を口にする人がいますが無視して流すのが一番です。

初めてのことをやって出来ない人のことを悪く言う人の言葉にいちいち耳を傾けるのは止めましょう。

責任あることを任される

責任あることを任されるというのは、不安になりやすい人にとっても受け入れがたい場面だと思います。

責任あることを任されるのはそれだけ認められている。

と思うか、嫌なことを押しつけられていると思うかのどちらかになります。

しかしそれは気持ちの持ちようでもあります。

責任ある嫌なことでもばんばんこなしてやれれば必ず認められます。

不安ばかりを抱えていればそれもネガティブな考えばかりで「自分のことが嫌いだから押しつけているんだ」とか考えてします。

それからどのように失敗しないかを考えます。

責任あることに失敗は全く許されないのでしょうか?誰だって完璧にこなすことはできません。

必ずどこかに穴があったりします。

大筋はできていてもうっかりだったり、予想外だったりで抜けている部分あります。

しかしそれをいかにその時に対処するかが問題です。

慌てて右往左往しているだけではその場の空気が悪くなります。

素直に謝ったり、別の案を出したりして落ち着いて対応することが大事です。

ふてくされたり、投げ出すような行為は一番嫌われてしまうので誠意のある対応をすることが大事です。

完璧にこなせる物はないと始めから思っていた方が気も楽です。

テストや会議など重要な日の前日や当日

次の日に大事な何かがあると考えると布団の中でずっと考えて寝られなくなったり、夢にまで出てくるということがある人もいます。

しかしいくら考えたとしても結果は変わりません。

それまでにやってきた過程が全てなのでひとりでずっと考えていても無意味な時間でしかありません。

それならさっさと寝て早く起きてすっきりした状態で臨むことが好ましいのです。

寝不足だとかえって当日に影響を及ぼすことになります。

当日は当日で諦めるしかありません。

いくら不安になってもそこから逃げることはできないので、「なるようになる」と腹をくくりましょう。

初対面の人と接する

初対面の人が苦手なのはほとんどの人がそうです。

しかしそれに過度の不安を抱いてしまうと人間不信に思われてしまいます。

初対面の人と出会う場面は仕事をしたり家庭を持てばいくらでも直面します。

その時に苦手だからといって避けてばかりいると人がどんどん離れてしまいます。

初対面の人が怖いと思う感情は抱いていても社交性は大事です。

腹を割って話すつもりはなくても上辺だけでいいので合わせてただ話せばいいのです。

それは相手も社交辞令だと思って何も気にしていませんし、二度と会わない可能性だってあるのです。

だからこそ不安になっても短い時間で適度な会話をして合わせることをしていれば大丈夫です。

人前で発表する

人前で発表をすることは全員が自分だけを見ていて、誰も何も言葉を発しません。

それはとても緊張する場所でもあるので不安にはなります。

誰も話さない場で自分だけが話すということは自分の声にみんなが耳を傾けています。

「変なことでも話してしまったら笑われるのではないか」「途中で止まってしまって頭が真っ白になったらどうしよう」といろいろな不安要素はあります。

しかしここでもなるようにしかなりません。

間違っても止まっても貫き通すしか道はありません。

何もしないで逃げることなどできません。

人前で発表する時は紙面で確認しながら進行するのが一番間違いがありません。

頭の中でいくら整理して話そうとしても途中で飛んでしまったりしてどこを話すのかを忘れたりします。

話す手順を書いておき、その内容もおおまかに書いてあれば進行する上でそれほど間違いはおきません。

ただしずっと紙面ばかりを見て話していると相手には伝わりににくいので、顔を見ながら話すことも大事です。

人に向けて話をしているのですから、その場にいる人のことも意識して話しましょう。

不安を解消する方法7選

不安を全く持たない人は誰もいません。

しかし不安の度合いは個人差があります。

あまり持たない人は自分なりの解消法を知っているものです。

人生において不安は軽減させなければ、重度のストレスなどで命にもかかわるものになります。

だから自分に合った不安解消法を見つけましょう。

名言を心に置いておく

生きていく上で自分を支えるための言葉は必要です。

名言と呼ばれるものですが、様々な本の一節や人が口にした言葉、ドラマや映画でのセリフ。

何でも良いのですが、自分の心に響いたものが名言になります。

名言探しは自分で頑張って見つけるものではありません。

自然と目にしたものから心に響いてきます。

他者からこの名言が素晴らしいと勧められたとしても感性や自らの境遇が違うと全く響いてきません。

だから自分で本や映画を見て合った名言を見つけましょう。

自分の名言が見つかったのならそれを心の中に留めておいて、あらゆる行動に対処していきましょう。

名言が見つかると心の持ち方は自然と変わり、世界の見え方も違ってきたりします。

実際に名言から自分の生き方が変わった人もたくさんいるので、言葉の力はそれだけ大きいということです。

不安は些細な一言で救われる

言葉を交わすことは不安解消のひとつでもあります。

一人で考え込んで誰も頼らない、頼れない状況になってしまうと出口が見えないまま終わってしまうことがあります。

だから周囲の人間をまずは頼りましょう。

そこから会話を沢山しましょう。

自分が不安に思っていいることを吐きだし、言葉にすることは大事です。

そしてそれが相手に伝われば相手も助言をしてくれるはずです。

どんな些細な一言でもいいのです。

相手から言葉を掛けてもらうことで心が救われた感じになります。

「大丈夫だよ」「そんなに気にすることない」「失敗したっていいんだよ」そんな感じの言葉を掛けてくれるかもしれません。

たった一言なのに不安を感じている人からするととても心を軽くしてくれる言葉でもあります。

好きなものを食べる

自分の好きな食べ物を食べると幸せな気分になります。

それだけで嫌なことも忘れられます。

食は生活の一部であり重要な役割を持っています。

子どもの頃から夕食に好きなものがでたらそれだけで大喜びをしたりします。

それは大人になっても変わりません。

自分の好物が食事に出たらそれだけで温かい気持ちになるのです。

そして何かの目標を立てて、これが終わったらご褒美としてこれを食べようという設定をすると励みになり次も頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

食事とは生きるために必要な行為というのではなく、生きる活力にもなるので体と心に多大な影響を与えています。

美味しい料理は不安な気持ちを和らげる

美味しいものを食べると自然と気持ちが和らいできます。

そして満足感や幸福感も同時に味わうことができます。

それだけで嫌なことも忘れられるのです。

自分の好物は勿論おいしいです。

しかし家で食べるよりも外食をした方がそのおいしさも倍増します。

外で食べるメリットとしては、自分で作らなくても良い、洗いものをしたりしなくてもよい、自分が作るのよりもおいしい、違う場所で食べるので気分転換ができる、といろいろあります。

デメリットとしては、お金が掛る、そこまで移動しなくてはならない、他のお客がいる、といったことでしょう。

環境を変えての食事もとても大事なことなので、毎回ではなくてもたまの外食はご褒美としてするのも良いでしょう。

周りの人に相談する

周囲の人間を頼ることは相手に悪いと思ってしまうと相談ができません。

しかし不安に思っていることは相談をすることでかなり楽になります。

周りにいる人は大したことない悩みだと思うかもしれません。

それでも頼られると嬉しい人もいます。

相手にとってもそこまで悪い気はしないのです。

ただし相手の都合も考えずに何度も何度も相談すると嫌がられるので、回数を考えて相談はしましょう。

周りの人は客観的に物事を見ているので、違った角度からアドバイスができます。

自分の視点や考え方だけだと以外に気付けなかったことも多くあります。

人の意見というのはいろいろな人から聞くと役に立つことも多いのです。

ただし相談するならそれなりの人間関係を築いておきましょう。

全く話したことのない人からアドバイスをもらうよりも適度な信頼関係を気付いた相手の方が真剣に相手をしてくれます。

そのためにも普段から会話をしたりしてコミュニケーションを取りましょう。

一人で悩んでも泥沼にハマるだけ

人を頼りたくないから自分で考えるとなるとそれなりの自信がなければできません。

何でも自分の力でできると言う人は大抵のことを本当にひとりでやってしまいます。

しかしそんな人はそうそういません。

一人の力で出来ることには個人差があります。

自分でどうにかしようと思っても自分の力の限界を超える壁にぶつかってしまうこともあります。

そんな時にずっと一人で悩んでいても何も生まれません。

ただ時間は過ぎて、どんどん不安が募り、結果は最悪を迎えることになりかねません。

だからこそ人を頼りましょう。

家族でも友達でもいいから話を聞いてくれれば不安な気持ちは軽減されます。

同僚だったら仕事のアドバイスや違うやり方を教えてくれるかもしれません。

一人の力ではどうにもならないことがたくさんあり、人を頼ることは悪いことではないということを覚えておきましょう。

解決策を探してみる

不安を解消するにはひとそれぞれの解決策があります。

それを探すことで不安になる要素を取り除くことができます。

解決策といっても必ずこれが自分に当てはまるというものではありません。

「自分がこういう性格だからこれが良さそうだ」「こういう考えをもっているからこれが良いのではないか?」と自分の性格や考え方に合わせて見つけましょう。

策はあくまでも机上の空論でしかありませんが、それでもあるだけで安心感にも繋がります。

一番後悔しない策を選ぶ

いろいろな解決策がありますが、その中からでも自分に合ったもので後悔しないものを選びましょう。

たくさんの解決策があるから全部試してみようとすると方向性が定まらずかえって不安定な状態になってしまいます。

いくつも策があるよりも一つに集中して取り組んだ方が効率よく内容の濃いものにしていくこともできます。

策士策におぼれるでは全く意味がありませんので、解決策は的をしぼって決めましょう。

運動してリフレッシュする

嫌なことばかりを考えることよりも違うことをしてた方が気持ちの切り替えにもなります。

特に体を動かすことはとても良いことです。

スポーツをしている間はそのことに集中しているので余計なことを考えている暇はありません。

体をたくさん使うことで疲れているので夜中も悩んだりすることもなくすぐに寝ることができます。

ただし体を動かすにしても家の中で機械を頼りに一人で黙々とこなすものよりも人がいる場所や郊外で行う方が良いです。

淡々と体を動かすものはその間に嫌なことを考えてしまうケースもありますので、環境を変えましょう。

脳も刺激され解決策がひらめく

運動をしていると脳内も活性化されネガティブな考え方からポジティブな考え方に切り替わります。

その時こそ解決策がひらめいたりします。

適度な運動は肉体と精神を健康に変えてくれるので、不安なことや悩みごとがあったら気分転換の意味でも体を動かしましょう。

何をして体を動かすと脳の刺激があるのでしょうか?特に刺激的なのは複数人で行うスポーツが効果的です。

フットサル、野球、バスケット、バレーといった団体競技ですが、ここはなかなかハードルが高いです。

そもそもその団体に入ること自体が敷居が高いと思いますし、ここでスポーツができる人は不安の要素はほとんどありません。

それならどんな運動が良いのでしょうか?水泳、ランニングなどなら一人でもやることができますし、有酸素運動なのでかなりの運動量でもあります。

やるなら何キロは泳ぐ、走るといった目標を立てて行うとより一層良いです。

ただし同じ動作の繰り返しの運動は飽きてしまうこともあるので注意しましょう。

鏡の法則を実践する

鏡の法則とは、自分に起こる問題の原因は全て自分自身の中にあるというものです。

だから不安になる原因というのは自分にある訳で改善しないとどうにもならないということです。

不安とはなぜ起こるのか?それを考えるとそれは心の問題でありその人自身の問題なのです。

自分の問題を自分で解決するにはどうしたらいいのか分からない人もたくさんいます。

それでも解決の糸口を探れるのは自分だけなのです。

問題点を自分で理解したらそこから解決策を見つけましょう。

自分が変われば不安な事も無くなっていく

不安を引き起こすのは自分自身の問題だと分かれば、自分を変えるしかありません。

自分を変えるにはどうしたらいいのでしょうか?大人になってから精神面を変えることは可能なの?と思う人もいるでしょう。

しかし変えることはできます。

それにはきっかけとはっきりとした意志が必要になります。

「こんな自分では駄目だ、変えたい」そういった明確な意志がないと性格や生き方を変えることはできません。

その代わり精神の弱さを克服することで多方面にわたって良い影響が出ることは間違いないです。

意識改革と精神面の強さを磨くことで不安はどんどん薄れていくので、まずは自分を変える努力をしましょう。

その他の不安解消法

不安解消法はいろいろありますが、オーソドックスなものもあれば意外な方法もあります。

これは自分で探すしかないので、自分の性格、ライフスタイルから考えて選んでいきましょう。

現実逃避する

現実逃避とは危ない人がやるのではないか?というイメージがあるかもしれませんが、これは防衛本能でもありストレスを軽減させる手段でもあります。

いろいろ悩んで考えるぐらいなら、現実を忘れて全く違うことを考えるのは別に悪いことではありません。

嫌なことばかりを考え続けてしまうとそれだけでストレスになります。

しかし現実逃避は今ある現実から目を背ける行為です。

だから現実は現実なので一時目を背けても良いのですが、必ず向き合わなければならない場面がくるということです。

ペットを飼ってみる

ペットを飼うことでも不安解消の一つになります。

一人よりもペットがいた方が側に誰かがいるような安心感があります。

ペットならいらないことも話しませんし、こちらの気分が悪くてもそんなことは分かりません。

愛くるしく見せる姿で癒されたり、時には話しかけてみたりして気分を変える一つの手段になります。

嫌なことや悩んでいることがあってもペットと楽しく過ごしたりしている時はふっと忘れてしまうことにもなります。

目標に向かって行動する

目標を持つことをまずしましょう。

人は何も目標がないとどう動いていいの分からなくなるのと、生き方にも張りがなくなります。

目標があればそれに向かって一心で進むことができますし、無駄なこともしなくなります。

だらだらと目標もなく過ごしてしまうと余計なことを考えてしまいますし、実感も湧かなくなります。

日常にある程度の刺激と張りを与えるためにも目標は持つべきです。

それに向かって行動ができ、達成することができたら自信が付き自分のやり方が間違っていなかったということにもなります。

ただし気をつけなくてはならないのは、目標の立て方です。

現実的に可能な目標を具体的に立てなければ意味がありません。

曖昧でふわっとした感じで目標を立てると、途中でその目標に向かって行動しなくなります。

少しでも不安を解消出来るように行動することが大事

人生において不安なことなど何一つないということはありません。

いかに不安を軽減させるかにあります。

仕事、恋愛、友達、家族いろいろな状況で不安にさせる要素がありますが、不安になりやすい人はどの状況でも不安になっています。

この状況なら得意だから大丈夫ということにはならないので、自分で自分に合った不安の解消法を探して行動しましょう。

そして確実に言えることは、不安解消のためには相談できる相手や信頼できる相手が側にいなくてはならないということです。

たった一人で悩みを解消しようなどなかなかできません。

人を頼ることはその人に迷惑が掛ると思ってしまうかもしれませんが、

確かな人間関係を築きあげていればそれを嫌がることはありませんし、むしろ頼ってくれて嬉しいとも思います。

一人で抱え込まないで側にいる人に相談し、助言アドバイスをもらって心の負担を軽くしていきましょう。

不安の根源は自らの心の陰の存在から生み出されます。

自分の心を救うことができるのは自分自身です。