皆さんの一番のストレスって何でしょう?

人間関係などは上手いっているでしょうか?

とにかく一度こじれだすと面倒ですし相手にするのも馬鹿らしいと思う人っていますよね。

こちらは何も言わなくても相手から突っかかってくることもあります。

こういった人間関係に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

このような人との関係って後から思い出すと、怒りが込み上げてきたり、自分ではコントロールすることも難しくなってきますよね?

忘れようと思っても嫌な言葉などは自分の記憶に残ってしまいます。

どうしていいのかわからなくなっていきます。

こういう悩みを抱える人も最近はかなり多くなっています。

その原因の一つは解消できないストレスでもあります。

私たちの生活は確かに豊かにはなったように感じますが、世の中は人付き合いが難しいくなっているような気がしませんか?

自分の本心は隠すようになり、良い面を見せようとしたりといった行動が多くなると、人はストレスを感じてきます。

偽った自分を演じていくことが当たり前の世の中になっていくと、心にも大きな問題を抱えてしまうことになるのです。

そして、こういった心のストレスは、ある日突然に他人への攻撃などにも結び付く場合が出てきます。

主に自分よりも立場の弱い人などへは過剰なまでの暴言なども出てきます。

これは日頃から溜まっているストレスの発散にもなり、誰しもがこのような危険性をもっていることにもなります。

このような関係になってくると本当に人づきあいって面倒になってきますよね?

相手の顔は嫌でも見なければいけないし、全く話さないという訳にもいきません。

相手からは何だかよくわからない怒りの言葉を聞くようになれば、自分の心も病んでいくようになります。

問題が小さいうちに解決できる方法を見つけられればいいのですが、気持ちが興奮状態の時って冷静な判断などもできませんよね。

そして、このような事を後回しにしていくと、本当に自分のストレスも限界になっていき、最悪の場合には入院などになってしまうのです。

人間関係って怖いと思いませんか?

仲良くしてたつもりの人がある日突然、敵意をむき出してきたりこっちとしては何だかよくわかりませんよね?

自分が何か悪いことをしたのかどうか尋ねても何も言わない人もいます。

「本当に面倒!」って気持ちにもなってしまいます。

そこで今回のテーマですが人間関係がめんどくさいときの対処法についてお話ししていきたいと思います。

自分がこういった事には巻き込まれることはないだろうと考えていると、人間関係というものは突然にストレスへ変わることが出てきます。

こうした事は常に考えておくべきであり、自分の精神力が相当強くなければ耐えられないという状態も考えられます。

人が攻撃的になってしまうとトコトン追いつめるような人も出てきます。

自分を守る意味でも、対処法というものは熟知していなければいけません。

今まではそういった経験のない人でも油断はしないで下さい。

今の世の中は本当にストレスを多く抱える時代になり、人の心がいつ変わるかということは誰にも予測はつきません。

ですから、今は何でもないような方でも、こういった人間関係に巻き込まれた時の対処の仕方というものは、覚えておいた方が絶対に自分の為になってくるのです。

それでは、人間関係がめんどくさい時の最適な対処方について1個ずつ見ていきましょう。

現在悩んでいる方であれば自分ができるものから始めるようにして下さい。

また、今はそういった事の心配がない人でもしっかりと覚えるようにして下さいね。

▼【関連記事】めんどくさがりな人の特徴や心理はこちらの記事を先にチェック!
めんどくさいと思ってしまう人の6個の特徴や心理とは?

人間関係がめんどくさい時の13個の対処法

皆さんもこの人の相手は嫌などといった人間関係で面倒に感じるときがありますよね?

なぜか自分が相手の標的になったりと人の心は本当にわからないものです。

自分では大人しくしているつもりでも、相手がその態度がムカついていたりと理由も様々です。

ある意味では、私たちは付き合っていく人を選んでいくようにしなければいけない時代でもあるのです。

こうした面倒な人と関わりを続けていても自分の得にはなってきませんよね。

むしろ自分の気持ちがズタズタになる可能性だってあります。

避けられるのであれば近づかないようにすることが一番になります。

但し、そういった事が出来ない場合も出てくるので、簡単には解決できないという状況になります。

そして、この状態が長く続いてくると自分にも異変などが出てくるようになり、心にも大きな傷が出来てしまうのです。

そうなってしまえば心のダメージが治ってくれるまでにかなりの時間を要することにもなりますし、生活自体が楽しくありません。

これからは自分の身は自分で守ることも必要になります。

しっかりと人間関係の対処の仕方というものを覚えるようにして下さい。

それでは1個目の方法になりますがこれは人付き合いの心構えにもなってきます。

1、全ての人と仲良くしようとしない


人付き合いを考えるときに全員との良好な関係を望む人がいますがこれは大きな間違いになってきます。

そういった気持ちはとても大切な事ですが、自分とは合わないという方も必ず出てくるはずですので無理に合わせようとしないことが大切です。

これを全ての人と仲良くしようとすれば自分の心の方が先にダメになってしまい、色々な心の問題も発生することになるのでやめるようにしましょう。

また、無理に相手に合わせてもそれを受け入れないという人も出てきます。

こういった人は自分に対して攻撃的になる可能性が高くなり、良い結果とはなってきませんので注意が必要です。

人間関係のこじれる原因ですが、無理に合わせるということが互いに色々なストレスを抱えることになり面倒なものへと変わっていきます。

話していて違和感を感じたり自分とは考えが違うと思ったならばあまり関わりを持つことは避けていった方が良いと感じます。

これは自分にとっても大事ですが相手も同じように感じているかもしれませんよね。

相手が避けたいのに自分が近寄るような行動をすると、突然に相手がキレるといった事にもなりかねません。

なるべく自分に合った人との交流を大切にするようにして下さい。

これは自分さえ気をつけていけばそれほど難しい問題ではありません。

苦手な人がいても必要な返答などをしていれば問題は起ってきません。

変に関わり合いを作ってしまうと色々な問題が発生する場合があるので、全ての人と交流を持つような考えはやめるようにしましょう。

2、感情を出して会話する

人と話をする時に無感情のまま会話をする人がいますが、これは相手に大きな誤解を与える結果になってきます。

楽しい時には笑ったり笑顔を見せたりしなければ話している相手も気分が悪いですし、自分がそのようにされたら嫌だと感じますよね?

小さなことのように思いますが感情があるのとないのとでは人の受け取り方が全く違ったものになります。

無感情のままの会話というのは不機嫌な態度にも見えてしまい、相手にはかなりの不快感を与えることにも繋がってきます。

そういった行動が多ければ、いつかは相手はキレてしまう可能性がとても高いです。

自分ではあまり感じていなくとも、仲の良い人に確認してみたりしながら会話をするようにして下さい。

この場合は自分が人間関係を面倒にする原因を作っていますので注意が必要です。

3、相手の良い所を見つける


仕事などではどうしても付き合っていかなければいけないという人も出てきますよね?

本当ならば話などしたくないと思っても仕方のない場合もあります。

私たちはこういった状況で嫌なことばかりを考えているとそれ自体が大きなストレスになってしまいます。

嫌な相手と話すだけでもちょっとした怒りのような感情が湧きだしてくるのであれば、相当なストレスを毎日にように抱えている事にもなるのです。

このストレスですが自分である程度は抑えられるような状態であればいいのですが、なにかのきっかけで爆発してしまう場合も考えられますよね。

こうなってしまっては自分ではどうしようもできなくなり最悪の関係になる場合も出てきます。

その後の仕事にも影響が出るかもしれませんし、気をつけたいところでもあります。

我慢をすること自体が心にとって一番悪いことになりますので、相手の良い所を見つめるということをして下さい。

どんな人間でも一つ位は良い所がありますよね?

朝の挨拶だけはきちんとするなどでもいいです。

とにかく褒められるようなものを探すようにして下さい。

これが出来ると相手に対する感情というのもある程度は抑えられるようになってきます。

この人も口は悪いけど根は良い人などでしょうなど、相手を許せるような気持ちも沸いてくるようになりますので、イライラとした気持ちばかりではなくなります。

イライラしっぱなしであればストレスが減るということはありません。

ちょっとした許せる気持ちも出てくれば自分の心も変わってくるものです。

どうしてもその人との付き合いがやめることが出来ない場合であれば良い所を見つけてストレスを少しでも減らせるような環境を作っていくことが大切になります。

4、感謝や謝罪は早めに言う

人間関係がめんどくさくなる原因に、感謝の気持ちや謝罪をすぐに言わないという単純な問題も考えられます。

人から何かをしてもらった場合にすぐに「ありがとう」という人ならば、周りから色々と言われることもなく平穏な生活になります。

すぐに言わない人というのは、周りから陰口を叩かれるという原因を作ってしまっています。

自分自身も相手から同じようなことをされれば気分が良いということはありませんよね。

こういった問題は、人間関係に大きく作用してくることになり面倒の原因にもなってきます。

大げさな表現などは要りませんので、素直な気持ちで言葉をかけるようにすれば大きな問題は出てきません。

相手も自分に対してそのような場面になれば、同じようにすぐに言葉をかけてくれます。

謝罪と感謝の言葉というのはあまり先に伸ばしてしまうと言うタイミングも失ってしまいます。

すぐに言葉をかけるということを心掛けるようにして下さい。

5、居場所を複数持つ


ずっと同じ人と関わっているからこそ不満が生まれたり、慣れ合いで、言いたいことを言いすぎてしまう関係ができあがります。

そうするとお互いに思いやりがなくなり、ひどいことを言われたとか、ムカつくことを言われたとか不満が溜まっていきます。

例えば、職場では毎回同じ人とばかりランチに行くのではなく、他の人を誘ってみましょう。

今までじっくり話したことがなくても、もしかしたら誰よりも気が合うかもしれません。

同じ趣味にハマっていたり、同じアーティストが好きで一緒にライブに行くことになったり。

自分の居場所をひとつに決めてしまうと、何をするにもその人と同じになってしまいます。

めんどくさいと感じても、他に居場所がないと、どうすることもできません。

プライベートでも、ひとつのグループだけでなく、複数の友達と遊ぶようにすると不満が溜まりにくいと思いますよ。

6、自慢話はしない

仲間うちで自分の自慢話をする人が出てくると思いますが、例外なくそういった人は嫌われる傾向にあります。

自分がそういったタイプであれば、自らが人間関係を崩しているのだということを認識する必要があります。

自慢話というものは他人が聞いてもあまり気分の良いものではありませんよね?

何かしら鼻につくような言葉尻にもなり、不快な気持ちにさせてしまうことは確実になります。

そういった態度や行動が続いてくると、我慢できなくなった人からの攻撃の対象となってきます。

それは無視されることであったり、悪口であったりと様々な行為になり、自分の気持ちも耐えられなくなるという結果になってくるでしょう。

ちょっとした事であれば誰でも人に言いたいことは出てきますが、明らかに自慢ととれるような話の内容は絶対に避けるべきですし、するような話ではありません。

どうしてもそういった話をしたいのであれば、SNSのようなネットの世界で投稿するようにしましょう。

ネットであれば相手もそれほど深くは突っ込んでくるような行動はしません。

興味のないような投稿は無視されるだけです。

言ってスッキリとするのであれば、リアルな人間関係を壊すよりもSNSの方がましになってきます。

人間関係が破たんする原因はこういった自慢話をする人が作っているということも忘れないようにしましょう。

7、仕事や勉強等、別の事に集中する

それでは、実際に人間関係が崩れてきた場合にはどうやって気持ちを切り替えていけば良いのかをお話ししていきます。

まず最初にやるべきことですが仕事をしているのであれば、仲間うちの事は考えないようにして仕事だけに集中することが大切です。

仕事をしている時も人間関係が気になってしまうのであれば、休みをとるという事も必要かもしれません。

どちらにしても、一度壊れてしまった関係というのは修復にはかなりの時間がかかってしまいます。

そうであれば仕事に打ち込んで、その事を考えないようにしていくことが一番の対処法になってきます。

そのうちに仲間からの攻撃的な態度が柔らかくなってくる場合もありますので、それまでは仕事だけを考えるようにしましょう。

また、自分に悪い所がないような場合でも同じことが言えます。

相手の嫉妬などと理由は様々あるでしょう。

そういった人を相手にしていると自分も心が病んでしまうので極力避ける意味でも仕事に集中しましょう。

そうすることで相手が飽きるのも待ってみるしかありません。

気持ちが興奮している時には絶対に話し合いで解決することは不可能とも言えます。

お互いに冷静になった状態まで待たないと有意義な話し合いにはなってきません。

自分の気持ちが落ち着くまでは、その人以外のことに集中することが正しい選択になってきます。

8、表面的に仲良くなると割り切る

また、人との付き合いで大事なことになるのですが、誰に対しても真剣に付き合うといった行動は避けるべきとも言えます。

自分が裏切られたときの心の反動というものが大きくなるだけであり、自分にとっては良い効果などは期待出来ないという風に考えることも必要になってきます。

多くの人は表面的に仲良くすることを嫌い、その人の私生活にまで入ってこようとしますがこういった行動は人間関係を壊す原因にもなります。

ある程度の所できちんと線引きをしてそこから先へは踏み込まないようにしなければいけません。

相手にも自分のことを全て話すようなことはしないで下さい。

本当に信頼ができる親友であるのならば全く違った展開になります。

単に仕事上の付き合いであったり私生活ではほとんど関係が出てこない人ならば、深い関係にまでならないようにして下さい。

あくまでも表面上で仲良くすることを心掛けていき、それ以上に対しては自分でも心の壁というものをつくることが大切になってきます。

そうしたことがいずれ自分を守ることにも繋がりますし、人間関係を大きく崩さない方法でもあるのです。

9、然るべき所に相談する

人間関係が複雑になってくると自分への攻撃というものもかなり大きくなってくる場合も出てきます。

もし、自分では耐えられないといった状況であればきちんと然るべき所に相談をするようにしましょう。

こういった問題では早めの対応というものが自分を救うことにもなってきます。

相手を無視するだけでは収まらない場合などは、会社であれば上司に相談を持ち掛けたりと出来ることはやるようにして下さい。

相談をされたのであれば何かしらの対応は考えてくれるはずですので、自分だけで悩むようなことにならないようにしましょう。

10、良い人ぶるのをやめる

そして、人間関係においてこのことも大切なことですので、しっかりと自分の中で理解するようにして下さい。

自分は誰かと問題を起こしたくないから良い人を演じる人がいますが、これは逆効果になってきます。

人は良い人ぶった人間のほうが叩きやすいという感情をもっています。

常に良い人を演じるだけでも気持ちが疲れてしまい、ストレスも抱えることになります。

そして、さらに自分が良い人を演じたことで、相手から攻撃の対象にされたら本当に辛い気持ちにもなってしまうでしょう。

良い人というのは相手の言葉を否定するということにも繋がっていきます。

何かしら会話の中では馬鹿げた言葉も出てくると思いますが、良い人はそういった行動を否定することから入るのではないでしょうか?

最初のうちはそれほど大きな問題にはなってきませんが、毎回同じような話題で否定されれば相手の我慢にも限界というものがあります。

人に良く見られたいという気持ちは大事でもありますが、良い人と良い人を演じることは全く違います。

本当に良い人は人間関係が崩れるということはありません。

その理由は誰もが良い人であると認めているからでもあり、良い人の話というものはキチンとした自分の考えを言うから相手も納得するのです。

ところが良い人を演じる人であれば理由もなしに「私はそういったことはしない」といった言葉を相手に向けることになり関係にもひびが入っていきます。

自分がそういったタイプであるのならば良い人を演じることはやめるようにして下さい。

11、断ち切りたい関係は断ち切る

人間関係というものは私たちが暮らす中では切っては切れないものでもあり、常に何かしらの人が自分の生活にも影響してきます。

ですが人との関係でどう考えても自分にとっては悪影響しかない人がいるのであれば、そういった人は避けるべきです。

人との関係を断ち切るということに臆病になりがちな人もいますが、そういった人はほとんどの場合が心に大きなストレスを抱えていて、自分でもどうしようがなくなる場合も出てきます。

そのような事になってしまうと、回復するまでにはかなりの時間もかかることになり、自分でとっては良いことではありませんよね。

関係を切るということはかなり勇気のいる行動でもありますが、自分が壊れてしまったらほんとうに辛いことが待っていると思って下さい。

断ち切ると言っても全く話さないようになることは無理でしょう。

必要最低限の会話だけをするようにして、後は極力に理由などをつけて話さないようにすることが大切になってきます。

関係を断ち切ると決めるまではかなりの葛藤や不安といった気持ちが出てきます。

その人が自分に悪い影響ばかりであれば、勇気を出して断ち切るという選択をするようにしましょう。

12、新しい関係を作る


人間関係に悩んだ時には発想を変えてみるということも大切になってきます。

その人とはどういった関係なのかを見つめ直してみて、新しい関係を作るという事も必要になる時があるのです。

例えばその人がいないグループに身をおくことも方法の一つになります。

外から見ると意外にわからなかったものも見えてきたりと発見があり、どうやって修復できるかがわかる場合も出てくるはずです。

それでも解決策が出てこないようであれば関係を断つということも選択の一つになります。

自分なりに違った関係を築いていくことも必要になってきます。

それでは最後の対処方法になりますが、この考え方が基本となるとても重要な事ですのでここから始めるようにして下さい。

13、他人と距離をおく

人間関係の基本とも言えることになりますが、ある程度他人とは距離をおくということはとても大切なことになります。

表面的に仲良くなることはあっても自分の全てを打ち明けたり・またはその人のことを聞くような関係は避けるべきです。

自分が心を許せる人は本当に限られてくるものですし、仕事上の付き合いなどではそのような関係を望むということも難しいですよね。

相手がどのように思うかはわかりませんしそういったことは関係を壊すきっかけにもなることを知っておくべきです。

また、相手が必要以上に自分のことを相談してくる場合もあります。

そのような時も最低限の返答などで終わらせるようにしましょう。

主にこういった問題は女性の間で多くなるようですが、きちんと距離をおくことをしないと相手に振り回されるだけの生活になる可能性が高くなってきます。

自分も相手を振り回すことがないようにしなければいけないですし、それを考えていくと距離をおいた接し方をすることがとても重要です。

そうした付き合いを長くすることで本当に自分を理解してくれる人が現われるかもしれません。

個人的な深い話などはそういった人が出てきてからでも遅くはありません。

人間関係の基本的な事は他人とは距離をおくことから始めるようにして下さい。

以上が人間関係における対処方法になりますがいかがでしたでしょうか?

自分でも出来るものがたくさんあると思いますし、これから実行できるものも出てくるはずです。

基本的なことは他人とは距離をおいて接することであり、その事さえきちんと理解していれば、それほど人間関係が面倒になる事も少ないと思います。

それでは、こういった関係が面倒になる原因というものはなぜなのかを考えてみましょう。

人間関係が壊れるということは何かしらのことがなければ発生しません。

その原因はどういったことがあるのかを知っておく必要性もあるのです。

人間関係がめんどくさくなる原因

人間関係についてですが、主に自分に自信が持てないような人は、このような問題を多く抱えることになります。

一人になると不安である・誰かと一緒じゃないと気持ちが落ち着かないといった方は、このような問題に巻き込まれてしまう可能性が高くなります。

会社などでも常に自分の居場所などを求めるという傾向にあり、単独での行動が苦手な場合は誰かに頼るということを考えてしまいますよね。

そうした気持ちが強ければどうしてもグループなどに依存するということになってしまいます。

そしてちょっとしたきっかけで人間関係に歪みなどが出てしまえばそれぞれが我慢していたことなどの鬱憤が一気に出るようなことになるのです。

こういったことになるきっかけですが、あまりにも自分たちのことを話し過ぎるということが原因になってきます。

最後の対処法で距離を置くということをお話ししましたが、人間関係が崩れやすい人は自分のことをかなり話している傾向にあります。

それは家族のことであったり自分の生活のこともそうです。

とにかく他人には話さなくてもいいことを話しすぎるということがそういった問題を引き起こすのだと思って下さい。

そのような事を回避する為には大事なことはあまり仕事などの仲間には依存しないことが一つ、自分の私生活に関しては話さないということが一つとなってきます。

こういった事は主に自分にも責任が出てきますので注意をしてほしい事です。

できれば初めから他人とは距離を置くことを心掛けていくようにしましょう。

人間関係が面倒になった時は見つめ直す良い機会

今回は人間関係という難しい問題についてのお話しになりましたがどのように感じたでしょうか。

自分がこういったことで悩みを抱えている状態であれば少しでも早く問題を解決したいと思います。

多くのストレスも抱えていることだと思います。

自分が全く悪くないと思っていてもそういった事の事実というのは相手しか知らないことでもありますし、自分で問題に立ち向かうということも難しくなります。

こういった時に必要になることはその相手との関係自体を見つめ直してみることであり、この選択というのは本当に正しいのかを決めるきっかけにもなります。

付き合う相手が自分にとって悪い影響が多ければ関係と断つという選択も考えなければいけません。

付き合い方というのも見直す必要が出てきます。

そして、どうしても答えが見つからないといった場合には新しい関係を作ってみることも必要ですよね。

当然に相手との距離も離れることになり、何かしらの反応が出てくるでしょう。

相手の反応がわかれば自分でも対応策というのも見つかるかもしれません。

色々なことをクリアにしていくためにも違った角度から見てみるということも大事なことになります。

人間関係って一度崩れ始めてしまうと色々な嫌なことを感じなければいけませんよね。

そうした苦い経験は何度もしないことが自分にとっては一番大切なことにもなってきます。

心に大きなストレスを抱えることが多くなれば、精神面でも色々なことが起ってきます。

感情的になることが多くなったりうつ病のような状態になることさえ考えられますよね。

それが長く続くようであれば自分の生活にもかなりの影響がでるのではないでしょうか?

人間関係というものは簡単に修復ができるものではない為に色々なことに対して我慢をしたり、辛い思いをするようになるなどといったリスクがあるということを忘れないようにして下さい。

あなたは現在、人間関係で悩むようなことはありませんか?

ストレス社会とも言われる現在という時代は様々な人との繋がりを持っていくことが必要ですが、上手に付き合っていくことが最も大切なことになります。

そして、人間関係でこじらせないようにする為に必要なことは自分と相手との距離を必ず置くということになります。

この距離というものを近づけるのも遠ざけるのも自分の意思でしかありません。

最終的に問題を受け入れているのは自分だということを理解するようにしましょう。

その事を回避したいのであればその方法はとても簡単なことになります。

しっかりと自分を持って他人との距離を置く勇気を持って下さい。

その中で本当に付き合える人が出てきたならばその時に友達として付き合っていけばいいのであって、最初から仲間意識を高めるような事は避けるようにしましょう。

この最初の基本さえしっかりと守っていけば人間関係に苦労することは滅多に出てこなくなります。

自分をきちんと持っていればそうすることは簡単ですよね?

あなたはこういった人間関係についてずっと悩みを持っていたいでしょうか?

この悩みをなくすことはとても簡単なことです。

勇気を持って自分を大切にする決断をして下さい。

不必要な人がいたのならばその関係を断ち切ることも大事ですし自分から遠ざかることも必要です。

全ての答えは自分の中にあり、きっかけと与えてくれるのは少しの勇気だということを忘れないようにして下さい。