大人だって可愛くしたい!大人らしい可愛さを楽しもう!…そんな思いを言葉に込めたワードが“大人可愛い”というもの。

世の女性の中には、年齢関係なく、ずっと可愛くあり続けたいと思っている方が大勢います。

女性はいつまでたっても、可愛いものに惹かれ続ける運命です。

小さい頃に憧れたキラキラした宝石やカラフルな洋服、お姫様のようにゴージャスで可愛らしい女性像は、大人になってから見てみても、魅力的に感じるものです。

しかし、若い子だったら許される可愛いファッションやメイク、言葉遣いや仕草も、歳を重ねると「若づくり」「不相応」などと言われるようになってしまうのが難点。

だからと言って、好きでもない洋服やアイテムを身にまとっても楽しくありませんよね。

「大人になったら、大人らしくエレガントでセクシーな女性にならなければいけないの?」…この答えはNO。

幾つになっても“可愛さ”を大切にしていていいんです。

ですが、やはり人は、どうしたって必ず歳をとっていき、子供・若者と呼ばれる世代からは卒業しなければいけません。

子供や若者には、その年代でしか楽しめない可愛さあります。

しかし、大人になったら、大人にしか表現出来ない可愛さがあるのです。

子供には真似の出来ない“大人可愛い”を突き詰めていこうじゃありませんか!

大人可愛いを作る時の9個の注意点!

大人可愛いというワードは、見ての通り“大人”な“可愛い”です。

大人になって、対象となるファッションブランドも変わり、見た目も変わり、似合う“可愛い”も変わります。

年齢や見た目の変化に柔軟に対応しながら、自分に今最も似合う可愛さを探すのが大人可愛いのポイントです。

また、可愛さというのは、単なる見た目だけでなく、その人の持つ雰囲気や立ち居振る舞いから連想されるもの。

もう若づくりとは言わせないために、今回は年齢に制限されない魅力的な大人可愛いを実現させるためのポイントをいくつか紹介します。

ただ可愛いだけは卒業


大人可愛いというのは、ただただ可愛いだけでは成り立ちません。

あくまで、大人としての品や落ち着きの上で成り立つ違和感のない可愛さを演出するのが大切。

嫌味のない、ナチュラルな可愛さで、歳とのギャップを感じさせないような自然体を目指しましょう。

それには、可愛いにプラスアルファのエッセンスを加えてオリジナリティを出したり、大人ならではの魅力を出すのがオススメです。

可愛いという言葉から連想されるイメージは、人によって異なります。

自分の考える可愛さ以外にも、様々な要素を知ることで、より万人受けする可愛さに近づくことができるはず。

重視するのは清潔感

可愛さの前に、まず大前提となるのはせいけつかんです。

可愛いというイメージの根本は、クリーンでとても透明感のある清潔さ。

美しく無垢な土台の上に、女性らしさが色づくことで、あたたかみのある可愛らしさが生まれてくるものです。

可愛さとは、とても色鮮やかで、パッと花が華やぐようなイメージがあると思います。

それに対して、清潔感がなく、だらしが無い印象の人は、可愛さとはかけ離れています。

不清潔とまでは言わずとも、洋服にシワやシミがあったり、毛玉が付いていたりするだけで、印象は下がってしまうので注意が必要です。

綺麗なハンカチやティッシュを持ち歩くというマナーはもちろん、社会人の場合はデスク周りの整理整頓や物の使い方からも、その人の性格や清潔感は感じ取ることができます。

女性としての可愛らしさは、小さく些細な部分から垣間見れる女子力やクリーンな印象が大きく関連しています。

過剰な若作り

可愛さと若さはイコールではありません。

ですので、ムリに若作りをする必要はなく、自分に合ったスタイルを見つけていくことが大切です。

若い子と同じレベル感で可愛さを求めていかずとも、それぞれに似合う雰囲気を作ることができれば、充分可愛いさをアピールできます。

コスメやファッションのブランドや選ぶカラーは、どうしても自分の好みに偏ってしまいますが、似合う色と好きな色は違います。

年齢によって変化する肌のトーンやツヤに合わせて、似合う色合いも少しずつ変わっていきますので、自分の今をきちんと見極めていきましょう。

洋服選びやメイク方法も、トレンドに流されず自分に似合うものを探して研究することが一番です。

落ち着きのある色のみを使わない

可愛いらしい雰囲気を出すには、女性らしい華やかな色合いを取り入れたファッションがオススメです。

しかし、歳を重ねると、なかなか思い切った洋服選びができなくなり、落ち着いた色合いを選びがちになります。

くすんだ色合いや、落ち着いたモノトーンの洋服など、全体的に沈んだカラーでまとめてしまうことも多いのではないでしょうか。

ですが、すべて無難な色合いにまとめたファッションでは個性がなく、どこにでも居そうな大勢のうちの1人に成り下がってしまいます。

可愛らしい印象を与えたいのであれば、やはり華やかさを忘れてはいけません。

洋服は、年齢似合わせて大人っぽいシルエットのスタイルにまとめつつも、あたたかなカラーを取り入れて女性らしい可愛さをプラスしましょう!

全体的に暗い色合いでまとめるのではなく、ワンポイントに差し色を入れるだけで印象はガラリと変わります。

大きく変える勇気がない人は、スカーフやインナーなど、ちょっとした所に色を使うだけでもOKです。

メイクやファッションでごまかさない


可愛いさは、メイクとファッションだけで完成されるものではありません。

メイクだけ、ファッションだけを頑張っても、理想的な可愛さは作ることができません。

全身をバランスよくコーディネートして、トータル的にまとまりのある可愛らしいスタイルを目指すことで、自分らしさを演出できます。

どこか一つにポイントを絞って力を入れてしまうと、その部分だけ妙に可愛らしさが際立ち、浮いてしまうのでアンバランス担ってしまうので注意です。

髪型やスキンケアなど基礎的な美容のお手入れはもちろん、フレグランスや持ち物、仕草や言葉遣いなど、人の印象を分ける部分は沢山あります。

外見的な所ばかりを磨くのではなく、可愛らしい女性としての、柔らかな雰囲気やオーラを身に纏う人間力を身につけることが重要なんですよ。

意識しすぎた大人可愛い

可愛くなりたいと思うあまり、その点ばかりを意識過ぎてしまうと、わざとらしい仕上がりになってしまいます。

極端に言ってしまえば、作り物の可愛さに見えてしまい、ブリッコのようなイメージを抱かれてしまうこともあるでしょう。

可愛さとは、意識して身につけるものではありますが、それが自然とカタチになってこそ、本当の魅力になります。

意識して作り上げた可愛さを、そのまま見せつけてしまうと、まがい物だということがスグにバレるでしょう。

意識せずとも、ナチュラルに見せられる可愛さでないと、周りの人は一歩引いてしまいます。

誰も、偽物の可愛さには魅力を感じません。

可愛くなりたいという気持ちはあれど、あまり前面に押し出さず、頭の片隅に留めておく位が丁度いいのです。

大人としての節度とマナーを踏まえた上で、女性らしい可愛らしさを覗かせるような上手な塩梅を研究しましょう!

勘違いした大人可愛い

大人可愛いというのは、大人でありながら可愛らしさを持ち合わせている魅力的な人を指す言葉です。

この認識を間違ってしまうと、ただの痛い人になってしまうので要注意。

勘違いしたまま、間違った可愛いを続けていても意味はありません。

大人可愛いは「大人も若者同様に可愛さを誇張してもいい」という意味ではなく、「大人らしくバランスの良い可愛さ」という意味合いが強いというのを念頭に置いておきましょう。

トレンドを身につけたがる

トレンドというのは、季節や年によって頻繁に変わりゆくものです。

ファッションやメイクのトレンドは、主に若い人たちの間で流行しますので、流行り物を取り入れていると、どうしても若者よりのスタイルになってしまいます。

トレンドをうまく取り入れて、これまでのファッションをよりお洒落に楽しむのはとても有意義ですが、全身トレンドで固めるような着こなしは、流行りに敏感な若い人の感性に近く、大人にしてはミーハーな印象です。

流行り廃りに関係なく、自分に似合うファッションを知った上で、そのスタイルに上手くプラスできるトレンドであれば、適度に取り入れるのがおすすめです。

無理にトレンドに寄せていこうとすると自分に合わない服装になってしまうため、きちんと自分に似合うものとそうでないものを把握しておきましょう。

自分好みの可愛いものが流行っていても、普段の自分のスタイルと不釣合でないか、しっかりと見極めてください。

無理して痛い人にならないように

自分に似合うスタイルや、大人としてのマナーを弁えていなければ、周りが見えていない視野の狭い人だと認識されてしまいます。

大人としての品位や、客観的な視点を持ちながら、自分自身をセルフプロデュースすることができてこそ、本当に似合うスタイルを見つけることができますよ。

大人可愛いってどんな感じ?

あなたがイメージする大人可愛い女性とは、どんな人でしょうか。

きっと、理想に思う大人可愛い女性な姿は、それぞれ少しずつ違うかもしれません。

例えば、大人としての良識や品と、穏やかな可愛らしさを兼ね備えていて、周りの人から素敵な女性だと囁かれるような愛され系の人ならば、“大人可愛い”と言われるに相応しいのではないでしょうか。

ファッション

大人可愛いファッションは、若者の選ぶビビッドでラブリーな可愛いさとは違います。

洋服の系統にはクール系やナチュラル系など様々なジャンルがありますが、大人可愛いと言われるものは、可愛いと綺麗の中間のような、ドレッシーなアイテムが多いように思います。

エレガント系

エレガントな雰囲気のファッションは、大人の女性が着こなすと、可愛らしい印象になります。

フォーマルな服装でも、レースがあしらわれていたり、柔らかく透け感のある生地を使っているものは、女性らしさを引き立てます。

フレアスカート

可愛らしさを演出するには、タイトなラインのスカートではなく、ふんわりとした“フレアスカート”がおすすめです。

フレアスカートは、例えるならばあさがおの花。

あさがおが花咲くように形が開く形状となっており、波のように曲線を描くスカートはとても女性らしく美しいですよ。

ウエストから八の字に広がるスカートは、体型や足のラインをあまり見せたくない人でも着やすいですよ。

シルエットフレアスカートは、膝丈のものから、ロングまで幅広いバリエーションがあるため、手持ちの洋服に合わせやすいファッションです。

カットソーやシャツとあわせると、とてもきれいめな印象になるので、オフィスコーデにも使えます。

フレアスカートは、パンプスとあわせると可愛らしさがアップしますが、あまり甘すぎるコーデに抵抗がある人はスニーカーとあわせるのもGOOD!

ペンシルスカート

“ペンシルスカート”と聞いても、ピンとこない人が多いかもしれません。

ペンシルスカートとは、ペンシル(鉛筆)のように細いシルエットのスカートです。

細いシルエットのスカートと言えば、やはりタイトスカ―ト。

ペンシルスカートも一見、タイトスカ―トと大きく違わないので、なにが違うのか、どんなアイテムなのか、いまいち釈然としていない人もいるでしょう。

ペンシルスカートの特徴は、鉛筆のように細いことと、太腿から裾にむかってピタッと絞られたデザインになっているところ。

ヒップラインあから脚にかけての曲線に沿ってなだらかなラインを描くため、とても女性的なボディラインを強調したデザインになります。

ヒップ部分にはいくらか余裕がありますが、スカートの裾に向かうにつれて絞られているので、動きやすさには欠けるかもしれません。

その点、タイトスカ―トは、ほぼ直線的なスカートの形なので、ウエストから裾までは一定幅の筒状。

スカートの裾部分と足の間には割と余裕があります。

ストンとしているので、ウエストから足にかけてのラインは見えずらく、どこかクールな印象になります。

女性らしさを際立たせるペンシルスカートは最近のトレンドにもなっていますよ。

可愛過ぎず、大人の華やかさを演出できるアイテムなので、大人可愛いスタイルにはもってこいです!

ブラウス

紹介したように、可愛いスタイルと言うと、やはりパンツスタイルよりも断然スカートでしょう。

そして、可愛らしいスカートとマッチするのは、やっぱり定番の“ブラウス”。

ブラウスはシンプルなものから、エレガントなものまでさまざまです。

ブラウスの色や生地、デザインによって印象がガラリとかわるので、着こなし次第でとても可愛くおしゃれになりますよ!

特に襟元や袖口など、見えやすい部分に装飾がついているものは、さりげなく可愛さを主張できるので大人可愛いスタイルにはおすすめです。

ベーシックなものにはスカーフを合わせてみるなど、ちょっとした一工夫を加えると良いでしょう。

襟のカタチによっても印象が異なるので、丸襟・Vネック・スクエア型など、自分に似合うものを探してみてください。

ビジューやパール・レースがついているものは、アクセサリーをつけずとも、華やかになるので一石二鳥ですよ!

大人可愛いメイク

大人可愛い雰囲気を作るには、洋服選びだけでなく、メイクにもコツがあります。

色合いが派手な濃いメイクや、パーツを強調したキツいメイクだと、可愛い印象と言うよりは、グラマラスでかっこいい印象になってしまいます。

大人可愛いメイクのポイントは、子供っぽくならないよう、ほんのり色気をプラスしたナチュラルなテイストがおすすめです。

ナチュラルメイク

大人可愛い人の特徴と言えば、厚塗りしないナチュラルなメイク。

濃いメイクをしてしまうと、けばけばしい印象になってしまいます。

隠すところは隠しながら、できる限り自然に魅せることが重要ですよ。

ナチュラルなメイクは、まず肌のベースメイクを整えることが重要。

肌をきれいに見せようとしてファンデーションを重ねると、どうしても厚ぼったくなってしまうので、ベースをしっかりと整えて、自然で艶のある肌を作りましょう。

また、大人になると、肌のトーンが暗くなったり、透明感やハリが失われがちです。

肌がくすんでいたり、色ムラがあったりすると、老けて見えてしまうため、ベースで肌のトラブルをきちんとカバーするのが大切です。

化粧の前には、しっかりとスキンケアをおこない、コンディションを整えておくことも必要不可欠!

肌の潤いや油分を最適な状態に保っておくことで化粧のノリも違いますよ。

ベース作りでは、毛穴を隠すカバー力がある下地と、肌の色むらをなくすカラーコントロール下地を使って肌の土台を整えます。

最初の土台をしっかり整えておけば、ファンデーションを厚く塗らなくてもOK!下地は手で塗る人が多いですが、スポンジで馴染ませると全体をむらなくカバーできますよ。

そのあとにBB・CCクリームやリキッドファンデーションを全体に薄く塗って、気になる部分をコンシーラーで隠すようにすると、厚塗りせずとも均等で艶のある肌が完成します。

肌にツヤを出すために、ハイライトを使って光を取り入れ、陰影をつけるのもポイントです。

最後にテカりやすいTゾーンや小鼻部分をパウダーでおさえれば完成です。

艶肌よりもマットな肌が好きな人は、下地を塗った後にティッシュでツヤをオフして、パウダーファンデやフェイスパウダーを塗るのが良いでしょう。

大人の肌は、下地が命です!

ふんわりアイシャドウ

アイシャドウは、ハッキリとした色合いではなく、ブラウンやピンクなど、肌馴染みのいい色を選ぶと可愛く仕上がります。

しっかり色をつけず、ふんわりとしたニュアンスでのせるのがコツ。

ほんのり色付くくらいで充分です。

まずはアイホール全体にベースとなる明るい色をのせて、睫の際のほうに少し濃い色を重ねて行くと自然な仕上がりになります。

色の境目を指でぼかすときれいなグラデーションに仕上がります。

大人可愛い系を目指すのであれば、大きなラメが入っているものではなく、単色のものがおすすめです。

ラメが入っているものを選ぶときは粒子が細かくパールのような煌きになるものを選ぶといいでしょう。

アイラインやマスカラで派手に飾らなくとも、アイシャドウをうまく活用すれば、目元を華やかに演出して、目力強めることができます!

アイラインはできるだけ細く、マスカラも自然にすることで、素顔美人風のメイクを目指したいですね。

ほんのり色づくチーク

肌の血色は顔全体の印象を変える部分です!ほんのり色付いた頬は女性の可愛らしさを決定づけるチャームポイントになります。

ですので、頬にのせるチークの色や場所は、化粧の中でも重要項目。

可愛らしい顔立ちにしたい人は、ピンク系のチークを選ぶ傾向がありますが、大人になると派手なピンクは浮いてしまって似合いにくくなります。

少しオレンジがかったコーラル系など、肌のトーンと馴染むような色合いのものを選ぶと良いでしょう。

最近では、ポピュラーなパウダーチークのほか、クリームチークやリキッドチークも人気です。

最近はやりのクリームチークは、パウダーと違って、肌に直接馴染ませるものなので、より自然で発色が良いと評判になっています。

お粉をのせるまえに、トントンと指で馴染ませる使用のチークで、色の濃さはあとからパウダーを付ける時にうまく調節することもできます。

自然に火照っているようなウェットな仕上がりになるので、ナチュラルかつ愛らしい仕上がりになり、大人っぽい色気を出すことも可能です。

髪型

大人可愛いスタイルを仕上げるためには、ヘアスタイルもポイントになります。

若い頃と同じような髪型をしていても、いつの間にか似合わなくなったり、違和感が出てきたりしてしまいます。

年齢・メイク・ファッションとマッチングを考えて、似あう髪型を探していきましょう。

落ち着いた髪色

大人らしさと可愛らしさの両方を叶えるためには、あまり明るいヘアカラーはおすすめできません。

明るい髪色はどうしても若い人のイメージが強いうえに、肌の色や服装とのアンマッチも生まれてしまいます。

落ち着いたブラウンや黒など、清楚で大人っぽい印象のカラーリングにしましょう。

ゆるめのパーマ

大人っぽいエレガントさと可愛らしさを叶えるには、ふんわりとしたウェーブヘアや巻き髪が鉄板です。

ゆるめのパーマをあてて、ナチュラルかつ綺麗めのスタイルを作ると、嫌味のない可愛さに仕上がりますよ。

ぐるんぐるんした派手なカールでは派手過ぎてしまいますし、細かいカールだと老けて見えてしまうので、あくまで“ゆるい”ナチュラルなパーマにしましょう!

丸みのあるショートヘア

ショートヘアは綺麗めというよりもカジュアルな印象がありますが、丸みのあるやわらかなショートボブは、とても可愛らしい印象になります。

大人可愛いスタイルの芸能人の間でも、定期的にショートヘアが流行りますよね。

ザックリとしたショートスタイルではなく、流れのあるふんわりとした雰囲気に仕上げるのがポイントです。

あまり段やシャギーをいれたりせずに、毛先を整えてまとまりを出すようにカットしてもらうのが良いでしょう。

言葉遣い

大人たるもの、基本的な社会のマナーや言葉遣いなど、一般教養をきちんと知っておく必要があります。

可愛い人と聞くと、どこか幼くて天然なキャラクターの人をイメージするかもしれませんが、大人になってこれは通用しません。

大人で可愛いと評価されている人は、単に容姿が可愛い、性格が可愛いというだけでなく、それ以上にあらゆる努力を積み重ねて、周りから認められるだけの魅力を手に入れています。

1人の大人として聡明で賢く、かつ女性らしい愛らしさや優しさを兼ね備えてている姿に人は惹かれるのでしょう。

可愛らしさは甘えることではなく、自分としての信念を持ちつつ、女性の魅力を磨いていくもの。

確かな人間力のうえに成り立つ努力の結晶です。

丁寧な言葉づかい

丁寧な言葉遣いは、社会で働く上での必須条件です。

ですます調の丁寧語、尊敬語、謙譲語など、あらゆるパターンを駆使してTPOのシーンに合わせた使い分けができることが大切になります。

大人可愛いと称される人達は、乱雑な言葉を使ったりはしません。

物腰柔らかで、相手に安心感を与えるような話し方ができる人であれば、歳や容姿に関係なく可愛らしいイメージを持たれるでしょう。

汚い言葉遣いはNG

どんなに可愛らしい容姿をしていても、汚い言葉遣いをしていたら台無しです。

言葉や口調は、印象に残りやすいので一度イメージ付を失敗してしまうと、なかなか取り返すことはできませんが、逆に言えば少しの努力で大きく印象を変えることができるということです。

大人可愛いは作れる!(まとめ)

可愛さというのは、人それぞれ求める形やイメージが異なります。

もちろん、趣味嗜好によって可愛いと思うものの対象も違うものです。

ですが、世間一般的に「大人の可愛い」というものは、若者の考える可愛いイメージとは違い、落ち着きと上品さを兼ね備えたスタイルです。

歳を重ねても、透明感や清楚な印象を失わず、いつまでも女性らしくあることこそが、“大人可愛い”の真骨頂。

大人としての色気を持ちつつも、可愛らしさを持つ女性は、男性の理想でもあります。

【大人可愛い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】