皆さんは自分の苗字というものに対してどのような思いがあるでしょうか?

なんだか平凡すぎてつまらないと思ったり自分の名前とバランスがとれていなかったりと、色々な気持ちも出てきてしまう方もいますよね?

苗字によっては学校でのいじめなどの対象にもなったりと人の名前などは色々な問題や悩みというものを抱える人も多く存在します。

また、珍しい苗字でも悩む人が出てきますよね?

変わったものはとにかく目立ちますから恥ずかしい思いをしたという人もいるかと思います。

こういった名前や苗字などに対する気持ちというものは集団生活が始まる小学校時代から芽生えてくることが多く、この名前がカッコイイ!

この苗字になりたかったなどと言った願望も生まれてくることになります。

こういった気持ちになる理由ですが、人のものって良く見えることが多くないでしょうか?名前などに限らず持ち物などでも感じる時があるはずです。

とにかく自分が持っているものよりも友人や知人が持っているものは良く見えてしまうという心理が働きます。

これは子供に限らず大人でも同じですよね。

自分が持っているバッグと親友が買った新しいバッグを見比べてみた場合などは、親友の持っているものを欲しくなるという気持ちにもなってしまいます。

苗字なども同じような感覚になってしまうことが多く、自分の苗字がありふれたものであれば何かカッコいいものへ変えたいと思うことも仕方のないことです。

こういった感情は誰にでもありますし、人には欲というものが発生しますので当たり前の気持ちとも言えます。

佐藤や鈴木・高橋などの苗字の人は違うものへ変えたいと思った時もありますよね?

また、滅多にない珍しい苗字の人も学校で恥ずかしい思いをしたりと苦労があったのではないでしょうか。

色々なことが考えられる苗字ですが日本においてカッコいいものってどのようなものがあるのかを知りたくはないですか?

自分の周りにそういった苗字の人がいなければカッコいい苗字というものも知ってみたいですよね。

そこで今回のテーマになりますが、苗字でも色々とありますがカッコいいとされるものを集めてみました。

確かにテレビなどを見ていると珍しいけどカッコいい苗字って見かけることがありますよね?

こういう苗字だったらどんな人生になっていたのだろうなどと考えてしまう人もいるかと思いますが、日本においてこの苗字はほとんどの人がカッコよさを認める12選となっています。

それでは苗字というものでもこんなものは人気だという事についてご紹介していくことにします。

カッコいい苗字、憧れる!


子供の頃から自分の苗字などに不満を持っていた方という人も多いのではないでしょうか。

名前は気に入っているけど同じ苗字の子がクラスに何人もいたり、自分で名前を言わないと読めないような漢字だったり色々と出てきますよね。

学校などでは授業の時に出席をとる場合が多い為に、どうしても自分の苗字などには不満なども出てくることが多くなりちょっとしたいじめを受けたという人も少なくないと思います。

また、そのような時にはこんな苗字だったらよかったなどと思った人もいますよね。

人には色々な悩みなどがあり、苗字などもその原因の一つになってきます。

自分ではどうしようもない部分ですからあまり深刻に考えても仕方のないことになりますが、どうしようもないとわかっていても何とかしたいって考えてしまう事も多くなります。

雑誌やテレビなどで自分がこの苗字であったらと思ったこともありますよね?

自分の苗字に自信や誇りを持っている人はかなり少ないのではないでしょうか?

何かしらの理由も出てきて苗字を変えられたらいいのになどと考えてしまうこともあるでしょうし、どうしたら自分の苗字を好きになれるのか悩んだ方もいるかと思います。

それではカッコいい苗字に人はなぜ憧れをもつのでしょうか?

次はその辺りについて考えていきたいと思います。

カッコいい苗字に憧れる理由

友人などでもカッコいい苗字の人がいたりすると自分もあのような苗字だったらと考えてしまう時もありますよね?

人の名前についてですが容姿とイメージが違っていたり・名前とピッタリという印象であったりと、名前や苗字は自分のイメージを作る大事なものにもなってきます。

学校時代にはそういったことも含んでちょっとしたいじめなども発生するわけですが、子供ながらに心を痛めた経験のある人もいるのではないでしょうか。

子供は確信をついてきますし自分の言われたくない事も平気で言ってくることが多いですよね。

仲の良い友人などから言われたりすれば自分もショックですし名前や苗字に怒りを覚える時期があった人もいると思います。

そういった事を経験するとどうしても思ってしまうのがカッコいい苗字に憧れを持つという事になってきます。

また、こういった気持ちになる理由はいじめなど以外にもこんな事が原因になる場合が多くなります。

自分の苗字が普通すぎるから

自分の苗字があまりにも普通だと嫌な思いをする時も出てきますよね。

学校でもクラスには必ず一人はいるという苗字があるように普通すぎるものは好まれにくいという傾向があります。

また、同じ苗字の人がクラスなどで多くなってくると名前で呼ばれるということも出てきます。

こういった時にも名前がちょっと変わっていたりすれば自分としては恥かしさなどもありますし嫌な思いをする時もあるでしょう。

苗字というものはこのような問題を引き起こしてしまう原因にもなってきて自分の苗字が嫌だと思った人もいるのではないでしょうか。

そんな時にカッコいい苗字などを見かけるとちょっとした憧れをもってしまいますよね?

もし、自分がこの苗字だったら名前はこんなものが似合うなどと妄想したりと、苗字には不思議な魅力というものもあるのです。

人によっては一生を同じ苗字で過ごすことになりますし、結婚をする場合には自分の苗字を変える人も出てきます。

こういった時でも苗字に対する思いというものは発生しますよね。

相手の苗字が普通すぎて自分の名前とは合わない場合なども考えられます。

このような時でもカッコいい苗字であればという思いが出てくるはずです。

そして、苗字に対する思いというものはこういった理由から憧れを生むことも出てきます。

想像力がかきたてられるから

カッコいい苗字というものは何かしら良いイメージを持ってしまうことが多くなり、自分の中で勝手に願望などを膨らますということがあります。

実際にはそれほど多くの得などはないにしろ想像力というものをかきたてられてしまうことも多いようです。

昔の貴族のような苗字であれば普段の生活も上品で庭には池があってなどといった事も考えてしまいますよね。

大きな鯉が泳いでいてなどの空想を思い描くことも多くなってきます。

これは自分がこの苗字に憧れを抱いているからであり、違う苗字に対してはそれほどの反応はありません。

また、女性の場合はこのようなことにも繋がってきます。

女性の場合は結婚を意識してしまう

ほとんどの場合ですが結婚をすると女性が男性の苗字へ変えるということになってきますよね。

この時には自分の苗字を気にいっていた場合、色々な複雑な思いも出てきてしまうのではないでしょうか。

苗字は自分にとっても大事なものですし結婚をして苗字が変わればそこからは一生その苗字との付き合いというものが始まってきます。

大人になれば子供の時のようないじめ的なものはないと思いますが、それでも自分の苗字が変わることに対しては抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

苗字と名前というものはセットですよね?

自分が産まれるときに親が苗字との相性であったりと考えた上につけられたものでありますから、自分の苗字じゃないと嫌という人も出てきて当然です。

また、これとは逆のパターンも考えられます。

相手の苗字がとてもカッコいい場合であればそれほど苗字が変わるということも意識はしないですよね。

むしろ早く結婚をして自分の苗字を変えたいと思う女性もいるかと思います。

こういった心の心理というものは本当に不思議ですよね?

苗字や名前というものは自分の中の色々な気持ちを乱してみたり喜ばせてみたりといった原因にもなりストレスにもなり、幸せを感じるものにもなってしまうのです。

また、苗字というものはどのようなものでも由来というものがあります。

それによって自分の先祖がどういったことをしていたかがわかってしまい、その事を知られたくないという気持もありカッコいい苗字への憧れというものが出てくる場合もあります。

先祖の職業や家柄が分かるから

苗字にも色々な由来というものがありますよね。

例えば田中というもので見ていくと「田んぼの中に住んでいたから田中にする」などの事も言われていることから先祖は稲作農家であったことがわかってしまいます。

ですが、この苗字の由来というものはそれだけではなく地名からとっていたり屋敷の位置関係からとる場合もあり必ずしも百姓などではないということもわかっています。

ところが一度ついてしまったイメージというのは中々消えないものでもありますから田中の場合は百姓という事を思ってしまいます。

このような職業的なイメージでも苗字というものに対して憧れが出てきてしまうようです。

余談となりますが田中という苗字についてですが、こちらは古事記にも記されている氏族ということがわかっています。

いつからか百姓ということが多く言われていますがこういったものも一度ついてしまったイメージを変えるということは難しいようです。

自分も特別視されたいから

学校などで経験がある人もいるかと思いますが、カッコいい苗字の人の場合何かしら特別感的な存在になっていますよね?

スポーツなどでもなんとなく目立ったりして羨ましいと思った人もいるかと思います。

子供ながらにこういった特別視への願望というものは湧いてくるものであり、周りからチヤホヤされたいと考えてしまうことはある意味では当たり前のことにもなってきます。

子供の場合は感情が先に出てしまい気持ちを抑えるということが難しいのでカッコいい苗字への憧れというものも強くなっていくのも仕方のないことです。

自分の苗字に対して嫌悪感であったり恥かしさを感じている場合にはどうしても人の苗字を羨ましがるといった気持ちが生まれてしまうのも当たり前のことなのかもしれません。

さて、今回の苗字についてのお話しですが実際に多い苗字というものは何があるのかということも興味が出てきます。

そこで、日本における多い苗字のベスト10を発表したいと思います。

日本人苗字で多いのは?


テレビなどでも苗字などの話題はたまに見ることが出来ますが実際に多い苗字というものはある程度までしかわかっていない方が多いのではないでしょうか。

考えつくものであれば、鈴木・佐藤・高橋などがありますがその先が思い浮かばないといった人もいますよね?

そこで今現在においての多い苗字ベスト10を調べてみましたのでちょっとした話のネタとして参考にして下さい。

まずは10位ですが加藤になります。

およそ90万人の方がこの苗字となっています。

9位は小林で103万人・8位には中村で105万人となっています。

やはり聞いたことのある苗字が多いですよね。

人数も100万人ともの凄い数になっていますしかなりの割合であることがわかります。

それでは7位になりますがこちらは山本で105万人です。

8位の中村よりも多少多いといった感じです。

6位は渡辺になって107万人・5位は伊藤の108万人となっています。

そして4位ですが田中の134万人と一気に増えてくることがわかります。

10位から5位までは緩やかで増えていましたが4位ではかなりの人数になってきましたよね。

それだけ田中という苗字は全国でも多くなっていることがわかることにもなります。

それでは3位ですが、142万人で高橋になります。

2位になるとまた急激に増えるのですが鈴木の180万人でここでもまた大きく人数が増加しています。

そして苗字の最も多くなるのが1位の佐藤で188万人になります。

佐藤と鈴木・高橋を合わせると510万人という人数にもなりますのでいかに多いのかがわかりますよね。

それではこの苗字ですがどうやって決められたのかということも見ていきたいと思います。

意外にも苗字というものは近年につけられたということがわかってきます。

【日本人苗字ランキングは、こちらの記事もチェック!】

昔、苗字はどうやって決められた?

昔から苗字というものは存在はしていたようですが江戸時代などの文献などを見ると百姓などには苗字というものがなかったように思われていますが、名乗ることが出来なかっただけということがわかります。

苗字自体は存在していたようですが名乗ることを許されたのは旧家や庄屋といった一部の許しを受けた人たちだけでした。

そして明治の時代に入り明治8年に「平民苗字必称義務令」というものが出されました。

ここで国民全員の苗字が決まってくることになるのですが、苗字があって名乗れなかった人はその苗字を使うようにした人もかなりの人数がいます。

また、自分で考えて苗字を作ったという方も出てきました。

先ほどの田中ではないですがこのような苗字のつけ方というのも許されたのです。

田舎などへ訪れると同じ苗字だからの地域などもありますが、これも自分たちでつけた一例となります。

こういった土地においては集落での結束力を固めるために同じ苗字とした地域もたくさん出てきます。

自分の苗字というのも出来た歴史などをたどってみると意外な事実を知ることにもなって楽しそうですよね。

自分ではこんな風に思っていたけれど実はこういった事が原因で自分の苗字になったとわかれば今までのような感情や気持ちは薄まっていくかもしれませんので、苗字が嫌という人は由来を調べてみるのもオススメになります。

それでは最後に憧れることが多いとされる苗字をご紹介していきます。

自分であればどのような苗字が良いのかを考えながら楽し読み進めていって下さい。

憧れる苗字12選

私たちの持つ苗字というものは色々な理由などがあり付けられてきました。

それは武士であったり自分で考えてつけたりと様々になりますがカッコいい苗字というものは確かに存在するものです。

何かしら歴史を感じるような苗字ってありますよね。

友人などでそんな苗字の人がいると普段はどういった生活をしているのだろう?などと考えてしまうほど苗字というものは空想力を高めるものにもなってきます。

自分が日本でもかなりの人が使っている苗字だったり、逆に近くには自分以外には誰もいないような珍しい苗字であればカッコいい苗字というものは自分でも使ってみたいと思う時もありますよね?

それでは最初に何となく上品さなどを感じる貴族っぽい苗字をご紹介します。

貴族っぽいもの

最近は情報社会の発達により日本全国の人とのコミュニケーションが簡単に行える時代になっています。

SNSなどを使っていると珍しいものやカッコいい苗字というものと巡り合ったりする機会も増えてきました。

その中でも貴族っぽい苗字がこちらの6種類になってきます。

西園寺

道明寺
徳川
綾小路
伊集院

こちらの苗字は公家などのものも含まれていますし自分の苗字だったらという思いもしてきますよね。

カッコいいもの

苗字の中でもカッコいいと感じるものが出てきますがある意味では変わった苗字でもあります。

その中でもこういった苗字は人気のようです。

京極
吉良
東海林

爽やかなもの

苗字でも聞こえが爽やかなものもあります。

そういった中で好感度が高いものがこちらの3種類になります。

清水
清宮
白鳥

こちらの12選が苗字として人気の高いものになっていますが、自分の持つ苗字というものは簡単に変えられるものではありません。

いくら憧れというものがあったとしても付き合っていくのは生まれながら持っているものになるのです。

次からのお話しですが、自分の苗字と上手に付き合っていくためには何が必要となっていくのかをお話ししていきます。

今まで悩んでいたりこれから結婚などによって苗字が変わってしまう・あるいは変わってしまって現在悩んでいるような方は参考にしてみて下さい。

苗字で悩まないためにどうすべきなのか

さて、今回のお話しは苗字というものについてお伝えしてきましたが、憧れる苗字などがあったとしても簡単には苗字が変わることはありませんよね。

最終的に自分が苗字に対しての受け入れる気持ちというものを出さなければいつまでも悩みなどを抱えてしまうことになるのです。

あなたが現在において、自分の苗字で悩みを抱えているとすればそれはどういった内容でしょう?

これから3つのタイプに分けて色々な対策法をお伝えしていきますので、自分のタイプに合った対処法を試してみるようにして下さい。

同じ苗字の人がたくさんで呼び方に悩む

先ほどの苗字のベスト10などに入っている場合にはどこへ行っても同じ苗字の人に出会う確率というものが高くなりますよね?

出来れば出会いたくないと思っても難しい状況にもなってしまいます。

学校や職場といった場所でもこのように感じる人も出てくるのではないでしょうか。

まず一つに面倒になってくるのがお互いの呼び方になります。

同性であれば名前で呼ぶなども考えられますが年齢が離れていたりすると気をつかって気軽には呼べませんよね。

同じ苗字が多い職場などですとこういった問題も出てきてしまい色々な悩みの種にもなっているようです。

あなたがこういったことで悩んでいたとすれば、対策法は意外と身近なところから見つかってきます。

まずは名前などでの呼び合いは色々な面で面倒なことが多いのでNGとします。

そうであれば残ってくるのは苗字になりますが、部署などを頭につけてやることで意外にも気にならなくなってきます。

自分と同じ苗字だから呼びたくない・呼ばれたくないなどと思っても社会に出てみれば呼ばれることが多いのは苗字の方が圧倒的ですよね。

かなりの親密な関係にならなければ名前同士では呼び合わないですし、同じ苗字だからといって気をつかっていてもストレスが溜まるだけになります。

自分と同じ苗字の人がたくさんいるような場合は部署などを頭につけて呼ぶようにしてみて下さい。

言い慣れてくれば同じ苗字といっても仕事上の付き合いですから気にならなくなってきます。

こうして少しづつ悩みを消していくことでコンプレックスを少なくすることにもなりますし気分的にも楽ですよね。

特に親しくない人との名前での呼び合いというものは知らないうちにかなりのストレスにもなっていくことがありますので、あくまでも仕事上の〇〇さんというように割り切った考えをもつことも大切になってきます。

こうしたことは出来ればすぐに始めるようにして頂きたいのですがすでに名前などで呼び合っているようであれば話し合いをすることも大切ですよね。

関係する人との人間関係を崩さない為にも一度は話し合いの機会を設けることが必要になります。

こうして呼び方などを変えていくと自分の苗字というものも客観的に見れるようになり以前との考えとは違ってくることもあります。

人は嫌だということを考えていると仕事などでも十分に能力を発揮することができません。

何かしらのことを考えながらしているためにある意味では適当な仕事になってしまうのです。

それが呼び方を変えてみると自分の悩みはとても小さな問題といったことにも感じられてきます。

案外と実行する人が少ない為に多くの人はストレスを抱えたままの生活を続けていますが同じ苗字だからといっても他人ですよね?

あくまでも仕事上の付き合いが終われば自分の生活リズムというものがあるのですから悩みの種を自ら作ることもありません。

無理に仲良くしようだのと考えてしまう事の方が余計にプレッシャーや不安を抱えることになりますので注意が必要になってきます。

まずは一つ目でもある同じ苗字の人がたくさんいる場合にはきちんと苗字で呼ぶようにして下さい。

苗字で笑られるからストレスが溜まる

皆さんの中にも苗字の読みなどが変わっているために子供の時から笑われることがあったりと嫌な思いをしてきた人もいるのではないでしょうか?

そういった場合には自分の苗字というものが嫌いになってしまい人の名前などを言うことも避けたくなってしまいますよね。

最近ではキラキラネームなどというものが一部の間で流行っているようですが苗字も名前も自分にとっては大切なものになってきます。

名前であればきちんとした親であれば子供に恥ずかしい思いをさせないようにすることが一般の考えとなりますが苗字の場合ですと決まっていることですのでどうすることも出来ません。

そんな時に考えてほしいことは個性的な苗字を自分の武器として考えるようにすることになります。

人に笑われるといった珍しい苗字であれば初対面の人であってもすぐに名前を憶えてもらえますよね?これはポジティブ思考で考えていくと自分へのチャンスが広がった状態になります。

例えば恋愛においても好きな人に名前を憶えてもらうのには便利です。

また、小食活動などでも印象が強くなります。

大事なことは自分の苗字を恥ずかしいと思わず先祖が何かしらの理由でこの苗字をつけたのだから胸を張って名乗ろうという気持ちになってきます。

「そんな事はわかりきったことだし何度もやろうとした」こんなことを思っている方もいるでしょうが実際に行動をしたことはあるでしょうか?

人に笑われる一番の原因は自信がない話し方であるということを理解するようにして下さい。

どのような苗字であっても自分が自信に満ち溢れた言い方さえすれば馬鹿にされるような事はありませんし、むしろ好印象にもなってきます。

こういった悩みを抱える人の特徴は話す時に声が小さくなり出来るだけ早くその場を立ち去りたいという気持ちが多くなる態度も笑われてしまう要因となっています。

それを解決するには苗字ではなく自分に自信を持つようにして下さい。

それは形のない自信でもよいと思います。

とにかく自分の苗字をハッキリと人に言える勇気を持つことで新しい自分も産まれてくることになるのです。

結婚で苗字が変わるのが嫌

日本では結婚をするとどちらかの姓に変えなければいけませんよね?

自分が苗字を気にいっている場合にはこういった制度がジャマに感じる時が出てきます。

多くの場合は女性が夫の姓に変えるという事になりますが、これは二人での話し合いというものも必要になってきます。

もしも結婚する男性が自分の家の家業を継ぐような状態ではあなた自身も夫になる男性の姓にしなければいけませんよね。

そうなってしまった場合にはどうしようもありませんのでこのような考えをもつことが大切になってきます。

「これからはこの苗字に生まれ変わる第二の人生」なんとなく無理やりな感じにもとれますが変わらない事実をいつまでも考えることは時間の無駄になります。

どうせならば人生は楽しんでいくことの方が良いにきまってますし悩むということから解放されましょう。

人生を2回も経験できるなんて素晴らしいと思いませんか?

今までは先祖から伝わってきた自分の苗字で結婚した日からは違った自分として歩んでいけるのですからお得な人生だと思うことも大切です。

ポジティブ的な思考を持つようにすれば苗字が変わるという悩みもそれなりに楽しめるものへと変わってきます。

本当に結婚相手のことが好きであれば苗字の良し悪しというものは問題にはならないはずです。

それでも自分の苗字が変わるのは嫌だという方は苗字が変わっても良いという男性を見つけるしかありません。

出会いの確率というものは低くなってきますがそういった方もきっといるはずです。

大事なことはお互いが好きであれば苗字というものは特に問題にはなってこないという事です。

自分の苗字よりも目の前の相手に対する愛情が勝っていればこういった感情は消えていきますしポジティブに考えていけば自分でも驚くほど簡単に気持ちの整理もつくはずですので試してみて下さい。

自分の苗字に誇りを持とう!

今回は苗字ということについてお話しをしてきましたがどういった状況であっても自分のもつ苗字には誇りを持つようにして下さい。

他人のものを羨ましがっていても手にすることは出来ませんし苗字や名前というものは自分自身を表すものになります。

その一番大切でもある本人が自分の苗字を嫌いだとすれば楽しい人生にはならず悩みの多い辛い時間を多く過ごすことにもなっていきます。

そういったことを避ける為には自分に自信をつけることが大事になります。

人よりも仕事ができるようになれば誰にも馬鹿にされることはありませんよね?

恋愛などでも自信のある人はどんなに恥ずかしいと思える苗字であってもハッキリと大きな声で相手に伝えます。

始めはとても勇気がいることですし怖いといった気持ちもあるかもしれませんが、最初の一歩を踏み出してしまえばあとは自然に任せて歩んでいくだけです。

それが自分への成長にもなっていきますし苗字に対するコンプレックスも無くなる最高の方法でもあります。

人には言いずらい苗字・同じ苗字が多すぎて嫌などという問題でも前向きに考えていくことで多くのことはとても簡単に解決してしまうのです。

これまで自分の苗字をあまり好きになれなかった人は大きな声で苗字を言ってみましょう!

腹の底から大きな声で苗字を言ってみればこれまでの悩みもどこかへ飛んで行ってしまうでしょうしそういったちょっとの勇気がとても大事になるのです。

そして、誰かに名前を聞かれるような時はハッキリと苗字を話すようにして下さい。

その行動はきっとあなたの中の何かを変えるきっかけとなってくれて、これまでの悩みを全て解決してくれる道を開いてくれるはずです。