私たちはある程度の年齢になるとお金を稼ぐために社会人として会社に就職したりする選択をとると思います。

もちろん会社に就職することが全てではなく、自分自身でビジネスを始めたり、会社の社長になったりするようなこともあるとは思うのですが、一般的には会社に就職して会社員として様々なスキルや知識を磨くところから始める方が多いと思います。

それなりに社会人としての経験を積んでくれば様々な知識を身につけることはできると思うのですが、一般的に考えて学生の方から社会人になりたての方に関しては様々なビジネスに関する知識が乏しかったりするのはしょうがないことだと思います。

しかしながら、なるべく早い段階でビジネスに関するマナーであったり、基礎的な知識などは身につけておかなければ必ず困ってしまう場面に遭遇してしまう可能性が高まります。

意味を知らなかったことによって後から後悔してしまうようなこともあると思いますので、後悔したくないのであれば必ず早い段階で様々な基礎的な知識は身につけるようにしておかなければいけません。

そこで、今回は会社に就職した際に時々耳にしたりする言葉である辞令という言葉をテーマにして、辞令の意味、そして辞令をの種類や辞令を出された時の注意点などをご紹介していきたいと思います。

辞令とは?

そもそも辞令とは一体どういう存在なのかということをあなたは知っていますか?
それなりに社会人としての経験が存在している方ならば意味を理解しているかもしれませんが、まだ社会人になりたての方についてはなかなか意味を理解していない方が多いと思います。

なかなか日常的に聞いたりするような言葉ではなく、社会人生活がそれなりに長くなってきて時々聞いたりするような単語にもなると思いますので、意味がわからないと感じてる方がいても不思議でもありません。

ただ、それなりに社会人としての経験を積んでいる方でこの言葉の意味を知らないと感じている方は、社会人として知っておかなければいけない言葉でもありますし、この言葉の意味を知らなかった場合に困ってしまう状況になってしまう可能性もありますので、この機会に辞令という言葉がどういう意味を持っている言葉なのかということを知ってみてください。

正しく知識を身に着けることは、自分自身のスキルを高めたり、認識を深めてくれる素晴らしい材料になりますので、自分のレベルを上げるためにも知識として身に着けてください。

雇用主が従業員に対して命じる場合に用いられる書類のこと

そもそも辞令とは一体どういう意味を持っている言葉なのかと考えた時に、辞令とは「雇用主が従業員に対して命じる場合に用いられる書類」という意味を持っている言葉であると考えることができます。

人によっては勘違いしてる方がいるかもしれませんが、辞令とは会社を退職しなければいけないというような内容の存在ではありません。

辞令とは簡単に言えば会社が従業員に対して何らかの命令などを出したりするときに用いられる書類のことを意味しているのです。

一般的に考えて会社員は雇用主である会社が存在しているからこそ働くことができています。

なので、雇用主である会社からの命令というものは基本的にはそのことはできませんよね。

もちろん理不尽なことなどは従う必要性はないかもしれませんが、ある程度の内容であれば会社からの指示は受ける必要性があります。

特に、辞令に関しては会社側からの命令の中でも基本的に重要な命令として出されたりする場合が多いので、基本的に考えて辞令を断ったりするということは基本的にはありえないことであるという認識を持っておかなければいけません。

これらを知らなかった場合、会社からの辞令をつっぱ抜きしまったりするような、ビジネスマナーに反したような行動を取ってしまいがちになりますので、知らないと恥をかいてしまったりする可能性もありますのでこの機会に正しく意味などを理解するようにしてください。

辞令の種類

ご存知の方も多いと思うのですが、辞令に関してはいくつかの種類が存在しています。

先ほどもお伝えしたように辞令というものは、雇用主である会社が従業員に対して命じる場合に用いられる書類になりますので、当然ながら命じる内容によってその種類は変化すると考えることができるからです。

例えば、会社からの命令などを自分なりに想像してみてください。

おそらく様々な命令が存在しているということがすぐに思い浮かぶと思います。

しかしながら、社会人経験が乏しい方はなかなか思いつくことができない方もいるかもしれませんので、ここからは簡単に辞令にはどのような種類が存在しているのかということをご紹介していきたいと思います。

これらは知っておくことによって、事前に今自分が所属している会社からどのような辞令が出されるのかということがある程度予想をつけることができるようになりますので、早い段階で知識としてこれらの種類を覚えておくようにしましょう。

採用辞令


まずはじめにご紹介する辞令の種類としては「採用辞令」が挙げられます。

採用辞令とは一体何なのかと考えた時に、採用辞令はその名前の通り、あなたに人間を採用したりするときに発せられる辞令のことです。

一般的に考えて会社という存在は同じ志を持った人間の集団だと考えることができます。

同じ目的に向かって社会活動を行う集団のことであり、規模が大きくなればなるほどどんどん採用する人間も多くなり、会社に在籍している人間が多くなるのは当たり前のことです。

会社が人間を雇う時には必ず採用試験が存在しており、面接であったり、適正な実力を持っているかどうかテストを行ったりするのが一般的ですよね。

そのような試験などを突破して初めて採用を行うのですが、その採用に関しても辞令が発せられています。

例えば、採用辞令に関しては採用が決まったことを交付する辞令になっており、法律で交付することを義務付けられている書類ではありませんか、採用の日付や基本給、そして会社の意向などを伝える命令文書であるため、書面で交付する必要性があります。

また、労働基準法などにおいて使用期間や基本給などをメールすることが義務付けられていた妹するため、そのような内容を記載した文書が届くのが通例となっています。

実際に会社に就職した際に、このような文章などが自宅に届いたという方などが多いと思います。

それらは採用辞令として会社から辞令として届いたものであるということを改めて認識してください。

退職辞令

次にご紹介する辞令の種類としては「退職辞令」が挙げられます。

会社が従業員を採用したときに採用辞令を出すのと同じように、会社から従業員がいなくなる、つまり退職をする際にも同様に退職辞令というものが出るようになります。

退職辞令とはどのようなものなのかと考えた時に、一般的には退職辞令が交付された日にちが記載されていたり、自分自身が所属していた部署や自分自身の氏名などが書かれた文書になり、辞令ということで、いつ会社を退職したのかということを証明しているような書面として扱われています。

これまでに会社を退職した経験がある方ならばよく分かっていると思いますが、会社を退職した際には様々な書類が届いたり渡されたりするようになります。

例えば、会社を退職したことを証明する退職証明書であったり、ハローワークなどに提出したりする際に必要になる離職証明書などといった基本的な書類が発行されたりします。

特に退職辞令に関しては発行が義務付けられているわけではありませんが、従業員から求められたりした場合には発行する場合などもあるようなので、会社によって対応は変化するということを覚えておいてください。

転勤辞令

次にご紹介する辞令の種類としては「転勤辞令」が挙げられます。

会社によっては様々な業務を行っている会社もありますので、場合によっては様々な場所に転勤を指示されたりするような可能性も十分考えられます。

例えば、かなり大きな企業に関しては、支社などが海外に存在している場合などもあると思います。

なので、場合によっては海外の支社に足を運んでほしいと言われたりすることもあると思いますし、商社で働いてる方に関しては海外の様々な場所に足を運んで出張したりするようなこともあると思います。

もちろん地方などに転勤をするような場合などもあると思いますで、そのような場合には転勤辞令が出されるということを覚えておいてください。

基本的には先ほどお伝えしたように、交付された日付、そして現在の部署や役職、そして氏名、そして発令日や新しい部署などが記載されていたりする場合がほとんどです。

昇格・降格辞令


次にご紹介する辞令の種類としては「昇格・降格辞令」が挙げられます。

会社に勤めていると会社から様々な命令が下されることがあると思いますが、その中の一つに自分自身が昇格するような場合であったり、もしくは自分自身が降格するような場合などがあると思います。

突き詰めて考えてみれば、仕事で結果を出すことによって期待されて、さらに大きな仕事を任されたり、頑張っているから役職を与えようという昇格する判断は、会社からの命令のようなものです。

なので、辞令が出されて、新しい役職に任命されたりするということになり、逆のことであり降格も、今の役職に適していないという判断を受けて、降格しなさいという命令を受けているということになりますので、会社からの命令ということにほかなりません。

なので、昇格や降格の際には会社から辞令が出されるということもあり得ると考えることができます。

辞令と内示の違いとは?

辞令にはどのような種類があるのかということについて簡単に触れていきました。

辞令には様々な種類が存在しており、ご紹介した辞令はあくまで一部分にすぎません。

そして、様々な辞令がある中で、辞令には辞令と内示という種類が存在しています。

人によってはこれを正しく理解していない方も多く存在しているため、改めてここからは辞令の内示とはどういう意味なのかということについて簡単にご紹介していきたいと思います。

これを勘違いしてしまっていると、大きな認識の違いが生まれてしまう可能性がありますので必ずわからない方は理解をしておくようにしてください。

内示

内示とはいったい何なのかと考えたときに、内示とは「正式な辞令を出す場合に本人側に連絡または通知すること」という意味を持っている言葉です。

つまり、辞令が正式な連絡だとすれば、内示は事前に本人にそのことを通知する予備の連絡であると判断をすることができます。

人によってはなぜわざわざこのようなことをするのかと疑問に感じる方がいるかもしれませんが、一般的に内示は正式な事例が出る一か月前に出されることが多いです。

なぜこのようなことをするのかと考えた時に、例えば何かしらの辞令に関しては様々な準備が必要になったりするような可能性などもあるのです。

突き詰めて考えてみると、例えば人事異動などがあった時に辞令が出されるとすれば、当然ながら異動するまでには様々な準備が必要になりますよね。

同じ会社の中で部署移動があるのであればそこまで大変なではないかもしれませんが、違う場所に移動しなければいけなくなったとなると、当然ながら移動するまでの準備などが必要になりますし、それだけではなく自分が担当していた仕事を別の人間に対して引き継がなければいけなくなります。

自分が携わっていた内容が複雑であれば複雑であるほど、当然だから引き継ぐ内容に関しても複雑になり、大変な作業になってしまうことが予想されます。

それを踏まえて考えてみると、内示を出してくれることは、しっかりと準備にあてなさいという意味も込められていますので、しっかりと意味のある連絡であると判断をすることができます。

結果的に引き継ぎなどが問題が発生してしまうと、そもそも異動をする意味などもなくなってしまいますので、内示はとても大切な連絡である言えます。

なので、辞令と内示にはこのような違いがあるということをしっかりと正しく認識しておくようにしてください。

【内示については、こちらの記事もチェック!】

辞令を出された場合の注意点

辞令に関する一般的な意味などを理解いただけたところで、ここからが辞令をもしも自分自身が出されてしまった場合に関する注意点などをご紹介していきたいと思います。

辞令になぜ注意点が存在するのかと不思議に感じるかがいるかもしれませんが、先ほどもお伝えした通り辞令に関しては会社からの命令であるため、その命令という存在が非常にトラブルを生み出しやすくもなる存在なのです。

様々な細かい注意点を知っておかなかったがゆえに、自分自身が望んでいない立場に立たされてしまう可能性なども十分に考えられます。

それを踏まえて考えてみると、必ず知識として身につけておく上で損になるようなことはありませんので、辞令に関して細かい知識を身に着けていない方はこの機会に様々な知識を身につけるようにしてみてください。