私たちはある程度の年齢になると生きるためにお金を稼がなければいけませんので、仕事を行うようになると思います。

自らがビジネスを始め、個人事業主や社長となって仕事を行うような方もいるかもしれませんが、一般的には企業に就職して会社員として働いたりすることが一般的になると思います。

特に、社会経験が乏しい方に関してはある程度社会経験を積んだ後に起業をしたりする場合が多いので、まずは就職をして自分自身のスキルを高めるという選択をする方が多いはずです。

しかし、就職をする際には必ず気をつけなければいけないことがあります。

それは、自分が就職する会社がちゃんとした企業かどうかということを見極める必要性があるということです。

どういうことかと言いますと、企業の中にはちゃんとした企業もあればその反対に、様々な面で法律に違反しているような、いわゆるブラック企業と呼ばれるような企業なども数多く存在しているということです。

ブラック企業に就職してしまうと、自分自身が精神的に追い詰められてしまう可能性もありますし、劣悪な環境の中で仕事を行わなければいけない可能性も生まれてしまいますので、必ず避けるに越したことはありません。

また、今回はブラック企業の特徴でもある長時間労働をテーマにして、長時間労働が多い会社の特徴について詳しくご紹介していきたいと思いますので、自分自身がブラック企業に勤めたくないと考えている方は、今回ご紹介する特徴をしっかりと踏まえた上で、自分が就職する会社選び行うようにしてください。

ブラック企業に多い長時間労働について知ろう!

近年では特にブラック企業という言葉が有名になっていると思います。

そもそもブラック企業とはどのような企業なのかということを考えた時に、ブラック企業とは「労働条件就業環境が劣悪で従業員に過重な負担を強いる企業や法人」を意味している言葉です。

つまり、長時間労働であったり過剰なノルマを従業員に課したり、セクハラやパワハラの放置といった、コンプライアンスがなされていないような職場などが該当すると考えることができます。

昔と比べてこれらの問題に関してはだんだんと改善傾向になっていると考えることができますが、それでもまだまだ世の中にはブラック企業がありふれています。

ブラック企業の中にはかなり悪質な企業の存在しており、自社の利益だけを優先して従業員のことなど一切考えないような企業なども多く存在しています。

適切な教育を行わなかったり、一部の役に立つ人材だけを残して大半の人間を切り捨てたりするような会社だとも少なくなく、そのような会社に入ってしまうと自分自身が無駄な時間を過ごしてしまったりするようなことにつながってしまいます。

なので、ブラック企業に関してはなるべく避けなければいけない存在であり、ブラック企業に身を置いている時間はとてももったいない時間になってしまう可能性があるのです。

たくさんの方はブラック企業に就職したくないと思っていると思いますが、それでもしっかりと注意をしなければ後から気づいたらこの企業はブラック企業だったということなどはよくある話です。

そこで、今回ご紹介する内容を踏まえて、ブラック企業がどのような企業なのかということを知り、それをブラック企業から避けるための知識として活用していただければ幸いです。

長時間労働とは?


ブラック企業の代名詞といってもいいほど、ブラック企業の特徴的な労働条件としては長時間労働という言葉が存在しています。

その名前の通り長時間の労働を強いられるような就業環境のことを意味しており、これは明らかに法律に違反しているような状態になっています。

もしもあなたが労働条件について詳しく知っていないのであれば、この機会に法律で定められた労働条件がどういうことなのかということを改めて知り、ブラック企業の代名詞である長時間労働を避けるために知識として吸収しておいてください。

そもそも、長時間労働とは「労働時間が本来予定されている時間数と比較して特に長いこと」をしています。

しかしながら、この意味合いだと若干ながら意味が曖昧になってしまい、細かく理解することができないと感じてる方がいるかもしれませんね。

日本においては具体的にどれぐらいの時間数になると長時間労働に当たるのかという明確な定義は存在していないのですが、概ねの目安になるような指標などは存在しています。

具体的には、週間就業時間が60時間以上の場合は長時間労働を表している指標の一つとして認識されています。

つまり、一般的に考えて週休2日と考えて、5日の就業日だとすると、一日の労働時間が12時間を超えるような環境なのであれば長時間労働になっていると判断することができます。

もちろん、週休が1日しかない場合は、10時間以上の労働の場合は長時間労働になるという計算になります。

明確な定義は存在していませんが、このような指標などは存在していますので、この指標を元に自分自身が長時間労働を行っているかどうかということを考えてみるとよりわかりやすいかと思います。

労働時間は法律で決まっている

ご存知の方も多いと思いますが、私たちが住んでいる日本においては労働時間は法律で決められています。

元々日本における労働時間に関しては1日に8時間と決まっており、1週間では40時間までとされています。

しかしながら、労働時間を延長することができる協定が存在しており、いわゆるさぶろく協定(労働基準法36条)とよばれるようなものになるのですが、これが問題を発生させてしまっている点になっています。

元々長時間労働が発生する原因としては、時間外労働が原因になっており、この時間外労働に関しては先ほどご紹介した労働基準法36条の範囲内で納めなければいけないのですが、この中には例外措置があり、この例外措置を駆使すると法律の抜け穴となり、事実上時間外労働の時間数に氏江玄が課されないようになってしまうのが問題となっているのです。

しかしながら、あくまで先ほどお伝えしたようにもともと私たちが住んでいる日本では労働時間は1日に8時間、週に40時間までということが大原則となるため、これを大幅に超えているような就業環境にいる方に関しては、自分の就業環境に疑問を抱き、しっかりと確認することをお勧めいたします。

長時間労働が多い会社の10個の特徴

長時間労働の基準について理解いただいたところで、ここからは長時間労働が多い会社の特徴についてご紹介していきたいと思います。

そもそもブラック企業に入りたいと思ってブラック企業に入るような人がほぼ存在していません。

気づけば、この会社はブラック企業だったと後から気づくパターンの方が圧倒的に多いと思います。

しかしながら、事前に注意をすることによってブラック企業を見抜くことなども可能になると思いますし、しっかりとブラック企業の特徴を理解しておくことによって、早い段階で今自分が所属している会社がブラック企業だということに気づき、いち早くその場から離脱することなども可能になると思います。

だらだらとブラック企業に居座ってしまうことによって、劣悪な就業環境が当たり前だと考えてしまうと、場合によっては体を壊してしまったり、精神的に負担を受けてしまったりするようなことも十分考えられますので必ず注意をするようにしてください。

なので、今回ご紹介する特徴をブラック企業から自分を守るための知識として活用していただきたいと思いますので、確認してください。

タイムカードを設置していない

まずはじめにご紹介する長時間労働が多い会社の特徴としては「タイムカードを設置していない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそもタイムカードに関しては従業員がどれぐらいの時間勤務を行っているかということを把握する上でとても重要な存在になります。

どれぐらいの時間勤務を行っているのかという証明にもなりますので、一般的な企業であれば必ず備え付けておかなければいけない存在になります。

しかしながら、ブラック企業と呼ばれる企業はタイムカードを設置していない場合が多く、これはそもそも勤怠管理をするつもりが存在していないからだと判断せざるを得ません。

従業員のことをきちんと考えてる会社であれば、タイムカードを設置したりするということは必ずを行っていることになりますし、タイムカードがないことによって従業員が不安になるということは、少し考えればすぐにわかることなのです。

逆に考えて、タイムカードを設置していないということはサービス残業をさせてやる気持ちでいると判断することができ、実際にその会社がサービス残業を積極的にさせてしまっているのであれば、明らかにブラック企業であると判断せざるを得ません。

もともとその気持ちで従業員を雇っているのであれば、タイムカードを設置していないということもブラック企業だからこその考え方として判断することができるため、結果的にタイムカードの設置していないということはブラック企業の特徴であると判断することができます。

上司のパワハラが多い


次にご紹介する長時間労働が多い会社の特徴としては「上司のパワハラが多い」ということが挙げられます。

なぜ上司からのパワハラが多いとブラック企業であると判断されるのかと考えた時に、そもそもパワハラに関してはコンプライアンスに違反しているような内容になりますので、決して許されるような行為ではないからです。

一般的な感覚を持っているのであれば、パワハラ行っているということはとてつもなく大きな問題に繋がってしまうと考えることができるはずです。

しかし、上司のパワハラが多い企業は、結果的にそのようなコンプライアンス違反を見逃してしまっているような企業であり、従業員のことを考えていない企業だと判断することができます。

従業員のことを考えていない企業は残念ながら、良い企業であるとは判断することができず、圧倒的にブラックな企業であると判断せざるを得ません。

これだけ今の世の中がコンプライアンスを遵守しようとしているのに対して、その逆をいくかのような就業環境になっている企業は完全にブラック企業になりますので、パワハラなどが常習化されているような企業などは早い段階で退職したほうが無難だといえます。

ノルマ制で威圧的に働かせている

次にご紹介する長時間労働が多い会社の特徴としては「ノルマ制で威圧的に働かせている」ということが挙げられます。

なぜノルマ制で威圧的に働かせていることがブラック企業の特徴になるのかと考えた時に、そもそも威圧的に働かせているということ自体が大問題になります。

もちろん企業は利益を追求していかなければいけないので、ノルマを課したりするのはまだ理解ができます。

特に、営業職に携わっている方に関してはそれなりのノルマを達成するために頑張ったりすることはまだ理解することができますよね。

なぜならば、ノルマを課さないと人間の中にはやる気が出ないような人もいますので、今の自分の限界の少し上を目標にしたりするようなことはだれでも理解ができる行為です。

しかし、大事なのはそのノルマを達成するまでの過程で、威圧的な行動があるかどうかということです。

確かにノルマを達成することは大切かもしれませんが、そのノルマを達成できなかったからといって、必要以上に威圧的な行動を取られたり、場合によってはこちらに負担が課せられるようなことなどに関しては認められるべきではありません。

威圧的な行動や言動などによって働かせられるのは明らかにパワハラになりますので、しっかりと一般的な感覚で相手の行動に問題がないかどうかを常に正常に判断をできるように注意するようにしてください。

雇用契約書を交わさない

次にご紹介する長時間労働が多い会社の特徴としては「雇用契約書を交わさない」ということが挙げられます。

そもそも雇用契約書とは何なのかを考えた時に、雇用契約書とは雇用主と使用者の業者間において労働条件を明らかにするために交わす契約書のことを示しています。

ここで覚えていていただきたいのは、雇用契約書に関しては正社員だけではなくアルバイト契約においても必ず必要になる書類です。

この雇用契約書に関しては勤務時間であったり、給与、休日といったような細い労働条件について記載されており、この雇用契約書に関しては両者が署名捺印する必要性があります。

この雇用契約書を交わしていない企業に関しては、明らかにブラック企業であると判断することができます。

なぜならば、ブラック企業からしてみれば長時間労働を違法にさせてやろうという気持ちなので、雇用契約書を交わさないようにしたり、必要な事項などを記載しないようにしたりすることで、違法な就業環境を受け入れさせようとしているのです。

これに関する知識を持っていない人間からしてみれば、雇用契約書を細かく確認したりすることがないので、ブラック企業の言いなりになってしまったり、思う壺になってしまったりする可能性が高まります。

なので、必ず仕事を始めようとした時に雇用契約書を交わしているかどうかということを必ず確認するようにしてください。

仕事を始めたにもかかわらず雇用契約書を交わさない企業は、危ない企業である可能性が高いので、注意をしておきましょう。

社員がすぐやめて行く

次にご紹介する長時間労働が多い会社の特徴としては「社員がすぐやめて行く」ということが挙げられます。

社員がすぐにやめるということは明らかに何かしらの理由が存在していると考えられます。

違法な残業を強いたり、サービス残業を行わせたり、劣悪な労働環境などが揃っている環境だと後々発覚したりすれば、当然見極めが早い人間はすぐに仕事を辞めるようになりますので、長続きする人がいないのも当然です。

なので、求人情報でいつも同じような名前の企業が載っている場合は、その企業はすぐに社員が辞めてしまうブラック企業の可能性があります。

社員がすぐに辞めたり、人員不足のような企業はブラック企業である可能性が高いので注意しましょう。

社長が現場の惨憺たる実情を知らない

次にご紹介する長時間労働が多い会社の特徴として「社長が現場の惨憺たる実情を知らない」ということが挙げられます。

一般的に考えて社長が現場を知っているのは当然のことであり、その現場を知ろうともしていないような企業はブラック企業の可能性があります。

社長が現場のことを知ろうとしている企業は、そもそも従業員のことを考えようとしている企業でもあるため、コンプライアンスなども遵守されている可能性が高いのです。

しかし、社長が現場などを知ろうともせず、明らかに放置されているような企業の場合は、社員が好き放題している可能性もあり、それをいいことにコンプライアンスなどを全く遵守しないような行動を取りがちになります。

なので、社長がどのような人間なのかということを事前に確認したり、社長が現場のことを知らないのであれば、従業員のことを思いやっていない企業の可能性があるので、ブラック企業である可能性が高くなります。

幹部たちが労働基準法をそもそも分かっていない

次にご紹介する長時間労働が多い会社の特徴としては「幹部たちが労働基準法をそもそも分かっていない」ということが挙げられます。

それなりに社会経験を積んでいるような人間であれば、労働基準法の制度はある程度知っていて当然です。

特に、人の上に立つような役職の人間は、労働基準法などの大まかな知識などが身につけていることが当たり前なのです。

しかしながら、幹部の人間でさえ労働基準法をそもそも理解していないような企業は、労働基準法に関する知識が薄く、コンプライアンスの行き届いた職場とは考えにくいです。

その逆に、しっかりとコンプライアンスを遵守しているような企業であれば、最底辺の労働基準法制度は誰もが理解している場合が多いので、結果的に幹部という立場でも労働基準法をそもそも理解していないような企業はブラック企業である可能性がとても高いといえます。

幹部たちの年齢層が若い

次にご紹介する長時間労働が多い会社の特徴としては「幹部たちの年齢層が若い」ということが挙げられます。

理由としてはすぐに従業員が辞めてしまうため、残った従業員が自然と役職を与えられている可能性があります。

一般企業で考えてみれば、それなりの役職を与えられているような人間はそれなりに社会経験が豊富でスキルもある年齢層が高めの世代が担うことが多いです。

しかしながら、役職者の年齢がかなり低い企業は、そもそも従業員がすぐに辞めてしまうため、どうしても若い世代の人間が幹部を担う必要性が出てくるのです。

なので、幹部の年齢層が若めの場合は、ブラック企業の可能性があるので気を付けましょう。

内部告発されやすい

次にご紹介する長時間労働が多い会社の特徴としては「内部告発されやすい」ということが挙げられます。

ブラック企業は違法な残業などを強いている可能性も高いため、従業員から内部告発されたり、訴えられたりするケースもあります。

そもそも、問題になるようなことをしているから内部告発されたり、悪い噂が立ったりするので、そのようなことが起きているということは、何かしらの原因がその企業にあると考えることができます。

火のないところから煙は立たないという言葉があるように、企業側に落ち度がある可能性が高いため、内部告発などをされているような企業は避けた方がいいでしょう。

長時間仕事をすることが良いことだと信じている幹部がいる

次にご紹介する長時間労働が多い会社の特徴としては「長時間仕事をすることが良いことだと信じている幹部がいる」ということが挙げられます。

長時間労働が美徳だと考えてること事態が明らかに間違った考え方なのです。

この間違った考え方をしている人間が幹部になっている場合は、その人間が管理している仕事場は当然長時間労働を強いられている可能性が高いので、ブラック企業である可能性は高くなります。

これだけコンプライアンスを遵守しなければいけないと言われている時代であるにも関わらず、長時間労働することが良いことだと信じて疑わないような人間が幹部になっている企業は、当然従業員のことを考えていない可能性があります。

長時間労働のデメリット

ここまでは長時間労働が多い会社の特徴をいくつかご紹介してきました。

一般的に考えると、長時間労働はあってはならないことであり、絶対に避けるべきことになると思うのですが、残念なことに世の中には長時間労働であることによって割増賃金を得ることで生活を成り立たせているような人もいます。

だからこそ、ブラック企業がなくならない一つの理由になっているのですが、そのような考え方をしている人からしてみれば、長時間労働をすることがなぜデメリットに感じるのか理解していないような方も多く存在しています。

そこで、ここからは長時間労働をすることによって巻き起こるデメリットについていくつかご紹介していきたいと思います。

長時間労働することがどのようなデメリットが発生することになるのかということを正しく理解し、長時間労働をなるべく避けるようにするためのきっかけにしていただければ幸いです。

体力や精神を消耗する

まずはじめにご紹介する長時間労働のデメリットとしては「体力や精神を消耗する」ということが挙げられます。

これは当然のことですが、長時間労働を行うことによって私たち人間は体力や精神などがどんどん消耗していくようになります。

体力や精神がどんどん消耗されていくようになると、結果的に体力が低下してしまって様々な病気を誘発してしまう可能性もあります。

実際に、長時間労働を強制されたことによって様々な病気になってしまい、仕事を辞めなければいけなくなってしまったというような方も世の中にたくさん存在しています。

なので、長時間労働を行うことによって体力や精神を消耗してしまうことは、大きなデメリットに繋がってしまいます。

集中力が続かない

次にご紹介する長時間労働のデメリットとしては「集中力が続かない」ということが挙げられます。

長時間の労働を行うことによって、私たち人間は集中力が続かなくなってしまいます。

そもそも私たち人間の集中できる時間はそこまで長くはありません。

一般的に集中することができる時間は15分くらいで、長くても90分程度と言われています。

それでも私たちは8時間の労働を行っているため、その時点でそれなりに集中できないような時間に設定されているのに、さらなる労働時間の延長となると集中できないのは当たり前なのです。

なので、労働時間があまりにも長くなってしまうという事は、集中することができない環境になってしまいやすく、結果的に仕事の効率が悪くなってしまう可能性もありますので、長時間労働は必ずしも良いことではなく、場合によっては作業が進みづらくなってしまうデメリットを与えてしまう可能性もあるということです。

ミスが多くなる

次にご紹介する長時間労働のデメリットとしては「ミスが多くなる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもお伝えしたように人間が集中できる時間帯というのはある程度決まっています。

なので、あまりにも長時間の労働を強制してしまうと、結果的にミスが多くなってしまいやすくなり、自分自身を苦しめてしまう行動につながります。

ブラック企業に関しては、基本的に相手からの当たりなどが強い場合が多く、ミスがいじめやパワハラにつながる可能性などもありますので、自分を苦しめる材料としては十分すぎる存在になります。

なので、長時間労働を行うとミスを誘発してしまいやすくなり、自分が辛い立場に置かれてしまうというデメリットもありますので、長時間労働はお勧めできません。

自分や家族のために使う時間がなくなり、不和になる

次にご紹介する長時間労働のデメリットとしては「自分や家族のために使う時間がなくなり、不和になる」ということが挙げられます。

一般的な企業であれば仕事が終わった後にそれなりに何かをする余裕があるのに対して、長時間労働を行わせているような企業であれば、家に帰ればすぐに就寝しないと次の日に影響が出るような場合がほとんどです。

そうなってしまうと、自分のために使う時間がなくなったり、家族がいる人に関しては家族と過ごすことができる時間が少なくなりますので、結果的に家族間での問題が発生しやすくなります。

なので、長時間労働は自分自身や、自分の周りの家族との信頼にまで影響が出る可能性がありますので、注意をしなければいけません。

長時間労働は体も精神もボロボロになる

今回は長時間労働をテーマにして、長時間労働とはどのような定義なのか、そして長時間労働を行っている企業の特徴や、長時間労働のデメリットについてご紹介していきました。

長時間労働は決して良いことではなく、自分自身の体や精神もボロボロにしてしまうようなデメリットが目立ってしまいます。

もしも今現在所属している会社が長時間労働を行っているような会社なのであれば、早い段階でどこかで見切りをつけないと自分自身が辛い立場になってしまう可能性もあるかもしれません。

少しでも不安要素があるのであれば、自分のことを第一に考えて、今よりももっと良い環境で働くことができるように何かしらの工夫を行うべきかもしれません。

これをきっかけに自分の今いる環境を再確認してみてくださいね。