みなさんは辛い片思いを経験した事があるでしょうか。

…きっとこれを見ている殆どの方が、今現在、そういう片思いをしているのは?

経験者なら分かると思いますが、片思いは両思いの恋と違って、楽しい事以上に辛く苦しい事が沢山あります。

相手の言動に一喜一憂し嫌になる程振り回されたり、1人で考え過ぎてどうしようもない不安に襲われたり…なんて事も少なくありません。

”辛い”と感じる理由は人それぞれだとは思いますが、片思いの厄介な所は相手の事を好きになればなる程、辛い気持ちが大きくなってしまう所です。

どんどん大きくなっていくその辛い気持ちを、思いに決着が着くまで抱え続けなければならないので、片思いを続けるのもだんだんしんどくなってきますよね。

まさに今、そんな状況に陥っている人は「この辛くて苦しい気持ちをなんとかしたい…」と思っているはず!

そんな人の為に、”本当に辛い片思いをしている時にすべき対処法”をご紹介します。

これを見れば、辛くて苦しい気持ちを和らげるヒントが見つかるはずです。

片思いは甘酸っぱさもあるが辛さもある

好きな人と目が合ったり、笑顔で声をかけられたり…特に片思いを始めたばかりの頃は、そういうキュンキュンが止まらない甘酸っぱい思いをする事も多いでしょう。

片思いをしていて「楽しい」「幸せ」とだけ感じるのは、相手の男性からの好意を感じる場合(この場合はほぼ両思いと言えるのかもしれませんが…)か、自分の気持ちでいっぱいいっぱいで相手の気持ちまで考える余裕がないからかもしれません。

好きな人に憧れているだけの内は、「好きでいられるだけで幸せ」「恋人になれなくても、傍に居られるだけでいい」という気持ちで済みます。

しかし、これが”本気の片思い”に変わった途端、相手を思う気持ちに欲が生まれ「相手にも自分の事を好きになってもらいたい」「恋人同士になりたい」と考える様になるのです。

それは同時に、辛い片思いの始まりを意味します…。

もちろん、全ての片思いがそうなる訳ではありませんが、多くの人は「好きな人と両思いになりたいけど、相手の気持ちが分からない」と感じた時に初めて、「辛い」「苦しい」と思うのではないでしょうか。

そういうネガティブな思いに気付いてしまうと、甘酸っぱい事が起こった時に心の底から喜べないのも辛い所…。

好きだからこそ不安が生まれる


片思いに伴う辛さや苦しさを、「恋愛が上手く行かないせいだ!」「相手のせいだ!」と決めつけている人がいますが、それだけが原因とは言い切れないのではないでしょうか?

特に恋愛において人は、寂しさ・焦り・自信のなさを感じると物事をネガティブな方向に考える傾向があります。

実は、このネガティブな思考が片思いの辛さを生み出しているのだと言われています。

つまり、無意識の内に自分で自分を苦しめている訳です。

それでは、片思いを辛いものにさせる感情は何だと思いますか?
答えは…”不安”です。

冒頭でも少触れましたが、相手の事を好きになる程辛くなるというのは、そこに不安があるから。

”不安”と一口に言っても、そこには様々な心理が隠れています。

相手の気持ちが分からない不安、他の女性に取られてしまう不安、今の関係が壊れてしまうかもしれない不安、嫌われてしまうかもしない不安…。

人は不安が生じた時にそれを解消する為に沢山考えて悩みますが、結局答えが出ずに余計に不安が募る…という負のループに陥ってしまいがちなのです。

不安を解消するには、アクションを起こして何かしらの形で片思いを終わらせる必要があります。

…なんて言うのは簡単ですが、そんな簡単に上手く行ったり諦める事が出来るのなら苦労しないでしょう。

こういう所も片思いの辛さの1つですよね。

どんな時に辛いと感じるか

不安・悲しみ・寂しさ・焦り・嫉妬・絶望などのネガティブな感情は辛さに繋がります。

その為、片思いをしていて「辛い」と感じる瞬間は様々。

片思いの辛さや苦しみを取り除くには、どんな時に何が原因で「辛い」「苦しい」と感じるのかを、1つ1つ把握しておく必要があります。

わざわざ辛さを再確認する様で気が進まないかもしれませんが、原因が分からないままでは適切な対処法も考えられませんし、解決への道も遠いままです。

とは言え、嫌な記憶を無理やり思い出すのは心にかなり負担がかかってしまうでしょう。

そこで、”片思いが辛いと感じる瞬間”の具体例をご紹介します。

とりあえず、この中で共感出来るものがあるかチェックしてみて下さい。

他の女性と話している時

好きな人が他の女性と話しているところを見たら、「何を話しているんだろう?」と気になったり、「私だって彼と話したいのに、なんであの女性ばっかり!」と嫉妬してしまう事もあるでしょう。

しかもそれが仲睦まじい様子なら尚更、片思いをしている側にとってかなりダメージが大きい光景と言えるのではないでしょうか…。

例えその2人がお互いに特別な感情を持っていないと分かっていても、親しげに話しをしているところを見れば不安になってしまうもの。

「彼がその女性の事を好きになってしまうのでは?」「その女性に彼が取られてしまったら…」と悪い方に想像して辛くなってしまうのも、片思いあるあるですよね。

特に女友達が多い男性を好きになると、そういう場面に遭遇する機会も頻繁にあると思います。

だからといって、「他の女性と話さないで!」と彼女面をする訳にもいきませんし、彼の行動を制限したり周りの女性を牽制するのも難しく、対策を取りにくいのも悩みの種ではないでしょうか。

返事が返ってこない時


こちらがアクションを起こした時に好きな男性からのリアクションがないと、「どうして反応がないんだろう?…もしかして嫌われちゃった!?」と思わず心配になってしまいますよね?

例えば、LINEやメールを送っても相手からなかなか返事が返って来なかったら、連絡が来るまで何も手につかなかったり、「私、何か変な事言っちゃったかな?」「「面倒くさい」「つまらない」と思われちゃったかな?」と嫌な考えばかり浮かんでくるのではないでしょうか。

それから、告白に対する返事がなかなか返ってこない時も同じです。

返事がもらえる日にちが決まっているなら別ですが、「ちょっと考えさせて」とだけ言われていつまでも返事をもらえないままでは「OKなの?ダメなの?…早くハッキリして欲しい!」ともどかしい気持ちでいっぱいになってしまうでしょう。

保留期間が長ければ長い程、辛い気持ちも大きくなってしまうでしょう。

しかしもっと辛いのは、中途半端な気持ちの伝え方をしてしまった場合。

例えば、「〇〇ちゃん、あなたの事気になってるらしいよ?」と知人経由で気持ちがバレてしまったり、「あなたみたいな彼氏が欲しいな…」と告白紛いの言動を取ったり…もしその後に彼からのリアクションがなかったら辛いですよね…。

しかも、告白みたいにしっかり気持ちを伝えている訳ではないので、「こんな形で伝えるはずじゃなかったのに!」と後悔してしまう事も…これでは不完全燃焼にも程があります。

こんな辛い思いをしない為にも軽率な言動は控える様にした方がいいでしょう。

思いを伝えられない時

好きな人に自分の気持ちを伝えられない、という状況もあるでしょう。

「今の関係を壊したくない」「気持ちがバレてお互いに気まずくなりたくない」という思いがある場合や、自分を恋愛対象として見てくれない人を好きになってしまった場合など。

特に男友達や幼馴染など身近な存在であればある程、関係を変えるには覚悟と勇気が必要ですし、気持ちを知ったor関係が変わった後も今まで通り仲良くやっていけるのか?という不安もあるはずです。

それから、自分を恋愛対象として見てくれない相手…例えば、自分を妹みたいにしか思っていなかったり、以前に一度振られていたりすると、なかなか気持ちを伝えづらいもの。

実際、脈がないと分かっていて気持ちを伝えるのはかなり勇気の要る事ですよね?

しかし、自分の思いをどこにもぶつける事が出来ないのはかなり辛い状況と言えるでしょう。

なかなか会えない相手を好きになった時

好きな人になかなか会えないのも、精神的にかなり辛いはずです。

例えば、仕事で忙しくてなかなか会えない男性、仕事の取引先の男性やお店の男性スタッフ、遠方に住んでいる男性や引っ越しで遠くに行ってしまう事が決まっている男性に片思いをしてしまったなど…。

恋人と違いちょくちょく会う訳にもいきませんし、連絡先を知らなければメールや電話すらも出来ません。

さらに、遠くに離れてしまえば次はいつ会えるのかも分からない…そんなの辛いし悲しいのは当たり前ですよね。

「好きな人が傍にいると辛い」という意見がある一方で「好きな人が傍にいないのが辛い」という意見もあるのだから、片思いって本当に厄介ですよね…。

恋の相談をされた時

女性に恋愛相談をする男性の心理としては、相手の女性をアドバイザーとして信頼してるor相手の好意に勘付いて期待を持たせない為にあえて恋愛相談を持ちかけた、などが考えられます。

ただ、恋愛テクニックの1つとして、気を引く為にあえて好きな女性に「実は好きな人がいるんだ」と打ち明ける事もあるかもしれません。

しかし、男性にしてみたら好きな女性との間に余計な誤解を生みたくないはず。

よっぽど自信があるか恋の駆け引きが好きじゃない限り、「好きな女性がいるんだけど、どうすればいいと思う?」と、わざわざ好きな女性本人に相談する事はないでしょう。

下手をすれば、好きな女性から「応援してるね!」なんて言われるリスクもありますしね…。

つまり、好きな男性から恋愛相談をされるという事は、恋愛対象として見られていない可能性が高いのです。

もし好きな女性の実名を出されたり、協力して欲しい旨を相談されたのであれば、残念ながらその時点で脈なしは確定となります。

好きな男性の口から好きな女性の話を聞かされるのは、思いを寄せている身としてはもはや地獄の様な心境でしょう…。

「何でこんな話を聞かなきゃいけないんだろう…」と思いつつ、彼の手前その気持ちを隠さなくてはいないのも辛いところではないでしょうか。

相手には恋人がいるとわかった時

好きになった男性に恋人や奥さんがいたと分かった時はすごくショックですよね。

相手に既にパートナーがいると分かると自分の思いも伝えづらくなってしまうので、好きな気持ちを押し殺さなければいけない苦しみにも襲われる可能性があります。

本当に辛い時にやるべき8個の対策

”片思いが辛いと感じる時”、共感出来るものはあったでしょうか?

原因が分かったら、次はそれを解消する対処法を考えていく必要があります。

それでは、みなさんお待ちかねの”片思いが本当に辛い時にやるべき8個の対策”をご紹介していきますよ!

1、片思いする期限を決める

もし辛い思いで心が一杯になってしまっているのなら、その状態を長引かせるのは精神的に良くありません。

このまま片思いを続けていれば、気持ちも滅入ってしまうでしょう。

こういう時は、片思いの期限を決めて気持ちにけじめをつけるのも方法の1つです。

しかし、仮に「今週で片思いを辞める!」と期限を決めたからといって、気持ちの整理がつくのか?と問われればそれは難しいでしょう。

こういうのは、片思いを終わらせる期限と一緒に条件や目標を決めるのがオススメです。

例えば、「今週中に進展がなかったら諦める」「今月末までに絶対に告白する!」といった感じです。

土壇場になって「やっぱりもうちょっと期限を伸ばそう…」なんて考えてはいけませんよ?
そんな事をしていたら、片思いの苦しみもいつまでも続いてしまいます。

辛い気持ちから解放されたいなら、ここは自分に厳しくいきましょう。

辛さが前向きなエネルギーに変わる

辛い事が重なると、気持ちが落ち込んでなかなか立ち直れなかったり、投げ出したくなったり、無気力になってしまう事もあるでしょう。

辛い気持ちと向き合うというのは想像以上に苦しい事ですが、辛さと上手く向き合っていくと、それを前向きなエネルギーに変える事も出来ます。

例えば、自分の気持ちを伝える自信がなくて辛いのなら、「今よりもっと可愛くなって絶対振り向かせてみせる!」という気持ちを持つ事で、自分磨きに力を入れる事が出来るでしょう。

ただし、無理にポジティブで居ようとする必要はありません。

辛い気持ちに無理やり理由を付けて自分に言い聞かせても、かえって疲れてしまいます。

「辛いものは辛い!」とその思いを素直に受け入れて、泣いたり落ち込んでもいいのです。

その代わり、気持ちが少し落ち着いた時に、辛さを消化する方法がないか考えてみて下さい。

上手く行けば辛い気持ちをバネにする事が出来るかもしれません。

2、嫉妬しないようにする

誰だって嫉妬なんてしたくはないと思いますが、それでも湧き上がってしまうのが感情というもの。

片思いをしている女性が嫉妬をする対象と言えば、主に好きな男性の周りにいる女性でしょう。

原因は、自分が我慢している&望む事をその女性がしているから。

上でも少し話しましたが、例えば好きな男性と話している女性や好意を向けられている女性を見て嫉妬心が湧き上がるのは、「私だって彼と話したいのに!」「私にも好意を向けて欲しい!」という強い気持ちを我慢しているからなのです。

つまり、我慢や欲が大きければ大きい程嫉妬の念も抱きやすいと言え、嫉妬をしない様にするには普段から徹底した感情コントロールが必要になります。

別の異性と関わるのは当たり前と思う

上の説明を見てもうお分かりだとは思いますが、好きな男性の周りにいる女性に嫉妬しない様にするのは正直難しいです。

嫉妬をしてしまうのは仕方ありません!
他の女性に対して嫌な気持ちを抱いた時は素直に認めましょう。

ここで「これは嫉妬じゃない!」と頑なに否定してしまうと、余計にモヤモヤしてストレスになってしまいます。

嫉妬と上手く付き合うコツは嫉妬をしている自分を素直に受け入れ、「彼が他の女性と関わるのは当たり前」と割り切る事です。

するとだんだん嫉妬をする事にも慣れてきて、最初の頃ほど引きずらなくて済む様になります。

3、趣味に没頭する

みなさんには、何もかも忘れて熱中出来る事があるでしょうか?

辛くなったら趣味や自分の好きな事をして気紛らわせるのもオススメです。

体を動かすのが好きなら、スポーツ・ダンス・筋トレ・ヨガ・サイクリング・散歩をするのもいいですし、インドア派の人なら、カラオケ・ゲーム・読書・手芸・絵画・ネットサーフィンをするのもいいでしょう。

辛いと何もやる気が起こらなくなってしまうかもしれませんが、「もう辛い事しか考えられない!」という時は、無理にでも他の事をして気分を切り替えるのも必要です。

考える暇がなくなる趣味がおすすめ

好きな男性の事を考えると辛い気持ちも一緒に思い出してしまうもの。

すなわち、彼の事を考える時間を少しでも減らすのが一番の対策法と言えるのです。

その為、気分転換にはなるべく無心になれる趣味をチョイスするのがいいでしょう。

例えば、嫌な気分にとらわれそうになった時にハードなエクササイズをすれば、辛い気持ちに浸る余裕もないでしょうし、ストレス発散だけでなくダイエット効果も期待出来ます。

運動が苦手な人は、料理や手芸などひたすら手を動かす作業を行うのもいいかもしれません。

30分でも5分でも数秒でもいいのです。

少しでも好きな男性の事を忘れられる時間を作りましょう。

4、仕事や勉強を頑張る

恋愛ではなく他の事に頭や体を使うのもオススメ。

恋愛に振り回されて疎かになっている事はありませんか?

学生なら勉強やバイト、部活やサークルでも構いません。

社会人なら仕事はもちろん、スキルアップの為に勉強を始めてみるのもいいでしょう。

本気で努力すれば成果も出るでしょうし、何かを頑張る事は自分磨きにも繋がります。

それに何もしないでボーッとしているよりは、仕事や勉強で忙しくしている方が遥かに辛い気持ちが紛れるはずですよ。

自分を磨く事で魅力的になれる

これは本人が一番分かっている事だとは思いますが、辛い気持ちでウジウジ悩んでいる時間ってすごく勿体無いですよね。

では、その時間を自分を磨く事に当てたら、どれだけ魅力的になれるでしょうか?

ダイエットやメイクに力を入れより綺麗で可愛い女性を目指してみたり、勉強や仕事を頑張って感性を磨くのもいいでしょう。

魅力的になった&成長できたと実感出来れば、それは自信へと繋がり片思いの辛さも自然と和らぐはずです。

5、大勢で遊びに行く

1人でいるとどうしても余計な事を考えてしまいがち。

仲の良い友達を沢山誘ってパーッと遊びに行くのも、ストレス発散になっていいかもしれません。

それに、友達といると適度に気を遣いますよね?

自分ではそんなに意識していないかもしれませんが、心の何処かでは「その場の雰囲気を盛り下げない様にしなくちゃ」「暗い顔をしていたら友達に心配かけちゃうかも」という意識が働いているのではないでしょうか。

この様に、周りに気を配る事で片思いの辛さを忘れられる時間も増えるはずです。

もし心の底から楽しめなかったとしても、友達とワイワイ騒いでいる間は多少気分も上向きになると思いますよ。

合コンなどにも行ってみる

合コンや飲み会など、新たな出会いがありそうな場所に足を運ぶのもいいでしょう。

ただし、これは新しい恋を探す為の行動ではなく、あくまで視野を広げる為の行動だと思って下さい。

「辛い片思いをするぐらいなら、新しい恋を始めるぞ!」と意気込んで逆に自分の首を絞める結果に、なんてパターンも珍しくありません。

もちろん、そこで運命的な出会いがあれば結果オーライなのですが、恐らく殆どの場合、「やっぱり彼の方が良い」と再確認して終わると思います。

なので、出会いがありそうな場所へは「素敵な人を見つけるぞ!」ではなく、「どういう男性がいるのか見てみよう」という気持ちで向かいましょう。

恋をすると盲目的になり相手の男性が一番だと思い込んでしまうもの。

その凝り固まった狭い視野を広げる為に、色んな男性を見る必要があります。

色んな男性を観察し好きな男性に対する考え方や見方を変える事で、不思議と辛い気持ちが消えていくケースもあるのです。

6、告白する

これは最終手段ですが告白をして片思いを終わらせるのが、一番手っ取り早くある意味簡単に片思いの辛い気持ちを消す方法と言えるでしょう。

片思いで悩んでいる人からは「それが出来ればこんなに悩んでないよ!」という声が聞こえてきそうですが、告白する事で気持ちが軽くなるのも事実なのです。

もし少しでもその気があるのなら、辛い思いで心が折れてしまう前に気持ちを伝えてみるのもありかも。

実らなくてもスッキリした気持ちになる

とは言え、「告白をしてもし実らなかったら余計に辛いんじゃないの…?」という心配もあるでしょう。

確かにダメだった時は辛いと思いますがそれとは別に、自分の思いを伝えた事でスッキリとした気持ちも生まれるはずです。

それに、失恋の悲しみは片思いの辛さと違い何年も引きずるものでもないですし、失恋から立ち直った頃には辛い気持ちからも完全に解放されます。

7、「好きになったからしょうがない」と割り切る

片思いがあまりにも辛いと、思わず「どうして好きになっちゃったんだろう…」と後悔してしまう事もあるかもしれません。

しかし、今更そんな事を思ったところで状況が良くなる訳ではありませんよね?

「すごく辛いけど、好きになったのだからしょうがない!」と割り切る事で、気持ちが落ち着くケースもあります。

開き直るだけで気持ちは楽になる

嫌な気持ちは自分が納得出来る理由付けをすると受け入れやすくなります。

しかし、それが難しければ「辛い気持ちになって何が悪い!」「片思いに辛い気持ちは付きものだし!」と思いっきり開き直ってみるのもいいでしょう。

きっと気持ちが楽になるはずですよ。

8、相手に期待しない

片思いで辛い気持ちが発生してしまう原因に、”相手に期待し過ぎている”というのがあります。

「いつか彼が振り向いてくれる日が来るはず!」「もしかしたら彼の方から告白してくるかも!」などと期待をしてしまうと、それが叶わないと感じた時に辛くなってしまうのです。

辛い思いをしない為にも相手に期待し過ぎない事を覚えましょう。

心理的な期待感を持たない

好きな男性とよく目が合ったり、親しげに話しかけられたら、「もしかして、彼も私の事を…?」と思わず期待してしまいますよね?

でも、よく考えてみて下さい。

彼とよく目が合うのはこちらがずっと見つめているからかもしれませんし、他の女性に対しても同じ様に親しげに接しているかもしれませんよね?

過度な期待をしてしまいそうな時は、いつもより慎重&冷静に物事を捉える様心掛けてみて下さい。

もし相手がこちらに恋愛感情を抱いているならそんな思わせ振りな言動ではなく、もっと明確なアプローチをしてくるはずです。

9、付き合えたときのことを想像する

辛い気持ちは楽しい気持ちで上書き!

好きな男性と付き合えた時の事…彼とのデートや彼としたい事でも何でもいいので自分の理想をイメージしてみましょう。

楽しい事を考えている間は辛い気持ちも薄れるはずです。

本当にうまくやっていけるか

仮に好きな男性と付き合う事になったとしても、その後上手くいくはまた別の話。

彼と付き合う想像した際に、幸せな様子が上手くイメージ出来ない時はちょっと注意が必要。

もしかしたら好きな気持ちの殆どが辛い気持ちにすり替わっている可能性があります。

彼と恋人同士になった場合自分は本当に幸せになれるのか、もう一度良く考えてみて下さい。

片思いの中には諦めるべき片思いがある

好きだと自覚してしまうと、”諦める”という選択肢はなかなか浮かばないと思います。

しかし、中には”諦めるべき片思い”も存在するのです。

それはどんな場合か、早速チェックしてみましょう。

既婚者or恋人がいる

好きな男性に既にパートナーがいる場合は脈なしも同然…。

恋人との仲が円満な男性を振り向かせるのはかなりハードルが高いですし、相手が既婚者だった場合もまさか不倫をする訳にもいきません。

それに幸せを感じている2人の関係を引っ掻きまわすのも何だか気が引けますよね。

こういう時はなるべく気持ちを隠して潔く身を引いた方がいいでしょう。

告白してフラれている

過去に何度か告白していてその度に振られている、という場合も諦め時かもしれません。

「諦めなければいつか…!」と信じたい気持ちも分かりますが、既に何度も振られているのであればその恋が実る確率は低いと言えます。

このまましつこくすればストーカー扱いをされかねませんし、辛い片思い期間もズルズルと長引く一方…そう考えたら気持ちに区切りを付けた方がいいのでは?

相手に好きな人がいる

相手に好きな女性がいてそれが自分でない事が分かっている場合も、ある意味諦めやすい状況と言えるかもしれません。

もし相手を振り向かせる自信がないのなら、これ以上傷付かない様にその恋を終わりにしましょう。

【好きな人に好きな人がいる時は、こちらの記事もチェック!】

恋愛対象として見られていない

距離が近過ぎるとかえって異性として見てもらえない事もあります。

相手からハッキリと「恋愛対象じゃない」と言われたり、女性扱いをされた事が無いのであれば、そこから恋愛対象になるのは難しいでしょう。

楽しさや幸せさを感じない

ただ辛いだけの片思いなら、そのまま続けていくのはあまりオススメ出来ません。

これだと思いが通じ合ったとしても、片思い時代と同じ様に辛い思いをする可能性大です。

楽しさや幸せ、彼を好きな気持ちすらも忘れてしまう程に辛い思いをしているなら、その恋を諦める方向に気持ちを向けていった方がいいかもしれません。

振り回される

相手の男性に振り回される片思いをしていると、両思いになっても振り回されてしまう可能性が高いです。

片思いをしている内は彼の反応に一喜一憂するだけで済むかもしれませんが、付き合い始めたら期待だけでなく不安も大きくなります。

期待を裏切られれば当然傷付く事になるので、今よりさらに辛い思いをするかもしれません。

それから、振り回されているという事は、彼に依存している証拠でもあります。

彼への執着がこれ以上強くなれば、辛くてもなかなか離れる事が出来なくなるでしょう。

恋人同士になった後も彼に振り回される事を考えたら、ここで諦めておいた方が幸せになれる、という考え方もあるのではないでしょうか?

片思いの辛さはあなたを成長させてくれる

”辛い片思いをしている時にすべき8個の対策”、いかがでしたか?

どんな結果であれ、片思いが終わればそれに伴う辛い気持ちも薄れていきます。

深く傷ついた心も時間が癒してくれるでしょう。

今がどんなに辛く苦しくても「いい思い出だったな」と思える未来がいつか必ず訪れるので大丈夫です。

それに、片思いの辛さを乗り越えた時、あなたは一回りも二回りも成長しているはず。

そんなあなたはきっと素敵な恋愛が出来るでしょう。

片思いの辛い気持ちに悩んでいる方は、今回ご紹介した対策を是非参考にしてみて下さいね。