私たち人間は自分自身が生まれ育ってきた環境や周りにいる人たちの影響を強く受けて、様々な価値観や考え方を形成しています。

例えば、子供の頃から様々なマナーなのに対してうるさく育てられた人間は、いやでもマナーが染み付いているので様々な場面でそれを行うことが当たり前な考え方に成長している可能性が高いですよね。

それとは反対に、マナーなどよりも、まずは元気よく相手に接するように育てられたりした場合は、元気よく明るい性格に育つ可能性が高いと考えることができます。

このように、私たちは様々な生まれ育った環境や育ててくれた人の影響を強く受けることで、人格を形成していくと考えることができます。

そして、その環境というのは家庭レベルだと様々な違いがあると思いますが、国レベルでいえば、日本に住んでいるならば、日本人特有の考え方や文化などが継承されていると考えることができます。

例えば、一つ例を挙げれば、外国人と比べて日本人特有の文化と言えば相手にあやまることです。

外国人から見てみると、日本人は謝りすぎだと言われているような人種であり、何事に関しても謝ったりするので外国人からしてみればイライラしてしまうということも感じられるそうです。

そんな私たち日本人と関わりの深い謝罪の言葉、つまり、「すみません」という言葉をテーマにして、改めてすみませんという言葉の使い方をご紹介していきたいと思います。

具体的には、「すいません」という言葉との違いや、目上の人や社外の人に使うべきか?という細かい点などについてもご紹介していきたいと思います。

そもそも「すみません」は敬語なのか?

おそらく日本人の方であれば、日常生活の中ですみませんという言葉は頻繁に使ったりするような言葉になると思います。

なぜならば、そもそも日本人からしてみれば状況によっては謝るためにすみませんという言葉を使ったりしているわけではない可能性もあるからです。

具体的にどういうことかと言いますと、本来であればすみませんという言葉が相手に対して謝罪するときに用いられるような使い方が一般的とされていますが、日常生活の中ですみませんという言葉は必ずしも謝罪をする時だけに使われるものなのかといえばそうではないからです。

例えば、相手に対して声をかけたりするときに用いたりすることがよくあります。

実際にあなたも親しくない間柄、つまり初対面の人間に話しかけたりしたことがあると思うのですが、その時の第一声は大抵すみませんという言葉を使っている場合が多いはずです。

具体的にはお店の店員さんを呼んだりする時であったり、困ったことがあり道を歩いている人に声をかけて疑問を解決しようとした時などが該当するシーンになると思います。

こうして考えてみれば、ビジネスの場面だけではなくプライベートの場面でも数を多く用いられるような言葉であるということがお分かりいただけるはずです。

そんな日常生活の中でとても利用頻度が高いすみませんという言葉ですが、改めてすみませんという言葉を考えた時にすみませんという言葉は敬語なのでしょうか。

意外とすみませんという言葉が具体的にどのような意味を持っているどのような言葉なのかというところまで理解せずに使ってる方が多かったりします。

なので、まずはすみませんという言葉がどのような言葉に分類されどのような基本的な意味を持っている言葉なのかということを改めてご紹介していきます。

「すみません」は敬語


まず、考えていただきたいのは「すみません」という言葉は敬語として分類されています。

そして、すみませんという言葉はどのような言葉から今現在の言葉が生まれたのかと考えて見ると、「済みません」という言葉から生まれたとされています。

こうして考えてみると、漢字の意味からだんだんとすみませんという言葉がどのような意味を持っている言葉なのか?ということなどもある程度想像ができるようになってくるはずです。

「すみません」の意味は?

すみませんという言葉の意味を考えた時に、すみませんという言葉が表している言葉の意味は「謝るだけでは済まないことをしました」となります。

つまり、謝るだけでは済むことが出来ないようなとても大きなことをしでかしてしまった時に用いられる言葉であると考えることができます。

そして、そもそものすみませんという言葉の成り立ちを考えてみれば、この意味合いなどについてはあるけどしっくりくると思うのですが、先ほどお伝えしたようにもともとすみませんという言葉は済みませんという言葉から生まれています。

そして、済むという言葉を考えてみた時に、済むという言葉が持っている意味としては「物事が解決した状態、気持ちが満足した状態、与えられた任務が完了した状態」などを意味しています。

つまり、済みませんという言葉は、上記の済むという言葉がまだ終わっていない状態を表しており、結果的には上記の反対の意味などを持っているような言葉に変化し、結果的には「謝るだけでは済まないことをしました」というような解釈の言葉へと変化しているのです。

もっと詳しく言えば、例えば必要な書類を準備しろという命令を受けて、それをまだ行っていない場合にすみませんという言葉を使った場合は、意味としては(まだ指示された用事が済んでいない)ので、「すみません」という言葉を使って表現を行っているのです。

こうして考えてみると、すみませんという言葉に関してある程度理解が及んで来ると思います。

言葉の成り立ちと持っている意味をこの機会にセットで理解し、すみませんという言葉をより理解できるようにしてみましょう。

「すみません」はいつ使う?


すみませんという言葉の基本的な意味について理解いただいたところで、ここからはすみませんという言葉はどのような場面でいつ使うべきなのかということについてご紹介していきたいと思います。

今更だと感じる方がいるかもしれませんが、残念ながら世の中に存在している日本人の中には、すみませんという言葉をよく理解せずに使ってしまっている人間が数多く存在しています。

一般的にすみませんという言葉が使われる場面を想像してみると、相手に対して謝罪を行ったりする時であったり、相手に対して何か物を尋ねたりするようなときなどに使われることがとても多いと思います。

しかし、結果的に考えてみればきちんとすみませんという言葉の意味を理解した上で使っているのではなく、単純に1つの挨拶として捉えられてしまっているような考え方もあると想像することができます。

では、それが本当に正しい言葉の使い方などかということなどについても触れて行きたいと思いますので、普段すみませんという言葉を多用してしまっている方は、改めて自分の言葉の使い方は正しいのかどうか、確認をしてみてください。

ビジネスでは?

すみませんという言葉の一般的な使い方として想像されやすい場面としては、相手に対して何かしらの謝罪をしたりするときに用いられる言葉であると先ほど触れました。

実際に、自分自身がビジネスが画面で相手に対してすみませんという言葉で表現したりする時もあれば、逆に相手が自分に対してすみませんという言葉を使って謝罪をしてきた経験をしたことがある方はたくさんいると思います。

ビジネスの場面は遊びの場面ではありませんので、何かしらの失敗を行ってしまったり、周りに迷惑をかけてしまった場合はしっかりと相手に対して謝罪の気持ちを示したりしなければいけません。

だからこそ、日常生活の中でプライベートよりも謝罪の回数が多い場でもありますので、そうなると相対的にすみませんという言葉が出てきやすくなるのも簡単に想像することができるはずです。

では、ビジネスの場面においてすみませんという言葉の表現は本当に正しいのでしょうか?
先ほどお伝えしたすみませんという言葉の意味を思い出しながら、適用できるのかどうかよく考えてみてください。

ビジネスでは使わない方がいいかも?

先ほどお伝えした通り、すみませんという言葉は敬語に分類され、一見すると丁寧な言葉遣いであると判断されている言葉になっています。

実際に、たくさんの方はビジネスの場面などにおいてすみませんという言葉を使って表現したりすることに対して何の躊躇もなく使用している方は多いと思います。

ただ、すみませんという言葉はビジネスの場面という状況を想定してみると、残念ながら適してる言葉であるとは言えないのです。

なぜビジネスの場面ですみませんという言葉が適していないのかと考えた時に、理由としてはすみませんという言葉は丁寧な言い方ではあるのですが、元々すみませんという言葉はすまないという言葉の丁寧形になります。

なので、考え方としてはすみませんという言葉よりももっと丁寧で適した言葉を使わなければいけないと考えることができます。

では、ビジネスの場面においてはどのような言葉遣いをしなければいけないのかと疑問に感じる方も多いと思います。

すみませんという言葉を使わずに、他の言葉で相手に対して謝罪の気持ちを伝えることを想像してみると、その場に適している言葉としては「申し訳ありません」という言葉を使って相手に対して謝罪の気持ちを伝えるようにしなければいけません。

申し訳ありませんという言葉は意味としては「ごめんなさい、すみません」という意味を丁寧に表現した言葉です。

ちなみに、もっと丁寧に伝えたい場合は「申し訳ございません」という言葉を使用するようにすれば、相手に必ず丁寧な言い方として伝わるようになるはずです。

なので、結論としては、意味は間違っていないのですが、場面としては使うべき言葉かどうか問われると難しいので、すみませんという言葉はビジネスの場面では使わないようにしてください。

会社の先輩や上司には?

ビジネスの場面においてはすみませんという言葉はあまり適していない言葉であるとご紹介しました。

しかし、人によってはあくまで取引先など、自分の会社とは別の人間に対してのビジネスシーンで使うのが適していないだけであり、自分の会社の人間に対しては使っても問題がないのではと感じる方もいるかもしれませんね。

この点について詳しく述べるとすれば、まず結論は用いるべきではないという結論になります。

なぜなのかと考えた場合に、たとえ自分と同じ会社が人間だったとしてもやはり上下関係というものが存在しており、その上下関係に則った適切な言葉を使うべきであり、言葉の選び方を間違えるとたとえ同じ会社の人間だったとしても不快感を感じたり、間違った言葉選びになってしまうからだと考えることができます。

しかしながら、絶対にすみませんという言葉を用いてはいけないのかと考えるとそうでもなく、例えば親密度や距離によって言葉の使い方などが変化したりする可能性も十分考えられるのです。

例えば、かなり相手と信頼できるような関係性にあり、相手とかなり近い距離に存在しているような間柄なのであれば、あえて申し訳ございませんという表現ではなく、すみませんという言葉を使って相手に対して謝罪の意味を表現したりするのは間違ってはいないのです。

結局は受け取りての感じ方の問題も関わってくることになりますので、結果的には相手との距離感や関係性によって変化する言葉であるということを理解しておいてください。

ただ、この人間とは距離感が近いから、すみませんという言葉でいいやとか、この人に対しては丁寧な言葉で謝罪した方がいいだろうな、というようなこといちいち考えて区別して使ったりする事自体にあまりメリットは感じられません。

なぜならば親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、親しい仲でも最低限の礼儀を持ち合わせるべきであり、そこまでかたくなに申し訳ございませんという表現方法を避ける必要性はないので、本当に自分が悪い場面なのであれば、丁寧に謝罪の言葉を伝えるようにするように心がけておきましょう。

プライベートでは?

すみませんという言葉はビジネスの場面ではあまり用いるべきではない言葉であるとご紹介しました。

では、すみませんという言葉をもしもプライベートで使うのであれば、どうなのだろうかと考える方もいると思います。

もしもすいませんという言葉をプライベートで使うということであれば、考えていただきたいのはやはり先ほどお伝えした通り相手との関係性であったり相手との距離感というところが一番重大な判断要素になります。

一般的に考えてビジネスの関係上ではなく完全にプライベートなのであれば、ある程度相手と信頼関係が取れている人間と一緒に過ごしたりすることがメインになると思います。

それを踏まえて考えてみれば、相手とある程度信頼関係があり、距離感も近い関係性なのであれば、そこまで丁寧な言い方で謝罪をしたりする必要性はあまりありません。

なので、自分自身がそこまで重要な失敗をしたりしない以外は、難しい表現の堅苦しい言葉を使ったりする必要性はないと判断することができます。

ただ、よほど重要な失敗をしてしまったり、もしくはプライベートで会ったとしても相手がビジネスの関係の上司という立場の人間なのであれば、必要な場合はすみませんという言葉を使って表現したりすることも時には大切になりますので、相手との関係性をよく見定めた上で言葉を選ぶようにしなければいけません。

プライベートなビジネス、いずれにしても相手との関係性の距離感によって言葉は変化するということがおわかりいただけたと思いますので、自分が相手に対して使うべき言葉、そして相手の気持ちなどを考えた上で言葉を選ぶようにしてみてください。

ちなみに、一つだけ注意していただきたいのは、相手が親しくなりたいと思って砕けた言葉を使っているのに、こちらが丁寧な言い回しが堅苦しい言葉ばかりを使ったりしてしまうと相手に対して失礼になる可能性もありますのでその点は十分注意をするようにしてください。

「すみません」に似ている言葉とは?

すみませんという言葉をどのような場面や状況で使うべきなのかということについてご紹介していきました。

ある程度意味と使うべき場所などが理解いただけた所で、ここからはすみませんという言葉に似ている言葉について考えていきたいと思います。

私たちが使っている日本語に関しては、考えてみれば同じ意味を持っているような単語であったり、かなり似ているような意味を持っている単語などが数多く存在していると想像することができます。

それはすみませんという言葉に関しても同様であり、すみませんという言葉の意味と重複していたり、考えてみると全く同じような意味を持っているのではないかと感じるような言葉は数多くあります。

そこで、すみませんという言葉に似ている言葉をいくつかピックアップして、どのような違いが存在しているのかということなのについて詳しくを紹介していきたいと思います。

すみませんという言葉の意味が混同してしまって、どの謝罪の言葉を使えばいいのかよくわからなくなってしまったという方は是非確認していただいて、その場に適した謝罪の言葉を口に出せるように知識としてインプットしておいてください。

「すいません」

まずはじめにご紹介する「すみません」に似ている言葉は「すいません」という言葉です。

おそらくすみませんという言葉に対して一番似ている言葉であり、たくさんの方が混同してしまいがちになる言葉だと言えます。

なぜならば、そもそもの形が似ており、いつも同じであり、文字も一文字違いなだけで、それ以外が全く同じなので混同されやすくなっているのです。

そんなすいませんという言葉ですが、具体的にどのような意味の違いが存在するのか、ということについて触れていきたいと思います。

「すみません」と「すいません」

「すみません」と「すいません」という2つの言葉では、どのような違いが存在しているのかと考えたときに、まず意味としてはそこまで変わりがなく謝罪の気持ちを伝える言葉であるという点では変わりはないのです。

しかし、もしもこれが大文字に起こすとなると、完全にすみませんという言葉が正しくすいませんという言葉はまちがっている言葉であると判断することができます。

なぜならば、先ほどもお伝えした通りすみませんという言葉はそもそも済みませんという言葉がもとにして生まれた言葉なのですが、すいませんという言葉はすみませんという言葉を話し言葉としているうち変化して生まれた言葉なのです。

つまり、すいませんという言葉を正しく考えてみれば、元をただすとすみませんという言葉であり、あくまですいませんという言葉は話し言葉にしかならないのです。

なので、すいませんという言葉は文書に直したときに適しておらず、文書に直すときにはすみませんという言葉で表現する必要性があります。

なので、この2つの言葉を比べてみると、すみませんという言葉が正しく、すいませんという言葉は間違っているとまではいきませんが、場合によっては適していない言葉になると判断することができます。

「ごめんなさい」

次にご紹介する「すみません」に似ている言葉は「ごめんなさい」という言葉です。

すみませんという言葉は謝罪の場面で用いられる言葉であるとお伝えいたしましたが、謝罪の気持ちを表す言葉としてはそれ以外にも数多く存在しており、ごめんなさいという言葉も謝罪の気持ちを表したりする上で表現することができるひとつの言葉になります。

では、すみませんという言葉とごめんなさいということはどのような違いが存在するのかということについて詳しくご紹介します。

「すみません」と「ごめんなさい」

すみませんという言葉とごめんなさいという言葉を比べて考えてみた時に、どのような違いが存在しているのかと考えてみると、基本的な意味としてはそこまで違いは存在していないのですが、その言葉の根底にある心理描写などが若干の違いが生まれる言葉として捉えることができます。

具体的にどういうことなのかと言いますと、すみませんという言葉を用いて謝罪の気持ちを表現したりする場合は、物事がまだ決着しておらず自分の気持ちが落ち着いていない気持ちが垣間見えており、元々辞書などに関しては済まないという言葉の丁寧語で表記されており、自分の気持ちに区切りをつけたり、今自分が書かれている物事や何かしらの状況などを終わらせたりするような場面で使用されるべき言葉とされています。

それに対して、ごめんなさいという言葉は自分自身が悪かったという気持ちを素直に受け入れて相手に対して謝罪をするときに用いる言葉であり、自分が相手に対して失礼な振る舞いをしてしまったので、許してほしいですという気持ちを示すために表現される言葉です。

これら両者の意味やそもそもの心理描写などを想像してみると、意味としては似たような意味がどうですが、根本にある部分が全く違っているということがよくお分かりいただけると思います。

なので、相手に対して謝罪の気持ちを伝えたりする時にはどちらの言葉がより今の場所に適しているのかということを考えた上で使用しなければいけません。

場合によっては言葉の選び方によってトラブルに発展してしまう可能性もありますので、その点を危惧しながら、言葉を使うようにしてください。

謝罪の使い方と場面

謝罪の言葉に関してはどのようにして使えば良いのかということや、どのような場面でどのような言葉を選ばなければいけないのかということがとても難しくシビアな問題であるということがよくお分わかりいただけたと思います。

ただ、人によってはまだこの部分が曖昧になってしまって、なかなか理解することができないと感じてる方もいるかもしれませんので、ここからは改めて具体的な例を示しながら、どのような状況でどのような言葉を選ぶべきなのかということを詳しくご紹介していきたいと思います。

具体的な状況を想定しながら、適切な言葉を選んでいただきたいと思いますので、自分自身がこれまでに経験したことがある状況なのであれば、その状況を思い出しながら自分がその時にどのような言葉で表現したのかということを数えて想像してみてください。

もしも自分がその時に使った言葉が間違っていたというのであれば、今後はその言葉を使わないように意識をして、自分を成長させるきっかけとして受け止めてみてください。

得意先や他の会社の方に使う場合

まず初めにご紹介する謝罪の場面としては「得意先や他の会社の方に使う場合」です。

ビジネスの経験がある方ならば、容易に想像することができると思いますが、会社が利益を生み出すためには必ず何かしらのサービスを提供したり販売したりしなければいけません。

なぜならば、サービスを提供したり販売したりすることによってその対価として見返りを得ることができ、その見返りがお金である場合が多いからです。

なので、それを踏まえた考えてみれば必ず会社には取引先が存在しています。

つまり、いつも取引を行ってくれる馴染みの得意先であったり、時々取引をしてくれるような他の会社の人間と関わっていくということになります。

ビジネスの経験が長くなればなるほど、他の会社の人間と関わったりするような機会に足を運んだりすることが多くなると思いますので、もしも他の会社の人間と接する時に謝罪の言葉を用いなければいけない状況になってしまった場合に使うべき言葉をご紹介します。

「申し訳ございません」

もしも得意先や他の会社の方と接したりするときに、相手に対して謝罪の言葉を使わなければいけない場面に想定してしまった場合は、相手に伝える謝罪の言葉で適してる形は「申し訳ございません」という言葉です。

なぜならば、先ほどもお伝えしたようにビジネスの場面においては相手に対して謝罪をする時には丁寧な表現で相手に謝罪の気持ちを伝える必要性があります。

すみませんという言葉は、ビジネスの場面や、より丁寧な謝罪が求められる場面では適していません。

なので、すみませんという言葉で表現するのではなく申し訳ございませんという言葉でより丁寧な謝罪を相手に伝えることが適しており、失礼ではない言い方になります。

もしもビジネスの場面ですみませんという言葉を使ってしまった場合、人によっては気分を害される方もいる可能性も十分あります。

その言葉が原因で契約が解消されてしまったり、会社に大きな損害をもたらしてしまう可能性もありますので、注意するようにしてください。

親密度が高いとは言えず目上の立場の方に使う場合

次にご紹介する謝罪の場面としては「親密度が高いとは言えず目上の立場の方に使う場合」です。

これはどのような状況なのかと考えると、同じ会社に所属をしていながら、まだそこまで相手と信頼関係が成り立っていないような人間に対して謝罪を行わなければいけない状況です。

同じ会社だからといって必ずしもその会社の人間全ての人間と信頼関係が結ばれているかと言われればそうではありませんよね。

同じ会社であったとしても、全く関わりがないような人間同士もいますし、少ししか顔を合わせたりしていないような人間がいたりするのも不思議ではありません。

特に、違う部署から異動してやってきたような人間なども存在していたりしますし、最近入社した人間向いたりすると思いますので、信頼関係が出来上がっていないことは十分考えられます。

しかしながら、場合によってはそのような相手に対しても謝罪の気持ちを伝えなければいけませんので、その場に一番適した言葉を何かということをご紹介します。

「申し訳ございません」

もしも相手と親密度が高くなく、まだ信頼関係が結ばれていない状態なのであれば、相手が目上の人間なのであれば「申し訳ございません」という言葉で謝罪の気持ちを伝える必要性があります。

相手と信頼関係が結ばれていないということは、謝罪の気持ちを伝える時に丁寧な言い方で伝える必要性が生まれます。

なぜならば、信頼関係が出来上がっていないのにすみませんという言葉で謝罪の気持ちを伝えてしまった場合、自分自身が本当に悪いと思っていないような印象を与えてしまい、相手に対しての謝罪の気持ちとしては不十分であり、軽い気持ちだと判断されてしまいかねません。

そうなってしまいますと、さらに信頼関係が崩れてしまい、相手は信用してくれなくなってしまいます。

それは自分にとっても大きなデメリット、つまり損害になってしまいます。

ある程度親密度が高くて距離感が近い上司なのであれば、すみませんという言葉で表現することはできますが、そうでないのであればきちんと申し訳ございませんという言葉を使って謝罪の気持ちを伝えるように使い分けてください。

そうすることで、より相手と適切な距離感を図れますし、正しい言葉遣いができる人間だと逆に評価してもらえる可能性も産まれますので、言葉遣いには十分注意をするようにしてください。

まとめ

今回はすみませんという言葉をテーマにして、すみませんという言葉の意味や使い方、そして似ている言葉などについてご紹介していきました。

私たちが日常的に使っているすみませんという謝罪の言葉などは、考えてみればとても細かく分類することができるということがお分かりいただけたと思います。

今まで何気なくすみませんという言葉を使っていた方は、自分が使っている場面は果たして本当に適している場面になりうるのかということを常に頭の中で疑問を持ちながら、その場その場で適した謝罪の言葉選びができるように工夫してみてください。

そうすることによって自然と正しい言葉を使うことができる魅力的な人間に成長することができると思いますので、自分を成長させるきっかけという意味でも、今回ご紹介したことを知識として吸収してみてください。