あなたは体力がありますか?と聞かれて「はい」と答えれますか?

「実は虚弱体質で」と答えなければならい人もいると思います。

ここでは虚弱体質な人の特徴と対処法をまとめてみました。

子供のころから身体が弱くてとあまりいい思い出がないなんて人もいるかもしれませんね。

これからでも出来そうな対処法がをあげています。

もしやってみようかなと思ってもらえれば嬉しく思います。

自分は身体が弱いからと諦めずにまずは自分を知ってみましょう。

また「こんな症状よくあるんだけど」といくつか当てはまる人ももしかしたら自分が思うよりも虚弱体質になっているかも知れません。

特徴に当てはまるという人も対処法を実行してみてはいかがでしょうか。

若いうちならまだ体力をつける事もできます。

年齢が経つにつれて体質改善も難しくなってくるかもしれません。

また子どもであれば親のサポートもしやすいのではないでしょうか。

虚弱体質な人の15個の特徴

虚弱体質の人には特徴があります。

ひょっと細くて顔色も悪い。

いつも元気がないかもしれません。

症状にも特徴があります。

病気ではないに疲れやすい、すぐお腹を壊すなどです。

また貧血がある、冷え性。

すぐい風邪をひく。

などもあげられます。

このような症状があるという人は虚弱体質と呼ばれます。

すべて当てはまるとは言えないのですがいくつか当てはあるのであれば体力がない。

虚弱体質と言えるかもしれません。

虚弱体質とは病名ではありません。

そのような特徴がある人の事を表現する言葉になります。

自分自身が虚弱体質であると悩んでいる人もいるでしょうか。

自分は体が弱いと思っていてもどうしていいのかわかない人もいるでしょう。

症状も特徴も様々です。

自分に当てはまる項目があるでしょうか。

もし当てはまるのであれば少し改善する方法を実行してみてはいかがでしょうか?

症状や特徴、改善方法などについてまとめてみました。

疲れやすい


とにかく疲れやすいということはありますか?

少しあるくだけもふらふら。

気温の差や季節の変わり目などは特に弱いなんて人いるでしょうか。

虚弱体質であることは体力がありませんのでとにかくすぐに疲れてしまいます。

それを無理させようとしてもどうしようもありません。

他人からすれば「これくらいで?」と思う程度でも本当に疲れ切ってしまいます。

へたすると数日寝込んでしまうなんて事もあります。

体に必要とされる栄養が足りていない。

筋肉がない事などが原因として考えられます。

また血流が悪い人もとにかく疲れやすくなります。

疲れやすい身体には原因があります。

体に必要とされる栄養素が足りていない。

身体の中を酸素がうまく運べていない。

筋肉がないなどが考えられます。

いろんな原因がかさなる事から疲れやすい身体になっているのでひとつひとつ改善することで体力もついて来ますが、疲れやすいのに無理な運動をすることは逆効果になります。

疲れた時は休む事をしましょう。

体力がないので改善するのに人より時間がかかってしまいます。

腹痛が起きやすい

食べすぎるとすぐに腹痛が起きるという人もいるのではないでしょうか。

これも虚弱体質の人によくみられる状態のひとつです。

体の中で食べた物を消化する力が弱いのですぐ腸に流れていき腹痛を起こしやすくなります。

胃が弱い場合が多いです。

胃腸が弱い人はすぐお腹を壊してしまいます。

子供ならまだしも大人になってくると時と場合によっては困る事も増えてきます。

すぐお腹を壊してしまうので食べないとなるとまた悪循環を繰り返してしまいます。

またストレスでお腹を壊しやすくなる場合があります。

お腹の痛みは自立神経とも関係が深くなっているので緊張するとお腹が痛くなる場合もこれにあたります。

また腹痛には胃腸が関係している事が多いので虚弱体質だからと決めつけると病気が隠れて居たりする場合もあります。

注意しましょう。

お腹が弱い人はお腹を温めるようにしましょう。

血流の悪さも腹痛の原因となるので身体を温める事により少し改善する場合があります。

食べすぎで腹痛がおきるのであれば量は少しでいいので回数を増やしてみましょう。

服痛が怖くて食べれないからと食が細くなるばかりでは悪循環を繰り返します。

また飲み物は夏でも暖かい飲み物を飲むようにするといいですね。

冷たいもの刺激物はなるべく避けましょう。

食べる量が少ない

お腹が痛くなるから。

胃が痛くなる事を懸念して食べる量を減らす場合もあります。

またもともと食にあまり興味もなく食べる事が苦痛な人もいます。

また偏食がある人も多いです。

肉や魚はほとんど食べない。

いつも食べる物は決まっているという場合もあります。

なので必要な栄養が偏ってしまい結果虚弱体質の症状が強くなってしまいます。

自律神経が弱っている時にも食が落ちます。

痩せたいからとダイエットのし過ぎなどが原因で結果虚弱体質になってしまう事もありますので注意しましょう。

食べる量が少ない人が急にたくさん食べるようになる事は難しいのですが偏食を改善できるようにしてみましょう。

食事はバランスが大切です。

肉や魚などのタンパク質やビタミン類は身体を円滑に動くためには必要な栄養素になります、偏りがあると身体の機能がうまく働く事ができなくなります。

回数を増やすなど工夫しましょう。

痩せている

基本的にやせている人が多くなります。

ひょろっとした印象を受ける事も多いでしょう。

食べる量もすくなく胃腸が弱いので太る事が難しい事が多くなります。

本人が太りたいと思ってもすぐお腹を壊してしまったりすることが怖くて食べれない人もいます。

過度のダイエットなど異様に痩せてしまうと体重を元にもどす方が大変な場合があります。

ダイエットのやりすぎで虚弱体質にもなりかねませんので注意しましょう。

痩せ方にも特徴があります。

全体的に色白で手足も細い印象を受けます。

胃腸が弱い

先ほどもありましたが胃腸が弱い人が多いです。

ちょっとしたことでもすぐいお腹を壊してしまうのは胃腸が原因である事が多いです。

食べすぎると胃が痛くなる症状もあるでしょう。

常に胃薬を持ち歩いている人も多いかもしれません。

胃腸はストレスや環境の変化、加齢からも症状が出る事があります。

しかし虚弱体質の人はもともとの胃腸の機能が弱い人もいるので無理に食べようとすると胃腸の症状が悪化してしまいます。

胃の粘膜が弱い事も原因として考えられます。

また食べる量が少ないので胃が小さくなっている事も予測できます。

油ものなどの刺激物は控えめにすることは必要ですが偏食から胃腸が荒れている事が予測される場合はファーストフードなどは控えましょう。

胃腸が弱い場合はなるべく消化のいい物を食べるように心がけましょう。

パンや麺類は消化に時間がかかります。

お米を食べる方が消化がよくなります。

冷たいのみ物や食べ物、また刺激物は胃腸の弱い人にはあまり好ましくありません。

夏でも暖かい物を食べるようにこころがけるといいかもいれませんね。

顔色が悪い

いつも顔色が悪く色が白い、青白い特徴があります。

体力がないので外での長時間の活動自体が得意とはいえない人が多いです。

貧血ある場合が多いので色白とは言えない顔色の悪さが特徴です。

女性ならお化粧などは明るめのファンデーションを付けるなどしてみましょう。

血液の流れが悪いことで前進に酸素を運ぶ量が足りない事も原因になります。

鉄分の不足などが考えられます。

鉄分を含む食材を進んでとるように心がけた方がいいですね。

体力がない

すぐ疲れてしまう原因のひとつです。

体力がありません。

なのですぐ休憩をとらないと動けなくなってしまう人が多いかもいれません。

運動などして体力を付けようと思うかもしれませんがまずはしっかり身体を作ってから運動をしないと体調をくずしてしまいますので注意が必要です。

食事面での栄養も考えつつ自分のペースで少しずつ運動をして体力をつけていきましょう。

ウオーキングなどがお勧めです。

また水泳も水中をゆっくり歩くなどするだけでも体力作りに役立ちます。

激しい運動ばかりをイメージしてしまいがちですが自分のペースを守り無理はしない事が必要です。

むしろ継続できる事を考えてみるといいですね。

貧血を起こす

貧血とは血液が脳へ運ぶべき酸素量が減る事によりめまいやふらつきを起こします。

ひどい場合は意識を失って倒れてしまう事もあります。

炎天下などでは注意が必要になります.。

また人込みなど狭い場所など空気の循環がわるい所でも貧血を起こしやすくなるので注意しましょう。

鉄分を多く含むほうれん草たレバーなどすすんで食べるようにすることで多少改善することができます。

ただの貧血と思っていてもあまりにもひどい症状回数が多い場合は他の病気の可能性もあります。

その場合は病院で受診を受けた方がいいかもしれません。

過呼吸を起こす

深い呼吸が速度も早くおこる呼吸の事です。

二酸化炭素だけが出ていってしまい血管の中に酸素が充満する事で起こります。

しびれ感やけいれん。

ひどい場合には意識をなくす事があります。

ストレスが溜まっていたり過度の緊張状態でもおこしやすくなります。

自律神経のみだれなどでも見られる症状です。

普段より何倍もの速さで呼吸をしてししまいます。

ストレスをなるべく溜めない。

緊張し過ぎないようにするなど気を付けてましょう。

過呼吸が起きている場合は周囲の人はゆっくり呼吸をするように声をかけてあげるといいかと思いっます。

過呼吸をおこしやすい状況にならない事が一番いいのですがもし過呼吸をおこしそうな場合は自分でもゆっくり深呼吸するように心がけてみましょう。

めまいを起こす

めまいは貧血の症状のひとつでもあります。

他にも考えられる病気もありますのでただ貧血が原因だろうと決めつけてしまうと危険な場合もありますので注意が必要です。

脳へ酸素がうまく届かない事も原因の一つです。

すぐめまいを起こすという人は転倒いて怪我をする可能性もあるので少しでもめまいを感じた時には座るなどの対応をとった方がいいかもしれませんね。

また耳の病気の可能性もあります。

あまりひどいようでしたら病院を受診しましょう。

動機がある

動機がの症状も貧血が原因でも起こります。

もちろん他の病気であっても動機がすることがあるので注意しましょう。

貧血からの動機はやはり血流がうまくいかない事が原因と考えられます。

水分を進んでとるなども対策の一つです。

血液の流れをよくする為には適度に身体を動かす事でも効果があります。

無理な運動は症状が悪化してしまうので軽い運動からはじめて継続していく事ができる方が大切ですね。

身体を動かす事で血液の流れもよくなりますよ。

下痢をしやすい

胃腸が弱い人の症状です。

冷たい物を少しでも食べるとすぐ下痢をしてしまうなどの特徴があります。

室内の温度が低すぎたり食事では脂っこい物を食べすぎても下痢になる事があります。

下痢になりやすいという人は消化のいい物をなるべく食べるようにするなどに気をつけてみるといいですね。

急に下痢になる人は生活にも仕事にも支障をきたしてしまいます。

職場でもトイレ退席することがあると伝えておけると安心ですね。

長時間の会議などでは緊張などから腹痛をおこす場合もあります。

また他の原因がある場合もありますのでこれも注意した方がいいですね。

常にお腹を暖めるなどの工夫もしてみましょう。

偏食気味

虚弱体質の人は偏食の人が多いと思われます。

虚弱体質のため食べれない場合と食べないことにより虚弱体質の場合があります。

偏食というと好き嫌いが多いという事にもなりますね。

また添加物の多い食品やお菓子類、またファーストフードを好んで食べる人も虚弱体質の傾向があります。

体力をつける為には食事はバランスよくとる事も必要です。

いきなり食生活を変えるのも難しいかもしれませんが意識していくようにしてはいかがでしょう?

風邪をよくひく


身体の栄養バランスが悪いため免疫力が低下している事により風邪もひくやすくなります。

人込みなどは避けるようにした方がいいですね。

また体力を付ける事も対策の一つになります。

身体の中から温めるような食品をとるように心がけるのもいいと思います。

食生活の乱れも免疫低下につながります。

免疫力を上げる食べ物を摂取するように心がけてみましょう。

また入浴などでも体の体温を上げる事ができ免疫力を上げるのに役立ちます。

風邪をよくひくという人は免疫力を上げる方法を考えてみるといいですね。

【風邪を引く人がやるべき健康管理方法は、こちらの記事もチェック!】

体が重い

貧血もあるし体力もないとなると常に体が重い感じがしてしまう事があります。

体が常に重いのですぐに疲れてしまうのもこのせいです。

常に重いだるいという人は体の機能が十分に働いていない可能性があります。

やはり栄養バランスが取れてない。

貧血傾向により重さだるさを感じる場合があります。

また身体的な事だけではなく精神的に落ち込みがちな場合にも体が重いと感じる事があります。

他の病気の可能性もありますのであまりにも長引く場合は受診するようにしましょう。

虚弱体質な人の対処方法

先にも述べましたが虚弱体質という病名はありません。

基本的に身体の弱い人の事の呼び名として使われます。

遺伝的なものであったり生活習慣からきている場合もあります。

過度のダイエットが原因となり必要な時に必要な栄養素が足りなかったり身体を作る時期にしっかりと身体を動かす事ができなかった事なども原因として考えられます。

常に色白ですぐに疲れてしまうような印象をもたれてしまうので生活や仕事の面でも辛い事があるかもしれません。

体質改善はすぐにはできるものではありませんが少しずつ生活自体を見直す事で改善できる事もあります。

自分は虚弱体質だからと諦めてしまわずに対処方法を試してみてはいかがでしょうか。

この先この体質では心配になる事も多くなります。

まが別の病気の症状である場合もあるので一概に虚弱体質だからと決めつけてしまう事は危険です。

あまりにひどい症状がある場合は病院を受診することをお勧めします。

栄養をしっかりとる

まずは食事面から見直しますしょう。

嫌いな物が多くないですか?

肉や魚などのタンパク質ご飯やパンなどの穀物の炭水化物、野菜や果物のビタミンや鉄分などバランスよく摂取することが必要になります。

味の濃いものを好む傾向にないですか?

身体の中の栄養不足により味覚障害が出ている可能性があります。

味覚障害になると味の濃いものをおいしく感じるようになってしまいます。

嫌いであっても調理の方法を工夫するなどしていろんな食材を少しずつからでいいので食べるようにしていきましょう。

いきなり食生活を改善することは難しいですしもしかして長年食べていなかった物を摂取することで身体が拒絶反応を起こすこともあります。

また胃腸が弱い場合もあるので量を取ろうとせずに少しずつ食べてみるようにしてみましょう。

体力作りをする

すぐ疲れるからとの理由でいつも寝ているのではいつになっても体力はつきません。

少しずつ体を動かす事を意識していきましょう。

ウオーキングなど軽い運動がお勧めです。

長い距離を歩こうとすると疲れてしまうので一日一回は外へでて身体を動かす。

太陽の光を浴びるなどから始めてみてはいかかでしょうか。

太陽の光を浴びる事で骨が丈夫になります。

室内で過ごす時間が長いなどあまり外へ出ない人は心がけてみましょう。

骨がもろくなると少しぶつけただけ、転んだだけで骨折してしまうような事もおきます。

また将来歳をとるにつれ骨粗しょう症などになりやすく転倒することで骨折するリスクも大変高くなります。

長時間外ですごさなければいけないわけではありません。

短時間から始めて徐々に時間を延長していくなど工夫をしてみてもいいかと思います。

いきなり激しい運動はNG

体力を付けるためにといきなり激しい運動をすることは避けましょう。

かえって体調を崩してしまう事にもなりかねません。

体調を崩してしまうとまた安静にしておく時間が増えてしまいかえって体力を奪う事になってしまいます。

また自信をなくしてしまう事もよくないですね。

先にも述べましたが少しずつ体力をつけていく事を考えていきましょう。

軽い運動から少しずつ始める

軽い運動から少しずつ始めてみるようにしましょう。

虚弱体質の人は数メートル歩くだけでも息切れしていまう場合ありませんか。

そんな状態を改善する為にも軽い運動から始める事をお勧めします。

継続できる事が何より大切です。

高い目標を耐えすぎてすぐにギブアップしてしまいよりは軽い運動でも続けていける事に重点をおきましょう。

ゆっくりでも歩く事はいい運動になるかもしれませんよ。

疲れたら休むようにしましょう。

もっともっとと追い込んでしまう事は気持ちもふさぎやすくなってしまうかもしれません。

軽い運動とは歩く事やラジオ体操などでも十分な運動になります。

不安がある人は椅子に座ったままの姿勢体操を行う事から始めてもいいかと思います。

もう少し動けるのであれば水中でのウオーキングなどもお勧めです。

睡眠をしっかりとる

睡眠は取れていますか?すぐに疲れてしまうのに睡眠不足も関係していないでしょうか。

睡眠にも体力を使います。

寝ている間も食べ物の消化を行うのですが偏食から消化もうまく行かずにあまり身体を使っていないとなると体のいい疲労感も得られず眠りにくくなっていませんか?

少しでも太陽の光を浴びる事。

歩いて体力作りをすることでいい疲労感を感じるようなればいい睡眠が取れるようになるかもしれませんね。

疲れるからと昼間でも横になると寝てしまうようでは睡眠をとることが難しくなります。

午睡する場合でも30分~1時間半を目安にしましょう。

また携帯やパソコンのし過ぎは睡眠の妨げになります。

貯時間見続けたりしないようい心がけてみましょう。

寝る前にはリラックスできるように早めに布団に入る。

照明を暗くしてみるなどの工夫をしてみるのもいいですね。

なかなか熟睡ができないという場合は日中の活動量を見直してみましょう。

冷え性改善

貧血の原因として血液の流れが悪いことと説明しました。

そのため冷え性になっている人が多いのではないかと思います。

身体の中も冷えているので体温が低い場合があります。

軽くても運動をすることで血液の流れもよくなり酸素を体全体にいきわたらせる事ができるようになると冷え症も少しずつ改善してきます。

夏でも冷え性だという人も多いのではないでしょうか。

内蔵自体も冷えて冷えているので胃腸の調子も悪くなりがちです。

夏でもお腹は冷やさないように心がけましょう。

いくらたくさん服を着こんでもいっこうに冷え性が治らないという人も多いかもしれませんね。

食事の改善を行う事で冷え性を少し軽減することも出来ます。

身体を温めてくれる食品を好んでとるようにしてみましょう。

胃腸の調子を整える事でも冷え性を改善する事も出来ます。

繊維質の多い物をとるようにしてみましょう。

ここでも偏食が原因の事も考えられます。

体質改善することで冷え性も少しは軽減するのでまずは偏食があるのならそこから考え直してみましょう。

【冷え性改善には体を温めよう!こちらの記事もチェック!】

虚弱体質ってどんなもの?

そもそも虚弱体質とはどんな事をいうのでしょうか。

一般的に「身体が弱く疲れやすい、身体が弱くて病弱」というようなイメージでしょうか。

色が白くて青白い、常に疲れている印象がある。

貧血を起こす。

胃腸が弱い、すぐに風邪を引く、すぐお腹を壊すなどの特徴があります。

子供の頃は虚弱体質だったという人も大人になるにつれて体力がついて来る人もいれば大人になっても虚弱体質の人もいます。

虚弱体質とは

体が弱い状態のことを指す

一般的に体が弱い事をしましています。

体力がないのですぐに疲れてしまいます。

また免疫力が低いので風邪などもひきやすく風邪をひいてもすぐに治らず長引いてしまいます。

インフルエンザが流行りだす頃には一番にかかってしまうことがあるかもしれません。

虚弱体質の人は抵抗力がない事が多いのです。

子どもなどによく使われる

子どの身体が弱い事を表現する言葉として虚弱体質と表現されます子どもの頃すぐにお腹がいたくなる、お腹を壊す事が多い。

すぐに熱をだす。

学校も休みがちになるなど、痩せていて色白の子が多いです。

このような症状をもつ子供を虚弱体質と表現します。

子供の場合産まれつき身体が弱い場合もあります。

偏食で体力がない場合もあります。

周囲がうまく偏食を直していけるように子供の頃から気を付けてあげる事も必要かもしれません。

体が弱いからとあまりかばってばかりいると大人になっても改善出来ず辛い思いをする事にもなりかねません。

少しずつ体力を付ける事ができるようにサポートしてあげるといいですね。

また子供の頃に無理なダイエットをしてしまうと成長期に必要であるはずの栄養素が足りなくなり虚弱体質になってしまう場合があります。

体が弱い大人もいる

虚弱体質は子どもの表現だけに使うものではありません。

大人にも使われる表現です。

子どものころから虚弱体質だった場合もあればそのまま大人になっても体質は変わらなかっつたという人もいます。

遺伝でもともと体が弱い人と大人になってから虚弱体質になった人もいます。

過度なダイエットや精神的ストレスなども原因のひとつと考えられます。

子供の頃ならあまり周囲を気にする事もなかった場合でも大人になると周囲の理解が得られず辛い重いをすることもあるでしょう。

虚弱体質は大人になっても改善できない人もいる事を理解いてしあげましょう。

虚弱体質には周りの理解が必要

虚弱体質でありながら周囲に理解してもらえず辛い体験をしている人もいるのではないでしょうか。

体質的なものもあり決して怠けているわけではありません。

虚弱体質を改善したいと思ってる人も多いと思うのですが体質を改善する為には時間も必要になります。

精神的なストレスも原因になる事もあるのであまり追い込むような状況になると余計に悪化してしまう事にもなりかねません。

周囲のサポートも受け本人の体調と合わせながら改善してく事が必要になります。

虚弱体質を詳しく知ってサポートしてあげよう

虚弱体質の人は病気ではないが身体が弱いという事になります。

本人の弱い部分を本人も周囲の人も理解しサポート体制をしてあげる事で本人の自信や安心につながります。

なるべく緊張する環境をつくならない。

仕事ならデスクワークが向いています。

気分がすぐれない日は仕事や学校を休みがちになる事もあると思いますがそこは責めるのではなく来れる時には安心して来れるように少し気使いをしてあげると気持ちが楽になると思います。

一番辛いのは本人なので周囲の人は暖かく見守ってあげる環境であることが必要になってきます。

改善していくにも長い期間と本人の意思も必要になってきます。

少しずつでも改善していけるようにうまくサポートしてあげるといいかと思います。

虚弱体質の改善には体力と免疫力がカギ

虚弱体質を改善するためには体力を付け事が必要です。

また体力がつくことで免疫力もあがってきます。

どうせ自分は虚弱体質だからと諦めてしまわずに少しずつでも改善していけるようにしてみましょう。

どうしていいのかわからない場合は食事面の見直しからしてみましょう。

偏食をなくすには時間が必要です。

サポートしてもらえる環境であるならば助けを借りましょう。

また調理方法や栄養指導などは病院などでも受ける事ができます。

体力を付けるためには気分のいい時にはウオーキングなどの軽い運動から始めてみましょう。

これも一人で継続するには忍耐力が必要です。

一緒に歩いてくれる人がいるのであればお願いしてみましょう。

気持ちの持ち方も大事になります。

ストレスを一人で抱え込まないようにしましょう。

気持ちが明るくなると免疫力も上がってきます。

楽しいと思える時間を増やすようにしてみましょう。

また体の体温を上げることでも免疫力がを上げる事ができます。

貧血の人が多いので冷え性の場合もあると思います。

お風呂をゆっくりつかるなどしてみましょう。

しかしあまり長風呂をしてしまうと気分が悪くなる事もありますので自分の体調をみながらにしましょう。

免疫力が低下すると風邪などの感染症にもかかりやすくなります。

何事も一人でやろうとは思わずに周囲に手助けをお願いする事も考えてみてくださいね。

短期間での改善は難しくても継続していくことで少しずつでも体質は変えていける事ができます。

子供の頃から虚弱体質だったという人は辛い事も多かったかもしれませんね。

なかなか周囲に理解してもらえない辛さもあるかもしれませんが諦めず出来る事をやっていてはいかがでしょうか?