私たちが住んでいる日本という国は様々な都道府県から成り立っています。

47という数から都道府県は存在しており、詳しくご紹介すると、1都1道2府43県となっており、それらが集まって私たちが住んでいる日本という国で表現されているのです。

そんな様々な都道府県に関してはそれぞれの都道府県ごとによって何らかの特徴などが存在するようになっています。

例えば、どのような特徴があるのかと考えてみると、例えば極端な話をするのであれば日本の一番南に位置している沖縄県と一番北に位置している北海道を比べてみれば、全く気温などは違いますよね。

また、それぞれの都道府県によって食べ物や料理といった伝統などは異なっていますので、それぞれの土地ならではのおいしいものや名物料理などは異なっています。

例えば大阪はたこ焼きやお好み焼きといった粉ものや串カツなどが有名であり、宮崎県はチキン南蛮や地鶏、そして日本酒といった料理や特産品が有名だと言われています。

なので、同じ日本という国であっても都道府県毎によって全く特徴が異なると考えることができます。

だからこそたくさんの方がそれぞれの都道府県に足を運んで旅行を楽しんでいたり、それぞれの特産品をお土産として親しい人に対して渡したりすることで楽しんだり喜んでもらえたりするわけなのです。

そして考えてみるとどの都道府県に関してもひとつくらいは他の都道府県に無いような魅力を持っている可能性がとても高いのですが、今回は比較的あまり人気がない都道府県として知られている茨城県をテーマにして、茨城県の魅力、そして茨城県ならではのスポットやグルメを言った特徴をご紹介していきたいと思います。

️北関東に位置する茨城県

そもそも茨城県がどのような場所に位置しているのかということ事態把握していますか?
人によっては常識と考えている方がいるかもしれませんが、意外と茨城県ってどこにあるんだろうと考える時に、想像することができない人がいたり、自分の予想とははるかに違った場所に位置していたりということがよくあります。

茨城県に関しては日本の中でも関東地方に位置している県であり、関東地方の北関東に位置している場所に存在しています。

茨城県県庁所在地が水戸市に存在しており、意外と知られていませんが都道府県の人口に関しては全国的に考えてみると11位とかなり数字的には大きな希望で存在していると考えることができます。

こうして考えてみると、たくさんの方が住んでいる場所であり、ある程度認知度が高いように思うかもしれませんが、意外と人口が多い割にはあまり知られていないような県なのです。

️なにかと馬鹿にされやすい茨城県


全ての方がそうであるとは限りませんが、自分の出身地が茨城県と相手に伝えたり、相手が自分の出身地が茨城県だと打ち明けた時に人によっては茨城県という存在を少しバカにしてきたりするような人がいたりするのも事実です。

なぜ茨城県がここまで馬鹿にされやすいのかと考えてみると、なんとなく田舎っぽいというイメージが先行してしまっており、茨城県出身というだけで少し田舎者扱いをされたりするというのは残念ながら現実として存在しています。

実際に茨城県に何か先進的なものがあるのかと考えてみると、なかなか想像つかなかったりするのが現実ですので、やはり茨城の魅力を知っていない人間からしてみれば田舎っぽい都道府県というような印象しか残っていないのです。

また、それ以外にも茨城県が馬鹿にされてしまう理由などはいくつか存在していますので、茨城県の魅力をご紹介する前になぜ茨城県学校までたくさんの方から馬鹿にされてしまうのかということについて簡単にご紹介していきたいと思います。

魅力度ランキング最下位の茨城県

まず茨城県が馬鹿にされてしまう理由を紹介する前に、どれぐらい茨城県がたくさんの人間から馬鹿にされているのかということを想像していただくために、情報として理解していただきたいのが、茨城県に関しては全国の都道府県の中でも魅力度ランキングが最下位になっている都道府県として知られており、これが圧倒的に人気がないということを物語っています。

たまたま魅力度ランキングが最下位になってしまったというだけならばそこまで問題はないかもしれませんが、茨城県に関しては残念なことに5年連続最下位というような位置づけになっており、これが人気の無さに拍車をかけていると言っても過言ではありません。

ではなぜここまでたくさんの方が茨城県に魅力を感じないのかと考えてみると、納得できる理由が存在しているのも事実ですので、まずはネガティブな意見からご紹介します。

田舎っぽいイメージが強い

茨城県が魅力度ランキング最下位になってしまっている最大の理由としてはやはり茨城県が田舎っぽいイメージが先行しすぎてしまっているということだと思います。

実際に茨城県に関しては田舎の地域であり、具体的に理由を述べるならば茨城県に関しては新幹線が止まったりすることはありません。

ある程度賑わっている地域に関しては新幹線が止まったりするのは当たり前なのですが、そもそも新幹線が止まらないということはそれに比例して人気がない場所であると考えることができるため、結果的に茨城県が人気がないということと、田舎っぽいということが感じられる人の要因になると考えることができます。

また、茨城県に関しては車がなければ住むことができない場所とも言われており、実際に車がなければ不便な生活を強いられてしまうので、田舎の地域全般に言えることなのかもしれませんが、茨城県というイメージがさらに合わさり、住みにくさを冗長してしまっいる結果になり、魅力度ランキングを下げてしまう理由になると考えることができます。

これらの複数の理由などが合わさり、結果的に茨城県があまり魅力的ではない地域であるとたくさんの方から判断されてしまっているのです。

️茨城県の魅力を語る!


茨城県がなぜたくさんの方からあまり魅力的に思われていないのかという理由をいくつかご紹介していきましたが、ここからは逆にたくさんの方が知らない茨城県の魅力についてご紹介していきたいと思います。

実際に茨城県に住んだことがあるという方であったり、茨城県の特徴などを知識として身につけている方などはすでに茨城県の魅力を知っていると思いますが、残念ながらたくさんの方が茨城県の魅力をまだ知らないという方の方が多いのです。

そこで、今回ご紹介する茨城県の魅力を知っていただき、茨城県がどんなに素晴らしい場所なのかということを理解することによって、二度と茨城県を馬鹿にしたりすることはなくなると思いますので、茨城県の魅力を知識として九州していただきたいと思います。

第一印象だけで相手のことを決めつけたりせずに、相手のことを理解して相手の魅力を知るということは様々な面で活かすことができる大切な考え方にもなりますので、自分を成長させるということにも関連すると思い、茨城県の魅力を知るきっかけとして活用してみてください。

️茨城県の方言

まずはじめにご紹介する茨城県の魅力の一つとしては「茨城県の方言」が存在しています。

なぜ茨城県の方言が茨城県の魅力になるのかと考えたときに、茨城県の方言に関しては他の都道府県と比べて圧倒的に癖があり、聞いていてもとても面白かったりする場合が多いからです。

東北近辺に位置している方言に関しては比較的日本の中でも癖が強い方言であると言われており、茨城県に関してもそれなりに癖のある方言を使っている地域として知られています。

場所としては東京に近い場所に位置している茨城県なので、なんとなく人によっては標準語を使っているようなイメージを持っている方がいるかもしれませんが、実際はかなり強い方言を使っています。

茨城弁

茨城県の方言に関しては茨城弁が主流になっており、どのような茨城弁があるのかと考えてみると、例えば「その服いがっぺよ」といった言葉であったり、「ねえんだから、しゃあんめぇ」というような方言などが使われています。

どのような意味なのかと考えてみると、「その服いがっぺよ」→「その服いいねぇ」というような意味であったり、「ねえんだから、しゃあんめぇ」→「ないんだから仕方ないじゃん」というような意味になるのです。

文字にしてみたりするとある程度想像つかせることができるかもしれませんが、実際に相手の口から言葉を聞いたりすることを踏まえて考えてみれば、なかなか相手の言っている意味が最初は聞き取れなかったり、予想することができなかったりして会話をすることが難しかったりする場合もあります。

茨城県出身の方からしてみれば、田舎くさくてあまり表に出したくないような方言だと思っている方がいるかもしれませんが、逆にこのような癖の強い方言を使っている方がひとつの魅力や個性として考えることもできますので、積極的に使っていただくと茨城の魅力などが相手に伝わるようになると思いますよ。

ちなみに今回ご紹介している方言意外にも様々なたくさんの方言が存在しており、一般的には茨城弁は語尾に~っぺとつけたりすることが多かったりしますし、か行がた行が濁音してしまうような特徴などもあったりしますので、それらを特徴として考えてみると、茨城の方言を聞いたりするのが面白くなり、理解しやすくなると思いますよ。

️茨城県民の性格

次にご紹介する茨城県の魅力の一つとしては「茨城県民の性格」が存在しています。

なぜ茨城県民の性格が茨城県の魅力になるのかと考えたときに、茨城県という土地柄の人間性に触れて行くことによって、茨城県という土地ならではの魅力に間接的に触れていくことができると考えることができるからです。

茨城県に住んでいるので絶対にこれからご紹介する性格なのかと言われればそうではないと思いますが、一般的に考えてこれからご紹介する特徴を持っている人間性を持った方が多いということになりますので、自分の身近の茨城県民の方を比べてみたりすると、面白い一面を発見できたりすると思いますので、知識として知っておいてください。

怒りっぽい

まずはじめにご紹介する茨城県民の性格の特徴としては「怒りっぽい」ということが挙げられます。

なぜ茨城県民は怒りっぽいのかと考えたときに、これに関しては方言が関連していると考えることができます。

先ほどご紹介した方言などがどちらかといえば優しい方言よりかはきつい方言になりますので、言葉を聞いているかわからしてみれば少しきつい言い方をされているような印象を持ったりしますので、怒りっぽいよな印象に繋がってしまうと考えることができます。

また、実際に女性に関してはどちらかといえば男祭り引きが強いような女性が多かったりし、元気もよいので強い印象を与えがちなのも左右している原因になりえると思います。

なので、どちらかといえば怒りっぽいというよりかは、男勝りで自己主張が強いような人間性と考えていただくとわかりやすいかもしれませんね。

忘れっぽい

次にご紹介する茨城県民の性格の特徴としては「忘れっぽい」ということが挙げられます。

これに関しても全ての方が該当するとは言えませんが、相手に対して何かを頼んだりして、相手からはわかったと言われたとしても、かなり高い確率で後回しにされていたり、気づいたらそれを忘れられていたというようなことがかなり多かったりしますので、その点に関してはある程度理解をしておかないと人によってはイライラしてしまうことがあるかもしれませんので注意してください。

飽きっぽい

次にご紹介する茨城県民の性格の特徴としては「飽きっぽい」ということが挙げられます。

あまり何かに対して長い期間のめり込んだり、それに対して集中したりするということ自体があまり得意ではないと感じている方が多かったりすることでも知られており、次々に別の何かに目を奪われたりするような場合などが多いので、人によっては辛抱がないと感じるかもしれませんが、元々短気で気が短い性格の方も多いので、細かい作業を長時間行ったりするのが苦手に感じたりする人もいるというのが直接的な現認になるのかもしれませんね。

️茨城県のグルメ

次にご紹介する茨城県の魅力の一つとしては「茨城県のグルメ」が存在しています。

なぜ茨城県のグルメが茨城県の魅力になるのかと考えたときに、茨城に関しては様々な特産品や、茨城ならではのとてつもなく美味しいグルメが存在しているからだと考えることができます。

茨城県に存在しているたくさんの美味しいグルメを知ることによって、結果的に茨城県の魅力に繋がるようになると思いますので、茨城県の特産品にはどのようなものがあるのかということを簡単にご紹介していきます。