贈り物に手作りのプレゼントはいかがですか?

幼い頃は親や友達、好きな人へ手作りのプレゼントを渡したことがあるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、大人になるにつれ、プレゼントは相手の好きなブランドのアイテムを購入して渡す、新作の品を購入して渡す、などと言ったことの方が増えてきている事でしょう。

しかし、手作りプレゼントは意外と相手に喜ばれる贈り物となるのですよ!

あなたの思いがギュッと詰まった素敵なプレゼントになりますよ。

しかし、手作りプレゼントに何を作ればよいかわからない・・・。

どんなものが作れるの?本当に手作りプレゼントで喜んでくれるの?などという様々な疑問がありますよね。

そこで、おすすめの手作りプレゼントや作り方、手作りプレゼントを贈る際の注意点などをご紹介します。

️贈り物に手作りプレゼントのススメ

ではまず、贈り物に手作りプレゼントのススメです。

️手作りプレゼントのおすすめアイテム18選

では手作りプレゼントのおすすめアイテムをご紹介していきます。

どんな手作りプレゼントが相手に喜んでもらえるおすすめのアイテムなのでしょうか・・・。

メッセージカード


まずはメッセージカードです。

メッセージカードだけでも思いが詰まった良い手作りプレゼントになりますが、プレゼントとして買った何かにメッセージカードを添えるのも良いですね。

メッセージカードなのですが、雑貨屋さんや文房具屋さんで台紙も売っているのですが。

台紙は画用紙があれば簡単に作れますし、デコレーションも手作りしてもかなり可愛くなるので、是非手作りしてみてください。

基本のメッセージカードとしては、画用紙を長方形にカットし、半分に折ったら出来上がりです。

白の画用紙で作り、デコレーションを多めにしても良いですし、プレゼントする相手が好きなカラーの画用紙で台紙を作っても良いですね。

続いて飛び出すポップアップ式のメッセージカードにしたい時は、先ほどの基本のメッセージカードの台紙を2枚作ります。

白と他の色などにしても可愛いですよ。

ポップアップにするのは1枚なので、もう一枚は表紙という事でとっておきます。

ポップアップにする為に、切り込みを真ん中に横に2本入れます。

切り込みを入れた部分だけを山折りにして、先ほど残した置いた表紙となる画用紙に張り付ければ完成です。

張り付ける時は山折りにした部分にはノリを付けないように気を付けてくださいね。

横に2本の線ではなく、縦に入れたり三角に入れたりしても可愛いポップアップメッセージカードになりますね。

デコレーションの大定番となるアイテムはマスキングテープです。

これさえあれば、大体可愛いメッセージカードになると言っても過言ではありません。

マスキングテープを様々な使い方をしてデコレーションしていきます。

ではいくつかマスキングテープを使ったデコレーションアイディアをご紹介します。

マスキングテープでケーキ

誕生日などにメッセージカードを作るときにおすすめです。

複数のカラー、柄のマスキングテープを用意し、ケーキに見えるように張っていきます。

下段は長く、上段に連れて短く張っていきます。

最後にキャンドルの部分をマスキングテープを半分に切り張り、火の部分を書き足します。

最後にケーキ台も書き足すか、マスキングテープでケーキ台の形に見えるように張っていけば完成です。

ポイントとしては、ケーキを張る際、柄のあるマスキングテープ、無地のマスキングテープ、柄のマスキングテープと交互に張っていくとまとまりが出てより綺麗でかわいらしくなりますよ。

ローソク

誕生日のメッセージカードでも、クリスマスのメッセージカードにも良く似合うロウソクです。

マスキングテープを適当な長さにカットし、貼り付けたら、日の部分を書き足します。

何本か作り張るだけでもかなり可愛くなりますよ。

フラッグ

マスキングテープでミニフラッグを作って、張るのもおすすめです。

誕生日やお祝いごとのメッセージカードに良いですね。

用意するのは好きな柄のマスキングテープいくつかとたこ紐です。

マスキングテープをカットし、中心で二つ折りにたこ紐を挟むように張り、形を三角に整えたらミニフラッグの完成です。

メッセージカードの上部に張り付けるとメッセージカードが華やかになりますね。

マスキングテープは100円ショップなどでもかなり多くの柄のものがされていますし、テープ幅も豊富なので活用すると良いですよ。

安価たくさんの種類を購入したとしても高額にはなりません。

続いてデコレーションに鉛筆の裏についている消しゴムが役立ちます。

スタンプの朱肉を鉛筆の裏の消しゴムに付け、メッセージカードにポンポンとランダムに何色か押していくだけで、ポップで可愛いデコレーションとなります。

クラフトパンチも使えます。

メッセージカードの角をクラフトパンチでくりぬくだけで、おしゃれなメッセージカードに大変身です。

お菓子

お菓子の手づくりプレゼントも良いですね。

お菓子作りは苦手だし・・・と思う方でも簡単に作れるお菓子がたくさんあります。

「作りたいお菓子 簡単 レシピ」などと検索すればたくさんの簡単レシピを知ることが出来ます。

比較的クッキー系は簡単に作れます。

また、ゼリーなども混ぜて冷やすだけなどというレシピのものもあるのでおすすめですね。

手作りお菓子をプレゼントするときの注意点ですが、当たり前ですが手は清潔にしてから調理を始めましょう。

また、髪の毛などが入っていたら最悪ですよね。

髪もしっかりと結び、お菓子に触れたり混入してしまわないように注意してくださいね。

また、お菓子類は気を付けずにラッピングしてしまうと、油分でベタベタになって汚く見えたり、食べられない状態になってしまう事もあります。

ラッピングにも気を使いましょう。

ワックスペーパーを活用したり乾燥剤を一緒にいれたり、クリスタルパックの活用もおすすめです。

渡す状況にもよりますが、生菓子よりも常温で保存でき腐りにくい焼き菓子のほうが良いですね。

ジャム


手作りプレゼントにジャムも良いですね。

良くパンを食べているという方や、果物が好きという方に喜ばれる品となるでしょう。

多く手に入った果物をジャムにすると、フレッシュな美味しいジャムが出来ます。

しかし、ジャムとなるとしっかりと保存できるようにいくつかのポイントに気を付けて詰めなければいけません。

気を付けないとジャムを使っているうちにカビが生えてしまい食べられなくなってしまいます。

まずはジャムをプレゼントする際の瓶選びですが、ジャムの瓶は必ず密封できるタイプのものを選んでください。

ジャム用・密封可能、などと書かれている瓶を買えば確実ですね。

100円ショップでも耐熱密封ビンが販売されているのでおすすめです。

ちなみに、100円ショップの中でも、ジャム用の瓶でありながらゴムのパッキンがついていないことがあります。

すると完全密封ではなくなってしまうので、パッキンがついている物を選びましょう。

瓶が準備出来たら煮沸消毒です。

これをしないとカビが生えたりジャムが腐りやすくなってしまうので、必ず行いましょう。

煮沸消毒はまず瓶を中性洗剤で良く洗ったら、大きめの鍋に瓶がすっぽり隠れるくらいの水を張り、瓶を入れて火にかけます。

水の状態の内に瓶を入れておくという事もポイントす。

沸騰してから瓶を入れてしまうと、瓶が割れてしまう可能性が高いので注意しましょう。

沸騰したらそこから更に5分ほど加熱し、最後に鍋から菜箸かトングで瓶を取り出し布の上に置き、自然乾燥させます。

布巾などで拭くのは逆に雑菌が入ってしまうのでやめましょう。

また、この瓶が50度以上あるときにジャムを入れることがポイントです。

冷め切ってしまってからだと煮沸消毒した意味が無くなってしまうので、ジャムがもう瓶に分けられる!という状態になってから煮沸消毒すると良いですね。

キャップの煮沸も忘れずに行いましょう。

キャップは、鍋に80℃くらいのお湯を沸かし、鍋のお湯にキャップを5秒ほどくぐらせ、乾いた布に置いて自然乾燥させれば完成です。

瓶と一緒に加熱せず、キャップは短時間で良いので、別々に行いましょう。

ジャムを瓶に詰める時はジャムの温度は90℃、瓶の温度は50度以上の時に行います。

ジャムを瓶の9割ほどのところまで入れたら、蓋を閉めます。

ジ蓋を閉めたら1分待ち、一瞬蓋を少し緩めます。

すると「シュッ!」と音がするので、すぐにキャップを閉め直します。

保存期間としてはジャムのサトウが50パーセント以上だと常温で半年くらい保存可能ですが、なるべく早く召し上がってもらうように伝えて渡すと良いですね。

瓶にシールやラベルを張って渡すのも、可愛くクォリティ高くみえるのでおすすめですよ。

アルバム

アルバムも手作りプレゼントとしてとても良いですね。

まずは写真を集めます。

イベントなど撮った写真なども良いですが、日常の何気ない写真も入れると良いですよ。

台紙は手作り感を出すために、シンプルなものを選ぶと良いですね。

マスキングテープでデコレーションしたり、折り紙や和柄の折り紙、シールやスタンプ、などを張って写真の周りを華やかにしてあげると良いですね。

また最後に余白にコメントを入れるのがおすすめです。

表紙はフェルトを使ってデコレーションしたり、はぎれなどを使ってデコレーションするのも可愛いですね。

セーター

セーターの手作りプレゼントも良いですね。

しかし、付き合っていない異性へにプレゼントするのは引かれてしまう場合もあるので、渡す相手が喜んでくれるどうか見極めましょう。

また、あまりにも派手なものは普段使い出来ず、あまり着る機会が無くなってしまうので、シンプルに仕上げたほうが良いですね。

バッグ

手作りバックのプレゼントもよいですね。

普段使うバックではなく、プレゼントを入れるギフトバックです。

まずはフェルトで作るギフトバックです。

フェルトをカットし折り曲げて、サイドを縫い、手提げ紐をつけるだけで可愛いギフトバックになります。

100円ショップなどで販売されている紙袋を可愛くデコレーションするのも良いです。

リボンやボタン、クラフトペーパーなどを張って可愛くデコレーションしましょう。

スタンプを押したり、クラフト用のジュェリーを張ってもおしゃれですね。

マフラー

マフラーの手作りプレゼントも愛情がこもっていて良いですね。

しかし、セーターと同じようにシンプルなデザインのもののほうがおすすめです。

また、渡す相手との関係性も少々気を付けたほうが良いですね。

ニット帽

ニット帽もおすすめです。

こちらもシンプルに仕上げたほうが使い勝手が良く喜んでもらえるでしょう。

素材もプレゼントなので洗濯してもヨレないようなしっかりとしたものを選ぶと良いですね。

コースター

コースタ―も良いです。

麻紐を使って意外と簡単にコースターを作ることが出来ます。

麻紐とかぎ針を用意すれば作れます。

「コースタ 編図」で検索すると編み方がわかります。

1つではなく何枚か作り、お客様が来た時などに使えるようにプレゼントしてあげるのもよいですね。

フェルトで作るのも良いですよ。

ペットボトルのふたでコースタ―を作ることもできます。

1つのコースターに9個使います。

グルーガンを使って縦3つ横3つで張り付けていきます。

グルーガンで十分くっつくのですが接着剤やボンドでくっつけても良いですね。

くっつけたら、ブラックスプレーで一気にペイントしたらおしゃれなコースタ―の出来上がりです。

マスキングテープをキャップの周りに張ってもおしゃれになります。

デニムやレザーをキャップ型に切り張るのもおすすめです。

キラキラとた可愛いものが好きな方へプレゼントするときは、デコ用のラインストーンを張っても可愛いコースターになります。

ミサンガ

ミサンガのプレゼントもおすすめです。

意外と簡単に売っているようなミサンガが作れます。

ミサンガを作るときは刺繍糸で作ります。

指で編めるので編む道具は要りません。

刺繍糸を編む時に、編み始めのところを固定しておくと楽なので、セロハンテープは合ったほうが良いですね。

ミサンガの編み方は何パターンかがあります。

3本バージョン
3本バージョンの場合は、三つ編みをしていけばできます。

細い刺繍糸だと細くボリュームが無いので、太めの糸で作ると良いです。

4本バージョン
4本で編むと四角型の太めのミサンガになります。

画像付きで説明されているので「ミサンガ 4本」で検索してみてください。

ユーチュブで動画でわかりやすく説明されているものもあります。

上級編
上級編のミサンガは左結び編というミサンガです。

これは販売されているミサンガにかなり近いですね。

ユーチュブで「ミサンガ 左結び編み」で検索すると分りやすい動画があるので参考にしてみてください。

刺繍糸のカラーの組み合わせ次第で様々な雰囲気のミサンガとなります。

手首用と足首用をセットでプレゼントするのも良いですね。

小さくて付けられないということがないように、自分の手首を基準として相手の大きさに合わせて編みましょう。

男性に渡すという場合は、少々大きめに作っておいた方が良いですね。

ポーチ

ポーチの手作りプレゼントも良いですね。

簡単に作れるポーチがたくさんあります。

ポーチ自体を布やビニール生地などを使い、縫い、チャックを付けたりして作るのも良いのですが、それは難しいという場合は、シンプルなポーチを購入し、アレンジしてプレゼントにするのも良いですよ。

そして可愛いおしゃれなお菓子ポーチというものもプレゼントにおすすめです。

針も糸も使いません。

用意するものは・・・
・お菓子袋(アメ類がおすすめ)
・チャック
・両面テープ又はグルーガン、接着剤でも可
・ハサミ
お菓子のパッケージそのものにファスナーを付けるお菓子ポーチです。

お菓子の袋の片方の口を挟みでまっすぐ切り落とします。

切り落としたらお菓子の袋の口のところに両面テープを(グルーガン・接着剤)を張り、底にチャックを張り付ければ完成です。

10分ほどで完成するので、いくつかの種類のお菓子をお菓子ポーチに下状態でプレゼントしたらとても可愛い手作りプレゼントになりますね。

シンプルなポーチを購入してきて、そこに布用のペンで絵をかいたり、絵が苦手という場合は転写シールを張ってもおしゃれにアレンジできます。

またチャックの部分にタッセルを付けてあげるだけでも雰囲気が変わります。

フリルを付けるのも良いですね。

縫い付けても良いですし、布用接着材でくっつけただけでもおしゃれなポーチに変わります。

お酒

お酒の手作りプレゼントもありますよ。

果実酒は簡単に作ることが出来ます。

相手の好きな果物を瓶に入れます。

異種類だけではなく何種類かを組み合わせても良いです。

底にブランデーを注ぎ、完成です。

しばらく前から作って置いたものをプレゼントするのも良いですし、作ったばかりで自分の好きな期間おいて飲んだり、味が変わっていくのを楽しんでもらうと良いですね。

手作り果実酒に入っている果物もおいしく食べられるのでよいですね。

イチゴ&ブルーベリーやキンカン、ゆずやリンゴ、柿、キウイ、他にもさまざまなもので美味しい果実種が出来ますよ。

アクセサリー

アクセサリーの手作りプレゼントも喜ばれるでしょう。

ピアスやブレスレッド、ネックレスなど様々なアクセサリーが作れます。

手作りしたことが無いという場合は、初めは手作りアクセサリーキッドを購入して作ってみると、次は相手の好むようなアイテムでオリジナルのアクセサリーを作ることが出来ます。

無限大のバリエーションになるので、プレゼントを渡す相手の雰囲気に良く似合うアクセサリーを作ってプレゼントできますね。

お茶碗や湯呑み

お茶碗や湯呑みをプレゼントするのも良いですね。

しかし、ロクロなどを準備するとなると大変なので、手作りプレゼント陶芸体験プランなどに参加して作ることをおすすめします。

クッションカバー

クッションカバーは手芸の中でも比較的簡単に手作りできるので、相手の好きな柄の布や部屋に合いそうな柄の布を用意し、ミシンで6面縫えば出来上がります。

クッションカバーを手作りするときにおすすめの素材は、コットンやコットンリネンがさわり心地が良くおすすめです。

アクセントとなる飾りを縫い付けたりしても可愛くなります。

ストラップ

ストラップの手作りも良いでしょう。

ストラップを作るための金具類は100円ショップで集めることが出来ます。

アクセサリーに使用するリボンなどで作るのも良いですし、プラバンで絵をかきストラップにするのも良いです。

ビーズとテグスで飾りを作り、ストラップにするのも良いですね。

ブリザードフラワー

ブリザードフラワーも手作りしてプレゼントすることができます。

水やりの必要もなく、枯れないので、インテリアとして飾っておくことが出来ます。

では簡単にブリザードフラワーを作る方法です。

用意するものは・・・
・脱水・脱色液(A液)
・着色液(B液)
・容器(透明で蓋が出来る容器)
・ハサミ
・ピンセット
・ゴム製の手袋
・アルミホイル
・生花
・キッチンペーパー
・ビニールシート

生花を選ぶ時は新鮮なもので花弁が肉厚でハリがあるものを選びましょう。

葉っぱにハリがあり、しおれていない花が新鮮な花です。

①新鮮な花の茎を2~3センチほど残りハサミで切ります。

②花が全体的に浸かるほど、容器にA液を入れます。

③そこに花を入れて軽くゆすり花弁の間に入っている空気を抜きます。

④蓋をして、脱水脱色が終わるまで放置します。

⑤脱水脱色が終わったら、花を取り出し、すぐにB液を入れたら軽く揺らして空気を抜いて蓋します。

⑥着色が終わったら花を取り出して、自然乾燥、又はドライヤーで乾かして完成です。

ラッピングをして渡せば、素敵なプレゼントとなりますね。

️手作りプレゼントを選ぶときの注意点

続いて手作りプレゼントを選ぶ時の注意点をいくつかご紹介します。

相手の好みを考える

まずは相手の好みを考えましょう。

相手はどんな柄、どんな色、どんな印象を受けるものが好みであるかを考えましょう。

日頃から、プレゼントをあげる予定である相手が、何が好きなのか、どんなものに興味があるのかという事をよく見ておくと良いですね。

また、良く分らないというときは、直接さりげなく聞いてみるのも一つの手ですね。

もらって困るものを避ける

貰って困るものをプレゼントするのは避けましょう。

プレゼントを渡すに当たり、一番重要な事でもあります。

プレゼントをもらっても何でもうれしいというわけではありません。

自分もそうですよね。

喜んでいるフリはされますが、本当に喜んでいるかどうかは・・・。

これはきっと使わないだろうなと思うものをプレゼントするのは避けましょう。

処理に困るものを避ける

処理に困るものも避けたほうが良いです。

例えば大きな箱からどんどん開けていくと最後には小さい箱があって、その中にプレゼントが入っているなどというサプライズ。

開けているときはワクワクして嬉しいかもしれませんが、開けおえた後は、この箱の処理に困るなとうれしい気持ちは半減ですね。

他にも処理に困るようなプレゼントは、相手に迷惑となってしまうだけなので、プレゼントするのはやめましょう。

相手が気に入って使っているものとかぶせない

相手が気に入って使っているものと被せるのもやめましょう。

例えば、いつもお気に入りで使っているポーチがあるのにも関わらず、あなたがポーチを渡してしまうと相手は困ってしまうでしょう。

貰った物を使いたいけど、お気に入りのものがある・・・。

使わないわけにもいかないし、と悩むでしょう。

相手がお気に入りで持っているものに被るプレゼントはNGですね。

️手作りプレゼントのメリット

購入したものをプレゼントするのではなく、手作りプレゼントを渡すメリットとは何なのでしょうか・・・。

愛情や気持ちが伝わりやすい

手作りプレゼントは愛情や気持ちが伝わりやすいですね。

一生懸命作ってくれたんだ。

時間をかけて手間をかけて作ってくれたんだと思うと、購入したものよりもうれしく感じますよね。

子供にとってお母さんの手作り料理や手作りの服や学校で使うものなどがうれしかったように、大人になっても誰かに手作りしたものをプレゼントされるという事はとてもうれしいことですよね。

デザインを自分で考えられる

手作りだと、デザインを自分で考えることが出来ますね。

その人の雰囲気に合ったもの、この人にはこれが絶対に似合うというものを自分のイメージ通りに作ってプレゼントすることができます。

相手のことを読み間違えてしまっていると、受け取った側は微妙な気持ちになってしまうかもしれませんが、相手のことをしっかりと観察し、相手の好みに合う手作りのものをプレゼントしてあげられると良いですね。

特別感がある

手作りのプレゼントを誰にでもあげている人って少ないですよね。

受け取った側としては自分のために、特別に作ってくれたのだ、この人にとって特別な存在であるという感じがするので嬉しさがこみあげてきますね。

また、同じような品は販売されていたとしても、手作りとなると、とても特別で大切にしたいなと思ってもらえます。

相手の心にも強く残るプレゼントとなるでしょう。

お金には変えられない価値がありますね。

世界に一つしかない

手作りのプレゼントは、もちろんですが世界に一つしかありませんね。

また、同じものを作ってと頼んだとしても、全く同じものは作れないほどレアです。

人間は人と同じものではなく、人よりも長けているもの、特別なもの、自分しか持っていないものに惹かれやすい傾向があります。

そのため、他の人は持っていない世界に一つだけのレアな品をプレゼントすることが出来ますね。

そんな素敵な世界に一つだけの物を、自分にプレゼントしてくれたとなると、かなりうれしい気持ちになるでしょう。

コストがかからない

シビアな問題になってしまいますが、意外とプレゼントを購入するとなると、平均的な値段も高くなってしまいます。

しかし、安物だと気づかれるようなものはプレゼントしたくないですし、無理して高い物を購入すると苦しくなってしまうという大きな問題がありますよね。

しかし手作りなら自宅にある物を活用したり、もともとできているものよりも一から手作りしたほうが材料費が安かったりと、手作りにすることでコストを抑えることが出来ます。

手作りであるということがうれしいので、材料が少々安価なものであっても、これいくらくらい掛けて作ったのかな・・・なんて考える人は少ないので、相手に安物だと思われる心配もありません。

作っている間楽しい

手作りプレゼントを作っている間、渡す側のあなたも楽しい気持ちになれますよ。

ただただお店に訪れて購入する時間よりも、相手のことを思い浮かべたり、相手がもらったときに喜んでくれることを想像しながら作っているととても楽しい気分になれます。

また、あなたが相手のことを思いながら作ることで、より相手のことが好きになったり、会いたくなったり話したくなり、会ったときのことを考えるのも楽しい時間となりますね、

特技を活かせる

手作りプレゼントの場合、あなたの特技を生かせる場面にもなります。

あなたのギャップを相手に感じさせることにも繋がります。

例えばいつも裁縫のことなんて話したこともなければ、裁縫出来なそうに見えているあなたも、手作りプレゼントで裁縫で作った物をプレゼントすれば、特技を生かして素敵なものが作れますし、相手もギャップに驚いたり、あなたの、魅力に気づくでしょう。

他にも細かい作業が必要とされるアクセサリ―作りやカラーコーディネートを活かしてメッセージカードをデコレーションしたり、料理という特技でジャムやお菓子などをプレゼントしたり、自分の特技をフル活用しましょう。

️手作りプレゼントで温かみある贈り物を!

人へのプレゼントとなると、大人になるにつれ、購入したものを渡す機会が多くなってきます。

しかし、人からの手作りのものをもらったときのうれしさは、大人になってからも感じることが出来ます。

大切な人へだからこそ、購入したものではなく、あなたの愛情を存分に詰め込んだ温かみのある手作りプレゼントをしてみてください。

プレゼントを多くもらっているような人でも、意外と手作りはもらったことが無く、嬉しいというケースもあります。

相手のことを思って手作りプレゼント、おすすめですよ♪