最近では、ビジネスにおいてそれまでに聞いたことのなかったような言葉を聞く機会が増えましたね。

それは、カタカナ言葉とも呼ばれ、日本人からしてみればパッとその意味が浮かぶのは難しいです。

それは外来語なので、英語がカタカナ語になり浸透しているのですから、英語が苦手な人だったり、英語を桑いく学ばなかった人にとっては「それ、なんぞや?」状態になっちゃいますよね。

そのような外来語であるカタカナ言葉の中には、「エビデンス」という言葉があり、多くの人々を悩ませているようです。

あなたは、「エビデンス」という言葉を聞いて、その意味を的確にスグに答えることが出来るでしょうか?もしかしたら、すぐに答えることの出来るツワモノもいるでしょう。

しかし、あなたが認知している「エビデンス」の意味は、他の場所で使ってみたらもしかしたら意味が変わってしまうかもしれません。

この「エビデンス」という言葉の厄介なところは、使用する業界や状況によって意味や捉え方が少しずつ変化してしまうということなんです。

ですから、あなたが自信を持って「エビデンス」の意味を知っていたとしても、別の業界の人とお話をする際にその言葉を使ったならば、恥ずかしい思いをする可能性だってあるのです。

 そのよな恥ずかしい思いをしないためにも、この記事では、いわゆる大人な世界であるビジネス社会で使われている「エビデンス」の業界によって異なる意味、使い方をご紹介します!しかし、使い方を知っただけでは少し心細いこともあると思うので、少しだけ使い方の例えもお伝えします。

正しい意味と使い方を知って、ビジネスシーンで大いに役立ててくださいね。

横文字が大流行?

 冒頭にも記載しましたが、日本では横文字が流行しています。

今回の記事のテーマである「エビデンス」だけでなく、「アジェンダ」「イノベーション」「ビジョン」や「カンファレンス」という言葉を耳にしたり、目にした事のある方は多いはずです。

特に社会人でビジネスを行なっている方は、このような言葉に触れる機会が多いはずですよね。

本来なら、「ビジョン」なら「今後の展望」と言えばいいですし、「カンファレンス」ならわざわざ英語にせずに「会議」と言えばいいのですが、カタカナ語にするとなんだか、その意味が強まるような印象を受けませんか。

また、最近の日本はグローバル化(これも横文字ですね)しており、日本だけにとどまらず海外に事業を拡大している企業が多く存在します。

そのため、海外との連携をはかりやすいという点でも、少しずつ英語を日本語化するというカタカナ語が浸透してきたのではないでしょうか。

さきほど、筆者がグローバル化と使ったように、ビジネスに関係していない人でもいつも読んでいる雑誌や新聞、書籍などの影響でカタカナ横文字を使う方も多いでしょう。

そのように、それらのカタカナ語について詳しく知らないのにその言葉を使ってしまうというのが一番危険ですよね。

相手には、あなたの伝えたい意図とは別のことが伝わってしまっているかもしれません。

そんなことにならないように、外来語であるカタカナ語の意味や使い方はキチンと知っておいてほしいのです。

ビジネスシーンで使われるのが多い


 横文字が流行っている日本で、「エビデンス」という言葉が主に使われているのは、日常生活ではありません。

日常生活で「エビデンス」という言葉を聞いたり、使った方がある方はとても勉強熱心な方なのでしょう。

普通であれば、ビジネスシーンで使われることが多いため、一般の方では、この言葉を知っている方の方が少ないかもしれません。

ビジネスでは、色々なカタカナ語が使われていますね。

先ほど例に挙げた「カンファレンス「ビジョン」などもその一つです。

ビジネスに関する書籍やWEBページを閲覧すると、そのような横文字に出会うことも多いはずです。

ですから、ビジネスを行なっている人であれば、当然それらの横文字の意味は知っているはずですよね。

しかし、言葉によってはきちんと理解できずに”やんわりとした”印象でその言葉を使っていらっしゃる方もいるでしょう。

そのような場合、一般的な家族や友人との会話においては、そのような間違いがあっても笑って済ませることが出来ますが、ビジネスにおいてそのような間違いをしてしまったのなら、取り返しが付かないことになりかねないのです。

横文字が使えたらかっこいい

 でもどうして、ビジネス上では横文字が多く使われることが多いのでしょうか?先ほどもお伝えしましたが、横文字になるとその本来の意味をより強く伝えられるからなのではないでしょうか。

また、カタカナ語である横文字を使うことでいかにも英語を話せる、英語について精通しているといったイメージを与えることも出来ますし、多くの人が知らない”堅い”言葉を使うことで、その言葉を使う人はかっこよくみえるものです。

ビジネスをしていない人が、ビジネスの言葉を使っていて、しかもその言葉を”自分の言葉”として操っているような人を見れば、少なからずでも「カッコイイな」「すごいな」と思うことでしょう。

あなたは、身近に英会話が達者な方がいるでしょうか?あなたが英会話をできない場合は、その人のことをカッコイイと思うはずです。

もしも、あなたが英会話が達者であるならば、あなたのやってみたいことを思い浮かべてみてください。

もしかしたら、それは「起業」かもしれませんね。

その場合、起業している人や起業を成し遂げた人をみて「スゴイ」「カッコイイナ」なんて思うのではないでしょうか。

そのように、今の自分にない物を使いこなせたり、得ている人をみてカッコイイと思う心理と似ている部分があるのだと思います。

知識豊富な人って思われたい!


 横文字を使っていると、なんだか英語がデキる、仕事がデキる人だと思われるような気がしませんか?他の人が知らない言葉を使えば、その人は「物知り」であることになりますね。

要するに知識が豊富な人として思われるということなのです。

誰かよりもワンランク上の人として見られたいという気持ちから、横文字を意図的に使っている方もいるのです。

そりゃあ、誰かに「そんなことまで知ってるの?すごい!」なんて言われたら、鼻が高くなってしまいますよね♪しかも、その言葉に薄っぺらさがなく、ずっしりとした重さがあるものであれば、更にその人の株は上がることでしょう。

どんな人であっても、向上心のない人よりは向上心のある人に好感を持てるはずですからね。

「エビデンス」ってどういう意味?

 流行している横文字の中には「エビデンス」という言葉もあります。

ずばり、この記事のテーマにしているものですね!あなたは、ビジネスシーンだけでなく医療の現場などでも使われている、この「エビデンス」という言葉を聞いたことがありますか?もしも聞いたことがある場合は、その言葉の意味をはっきりと説明することができるでしょうか?多くの方が、その言葉を”なんとなく”理解していて、説明しろといわれたら難しく感じる方が多いかともいます。

そうではなくて、意味をしっかりと理解しているから、誰かに伝えることも出来るという方おられるでしょうね。

意味を知っているあなたは、本当にその意味で正しいのかを確認し、全く意味を知らない方はその意味を知りましょう。

語源

 エビデンスの語源をご存知でしょうか?今更何を言っているんだと思われますよね。

エビデンスとは、カタカナ語であり、要するに外来語です。

それは誰もが承知のことでしょう。

「エビデンス」は、英語が語源なのです。

もともと日本にあった言葉ではありません。

エビデンスとは、英語では「evidence」と書きます。

この英単語の意味は、「証拠・根拠」、「証言」、「形跡」です。

日本語でいえば、「証拠」だとか「証言」というのを、わざわざカタカタ語で横文字で「エビデンス」と使っているのです。

エビデンスの意味

 このように「エビデンス」の語源は、英単語の意味だけでも理解することは可能です。

しかし、この横文字の「エビデンス」というのは、ビジネスだけでなく、医療、IT業界、銀行やその他の場面でも使われることがあり、それぞれの使い場面によって、少しずつ意味が異なってきます。

ですから、IT業界における「エビデンス」という言葉の意味を理解していたとしても、その意味は銀行などの金融業界では通用しないかもしれないのです。

それぞれ意味が少し異なるとしても、大元である「evidence」の大きなレベルでの意味は同じなのでニュアンスは似ているのでとてもややこしいのですよね…。

簡単に言うと?

 「evidence(エビデンス)」は、『医療業界』においては「ある病気や怪我などに対して、ある治療法が役に立つ、効果がある」ということを示し、『IT業界」においては、「作成したプログラムなどが想定どおりに作動することが検証されている証拠を示す」ことです。

また、『金融業界』においては「融資の際などに必要な身分証明書」をさしています。

どの業界に関しても、ある結果を証明するものだったり、その人自身の存在を証明するものをさしていることが分かると思います。

そうなんです。

「エビデンス」を簡単に言うと、「何かを証明するためのもの」ということのなります。

より詳しく「エビデンス」をしりたい!

 「エビデンス」は、全ての業界で「何かを証明するためのもの」として使われています。

しかし、医療業界では「治療法の効果」、IT業界においては「作成されたプログラム」、金融業界では、「その金融を利用する人の身分証明」をすることで使われています。

大きな意味は同じですが、それぞれの業界でその使い方が少しずつ変わっていることをご理解いただけたでしょうか。

より詳しい、それぞれの業界における「エビデンス」の使い方は、後にご紹介します!その前に、まずは「エビデンス」という言葉の語源だけでも知っておきましょう。

「エビデンス」の類義語

 この「エビデンス」という言葉の意味を知ることができましたね。

実は、「エビデンス」という言葉には類義語があるのです。

「証拠」「証言」の類義語なんて興味が沸かないかもしれませんが、一つ知識が増えることとしてぜひ知っておいて頂きたいです!

Evidence Based Medicine

「エビデンス」の類義語は、「Evidence Based Medicine」(エビデンス ベイスド メディスン)といい、頭文字だけをとり、「EBM」として医療業界では使用されています。

メディスンという言葉があるので、医療系だということを想定することが出来ますよね。

では、この「EBM」はいったいどのような意味を持っているのでしょうか?

意味

 この言葉の意味は、「エビデンスに基づく医療」や「根拠に基づく医療」とされています。

ここでいう”根拠”とはいったいどのようなものなのでしょうか。

病気や怪我で通院したことがある方は、すぐにご理解いただけるかと思います。

もしもあなたがある病気にかかったとしますね。

その時に、現在の日本では「インフォームド・コンセント」といって、数ある治療法の中から治療法を選ぶことが出来ます。

その治療法を選ぶ際に重視したいのは、やはり「その治療法に効果があるのか」ということのはずです。

全く効果のみられない治療法を行なうなんて、誰もがやりたくないはずです。

多くの治療法から選ぶ際には、このEBMに基づいて選ぶことが出来るのです。

 EBMは、「良心的に、明確に、分別を持って、最新最良の医学知見を用いる」としています。

治療法は、日々進化し続けているので今日行なった手術方法・治療方法が明日には古くなっていることがあります。

ですから、医師たちは学術論文や学術雑誌などで効果のあると証明された治療法を学び続けています。

その効果があると証明された治療法というのは、これまでの臨床結果と新たな臨床結果だけでなく、統計学で比較等がされた精密な検証結果です。

そのような「過去に治療することの出来たという結果」含め、統計学でも他の治療法よりも効果があると示されているのです。

これこそが、その病気・怪我を治すことの出来る”根拠”にあたるわけです。

その根拠に基づいて治療法を医師と患者さんが決めていくというスタイルが、EBMなのです。

使用するときの注意点

 EBMという言葉をお医者さんが発せられた時にその意味を理解せずに、その治療法しかないのだと判断してしまうことがあります。

お医者さんが紹介してくれた治療法というのは、多くの治療法の中の一部であり、そのほかにも多くの治療法があるのです。

その中でも、治る確率が”高い”とされているものであります。

ですから、人として嫌なことを受け入れなくてはならないかもしれませ。

し(生きるために声帯を取り除く、など)ですから、もしもお医者様がEBMを提示してきたときには、それだけを受け入れるのではなく、人として倫理的に大丈夫なものかどうかをご自分で判断することも大切になってきます。

現代では、インフォームドコンセントが適用されているのでしっかりとお医者さんと相談して決めましょう。

 また、EBMは医療の現場で使用される言葉です。

それを他の業界において、その事業のスパイスになるという意味で使用しないように気をつけましょう。

「エビデンス」の使い方は業界によって異なる

 記事の初めから、色々な業界において「エビデンス」という言葉の意味は異なることをお伝えしましたね。

あなたが属している業界の意味ならばっちり知っているかもしれません。

しかし、他の業界における「エビデンス」の使い方を知らない方が多いのでは?毎日、仕事や勉強でいっぱいいっぱいになっていると自分の専門分野でない分野を勉強するなど、とうていできないものです。

しかし、自分は「エビデンス」という言葉の意味を知っているからと、他の業界のニュースを読み解くのは少し危険なところがあります。

それぞれの業界における「エビデンス」の意味をしっかり知っておけば、それらの業界と携わる機会ができたときにスグに会話に納得がいくことができるでしょう。

IT業界での使われ方

 IT業界では、多く「エビデンス」という言葉が使われています。

決まった時に使用されるのではなく、日常的に「エビデンス」が使われているのです。

オフィスでは、1時間に数回は誰かによって発せられることもあるでしょう。

「エビデンスちょうだい」「エビデンスないの!?」なんて、IT業界の方にとっては、耳にたこが出来るくらいに聞いているかもしれませんね。

では、そんなにたくさん使われているIT業界における「エビデンス」という言葉はどういうものでしょうか?

メールや発注書などで

 まず、メールや発注書で「エビデンス」が多く使われています。

どういったことが目的で使われているのでしょう?ここで例をあげますね。

あなたが、とある友人に「明日の夜は旅行に行くのだからパスポートは忘れないように」とメールするとします。

そして翌日の夜になりました。