そろそろ髪型を変えたいな・・・。

なんとなく今の髪型が似合っていないような気がするな・・・。

など、自分に似合う満足のいく髪型を見つけることが出来ていない方に朗報です!

なんと自分に似合う髪型というものがあり、似合う髪型を見つける方法があるのです。

今の髪型が似合っていないな、髪型を変えたいなと思っている方は、是非参考すると素敵なあなたに大変身することが出来ますよ♪

️自分に似合う髪型をチェックしよう

自分に似合う髪型をチェックすることはとても大切です。

あの人が似合っている髪型を真似しよう!と思っても、それがあなたに似合うとは限りません。

あなたにはあなただけに似合う髪型があるのですよ。

髪型だけで雰囲気は全然変わる


髪型だけで人の雰囲気は全然変わります。

ロングヘアだった人がショートにしたり、短かった髪を伸ばすと印象が一気に変わりますよね。

芸能人の方なども、髪型を変えただけでかなり印象が変わっていますよね。

役作りのために髪型を変えるということも多いですね。

そのくらい大きく印象を変えるのが髪型なのです。

似合う髪型であなたの魅力を引き出そう

人の印象を大きく変える髪型なので、似合わない髪型をしてしまうと、一気に可愛くなくなったり、魅力が激減してしまいます。

逆に似合う髪型にしただけで、あなたの魅力はより引き出されます。

髪型を変えて素敵な自分になりましょう。

️自分に似合う髪型の3個の選び方と注意点

自分に似合う髪型を知るためには、3個の選び方があります。

またそれぞれの注意点もありますので、是非知って、似合う髪型を見つけましょう。

️顔の形で決める


1個目の選び方としては、顔の形で髪型を選ぶという方法です。

それぞれの顔の形に似合う髪型というものがあるのです。

丸顔

まずは顔の形が丸い丸顔さんです。

日本の女性の7割から8割は丸みのある顔をしています。

可愛らしい雰囲気や幼い雰囲気に見える傾向があります。

【丸顔に似合う髪型はこちらの記事もチェック!】

丸顔さんの注意点

丸顔の方は、美容室などで注文するときや、自分で髪型を選ぶ時、「顔が大きく見えるから隠せる髪型にしてほしい」と頼むことが多いでしょう。

また、顔が丸ではなくほっそりと見える髪型にしてほしい、したいと思いますよね。

そこで丸顔の方は以下のポイントに注意して自分に似合う髪型を選びましょう。

・トップよりもサイドにボリュームのある髪型をしない。

・厚めの前髪やぱっつん前髪はしない。

・顔のサイドの髪が短い髪型はしない。

この注意点に気を付け、トップにボリュームをもたせ、再度の髪の厚さと長さに気を付け、前髪を長めか分けることで、丸顔に似合う髪型にすることが出来ますよ。

面長

面長の人の特徴としては、顔がやや長く、顎がシャープです。

また、目と目の間が狭く、スリムに見られ、大人っぽく見られがちです。

面長さんの注意点

面長さんが髪型を選ぶ時の注意点としては、顔が縦長に見えるので、サイドにボリュームが無いとより縦長に見えてしまいます。

サイドにボリュームを持たせる髪型にしましょう。

髪自体にボリュームが無くサイドにボリュームをもたせられないという場合は、パーマなどでボリュームを出すのもおすすめです。

そして、逆にトップのボリュームは抑えるように注意してください。

トップをふんわりさせてしまうと、より縦長に見えてしまいます。

トップはペタンコな髪型で良いですよ。

また、前髪にも注意が必要です。

前髪を作らずに長めにしたり、シースルーや前髪を分けておでこを見せてしまうと、面長が強調されてしまいます。

前髪は厚めに作ることをおすすめします。

ベース型

ベース型の方の特徴としては、縦の幅よりも横の幅が広く、更にエラが気になるという方が多い傾向があります。

ベース型さんの注意点

ベース型さんが髪型を選ぶ時の注意点としては・・・
・横幅のある前髪はNG!
・センターで前髪を分けるのはNG!
・肩くらいの長さでワンレンなどは似合わない!
前髪やサイドを直線状でカットしてしまうような髪型は避けたほうが良いですよ。

逆にベース型さんに似合う髪型としては、トップに高さをだしましょう。

またエラよりも上にウェイトを置くと良く似合います。

更にエラを丸く包みカバーできる髪型を選ぶと良いですね。

前髪は瞳くらいまでの横幅に抑え、幅広の前髪を作らないようにしてください。

斜め前髪なども良く似合いますよ。

ちなみに、普段耳にサイドの髪をかけてしまうと、エラがより強調されてしまうので、耳にかけるのはおすすめしません。

顔をふんわりと丸く包みこむような髪型が似合うのですね。

四角型

四角型の型の特徴としては、顔が縦に対して横幅の方が長く、エラが張っています。

更に顎が直線的なので、四角型に見えます。

どちらかと言えば男性に多くみられる顔の形だと言えます。

四角型さんの注意点

四角型さんが髪型を選ぶ時の注意点としては、短めのフルバングはやめましょう。

また、極端なベリーショートも似合いません。

更にAラインの髪型(下が重く見える髪型)はより四角型の顔を強調してしまうので避けると良いです。

四角型さんは前髪を作るときはフルバングは避けて、横に流すかエラ部分を隠すことが出来る長さにすると良いです。

また、全体的な髪型の形としては、Aラインの髪型は避け、トップに高さが出るような髪型を選びましょう。

更に髪を短くしたいと思っていても、エラよりも短くするのは避けてください。

逆三角形型

逆三角形型の方の特徴としては、きつく見られる傾向がありクールに見られがちです。

顔の上半分の横幅は広いものの、顎が尖っています。

逆三角形の方は小顔の方が多いですよ。

逆三角形型さんの注意点

逆三角形型の方が髪型を選ぶ時は、顎ラインを目立つ髪型を選ばないように注意しましょう。

そのため、前髪ぱっつんは避けましょう。

また襟足やあごのライン髪が短い髪型は似合いません。

しかし、長すぎても動きがたりないため、動きの出るカットをしてもらうと良いです。

更にトップにボリュームがありすぎる髪型は似合いません。

トップにボリュームをもたせすぎると面長に見えてしまったり、顎のラインが強調されてしまいます。

️コンプレックスで決める

続いての決め方はコンプレックスで決めるという方法です。

自分がコンプレックスだと感じている部分をカバーするような髪型を選んでいくという事です。

おでこが広い

おでこが広いというコンプレックスをお持ちの方は、髪型でおでこの広さをカバーすることが出来ます。

おでこが広いか広くないかという事をチェックするためには、平均的な広さとして、女性は6.1㎝ほどです。

3本指を揃え、生え際から当て、3本指の一番下の指が眉毛に触れない場合はおでこが広めであるという事となります。

おでこが広いかたは、やはり前髪を工夫すると似合う髪型を選ぶことが出来ます。

・流し前髪・・・流し前髪は良く似合います。

前髪をサイドに流すことで、おでこがカバーされます。

流し方としては1:9くらいの割合で流すと良いですよ。

・ぱっつん前髪・・・ぱっつん前髪も似合います。

おでこが広いという事がコンプレックスである方に最適な前髪のスタイルだと言えます。

・立あげワンレン前髪・・・ワンレン前髪のままだと、おでこがカバーされにくいものの、立ち上げるアレンジをすることでおでこをカバーすることが出来ます。

また、サイドの髪型でおでこをカバーすることも可能です。

・ゆるふわボブ・・・ゆるふわボブにすることで、おでこが広い女性のクールさに可愛さをプラスしてくれます。

また、前髪はアシメにすることで、ゆるふわボブでも甘くなり過ぎず、おでこをカバーすることも出来ます。

更にヘアアレンジでおでこを隠すことも出来ますよ。

ヘアアレンジで髪型を変えるときは、幅の広めなカチューシャを使ったり、バンダナを活用することで、生え際を隠す事ができ、おでこの広さをカバーすることが出来ます。

おでこが広いことがコンプレックスであるという方は、まず前髪を変えてみると一気に雰囲気が変わり、似合う髪型になりますよ。

エラが張っている

エラが張っていることがコンプレックスであるという方は、意外と工夫するだけで、ショートからロングまで似合う髪型があります。

まずはショートヘアです。

顔を包み込むようなショートヘアにカットしてもらう事で、エラが気になりません。

エラが張っていると、平面的になりやすいので、後頭部にボリュームを付けてもらうと良いですよ。

すると立体的な仕上がりになりとても似合います。

続いて後頭部にボリュームを付けるのも良いのですが、トップにボリュームを付けても良く似合います。

エラが張っていると、横幅が広く見えてしまうので、トップにボリュームを付けることで、横幅の広さを抑えることが出来ます。

他にもショートで前髪を斜めに流したり、ナチュラルなウェーブパーマをかけることで、エラも目立たなくなりますし、小顔効果もあります。

続いてミディアムヘアです。

ミディアムヘアの場合は、顔周りにレイヤーを入れてもらう事で、顔の周りの髪に動きが付き、えらをカバーしてくれます。

ポイントとしては襟足付近のボリュームを抑え、シャープにしてもらう事で、縦長効果があり、エラが目立たず似合う髪型になります。

サイドの髪を遊ばせて顔の形をカバーすることも出来ます。

エラを包むようなカットをして、毛先はランダムに遊ばせる。

トップにボリュームをおくと、エラが目立たず縦長効果もあり、とてもおしゃれで似合います。

毛先にボリュームが出ないようにカットしたうえで、ウェーブパーマをかけても良く似合いますよ。

次にロングヘアの場合です。

エラが張っている方に似合うロングヘアの1つ目は、内巻きストレートです。

横幅が強調されず、顔の形がカバーできます。

トップにボリュームをおき、毛先だけをワンカール内巻きにするような形です。

次に、かき上げバングです。

ロングでかき上げバングにすることで、かき上げた前髪がエラをカバーしてくれます。

また、パーマをかける場合は、前髪は長くするかえらをカバーできるくらいの長さにしてセンターで分けます。

縦巻きのパーマをかけることで、縦のシルエットが強調され、顔の形がカバーされます。

色っぽさを出したいという場合は、縦巻きパーマで大きめのカールにすると良いでウS。

トップにボリュームをもたせ、毛先にはボリュームをもたせないことで、縦のラインが出来、エラが張っていることが、あまり気にならなくなります。

ヘアアレンジも印象を多く変えてくれるテクニックの1つですが、エラが張っているとえらを隠すために、髪をおろしがちになっていませんか?

しかし、ポイントに気を付けることで、エラを目立たせることなくヘアアレンジも楽しめます。

まとめ髪にする場合、えらの周りのサイドの髪は残してヘアアレンジしましょう。

そして、おろしたサイドの髪は、アイロンなどでふんわりと巻くことでエラをカバーしてくれます。

また、後れ毛をわざと少々の残すと縦のラインが出来ますし、エラもあまり目立たなくなるのでおすすめです。

下の方に結んでしまうと、エラが目立ちやすい傾向があります。

髪をまとめる位置は上の方がおすすめです。

エラよりも上に結ぶ位置を設定すると、目線がエラよりも上に行くため、あまり目立たなくなるのですね。

目が小さい

目が小さいことがコンプレックスの場合は、目が大きく見える髪型にしたいですよね。

髪型を工夫するだけで、目が普段よりも大きく見えるようになりますよ。

まず髪色なのですが、顔の色素よりも色素が濃いカラーにしましょう。

顔の色素よりも濃い色素にすることで、顔を濃い色素の髪で覆うことが出来ますよね。

すると顔が小さく見えます。

顔が小さく見えると、自ずと顔の面積に対していつもよりも目が大きく見えるようになります。

その効果が一番生かせる髪型としては、額縁のように髪をカットしましょう。

前髪は目の上ぎりぎりのぱっつん前髪、サイドの髪はボリュームを出し重めにしてフェイスラインに沿うようにカットしてもらいましょう。

そうするとより顔の面積がぎりぎりまでカバーでき、目が目立ち大きく見えるようになります。

中には両方の目が小さいのが悩みなのではなく、二重と一重のように両方の目の大きさが異なり、小さい方の目がコンプレックスだという方もいますよね。

どちらか片方の目が小さいことがコンプレックスである場合は、小さい目のほうに前髪を流す髪型が良いです。

しかし、間違えてはいけないのは、前髪を厚くしてペタッと隠すのはやめましょう。

ふんわりをボリュームをもたせた前髪で隠すことをおすすめします。

少しカールさせて目の付近に乗せると自然とカバーできますし、大きい目のほうが強調されるので、良く見えますよ。

前髪があったほうが目が大きく見える傾向がありますが、ぱっつん前髪は似合わない、したくないという方もいますよね。

ところが、実は前髪を作らなくても目を大きく見せるテクニックはあるのです。

そのテクニックとはセンター分けです。

センタ―分けにすることで、目が大きく見えるのです。

しっかりと目が見えて大きく見えないのでは?と思いますよね。

しかし、センター分けにして髪が曲線上に落ちるようにすることで、顔の面積が隠され、顔の面積が小さめに見えることで、目が大きく見えるようになるのです。

ぱっつんは子供っぽく見えるから避けたい、幼く見えるから苦手、という方は是非前髪を長いまま、センター分けにすると良いですよ。

顔色も色白に見えるようになるので、目が強調されるという点でも目が大きく見えるようになります。

丸い輪郭

丸い輪郭がコンプレックスである場合は、縦長のシルエットを作るように心がけた髪型が似合います。

顔の形が縦長に見えるようにするためには、もみあげ付近の髪の毛は残した髪型にしましょう。

また顔周りはシャープにした方が良いので、ストレート、又はストレートに近い髪型のほうが顔の丸みを抑えられます。

髪の毛で包み込むような髪型にしてしまうと、より丸く見えてしまうので注意してください。

もし髪を巻きたいという場合は、顔付近はストレートに、毛先だけを巻くようにすると丸くならずに巻くことが出来ます。

重く見えるような髪型も毛先に動きを付けるようにすれば似合います。

前髪はまっすぐにおろしてしまうのはあまり似合わず、7:3程度に少し分け、おでこを見せたほうが丸みを軽減できます。

丸顔の方は少しカットを間違えただけで、軽すぎて顔の丸みが強調されてしまったり、重すぎて暗く見えてしまいます。

バランスの取り方が非常に難しい顔の形であるため、美容師さんに丸顔であり、カバーしたいという旨をしっかり伝えておくことをおすすめします。

ヘアアレンジをするときは、緩いカールやふんわりとしていて動きのあるヘアアレンジが似合います。

しかし、顔周りまでふんわり動きをもたせてしまうと、顔の形が強調されてしまう溜め、顔周りはシャープに仕上げるように心がけましょう。

童顔

良く幼いと言われる、変わらないねと言われる、かわいらしいと言われてしまうなど、童顔であることがコンプレックスであるという方に似合う髪型も必ずあります。

童顔をカバーし大人っぽくなるいことが出来ます。

髪型は一歩間違えると、より童顔に見せてしまう要因となってしまうので気を付けましょう。

まず童顔をカバーし大人っぽく見える髪型として、前下がりボブが挙げられます。

名前の如く、前に向かって髪が長くなっていくボブです。

襟足はすっきりとします。

また、フェイスラインは長めの髪でカバーされるため、小顔効果も期待できます。

童顔に見られがちな方は顔に丸みがある、横幅のほうが広いという特徴がある方が多いので、前下がりボブで顔を縦長に見せることで大人っぽく見えるというメリットもあります。

前髪はどちらかと言えばなしのほうが大人っぽく見えます。

分けてどちらかのサイドを耳に掛けても色っぽく大人っぽい印象になりますし、トップを立ち上げても魅力的な大人な雰囲気になりますね。

もし前髪を作るという場合も目より少し長いくらいにして、横に流すことをおすすめします。

更に前下がりボブで毛先を遊ばせておしゃれに大人っぽくするのも良いです。

外ハネにしてみたり、ワンカールなどスタイリングをしても大人っぽく見えますよ。

メイクや服装に合わせてスタイリングすると色々な自分が楽しめますね。

ロングヘアの場合は、前髪を伸ばしかき上げることでかなり一気に大人っぽく見えます。

ロングヘアでも前髪が短かったりぱっつんだと、物凄く幼く見えてしまいます。

ロングヘアの場合は前髪を長くするということが重要ポイントとなりますよ。

毛先を少し緩めに巻いても大人っぽくなりますし、耳に掛けてもかなり大人っぽいですね。

ヘアカラーとしては、ロングで暗めだと重く暗いイメージになってしまいます。

また、童顔の方の場合、ヘアカラーが暗いと幼く見えてしまう傾向もあります。

童顔をカバーしたいロングヘアの方は、カラーは明るめのブラウンがおすすめですよ。

大人っぽさは欲しいけど、可愛さも残しておきたいという方は、パーマをかけて甘辛ミックスにするのも良いですね。

きつめカールではなく緩いカールにすることで、大人っぽくなりますよ。

肌の汚さ

肌の汚さがコンプレックスであるという方は、肌の汚さを隠す髪型を選ぶのではなく、肌をきれいに治しながら似合う髪型をするというように考えたほうがよいですね。

実は汚い肌を髪で隠そうとしてしまうと、髪が肌に触れる刺激で、よりニキビができやすくなってしまったり、肌荒れを起こし汚くなってしまいます。

まずは、肌を見せることが嫌かもしれませんが、肌がきれいになる髪型を選びましょう。

前髪は、おろしていると1日中おでこに前髪が触れ、刺激を受けてしまいます。

おでこは元々皮脂の分泌量が多く、毛穴が詰まりやすくニキビなどができやすい部位であるため、そこに更に髪により刺激を受ければ、肌はどんどん汚くなってしまいます。

前髪は肌に触れないようにかき上げにしたり、ぱっつんよりかは長めのほうが触れないのでおすすめです。

長めで耳に掛けたり、思い切ってピンで留めたりゴムで結べばおでこへの刺激はかなり軽減できますね。

サイドの髪はシャギーを入れてもらわないほうが良いです。

シャギーはフェイスラインに沿ってカットしてもらうため、小顔効果が期待できるのですが、毛先がフェイスラインに触れやすくなってしまうので、肌への刺激となってしまいます。

また、ヘアワックスやスタイリング剤を使用した時も、それらが肌に付いてしまうため、肌がより荒れたり、トラブルの原因となってしまいます。

シャギーは入れないことをおすすめします。

続いて実はヘアカラーを工夫するだけで、美肌効果があるのです。

肌が汚いことがコンプレックスであるという方は、ヘアカラーで肌をきれいに見せるようにしましょう。

肌がくすんでいるという方は、肌よりも1トーン、2トーンほど暗いカラーにすると良いですよ。

又は少し明るいカラーでも良いです。

肌の色とのコントラストを作ってあげることで、肌のくすみが軽減されます。

マット系のカラーがおすすめですね。

肌のハリが無くシワが目立つ、クマが気になるという方は、肌よりも少し明るめのカラーにすることで、ハリのある肌に見えたりクマが気にならなくなります。

炎症などで赤ら顔がコンプレックスであるという方は、髪色はアッシュ系やマット系を選びましょう。

アッシュ系やマット系にすることで、肌の赤みを軽減し、肌がきれいに見えます。

ヘアカラーで肌の汚さが少しカバーすることができますよ。

アゴが出ている

アゴが出ていることがコンプレックスである場合は、アゴを隠すというよりも、縦長に見えがちな顔を横とのバランスを取ることでアゴが目立たなくなる髪型を選ぶと良いです。

まずはショートヘアですが、意外とロングやセミロングだと下に重みがついてしまいがちなので、ショートヘアは横にボリュームを出しやすい髪型です。

サイドのボリュームを出してもらうことで、縦の面積が目立ちにくくなり、横に幅が出るため、アゴが目立ちにくくなります。

続いてロングヘアの場合も、横にボリュームを出すことを意識すると良いです。

普段から、あまり髪をアップにしない方がアゴをカバーすることが出来ます。

また、前髪ですが、ぱっつんは似合いません。

長いままおろすか、長めの前髪を横に流すかが似合います。

縦ラインが強調されないように、横幅を増やすことを意識すると良く似合いますよ。

横幅が広い

横幅が広く顔が大きく見えてしまいがちということがコンプレックスである場合は、小顔に見せることが出来る髪型を選ぶと良いです。

長さは意外とどんな長さでも似合うのです。

髪の量がポイントとなるのです。

毛量が多いとどうしても顔が大きく見えてしまいます。

その為、梳いて毛量を少なくすれば横幅を抑えることが出来ます。

また、前髪はぱっつんにしてしまうと横のラインが出来てしまい、余計横幅が広く見えてしまいます。

前髪は分けるか長いままおろすことをおすすめします。

️パーソナルカラーで決める

髪色はパーソナルカラーで決めると、自分に良く似合うヘアカラーになり、印象もかなり変わります。

実は人の印象は色で7割決まると言われるほど、ヘアカラーには大きな影響力があるのです。

ちなみにパーソナルカラーは4つのタイプに分かれます。

まずは自分のパーソナルカラーを診断していきます。

【1】肌色は何系ですか?
・ピンク系のですか?
・イエロー系ですか?
ピンク系の方は【3】へ・・・
イエロー系の方は【2】へ・・・

【2】瞳の明るさはどうですか?
・明るめ・・・春(spring)タイプです!
・暗め・・・秋(autumn)タイプです!

【3】あなたのイメージは?
・柔らかく優しいイメージ・・・夏(summer)タイプです♪
・クールなイメージ・・・冬(winter)タイプです♪

スプリングカラー

春(spring)タイプの方はスプリングカラーが似合います。

元気でフレッシュなイメージで、キュートで実年齢よりも若々しイメージとなります。

例えばコーラルピンクのように明るく透き通った感じのカラーが良く似合います。

またフレッシュなオレンジなどの元気な印象のカラーも似合います。

ソフトで華やかなカラーが良く似合うのですね。

一方で、逆にブルー系のカラーやピンクでも青味かかっているローズ系のカラーにしてしまうと、肌の色がくすんで見えてしまったり、不健康に見えてしまう傾向があるので、避けたほうが良いですね。

キュートなかわいらしいカラーを選ぶようにすると良いでしょう。

サマーカラー

夏(summer)タイプのあなたにはサマーカラーが良く似合います。

エレガントで上品な雰囲気となります。

青味がかった品のあるカラーが良く似合い、ローズピンクやラベンダーカラーなどがおすすめです。

一方で、暗すぎるカラーはNGです。

暗すぎるカラーを選ぶと落ち着いて見えるものの、サマーカラーが似合うあなたは、落ち着いてみえすぎてしまい、逆に老けて見られてしまいます。

暗すぎるカラーは避けましょう。

しかし、明るすぎるカラーにするのも上品な雰囲気のあるサマーカラーが似合うあなたには似合いません。

違和感が生まれてしまいます。

ブルベースの爽やかなカラーを選ぶようにしましょう。

オータムカラー

秋(autumn)タイプのあなたは大人っぽく知的な雰囲気が似合うため、オータムカラ―が良く似合いますよ。

カーキ系のカラー、マットブラウン、ナチュラルブラウン、アースカラーなどが良く似合うカラーです。

イメージとしては秋の紅葉のようなカラーが良く似合うのですね。

また、深みを感じるカッパ-系のカラーも似合うのでおすすめです。

一方で、ビビットカラー、パステルカラーは似合いません。

大人っぽい雰囲気のあなたがビビットカラーやパステルカラーにしてしまうと違和感が生まれます。

似合いません。

茶色や緑などをベースとしている深みのあるカラーにすることで、よりあなたの良さが引き出されます。

ウィンターカラー

冬(winter)タイプのあなたにはウィンターカラ―が似合います。

クールで個性的な雰囲気が良く似合うのです。

パープル系が良く似合い、ワインレッド系もおすすめです。

またモノトーンが良く似合うので、アッシュブラックなども良いですね。

一方でパステルカラーは馴染みません。

シャープな雰囲気が崩れ、あなたの良さが引き出されず、逆に消されてしまいます。

淡いカラーは避け、色が強調されている個性的なカラーにすると良いですよ。

肌の色で決める

パーソナルカラーのように、肌の色で自分に似合うヘアカラーを選ぶと、ヘアカラーも良く自分に似合いますし、顔も健康的に見えたり肌がきれいに見えるようになります。

ピンク系の肌の方はレッド系が似合いますね。

黄色系の方は赤みを抑えたイエロー系が良く似合いますので、是非参考にして選んでみてください。

髪質で決める

髪質でヘアカラーを決めるのも良いですよ。

髪質が太くて堅めであるという場合は、イエロー系のカラーが似合います。

逆に細くて柔らかい髪質の方はピンク系が良く似合います。

ヘアカラーを美容室で注文するときは、以下のポイントに気を付けて頼んでみてください。

すると理想の仕上がりに近づきます。

写真を持っていったのに想像よりも暗くなってしまった、明るくなったということが無くなりますよ。

明るさ・・・暗くするのか、明るくするのか
屋内、室内・・・屋内と室内での見え方は異なるため、どちらに合わせるか
明るさのレベル・・・髪の明るさにはレベルがあるので、レベルで伝えると良い。

色味・・・ブラウン系なのかアッシュ系なのかなど
色味の濃さ・・・濃いアッシュ、薄いアッシュなど
染方・・・グラデーションなのかナチュラルなのか

自分でしっかりとイメージを確立させ、忠実に細かく伝えてみましょう。

️髪型を決めるときは自分に合ったものを

自分の髪型を決める時、良く雑誌やテレビで見て似合う女優さんやモデルさんの真似をしてしまうという決め方をしてしまっている方も少なくありません。

しかし、その髪型が自分に似合うのかどうかはわからないのですね。

自分に似合う髪型を分析し、自分に似合う髪型を選んでみてください♪