順調に交際が済めば、ゆくゆくは結婚のことも視野に入ってきます。

恋愛中は特に気にしなくても良くても、結婚後に絶対に気にしなくていけないこと、それはお金のことです。

結婚前は好きだという気持ちだけで一緒に入れましたが、結婚する事は生活を共にする事ですので、この生活に切っても切り金せないお金の事は非常に顕著になってきます。

では、結婚に必要な年収とはどれぐらいなのでしょうか?
20代で社会人生活を始めて間がない人が結婚するとなると、どれぐらいの年収が必要なのでしょうか?

また、一口に20代といっても職種によって年収は様々です。

では20代に多い年収がどれぐらいなのかということや、年収の理想、結婚に関するお金にまつわる事について色々と見ていきましょう。

20代に多い年収


では、この20代の年収の平均は一体どれくらいなのでしょうか?

大体20代の男性の平均は 20代前半で大体330万円程度、20代後半で碧南市は393万円程度になります。

ここから、税金や公的資金等が2割程度引かれますので、ここから手取りがもっと少なくなってきます。

ちなみにですが、20代女性の平均月収は310万円程度となっています。

ですが、一般的に女性の年収が低い傾向にあります。

ですので、20代の時はどちらかというと共稼ぎでお互いの収入を家計に入れながら助け合っていくことになります。

これらの事は基本的に平均値ですので、20代となるともっと年収が低いと言う事はあり得るのです。

そんな時、例え男性の年収が200万円、女性の年収が200万円という2人であっても、合算すると400万円になります。

確かに、2人で生活するのが一杯いっぱいの年収なのかもしれませんが、企業によってはこれからどんどんと昇格していくところもありますので、20代ですので低い年収でもそこまで落ち込む事はありません。

理想はいくら

では、20代の方の結婚するのに月収どれくらいが理想的なのでしょうか?
もちろん、年収は高ければ高いほどに生活が楽になります。

ですが、そのような年収の高いところはハードワークであることから、共稼ぎをしたいという事であれば少々難しいところがあるかもしれません。

ですのでここでは、最低限どれぐらいの年収が必要なのかを考えてみましょう。

調べている資料によると、大体マイホームを持つのが一般家庭で2000万円から3000万円、幼稚園から大学まで、公立の場合であれば3100万円、私立の場合は4450万円だと言われています。

この教育費だけやマイホームだけのことを考えていくと、必要な最低年収としては150万から250万円でも事足ります。

ですが、このほかにも人間が生きていく上で、衣食住の事や塾代等も必要になってきます。

ですのでそのようなことを加味すると、最低最低年収としては300万円から370万円が適切だと言われています。

そこから、さらに貯蓄などいろいろなことが重なってきますので、共稼ぎでやっていけば充分にそれは可能です。

職種にもよる


また、一口に20代の方の年収といっても職種によって違いはあります。

一般的に20代でも年収が高いのはIT関係の方や、介護系の方が多いようです。

IT関係の方が年収が高いのはよく知られていますが、最近収入が低いと話題である介護系も年収が高い方が多いと言うのは驚きでしたね。

ただ、こちらは20代という枠に入っているからこその高めの年収なのかもしれません。

さらに、他の業者に目を向けると、ファッション系の仕事をしている方でも、若くして店長クラスになる人もいます。

そのような店長クラスの方は都内だと月収20前位にはなっているようです。

いろいろな業種に別で見てみると、1番年収が多いのは建築業です。

その次に製造業と情報通信業と続きます。

20代というとまだ駆け出しですので、そこまで年収は多くない状態ですが徐々に年収が上がっていく傾向にあります。

実際の平均は

20代の時の年収を見ると、一生このままだったら生活できないのではないかと不安になってしまうかもしれません。

ですが、もちろん勤めているところにもよりますが、たいていは年齢が上がって勤続年数が長くなることに給与は上がってくる傾向にあります。

ですので、今の年収を見て結婚ができないのではないかと落ち込むのは早計です。

もし、結婚相手の方がまだ20代であれば、そこにお勤めの方がどれくらいもらえるのかというのは調べられるのであれば調べてみると良いです。

40代ぐらいになると、もしかしたら600万円や700万円位まで年収が上がることも可能性もあります。

もし、残念ながらあまり昇格しない企業であれば、基本的に共稼ぎでずっとやっていくっていうことが条件になってきます。

30代までにはこのくらい

30代となると20代の時より少々責任の重い仕事に就くことがあります。

それにしたがって、年収もだんだんと増えてくる傾向にあります。

ここで、男性と女性では30代では年収の差が広がり始めます。

30代の男性の平均は550万円、35歳以上40歳未満であれば、男性の平均年収は587万円です。

さらに、女性の場合だと30代前半で 439万円、35歳から39歳以下の女性で平均が436万円となっています。

ただこちらはあくまで平均で、女性の場合は子供産んで育休を取ったり時短を使うこともありますし、正社員として勤めることが難しければパートなどに仕事をシフトチェンジすることがあります。

もしかしたら、どうしても家事、育児と仕事のバランスが取れず退職をし専業主婦になることも考えられます。

ですので、結婚して子供産むのであれば、そのような事態も想像しておくことが大切です。

心配なこと

年収の事は結婚において切っても切り離せないものですが、その年収の事を超えるさらに心配なことがあります。

それは、たとえ収入が高くても、その分使ってしまうタイプの人だとお金が貯まらず、教育費や老後の資金など重要なところに資金が回らないことがあります。

では、結婚生活において年収より心配なこととは一体何でしょうか?
いろいろな事態を見据えて、その年収のことより心配なことというのは以前に知っておきましょう。

心がけ次第では貯金を増やすことができたり、経済的に安定させることもできます。

収入よりも浪費癖

結婚生活において、心配な事は年収だけではありません。

むしろ、収入より支出のことを心配しなくてはなりません。

お相手の方に浪費癖があれば、どんなに年収が高くてもどんどんと消費されていて貯金ができない事態も出てきます。

確かに貯めるばかりで楽しみが全くないっていうのも考えものなのかもしれません。

ですがお金がないと、いざと言う時の対応ができないことがあります。

さらには、子供の教育費に関してはお金がないばかりに選択肢を狭めないといけない可能性も出てくるのです。

また、マイホームを購入する時も、予算の関係から希望の条件満たす家が買えないこともあります。

「愛があればお金なんて」とよく言われますが、お金がないことには選択肢が少なくなってしまうのです。

ですので、うまく消費癖を抑えて、お金を貯めたり増やすことを考えていくことが大切です。

貯金が毎月あるか

やはり、いざと言う時に貯金があった方が良いです。

ですので、基本的に貯金が毎月できるということを重視した方が良いです。

よく、月に100,000円貯金できた方が良いと言われていますが、もし貯蓄が難しい方でしたら、ひとまずは月々1万円貯めることが始めてみましょう。

貯蓄が難しい人がいきなり多くの貯金をしようとすると難しいものがあります。

貯蓄は続けてなんぼです。

ですので、もし貯蓄が難しいということであれば月々1万円ずつから始め、どんどんと増やせるようにしましょう。

たかが月々1万円であっても、1年経てば12万、10年経てば120万円貯まります。

そこから、どんどんと貯蓄を増やせるように工夫していけば、もっと貯蓄額が増えます。

また、こちら向き不向きがあるので一概には言えませんが、その貯蓄にさらに投資をしてお金を増やしていくことで、もっと財産を増やすことができます。

このように、貯蓄するっていうのは大切ですが、やはり貯蓄ばかりで生活費が異様に少ないと生活は非常に苦しくなります。

ですので、もし結婚されるのであれば、共働きを前提とするなど、収入を増やすことに目を向けることも非常に大切です。

共働きが前提

最近は、男性でも一家を養えるほどの年収を稼げるという方が少なくなってきました。