60歳になると、誰もが還暦をむかえます。

昔の人は平均寿命が短く、60歳まで長生きできることが大変おめでたいことだとされていました。

最近では平均寿命が延びて、60歳でもまだまだ若々しく元気な人が増えています。

それでもおめでたいことには変わりありませんので、還暦のお祝いとして、プレゼントを贈る習慣が今も残っています。

還暦のプレゼントには、どんなものが良いのでしょうか?おすすめのプレゼントをご紹介します!

還暦のプレゼントとしておすすめのもの10選

ひと昔前までは、60歳といえばかなりの高齢者扱いでした。

また、仕事も定年退職し、社会の第一線から退く人たちが多かったため、還暦のプレゼントも体を気遣うようなものが多く、「お年寄り感」を思わせるものがメインでした。

しかし現代の還暦といえば、まだまだ仕事も現役で、若々しく健康な人が多いです。

人によっては、還暦を迎えることや、そのお祝いをされることで、自分が年寄り扱いされていると感じて、不快に思えてしまうこともあるでしょう。

それくらいに、意識が若々しい人が増えているのです。

そのため、現代における還暦のプレゼントは、昔ながらのものよりも、その人に合ったおすすめのプレゼントを選ぶ方が良いとされています。

例えばまだまだ気持ちが若くて派手な服装を好む人には、お馴染みの赤いちゃんちゃんこよりも、オシャレな服のプレゼントの方が貰う人も喜びますよね。

そのように、還暦を迎える人に合ったものを選ぶ必要があります。

では、現代の還暦の人には、どんなプレゼントがおすすめなのでしょうか?以下にご紹介していきます。

今年還暦を迎える両親や祖父母に、どんなプレゼントが良いのか決めかねている人は、ぜひ参考にしてみてください。

名入れギフト

現代では、還暦のお祝いはあまり年齢を感じさせない(お年寄り扱いしない)ものの方が良いとされています。

その点では、名入れギフトは年齢や性別に関係なく、また記念となる日も限定されないため、どんな場面でもプレゼントできる、贈り物としては有能な一品です。

還暦のお祝いのみでなく、例えば誕生日や成人式、結婚式などにも用いることができます。

還暦のお祝いともなれば、名入れギフトもそれなりに上質なものを選んだ方が良いでしょう。

デパートでも名入れギフトは販売していますが、インターネット通販の方が種類も豊富で、値段も幅広いためおすすめです。

名入れギフトがボックスセットになっているものから、単品のグッズまでさまざまです。

記念ですので、飾っておくタイプの名入れギフトでも良いですが、どうせならば普段使い出来るようなグッズが良いでしょう。

カップ

カップは普段使いができるグッズの中でもとくにおすすめです。

真新しいカップが棚に一つ加わるだけで、人によっては気持ちがうきうきと高揚します。

また、色やデザインのバリエーションもとても豊富なので、プレゼントしたいと思う相手にふさわしいカップがきっと見つかるでしょう。

還暦を迎える人が派手好きであれば、色鮮やかでデザインも目立つタイプのものがいいですし、シンプルさを好む人なら同じようにカップもシンプルなデザインにすると使いやすいでしょう。

また、もしお酒を飲むのが好きな人には、カップよりもビールやワイン、日本酒などの専用のグラスを用意しても良いでしょう。

ガラス製品になると名入れは少々値が張りますが、還暦は一生で一度しか迎えることのできない大切な記念日ですので、奮発してプレゼントしても良いかもしれませんね。

お箸


お箸もカップ同様に、普段使いとしては便利なグッズです。

還暦を迎えて、それなりに気持ちも落ち着いている人には、カップよりもお箸のプレゼントの方が良いかもしれません。

名入りのお箸をプレゼントするのなら、お箸はそれなりに高級感や上質さを感じさせるものが良いでしょう。

その辺りのデパートや、ましてや100円均一で手に入るようなものをプレゼントするのは止めましょう。

もちろん還暦をお祝いする気持ちが何より大事ですが、子どもへのプレゼントならばまだしも、それなりに年齢も人生経験も積んだ人に対しての贈り物としてはあまりにお粗末です。

デパートに売られているものでも、値段がある程度張るものであれば問題はありません。

しかし、例えば家の近くのデパートなどで購入する場合には、もしプレゼントを受け取った人がたまたま同じ店を訪れたときに、自分へのプレゼントの値段や価値を知ってしまう可能性もありますので、できれば特別なプレゼントほど、インターネットのように販売店が見つかり難いところにすると良いでしょう。

万年筆

万年筆は、成人を迎えたばかりの若者はもちろん、還暦を迎えた人にもそれなりに満足してもらえるプレゼントです。

万年筆は普段使いとしてはそこまで出番はないかもしれませんが、「万年筆を持っている」ということ自体がある種のステータスになりますし、またそれが名入りであれば、より特別なプレゼントとして光ります。

万年筆は誰でもそれなりに値が張る一品だということを知っているため、還暦のプレゼントとして堂々と渡せますし、何も恥ずかしいこともありません。

万年筆は大事に飾っておいてもインテリアとして絵になりますし、また普段使いもできますので、使い方は相手に任せてプレゼントするというのも良いでしょう。

ずっと枯れないプリザーブドフラワー

ブリザードフラワーは、結婚式や誕生日プレゼントとしても人気が高いですが、還暦のような記念日にもピッタリの贈り物です。

花が一番きれいな状態で保ってあるため、色鮮やかで姿形も美しく、インテリアとしてもピッタリです。

ブリザードフラワーが部屋に一つ置いてあるだけで、室内が明るい雰囲気に包まれます。

とくに還暦を迎えた女性には喜ばれるプレゼントでしょう。

ブリザードフラワーは、一般的にはその美しさを鑑賞して楽しむためのものです。

しかしそれを還暦のお祝いとして贈ることで、ただ鑑賞を楽しむだけでなく、「いつまでもあなたが変わらずに美しくあれますように」「この先何年経っても変わらずに元気で過ごせますように」という贈り主からのメッセージを暗に伝えることができます。

保存期間が長く、いつまでも美しく華やかその姿が保たれていることから、ブリザードフラワーのようにいつまでも元気で過ごして欲しいというメッセージを添えるとより喜ばれるかもしれませんね。

ヴィンテージ物のお酒


時々「ヴィンテージものの商品」といった言葉を耳にする機会があると思います。

ヴィンテージとは、「完成度が高くて、古くて価値のあるもの」や「古くて価値が高い」など、年代物のアイテムを指す言葉です。

元々は「由緒がある、古くて価値があるもの」という意味で、ワインの当たり年のことを指していました。

それが時代の変化と共にインテリアやファッションにも取り入れられるようになり、古着や年代物のアイテムに対してもヴインテージという言葉が用いられるようになりました。

そんなヴィンテージ物の中でも、お酒のプレゼントはオシャレでおすすめです。

還暦をむかえる人が日頃からお酒を嗜むのであれば、ヴィンテージ物のお酒はピッタリの贈り物になるでしょう。

何年も寝かせておくお酒と言えば、ワインやウイスキー、古酒などですが、当人の好きなお酒を贈るのが最も良いでしょう。

もしお酒の種類にこだわりがなければ、ワインやウイスキーが定番でおすすめです。

もし探すことができるのなら、還暦をむかえる人の誕生年に作られたお酒をプレゼントするのが一番喜ばれます。

お酒が好きな人にとって、自分の生まれ年に作られたお酒を手に入れることなど、中々できることではなく、大変嬉しいプレゼントになることは間違いないでしょう。

靴やスニーカー

靴やスニーカーのプレゼントは、還暦祝いのイメージがないかもしれません。

しかし、靴やスニーカーの贈り物には、「いつまでも自分の足でたくさん歩くことができるように」との贈り主の気持ちが込められています。

暗にそれを汲み取ってくれる人もいますが、受け取る人の中には「どうして靴のプレゼント?」と不思議に思ってしまう人もいるかもしれません。

そのため、直接口で「これを履いていつまでも元気に歩いてね」と伝えるなり、手紙を添えるなどしてこちらの意思を伝えると良いでしょう。

こちらの意図さえ通じれば、納得して受け取ってくれることでしょう。

健康意識の高い人や、登山やハイキングのようにアクティブに動くことが好きな人にとっては、貰って嬉しいプレゼントになるでしょう。

健康のためにたくさん歩いて欲しいから

靴の贈り物は、その人の健康を応援し、支えるためのものです。

「健康のためにたくさん歩いて欲しいから」とプレゼントをするのなら、できるだけ長持ちするような質の良い靴を選んで購入しましょう。

もしハイキングや登山が好きな人なら、アウトドア専門店で靴を購入しましょう。

アウトドア用品は値段もそれなりに張りますが、足をしっかりと保護してくれて、砂利の多い道や険しい山道でも歩きやすいように工夫されて作ってあります。

プレゼントを贈りたい人の好みの色やデザインなどを予め把握しておき、それに見合った靴を選びましょう。

また、山登りほどアクティブでなくとも、健康のためにたくさん外を歩いてもらいたい場合にも、デザイン性よりも機能性を重視した靴を選ぶと良いでしょう。

もちろんある程度のデザイン性も大切ですが、足をきちんと保護してくれて、歩きやすいことが第一です。

まずは機能性を重視して靴の候補を選んだら、それからデザイン性にも気を遣って選びましょう。

また、靴のプレゼントは足に合う、合わないがありますので、サプライズで贈るよりも、できれば一緒に靴を選びに出かけた方が良いでしょう。

折角プレゼントしても足に合わないと、貰った方が申し訳ないと気を遣ってしまいます。

それならば、いっそ一緒に買いに出かけた方が良いでしょう。

靴を一緒に選ぶ時間も楽しいものです。

旅行券

旅行に出かけたり、あちこち外へ出かけたりするのが好きな人には、旅行券のプレゼントがおすすめです。

スケジュールを指定して空けてもらえるのなら、指定した日に旅館や食事処、予約の必要な観光地などを予め抑えておき、旅行者が個人的な買い物以外で費用を負担しなくてもいいようにしておくと良いでしょう。

また、現地で回って欲しいお勧めのスポットがあれば、その場所の地図や写真、詳細などを載せた旅のしおりを手作りして一緒に渡すと喜んでくれるでしょう。

ただ旅行券をプレゼントするだけでなく、自分たちでその場所について調べて、そこの情報を手作りの形で渡すことで、より気持ちのこもった贈り物になります。

予約日時が指定できない場合には、使用期限の長い旅行券をプレゼントしたり、現地で使えるクーポン券などを用意したりすると良いですよ。

旅行券を渡して送り出すのも良いですし、もし誘われたら一緒に旅行に出かけて、そこで楽しい思い出をたくさん作るのも良いですね。

まだまだたくさん思い出を作って欲しい

旅行券のプレゼントには、「たまには羽を伸ばして楽しい時間を過ごして欲しい」という贈り主の気持ちが込められています。

また、還暦のお祝いとしては、さらに「まだまだたくさんの思い出を作って欲しい」という願いも込められていますので、受け取る側にとっても贈り主からの気遣いを感じて、嬉しく思える人が多いです。

もし還暦をむかえる人が、まだまだ現役でバリバリと仕事をしている場合、スケジュールを空けてもらうことは難しいでしょう。

その場合には、使用期限が長く、日程が限定されていない旅行券がおすすめです。

いつでも自分の好きな時に時間を作って旅行に行って貰えた方が、お互いに気兼ねせずに済みます。

一方で、すでに第一戦を退いて、今はのんびりと家で好きなことをしたり、自営業で時間が作れたりする人には、思い切ってスケジュールを空けてもらっても良いかもしれません。

先に日にちを確認しておき、問題がなければこちらで宿泊先や食事処などを予約しておくと、「ほとんど手間暇がかからずに、自分は楽しむだけの旅行」を満喫することができます。

マッサージ機

現代の60歳は、まだまだ若々しく元気な人が多いです。

しかし、そうはいっても肉体の衰えはどうしようもありません。

気持ちはまだ若くて元気でも、激しい運動をすれば体はついていけませんし、運動後の疲労感もかなりのものです。

また、生活習慣に乱れが生じれば、その分若い頃よりも体調を崩したり、病気になりやすかったりします。

還暦ともなれば、健康にはかなり気を遣うでしょう。

また、気持ちは元気でも体のあちこちに痛みが生じることも多いです。

肉体疲労や体の痛みに悩んでいる人には、体を動かすための靴のようなプレゼントよりも、体を休めることができるようなプレゼントの方が喜ばれます。

例えばマッサージ機のように、体の凝りや痛みをほぐし、気持ちもリラックスさせてくれるプレゼントがおすすめです。

全身マッサージ機ともなれば値段も高額ですが、余裕があれば一つプレゼントするととても喜んでくれるでしょう。

また、足や肩など体の一部のみ疲れやすくて悩んでいる人には、部分的なマッサージ機がおすすめです。

これならば場所も取らず、また予算的にも比較的優しいでしょう。

食事券

食べることが好きな人や、健康的な食生活を心がけている人には、食事券をプレゼントするという方法もあります。

折角のお祝いですから、割引券ではなく、無料券としてプレゼントするのが理想的でしょう。

普段はあまり外食をしない人や、高いお店にはなかなか行く機会がないという人にも、食事券のプレゼントはおすすめです。

外食が嫌いでなければ、それなりに高級店の食事券をプレゼントすれば、遠慮しながらも感謝して受け取ってくれることが多いです。

還暦をむかえる人に配偶者や恋人がいれば、二人で一緒に食事に出かけてもらうといいでしょう。

食事は一人よりも誰かと食べる方が美味しいという人は多いです。

一人だけで行ってもらうよりも、誰かと一緒に行ってもらったり、または誘われたりしたら自分も一緒に食事をして、楽しい時間を過ごしましょう。

食事券はあくまでも、美味しい食事を楽しく食べるための手段です。

ただ食事券を渡すだけでなく、存分にそれを活用してもらえるようにしましょう。

デジタルフォトフレーム

還暦のお祝いには、当人がこれまでの人生や思い出を振り返ることが出来るようなものもおすすめです。

写真立ては飾る写真が限定されますし、アルバムはたくさん写真があればあるほどかさばりますので、置き場に困ることもあります。

その点、デジタルフォトフレームならば置き場所にも困りませんし、自動で写真が進みますので、いつでも楽しかった思い出や、自分の人生を振り返ることができます。

60歳ともなれば、これまで自分が過ごしてきた思い出がたくさん詰まっていることでしょう。

その思い出を一つひとつ詳細に振り返るためには、やはり写真があった方が良いでしょう。

それを直ぐに見ることができるデジタルフォトフレームは、便利でプレゼントとして優れものです。

子供や孫の写真を次々と見れるように

還暦をむかえる頃には、自分の子どもだけでなく、孫もいるという人が多いです。

プレゼントを贈りたい人のこれまでの人生を振り返る写真の中には、自分の子どもの誕生や、孫の誕生を祝うものもあるでしょう。

長年生きていれば、自分だけの人生の中に、気付けばたくさんの家族の存在があります。

その愛情が詰まった写真を次々に見られるようにしておけば、いつでも思い出に浸り、また心の励みにすることもできるでしょう。

ただし、プレゼントを贈る際には、デジタルフォトフレームを渡してそれで終わり、とはしないようにしましょう。

プレゼントを渡して、その後で一緒に写真を選別してもらって、データを取り入れてきちんと写真が見れる状態になってから部屋に飾ってあげましょう。

または、予め写真を選んでおいてもらい、当日にはすでにそれが見れる状態にしておいても良いでしょう。

折角プレゼントを貰っても、使い方が分からなければ困ってしまいますので、ちゃんと写真が見れる状態になるまでサポートしましょう。

犬や猫などのペット

動物が好きな人には、還暦のお祝いに犬や猫などのペットをプレゼントするという方法もあります。

とくに動物が好きで、かつ配偶者がおらず普段一人で生活を送っている人には、新しい家族が増えるのはとても嬉しいことに感じられます。

ただしプレゼントをした後で、実際にペットの面倒をみるのはその人自身ですので、家の内装や経済面、時間の有無などを深く考慮した後でプレゼントするかどうかを決めましょう。

もし、良かれと思ってプレゼントしたのに相手が気に入らなかったり困ったりした時には、購入されて直ぐにペットショップに戻されてしまう動物が何よりも可哀想になってしまいます。

生き物を飼うということの難しさや、命を終えるまで面倒をみることができるかという責任感などを十分に考えた上でのプレゼントであれば、喜んで受け取ってくれることでしょう。

便利な家電

最近では家電製品もたくさん便利なものが出ています。

完全に真空状態を保ってくれる冷蔵庫や、油なしで揚げ物を揚げられる家電など、さまざまな便利商品が売られています。

若い頃には多少の不自由さも構わなかった人でも、歳を取ると体力的にどうしても便利な家電や自分の行動をサポートしてくれるような道具が欲しくなります。

そんな人のために、便利な家電をプレゼントするのも良いでしょう。

プレゼントする家電は大きなものなら移動がさせやすいものや、手入れがしやすいものなどを考えて選びます。

また、電力がどれだけかかるのか、使っていて手間がかからないかどうかなどもよく考えた上でプレゼントしましょう。

還暦のプレゼントを計画しているあなたへ!

還暦は、一生の内で一度しかありません。

記念日は毎年のようにおとずれますが、還暦はたった一度しか巡ってはこないのです。

また、60歳まで無事に過ごすことができたという、おめでたい年でもあります。

本人が還暦をむかえたことに感慨深さを感じるのはもちろんですが、周りの家族にとっても還暦は重大な記念年なのです。

そんな記念年をお祝いしようという気持ちは、どこからともなく自然とわいてくるものです。

人生でただ一度の記念となる年を、笑顔で過ごすことができるように、しっかりと計画してプレゼントを渡しましょう!

還暦とは?

還暦のお祝いを計画する前に、還暦についてしっかりと再確認しておきましょう。

還暦とは、60年で干支が一回りして、再び生まれた年の干支にかえることから、「元の暦に還る=還暦」と名づけられました。

干支については、毎年「ね・うし・とら・う・たつ・み」と新年を迎えるたびに十二支が変わっていきますので、誰もが知っているでしょう。

この十二支が、干支の「支」の部分になります。

一方で、干支の「干」の部分はあまり知られていません。

「干」は「十干」のことを指しており、「十干」には「甲・乙・丙・丁」などが10種類あります。

この二つを合わせて「干支」といいますが、この干支の組み合わせが、生まれた年とまったく同じ組み合わせになるまでに60年かかるとされています。

そして自分の生まれた年から60年という歳月を経て、再び自分の生まれ年とまったく同じ干支にかえることができるため、それを還暦というのです。

もし人間の寿命が数百年と長ければ、還暦は一度ならず二度巡ってくるでしょう。

しかしそうではないため、還暦は私たち人間にとって一生に一度しか存在しないものなのです。

今は60歳でもまだまだ若い!

ひと昔前までは、60歳といえば高齢者扱いされていました。

しかし医学の発達とともに平均寿命はどんどん伸び、現代では60歳はまだまだ若いと考えられています。

60歳になった人自身もまだまだ気持ちが若い人が多いため、高齢者扱いされることを嫌う人も少なくはありません。

そのため、60代の人に対してどのように接すればいいのかを悩む若者も少なくはないでしょう。

40代に見える人もいる

最近の60代は本当に若々しい人が増えています。

歳を取っても健康的な生活や適度な運動を心がけている人は、外見年齢が実年齢よりもっと若く見えることも多いです。

また、女性で美容に気を遣っている人では、60代どころかまだまだ40代に見える人もいます。

実年齢よりも若く見える人の筆頭は芸能人でしょう。

テレビに映る彼らは、とても還暦を迎えているとは思えない人が多いのです。

かつての60歳は超高齢者だった

昔の人の平均寿命はとても短かったため、60年も生きる人は超高齢者とされていました。

織田信長の遺した有名な言葉に、「人間五十年」という言葉がありますが、当時は人の寿命が長くても50年程度だと考えられていたことが、その言葉からもうかがえます。

そのため、当時の人にとっては還暦をむかえること自体が奇跡にも近かったのです。

そんな奇跡を叶えることが出来たのなら、めでたいとお祝いするのも当然のことだったのでしょう。

還暦のお祝いに込めたい気持ち

まだまだ気持ちが若い人では、還暦を迎えてもそれをお祝いされることに抵抗がある人がいます。

何故なら、「還暦をお祝いされる=年寄り認定される」ことだと考えている人が多いからです。

しかし、還暦のお祝いは、単にお年寄り扱いするために行うものではありません。

もっと愛情深い気持ちから、お祝いしたいと思えているのです。

それを理解出来れば、還暦を迎える人も素直に嬉しいとその気持ちやプレゼントを受け取ることができるでしょう。

今まで家族のために頑張ってくれてありがとう

60年という年月は、決して短いものではありません。

60歳をむかえてもまだまだ気持ちが若いことはとても素晴らしいことですが、それはそれとして、やはりこれまでの人生を生きてきたことに対するお祝いをしたいという気持ちが家族にはあります。

何故なら、少なくとも数十年間、今までずっと家族のために頑張ってきたのですから。

「育ててくれてありがとう」や「今まで家族を支えてくれてありがとう」という感謝の気持ちが還暦祝いには込められているのです。

これからもずっと健康でいてください

60年という年月は、大病を患っていたら決して過ごすことは出来なかったでしょう。

人生の途中で怪我や病気に悩まされることはあったかもしれません。

しかしそれでも健康で過ごしてこられたからこそ、今の還暦を迎えることができています。

そのことに感謝し、またこれから先もずっと健康でいて欲しいという気持ちが、還暦祝いには込められています。

まだまだ長生きしてください

これまでの決して短くはない人生、家族のために尽くしてきた人もいるでしょう。

また、自由奔放に生きてきた人もいるかもしれません。

しかし、どんな人であれ、例え途中で病気をしても、これまで60年間無事に生きてきたことは素晴らしいことです。

現代ではそれを「奇跡」とまでは言いませんが、それでも長生きしてこられたのですから、十分におめでたいことでしょう。

そしてこれから先の人生も、まだまだ長生きして欲しいと、そんな願いも込められています。

還暦祝いにはどうして赤いちゃんちゃんこを着るの?

昔から、還暦祝いには赤いちゃんちゃんこを着るという習慣があります。

今でもその習慣通りに還暦になったら赤いちゃんちゃんこを着ている人も少なくはありません。

もちろん嫌がって着ないという人もいますが、そもそも何故還暦を迎えるときには、赤いちゃんちゃんこを着ていたのでしょうか?

赤い色は魔除けの色

昔から赤い色には、魔除けの効果があると言われてきました。

60代にもなると、いよいよ大きな病気を患いやすくなります。

そのため、赤い色のものを身にまとうことで、病魔や災厄から身を守ろうとする考えから、還暦には赤いちゃんちゃんこを着るという習慣が生まれました。

還暦祝いには赤いちゃんちゃんこを身にまとい、それ以降も何かの折には身にまとったリ、身近に置いておくことで、魔除けの効果があると考えられてきたのです。

迷信深い地域では、今も必ず還暦には赤いちゃんちゃんこを着ているところもあります。

赤ちゃんの産着のように赤いものを身に付ける

昔から、赤ちゃんが生まれたら赤い産着を着せていました。

これも魔除けの効果があるという理由からですが、還暦は自分が生まれた年にかえるという考えから、赤ちゃんのときの産着をちゃんちゃんこに見立てて、赤いちゃんちゃんこを着るのだとする説があります。

また、ある説では赤ちゃんの「赤」の字から赤い色のものを身に付けるとする話もあります。

地方によっては赤い頭巾のところも

日本全国すべてが、還暦には赤いちゃんちゃんこを着るという習慣があるわけではありません。

地域によっては赤い色は同じでも、身に付けるものが違っているところもあります。

例えばある地方では、還暦を迎えたら赤い頭巾を被っているそうです。

身に付ける意味はちゃんちゃんこと同じですが、身に付けるものが変わるのは地域性を感じられますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?還暦のお祝いに贈るプレゼントの参考にして頂けたら幸いです。

還暦を迎える人によっては、それぞれの好みや性格、性別もバラバラです。

しかし近年の傾向を見ると、還暦を迎えてもまだまだ気力体力共に健康で元気な人が増えています。

そのため、還暦になったからといっていきなり高齢者扱いをすると怒ってしまう人は多いです。

還暦を迎えてもまだまだ気力体力ともに元気なら、それに見合った年齢を感じさせないようなものをプレゼントすると良いかもしれませんね。