少し前までは、犬を飼っている人の方が圧倒的に多いと言われていました。

犬は、元々古くから人間と共に生活しており、番犬や借りの仲間として考えられて来ました。

それもあり、私たちの生活の中に自然と溶け込んでいたのです。

ですが、それに比べ猫は番猫と言われるような事も無く人間に利益を与えるような存在では無いと考えられて来ました。

その為、昔は圧倒的に『役に立つ』犬を飼う人の方が多かったのです。

しかしながら、その考え方は時代と共に大きく変わりつつあります。

今の時代、犬を購入する際に番犬としての役割を果たして欲しいからという理由で犬を購入する人はどれほど居るでしょうか。

きっとさほど多くないはずです。

勿論、狩りなど行う事も無いので犬を飼う理由は、ペットとしての癒しを求めている方が圧倒的に多くなります。

だからこそ、犬と猫を飼うメリットに差が無くなったのです。

あくまでもペットとしての癒しを求めるのであれば猫も犬もさほど大きな違いはありません。

実際、平成22年では飼育数の差が200万匹以上もあったのにも関わらず、平成27年では犬と猫の差は僅かなものになていると言われており、犬が猫に抜かれる日もそう遠くは無いかもしれません。

ここまでの猫の躍進を誰が想像したでしょうか。

ペット=犬が当たり前だった時代が終わり猫が注目される時代がやってきたのです。

そこまで人を虜にする『猫』という生き物にはどんな魅力があるのでしょうか。

今回は「猫かわいい!」と思う猫の魅力について迫ってみたいと思います。

まだまだ犬の方が好きだという方も、猫の魅力を知れば知るほど猫の事が好きになる事間違い無しです。

あなたは犬派?猫派?

物事には、必ずいい面もあれば悪い面もあります。

それはどんな物に対しても言える事です。

そのどちらに着目するかは、人によって異なります。

例えば100万人が好きだという物があったとしてもあなたにとっては、全く魅力を感じない物だって存在しているでしょう。

日本人は、つい他人と同じ意見になりたがります。

自分だけが目立つ事を避け、極力多数派になりたいと願って居るのです。

だからこそ、日本人特有の奥ゆかしさが出てくるのだとも言えるでしょう。

しかしながら、自分の気持ちに嘘をついてまで他人に合わせる必要はありません。

嫌いな物は嫌いで良いのです。

それは、犬や猫など動物に対しても同じ事です。

皆が可愛いと言っている物に対して、自分がそうでも無いと思ったとします。

ですが、それをなかなか面と向かって伝える事は出来ないでしょう。

ですが、犬が好きな人も居れば嫌いな人も居るのです。

それと同じように、猫が好きな人だっているのです。

犬が好きな人からすれば、どうして猫が好きなんだろうと疑問に思う事もあるでしょう。

ですが、それはお互い様です。

お互いが自分の意見こそ正しいと思っている状態では、相手の考えを受け入れる事など出来ないでしょう。

犬が好きな人も居れば猫が好きな人も居る。

勿論、両方好きな人だって居るでしょう。

どちらも正しく、どちらが悪いと言う事はありません。

互いの意見を尊重し、相手の気持ちに寄り添う心を持つ事が必要です。

犬派な人の意見

犬が好きな人の事を、通称犬派と呼びます。

犬派の人達の意見としてもっとも多い物は、犬は従順だと言う事です。

犬は元々、人間の狩りのパートナーとしてずっと一緒に生活を共にしてきました。

狩りをしなくなった後も、家を守る番犬として人間につかえて来たのです。

だからこそ、犬と人間との間には一種の服従関係があります。

今ではあまりそのような明確な物が無くなったとしても犬は本能的に人間につかえる性質を持っているのです。

だからこそ、絶対的な信頼を感じる事が出来人間も信頼しあう関係が作れるのでしょう。

今の社会では、人間同士の繋がりはどんどん少なくなって来ています。

例え相手を信頼していたとしても、裏切られてしまう事もあるかもしれません。

ですが、互いに信頼しあう事が出来る犬との関係は今の人間社会では感じる事が出来なくなってしまった確かな繋がりを感じ合う事が出来るのです。

だからこそ、犬派の方々は犬の良さを大いに感じるのかもしれません。

また、犬は人間に合わせてくれる所があります。

その為、その従順な姿や真っすぐな行為に心癒される人も少なくありません。

猫派な人の意見

犬が従順というのであれば、猫は正に気分屋です。

猫が好きな、猫派の人々はそんな気まぐれな猫のしぐさに心奪われる傾向があります。

普通に考えれば、自分を真っすぐに見てくれる人の方が一緒に居て心安らぐようにも思えます。

ですが、ペットも恋愛も基本は同じ。

真っ直ぐに愛を伝えてくれる存在もいいけれど、普段はそっけない態度を見せているのにも関わらず、時折見せる優しさにキュンとしてしまうなんて事もあるでしょう。

人間の世界でも『ツンデレ』という言葉が流行しているように、人はただ優しい存在よりも飴と鞭を上手に使い分ける人に、ついつい心奪われてしまうものなのです。

それはペットも同じ事。

猫は基本的にとても気分屋です。

例え飼い主が呼んだとしても、気が乗らなければ行きません。

遊ぼうと思っても、自分が遊びたくなければ乗ってくれる事は無いでしょう。

ですが、振られてばかりの日々も、時々見せる甘えたしぐさの可愛さについつい心奪われてしまうのです。

いつもでは無いからこそ、時々出る甘えた姿に心がキュンキュンしてしまうなんて事があるのです。

その為、猫派の方はそのギャプや自由気ままな姿に心ときめいて居るのでしょう。

また、猫派の人達のおすすめポイントとしては勝手に楽しく過ごしてくれるという部分があります。

犬はとても従順ですが、売らを返せば常に構ってあげなければならない面もあります。

ですが、猫は一人の世界を楽しむ事が出来ます。

イチイチ人間が一緒になって過ごさなくとも、自分の世界でのんびりと過ごす事が出来るのです。

必要があれば向うからやってくるので、世話をする回数が犬より少ないというポイントもあります。

散歩も必要無い場合が殆どなので、そういった一緒に暮らす上での負担を感じにくいというポイントも立派なメリットと言えるでしょう。

猫ちゃんが可愛いすぎる!その特徴と理由とは?

生き物は何でも可愛いものです。

人間とは違い、面倒な裏工作が一切ありません。

いつも素直な気持ちで人間の事を受け入れてくれるのです。

だからこそ、私達は素直な気持ちで生き物に心を開く事が出来るのでしょう。

どんな動物を好きなのかは、人によって違います。

爬虫類が、好きな人もいれば鳥類が好きな人も居るでしょう。

その中でもペットとしてもっとも一般的なのが犬や猫です。

犬と猫は、今の日本の生活スタイルにとても合っています。

だからこそ、私達は彼らとの生活に癒しを感じ日々楽しくすごす事ができるのでしょう。

中でも、最近では猫の人気が急上昇しています。

今まで不動の人気を誇っていた、犬の飼育数を抜く勢いです。

猫の魅力は一体何処にあるのでしょうか。

その不思議を、今回は紐解いてみたいと思います。

既にその魅力に気が付いている人も、まだまだ猫の魅力が分からないという方もこれからご紹介する、猫の魅力を改めて、確認してみて下さい。

その魅力の虜になってしまう事間違い無しです。

1.目が可愛い!


動物や赤ちゃんは、基本的にどんな物でも可愛いと感じさせるパワーがあります。

それは、無垢な仕草や純粋な感が方は勿論の事、黒目がちな目も魅力の一つだと言われて居ます。

赤ちゃんや動物も瞳の大きさは大人とそう変わりません。

ですが、目の周りのパーツの大きさがまだ小さい事もあり、どうしても黒目だけが見えてしまう状況になってしまうのです。

その結果、目が黒くくりくりとした印象となります。

そのクリクリとした瞳が可愛らしく、多くの人はそれらの生き物を可愛いと感じるのでしょう。

動物や子供は好きな人も居れば嫌いな人も居るでしょう。

遠くから見ているだけなら良きけれど、関わりたくはないという人だっているかもしれません。

それは人それぞれの考え方なので気にする必要はありません。

しかしながら、基本的に人はそれらの物を可愛いと感じる事が出来る心を持っていると言う事になります。

だからこそ、今まで全く興味が無かったという方も、近くで見る事によって可愛いと感じる事もあるかもしれません。

また、その瞳で真っすぐ見つめられる事によって自分の心が清らかな気持ちになるように感じる事もあるかもしれません。

生きて居れば、楽しい事もあれば辛い事もあります。

時には、全てを投げ出して一人になりたいと感じる事もあるかもしれません。

そんな時、真っすぐな瞳で見つめられる事によって、自分の心が癒される事を感じる事が出来るでしょう。

大人になると、どうしても色々なしがらみが出てきます。

そのせいで、素直に相手の意見を聞く事が出来なくなる事もあるでしょう。

しかし、動物や赤ちゃんは素直な気持ちで真っすぐこちらに向かってきてくれます。

だからこそ、私たちもそれに合わせて反応する事が出来るようになるのです。

互いに素直になる事が出来る関係は、心のオアシスとなるでしょう。

クリクリした瞳でこちらを見てくる!

動物の可愛いしぐさは沢山あります。

例え全く相手にして貰えなかったとしても、その冷たい姿勢すら可愛いと感じる事が出来るかもしれません。

それくらい人は、動物に対して広い心を持ち合わせて居る場合が殆どです。

その大きな理由としては、相手が素直な気持ちで自分に向かい合ってくれる事にあるのかもしれません。

人間は、大人になればなるほど素直な気持ちだけで相手に向き合う事は出来ません。

どうしても、色々な思惑が動いてしまいます。

その為、例え相手が褒めてくれたとしてもそれを素直に受け取る事が出来なくなってしまいます。

自分も心を開く事を躊躇するようになれば、相手もまた同じようにそういった状況になってしまう事が十分に考えられるでしょう。

それに比べ、動物はクリクリと可愛らしい瞳で真っすぐにこちらを見つめて来ます。

そこには、悪意などは無く純粋な心を感じる事が出来るでしょう。

だからこそ、私たち人間はその純粋な心に惹かれて自分の心も素直に表現する事が出来るのでしょう。

人間同士では意地の張り合いや足の引っ張り合いなどがあり、相手を心のそこから信用する事は難しいかもしれません。

ですが、動物の場合にはそんな難しい事をイチイチ考える必要は無いのです。

素直な気持ちで、相手に向かい合う事が出来るのです。

日々気を張って過ごしている人にとって、建前などを取っ払い本音で語りう事が出来る相手はとても大切な存在です。

それが例え猫であろうとも、忙しい日々のオアシスとして心を癒してくれる事でしょう。

疲れた心も、真っすぐにクリクリとした瞳で見つめられれば心の刺さったトゲが抜けて行く事を感じる事が出来るでしょう。

だからこそ、動物と一緒に暮らす事にメリットを感じる方が大勢居るのではないでしょうか。

2.肉球が可愛い!


猫や犬などの動物には、肉球というものがあります。

これは私たちで言う所の靴のような役割を果たす物です。

犬は、基本的に外を歩きます。

勿論、今の時代ですから室内犬も大勢居る事でしょう。

しかし、室内犬の場合でも外に出る事が基本となります。

散歩をするからです。

それに比べて、猫は室内に居ることが殆どです。

特に、都会の猫は自由に外を歩き回る事はなかなか出来ません。

大概の猫が、一日中家の中で過ごす事となるでしょう。

これは、犬と猫の運動量の差によるものなので、どちらが良いという話ではありません。

ですが、外のアスファルトを歩く犬に比べればずっと室内で過ごす猫は足の裏をあまり酷使せずに過ごす事が出来ます。

だからこそ、肉球は常にぷにぷにのままなのです。

薄ピンク色に染まった、そのぷにぷにの肉球を触る事によって癒される事間違いないです。

また、猫好き上級者ともなれば肉球は触る物では無く匂いを嗅ぐものになるようです。

匂いが濃縮しているその部位は、はたからみれが臭そうに見えるかもしれません。

ですが、好きな人からするとそれは癖になる匂いだとか。

ついつい、嗅ぎたくなってしまうのだそうです。

その為、そのぷにぷにな肉球を堪能する事が出来るのも猫の一つの利点と言えるでしょう。

ぷにぷにの肉球!

猫は、基本的に家の中で過ごします。

中には外を自由に歩き回る猫もいるかもしれません。

ですが、都会の猫はそうはいきません。

ご近所トラブルの原因になる場合もあり、殆どの猫が家の中で過ごす事となるでしょう。

だからこそ、猫の肉球は、ぷにぷになのです。

外を歩く犬は、どうしても肉球が硬くなる傾向にあります。

アスファルトの上を靴の代わりに歩くのですから、当たり前といえば当たり前でしょう。

それに比べ、家の中だけで過ごす猫は、肉球が硬くなる事がありません。

だからこそ、ぷにぷにの肉球になります。

ぷにぷにの肉球は、触っているだけで幸せな気持ちになる事が出来ます。

癒しを感じる事間違い無しです。

3.毛並みのさわり心地がいい!

猫の毛は、基本的にふわふわしています。

まるで人形のような触り心地の猫を、撫でて居ると幸せな気持ちになる事でしょう。

日々頑張って過ごして居る人にとって、家の中では全てを忘れリラックスしたいと思って居るはずです。

色々なしがらみを抱えて居る人も、真っ直ぐな心を持つ生き物がそばに居てくれるだけで、癒される事間違い無しです。

さらに言えば、そのフワフワな毛並みを撫でて居るとリラックス効果は絶大です。

綺麗好きな猫ちゃんならでは!

猫は、動物のなかでも綺麗好きとして知られて居ます。

だからこそ、自分の毛並みもツヤツヤ綺麗に整える傾向にあります。

舌を使って、常に綺麗に舐め整えるのです。

だからこそ、猫は常に綺麗な毛並みを維持する事が出来ます。

もし、猫を飼う機会があったら是非ブラッシングを心がけてあげて下さい。

きっと喜んでくれる事でしょう。

ただ、綺麗好きだからこそのデメリットもあります。

それは、自分の毛を食べてしまうという事です。

わざわざ食べて居る訳ではありませんが、毛を舐めて整えるのでついついそのまま飲み込んでしまうのです。

その結果、お腹の中で毛が溜まってしまいそれを吐き出したりする事となってしまうのです。

通常であれば、フンと一緒に吐き出す事が出来ますが、中には口から出す場合もあります。

綺麗好きな事はいい事ですが、そのせいで少々大変な思いをしてしまう場合もあるのです。

4.体が柔らかくて気持ちいい!

猫は、とても柔軟性が高い事で知られて居ます。

その為、人間では考えられないようなポーズや姿勢を取ることが出来ます。

その柔軟性があるからこそ、高い所から飛び降りても、怪我もせずにひらりと立ち上がる事が出来るのです。

その細い体は、無駄な肉がなく柔らかい手触りをして居ます。

フワフワな毛がある事もあり、より癒しの触り心地を感じる事ができるでしょう。

さわり心地満点のボディ!

猫の毛は犬など他の動物に比べても柔らかく、細い毛が特徴的です。

また、しなやかな体をしていら場合が多く、それによってより素晴らしい手触りを楽しむ事が出来るでしょう。

気分屋の猫は、なかなか心を開いてくれない事もあるかもしれません。

あなたが構おうと思っても嫌がる事もあるでしょう。

ですが、時折触る事の出来るその体の癒し効果は絶大です。

例え一緒になって犬のように遊ぶ事が出来なかったとしても、その場に居てくれるだけで幸せな気持ちにさせてくれる事があるのです。

全力で遊ぶ必要がないぶん、家族などが居ない単身者の方でも猫は飼いやすい生き物だと言えるでしょう。

5.鳴き声が可愛い!

ペットを飼う上で問題となるのが鳴き声です。

昼夜問わず鳴き続ける事があれば、騒音トラブルに発展する恐れもあります。

また、家族としても常に家の中で鳴いているとストレスとなる場合もあります。

猫も、勿論鳴きます。

ですが、犬のように金城にまで聞こえるような大きな声で鳴く事はありません。

その為、ストレスが少なく一緒に生活することが出来ます。

大きな声を常に聞く事はストレスとなりますが、可愛らしい声を日常的に聞く事は、癒しとなります。

まるで人間と話しているような錯覚を感じ、日々の生活に潤いを感じることが出来るでしよう。

毎日人で家に居る方も、猫がいる事によって話し相手になってくれる事でしょう。

甘えてくるような鳴き声!

猫の鳴き声は、基本的にさほど大きくありません。

ミャーミャーと可愛らしい声で鳴く場合がほとんどです。

だからこそ、轍たち人間も、その声に癒され可愛いと感じる事が出来ます。

人間同士での生活は、面倒な部分も沢山あります。

本音と建て前を使い分けたり、思ってもいないことを伝えなければならない事もあるでしょう。

そのせいで、会話自体がつまらないと感じるようになってしまう事もあるかもしれません。

ですが、猫相手なら、そんな事を気にする必要はありません。

素直な気持ちで思った事を離せば良いのです。

独り言のように感じるその時間も、まるで相槌を打つような猫がいてくれれば、楽しい時間へと変化させる事が出来るかもしれません。

6.猫耳が可愛い!

猫耳とは、その名の通り猫の耳のことを指します。

ピンと尖った耳は声のする方向にピクピクと動きます。

その為、全く会話を聞いていないように見えても、実はしっかり会話を聞いているなんて事があらかもしれません。

猫耳は、例え猫好きでなくとも人気があります。

コスプレなどに使用される場合もあり、よりその人の可愛らしさを強調する事が出来るでしょう。

最近では、ハロウィンどでの仮装姿としても猫耳が登場する事は良くあります。

大人だけではなく、小さなお子様達にも猫耳は大変オススメのアイテムと言えるでしょう。

7.甘えてくるのが可愛い!

常に甘えてくる動物であれば、例え甘えられたとしても、さほど感動は無いかもしれません。

ですが、普段見せない仕草を見せてれるからこそ、そこか可愛いポイントとなるのです。

警戒心が強い猫が甘えてくるという事は、それだけあなたに対して心を開いている証です。

それを感じることこそが、一番の喜びとなる事でしよう。

8.マイペースなところが可愛い!

猫はとても自由です。

例え人間によばれたとしても、自分の気分が乗らなければ行かない事もあるでしょう。

自分がやりたいように生きる。

その姿は、人間の理想の姿なのかもしれません。

だからこそ、人は猫に魅力を感じるのでしょう。

マイペースにのんびり過ごす猫は、何のしがらみもないように見えます。

猫としても、悩める部分はあるのかもしれませんが、そこを感じさせない所がまた猫の良さなのでしょう。

一人で遊び、一人でのんびりする。

そんな猫の気ままな姿は、一日中見ていても飽きる事がありません。

楽しみながらのんびりとした時間を共有する事が出来る事でしょう。

9.人懐っこいところが可愛い!

猫は、基本的に人に懐きにくいと思われています。

ですが、心を開いた相手にはとことん懐いてきます。

基本的に自由な性格と言う事もあり、相手の気持ちなどお構いなしにいきたいと思う時にはガンガン来ます。

そんな所が大変だと思う人も居れば可愛いと思う人も居ることでしょう。

時には、野良猫の中にも人懐っこい物は居る物です。

懐いてくれないと思っているものから、急に愛情を向けられるとついつい嬉しい気持ちになる事もあるのかもしれませんね。

10.仕草が可愛い!

生き物は、何かをしてくれるから可愛いのではありません。

その存在そのものが可愛いのです。

何をかんがえているのか分からない顏も、一人で遊んでいるその姿も全部が全部可愛いのです。

そこに大きな理屈などありません。

可愛い物は可愛い。

人間に対して言ったら惹かれそうな事でも、猫に対してなら問題ありません。

その100%の愛情が、私たちの心を潤す力を与えてくれるのでしょう。

猫ちゃんの可愛い仕草を紹介します!

それではここからはオススメの仕草についてご紹介させていただきます。

普段猫に触れ合う機会がない方は、猫の魅力についてイマイチわかっていない部分もあるかもしれません。

そんな方々だからこそ、猫の魅力をシッカリと理解して頂ければと思います。

リラックスして座る仕草

猫は心を許して居ない場合には、いつでも逃げられるように気を張って座って居ます。

しかしながら、その空間に馴染む事によって、本当にリラックスした仕草を見せてくれるようになる事でしょう。

そんな無防備な仕草が可愛らしく、私達の可愛いポイントを刺激します。

家族だからこそ見る事の出来る姿に、ときめく方も多くいる事でしょう。

狭い所に潜りこむ仕草

猫を飼いたいけれど、色々な事情により猫を飼うことが出来ない人も居ます。

そんな方々の癒しとなるのが、動画です。

猫の可愛い仕草を集めたものなども多数あり、それを見ているだけでまるで猫を飼っているかのような錯覚を楽しむ事が出来るでしょう。

そんな動画の中で特に人気の高いものが、狭い中に入りこむ猫の姿です。

猫は紙袋や棚など、狭い空間が大好きです。

その為、人間から見ると驚くような場所に隠れている事もあります。

そんな、突拍子も無い行動が可愛らしく私達の心を掴むこともあるでしょう。

絶対に入る事が出来ないような狭い場所にも無理やり入ろうとするその仕草は、どこかマヌケで可愛らしいものです。

猫を飼ったらこんな風になるのかな?そんなイメージを膨らませながら見ることによって、より楽しい時間を過ごすとが出来るでしょう。

ゴロゴロして甘えてくる仕草

猫は基本的にツンデレです。

常に甘えてくる犬とは違い、自分の気分が乗った時だけ甘えてくるのです。

だからこそ、飼い主の気持ちは関係ありません。

もし、飼い主の方が構おうと思っても猫の気持ちが向かなければ相手にして貰えない事もあるでしょう。

そのまま無視されてしまう事も珍しい事ではありません。

ですが、それが猫の魅力でもあるのです。

恋愛でも、ツンデレの相手に夢中になる人が居るようにいつもいつもこちらを向いてくれる相手より、時折見せる優しさに夢中になってしまう事もあるでしょう。

それは、ペットでも同じ事です。

いつも、純粋に従順に自分の元に来てくれる生き物に対して可愛いと感じる事も勿論あるでしょう。

ですが、それと同時に、時折自分に見せる甘えた姿に心を鷲掴みにされる事もあります。

猫は気分屋です。

そんな気分屋な所が可愛いとも言えます。

そんな猫が自分に100パーセント心を許し、ゴロゴロしてくる姿はとても嬉しいものであり、幸せなん気持ちになる事間違い無しです。

常に見る事が出来るものではないからこそ、その姿の破壊力は凄いのです。

そんなギャップに猫好きはハマってしまうのでしょう。

まとめ

猫は、犬と違い散歩に行く必要がありません。

鳴く事はあるものの、犬のように近所にまで聞こえるほど大きな声を出す事はまずありません。

だからこそ、今の日本のライフスタイには、猫が良くあって居ると言えるでしょう。

だからこそ、最近では猫派の人がドンドンと増えて来ています。

犬程手がかからず、存在感もある猫は、私たちの生活を豊かにし幸せな時間を与えてくれる事でしょう。

猫の一番のメリットは、散歩をしなくて良いところかもしれません。

犬を飼った場合、散歩をする事は飼い主の義務です。

ですが、仕事や育児に忙しいとその時間が負担に感じる事もあるでしょう。

飼ったからには、最後まで面倒を見る事は当たり前です。

ですが、今の日本の生活には、犬との生活は大変な部分も多くあります。

ですが、猫の場合は散歩は必要ありません。

吠える事も無いので、近隣の住人に気を使う必要も無く安心して飼育する事が出来るでしょう。

猫が家に居ることによって、私達の生活は豊かになる事でしょう。

日々の生活の中で癒しを感じる事が出来るので、ストレスが多いこの世の中でも、自分を保ちながら過ごす事が出来るようになるかもしれません。

疲れて帰ってきた時に、癒してくれる存在が家に居てくれると言う事はなんとも幸せなものです。

生き物を飼う事は大変な部分も沢山あります。

責任もあり、その時の気分だけで飼う事を決める事はいい事だとは、言えない部分もあるでしょう。

ですが、それでも猫を飼う事には沢山のメリットがあります。

だからこそ、もし猫を飼いたいと思って居る人が居るのであれば前向きに検討して見ては如何でしょうか。

いい面だけを考えるのでは無く、沢山のデメリットを受け入れた上で飼育することを決めるのであれば、きっと後悔の無い時間を過ごす事が出来るでしょう。

是非猫のいる生活をお楽しみ下さい。