世の中には「痛い人間」がたくさん溢れていますよね。

痛い人と言うのは自分でも自覚することなくその行動をしているので、周囲の人にしてみれば、かなり扱いに困る存在だと言えるでしょう。

痛い人が周りにいるときに、どのような反応をして良いのか迷うということもありそうですね。

ここでは「痛い女」と呼ばれてしまう女性を中心に、痛い人について見ていきます。

痛いと言われてしまう人、痛いと呼ばれている存在に困っている人などは、ぜひ詳しく見てみてください。

「痛い人だなぁ」と思う人、周りに居ませんか?

最近、「痛い」と言う言葉をよく耳にするのではないでしょうか。

世の中にはたくさんの人がいますが、その中に一定数いるのが「痛い人」です。

それでは、その「痛い人」と言うのはどのような人のことを言うのでしょうか。

また「痛い人」と言うのは特殊な人であり、自分とは関係ないものなのでしょうか。

見てるこっちが可哀想に思えてくる

そもそも「痛い」と言うのはどのような行動のことを言うのでしょうか。

痛いといっても行動には幅がありますから、一口にいうのはとても難しいものです。

具体的な行動もたくさんありますから、特定の行動だということはできません。

ですが、一つだけ言えるのは、「見ているこっちが可哀想に思えてくる」ような行動が「痛い」と評されることです。

どのような行動であったとしても、見ているこちら側が「可哀想な人だ」と胸が痛むようなことになれば、相手の行動が「痛い」ジャンルに入るということになります。

同じ行動をしていても、痛くない人もいれば、痛いと思われる人もいるということになりますね。

もしかしたらあなたも痛い女かも


痛い人と言うのは、自分で自覚して痛い行動をしているわけではありません。

自分ではわかっていないでしている行動がとても痛い状態になっているのです。

つまりは、自分が気づいていないだけで、とても痛い女性になっているということもあるのではないでしょうか。

痛いということがよく分かっていないと人は、特に、自分のしている行動がおかしいと思っていないということになるので、危険性が大きいでしょう。

気づかないうちに自分がおかしな行動をしているというのはショックですから、本当に自分が痛い行動をしていないのかということは、きちんと行動を振り替えて見てみる必要があります。

痛い女の11個の特徴

痛いと言われてしまう人は残念ながら一定数は必ずいます。

痛いと言われていることが分かっていなかったとしても、自然としている行動が痛い状態になってしまっているのです。

こういった人たちがすべて同じ行動をしているわけではありませんが、ある程度は「痛い」特徴には共通していることもあるでしょう。

「痛い」という共通認識があるということはつまり、「痛い」人が持っている共通の特徴もあるということなのです。

それでは、痛いと言われてしまう人の場合には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、痛い女の特徴について詳しく見てみることにしましょう。

1、年齢や体型に合わない服を着る

まずは、年齢や体形に合わない服を着ている人が挙げられるのではないでしょうか。

服というのはその人のアイデンティティを表していますから、そこで失敗してしまうと、どんなことをしていても痛いということには変わりがなくなってしまいますよね。

どんなに普通の行動をしていたとしても、痛い服装をしているだけで痛い女だと思われてしまうのです。

その中でも年齢や体形に合わないと痛いと言われてしまうのではないでしょうか。

体型に合っていない服というのは、太っているのに身体にぴったりしているような服を着て、他の人が目のやり場に困ってしまうような状態であることを言います。

また、自分の年齢を考えずに若い服を着ているような人のことも、痛いと言われてしまうのではないでしょうか。

若い服というのはもちろん、露出が多かったり、レースやリボンが多い服のことを言います。

男性よりも女性の方が、服の年齢制限が厳しいようなところがありますから、その年齢制限を超えた服を着てしまっているような場合には、痛い女扱いされてしまうので注意が必要ですね。

特に、現代ではプチプラの服が増えていますが、そのほとんどが若い人向けとなっています。

本当に自分の年齢で着て良い服なのかということはきちんと考えてみなければいけないでしょう。

2、「ぁたしわ」等の変な小文字の使い方をする


メッセージのやり取りの中で痛いと思われてしまうことも少なくはありません。

どのようなメッセージを送っているかということで、人からどう思われるのかという印象は大きく変わります。

きちんとしたメッセージを送ることができれば、相手にはかっちりした人だと思ってもらうことができるでしょう。

逆に、フランクなメッセージを送っていると、親しみやすい人だと思ってもらうことができるかもしれません。

ですが、時代遅れなギャル文字を使ってくるような人の場合には「痛い」ですね。

ギャルが使っていても十分痛いと思われてしまうようなメッセージなのに、それを使っているのが成人した女性だとなると、痛みもかなり深いものになるのではないでしょうか。

「ぁたしわ」など、小文字を使っているのは痛さの特徴だと言えます。

また、女子の「は」「を」などを「わ」「お」と使っているのは、遺体を通り越して知性を感じないと思われてしまう可能性もありますね。

時折、普通の人にとっては解読できない文字を作り出している人などもいますが、これらの文字を良い年の大人が使っているのを見ると、痛い女というのももちろんですが、付き合いを避けられてしまう可能性もあります。

3、「てへっ」等の擬音を使う

「てへっ」「ぷんぷん」などは、漫画などの表現ではよく使われていますよね。

いわゆる擬音語ですので、これを実際に言葉にする人はまずいないでしょう。

これらの言葉は状況を説明する言葉であって、決して口語の一種ではないからです。

ところが、これを実際に言葉にする女性がいます。

こうした女性はまず「痛い女」だと思って間違いありません。

擬音語をわざわざ口にする女性と言うのは、それが可愛いと信じ込んでいるからです。

その段階でかなり痛い女性ですが、それをさらに実行できるというところがかなり痛いですね。

痛い人と言うのは、そもそも一般人はその感覚を理解できないものです。

「てへっ」と言って可愛い振りをしているのは、かわい子ぶっているというそれ以上に、それを実行してしまう神経が知れないという意味で「痛い」と言われてしまうのだと考えると良いでしょう。

4、中二病的な言葉使い

中二病的な言葉使いをしている人は、男女関わらず痛いと言われるのではないでしょうか。

中二病が可愛いと言われるのは小学生くらいまでで、実際に中学生がその言葉使いをしていたら、家族や友人から「黒歴史」扱いされることになるでしょう。

まして、それを成人済みの女性が使っていたら、すでに黒歴史を通り越して、触れてはいけない歴史になってしまうはずです。

中二病的な言葉使いをしている人の場合には、中学生、もしくは小学生のころから精神年齢が変わっていないということになりますから、それは痛いとしか言いようがないですよね。

中二病的な言葉使いと言っても色々なものが考えられますが、自分の一人称を含め、離している内容が中二病的な人は全て当てはまります。

自分ではジョークのつもりで言っていることであっても、相手にはただの中二病にしか見えないということもありますので、自分の認識と他人の認識が違う可能性があるということは、きちんと頭にとどめておかなければいけません。

その上で、中二病扱いされて痛い女だと思われる可能性があるということも覚えておきましょう。

5、女子力アピールをする

女性力アピールをするというのも痛い女性の特徴の一つなのではないでしょうか。

女子力と言うのは、確かに持っている方がモテることには間違いないでしょう。

女子力は、外見的な魅力に気を使っているということもありますし、すぐに結婚相手にと望まれるほどに色々な家事能力があるなど様々なところで使われますよね。

これらのテクニックや魅力と言うのは、持っている方が得になることは確かなはずです。

ですが、これらを持っているということをアピールするのは違うのではないでしょうか。

あまりにも自分で女子力アピールをしている人は、痛い女と思われてしまいます。

誰にも女子力が高いことを言づいてもらえないという段階で、大した女子力ではありません。

また、自分から女子力をアピールすることで、男受けをあからさまに狙っているような女性だと思われてしまうのです。

これでは痛いと思われてしまってもおかしくはありませんよね。

6、過度なアイドルヲタク

女性の中にはアイドルオタクと言われる人もいますが、過度なアイドルオタクの場合には痛いと思われがちなのではないでしょうか。

そもそも、アイドルオタクと言うのは、周りからあまり理解されることはありません。

自分の中では最高に盛り上がるようなことであっても、他の人から見ると、年甲斐もなくと感じてしまうようなことでもあるのです。

アイドルに熱中しているのは良いですが、オタク活動と言うのはほかの人に理解されないことがあると言ことを念頭に置いていなければいけません。

他の人がドン引きしてしまうような勢いでの活動をしていることを大っぴらにしていると、痛い女性だと思われてしまうことがよくあるでしょう。

7、自慢話しかしない

自慢話しかしない女性もかなり痛いと思われるのではないでしょうか。

自慢話と言うのはしている方は楽しいかもしれませんが、聞かされている方は何も楽しいことなどありません。

自慢話をするのは、基本的には自分をすごいものだと思わせようとしてのことです。

必死に自慢をして自分の下部を上げようとしているところを見ると、それ以外にアピールする方法はないのかということばかりが浮き彫りになってしまいます。

良い年になって自分の自慢話しか話す内容がないというのも、人間としての中身の薄さを露呈していますよね。

だからこそ、痛い女性だと思われてしまうことになるのです。

8、ギャップアピール

中にはギャップを自らアピールしてくるような女性もいるでしょう。

ギャップと言うのは人の魅力の一つであり、人を引き付けるものとなります。

ギャップ萌えというような言葉もありますから、こうした魅力を持っている人になりたいと思う方も少なくはないでしょう。

ですが、それを自分でアピールし始めるというのはとても痛いですね。

ギャップと言うのはほかの人から見てのギャップということになりますから、自らアピールするものではありません。

人は「作られたギャップ」に惹かれるわけではないのに、それを分かっていないような行動をするところが痛いのです。

9、可愛いもの好きアピール

可愛いものが好きだとアピールすることも、かなり痛い女性だと思われてしまう特徴の一つなのではないでしょうか。

最も、ぶりっ子自体は男性からは痛いと思われることがありません。

あまりにもあからさまであるようなら、周囲の人全員から痛い女扱いされることになるでしょう。

ですが、上手なぶりっ子の場合には、男性人気が高いということもあるのではないでしょうか。

逆に同性からの人気はなく、同性から見るとあからさまなぶりっ子アピールが痛いということになるのです。

男性は気付いていなくても、同性の中では「痛い女」と言う存在もいるかもしれませんね。

10、デキる女アピール

自分からできる女性だということをアピールするのもかなり痛い証拠になるのではないでしょうか。

できる女性だというのは外部からの評価になるはずであり、自分から言い出すものではありません。

評価をされている人は、自分から何もしなくても相手から評価されるものです。

自分でできるできるとアピールしている人は、ただの痛い存在なのです。

これは女性に限らず、男性であっても同じなのではないでしょうか。

最も、本当にできる存在であるとしても、必要以上に自分でできる存在だとアピールしていることは、一般的に見ればとても恥ずかしいものです。

言動が残念だという評価をもらってしまうこともあるかもしれません。

そういった言動さえなければ完璧なのに、自分の「できるアピール」の所為で、「できる人」から「痛い人」まで評価を落としてしまっている人もいるかもしれませんね。

11、モテる自慢

モテる自慢をしてくる女性のことも痛いでしょう。

自らでそれを自慢に思っているようなことがあれば、異性からも同性からも疎ましいと思われる存在になるのではないでしょうか。

確かにモテるというのは自慢になることには違いありません。

誰だって梳かれている方が嬉しいものですし、異性からモテるということは自分の魅力を認められるということになります。

ですが、モテるという自慢をするということは、自分の魅力を自分で語っているというようなことにもなりますよね。

それは大声で自慢をしていることと同じになりますから、かなり痛い女性に見られてしまうはずです。

痛い女に出会ったら

できれば出会いたくないと思っている痛い女性ですが、そう簡単に避けられるものでもありません。

上述のような行動をしている女性は珍しくはありませんから、自分の周りにもそういった行動をしている痛い女性と言う人はいるのではないでしょうか。

また、環境が変わったときに、一人や二人は痛い女性というものに関わる機会があってもおかしくはありません。

そういったときにはどのような対処をすれば良いのでしょうか。

完全に無視することができる相手なら良いかもしれませんが、社会生活の中では、完全には無視することができない相手というものもいますよね。

そんなときの対処法について詳しくご紹介します。

スルーする

痛い女性に会ってしまった場合には、まずはスルーするということが大切なのではないでしょうか。

痛い女性の痛い言動をスルー出来るだけの心の耐性をつけるのです。

しっかりとスルーすることができれば、痛い言動をしている相手であったとしても、それほどダメージを負わずに済むでしょう。

しっかりとスルースキルを持っていれば、周りから「この人は同類だ」と思われることもないはずです。

最も、相手がスルーしてもかまわないような立場の人でなければできませんが、軽く流すというのが一番良いのではないでしょうか。

最も、そうやってあしらっているうちに「この人は相手をしてくれる」と言う認識を持たれてしまい、その人から執着されるようになる可能性もありますので注意は必要です。

相手が無視できないような目上の立場の時には、このスルーするという対処法が一番なので覚えておくと良いのではないでしょうか。

共感する時は浅く

痛い女性が相手であったとしても、立場的に同意しなければいけないということもあるでしょう。

世間話の要領で、相手の言うことに頷いていなければいけないということもありますよね。

そんなときには、浅い共感を示すようにしましょう。

相手には伝わらなくても、周囲には「無理やり言わされている」と言う態を取っておくことが大切です。

そうしなければ、周りからは同類だと思われてしまうのです。

また、「この人は仲間だ」とロックオンされてしまうよりは、浅い共感で「この人は同意してくれない」と思ってもらった方が距離を置くことができますよね。

相手に執着されないように、そして周囲に誤解されないように、浅い共感や当たり障りのない回答でお茶を濁すようにすることも大切です。

反面教師にする

痛い女性と言うのは、自分がそうなりたくない姿と言うこともできますよね。

そんな人と一緒にいても得をすることはほとんどありませんが、無理矢理にポジティブに解釈することができるとすれば、「反面教師になる」ということが挙げられるでしょうか。

このような人間にはならないという目標としては、常に傍にいてもおかしくはありません。

常に近くにいて、こうなってはならないと身をもって教えてくれていると考えれば、少しは痛い言動も許容できるようになるのではないでしょうか。

人間は、何か手本になるものが近くにならないと、すぐに道を間違ってしまいます。

ちょっとしたことで道を踏み外してしまうこともあるのです。

そんなときには、しっかりと傍にいる反面教師を見て、「こうはならない」という決意を固めることにしましょう。

もちろん、そう考えるだけで痛い女性の近くに痛くなるということは絶対にありませんが、少なくともそれ以外では利用価値がないのですから、仕方ありません。

勇気を出して指摘する

どうしても相手に耐えられなくなった場合には、勇気を出して相手におかしいということを指摘してみましょう。

意外と、自分では気づかないうちに痛い言動をしている人の場合には、指摘を受け入れてくれるかもしれません。

もしくは、相手から嫌われてしまうこともあるかもしれません。

相手が上司のような場合には、それは確かに危険です。

ですが、それが友人の場合には、その相手に避けられるようになっても、全然ダメージはないはずです。

むしろ、相手から避けてくれるようになって快適な毎日を送れるかもしれません。

耐えられなくなり、相手が「自分にとって重要な存在ではない」のだとすれば、勇気を出して相手に指摘して見るということも大切ですね。

上手におだてて流す

相手が上司などの場合には、そう無碍にすることもできません。

自分の立場にも関わるという場合には、相手が変わってくるのは諦めて、上手におだてて流すようにした方が良いのではないでしょうか。

相手が気持ち良くなってくれれば良いのですから、痛い言動に目をつぶって流すようにしましょう。

極力接点を持たない

痛い人と一緒にいると疲れるのは、相手とのかかわりがあるからです。

相手とのかかわりがなくなってしまえば、相手の痛い言動に付き合う必要もなくなるでしょう。

相手を変えることはなかなかできないのですから、自分が相手と関わらないようにすれば良いのです。

極力接点を持たないようにするというのは、相手との関係にもよります。

どうしても離れられない相手の場合には、他の対処方法でどうにかしなければいけませんが、友人の場合にはできる限り接点を持たないように過ごすことも可能なはずです。

できる限り相手と接触することがないようにして、自分の心の平穏を保つことができるようにした方が良いでしょう。

距離をおく

距離を置くということも大切ですね。

もちろんこれは、相手が距離をおけるような立場の人のことを言います。

例えば、痛い女性が職場の上司のような場合には距離を置くことができないので、それなりの対処法をきちんと身に着けておく必要があるでしょう。

ですが、中にはただの友人や知人ということがあるはずです。

こうした相手の場合には、その人との関係を切ってしまったとしても、ほとんど問題がありません。

それに付随する人間関係を失ってしまう可能性はありますが、面倒くさい諸々を一緒に切ってしまうと思えば、それほど惜しいものでもないのではないでしょうか。

少しずつ距離を置いて行くことにすることで、それほど「絶縁した」という強烈な印象を周囲や相手に抱かせることもなくなります。

付き合いきれなくなったと思ったときには、しっかりと相手と距離を置くようにすることも大切なので、無理をしないように相手と付き合っていくようにすると良いでしょう。

痛い女に対する周りの本音

痛い女は周囲に一人はいるでしょう。

ですが、そういったタイプの女性に対しては、周囲はどのようなことを思っているのでしょうか。

日本人には本音と建前がありますから、そう簡単に本音を漏らすことはないでしょう。

ですが、実際に心の中ではどのようなことを考えるのでしょうか。

痛い女に対する周りの本音を少し覗いてみることにしましょう。

関わりたくない

まずは、関わりたくないというものが大きいのではないでしょうか。

痛い女性と言うのは、関われば関わるほど、面倒くさい言動に悩まされることになりますし、自分の心もダメージを負います。

彼女の行動原理が分からないので、困惑しているうちにつかれてしまうということもあるでしょう。

また、一緒にいるところを見られえると、自分までいたいと思われてしまうのではないかと言う危険性もありますよね。

取り敢えず、よく分からないような人だということだけは分かっているので、そういった人にはかかわらないのが一番だという気になるでしょう。

とにかく、我関しなければ被害も何もないことは分かっています。

そのため、そういったタイプの人がいたら、取り敢えず関わらないようにして、最低限の付き合いで疎遠にしようと考える人は少なくありません。

彼女にしたくない

彼女にしたくないと考える人もたくさんいるでしょう。

男性側からしてみると、痛い女性と付き合うのはまず無理ですし、好きになるのも難しいのではないでしょうか。

もちろん、痛い行動をしている女性が絶世の美人の場合には、正確には目をつぶって付き合ってみたいと思う男性もいるはずです。

ですが、普通の人の場合には、わざわざ痛い女性を選ばなくても、ほかにいくらでも鵜通のタイプの女性がいるのですから、無理をして付き合う必要はありませんよね。

周囲から痛いと思われている女性と付き合うと、「趣味が悪い」「同じような思考回路なんだ」と思われてしまい、自分の株を下げることにもなります。

できる限りそういったことはしないようにしておく方が良いのではないでしょうか。

ドン引きする

関わりたくない、彼女にしたくないという気持ちよりも先に、まずはドン引きをするという人が大半かもしれませんね。

それ以上の気持ちと言うのは、ドン引きが収まってから出てくるものです。

まずはドン引きと言うところから始まるのが、痛い人に対する周囲の本音でしょう。

痛い人と言うのは、普通の人には理解できないような言動をしていることが多くあります。

全く理解できないのに、相手がそれを嬉々としておこなっているところを見ると、理解の範疇を越えていてどうしようもなくなってしまいます。

そのために、ドン引きしてしまうような状態になるのです。

一度ドン引きすると、その後の付き合いもマイナスから始まることになってしまいますので、痛い女性と言うのは避けられる傾向にあるのです。

友達にもしたくない

恋人にしたくないと異性が思うのはもちろんのことですが、友達にもしたくないと思っている人が多いでしょう。

痛い女性と言うのはそもそもが面倒くさい存在であることが多いですし、付き合っていて得をすることは何もないと周囲が考えてしまってもおかしくはありません。

また、上述のように、関わっていると自分まで同類だとみなされてしまうような危険性があるため、そういったリスクを避けるためにも、できる限り友達付き合いも避けようとしてしまう人がいてもおかしくはないのです。

痛過ぎて笑える

痛い女性と言うのは、関わりたくない、ドン引きをしてしまうという状態を越えると、だんだんと面白くなってくると言うこともあるかもしれません。

確かに、自分とはかかわりがない場所で見ていると、その常識外れの行動や、極端な痛い行動と言うのは見ていて面白いものです。

まるで映画の中にでてくるような「痛い女」が目の前にいるのですから、目を逸らすことができないエンターテインメントとしてとらえられている可能性もありますね。

痛い女性と言われている人と親しく付き合うことができる人と言うのは、その人も感性が変わっている可能性もあるとはいえ、面白がっているというのがほとんどです。

もちろん、その面白いという意味もポジティブな方向ではなく、ネガティブな方向になっているのではないでしょうか。

痛い女は男性からも女性からも引かれる

いかがですか?
痛い女性と言うのは周囲を見ればひとりは必ず見つかるでしょう。

痛い人間と言うのは周囲の人間にとっては厄介な存在であることには違いありません。

痛い女の扱いには困るものですし、友人付き合いして自分も同類だと思われてしまうのは嫌ですよね。

結局は痛い女性は男性からも女性からもドン引きされてしまって、いつの間にか、あまり親しい人がいないという状況になっているかもしれません。

痛い行動と言うのは自覚して行うものではありませんから、まずは自分自身で自分の行動を振り返ってみることが大切です。

自分の行動を振り返ったうえで痛いと思われるような特徴の行動をしていたことが分かったのなら、少し生き方を変えてみる必要があるかもしれませんね。