私たちが生きていく上で絶対的に必要な存在は何かと考えてみると、お金が挙げられると思います。

なぜお金が生きていく上で必要な存在なのかと考えた時に、考えられる理由としては、まず私たちが生きるためには食事をしなければいけません。

生きるためには当然ながらエネルギーが必要であり、それ以外にも栄養などを摂取しなければ生きることはできません。

では、そのエネルギーや栄養などはどのようにして摂取するのかと考えると、食物などから得ていかなければいけません。

その食物などはどうすれば手に入るのかと考えたときに、一般的にはスーパーなどに足を運んで、お金を支払い購入しなければいけません。

また、生きるためには安全な家が必要になります。

人によっては実家に暮らしている方もいたりするので、お金がかからない可能性もありますが、一般的にはどちらにしてもまとまったお金かある程度毎月お金を支払わなければいけない状況になります。

なので、生きていくためには絶対的にお金が必要であると考えることができます。

そして、私たち人間は基本的には一日に一回くらいは、その大切なお金を用いて何かを購入したりする方が多いと思います。

毎日お金を触るということは、自然とお金の管理などをしっかりとある程度行う必要性があると考えることができます。

しかし、中にはお金の管理が苦手だと感じていたり、整理したりすることなどが不得意な方もいると思います。

そこで、今回は薄い財布をテーマにして、財布が薄いことで得ることができるメリットについてご紹介していきたいと思います。

もしもお金の管理が苦手で、財布がいつも厚くなってしまっているという方はこれをきっかけに財布を薄くしてみることにチャレンジしてみましょう。

財布が厚くなっていませんか?

あなたは自分の財布の管理がしっかりとできていますか?
人によってはいつもスマートに財布の中を管理しているという方もいれば、中には財布の中身がいつも管理できていなくて困っていると感じる方もいるかもしれませんね。

先ほどもお伝えした通り、一般的に考えてみれば1日に1回くらいはお金のやり取りをするようなことがあると思います。

例えば、仕事がある日であればお昼ご飯を購入したりするようなこともあると思いますし、ちょっとした飲み物を購入したりするためにコンビニに足を運んだりするようなこともあると思います。

もちろん仕事が無い日でもコンビニに行ったりすることもありますし、友達と遊んでいる時に買い物を楽しんだり、食事をしたりするようなこともあると思いますので、一日中家にいて、何もしていない限りは大抵の場合お金を使ったりすることが多いはずです。

なので、お金のやり取りをするようなことは基本的にたくさんありますのでその度に財布の中が厚くなっていると煩わしい気持ちになってしまったりすることが多くなります。

財布を薄くすることで、スマートなお金の扱いだけではなく、たくさんのメリットを得ることができるようになるので、今回ご紹介する内容を踏まえながら、そのメリットを大いに理解してみてください。

財布が厚い人の特徴とは?


今回は財布が薄いことで得ることができるメリットをご紹介していきますが、その前にまず理解していただきたい事として、財布が厚くなってしまいがちな人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

なぜなのかと考えたときに、財布が薄いことで得ることができるメリットの前に、まずは財布が厚くなってしまう人の特徴を知る事で、そこから自分自身の欠点を導き出していただきたいと思います。

欠点があるという事は、言い換えてみれば自分自身の弱点であると考えることができます。

自分自身に存在している弱点を理解して、その弱点を無くしていく過程の延長線上に、さらに財布が薄い事で得ることができるメリットを知っていただければ、より財布を薄くしてみようと思ったり、弱点をなくそうと努力をするモチベーションに繋がるからです。

なので、財布が薄いことで得ることができるメリットの前に、まずは財布が厚くなってしまいがちな人間の特徴から理解してください。

一見するとただの癖だと感じてしまいがちですが、実は根本的な原因が存在し、それが特徴になっているのです。

根本的にどんなことが見え隠れしているのか、自分のことを振り返りながら確認してみましょう。

せっかち

まず初めにご紹介する財布が厚い人の特徴は「せっかち」ということが挙げられます。

なぜ財布が厚い人はせっかちという特徴が挙げられるのかと考えたときに、まずせっかちな性格はどういう性格なのかと考えた時に、基本的に考えられる性格としては様々なことに対して結論を急いだりするような性格であると考えることができます。

つまり、物事に対してゆっくりと考えを巡らせたりするようなことがあまり好きではない人間であると考えられます。

なので、せっかちな性格をしている人に関しては、買い物などをしたりするときにどうしても端数までお金をそろえて出したりするよりかは、大きなまとまったお金だけをレジで渡したりするような場合が多いのです。

何事も急いている場合が多いので、ゆっくりとちまちま端数まで出したりする事があまり好きではないのです。

なので、それが続いていくとどうなるのかと考えると、最終的にお札などはなくなってしまって、小銭ばかりがたくさん溜まっていく財布になってしまうと考えることができます。

そうなるとどうしてもお札よりも小銭のほうが重さもありますし、厚みもありますので、膨らみやすくなってしまいます。

なので、せっかちな性格をしている人は財布が厚い人が多くなってしまうのです。

なかなか自分の性格を変えたりするのは難しいと思いますが、このせっかちな性格を直したいと思うのであれば少し余裕を持って物事に対して向き合ったりする必要性があります。

そうすることによってゆっくりと思考を凝らすことができるようになりますので、何事も余裕を持って深く考えてみるようにしてみてください。

捨てられない症候群


次にご紹介する財布が厚い人の特徴は「捨てられない症候群」ということが挙げられます。

なぜ財布が厚い人は捨てられない症候群という特徴が挙げられるのかと考えたときに、お金を捨てるということではありませんが、一般的に考えてお札よりも小銭の方が重さなども存在しており、その存在をどちらかといえば感じやすくさせてくれるものになります。

なので、小銭がたくさんあることに対して何かしらの安心感を抱いていたり、小銭がなくなっていき、財布自体が軽くなってしまったりすることなどが潜在的にあまり良しとしていないような傾向があったりする可能性があります。

また、お店で使用するカードなども捨てられずに貯めてしまいがちになります。

財布の中だけに関しては確定的なことは伝えられませんが、もしも自分の自宅なのにたくさんの物を溜め込んでしまいがちであったり、普段から自分が所有している物などを捨てたり管理したりするのがあまり得意ではない、もしくはまったくそれができないと感じている方に関しては捨てられない症候群になっている可能性があります。

別名で強迫的ホーディング、もしくはホーディング障害と呼ばれているような精神疾患のようなものであり、一般的に考えてゴミ屋敷のような状況になってしまったり、部屋を片付けることができないような方はこの症状が見られている可能性が高いので、財布と自分の自宅が両方とも危機的な状況にある方は注意をしておかなければいけません。

なかなかここまでのレベルになっている方は多くはいないと思うのですが、精神疾患になりますので、自分だけで解決しようとはせずに医療機関への足を運んで医師の診察を受ける必要性があるので、必要ならばお医者さんに診てもらいましょう。

先延ばしにする癖がある

次にご紹介する財布が厚い人の特徴は「先延ばしにする癖がある」ということが挙げられます。

なぜ財布が厚い人は先延ばしにする癖があるという特徴が挙げられるのかと考えたときに、理由としては何に関しても先延ばしにして考えてしまいがちな人間は目の前の問題をすぐに解決することができないため、様々な問題が積み重なった状況になりやすいからっと考えることができます。

例えば、今回ご紹介している財布に関する悩みも、本来であれば自分自身がしっかりと意識をしてお金を支払う時に小銭を積極的に使用するようにすれば必要以上に溜まったりすることは絶対にないのです。

確かに偶然小銭を使うような機会がない状況が重なってしまって、気がつけば想像以上に小銭がたまっていたというようなことがあったりするのですが、そんな状況が何度も何度も続いたりすることの方が逆に確率としては小さいですよね。

なので、きちんと自分が意識をして早い段階で問題意識を持って解決しようと考えていれば悩む必要がない問題なのです。

しかし、物事を先延ばしにして考えたりする癖を持っている方は、次にお金を支払う時にしっかりと小銭を使えば問題ないだろうと思っている方が大半なのです。

それを踏まえて考えてみれば、お財布が厚い人は様々な物事を先延ばしにして考える癖があると判断することができますので、一つの特徴になると考えることができます。

頭の中がいつもごちゃごちゃしている

次にご紹介する財布が厚い人の特徴は「頭の中がいつもごちゃごちゃしている」ということが挙げられます。

なぜ財布が厚い人は頭の中がいつもごちゃごちゃしているという特徴が挙げられるのかと考えたときに、頭の中がごちゃごちゃしてしまっているということが目の前の物事に対してあまり集中することができない状況であると考えることができるからです。

例えば、頭の中がすっきりとしているような状況と、自分の中で気になっていることを何か抱えているような状態で物事を考えたりする状況を比べてみれば、圧倒的に前者の方が集中力が高まるということは考えるまでもありませんよね。

これまでの人生で何か自分が気になることを抱えながら、目の前のことに対して行動した経験がある方は多いと思うのですが、そのような時は決まって目の前のことに対して集中することが難しい場合が多いです。

なので、常に頭の中がごちゃごちゃしていたりするような人間に関しては、お金のやり取りなどをするときも目の前のことに対して集中できていない可能性が高いので、細かい端数のやり取りなどは行なったりしない可能性の方が高いのです。

逆に、常に頭の中がすっきりしているような人間であったり、物事に対してスムーズな考え方ができるような人間は、お金をやり取りしたりするときも複雑な計算式を頭の中で思い描きながら、小銭をどのように使えば良いのかということなどを考えている可能性が高いのです。

なので、結果的に財布の厚さなどは対照的になりますので、頭の中がいつもごちゃごちゃしているような人間は財布が厚い人間の特徴であると考えることができるのです。

お財布の中が厚くなりがちな方で、この特徴が該当する場合は、あまり複数の事を抱えないような状況を作ることが大切であり、シンプルな状況を作れるように努力をしましょう。

財布同様、かばんや部屋の中もぐちゃぐちゃ

次にご紹介する財布が厚い人の特徴は「財布同様、かばんや部屋の中もぐちゃぐちゃ」ということが挙げられます。

なぜ財布が厚い人はかばんや部屋の中もぐちゃぐちゃという特徴が挙げられるのかと考えたときに、考えられる理由としては部屋の中も財布の中もある程度リンクしているからだと考えることができます。

なぜ財布の中の部屋の中がリンクしているのかと考えてみると、逆に考えていただきたいのが財布の中は清潔にスマートにしているのに、部屋の中が汚く、散らかっているような人間を逆に想像することができますか?

一般的に考えて財布の中が汚ければ部屋の中も汚いですし、財布の中が綺麗に整えられている人間は部屋の中も綺麗に整えている可能性が高いです。

なぜならば、部屋を片付けたり清潔な状態に保つことができる人間は、逆に清潔な状態や片付けられている状況を好んでいたり、そうしないと気が済まない人が多かったりするのです。

汚い部屋にいると気持ちが悪くなってしまったり、居心地が悪いと感じたりするような方が多く、そのような方は財布の中も同じように、汚いと落ち着かなくなってしまう可能性が高いです。

なので、部屋の中と財布の中はリンクしており、どちらも同じような状況に保たなければ我慢できない方が多く、気にしない人はどちらも気にしないので、片方だけを気にする場合は少ないので、結局部屋も汚いという結果になってしまうのです。

なので、どちらかを常に綺麗にするように心がけてみれば、おそらくそれにリンクしてもう片方を綺麗にしようという気持ちが芽生えるようになると思いますので、まずは継続してそれを実践するということから始めてみてください。

買い物依存症の人も多い

次にご紹介する財布が厚い人の特徴は「買い物依存症の人も多い」ということが挙げられます。

なぜ財布が厚い人が買い物依存症の人も多いという特徴が挙げられるのかと考えたときに、買い物依存症の人はたくさんの場所で買い物をしたりするため、その度にポイントカードなどを作ったりする場合が多く、結果的に財布の中がごちゃごちゃしてしまいやすくなると考えることができます。

ポイントカードに関しては数枚程度ならそこまで大した重みになったりはしないのですが、たくさん集まったりすると想像以上に膨らんでしまったりする原因になります。

なので、買い物依存症の人は一般的な人よりも多く買い物をしたりするため、かなりポイントカードなどが集まってしまうと判断することができます。

もしも自分自身が買い物依存症になってしまっていると感じているならば、これは危機感を持たなければいけないことだと理解してください。

なぜならば、買い物依存症は治療が必要なほど症状が進んだ場合は、かなり深刻な状況になる可能性があり、お金がない状態でも買い物をしてしまいやすくなりますので、借りてはいけない場所でお金を借りてしまったり、場合よっては破産してしまって人生が台無しになってしまう可能性があります。

女性の多いと言われており、該当すると感じた女性は注意するようにしてください。

ちなみに、買い物依存症を発症してしまう原因としてはストレスが溜まってしまっている可能性が高く、ストレス発散方法が買い物ということになっている場合が多いです。

なので、買い物以外に自分がストレスを解消できるような方法を見つけることが一つの改善策になると思いますので、自分なりにストレスを発散できるような趣味を見つけるようにしてみてください。

財布が厚いと周囲からどう見られる?

ここまでは財布が厚くなってしまう人の特徴についていくつかご紹介していきました。

こうして考えてみると、財布の中が厚くなってしまうということはあまり良くない特徴をたくさん持っている可能性があるということがお分かりいただけたと思います。

なので、もしも今現在財布が厚くなってしまっており、先ほどご紹介した項目のいずれかに該当しているのであれば注意をしなければいけません。

そして、ここからはさらに財布が厚いと周りからどのように見られてしまうのかということについていくつかご紹介していきたいと思います。

個人差がありますので、絶対にそうだと思われるということではないのですが、一般的に考えてこのように思われる可能性は十分考えられますので、危機意識を持って現実を受け入れるようにしてください。

片付けができないだらしない人

財布が厚いと周囲からどう見られるのかと考えたときに、挙げられる印象としては「片付けができないだらしない人」という印象が存在しています。

なぜ片付けができないだらしない人と見られてしまうのかと考えたときに、財布の中が厚いということは、一般的に考えて整理整頓をすることが苦手な方であったり、それをすることができない人間であると判断されてしまいます。

実際に整理整頓ができるような人間や、自分の部屋を常に綺麗に保つことができるような人間に関しては様々な場面において物事をスマートにまとめています。

雑に扱ったり、散らかしたりしてしまうこと自体が少なく、そうなってしまったままだと違和感を感じて逆に落ち着かなくなるからです。

なので、それと同じように財布が厚い人は部屋も汚く、様々な行動が雑でだらしがないと思われてしまいやすく、それは仕方がない事なのです。

なので、大きなデメリットに繋がる可能性がありますので、注意をするようにしてください。

財布にすべてが集約されているから、スリに狙われやすい

財布が厚いと周囲からどう見られるのかと考えたときに、挙げられる印象としては「財布にすべてが集約されているから、スリに狙われやすい」という印象が存在しています。

なぜならば、財布が厚いということは、それ相応に中身が存在しているからだと考えることができます。

それがポイントカードだけなのか、お札が入っているからなのか、小銭が溜まっているなのかということはわかりませんが、どちらにしても財布が厚いということは、それだけでそれなりの存在感が生まれるようになります。

そうなると、スリからしてみれば格好のターゲットであると判断されてしまいやすく、なんとなく本人に対しても悪い印象がつきまとってしまいます。

不安感をあおられるような存在になるため、あまり印象的によくありませんので、常に財布が管理をしてスマートな状態になるように心がけるようにしてください。

薄い財布の6個のメリットとは

財布が厚い人に対して、あまり嬉しくない内容だったと思いますが、逆に財布が厚い人からしてみれば、財布を薄くすることでどのようなメリットが得られるのか知りたいと考える方もいると思います。

そこで、ここからは財布が薄い人のメリットについていくつかご紹介していきたいと思います。

財布が常に厚い人はなかなか薄い財布のメリットなどに気が付きにくくなっている事も多いので、これをきっかけにして、薄い財布のメリットを改めて受け止めてみてください。

必要なものが探しやすい

まずはじめにご紹介する薄い財布のメリットは「必要なものが探しやすい」ということです。

なぜ財布が薄いと「必要なものが探しやすい」というメリットが得られるのかと考えたときに、これは考える必要もないくらい単純なことではありますが、財布の中がごちゃごちゃになってしまっている場合、自分が必要とするものを探したりするまでに大きな時間がかかってしまう可能性が生まれます。

当然ながら、汚い部屋で必要なものを探したりするよりも、綺麗な部屋で必要なものを探したりする方が圧倒的に時間はかかりませんよね。

それと全く同じであり、財布の中を綺麗に薄く整理しておくことによって、結果的に何かしらの動作をとったりするときに短時間で行うことができるようになり、大きなメリットを感じられるようになるのです。

だらしなく見えない

次にご紹介する薄い財布のメリットは「だらしなく見えない」ということです。

なぜ財布が薄いと「だらしなく見えない」というメリットが得られるのかと考えたときに、これは逆のことを考えていただければわかりやすいと思うのですが、財布が厚い人を見かけた時に、一般的に感じる印象としてはだらしない人間だという印象だからです。

なぜならば、財布が厚いということは考えられる可能性としてはポイントカードなどがぐちゃぐちゃになってしまって整理されていない可能性や、毎回の支払いの時にきちんと財布の中身のことを想定して小銭を使うような几帳面な性格をしていない人間である可能性が考えられますよね。

なので、逆に財布の中がいつも薄く、整理されてスマートな財布の状態になっている人を見かけると、きちんと財布の中に必要なものを整理していたり、今後の事を考えて財布の小銭をきちんと扱うことができるようなマメな性格をしている人間であると判断されやすいのです。

なので、財布が薄いことは客観的に見てだらしなく見えないという大きなメリットを得ることができるようになります。

スリムな財布はスタイリッシュに見える

次にご紹介する薄い財布のメリットは「スリムな財布はスタイリッシュに見える」ということです。

なぜ財布が薄いと「スタイリッシュに見える」というメリットが得られるのかと考えたときに、逆の状態を考えてみればわかりやすいと思います。

例えば、一般的に考えて財布が厚くなってしまっているような状態を見かけてしまうと、だらしない印象を与えてしまいがちになりますよね?

そして、その反対にしっかりと財布の中をスリムにして、薄い財布の状態を保っていれば、結果的にスタイリッシュに見えるようになるのです。

さりげなくそのポイントを感じさせてくれることによって、男性であればより魅力的に相手に感じさせることができるようになるので、とても大きなメリットを与えることができます。

もしも異性と食事に行った時に、お会計の場面でパンパンに膨らんな財布を取り出したりした姿を想像してみるととてもかっこ悪いですよね。

さらに、その時に必要なものがなかなか出てこずに探したりして会計に手間取ったりしている姿を見せてしまうと、ある程度の落ち着いた年齢であればあるほど、とても滑稽に見えてしまうものです。

一緒に食事に足を運んでくれた女性に対しても迷惑をかけたり、恥ずかしい思いをさせてしまうことになりますので、必ずその点については注意をするようにしてみてください。

スリに狙われない

次にご紹介する薄い財布のメリットは「スリに狙われない」ということです。

なぜ財布が薄いと「スリに狙われない」というメリットが得られるのかと考えたときに、一般的に考えてスリが財布を狙う場合は、財布の中にたくさんのお金が入っている財布を狙うからです。

なぜならば、現実的に考えてスリもなるべくであればたくさん入っている財布を盗み、たくさんの利益を出したいと考えているはずだからです。

薄い財布を盗み、何度も何度も盗んでばれてしまうリスクを背負うよりも、たくさん入った財布を盗んだほうが手間も省けて、捕まるリスクも少なくできるので、得なことしかないですよね。

なので、財布を薄くしておけば、スリに狙われないというメリットを得ることができるようになります。

また、これは余談ですが、財布の中が膨らんでしまっているような人は一般的に考えて性格がだらしない方が多かったりします。

なので、スリから狙われるような財布の扱い方をしているような可能性も十分考えられますので、それも結果的に一つの特徴に繋がると考えることができます。

なので、普段からスリに狙われないようにするためにはしっかりと高い意識をもって財布の管理、そして財布を丁寧に扱うように心がけるようにしてください。

滅多に使わないカードを断捨離できる

次にご紹介する薄い財布のメリットは「滅多に使わないカードを断捨離できる」ということです。

なぜ財布が薄いと「滅多に使わないカードを断捨離できる」というメリットが得られるのかと考えたときに、財布を薄くしようと心がけていれば、必ずある一定期間で自分の財布の中を整理整頓するようになるからです。

基本的に何かを清潔に保つことができる人間は、一定期間で掃除をしたり整理整頓したりするような習慣が身に付いてる方が多く、実際に掃除を整理整頓しなければ綺麗にすることはできませんので、絶対的な特徴であると考えることができます。

それを踏まえて考えてみれば、定期的に整理整頓をすることができる人間であれば財布を整理整頓した時に普段使わないようなカードなどに関しては破棄したり、使わないカードを別の場所で管理したりするような行動をとることができます。

なので、結果的に不要なカードなどを溜め込んで財布をパンパンに膨らますたりするようなことがなくなり、断捨離することができるので、財布が薄いことで得ることができる大きなメリットにつながります。

スッキリしてストレス解消できる

次にご紹介する薄い財布のメリットは「スッキリしてストレス解消できる」ということです。

なぜ財布が薄いと「スッキリしてストレス解消できる」というメリットが得られるのかと考えたときに、これは財布も部屋も全く同じだと思うのですが、整理整頓された場所や綺麗な場所を使ったりする時は必ずすっきりした気持ちや、晴れやかな気持ちになることができるからです。

例えば、日常生活で考えてみればあなたがトイレに入った時に汚いトイレだった場合はとても嫌な気持ちになりませんか?
その反対に、トイレに足を運んだ時に想像以上にツルツルピカピカなトイレだった場合はとても嬉しい気持ちになるはずです。

なので、整理整頓されているその場所が清潔であるということは自分自身の気持ちを大きく変化させてくれる要因になり得ると考えることができます。

それは財布も同じであり、財布の中がきれいにすっきりしている状態であれば、結果的にごちゃごちゃしているよりもストレスを感じにくくなり、扱い際にストレスを解消してくれるようになりますので、メリットにつながると考えることができます。

金運アップに繋がるかも!

今回は薄い財布をテーマにして、財布が厚い人の特徴や、財布が厚いとどのように見られてしまうのか、そして薄い財布のメリットについてご紹介していきました。

想像以上に、財布を薄くしたりスマートに管理したりすることによってたくさんの
メリットを得る事ができるということがお分かりいただけたと思います。

今回ご紹介した内容を通じて、もしもあなた自身が日常的に財布の中がパンパンに膨らんでしまいがちなのであれば、これからは財布の中を薄くすることができるようにどのような工夫をすれば良いのか?ということを考えたり、普段から心がけるきっかけとして活用してみてください。

薄い財布にすることで、無駄遣いなども防ぐことができたり、スマートなお金の扱い方ができるようになりますので、金運アップにもつながる可能性がありますので、チャレンジしてみてくださいね。