仕事をしている時に1度でも思っていたことや、どうしようか悩んでいるという人はいませんか?

例えばこの仕事を続けていて大丈夫なのだろうか、自分は成長をする事ができるのだろうかと考えてしまう人も多いと思います。

転職という言葉は最近では多く耳にすることがあり、自分に合わなければ気軽に転職をするなんていうような人も多くいるのです。

ですがその転職をするというのはメリットもありデメリットも存在しますよね。

仮に「今の仕事から離れるようにしたい」と思うのであれば転職をするしかないと思います。

その際には似たような仕事を探したり、新しいことや自分のしたい仕事を探すというような事も多くあると思います。

ですが早々に見つけるということはできないですよね。

転職をいざしようとしても準備となるものが必要になるからです。

また今の環境から変わるというのは何よりもデメリットに感じることなのではないかと思います。

今の環境が仮に良い環境であっても給与などが低いから転職をするという人も中にはいるでしょう。

デメリットと考えてしまうと転職をしない方が良いかもしれないと考える人もいると思います。

ですがどうしても転職をしたいという人も少なからずいるのです。

今回はそんな転職したい人がやるべき10個のことについてお教えしたいと思います。

例えば転職をする際に準備をしておくべき事というのがたくさんあるのです。

職を探すにしても気になる企業の情報であったり、常に最新の情報を頭に入れておかなくてはいけません。

転職をするとなると経済的にも余裕というものがあると良いでしょう。

転職活動中というのは一番かかるものは経済的な面です。

例えば様々な説明会などにも参加をして場所も様々な場所で行われるというようなところが多いです。

また場合により他県で面接をしなくてはいけないというような企業もあるでしょう。

その時にかかるものというのがお金ということになりますよね。

仮に行ったとしても必ず合格をして転職をすることができると言えないような環境でもあるので、転職活動をする際には経済的な面を多く持っておくことで安心して転職活動に望むことができるのではないかと思います。

では転職したい人がやるべき10個のことについて詳しく見てみたいと思います。

仮に転職活動をしているという人や過去にしていたという人でも、今からしようと思っている人も転職活動をする際にはこの10個のことをするように心がけましょう。

転職をするメリット

ではその転職活動に入る前にまずはメリットとなるものがありますよね。

転職をして変わるものと言えば待遇の面というのが1つ、そして気持ちを新たに働くことができるという気持ちの問題というのもあるでしょう。

今働いている環境によりメリットというのは大きく変わっていくのです。

メリットを重視してみると様々な違いというものが見られることが多いです。

他にもやりたい事をすることができるというものや新しいことに挑戦をすることができるというメリットも存在します。

では具体的にどの様なメリットがあるのかを見てみたいと思います。

待遇面の向上が期待できる


待遇面での向上が期待できるというのは1つのメリットになるのではないかと思います。

今の会社と転職をしようと思っている会社での待遇の違いに差が大きくあるのであれば、それはメリットに変わるようになるでしょう。

待遇というのは例えば休日や有給の数でもそうですし福利厚生なども充実しているのかどうかという所にもあると思います。

特に会社の違いとしては休日などがどれほどあるのか、有給などはいつから使えるのか、何日ほどあるのかというような事を考えなくてはいけません。

なので転職をするメリットの1つとして待遇面の向上が期待できるというようなものがあります。

誇大広告に騙されないようにする

ここで注意をすることがあります。

待遇面の向上に期待できるというのもありますが、これは同時に本当なのかどうなのかという所の信頼にも関わってきます。

最近よく聞くブラック企業というような所では誇大広告というようなもので人を集めては実際とは違う内容の待遇にしているというような事が多いです。

誇大広告というのは違反でありますが、実際には多くの企業も使っているのではないかとも言われています。

真実を確かめる際には実際にそこで働いた経験のある人の意見を聞いたりすると良いでしょう。

騙されないようにすることが一番です。

気持ち新たに働くことができる

気持ちを新たに働くことができるというメリットもあります。

気持ちを新たにして働くということは、今の会社では不満などがあったということにもなりますよね。

気持ちの切り替えをして新しく頑張るというのはとても良いことです。

気分転換というような言葉もありますが、気分転換で転職というのにはいかないですよね。

ですが環境が新たに変わるということは、新しく1から頑張ろうという気持ちにもさせてくれます。

この様なメリットもあるので転職をするという人も多いかもしれません。

新鮮な気持ちでがんばれる


新鮮な気持ちで頑張れることができるでしょう。

転職をしたということは前回の会社では少しでも不満などがあったということになります。

その不満から遠のいた時にはとても開放感で溢れると同時に次の転職先での仕事も頑張ろうというポジティブな気持ちを生み出してくれるのです。

新鮮な気持ちで頑張るというのはとても良い傾向にもなります。

転職先でも成果を出しているという人は、新鮮な気持ちで頑張っているからこそだと思うのです。

自分のやりたいことを追求できる

自分のやりやいことを追求できるというのも1つのメリットになると思います。

例えばこの様な仕事をしたいと転職活動中に探していて見事その転職先につくことができたとなればメリットになることになるでしょう。

この様な仕事に就きたかった、この様な仕事をするのが夢だったという人は、その夢に追求をすることができるようになります。

もっと上を目指したいという気持ちから、様々な興味などに関心を持つようになるので、やりたい事を更に勉強することができるようになるでしょう。

希望のキャリアを構築しやすい

希望のキャリアを構築しやすいというような利点もあります。

希望のキャリアというのはこの仕事をして実力をつけたいというような職種に就くことができるということです。

「この様な仕事に就きたい」と思って就職などをしていても、実際は違うことをしているというのがありますよね。

この仕事をして自分のスキルアップに繋がるような事をしたかったのに別のことをしているなんていう人もいるかもしれません。

ですが転職をすることでやりたい事につけるかもしれないという可能性があるので、希望のキャリアを構築しやすくなるのです。

新しい可能性にかけることができる

新しい可能性にかけることができるというのもメリットの1つになるでしょう。

新しい可能性というのは転職をすることで解るようなものです。

また新しく仕事を始める新卒生もこの様な経験というのがあると思います。

初めてする仕事に対して興味を持つことができ、将来はこの様になりたいというような職種についたというような経験はありませんでしたか?

例えばITに就職をしたけれど転職してアパレルへと変わったらそちらの方が楽しくなり、自分でお店などを開きたいと思うようになったなんていうような人もいるかもしれません。

新しい可能性というのはこの様なこともあるのでメリットの1つになるのです。

将来に希望を見出すことができる

将来に希望を見出すことができるということがあります。

将来この様になりたいというものがあったとして、その希望となるようなものが見えてくるというものです。

例えば今働いている場所というのを土台として夢へと近付くことができるのであれば、今その土台を固めるために勉強すべきこと、スキルアップをするべき事というのは多くあると思います。

将来に希望を見出すというのは、通過点として考える人も多く、夢のために勉強をしたりするという人も多いでしょう。

転職をするデメリット

では今までは転職をするメリットについて紹介をしましたが、実はデメリットになるというような事もあるのです。

例えば転職をする時期にもよりますが、その時期が早ければ退職金というようなものが出なくなります。

また、企業年金などが不利になってしまうということもあるでしょう。

他にも福利厚生が良くなるのであれば良いですが悪くなってしまってはデメリットになりますよね。

働くまで解らないといような所もありますし、もしかすると給与が低くなっているという可能性もあります。

転職をするというのはメリットもありますが、それなりの覚悟を必要としていて、デメリットも存在するということです。

ではどの様なデメリットがあるのか詳しく見てみたいと思います。

退職金、企業年金が不利になる

退職金、企業年金が不利になるというデメリットがあります。

退職金というのはその会社でどれだけ働いていたのかで不利になってしまうというようなものです。

例えば長く働いていれば退職金を貰うこともでき、次の転職先でも困るということはそこまでありません。

ですが期間が1年や2年などの少ない年数であると退職金というものが出てこなくなります。

出てくる場所もあれば出ない場所もありますが、その原因となるものが勤続年数に関わるのです。

勤続年数によって金額が決まるため

勤続年数というのはどれほどこの会社で働いていたのかというようなものを表します。

例えば5年や10年も働いていたとなれば退職金は出てくるでしょうが、その金額にも大きな差が出るのです。

長く働いていればいるほどその退職金を貰える額が増えるからです。

仮に転職を繰り返しているという人がいるのであれば退職金をあまり貰うことができないというような事になるのではないかと思います。

福利厚生などの待遇が不利になる

福利厚生などの待遇が不利になるデメリットもあります。

これは転職先によりますが、場合によってはメリットになることでもあり、デメリットにもなるのです。

例えば今の職場はきついと感じていても福利厚生などの待遇が良いところと、楽なところに転職をしたけれど福利厚生などの待遇が不利なところ、どちらに行くのかとなるとその選択はとても苦しいものになるでしょう。

賞与や給与にも関係する

賞与や給与にも関係することになります。

どんなに環境などが良いというところでも賞与や給与が少なくなるということであれば考えてしまいますよね。

よく環境を取るのか福利厚生を取るのかというような質問を聞きますが、皆さんはどちらを重視して仕事を選んでいますか?

お金を多く稼げる方なのか環境を取るべきなのか、そのどちらが正しいということはありませんが、この様なデメリットもあるということを頭に入れておくようにしましょう。

前職を辞めた問題が解決するとは限らない

前職を辞めた問題が必ずしも解決するというのは限らないということもあります。

例えば前職では残業も多く、非常に辛い日々が続いていたとします。

ですがそれを転職することで改善を必ずしもできるということは限らないのです。

例えばその場所に行って改善できるというのは確証というものがないですよね。

仮に転職をしたとしても、もしかしたら前回の職場の方が良かったと思えることも多くあるかもしれません。

前職より過酷な環境になるリスクもある

前職より過酷な環境になるというようなリスクもあるということになります。

入らないと解らない怖さというのはこの様なところにあると思います。

入る前と聞いていた内容が違っていたり、前職の方が良かったと失敗をしたと思うようになることがあるかもしれません。

社会的信用が低下する

社会的信用が低下をしてしまうというのもあるでしょう。

転職というのはあまりよく思っていないという人もいます。

前職と同じようにまた転職をするのではないか、ふとしたことで仕事を辞めるのではないかと思われてしまうからです。

本人としては新しい気持ちで挑戦をしたいというような気持ちが強いですが、一般的からして見ると一度辞めたというリスクがあるので信用が低下をしてしまうのもデメリットになるのです。

人間関係もまた一から始める

何よりも人間関係がまた1から始めることになります。

人間関係というのは必ずしも解決できるような問題ではありませんよね。

誰か苦手な人がいる、もしくは転職した先では皆が苦手だというような人もいるかもしれません。

人間関係も一から始めることで新しい友人や同期というものができますが、それにも時間と苦労がかかるようになるでしょう。

35歳以上だと年収が下がる可能性が高い

35歳以上だと年収が下がる可能性が高いというのもあります。

これには原因というものがあり、歳を取ればとるほど転職をする際には不利になってしまうということがあるのです。

長く働ける若い人材というのを会社ではよく欲しがることが多いです。

なので人材育成というところに力を入れているという人達も多くいるのではないかと思います。

年齢が上がれば上がるほど再就職が難しい

若い人達を取る傾向にあるので年齢が上がれば上がるほどハードルが高くなり、再就職というものが難しくなるというのも1つのデメリットになるのではないかと思います。

なので「若いうちに様々なことをするべき」というのは、歳を取ってしまうと様々なことができなくなるというような意味があるからです。

年齢というのは上がれば上がるほど再就職が難しくなるというのもこの様なことからきているのではないかと思います。

転職したい人がやるべき10個のこと

ではそんなメリットやデメリットがある中でも、やはり転職というものをしたいと思いますよね。

誰でも今の仕事より良い仕事に就きたいと思う人も多いかもしれません。

そんな人のために転職したい人がやるべき10個のことというのがあります。

例えば転職をする前には経済的にも貯まっている状態から転職活動をすると良いでしょうし、また今の職場と転職先の職場の違いというのを見ることも必要になるかと思います。

転職する際には様々な準備というものが必要になり、それらを揃えた上で転職をすることが良いでしょう。

ではどの様なことをすべきなのかを詳しく見てみたいと思います。

1.自分や職場を評価する

自分や職場を評価するというのはとても大事なことです。

例えばどの様な職場なのか、福利厚生やどの様な仕事をするのかというような評価をする必要があるという事です。

更に詳しく言うのであればどの職場でも同じような仕事をすると思いますが、活気などは大きく違いますよね。

周りから見て同じ仕事なのにどちらを優先するのかと言うと働きやすさ、福利厚生の違いというのを見るようになるのです。

その様なものを比べて評価をするという事が大事になるのです。

客観的に考える

その際には客観的に考えると良いでしょう。

例えば今働いている場所というのは自分が実際に経験してきたことを踏まえて語ることができますが、他の人からすると感じ方というのは違いますよね。

評価をする際に自分は「とても忙しく残業が多い」となっても他の人から見ると「でも福利厚生や残業代がちゃんと出る」というような考え方をするということにもなるのです。

主観的に見るのではなく客観的に見るというのはとても大事なことになるので、転職をする際にも決める基準となります。

覚えておくようにしましょう!

2.転職先のことを徹底的に調べる

転職先のことを徹底的に調べるというのもあるでしょう。

例えば説明会が分けてあるのであれば必ずどちらか説明会に行くようにしたり、どの様な会社なのか見学などをするというような事もできると思います。

意欲のある人は直接行って様子などを伺うというような事をすると思います。

経済的な余裕を持つ

転職先の事を調べる際には経済的な余裕を持つことも大切です。

必ずかかるものとして「経済的な面」というものがあります。

主な消費するものとして交通費がまずあげられますが、様々な会社への転職活動をしているとなればその費用はとても大きな額になるでしょう。

よく新卒生が就職をする際に辛いこととして移動費やお金がかかるといった場面があると思います。

経済的な余裕を持つようにして心がけることが必要になるのです。

3.転職したときのメリット、デメリットを考える

転職したときのメリットやデメリットを考えるという事がもっとも重要なことです。

今の企業でのメリット、デメリットを考えて転職しようとしている先の企業のメリットやデメリットというのはどの様なことがあるのかを慎重に考えることが重要になります。

仮に転職した先でも直ぐに辞めるということはできたとしても、また直ぐに転職を成功させるというのは難しいですよね。

そのためメリットやデメリットを考えるようにしなければならないのです。

それぞれリストアップして比較する

一番簡単な方法としてはお互いのリストアップをして比較をするというようなものです。

そうする事で何がメリットで何がデメリットになるのかを直ぐに見極めることができます。

転職をするとなると距離感なども重視する人がいますよね。

仕事先まで時間をかけるのかどうなのかを見るという人も多くいるのではないかと思います。

4.転職を客観視する

転職を客観視することが大切です。

これは先ほども言ったように客観的に考えるということが重要になるからです。

情報というのは様々な形で入ってくると思いますが、自分の考えや他の人の考えというのは必ずしも同じではないですよね。

例えばそこで実際に働いたことのある人の口コミというのを見た際に人それぞれ感じ方を書く人も多いと思います。

転職を客観視するということはその様なものも見るようにするということになります。

情報を整理する

情報というのは多くありどれを信じれば良いのか解らないという時もありますよね。

その際には整理をすることが大切です。

口コミも人により評価があったり無かったりといったような差があると思います。

情報を整理するというのはこの様なこともあるので十分に気をつけるようにしましょう。

5.前もって家族に相談する

前もって家族に相談をするというのも1つのするべきことです。

転職というのはどうしても自分自身の判断で決断をしかねる場合もあります。

家族と一緒にいるのであればその家族からの了承を得てから行動をしなくてはいけません。

仮に自分勝手にするとして家庭を支えることができなくなったという事になれば崩壊をしてしまう恐れもあります。

必ず一緒に住んでいるという人がいるのであれば、まずは相談をしてみてはいかがでしょうか?

家族の了承を得てから行動にうつす

家族の了承を得てから行動にうつすということをすると良いでしょう。

必ずしも自分の問題ではなく、家族がいる人であれば家族にも関わる問題になります。

給与の変化であったり収入の変化にも繋がるので、よく相談をするようにして決断をすると良いでしょう。

6.履歴書を用意しておく

履歴書を予め用意しておくということも重要です。

例えば職歴の所では今までの経歴を予め書いておいたりすることができますよね。

住所なども同じです。

違うという所は転職をする理由などでしょうか、会社に入りたい理由というのも書く際には同じことを書いていても仕方ありません。

なので履歴書を予め用意しておくことでスムーズに事を進めることができます。

早くに書きすぎると無効になることもあるので注意

また早く書きすぎると無効になることもあるので注意をするようにしましょう。

例えばその履歴書を書いて使用するのが1年も2年も先の話であると書き直しをしなくてはいけませんよね。

時期などを見て転職をするとなればそれに応じたタイミングで履歴書を書くようにしましょう。

7.求人情報を常に気にする

求人情報を常に気にするというのはとても重要なことです。

転職を受け入れる会社というのは多くあり、その時期によって違う会社が出していたりすることもあります。

主に人手不足やこの様な人材が欲しいという時に求人情報を出すというようなところも多いので、常に気を配り見るようにしましょう。

情報収集にもなる

これは情報収集にも繋がります。

情報は多ければより比較などをすることもでき、この様な会社があるのかというような比較にも繋がることになります。

例えばよくあるような求人誌というものがありますよね。

その求人誌に掲載されている会社は実はネットにはのっていないなんていうような事もあるのです。

細かくチェックをする事により新しい会社を見つけることもできるかもしれません。

8.転職求人サイトを登録する

転職求人サイトを登録するというような事もすると良いでしょう。

登録していると様々な利点というものがあります。

例えば新しい情報を掲載していたり、どの様な企業が他にもあるのかと直ぐに見つけることができます。

転職求人サイトは多くあるのでそのサイトの多くを登録して活用するという人もいるでしょう。

中にはそのサイトでしか掲載をしていないような会社というのもあります。

転職求人サイトを登録するというのはとても強い武器にもなるので、是非登録をしておくようにしましょう。

また利点としてネットで見ることができるのでスマートフォンからでも直ぐに新しい情報を見れるというような利点があります。

常に情報が欲しいという人であったり、新しい情報をチェックしたいという人は必ず登録することをオススメします!

登録しておくとスカウトされるかも

登録をすることで様々な利点がありますが、中でもスカウトという機能がほとんどのサイトで使われています。

スカウトというのは相手が自分の情報を見てこの様な人が欲しいとなればそのまま説明会などに参加をせずとも1次選考に行けたり、省略をしたりするというような事を言います。

登録しておくだけではなく、自分の情報も細かく書く場所があるのでそこで細かく書くことで気になるという企業はあなたをスカウトすることになるでしょう!

9.自己分析をする

自己分析をするということも大事です。

特に自分はどの様なことに優れていて、どの様なことが得意のかということを自己分析する必要があります。

自分自身だけが転職活動をしているというのではなく他の人達も同じような目的で転職活動というのをしているのです。

なのでその際に自分のアピールとなる所、いわゆる自己アピールというのはどの様なことなのかを把握することで転職を有利に進めることもできるようになるでしょう。

面接対策にもなる

面接対策にも繋がります。

例えば自分の長所や短所というのはよく聞かれますよね。

直ぐに答えることができたり、理由などを添えて言えることができるととても良い印象を持たれることでしょう。

10.筆記試験対策をする

筆記試験の対策をするというような事もあると思います。

必ずしも筆記試験があるとは言い難いですが、筆記試験などは面接だけとは違い大きな利点というものがあります。

それは試験を受けてその点数を見て判断をされる場合、高得点の人の方が試験を通過し易いということになるからです。

筆記試験に合格すると再就職しやすい

筆記試験というのは合格をすることで再就職をしやすい環境にもなっています。

仮に筆記試験がある場所というのは高得点を出すことで評価をあげることができます。

よくSPI試験というようなものもありますよね。

この試験でも高得点を取ればとるほど高評価へと繋がることになるのです。

まとめ

いかがでしたか?転職をするということはそれなりのメリットやデメリットがあり、決断をしなくてはいけない時というのが来ると思います。

ですが転職をして成功をしているという人も数多くいるので、転職をする際にはまず準備をしておくことが大切になるのです。

転職をする際にやるべき事というのは多いかもしれません。

ですが転職をしている人というのはこれらの事をすべてこなしているという事になるのです。

特に情報収集などに関しては時期により出るものと出ないものというものがあります。

転職する時期を合わせて入りたい会社を選ぶというのも1つの方法になるのではないでしょうか?様々なことをこなす事でよりよい明るい未来へと進むことができるでしょう!