私たちが普段使用している日本語の中には、意味が同じような言葉がたくさん存在していたり、一般的に考えて意味を理解するのが難しい言葉などが多く存在しています。

今回は、一般的に考えて難しい言葉として認識されている「定性的」という言葉をテーマにして、定性的という言葉がどのような意味を持っているのか、そして定性的という言葉の使い方であったり、用例、その他にも定性的という言葉と似ている言葉についても具体的に解決していたいと思います。

定性的という言葉は頻繁に用いたりするような言葉ではありませんが、ビジネスの場面において用いられたりする可能性が非常に高い言葉でもあります。

特にこれから社会人になろうとしている学生の方であったり、定性的という言葉の意味をまだ理解していない社会人の方については必ずこの機会に定性的という言葉を知るきっかけとして受け止めてみてください。

定性的とは?

あなたは定性的という言葉を普段耳にしたりすることがありますか?

おそらく、人によってこの答えは大きく分かれる可能性があると思います。

日常的に定性的という言葉を全くに聞く機会がないという方もいれば、人によっては定性的という言葉をよく聞いたりすることがあると答える方もいるかもしれませんね。

定性的という言葉はただでさえ日常生活の中であまり頻繁に聞いたりすることが少ない言葉でもありながら、その意味などに関してもよく理解されていない場合が多かったりしますので、一般的に考えて難しい言葉に分類されると思います。

しかしながら、ビジネスの場面において定性的という言葉を理解していない状態で、定性的という言葉を耳にしたりすると意味を理解することができずに、時には何かしらの問題が発生する原因になってしまう可能性もあるかもしれないからです。

もちろん、これは定性的という言葉に限らずに、様々な難しい言葉を知っているか知っていないかということについても同様であると考えることができます。

それだけ言葉の意味を理解しているかしていないかということは大きなことであり、言葉の意味を様々知っているということは必ず自分自身のスキルとして自分を助けてくれる存在になってくれます。

なので、今回は難しい言葉である定性的という言葉をマスターし、言葉の意味から使い方まで、しっかりと知識として身に着けていただきたいと思います。

定性的の意味

まずは定性的という言葉の基本的な意味を理解することから初めていきましょう。

定性的とは「物事の様子、または変化などを数字では表せない性質の部分に着目して分析する様を意味する言葉」という意味があります。

しかし、この説明をしたところで、人によっては難しいと感じたり、わかりにくいと感じる方がいるかもしれませんね。

なので、もっとかみ砕いてこの意味をご紹介していきます。

定性的をわかりやすく言うと?

定性的という言葉を分かりやすくご紹介するとすれば「抽象的なことを表現するときに使う言葉」だと考えることができます。

なぜなのかと考えると、先ほどお伝えしたように、定性的という言葉は「物事の様子や変化などの数字で表すことができない性質部分に着目をし、分析する」という意味になります。

言い換えてみれば、数字などで表現することができない=抽象的なことを表現する時であると変換して考える事ができるということです。

一般的に考えて数字などで表現することができることに関しては、しっかりと具体的に理解することができると考えることができますよね?

例えば、相手に勝つ確率が100パーセントです、と言われると具体的でしっかりとしたイメージを持つことができるようになるはずです。

しかし、数字などがわからなければ、相手に勝つ確率なども当然不明であり、もしかしたら勝てるかもしれませんと言われても、抽象的過ぎてまったくイメージがわきませんよね。

そして、勝つ確率に関してはまだ数字で言い表すことができるかもしれませんが、山中の複雑な物事に関しては全てが数字化することができるわけではないということは誰しもが理解している事実です。

数字で表すことができない複雑なような物事なども世の中にも多く存在しているため、そのようなことを表現したりする時には定性的という言葉を使って表現ができるという解釈をすることができるのです。

定性的の同義語は?


定性的という言葉の意味についてご紹介していきましたが、まだなんとなく意味を理解することができないような方もいるかもしれませんね。

少し意味の解釈が難しい言葉でもありますので、すぐに理解ができない方がいても不思議ではありません。

ちなみに、定性的という言葉に関しては少し意味が似ているような言葉などが複数存在していることでも知られています。

具体的にどのようなに通った言葉があるのかということを理解することによって、改めて定性的という言葉をより理解することができるようになる可能性もあります。

ここからは定性的という言葉の同義語についていくつかご紹介をしていきたいと思います。

それぞれの言葉の意味を見比べて、実際に似ているのかどうかということを確認してみましょう。

しっかりと合わせて理解をすることによって、様々な言葉に引き出しを身に着けることができ、様々な言葉に対する理解が深まりますので、セットで覚えるようにしてください。

質的

定性的という言葉の同義語について考えた時に、考えられる同じような意味を持っている言葉としては「質的」という言葉が挙げられます。

質的という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えたときに、意味としては「質に関するさま、質の面で」という意味を持っている言葉として知られています。

なぜ定性的という言葉と質的という言葉が同義語に当たるのかと考えたときに、まずは定性的という言葉の意味を思い出してみてください。

定性的という言葉の持っている意味は「物事の様子、または変化などを数字では表せない性質の部分に着目して分析する様を意味する言葉」という意味が存在しています。

この意味と質的という言葉の意味を比べて考えてみた時に、なぜこの二つの言葉が同じような意味を持っているのかということがなんとなく理解することができるのです。

まず、考えていただきたいのは定性的という言葉が表している数字では表せない性質の部分という言葉です。

具体的に数字で表すことができない性質の部分ということを考えてみるときに、質的という言葉が表している質に関するさまという意味を考えてみてください。

この二つを比べてみると、同じような意味として解釈することができるはずです。

物事の質に関しては一般的に考えて、数字などで表したりするようなものではありませんよね。

なので、結果的に定性的という言葉が表現している意味と、質的という言葉が表現している意味に関しては同じような意味であると解釈することができるのです。

なので、質的という言葉は定性的という言葉の同義語であり、似ている言葉であると判断することができるのです。

品質や性質など

そのほかに定性的という言葉の同義語について考えた時に、考えられる同じような意味を持っている言葉としては「品質」や「性質など」という言葉が挙げられます。

なぜ品質や性質などの言葉が定性的という言葉と似ているのかと考えたときに、まず考えていただきたいのは、先ほどご紹介した質的という言葉です。

質的という言葉は先ほどご紹介した通り「質に関するさま、質の面で」という意味が含まれています。

そして「品質」「性質」という言葉に関しても想像していただけるとすぐにわかると思います。

品質は「工場で生産された製品やサービス業が提供するサービスの有する特性もしくは属性」、性質は「その事物に本来備わっている特徴、もって生まれた気質」などの意味を有しています。

つまり、質的という言葉とこれら「品質」「性質」という言葉はかなり近い言葉であると判断することができるのです。

なので、結果的には定性的という言葉と質的という言葉が同義語であり、質的という言葉の同義語であり品質と性質は定性的という言葉と同義語であると考えることができるのです。

実際に、例えば燃えやすい性質を持っているものが存在しており、それがどれくらい燃えるのかということを表したりするときに具体的な数字を使って表したりするのは難しいですよね。

それを踏まえて考えてみれば、具体的な数字で表すことができないという意味を持っている定性的という言葉と基本的には似ている言葉であると考えることができるか。

これらすべてが同じような意味を持っており、同じような使い方ができるという事を覚えておいてください。

定性的の対義語は?

ここまでは定性的という言葉の類義語についてご紹介をしていきました。

そして、ここからはその反対に、定性的という言葉の対義語について詳しくご紹介をしていきたいと思います。

似ている言葉があれば、それと同じようにその意味に関して反対の言葉が存在すると考えることができます。

しっかりとこの反対の意味の言葉を理解し、知識としてインプットしておくようにすれば、物事の理解度が上がりますし、いざという時に知識として活用することができ、博識な一面を見せることができるようになります。

定性的という言葉自体がビジネスの面においても用いられたりすることがあります。

その反対の意味も知っておくと必ず損になるようなことはありませんので、この機会に対義語についても理解しておくようにしておきましょう。

定量的

定性的という言葉の対義語について考えた時に、考えられる男としては「定量的」という言葉が存在しています。

定量的という言葉がなぜ反対の意味を持っている言葉なのかと考えたときに、先ほどと同じようにまずは定性的という言葉の意味を考えてみてください。

それを踏まえた上で、定量的という言葉の意味を比較して考えてみるとより理解いただけるはずです。

定量的という言葉の意味はどのような意味なのかと考えると、定量的という言葉は「数量に関する様、ある物質にその成分がどれだけ含まれているかなどを表す場合に用いる」という意味が存在しています。

これを考えてみると、定性的という言葉と対照的な意味を持っているということは明らかになるはずです。

そもそも定性的という言葉に関しては、数字で表すことができない性質の部分に着目をして分析をする様になりますので、明らかに定量的という言葉とは違っています。

定量的という言葉はどれぐらいの成分がどれぐらいの量含まれているのかということを具体的に数字で表現することができる言葉になります。

これらの理由から、定量的という言葉は定性的という言葉の対義語であるということがよくわかると思います。

定性的と定量的の使い方と例を紹介


ここまでご紹介した内容を踏まえて考えてみれば、具体的に定性的という言葉の意味を理解することができたと思います。

なので、ある程度定性的という言葉の意味を理解したところで、ここからは定性的という言葉とその対義語である定量的という言葉それぞれの使い方や具体的な例などを例文を使ってご紹介していきたいと思います。

意味が分かりにくい言葉であり、難しい言葉でもあるからこそしっかりと理解をしておかないと、間違った表現になってしまったりする可能性もあります。

ビジネスにおいて自分自身が困った状況に立たされてしまう可能性もあります。

逆にこれらをしっかりと理解しておけば、自分自身のスキルを伸ばすことができることにも繋がります。

なので、自分自身を成長させるということと関連しながら、これらの言葉の具体的な使い方を理解してみてください。

定性的な目標を立てる

まず初めにご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「定性的な目標を立てる。」という例文が挙げられます。

この例文に関しては、例文を見ていただければすぐにわかると思いますが、定性的という言葉が例文の中に含まれていますので、定性的という言葉を使った具体的な例文になります。

この例文の意味としては「数字では表せない性質の部分に着目して分析した目標を立てる」という意味で解釈することができます。

ちょっと難しく感じる方がいるかもしれませんが、まず考えていただきたいのは定性的な目標という言葉です。

定性的という言葉の持っている意味を再度思い出していただくと、定性的という言葉は数字では表せない性質の部分に着目して分析するという意味が含まれていますので、簡単に言えば数値化することが難しい質的な目標のことを意味しています。

そして、その逆に定量的な目標に関しては数値化が可能な目標になりますので、数値化することができない性質の部分の目標を立てるという意味として考えることができます。

具体的な例を示すとすれば、今年中に正社員になるために〇〇の試験を突破するなどの目標などが数値で表すことができない目標になると思います。

それ以外に数値で示すことができる目標は対義語で表すことができる定量的な目標になりますので、注意して使うようにしてください。

主婦層への売上を伸ばしたい

次にご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「主婦層への売上を伸ばしたい。」という例文が挙げられます。

これはどのような例文なのかと考えた時に、まず考えていただきたいのはこの例文がしっかりと数値で表されているのか表されていないのかということに着目していただく必要性があります。

その上で、この例文を見返して考えてみると、主婦層に対する売上を伸ばしたいという意味の例文になり、この例文の中には具体的な数値などの記述がないため結果的には定性的な目標であると考えることができます。

数字では表すことができない性質の部分に着目して分析している例文なので、明らかに定性的な例文であり、定量的な例文にはなりません。

もしもこれが、具体的な数字が記載があるものであれば、まったく逆の結果になりますが、これだけでは明らかに定量的であるとは言えないため、数字で表すことができたとしても、数字が記載されていない場合は定性的な例文だと判断してください。

主婦層への関心を高め、売り上げの内30%を主婦層にしたい

次にご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「主婦層への関心を高め、売り上げの内30%を主婦層にしたい。」という例文が挙げられます。

これはどのような例文なのかと考えた時に、そのままの意味になりますが、主婦層への関心を高めて売上を具体的に30%上げたいという意味として解釈することができます。

この例文において着目していただきたいのは、先ほどご紹介した例文とは一転して、具体的な数字が記載されているという点です。

先ほどの例文では具体的な数字などが記載がなかったため、結果的に定性的な例文になっていましたが、今回の例文は具体的な数字の記載があるため、定量的な例文だと判断することができます。

なので、今回の例文は明らかに定量的な例文であると考えられますので、間違えないように注意するようにしてください。

定性的な予測をする

次にご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「定性的な予測をする。」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味を持っている例文なのかと考える時に、考えられる意味としては「物事の様子、または変化などを数字では表せない性質の部分に着目して分析した予測」という解釈することができます。

少し解釈が難しいかもしれませんが、具体的な数字などを予測したりするのではなく、あくまで数字で表すことができない予測をしていると考えることができます。

例えば、この物質には鉄が〇パーセント含まれているという予測は定量的な予測に該当しますが、この物質には鉄が含まれているというだけの予測に関しては、定性的な予測であると判断することができます。

つまり、具体的な数字などで表すことができることに関しては定量的な予測になり、表すことができない性質の予測などは定性的な予測になるということを理解しておいてください。

今月は先月よりも売上が期待できる

次にご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「今月は先月よりも売上が期待できる。」という例文が挙げられます。

この例文に関して考えていただきたいのは、先月よりも売上が期待できるという言葉の中で、具体的な数字が現れているか現れていないかという部分です。

この例文に関しては具体的な数字が現れていない例文になりますので、この時点でこのライブは定性的な例文であると判断をすることができます。

具体的な数字でどれぐらいの金額の売り上げが見込まれるのか、またはどれくらいの数字でアップする事が予測されるのかという事などが一切存在していないため、明らかに定性的な例文であり、定量的な例文ではないと判断することができます。

今月はトレンド商品の売上が好調で全体で先月のプラス30%は期待できる

次にご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「今月はトレンド商品の売上が好調で全体で先月のプラス30%は期待できる。」という例文が挙げられます。

この例文に関して考えてみる場合、先程ご紹介した例文と対比をしてみるとよりわかりやすいと思います。

先ほどご紹介した例文に関しては、売上が期待できるという記述のみなので、明らかに定性的な例文だったのに対して、今回ご紹介してる例文は具体的な数字の記述が存在しています。

この例文にはプラス30%という記述が存在しているため、明らかに定量的な例文であると判断することができます。

この数字があるかないかで、定量的な例文なのか、定性的な例文なのかということが大きく分かれますので、必ず数字の部分に着目をするようにしてください。

車を軽量化することで燃費が伸びる

次にご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「車を軽量化することで燃費が伸びる。」という例文が挙げられます。

この例文に関して考えてみると、まず考えなければいけない点としてはこの記述の中に具体的な数字が存在していないということです。

また、具体的な数字の記載がないということに加えて、物事の様子や変化といった具体的な数字で表すことができない性質の部分に着目をしている内容であると判断をすることができます。

具体的には、燃費が伸びるという変化を具体的な数字で表すことができていない性質の部分に当てはめて考えることができますので、明らかに定性的な例文であると判断をすることができます。

一般的に考えてこのような言葉で何かを表現したりするようなことはかなり現実の世界においても多く存在しています。

極端な考え方をしてみると、定性的な言葉で表現をすることができるのか定量的な言葉で表現することができるのかと大きく分かれるような形になると思います。

なので、ある程度世の中の物事に関して、転生的な言葉で表現できるのか定量的な言葉で表現できるのかということを考えながら当てはめてみると、さらに理解がしやすくなると思いますよ。

車の総重量を1割軽量化することで2Km/L伸びる

次にご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「車の総重量を1割軽量化することで2Km/L伸びる。」という例文が挙げられます。

この例文を考えてみると、すぐに理解できると思いますが、この例文に関してはしっかりとした数字の記載が存在しています。

しっかりとした数字の記載があるので、この例文が表している意味を具体的にイメージすることができますよね。

先ほどご紹介した例文と対比して考えてみると、先程ご紹介した例文に関しては具体的な数字が記載されていなかったので、細かく具体的なイメージをすることができなかったのに対し、今回ご紹介している例文は数字の記載があることによってそれが全く変化しています。

数字の記載がある時点で、この例文に関しては明らかに定量的な例文であると判断することができます。

数字の記載を行うだけで、全く言葉の印象や伝わり方などが変化するということがよくお分かりいただけると思います。

普段からこのようなことを理解して意識しておけば、相手に対して何かを伝えたりするときに圧倒的にわかりやすく物事を伝えることができるようになります。

言葉の意味を理解するだけではなく、物事の考え方などに関しても変化がを及ぶようになり、結果的に自分自身を大きく成長させてくれる考え方を身につけることができるようになるのです。

言葉の意味を細く深く考えるだけで、自分自身にとって大きなメリットを想像以上に与えてくれるということを理解し、改めて定性的という言葉や定量的という言葉に着目して物事を考えるようにしてみてください。

定性的に物事を見る

次にご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「定性的に物事を見る。」という例文が挙げられます。

この例文に関しては、例文の中に定性的という言葉が存在しているため、明らかに定性的な例文であると判断をすることができます。

そして、この例文はどのようにして定性的という言葉を使っているのかと考えたときに、この例文は「数字では表せない性質の部分に着目して分析しながら物事を見る」という解釈ができます。

少し解釈が難しく感じるかもしれませんが、簡単に言えば、抽象的に物事を見るという意味とそこまで大きくは変わりません。

抽象的という言葉の対義語は具体的という言葉になりますので、簡単に理解をしようと思うのであれば具体的に物事を見たりするということの反対を想像していただければわかりやすいと思います。

具体的に物事を確認したりするときにはより細かく物事を見たり、その性質などを細く判断しようとしたりすると思いますが、定性的に物事を見たりする場合には、そこまで注意深く見たりはしない場合が多いです。

時には、抽象的に、そして定性的に物事を見たほうが今まで気づかなかった新しい発見などがある場合もありますので、そのような場合に使用することができる例文であると考えることができます。

地域によっては気温が違う

次にご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「地域によっては気温が違う。」という例文が挙げられます。

この例文に関して考えてみると、他の例文と全く同じ考え方で分かると思うのですが、この例文の中には具体的な数字が存在していません。

別の言い方をしようと思えば、具体的な数字を使って表すことができる例文でありながら、具体的な数字を示していない例文になるため、結果的にはこの例文は定性的な例文であると判断をすることができます。

もしもこの例文の中に具体的な数字の記載があるのであれば定量的な例文になると考えることができますので、具体的な内容なのかどうかという部分に着目して考えてみてください。

8月のA市の平均気温とB市の平均気温は3度の差がある

次にご紹介する定性的という言葉や定量的という言葉を使った例文としては「8月のA市の平均気温とB市の平均気温は3度の差がある。」という例文が挙げられます。

この例文は先ほどご紹介した例文と対比して考えてみると分かりやすいと思います。

先ほどご紹介した気温の変化の例文に関しては、具体的な数字の記載がありませんでしたが今回ご紹介している例文は具体的な数字が存在しています。

具体的な数字があるないというだけで、その例文が具体的な内容だとか抽象的な内容なのか変化するようになります。

具体的な数字がある時点でこの例文は定量的な例文であると判断することができます。

まとめ

今回は定性的という言葉をテーマにして、定性的という言葉の意味や類義語、そして
対義語や例文などを使って使い方などをご紹介していきました。

定性的という言葉を理解していなかった方も、今回ご紹介した内容を改めて確認していただければ、定性的という言葉の意味、そしてその対義語である定量的な言葉の意味などが理解いただけたはずです。

普段自分自身が相手に対して伝えている内容などが、定性的か定量的なのかということの判断が自然とつくようになれば、相手に対して何かを伝えたりするときに、今以上に上手な表現方法で伝えられるようになるはずです。

なので、今回ご紹介した内容をしっかりと理解し、日常の中で自分のスキルとして発揮できるように身に着けてみてください。