今現在社会人として仕事を行っている方の中には、様々な事情で今の仕事を辞めなければいけないようなことがあると思います。

例えば、一般的に考えて今の会社から別の会社に新しく就職をしなおす、つまり転職などを行ったりする場合なども考えられますし、場合によっては様々な家庭の事情などで仕事を辞めなければいけないようなことがあったりするかもしれませ。

それ以外にも、今の自分に合っていないと感じて仕事をやめたりすることもあると思います。

このように、人によって様々な事情で今の仕事を辞めたりするようなことは考えられるのですが、仕事を辞めるということは当然ながらそこまで簡単なことではありません。

人によっては何も連絡をせずに仕事を辞めたりするような人間もいたりするのですが、それはあくまで一般的な方法ではありませんし、本来であれば絶対に行ってはいけない行為になります。

仕事を辞めるのであれば、当然ながら会社に報告し、会社としっかりと相談をした上で会社を退職するのが一般的であり、それが当たり前です。

そして、仕事を辞めるという言葉は自分自身が抱えていた仕事を他人に引き継いでもらう必要性があると考えることができますので、やめます、はい終わりというような簡単な話でもありません。

もちろんそれ以外にも、退職をするということを周りに伝えたり、関わった人達に対してはしっかりとお礼の言葉を伝えたりなどといったように、しっかりと礼儀などを尽くさなければいけません。

なので、会社をやめるということはとても簡単なことではないのです。

そこで、今回は会社を退職する際に行う一つの行動である、退職メールをテーマにして、退職メールを送る時の注意点についてご紹介していきたいと思います。

退職を決意したあなたへ!

先ほどもお伝えしたように会社を退職しようと自分自身で考えを固める際には様々な人それぞれの理由が考えられると思います。

例えば、自分自身の何かしらの考えによる退職理由が存在する場合もあると思いますし、自分以外の様々な理由などが原因になったりするような可能性も十分考えられます。

なぜならば、人によって自分自身が置かれている立場であったり、置かれている環境などは全く違いますので、これは人によって様々な理由が存在すると考えられるはずです。

しかし、会社を退職するということは考えるだけならばとても簡単なことかもしれませんが、実際に行動に移したりすることはとても大変なことでもありますし、実際に一番大切なのは会社を辞めた後です。

会社を辞めた後に自分自身がどのように行動しなければいけないのか、もしくは会社を辞める前にどのような行動しておかなければいけないのかということがとても重要になるのです。

何も考えずに会社を辞めてしまった場合、必ず後悔してしまうのは自分自身にあり、しっかりと行動しておけばよかったと考えてしまうものです。

しっかりした考え方を持っている方ならば問題はないかもしれませんが、人によっては後先考えずに会社を退職するという選択肢を取ってしまう方もいるかもしれませんので、退職を決意した方に向けて、退職する際に気を付けていただきたいことをまずはご紹介していきたいと思います。

退職を決意する時に必要なこと


会社を退職すると自分自身で決意をした際には、想像以上に様々なことを考えておかなければいけません。

それぐらい会社を退職するということは大きなことであり、場合によっては自分の人生がくるってしまう可能性を秘めている行動になるのです。

大げさに感じるかもしれませんが、実際に会社を退職する際に気をつけておかないと本当に大変なことになってしまう可能性は十分考えられます。

例えば、思いつきで会社を退職してしまうような方も残念ながら世の中には存在しているのですが、思いつきで会社を退職してしまうような行動をとってしまう場合、次の仕事が見つかっていないで仕事を辞めたりしてしまう方もいるかもしれませんので、そう考えると金銭的な面で大きな負担を抱えたまま生活送ってしまうことになります。

そのようなことを考えてみると、会社を退職する際に様々なことに気を使っておかなければいけないということは誰でもすぐに気がつくはずです。

会社を退職した時に、もう少しあと先のことを考えて行動しておけばよかったと後悔してしまうのはとてももったいないことであると思いますので、ここからは具体的に会社を退職する際に事前に決意しておくべき必要なことをいくつかまとめてご紹介していきたいと思います。

これから会社を退職しようと思っている方は、これからご紹介する項目を参考にし、しっかりと確認した上で会社を退職するという行動を取るようにしてみてください。

今後の人生展望やプラン策定

まずはじめにご紹介する会社を退職する際に決意しておかなければいけない必要なことは「今後の人生展望やプラン策定」ということが挙げられます。

なぜ今後の人生展望やプラン策定ということを退職する前に考えておく必要性があるのか?と考えたときに、これは改めて説明するまでもないと思うのですが、今後の人生展望をしっかりと考えておかなければ、将来困ってしまう可能性が増してしまうからです。

事前に自分がこれから先の人生をどのようにして生きていくのか、これからどのような目標を持って最終的にどうなっていきたいのかということを考えておかなければ、当然ながら理想とする人生とは大きく離れてしまう可能性がありますよね。

これから先、自分がどのような人生を歩んで最終的にどうなりたいのかということを明確に考えて行動している人間と、その場の思いつきだけで行動を行っているような人間を見比べてみると、明らかに前者の方がしっかりとした人生設計をすることができ、自分の理想通りの人生を歩める可能性が飛躍的に高まるはずです。

人生は想像よりも短い時間であり、短い時間の中でどのように効率的に行動するのかということがすべてになります。

だからこそ、しっかりとどう行動していくのかということを事前に考えた上で、行動することが大切になります。

もしも、あの時仕事を継続していたら、もっと可能性があったのになぁ…などと思ってもすでに遅いのです。

なので、人生展望やプラン策定はしっかりと早い段階で行っていかないと、失敗する可能性が増えるので退職する際には必ず注意して決断を行うようにしてください。

上司や同僚への影響を考える

次にご紹介する会社を退職する際に決意しておかなければいけない必要なことは「上司や同僚への影響を考える」ということが挙げられます。

なぜ上司や同僚への影響を考えるということを退職する前に考えておく必要性があるのか?と考えたときに、会社を退職するということは先ほどもお伝えしたように自分が担当している仕事も周りの人間に対して引き継いでもらう必要性があるということです。

それ以外にも、様々な場面で自分がいなくなってしまうことで仕事に関して大きな影響を与えてしまうことに他なりません。

なので、少なからず自分自身が退職をしてしまうということによって周りに仕事の負担を大きくかけてしまうということになってしまいます。

それを踏まえて考えてみれば、必ず自分自身が退職することで上司や同僚に影響を与えるということが考えられますので、しっかりとこの点については考えておかなければいけません。

もちろん、周りの人のことを考えて自分の行動を制限しなければいけないというわけではないのですが、しっかりとこのようなことが起きるということを頭の中で想定して、それを踏まえた上できちんと礼儀を尽くさなければいけないということです。

これを事前に想定していないと、時には、相当忙しい時期にやめるといったような自分勝手な判断にもつながってしまう可能性もありますので、事前に判断をする前に今の会社の状況くらいは確認をしておくようにしましょう。

また、それでも会社を退職するという決断をするのであれば、周りに大きな影響を与えるということをきちんと理解して、それを事前に周りの人に対して伝えたり、礼儀を尽くすようにすることを忘れないでください。

退職するから、あとは何でもいいやという考えを持っている場合、必ず後々の人生でその考え方が原因でトラブルを招く可能性がありますので、注意をするようにしてください。

次の仕事に就くまでの経済的余裕を持つ


次にご紹介する会社を退職する際に決意しておかなければいけない必要なことは「次の仕事に就くまでの経済的余裕を持つ」ということが挙げられます。

なぜ次の仕事に就くまでの経済的余裕を持つということを退職する前に考えておく必要性があるのか?と考えたときに、これはあえてお伝えするまでもないと思いますが、次の仕事に就くまでの間は当然ながら仕事を行っていないので収入がありません。

もしも次の仕事を探すのに時間がかかってしまったり、事前に仕事を探しておかずに会社を退職してしまった場合は、当然ながらお金が入らなくなりますので困った事態になってしまいやすいです。

なので、それなりに経済的な余裕を持っておかないと必ず困った事態に発展してしまう可能性があるのです。

どんなに気をつけたとしても毎月の固定出費などは多くの方が抱えていますので、それなりに出費はかさんでしまいます。

なんとかなるだろうという気持ちだけで判断をしてしまうと、後々に大変なことになってしまう可能性がありますので、しっかりと注意をしておかないといけません。

なので、必ず仕事を退職するという判断をする際には、それなりに経済的な余裕を持った状態か、もしくは次の仕事が既に見つかった状態で会社を退職するという判断を行わなければいけません。

周囲に悪影響を与えないための準備

次にご紹介する会社を退職する際に決意しておかなければいけない必要なことは「周囲に悪影響を与えないための準備」ということが挙げられます。

なぜ周囲に悪影響を与えないための準備を退職する前に考えておく必要性があるのか?と考えたときに、先ほどもお伝えしたように自分自身が会社を退職するということは自分の周りにいる人間に対して迷惑をかけるということになります。

それ以外にも、自分と関わりがある人間全ての人間に対して迷惑がかかる可能性が考えられます。

例えば、自分と同じ会社の人間は当たり前ですが、自分の会社と取引を行っているような会社などに関しても同様です。

自分が担当している会社や会社の人間などが存在する場合は、同様に迷惑がかかるということになりますので、これも事前に考えを巡らせておこい、悪影響を与えないために準備をしておかなければいけません。

自分は会社を辞めるから後は何も関係がないというような考え方を持たずに、自分が少しでも関わりがある人間に関しては、自分が仕事を辞めたことによって何かしらの迷惑がかかることを最小限に食い止めるというような考え方を持って行動しなければいけません。

それが信頼につながり、必ず自分自身に帰ってくるようになります。

この考え方がいい加減な考え方をしている人間は、必ず後々の人生においてそれをきっかけに困った事態に発展する可能性がありますので、しっかりと周囲に悪影響を与えないための準備も並行して作業するようにしてください。

自分のマインドセットの準備

次にご紹介する会社を退職する際に決意しておかなければいけない必要なことは「自分のマインドセットの準備」ということが挙げられます。

人によってはそもそも、マインドセットという言葉がよくわからない方がいるかもしれませんので簡単に意味をご紹介すると、マインドセットとは「考え方の基本的な枠組み」のことになります。

なぜ自分のマインドセットの準備ということを退職する前に考えておく必要性があるのか?と考えたときに、当然ながら会社を退職するということは新しい職場に身を移すということになると思います。

それを踏まえて考えてみると、今まで自分がいた環境から新しい環境に身を移すということになりますので、今までとは違った新しい考え方を身につけておかなければいけない可能性が増えます。

だからこそ、事前にマインドセットの準備を行っておき、自分自身の考え方の基本的な枠組みを変化させておく必要性があります。

これができていないと、打ちひしがれてしまったり、良いスタートダッシュを切れない可能性なども増えてしまいますので、今の自分に足りないものは何か、今後はどういうことを基本的な枠組みとして考えていかなければいけないのか?ということを自分なりに模索しながら考えるようにしてください。

後悔をしない退職が大事

あなたは退職をするということに関してどのようなイメージを持っていますか?
人によってはネガティブなイメージを持っている方がいたりするかもしれませんね。

しかしながら、退職をするという事はネガティブな行いではありません。

確かに、退職をするということは周りの人間に対して迷惑をかけたり、色々な準備などを必要としたりする行為になりますので、ポジティブに考えられないという方もいるかもしれません。

ただ、退職するということは自分を新たな環境に導いてくれる行動でもあり、自分自身の新たな可能性を広げるポジティブな行動であるとも考えることができます。

おそらく退職するという行動がネガティブなイメージを持っている方は今までポジティブな退職をした経験があまり無い方が多いからだと判断することができます。

退職をする上で一番大切なのは、自分自身が後悔をしない退職をすることが大切であり、後悔をするならばそもそも退職をするという決断をするべきではない
のです。

だからこそ、自分自身が後悔をしない退職をするために、事前に退職したいと会社に伝える前に十分自分自身が後悔しないかどうかということを考えた上で決断を下すようにしてください。

ポジティブな退職をすることが、自分を成功に導く大事な決断になり、後悔しない決断になります。

今後の人生をより豊かにするための退職を!

退職をする際に考えていただきたいひとつのポイントとしては、退職をするということで、自分の今後の人生をより豊かにすることができるのかどうかということを着目して考えていただきたいと思います。

なぜならば、人によっては目先の困難から逃れるために会社を退職するという決断を下したりするような方がいるのですが、そのような行動は明らかに間違っていると判断することができます。

なぜならば、辛いことから逃れたとしてもいつか必ずまた辛いことはやってきますので、そのたびに逃げているといつまで経っても成長することができません。

また、逃げ癖がついてしまい、自分を成長させるチャンスを何度も棒にふるってしまい、最終的に何事に関しても挑戦できなくなってしまう考え方になってしまうかもしれません。

だからこそ、自分が退職をしたいと思っている本当の理由をきちんと自分の中で考えて、それが自分にとって今後の人生をより豊かにすることになるのかどうかということを基準に考えてみてください。

ただ目先のことから逃げ出したいと考えているだけならば、退職をするべきではありませんし、きちんと今度の何かしらの目的を見据えた上で退職をしなければいけないということなのであれば、その判断は間違っていないと考えることができます。

自分を見つめ直して、しっかりと今後の人生をより豊かにするための退職を選び、見極めるようにしてください。

周囲からも祝福されるような退職を!

退職する際には、全ての人間からとは言えませんがある程度周囲の人間から祝福されるような退職が望ましいと考えることができます。

例えば、自分自身が今後成長するための退職をするのであれば自然と周りの人間はあなたが退職することに対して祝福をしてくれると思います。

しっかりとした考えのもと、意思決定や行動を行っている人間に対しては周りの人間も理解を示してそれなりに祝福をしてくれるはずです。

しかし、自分のことしか考えないで行動している人間であったり、周りの人間に対して迷惑をかけながら仕事を退職するような方に関しては、当然ながら仕事を辞めることに対して祝福をしてくれる理由はありませんよね。

それを踏まえて考えてみると、やはり周囲の人間から自分が退職をすることに関して祝福をしてもらえるような退職理由を考えることが大切であると判断することができます。

自分が今後の人生においてプラスになるような行動をとるのであれば、自然と周りの人間は理解を示してくれると思いますので、それも一つの基準として、自分が退職をすることが正しい判断なのかどうかということを考える材料にしてみてください。

退職メールを作ろう

退職をする前にどのようなことを考えておかなければいけないのかという基本的なことについて触れていきましたが、ここからはもしも実際に退職をすると決断した場合に、高確率で必要になる退職メールの作り方についてご紹介していきたいと思います。

仕事を辞める場合に関しては、当然ながら自分自身が関わりのある人間に対して連絡をしておかなければいけません。

連絡もなしに会社を辞めてしまった場合、当然ながら様々な場面で問題が発生する可能性があるからです。

そこで、ここからは具体的に退職メールの作り方や、その意義、そして送るタイミングなどといった細かい確認事項をご紹介していきたいと思いますので、これから会社を退職しようと考えている方は必ず確認を行ってください。

退職メールを送る意義

退職メールを送るということに関するを知らない方もいると思いますので、簡単に意義について触れていきたいと思います。

会社を退職するということは、当然ながら周りの人に対して迷惑をかけてしまうことにもなりますし、自分と関わりがある人間に対してそのまま無言で会社を退職するのは明らかに失礼な大人になってしまいます。

なので、自分と関わりがある人間であったり、自分にお世話してくれた人間に対して最後まで礼を尽くすという意味で退職メールを送るということが退職メールの基本的な意義になります。

逆の立場で考えて、職場でかなり関わりがあったにもかかわらず、一言も連絡なしに会社を退職してしまったとなると後味が悪いですし、礼儀にかけている人間だという印象を持たれてしまいますよね。

だからこそ、会社を退職する際にはしっかりと最後まで相手に礼儀を尽くすという意味で退職メールは送らなければいけないことになるのです。

社会人としてのマナー

退職メールを送るということは考えてみれば社会人としての基本的なマナーの一つであると判断することができます。

会社に入社して何の挨拶を行ったりしないような人間などは世の中に存在していませんよね。

それと全く同じで、会社を退職するということは必ず挨拶を行わなければいけない状況になり得ると判断をすることができます。

挨拶は人間としての礼儀であり人間としての基本的なマナーの一つです。

だからこそ、退職をする日には社会人としてのマナーを全うする義務が存在すると考えることができ、行う必要性があります。

特に、実際に相手と直接会うことができるのであればメールを送る必要性はないのですが、相手と直接会うことができないようなこともあると思いますので、そのような時には必ず退職メールは送っておかなければいけないと判断をしてください。

退職メールを送るタイミングとは

退職メールをまた送ったことがないという方に関してはおそらく、退職メールを送る基本的なタイミングなどかよくわかっていない方が多いと思います。

この退職メールを送るタイミングなどをしっかりと把握しておかないと、場合によっては大きな問題に発展する可能性もありますので必ず注意をしておかなければいけない点になります。

そこで、ここからは具体的に退職メールを送らなければいけないタイミングについて触れていきたいと思います。

また、退職メールを送る相手によってもそのタイミングは変化しますので、取引先の人間と社内の人間とに分けて具体的にご紹介していきます。

取引先には?

退職メールを取引先の人間に対して送る際には、必ず退職することが決まっている日の2.3週間前くらいで連絡をするようにしなければいけません。

人によっては、退職をするその日にメールを送ろうと思っていたと考えている方がいるかもしれませんがこれは間違いです。

なぜある程度早めに連絡をしておかなければいけないのかと考えた時に、考えられる理由としては予め早い段階で連絡をしておく事によって後任者が引き継ぎをしやすくなるという大きな理由が存在するからです。

また、ある程度の早めの段階で連絡を入れておくことによって、相手からしてみればしっかりと仕事を計画的に進めることができるような人間であるという印象を持つことができるようになります。

逆に考えて、急に連絡が来て今日から退職しますので、新しい人間に仕事を引き継ぎますというような連絡が急に来た場合、取引先の人間からしてみれば礼儀にかけている人間であるという印象を持ったり、物事を計画的に考えることができない人間だと悪印象を持ってしまいます。

そのような人間が在籍していた会社に対して、あまり良い印象を持たれない可能性が生まれますので、結果的に会社自体が悪いという扱いを受けてしまう可能性もあり、なおかつ自分の印象を悪くしてしまい、人脈を途絶えさせてしまう可能性が生まれます。

なので、取引先に連絡する際には事前に2.3週間前に退職メールや連絡、あいさつなどは行うようにしてください。

社内の人には?

退職メールを社内の人間に対して送る際には、退職することが決まっている当日に連絡をするようにしてください。

なぜ社内のメールに関しては最終出勤日に連絡をしなければいけないのかと考えると、理由としては基本的に社内にいる人間に対して退職メールを送ったりする際には最後の挨拶を行うという意味でメールを行う必要性があります。

なので、事前に連絡をしておくのではなく最終出勤日に退職メールは送るようにしておかなければいけません。

もちろん会社によって具体的な決まりなのが異なっている可能性もありますので、もしも会社の規則やしきたりなどで予め早い段階でメールを送らなければいけないということなのであれば、話は別になります。

しかし、特段何かしらの決まりがないということであるならば最終出勤日に退職メールを送ったりするのが一般的になりますので、最終出勤日に連絡を入れるようにしてください。

また、細かいことをお伝えするならば、連絡の時間帯などに関しても気を遣うべきです。

基本的には定時の1時間前あたりがベストな時間帯になり、それ以外の時間は社員が忙しくしている可能性がありますので、連絡をする時間などにも十分注意をするようにしてください。

退職メール文面の注意

退職メールを送る時期とタイミングを理解いただいたところで、後は大切なのは退職メールの文面です。

退職メールに関してはなかなか人生の中でも送ったりすることが少ないものになりますので、その文面などに関してはしっかりと注意をする必要性があります。

最後の連絡になりますので、変な内容のメールを送ってしまうと大きく印象が悪くなってしまう可能性がありますので、最後までしっかりと内容などを確認した上で送付する必要性があります。

社内の場合と社外の場合とに分けて簡単に特徴をご紹介致しますので、連絡をする際には事前に内容を確認してください。

社内の場合 お世話になった人には個別にお礼の言葉を送ろう

社内の人間に対して退職メールを送る際には、基本的にはお世話になった人間に対しては個別に連絡を行い、個別にお礼の言葉を添付しておく必要性があります。

すべての文面をオリジナルで考えたりするのは大変かもしれませんので、最後の一部分などを自分なりにオリジナルで考えたりするようにすると効率よくメールを作成することもできると思います。

特に関わった人間がかなり多い場合はなかなか全てのメールを作成するのが難しかったりするかもしれませんが、一部分だけでもオリジナルの言葉を添えることによって全く印象が変わるようになりますので、この点を工夫してメールを送るようにしてください。

逆に同じ社内でも、そこまで関わりがなかったような方に関しては一斉メールでも失礼に当たりませんので、一斉メールで退職メールを送信するようにしてください。

そして、ここで注意していただきたいのが退職をする理由については記載をする必要性はありませんし、たとえ会社に不満があって退職しようとしていたとしても、会社に対する不満や捨て台詞などは記載する必要性はありませんので、注意するようにしてください。

社外に送る場合 退職日を必ず明記しよう

社外の人間に対して退職メールを送る際は、必ず自分が退職する日にちを記載した上で連絡をするようにしてください。

なぜならば、先ほどお伝えしたように引き継ぎなどの関係性もありますので、ある程度相手の会社が知りたいと思っている情報などは記載しておくようにするととても親切なメールになりえるからです。

ただ、注意点としては個人の連絡先を添付したりしないようにすることと、退職するにあたり自分が所属していた会社の機密情報などを漏らしたりするようなことは絶対にしないようにしなければいけません。

自分が会社を退職したら、後は関係ないという考え方を持っているのであれば、その考えは間違っていますので、必ずそのような考え方は持たないようにしてください。

しっかりと相手が仕事を最後までしやすいように細かい部分を読み取って内容を書き、お礼の言葉なども添えておくように文面を記入するようにしてください。

まとめ

今回は退職メールをテーマにして、退職メールを送る時の注意点などについてご紹介していきました。

なかなか人生の中でも退職メールなど送ったりする機会は少ないことになりますので、ある程度事前に勉強しておくことが必要です。

また、事前に知っておくことによって、いざ自分がその状況に立たされた時に適切な行動をとることができるようになりますので、損になるようなことはありません。

むしろ、社会人としてのマナーとして知っておかなければいけないことにもなりますので、今回退職メールの基本的な事などを初めて知ったという方は、この機会に知識として退職メールに関するマナーを正しく理解し、必要であれば今後活用してみてくださいね。