私たちは生きていく上でお金が必要な存在であると考えることができます。

もちろん、自給自足の生活で生きていくということを実践するのであれば、お金は必要ない存在になるかもしれませんが、あくまで一般的な生活をするということを前提に考えるのであればお金は絶対的に必要なものであると考えられます。

例えば、私たちが生きていく上で大切な家などに関しては、家を借りるか家を購入しなければ手に入れることはできませんよね。

安心して暮らしていくための家を手にするだけでもそれなりのお金が必要になります。

また、生きていくためには食事をしてたくさんの栄養やエネルギーを摂取していかなければいけません。

そのためには食材を入手する必要性がありますが、自家栽培をしない限りはスーパーに足を運んで購入したりしなければいけません。

なので、お金がまた必要になります。

そんな生きていくために必要なお金ですが、お金に余裕がある家庭もあれば、お金に余裕がない家庭の人もいます。

行っている仕事によって賃金に格差がありますので、これは当然の話です。

だからこそ、私たちが気を付けなければいけないのは、どのようにして自分自身の支出を減らしていくかということだと思います。

支出を減らすことによってお金を無駄に使わずに済みますし、お金を逆にためることができますので、いざという時にお金に困るようなことがなくなるからです。

そこで、今回は支出をテーマにして、支出を抑えるための注意点についてご紹介していきたいと思います。

いつも支出が多いということが悩みに感じているのであれば、今回ご紹介する内容をきっかけにお金を無駄に使わない方法を知ってみましょう。

無駄遣いしていないのにキツキツの家計

今の日本は不景気の時代だと言われています。

だんだんと景気を回復しているという話は聞こえますが、それでもまだ以前の時とは比べ物にならないほど不景気な時代だと言えます。

実際に、毎月少ない給料をもらいながら生活がギリギリの人間などは探してみればいくらでも存在しています。

誰しもがたくさんの給料が欲しいと思っていると思いますが、現実は自分自身が行っている仕事の種類によってある程度賃金格差が存在しています。

簡単に言えば、誰でもできるような仕事をしている人は少ないお金をもらっており、誰でもできるような仕事ではないような、資格を持っていたりそれなりのスキルを所有してビジネスを展開している方に関しては高い賃金を得ている可能性が高いからです。

ただ、年齢的には若い方ならばまだ方向転換することができるかもしれませんが、ある程度の年齢になってしまっている方に関しては今後方向転換をしたりすることが難しい方もいるかもしれません。

つまり、収入を上げることが難しい形も存在しているということです。

だからこそ、収入を上げるのではなく、自分自身の支出をどこまで減らすことができるかということが大切になってくるのです。

意外と自分自身の支出に関して見直しを行っていない方は多く、しっかりと支出に関して関心を持ち、向き合うことで意外と多くのお金を節制することができる場合があります。

なので、今回は自分自身の無駄な支出をなくすためにも、しっかりと支出に向き合って無駄を無くしていくきっかけにしてみてください。

貯まるものも貯まらなくなる!


あまり自分自身の支出に対して関心を持っていない方は意外と多く存在しています。

ある程度高い収入を得ている方であれば、そこまで大きな問題にはならないのかもしれませんが、少ない収入の形に関しては自分自身の支出をしっかりと管理しておかなければいけません。

なぜならば、そもそも収入が少ないということは一般的に考えて収入が高い人に比べて自由に使えるお金が少ないということになります。

つまり、自由に使えるお金が少ないということは、自分自身の貯蓄に回したりすることができないということになります。

貯蓄をすることができないということは、いざという時にまとまったお金を支払うことができない可能性が高くなり、自分自身の将来設計に関して大きな問題になってくる可能性が生まれます。

時には自分自身だけど問題ではなく、家族を養っているのであれば家族の未来に関しても大きな問題が生まれてしまう可能性があります。

例えば、子供がいる家庭では子供の教育費などが支払えないとなるとこれは大問題になりますよね?

そう考えてみると、収入が少ない家庭であればあるほど、支出を少なくするということはとても大事な問題になってくるのです。

突き詰めて考えてみれば、支出を減らすという行為はちょっとした気遣いでできるようなものばかりです。

そのちょっとした気遣いが長い年月をかければ、大きな財産に変化する可能性があるのです。

その点にいちはやく気づき、一日でも早く自分の支出を見直す考え方、そして行動を身に着けるようにしましょう。

支出を抑えるためのの5個注意点

支出がいかに大切な要素であるかということがお分かりいただけたと思いますが、それを踏まえてここからは具体的に支出を抑えるための注意点についてご紹介していきたいと思います。

人によっては、自分の支出がなぜここまで多くなっているのかわからないと感じている方もいるかもしれませんし、自分自身の支出をどのようにして減らすようにすればいいのかわからないと感じてる方もいると思います。

注意点ややり方などがわからなければ、いつまでたっても変化させるための考え方や行動などを起こすことができません。

なので、まずは支出を抑えるための注意点を把握し、何に気を付けなければいけないのかということを知ってください。

そこから、支出を抑えるための考え方が身につくはずです。

1、流動支出だけに目を向けない

まず初めにご紹介する支出を減らす注意点としては「流動支出だけに目を向けない」ということが挙げられます。

そもそも人によっては流動支出という言葉がよくわからない方がいるかもしれませんので、簡単にご紹介していきます。

流動支出とは簡単に言えば「毎日やりくりする費用」と考えていただければわかりやすいと思います。

つまり、例に挙げるならば、毎日自分自身や家族が食事をするために必要な食費、生活をしていく上で絶対的に必要になる日用品、女性の方であれば自分自身が美しくあるために必要な美容費、休日にストレスを発散したり友達と遊んだりするための娯楽費などなど。

これらが一般的に考えられる流動費となります。

では、なぜ流動支出だけに目を向けないということに注意しなければいけないのか?と考えたときに、一般的に支出を減らすためにどのような部分を節約すればいいのかと考ると、この流動費に目を向ける方が多いのです。

もちろん、流動費を減らしていくということはとても大切なことであり、気をつけることでそれなりに効果を得ることはできるのですが、これだけに着目するのではなく、それ以上固定支出に対して目を向けたほうが圧倒的に大きな効果を得ることができるようになるからです。

なので、流動支出に対して目を向けるのも大切であり、絶対的に必要なことですが、それだけではなく、あなた自身が毎月払っているような固定支出にも目を向けないとより大きな節約効果を得るチャンスを逃してしまっているということになるので、注意しなければいけないのです。

固定支出を見直すべし


固定支出を見直すことによって、先ほどもお伝えした通り大きな節約効果を得ることができるようになります。

具体的に固定支出とはどのようなものなのかと考えた時に、家庭レベルで考えてみれば、家を借りているのであれば毎月の家賃、そして車を所有しているのであれば車の駐車場代金、そして生きていくために必要な水道や電気、ガスなどの光熱費、そして携帯電話などを持っているのであれば毎月の通信量などなどが固定支出というカテゴリに分類されます。

先ほどご紹介した流動支出に関しては、自分自身で毎日気をつけていかなければ継続して節約をすることは難しく、頑張れば頑張るだけ大きな節約ができますが、それと同時に頑張り続けなければいけないので少し大変な作業にもなってしまうのです。

しかし、固定支出に関してはちょっと見直しをするだけで、毎月何もしないでも大きな金額を減らしていくことが可能になったりする場合もあります。

例えば、今現在であれば誰もが持っていて当たり前のスマートフォンなどに関しては、見直しをしてみれば実は今払っている金額よりも2.000円も安いプランにすることが可能な場合などもあります。

そう考えてみれば、何もしないで毎月2.000円支出を減らすことができ、一年に換算すると何もしないで36.000円支出を減らすことができたということになるのです。

流動支出を36.000円減らすのはとても大変ですが、固定支出を見直せば、ちょっと確認するだけでこんなにも大きな効果を得ることができるのです。

なので、流動支出だけではなく、固定支出にも目を向けることで大きな効果を得ることができるため、目を向ける必要性があるということになります。

2、1ヶ月の食費予算を決める

次にご紹介する支出を減らす注意点としては「1ヶ月の食費予算を決める」ということが挙げられます。

なぜ1ヶ月の食費予算を決めるということに注意しなければいけないのか?と考えたときに、支出が大きくなってしまう原因を考えたときに、考えられる原因としては食費がかさんでしまったりすることがかなり多いのです。

なぜならば、食事は私たち人間が生きていく上で絶対に行わなければいけないことになりますので、どんなに気をつけたとしても必ず食事という行為自体をなくすことはできないのです。

なので、ついつい食事にお金を使ってしまいやすくなりやすく、食費に対する考え方があまい人などは支出が大きくなってしまいがちになるのです。

そもそも、毎月の支出が高くなりすぎてしまっているという方は自分に対して甘い考えを持っている方が多かったりします。

自分に対して甘い考え方を持っている人間は、仕事でちょっと大変なことがあったりした時に食事などで普段よりも豪華な食事を楽しんだり、自分に対してご褒美を与えかけになってしまいます。

そうなってしまうとさらに自分の支出が大きくなってしまいますので、さらに支出が多くなり、貯蓄ができなくなってしまうのです。

なので、ある程度1ヶ月の食費予算を決めておくことで、それなりに目標を作ることができ、それに近い数字で食費に歯止めがかかるようになり、結果的には支出を大きく減らすことができるようになるのです。

なので、1ヶ月の食費予算を決めるということは支出を減らす大事な注意点として考えることができます。

3、衝動買いしない

次にご紹介する支出を減らす注意点としては「衝動買いしない」ということが挙げられます。

なぜ衝動買いしないということに注意しなければいけないのか?と考えたときに、衝動買いをしてしまうということは結果的に無駄な買い物をしてしまっている可能性がとても高いからです。

なぜならば、衝動買いをしてしまって購入したものに関しては、じっくりとその商品が本当に必要なものなのかどうかということを考えずに購入してしまっている可能性が高いからです。

いつも購入しているような日用品がなくなってしまったので衝動買いで購入したということに関しては、無駄になったりするような可能性はそこまで多くないのかもしれませんが、例えば料理などをするときにある食材を購入して気がつけば、家にその食材がまだ大量に余っていたというようなことなのはよくあることです。

そして結果的に、その食材を多めに買ってしまって余ってしまったり、使い切れなくて腐らせてしまったということなどもあり得ますよね。

そうなってしまうと、完全に無駄な買い物になってしまいお金を捨ててしまっているということと同じようなことになってしまいます。

なので、買い物をしたりするのであれば衝動買いをして購入するのではなく、事前に自分が何を買い物するのかということをある程度把握した状態で買い物をしなければいけません。

そうすることによって、本当に必要なものだけを購入することができますし、そもそも衝動買いをするということ自体がなくなります。

そして、本当に必要なものだけを購入してお金を無駄にしたりすることがなくなりますので、衝動買いをしないということは、結果的に自分自身の無駄な支出を減らす注意点に繋がると考えることができます。