あなたは恋人がほしいと思っていますか?
じつはもう何年も恋人が欲しくて「いい人がいないかな~」と探しているかもしれません。

毎年、「今年こそはクリスマスを彼氏(彼女)と過ごす!」と決意していたものの、年末になって一年を振り返ると、「今年もダメだった・・・」とがっかりしたりしているかも!?
世の中にはこんなにたくさんの人たちがいて、たくさんの恋人を探している男女がいるのに、どうして恋人を作るのってこんなにも難しいのでしょう?
特に、周りにいつも恋人がいてリア充を楽しんでいるキラキラした人たちを見ると、「どうして自分には恋人ができないの!?」と思うかもしれません。

そこで、「今年こそは、恋人を作りたい!!」
そんな風に思っているあなたへ、どうして恋人ができないのか、考えられるその理由と、どうしたら彼氏・彼女を作ることができるのか、そのポイントをチェックしていきましょう!
ちょっと自分を正直に見つけて、改善できるところは素直に改善し自分に自信を持つなら、きっとあなたにも素敵な出会いがありますよ!

なんで恋人ができないんだろう…

「彼氏(彼女)がほしい!」
こう思っているだけで、自然と恋人ができたらどんなにいいか・・・。

そんな風に思ったことはありませんか?
でも現実はそんなに甘くありませんよね。

恋人がほしいと本当に思っているのに、なかなか自分にはいい人が現れない。

異性との出会いがあるのに、恋に発展してくれない。

そう思っている人は、「いい出会いがない」と文句を言う前に、まずは自分自身をチェックしてみる必要があるかもしれませんよ!

できないには理由がある


「恋人ができない」というその理由には、確かに「出会いがない」ということも大きく関係しているかもしれません。

でも、自分と同じような異性との接触があまりない環境で仕事をしていたり、毎日忙しいアノ人にはいつでも恋人がいる、ということはありませんか?
ということは、もしかしたら恋人ができない理由には自分自身に何か原因があるのかもしれません。

やはり残念ながら、恋人ができない人にはそれなりの共通した特徴があるようです。

つまり、異性との出会いがあっても、それをモノにできない理由があるのです。

では、恋人ができない人の特徴・理由とはいったい何なのでしょうか?

言葉使いが汚い

「マジウケるんですけど!」「クソ」「テメエ死ね」「ヤバイ」「・・・なんじゃね?」。

皆さんはこんな言葉遣いしていませんか?
自分では、もうクセになってしまっていて、なかなか気づけないのが汚い言葉遣いです。

仕事中や、目上の人にはこんな言葉遣いをしていなくても、友達同士など気の置けない仲間と一緒にいるときにはこのような話し方をしている、なんてことはありませんか?
安心している環境だと、素の自分を出せるので言葉遣いなんかあまり気にしていないかもしれません。

でも、周りの人からは意外と厳しくチェックされているんです。

特に男性は女性の言葉遣いをとても気にします。

顔がタイプの女性であっても、いくらかわいい・キレイな人であっても、普段の話し方が下品だったり、汚かったりすると、いっきに幻滅したり好きになれなかったりするものです。

男性でも、普段の話し方が乱暴だったりする人もいます。

そのような人は、自分の家ではそれが普通であったかもしれませんが、汚い言葉遣いは人を不快にさせることを覚えておくとよいでしょう。

せっかく、あなたには素敵なところがたくさんあるのに、汚い話し方のせいで「あの人顔もスタイルもタイプなのにな・・・もったいない」というような感じで思われてしまっているかもしれません。

つまり、せっかくのあなたの魅力も言葉遣い一つでかき消されてしまっているかもしないのです。

そんなの、あまりにも残念ですよね!

清潔感が感じられない


清潔感!!
これは、モテるモテないを大きく左右する、大きなポイントです!
男性は女性に対して、清らかで女性らしい姿を求めています。

だから、言葉遣いもそうなのですが、女性に対して「この人汚い」という印象を持つと、いっきに異性としてみてくれなくなる可能性があります。

例えば、女の命と言われている髪の毛はいつもきれいに整えていますか?
ぼさぼさのまま外出していませんか?
化粧は丁寧にしていますか?
ガサツな化粧で逆に汚いイメージを与えていませんか?
鞄の中は整っていますか?
物が混在していて、どこに何があるのかわからないような、ゴミと持ち物が混ざってしまっているよう担っていませんか?
食事はきれいに食べていますか?
これらは、普段の生活習慣が関係しているので、あまり自分では意識していなかった点かもしれませんが、異性はきっちり見ています。

男性も同じです。

女性は、男性に清潔感を感じられないと「この人生理的に無理」と思ってしまいます。

洋服から変なにおいがしたり、靴が汚れていたりすり減っていたり、髪はぼさぼさで、食べ方が汚い・・・。

そのような男性は近づきたくなくなります。

まして、彼氏候補としては脱落します。

自分に自信が持てていない

長年恋人ができないでいると、自分に自信が持てなくなる人もいます。

でも、そのような自分へのネガティブな感情は自分の良さを消してしまう可能性があります。

自分に自信が持てないでいると、何か気になる異性と話したり仲良くなったりするチャンスが目の前にやってきたときに、勇気を出して一歩を踏み出す力がでないかもしれません。

特に、周りにライバルと思える人がいたり、その気になる人に”もしかして”好きな人がいるかも、と思うだけで、自分の中で何もしないうちからすでにあきらめてしまうことがあります。

相手の気持ちなどを確かめることなく、相手に近づくことを迷っていたり、勇気が出なくてせっかくのチャンスも見逃してしまったりしていると、もう次にはチャンスが巡ってこないかもしれません。

本当は相手もあなたに興味を持っているかもしれないのに、勝手に自分で自分に見切りをつけているならもったいないことですね。

その自信のなさからくる悪循環が原因で、今までチャンスがあったにも関わらず、恋に発展することができななかったのかもしれません。

逆に、自分にある程度自信のある人は、積極的に相手にアプローチができます。

自分の相手への好意の気持ちを素直に表すことができるのです。

もしそれで全部がうまくいかなくても、ちゃんと行動できている分、成功する可能性だって上がるわけです。

だから、「自分なんてどうせ無理・・・」と思っている人は、本当の自分の魅力や恋に発展する可能性を自分でつぶしていることがありますよ!

恋愛テクニックがない

恋人がほしいけど、何をすればいいのかわからない。

相手にどうアプローチしていいかわからない。

そのような悩みを持つ人達も恋人ができない傾向にあります。

つまり、恋愛テクニックがないのです。

ドラマや漫画の世界のように、何もしなくても自然とそのまま素敵な恋愛ができれば苦労はないのですが、やはり現実は違います。

恋愛は、深い人間関係なので、相手のことをよく観察して喜ぶポイントをしったり、自分に興味を持ってもらうためにどうアピールしたらいいか、どうやって相手の気持ちを自分に向けるか、などを分析したり、それを行動に移すくらいの積極性が必要です。

何もしなくても、自然といつも恋人がいるようなモテ人生を送っている人には、これは必要ないのかもしれませんし、もう生まれつきそのようなテクニックを持っているのかもしれませんが、たいていの人の場合、恋人を作るために自分で考え、相手にどうアプローチができるかを、ちゃんと学びつつ努力しているんです。

だから、まったく何も考えず努力もしないで「彼氏(彼女)ができない」と嘆いている人は、恋愛テクを身に着ける努力が必要かもしれませんよ。

”男ウケ”・”女ウケ”の意味を分かっていない

世間で”モテる男(女)”になるためのしぐさ、特徴などを紹介しているものの中には、実は真逆の効果をもたらすものもあります。

例えば、男ウケを狙って男性が話をしている時にはいつもオーバーリアクションで笑ったりしている女性がいますよね。

確かに、よく笑ってくれるかわいい女性は男ウケするハズなのですが、そこに「嘘っぽい」「うざい」等の感情を持たれるほどの”やりすぎ感”が出ていると逆効果です。

逆に、「この女イタイ」と思われてしまって終わりなのです。

つまり、世間一般で男ウケする行動とか、女ウケする行動というものを丸暗記しているかのように、それをそのまま自分に取り入れている人は失敗しやすいです。

それをして、本当にかわいいと思われる女性のいれば、それをしたら逆にイタイ人になってしまうことがあるのです。

つまり自分のキャラや自分の魅力を引き出す努力をするのではなく、ただただ世間のかっこいい・かわいい人がしたらモテるというしぐさや行動を取り入れても、ダメなんですね。

さらに、同性から見てかっこいい・かわいいといわれている人が、異性からは人気がないということがよくあるように、異性から見ての”ウケ”の良さというのはいまいち理解するのが難しかったりします。

だから、勝手に自分で思い込んで「男は女性がこうするのが好きなんでしょ!」「女はこうゆう男が好きなんだ」というような決めつけの一般的なモテ行動をしても、逆に引かれることがあります。