学生の頃は、学校に行けば自然と同世代の友達が出来ましたが、社会人になると「友達」と呼べる相手を作ることは、意外と難しいものです。

社会に出ると本音で曝け出すことが出来なくなるからです。

友達と思っていた相手が実は裏切り者だった・・・という話はよくある話です。

近年では、フェイスブックやツィツター、インスタグラムで気軽に友達を作ることが出来ます。

フェイスブック上でサークルを作っている人も多いです。

「フェイスブックでは友達1000人はいる」と豪語する人もいますが、フェイスブック上やツィツターでの友達人数は、友達のようで友達とは呼べないものです。

どこまで、相手に腹を割って話せるか?腹を割って話せる相手が友達と言うなら、恐らく多くの人が友達と呼べる相手は片手で余るくらいしかいないはずです。

本当の友達を作りたいなら、友達アプリが一番おすすめです。

リアル友達を作れることはもちろん、メッセージ上、本音で話す友達を作ることが出来ます。

️友達アプリで友達作りは当たり前?

誰でもスマホやパソコンを持っている時代です。

だからこそフェイスブックやツィツター、インスタグラムなどSNSの需要が高いのです。

売買したいと思えば、メルカリやジモティーなどフリマアプリの利用や美味しいレストランを探そうと思えば、グルメサイトを利用したりと、様々なアプリをダウンロードして使いこなすことが今の時代です。

「友達がいない」と思えば、友達アプリを利用すれば良いのです。

さすがにアプリで友達を探すなんて・・・と思っている人は正直古い、むしろ、実際に職場や学校、近隣で友達を探す方がずっと難しいことです。

「ママ友」と言って毎日顔を合わせている相手に本当に腹を割って話しているでしょうか?

悩みを相談することができるのでしょうか?やはり壁を作っていることが現実です。

昨日、今日会った相手といきなり友達になることは大人になればなるほど難しいことです。

だからこそ、友達アプリが有効なのです。

気軽に友達作りができる友達アプリ


友達に求めるものは、何でしょうか。

自分と同じ趣味や価値観が合うことだと思います。

もし、自分の周りに同年代がいないとすれば、同年代の友達がほしいと思うはず。

年代関係なく、リアルに会えてカフェで話せるような友達がほしい等、友達に求めるものは色々だと思います。

そんな友達を身近な人間だけで探そうと思うと意外と大変です。

友達作りは、自分の趣味や考えに共感して興味をもってくれる相手を見つけることです。

友達アプリを利用すれば「自分はロック音楽が好き」と趣味をアピールすることができます。

同じようにロック音楽が好きな相手と繋がることができます。

同じ趣味や価値観の相手を全国から見つけることができるのです。

同じ趣味や価値観の合う相手と実際にすぐ会える距離じゃないとしても、毎日メッセージで情報やトークを出来ることは、実際のリア友よりも充実した日々を過ごせます。

実際に友達を作ろうと思うと、「嫌われてはいけない」と思う気持ちから、自分の趣味や特技を隠してしまうことがあります。

相手の趣味や性格が分からないからこそ、初対面はバリアを張っているのです。

友達アプリであれば、誰に気兼ねすることもなく自分のプロフィールを作ることが出来ます。

自分のプロフに興味がある人が連絡をくれる、気軽に友達作りができるのも友達アプリです。

抵抗なく登録できるのが嬉しい

友達アプリと出会い系を一緒に考えてしまう人もいますが、友達アプリと出会い系は全く違います。

出会い系は出会うことが目的ですが、友達アプリは友達を探すことが目的です。

必ず待ち合わせをしてリアルに会う必要がありません。

話しが合い共感する相手であれば、近隣に住んでいる相手じゃなくても良いのです。

友達アプリの多くは完全無料で利用できます。

LINEやメアドを交換しなくても、アプリ上のメッセージ機能を利用してトークすることが可能。

友達アプリをダウンロードすれば、簡単な登録で友達を見つけることができます。

実名を公開することもなく、身分証明提示する必要もほぼありません。

友達は作りたいけれど、個人情報を知られることは誰だって抵抗あります。

もちろん、それは出会う友達も同じ気持ちです。

友達アプリの良いところは、わずらわしい手続きがないことです。

イニシャルやミドルネームで抵抗なく登録できる手軽さが人気です。

️友達アプリで友達を増やすコツ

実際に友達アプリを利用と思ったときに、いくつかの注意点があります。

「手軽に登録できるから、適当に作ってみた」それじゃ友達を作ることは出来ません。

親しき仲にも礼儀ありという言葉がありますが、友達アプリをダウンロードした状態では、まだ親しき関係にもなっていません。

相手に不信感を抱いてしまえば、友達になろうとは思わないのです。

友達アプリで大事なこと、それはプロフィールが全てと言っても過言じゃありません。

友達アプリを利用すると、相手のことが分かるのはプロフィールのみです。

プロフィールを見て、「同じ趣味だ」「面白そうな人」と良いイメージを持つから、相手はアクションを起こしてくれます。

友達アプリで友達を増やすコツは、自分をいかにアピールするかが大事です。

自分からメッセージを送る


友達アプリをダウンロードしたから、友達ができることはありません。

友達アプリをダウンロードしたら、まずは自分から動くようにしてみましょう。

プロフィールなど登録しても、待っているだけでは友達は増えていきません。

友達アプリは、様々なコミュニティや趣味を検索することができます。

自分のプロフィールを見てくれてリアクションを付けてくれた人と出会うことがあります。

何らか「いいね」など、相手がリアクションをつけてくれたら自分も同じように相手のプロフに行き、リアクションを残すようにしましょう。

また自分が共感できる相手や同じ趣味の人を見つけたら、自分からメッセージを送ります。

人見知りが激しいと現実で友達をつくることは大変ですが、友達アプリであれば人見知り関係なく友達をつくることができます。

自分からリアクションやメッセージを送ることで印象を残すだけで良いのです。

友達アプリでは、人見知りな人ほど向いているアプリです。

プロフィールをちゃんと書く

友達アプリで自分をアピールする方法のヒトツがプロフィールです。

相手は、プロフィールを見てリアクションやメッセージをくれます。

またプロフィール検索でヒットすることで出会いのチャンスも多くなります。

会社では、初対面の相手に名前や連絡先を教える為に名刺が存在しますよね、まさに友達アプリでは、プロフィールは名刺代わりです。

実際にフルネームや本名は載せないまでも、どんな相手が分ることができます。

相手のことがよく分からないのに、友達になろうとは思いません。

友達アプリをしたものの、友達がイマイチ作れないで悩んでいる人の多くは、プロフィールが未完全な状態だからです。

性別がイマイチわからない、趣味や特技がわからない、写真がないから不安など様々な原因があります。

特に趣味など、相手の情報が分からないとメッセージで声をかけにくいです。

例えば趣味が「ロック音楽鑑賞」や「居酒屋巡り」「カフェ巡り」「ハンドメイド」であれば、趣味をキッカケに出会うことも出来ますし、メッセージも送りやすいです。

友達作りで大事なことは、最初のメッセージが送りやすいか?です。

最初の一歩を踏み出すことは緊張するものです。

「なんて言って話しかけようかな」と友達を作るときに思うように、友達アプリも「はじめまして、
私もカフェ巡りが趣味です。

どこのカフェがおすすめですか?」とキッカケがあれば、メッセージを送りやすくなるのです。

友達を増やすコツは、充実したプロフィールにかかっています。

写真は写りの良いものを選ぶ

友達が多い人のプロフィールは、写真の写りが良い人です。

写真登録をしていない人は、正直友達を作りが難しいかもしれません。

相手がどんな人がイメージできないと不安だからです。

人間は第一印象で相手のイメージを決めます。

極端に美人やイケメンの写真だと「これってサクラじゃない?」と疑ってしまいますし、暗いイメージの写真だと恐怖感を与えてしまいます。

自分の写真を載せるときは、明るいイメージを与えるような写りが良いものを選びましょう。

友達アプリの中には、本人写真を載せないで良いところもあります。

そんなときは、自分の飼っているペットや好きな動物の写真でも良いと思います。

それだけでも相手は「ウサギちゃん飼っているの?」と声をかけて、友達になるキッカケができます。

実際に面と向かって会っていない相手だけに写真は重要なポイントです。

写真は写りの良い人ほど、友達を増やすことが上手な人と言えるでしょう。

メッセージを質問で終わらせる

友達作りで大事なことは、会話上手なことです。

と言っても実際に会話をするわけではありません。

せっかくメッセージをくれても、1回のメッセージ交換で終わってしまった・・・ということが友達アプリで多いです。

メッセージでやりとりを続ける場合は「?」で終わらせると良いでしょう。

質問系で終わらせると、相手は返信しなきゃいけない気持ちになるからです。

何回もやりとりをしていて、翌日に続けたい場合は、「明日もメッセージしていい?」「いいよ。」「じゃあ、今日はここまでね、おやすみ」などで明日へ持ち越すようにしましょう。

相手も明日、メッセージ来ることをワクワクして待っていてくれるはずです。

当日だけメッセージを交換したけれど、その後、やりとりしなくなったケースも多いです。

メッセージ交換した場合は、最初は特に頻繁に送るようにした方が良いです。

相手が返信しやすい

相手がメッセージをしても返信にして良いか困る応対があります。

「こんにちは、プロフでカフェ巡りが趣味と記載されていたので、気になりメッセージしました」に対して、「メッセージありがとう」だけだと、完結してしまいます。

メッセージしてくれた相手に対して、質問系で終ると相手は返信しやすくなるのです。

「メッセージありがとう。〇〇さんもカフェ巡りが趣味ですか?」と返信すると、「はい、私もカフェ巡りが趣味です。よく渋谷あたりのカフェに行きますよ。〇〇さんは、何処の地域に行きますか?」と会話が成立します。

今日1日はメッセージで盛り上がったけれど、翌日にメッセージしないと2日、3日と続いて、最終的にメッセージしづらくなります。

まだ完全に打ち解けない時期は、メッセージを頻繁にするようにして互いのコミュニケーションを高めることをおすすめします。

共通の趣味で盛り上がる

友達アプリで大事なことは、共通の趣味です。

共通の趣味だと話も盛り上がりやすく、相手も打ち解けやすいのです。

メッセージ交換をするときに共通の話題がないと、単なる社交辞令で終ってしまいます。

「友達と時間を忘れて話が盛り上がってしまった」という人は多いと思いますが、やはり盛り上がるのは、共通の趣味です。

まして友達アプリでは、初対面で相手のことをよく分からない状態で出会います。

プロフィールを見て、共通点がある人とメッセージ交換をしたいと思うはずです。

プロフィールを作るときに、必ず趣味を書くようにしましょう。

逆に自分からメッセージを送る場合でも、趣味で検索をすると価値観が合う人と出会いやすくなります。

共通の趣味の相手は、価値観が似ている人です。

だからこそ、趣味を通して話が盛り上がることができるのです。

変なメッセージは速攻ブロック

友達アプリは、気軽に登録することができます。

だからこそマイナスな部分も多いことは事実です。

身分証明の提示がないことで、誰でも登録ができるということは、サクラや怪しい業者も登録していることになります。

また、ミドルネームを使うことでマナーがない相手と出会ってしまうことがあります。

ヤフコメや掲示板を見てみると、匿名だからこそ誹謗中傷をする人間がいます。

友達アプリも同じことです。

友達目的ではないメッセージや、他のサイトに誘導するなど不快と感じる変なメッセージは速攻ブロックすることをおすすめします。

例えば、誹謗中傷に至っては挑発にのらないことです。

ケンカを売られても、スルーすることで相手は不完全燃焼で面白みを感じません。

ブロックはもちろん、マナー違反としてサポートに通報することができます。

会うまでに信頼関係を築く

友達アプリと言っても、メッセージ交換したから即友達になれるわけではない。

あくまでメッセージ交換を数回しただけではSNSの友達と一緒です。

プロフィールやメッセージ交換では、相手のことを信頼することはできないと思います。

例えば趣味が同じだから実際に会えば、もっと話が盛り上がると思い込むことは安易です。

「実際に会ったらイメージが違う」「女性だと思っていたら男性だった」とマイナス的な意見も多いのが、友達アプリです。

実際に会うことが目的でアプリ内では適当に話を合わしている人はいます。

同性の方かメッセージ交換ができるからと性別を偽っている人もいます。

実際に会ってガッカリしない為にも、アプリ内のメッセージ交換では信頼関係をしっかりと築くようにしてください。

信頼関係が築かない状態で会えば、ガッカリどころか怖い事件に巻き込まれることもあるのです。

すぐ会おうとする人は警戒する

友達アプリをしているとメッセージ交換を2~3回程度で「話が盛り上がるね、気が合うから合おうよ」と言ってくる相手がいます。

特に異性の場合は、メッセージよりも実際に会うことを頻繁に進めてきます。

すぐ会おうとする人は警戒するようにしてください。

異性はもちろんですが同性だとしても、なりすましている可能性があります。

アプリ内で同性と偽りメッセージ交換をする相手は、実際に会ったときに肉体関係を求めることが多いです。

実際に出会い系よりも無料で簡単に登録できるから、友達アプリを利用する人もいます。

極端な話、友達であれば実際に会わなくてもメッセージ交換だけ盛り上がることができるものです。

とにかくすぐ会おうとする人は何か目的があると考えるべきです。

相手との信頼関係ができた時点で、会うようにしましょう。

リアルとのキャラを変えすぎない

SNSでは、リアルとのキャラが想像もつかない人がいます。

現実では、普通のOLで質素に生活しているのに、ブログやSNSではリア充アピールが強く、セレブ気取りな人もいます。

SNSの魅力は、なりたい自分になれることです。

フェイスブックやツィツターにハマる人の多くは、リアルな世界で発散できないことをフェイスブックという世界で満喫して快感にしているのです
友達アプリも同じことで、現実では人見知りが強く発言することができない。

「社交的な人間になれれば」と思う気持ちがアプリ内で自分のキャラを作り上げてしまう。

たしかに友達アプリで友達をたくさん作ろうと思えば、明るく社交的な人の方が人気も高いでしょう。

ですが、本来の自分ではないキャラを作ることは、後々疲れてしまいます。

なりたい自分ではなく、素の自分を曝け出すことで本当の友達を作ることができます。

友達の数で競うのではなく、友達アプリは友達を作ることが目的です。

一気にやり取りを増やしすぎない

なるべく数多くの友達を作ろうと思っていると、来るもの拒まずになります。

特に女性だと男性からのアプローチは、何十通になる可能性もあります。

メッセージや足跡を残してくれた全ての人と一気にやり取りをしていると、苦痛になってしまいます。

メッセージが来ると最初は、誰でも嬉しいものですが、共通点もなく単純にメッセージを送っている相手もいます。

同じ趣味や共感を持てる相手と連絡をとることで、友達と呼べる相手と出会うことができます。

一気に複数の相手と連絡を取り合うことは、その中にいる大事な友達を見落としてしまう可能性もあります。

一気にやり取りを増やしすぎるとメッセージそのものが負担となり、返信することが面倒になってしまいます。

メッセージや足跡がきても、やりとりするべき相手は考えるようにしましょう。

個人情報を教えるときは慎重に

友達アプリを利用しているうちは、アプリ内のメッセージ機能でやりとりすることができますが、実際に会って意気投合すれば、本名を教えたり、個人的なLINEや電話交換をしますよね。

LINEや電話番号程度であれば良いですが、あまりに信用しすぎて個人情報を全て教えてしまうことはリスクも伴います。

本名まで知っているうえに住所や職場まで教えてしまうと、トラブルも起こりやすくなります。

特に相手が異性だとすれば、友達じゃなく付き合いを求められて、断ったときにストーカーや職場に嫌がらせ電話をかけられることもあります。

ある程度、信用することも友達を作る上で大事なことですが、個人情報を教えることはトラブルを起こすリスクも高くなるということです。

少なくてもアプリ上のメッセージで個人情報は教えないようにしましょう。

トラブルが起きないようにする為にメッセージ内では個人情報でやりとりをしないのです。

ミドルネームやアプリ内メッセージは、個人情報を守る意味もあるのです。

自分に合った友達アプリを選ぶ

最近は、様々な友達アプリがあります。

友達アプリを利用する目的を明確にしておくと、探すべき友達も見えてきます。

例えば「男女関係なく同年代の友達がほしい」「同性だけの友達と出会いたい」「同じ趣味の友達を探したい」などターゲットをしぼると自分に合った友達アプリを見つけることができます。

友達アプリと言っても、個々に特徴は異なります。

女性だけしか登録できないアプリや、20代中心に人気があるアプリ、大手が運営して安心できるアプリなどです。

自分に合っていない友達アプリを利用していると無料とは言え、興味がない相手からメッセージが来たり、逆にメッセージが全く来ない状態になってしまいます。

️友達アプリのおすすめ4選

ステキな友達を見つける方法は、いかに人気のある友達アプリを見つけるか?です。

出来れば無料で楽しみたいし、個人情報を教えずに友達を見つけたいものです。

一番は、信用できるか?自分が求める友達がいるかが大事です。

おすすめの友達アプリは、「シングル」「メッセージバード」「友達作りtalk」「tipsys」です。

この4選は、個々に特徴が異なりますので、自分に合っているアプリを見つけられるはずです。

手軽に安心してできる友達アプリを見つけてください。

シンクル

友達アプリをはじめて利用する人にも、見つけやすい友達アプリは「シングル」です。

シングルの特徴は、「共有できる好きなもの」です。

自分の好きなことを投稿するだけで、たくさんの人々と集まることができます。

もちろん、他のSNSに連動することもありません。

匿名で楽しむことができるので、自分がリア友には話していない趣味も堂々とアップすることができます。

4文字カタカナのユーザー名とプロフィールアイコンだけを選べばOKです。

身分証提示など煩わしいことは一切必要なし。

もちろんプライバシーは一切出ることがありません。

はじめたばかりでフォロワーが少なくても大丈夫です。

フォローもフォロワー人数が表示されることがありません。

好きなものや趣味で繋がれる

ちょっとマニアな趣味でも、同じような感覚をもっている相手はたくさんいます。

シングルアプリは、実に簡単にはじめることができます。

自分の好きなことに関するトピックやタグにハートをしていくだけでOKです。

自分のプロフィールが編集されていきます。

自分でトピックを投稿することで他のユーザーからコメントや逆にハートが集まります。

全て匿名でアプリ内コミュニケーションを楽しむことが出来るのが特徴です。

同じ趣味の相手が繋がることは、メッセージも盛り上がるでしょう。

一度に複数の人から、ハートやコメントがくることで楽しい気分になれます。

コミュニティが楽しい

シングルは、コミュニティが楽しい友達アプリです。

別ユーザーのアイコンの周りにオーラが表示されて揺れています。

このオーラが濃ければ濃いほど自分との相性率が高いことを教えてくれます。

トピックは、タグが付いているのでタグをタップすることで共通の好きを見つけられます。

気になる相手にハートをすることで、相手が投稿するトピックの知らせを受け取ることができます。

トピックやコメントは、画像をアップすることもできます。

メッセージバード

「メッセージバード」は260万ダウンロード突破した人気の友達アプリです。

メッセージバードの特徴は、「いつ誰に届くかわからない」ところです。

やり方は、ツィツターと同じような感覚で好きなメッセージを送信するだけです。

メッセージバード内の不特定多数の友達と出会うことができます。

特に趣味はないけれど、友達がとにかくほしい人にピッタリです。

あまり深入りしたくはないけれど、とりあえず暇を持て余している人も気軽にメッセージバードなら始めることができます。

誰にメッセージが届くかわからないドキドキ感

メッセージバードは、誰にメッセージが届くかわからないドキドキ感が人気です。

リアルタイムに返信が来るので、ツィツターのようなチャット感覚で使えます。

メッセージバードは、世界156ヶ国で配信しています。

その中から、誰からか返信が来るのです。

もちろんメッセージの送受信ともに完全無料の無料で楽しむことができます。

メールアドレスや電話番号の個人情報は不登録で利用することが出来るにも気軽です。

個人情報は不登録だとセキュリティ面が心配な人もいますが、NGワードやブロックリストもあり、たとえ外国の人からメッセージが来ても翻訳機能も搭載しています。

パスコードロック機能で安心して使うことができます。

デザインが可愛いのもポイント

メッセージバードが女性に人気がある友達アプリです、
その理由は、デザインが可愛いものが多いところです。

プロフィールを可愛く趣味や特技など充実させておけば、それだけ目にも止まり返信を多くもらえます。

メアドなど個人情報交換する必要もなく、フレンド機能で長くやりとりが保存できます。

リアル友達ともやり取りにもプロフィール交換はできます。

気が合う相手を見つけたら友達を紹介しあえるConnect機能も完備しています。

友達作りtalk

友達作りtalkもシンプルな友達アプリで初心者におすすめです。

プロフィールを作り設定するとユーザー一覧を見ることができます。

その中からチャットを始めたいと思う相手に友達申請を行い、相手が承認すればチャットをすることができます。

フェイスブックやブログの友達申請のようなものですね。

年齢層は10代から20代中心で若い人の利用が多いです。

同年代の友達や共通の相手を見つけることができますよ。

DLだけで簡単登録

友達作りtalkは2012年から始まった比較的長い友達アプリです。

長く続く理由は、やはりDLだけで簡単登録にはじめることができることです。

年齢確認や個人メールアドレスなど登録する必要がないのも嬉しいポイント。

フェイスブックやブログ等をやったことある人なら簡単にスタートできます。

完全無料のアプリですが、広告削除、アルバムモザイク解除など共に360円課金することで解除される機能もあります。

より快適に使いたいと思ったら課金することもおすすめです。

色んな人と気軽にやり取りできる

友達作りtalkの良いところはプロフィール登録時にも年齢確認や本人確認等は一切がないことです。

DL直後から即、不特定多数の人とメッセージを開始することができます。

色んな人と気軽にやり取りできることは、友達アプリだからこそ出来ることです。

ただ本人確認が無いということは、年齢や性別を偽って利用している相手と出会うリスクもあります。

すぐにメッセージ交換で会うよりも、アプリ内でトークをして信頼関係を気づくようにしましょう。

逆に即会うことを求める相手はブロック機能等を使うことをおすすめします。

tipsys

tipsysは、ツイッターや口コミだけで広がった人気の友達アプリです。

友達アプリの多くは、男女関係なく不特定多数の相手と出会うことができます。

しかし、それがメリットでもありデメリットな部分でもあります。

同性の女性友達と出会いたいと思っても、男性ばかり連絡が来ることや、同性だと思って仲良くしていたら、会ってみたら異性だったことも友達アプリではよくある話です。

tipsysはアプリには珍しい、女性だけの友達アプリです。

しかも登録するには、年齢制限があり20歳以上になります。

過去に異性からのメッセージが多くて失敗した人や、同性の友達を作りたい女性にはピッタリな友達アプリです。

同性の女友達が探せる

20歳以上の女性しか登録していないので、同性の友達を見つけたい人には、おすすめです。

また学生的なノリというよりは、社会人登録者も多いのも安心できるポイントです。

社会人になると、なかなか学生時代のように友達を見つけることは難しいものです。

同じ悩みや趣味など共感できる友達を探すなら、tipsysが一番です。

同性同士なので、メッセージ内で交換するよりもリアルに友達になる確率も高いです。

自分が暇な日や空いている日を登録することもできるので、一緒に遊びに行ったりすることも気軽にできます。

Tipsysのアプリをキッカケに友達の繋がりが広くなります。

遊び友達が作れる女性待望のアプリ

Tipsysの良いところは、実際に遊び友達が作れることです。

これが男女どちらも出会えるアプリであれば、気軽に会うことは難しいですが、同性同士なので、遊びたい日を指定登録することや、合コンのメンバーが集まらなかったときに声をかけることも出来ます。

Tipsysアプリ内は、タグや好みの条件を登録することができます。

会えるエリアを指定したり、近隣の友達を見つけることもできます。

自分のライフスタイルに合わせて友人を探せます。

今までありそうでなかった女性待望の友達アプリです。

️友達アプリで友達をたくさん作ろう!

友達を作ることは大人になるほど難しいものです。

それは10代の頃よりも相手の顔色や空気を読める人間になった証拠です。

「すごく楽しい相手だから友達になりたいけれど、初対面でLINE聞いたらダメかな?」と相手のことを気遣えるからこそ、躊躇してしまうことはあります。

職場内で友達の輪を広げることや、近所付き合いで友達を見つけることは難しいことです。

そんな時に友達アプリを利用してみては如何でしょうか。

ネットで友達を見つけることは不安という人も多いですが、友達アプリのほとんどは個人情報を教える必要がありません。

友達アプリ内のメッセージ機能を上手に利用すれば、相手と繋がることができます。

信頼関係ができて、はじめてリアルに会えれば良いのです。

リアルに会いたくないし、時間が思うようにとれない人でも自分のスタイルに合わせて友達を探すことができます。

なかなか公表することができない、少しオタクな趣味でも共感してくれる人はたくさんいます。

視野を広げないことは、友達と会うキッカケさえも手に入れることができないのです。

まずは考えるよりも、友達アプリをDLして、はじめてみてください。