戸惑うということは多くありますよね。

仕事でミスをしてしまった時、好きな人と急にデートすることになった時、本当なのかどうなのか、どの様にすれば良いのか解らなくなるということが人生の間で数回はあると思います。

また数ヶ月に1回は戸惑うことがあるという人もいるかもしれません。

仕事でのミスというのは特に引きずってしまいがちですよね。

大幅に仕事の内容が変わっていたり、約束をしていたのにドタキャンをされたりというような経験もある人はいるのではないでしょうか?

そんな事をされてしまうとどの様にすれば良いのか解らないという人も多いはずですよね。

戸惑いというのはあたふたとするようなイメージもありますが、どの様にすれば良いのか解らないことというのが一番強いイメージだと思います。

人生の中でその様な経験が無いという人はいないはずです。

ですが戸惑うことが起こると普段は普通なのに取り乱してしまったり、泣いてしまうなんていうような事もあるのではないでしょうか?

自分自身にとって戸惑うというのは想定外のことがおこってしまった時に起こるものなのです。

なので急な変更などに直ぐに対処できなくなってしまったり、オロオロとしてしまったりすることも多いのではないかと思います。

今回はそんな戸惑う気持ちを抑える8個の方法についてお教えしたいと思います。

仮に慌てふためくような戸惑いがあった場合はどの様に対処していますか?

人により個人差があると思いますが、まずは深呼吸をしたりそれがストレスになるのであれば誰かに話をしたりとすることが多いのではないかと思います。

ですが他にも抑える方法というものはあるのです。

慌てた際に重要なことというのは今なにをしたいのか、どの様に対処をしたいのかを考えることが重要になります。

その様な考えを思いつかないということも後々になって考えたりすると自然と出てくるような内容ですが、一度戸惑ってしまうとずっとあたふたとしていますよね。

そんな時に抑える方法があることで自分自身を納得させたりすることもできるのです。

人というのはこの様なこともありながら、様々な事に対処をしていくものです。

自分だけがという考えではなく、誰もがこの様な考え方をしていると思えば気持ちも楽になるのではないでしょうか?

では戸惑ってしまった時にはどの様なことをして抑えるようにすれば良いのか、その8個の方法について詳しく見てみたいと思います。

また戸惑う時というのはどの様な時か考えてみるとより想像がしやすいのかもしれません。

戸惑うとは

そもそも戸惑うというのはどの様なことを言うのでしょうか?

先ほども言ったようにどの様に対処をすれば良いのか解らないことというのは誰もが思うことですよね。

他にも戸惑うと聞いて思いつくような言葉はありますか?

まごまごする、まごつくといった言葉もあると思います。

戸惑うというのはどの様にすれば良いのか解らない、困惑などをしてしまうことで使うことが多いですよね。

「友人からドタキャンされて戸惑っている」という言葉もあれば「困惑している」という表現を使うこともできます。

戸惑うことが無いという人は早々にいないものですよね。

仮に戸惑うことが1度も無いという人は凄い人だと思います!

想定外のことがおこってどうしようと冷静に考えたり、物事の順序を直ぐに見極めることができる人であれば戸惑うことはないのかもしれません。

ですが1度はその様な経験をしているのではないかと思います。

ではどの様な意味なのかを更に詳しく見てみたいと思います。

どう対処すればいいのかわからないこと

どう対処すればいいのかわからないことを言います。

例えば戸惑うとなった時はどの様なことが起こると思いますか?

その事がショックであまり他のことを考えられないという人もいるでしょう。

仮に仕事をしている時にいきなり方針が変わってしまいやり方も変わってしまったということであれば戸惑うことが多くあるのではないかと思います。

何故いきなり変わってしまったのか、どの様なやり方をすれば良いのか、今までのではいけなかったのかなど様々なことを思い返すかと思います。

どう対処すればいいのかわからない事というのはまさにこの様な疑問に思うことから産まれるものなのです。

この様な疑問が解決しない限りはどの様にすれば良いのか解らない、どうする事もできないといいような事が続いてしまうと思います。

時間が解決することが多いですが対処の仕方が解らないという状態では何も手を出すことができない状況が多いですよね。

人というのは様々な物事に対して臨機応変に対処をすることが多いですが、それ以上の想定外のことがおきてしまった場合にこの「戸惑う」ということがあり、どのように対処をすればいいのか解らなくなってしまうのです。

この様な経験は1度も無いという人は少ないのではないでしょうか?

まごまごすること


まごまごすることという事でもあります。

まごまごという意味は様々な意味を持っていて、戸惑うの他に慌ててしまう、気が動転するといったような意味もあります。

ですがどれも似たようなことです。

まごまごすることというのは、不安定なことを表すこともできます。

例えば今までと違ったことで不安が募ったり、いきなりのドタキャンなどでどうしたのだろうと心配になることもありますよね。

そんな時にまごまごするという意味で使われることが多いのです。

いきなりの不安感が出るというのはどうしてもこの様なことになってしまうことがあり、対処をしようとしてもできないなんていうことも多いですよね。

また似たような意味では「パニック」というような言葉もあるかと思います。

パニック状態というのはどうしていいか解らず慌ててしまうというような事があると思いますが、それと同じような意味でもあるということです。

他にもうろうろとしてしまうなんていう意味もあるので、様々な意味での使い方あがあるということなのです。

まごつく

まごつくと聞くと慌てるというようにも捉えることができますが、うろうろするという意味で使われることが多いでしょう。

例えば「駅のホームでまごついてしまった」という様な文章があればこれは「駅のホームで迷子になってしまった、うろうろとしていまった」という様な意味になるということです。

まごつくというのは動揺して慌てるという意味もあるので先ほどあげた2つの意味とはまた違った感覚で使うことができるのではないかと思います。

基本的にはどの意味も慌てる様子を表したものであり、戸惑うという意味は物に対しては使わないですよね。

人に対して使うような言葉です。

なので例えば「本がまごつく」という様なことになれば「本が慌てる」というような意味になるでこれは間違いです。

複雑というような意味で使おうとする人もいるかもしれませんが、複雑というのではなく、あくまで人が慌てている様子を表している言葉であるということを覚えておくようにしましょう!

そうする事で使い分けなどができるのではないかと思います。

戸惑うの類語

戸惑うという意味が解ったかと思います。

戸惑うというのは様々な意味を持っていて、別の言い方もあるということです。

それと同じ様に類語というものもあります。

例えば先ほど言った「オロオロする」というのも類語の1つになるでしょう。

他にも「思い迷う」であったり「面食らう」ということも実は類語の1つになるのです。

他にもたくさんの類語があるかもしれませんが、今回はこの5つを紹介したいと思います。

聞いたことある言葉ばかりかもしれません。

二の足を踏む

二の足を踏むというような言葉をご存知でしょうか?

ことわざとして知られてもいる言葉ですがこの意味を知っているという人は多くいるかもしれません。

この二の足を踏むという意味は簡単に言うと決心することができないという意味になります。

躊躇うというような意味でも使われますが、日常生活で二の足を踏むというような言葉をあまり聞かないという人もいると思います。

二の足を踏むというのは「電話するかどうかを悩んでしまって二の足を踏んだ」という様なことで使われることが多いです。

電話をするのかどうか悩んでしまって躊躇ってしまったというような意味になります。

二の足を踏むという言葉は他の言葉でも簡単に言い換えることができますが、この様な類語もあるということを覚えておくようにすると幅広く使うことができるかもしれません。

困惑する

戸惑うと似たような意味では困惑するといったような類語もあると思います。

困惑というのは動揺をしてしまうという意味でもあり、様々な場面で使われる言葉でもありますよね。

例えば「突然のドタキャンで困惑した」というような文章があれば、いきなり約束をキャンセルされて困ってしまった、どうすればいいか解らなくなったというような事で使われると思います。

困惑というのは戸惑うと似ている部分も多くありますが、「迷う」という意味で使われることが強いです。

なのでどの様にしたらいいか解らない、何もすることができなくて困惑をするというような使い方をすることが多いのではないかと思います。

様々な戸惑うの類語がある中でも使い分けることができるのがこの言葉だと思うので、どの様な意味で強調をしているのかを見ることが大事になるでしょう。

オロオロする

オロオロするといったような事もあると思いますがこれも類語の1つなのです。

オロオロするとうのは簡単に言うと迷ってしまったりする、慌てていて落ち着きが無いという時に使うことが多いです。

特に落ち着きが無いというような事で使われることが多いので、「失敗してしまいオロオロする」となれば「失敗をして落ち着きが無い」というような意味になります。

これも戸惑うと少し似ている言葉ではありますが、どうすれば良いのか解らないという意味と落ち着きが無いという意味が合わさったようなイメージをすると想像がしやすいのかもしれません。

思い迷う

思い迷うということもあるでしょう。

思い迷うというのは考えが定まらずに迷ってしまうことを言います。

これも戸惑うの類語に入るのです。

「思い迷うと何も進まない」というような事で使われることもあるでしょう。

人というのは必ず何かを決めなくてはいけない時がくると思います。

そんな時に思い迷うことというのは誰にでもあることです。

ですがそれを決めないでずっと迷っているという人もいるのではないでしょうか?

その様な意味があるのがこの「思い迷う」です。

戸惑うとは少し違い、慌てる様子というものはないですよね。

ですが迷うという事で躊躇するといったような意味合いがとても強い類語になるのではないかと思います。

面食らう

面食らうなんていう言葉も聞いたことがあるという人もいるでしょう。

これは突然の事で慌ててしまうというような意味があり戸惑うの類語の1つにもなっています。

この面食らうという意味の特徴として「テストで高得点を取ってしまい面食らう」なんていう表現として使われることもあります。

今まで戸惑うという言葉とその類語は基本的にマイナスな印象で使われることが多かったですが面食らうの場合は別ですよね。

テストで高得点を取ったので驚いている、突然のことで慌ててしまったというような意味で捉えることができるのでマイナスな印象ではなくプラスな印象として捉えることができるでしょう。

なので面食らうというのはこのどちらの意味でも使われるということになります。

良いことであっても、悪いことであっても「面食らう」という内容により異なる使い方ができるということです。

戸惑うこと5選

戸惑うという意味や類語について理解をした上で、戸惑うことというのはどの様なことがありますか?

ふと思い浮かぶものはいくつ上がったでしょうか?

例えば急に仕事の内容が大幅に変わってしまったり、仲の良い友人がいきなり態度変わったりすると戸惑うことになるのではないかと思います。

この様な経験をしたという人も多いかもしれません。

ちょっとしたことでも戸惑うことというのは多くあると思います。

ではどの様なものがあるのか見てみましょう。

1.急に仕事内容が大幅に変わった


急に仕事内容が大幅に変わるとなった時は戸惑うことになるのではないかと思います。

例えば社長の方針が変わった、社長が変わったというような会社では仕事内容が大幅に変更になるというような事もあるかもしれません。

本来のやり方とは違った新しいやり方を覚えるというのは中々苦労をすることだと思います。

どうすれば良いのか解らない、どの様に仕事をこなせば良いのか解らないというような形になる際には戸惑うことも多いでしょう。

他にも部署がいきなり移動になり何をすれば良いのか解らないという人達も多いのではないでしょうか?

会社での方針というのは社長がこの様にすると決めた時に大幅に変わることですが、仕事内容も変わるとなれば大変になりますよね。

2.友人の態度が変わった

友人の態度が変わったなんていうこともあるでしょう。

今までは仲良かったのにも関わらず次の日になるといきなり冷たい態度をされてしまったとなれば戸惑うことも多いはずです。

親友にいきなりその様な態度を取られてしまうと何かあったのかと戸惑うことになり、どうすれば良いのか解らないというような状態になりますよね。

友人の態度が急変などをする場合はまず何かの原因があるということでその原因を突き止める必要があると思います。

例えば昨日も会話をしていたのであればその会話の時に変なことは言っていないか、相手の気に障るような事を言っていないかを確認してそれでも違うのであれば別の原因があるということになります。

他の人からよくない噂を聞くというのもありますよね。

その影響で関わらないようにしようと思ったりする人も多く、いきなり会話をしなくなるといったような事が多いのではないかと思います。

原因というものをまずは突き止めなければ行動を起こすこともできないと思います。

なので戸惑うことも多いですがまずは落ち着くということも必要になるのです。

3.ドタキャンされた

戸惑うことの代表的な例としてドタキャンというものがあると思います。

待ち合わせ場所に行ったにも関わらず今日は無理だと言われたらどの様に思うのでしょうか。

戸惑うことが多いのではないかと思います。

折角の休日を埋めてきたにも関わらずいきなりドタキャンをされるとなると辛いものがありますよね。

また何かあったのかと思うことも多いはずです。

ドタキャンというのは様々なところであると思います。

ドタキャンをする人は嫌いだという人も多いはずです。

ですが約束をいきなり破るというような事はしないようにすることが大切だと思います。

された場合は戸惑うことでしょうが、今後はその人とどの様に関わるのかということを考えると良いかもしれませんね。

ドタキャンなどは人にしないようにする事が大切です。

約束を守る場合はきちんと守るようにしましょう。

4.公共のトイレでトイレットペーパーがなかった

戸惑うことのもう1つ代表的なものとしてトイレに行った際に気付いたらトイレットペーパーが無かったなんていうことはありませんか?

公共のトイレでは誰もが利用する場所ですよね。

そこでトイレットペーパーが無いというような事も多くあるのではないかと思います。

お腹が痛いという時や直ぐにでもトイレに行きたいとなった時は空き室に直ぐ入ってしまいますよね。

ですがその後に気付くということはよくあることなのです。

トイレットペーパーの予備は基本的に置いていることもありますが、その予備すらも無いという状態も多いですよね。

公共のトイレでトイレットペーパーが無いということはそれほど人の出入りが激しいということにもなります。

もし直ぐにトイレに行きたいとなってもトイレットペーパーがあることをまずは確認をすることが大切になるでしょう。

5.炭酸飲料が吹き出た

炭酸飲料が吹き出たということもあると思います。

例えば自動販売機で炭酸飲料を買う際に開けた瞬間に吹き出るということもありますよね。

炭酸飲料が吹き出るということは入る前に少し揺れていたということになります。

炭酸飲料は開けていない状態で振ることで吹き出すことが多いですよね。

その原因となるのは自販機に入れる人がどのように入れているのかにもよります。

基本的には自販機に入れる際には横にして飲み物を入れるのですが、その際に揺れが激しかったり、持った際に少しでも上下に揺らしてしまうと開けた際に炭酸が吹き出てしまうということもあるのです。

仕事上早く入れて次の自販機へと大変な作業ですが、炭酸が吹き出た際には直ぐに口をもっていき飲むようにしましょう。

そうする事で吹き出すのを回避することもできます。

戸惑う気持ちを抑える8個の方法

では戸惑う気持ちを抑える8個の方法というのはどの様なものがあるのでしょうか?

戸惑うことをしないと思うようにする事も大切ですが、事実を受け止めるということも重要になるのです。

気分転換をしたり客観的に考えていたりする事で戸惑うということはなくなる事も多いでしょう。

また一旦落ち着くということで深呼吸というのをしているようでしていないという人が多いです。

最も簡単に落ち着くできる方法なのでちゃんと深呼吸をすることも大切になるでしょう。

他にも様々な抑える方法がありますが今回はその8個のことについてお教えしたいと思います。

皆さんは普段戸惑うとなった時にしている行動というのはどの様なものですか?

1.とりあえず落ち着く

とりあえず落ち着くというのもあるでしょう。

落ち着いて物事の状況を判断するということはとても大事なことなのです。

落ち着こうと思っていても落ち着けないという時もあると思いますがそんな時は無気力に考えるとより落ち着けるのではないかと思います。

放心状態というのとは違いますが、一旦リセットをすることで落ち着かせることもできるのです。

慌てたままだと逆効果

慌てたままだと逆効果にもなってしまいます。

落ち着こうとして慌てているという人も少なからずいますよね。

落ち着こう落ち着こうと思っていても慌ててしまうという人はまずは別のことを考えてみても良いのではないでしょうか?

例えば「今日食べた物は何だっけ?」というようなちょっとしたことでも良いです。

そうする事で一度その考えから離れることができ慌てるということを無くしてくれることでしょう。

2.気分転換をする

気分転換をするというような方法もあります。

気分転換というのはその事を考えずに別のことをするといったときにするものです。

例えば外を散歩したり、カラオケに行ったりするという人もいるでしょう。

気分転換というのは人それぞれ違うもので趣味をする事で気分が晴れたりするというような人もいます。

嫌なことや慌てることというのはその時はその事しか考えることができないですが、別のことをする事で気を紛らわすこともできるのです。

冷静になれる

気分転換をすると落ち着くと同時に冷静になれるという利点もありますよね。

戸惑うことが多いと冷静さを無くしてしまい慌てた行動を取るようになってしまいます。

そんな時にこの気分転換をする事でいち早く冷静になることができるのです。

ですが気分転換をするとなった時は休みの日でないといけないという人もいるでしょう。

直ぐにはできませんが、時間さえかければ慌てるということが無くなるのでオススメな方法なのです。

3.客観的に考える

客観的に考えるというような方法もあります。

基本的に物事を主観的に考えていませんか?

仕事の内容が変わってしまった!となってもそこまで慌てるようなこと、戸惑うことはないのではないでしょうか?

他の人から見た視点だと同じように慌てふためくという人もいれば、全員同じ位置からスタートをするということになるので、業務内容が変わったりしたとしても客観的に考えることで慌てることがなくなるかもしれません。

【客観的に物事を考える方法は、こちらの記事もチェック!】

意外と戸惑うほどのことではないかも

意外と考えると「何故戸惑っているのだろう?」と思うことも多いと思います。

冷静になるというのも大事ですがその後に「どうしてあの時慌てていたのだろう」と後々になって思うというような事も多いのです。

客観的に考えるというのはこの様なこともあるので、意外と戸惑うということが少なくなる方法でもあるのです。

4.深呼吸する

深呼吸をするというのはとても大事なことですよね。

戸惑うことというのは直ぐにきたり不意をついてくるものだと思います。

だから慌てたりどうすれば良いか解らないというような事になってしまうのです。

ですがその時こそ深呼吸をすることで落ち着くことができます。

深呼吸をしているつもりでも慌てているということを考えているので深呼吸をしても効果が無いと思う人もいるかもしれません。

ですがそんな時は深呼吸をする際に一度頭を真っ白にすることが大切です。

無の状態にするということにもなりますが、そこから落ち着くというのは慌てて考えるより効果的になるのです。

深呼吸をすることでどの様に思うのか、深呼吸をすることでどの様に対処するのかということが大事になるので咄嗟のことに関してはこの深呼吸というものが一番便利になるのです。

最も簡単に落ち着くことができる

最も簡単に落ち着くことができます。

直ぐに落ち着きたい、とりあえず慌てるのを止めたいと思う時にできるものでもあるので深呼吸をするというのはとても便利な方法の1つなのです。

5.誰かに話す

誰かに話すということでも良いでしょう。

例えばよくストレスが溜まっている際に誰かに話すことでストレスを解消するというような人もいると思います。

不満というのは吐き出すことで落ち着くこともできるので、慌てているや戸惑っているとなった場合には誰かにこういう事があったと話すのが良いでしょう。

話を聞いてもらうだけで気持ちの整理がつく

話を聞いてもらうだけでも自分の気持ちに整理がつきます。

どんな人でもいいので言うことが大切になるのです。

戸惑いというのは解らないということで、その相手にも聞いてもらうことで助言などを貰う可能性もありますし、自分の気持ちの整理がつくようになるのです。

6.解決策を考える

解決策を考えるというのも1つの方法です。

今慌てているとなればそれを解決しなくてはいけないですよね。

例えば仕事の方針が変わる場合はどの様に解決をしようかと考えることが重要です。

例えば新しいことを覚えるというのも1つの解決策ですし、新しいやり方を考えてみるというのも1つの方法でしょう。

様々な解決策というのがあるので自分にあった解決策を見つけることが大事になります。

いいアイデアが浮かぶかも

この方法はいいアイデアが浮かぶ可能性もあるということになります。

「いいことを思いつく」というのは何かの起点となるものがあるからこそ思いつくものなのです。

なのでアイデアなどが思い浮かんだ際には実行をしてみてはいかがでしょうか?

7.ネットで調べる

ネットで調べるというような方法もあります。

ネットで調べることで様々な問題を抱えている人の内容を参考にするということもできるのです。

またネットというのは今では気軽に見ることもできます。

解らないことはネットなどを見て調べるというような時代にもなっているので、この様な戸惑うことがあった内容と似たような経験をしているという人もいるかもしれません。

納得のいく答えを探す

ネットというのは膨大な情報量があると思いませんか?様々な考えを持っている人でいっぱいになっていると思います。

その中から納得のいく答えを探すというのは辛いと思います。

ですがその納得のいく答えを出すことができれば、その戸惑いも無くなるのではないかと思うので、是非探してみてください。

8.自分なりの意見をまとめる

自分なりの意見をまとめるというのも重要です。

よく戸惑ったり物事に対して詰まったりすると「整理」というものをしますよね。

自分はどの様に思っているのか、そこからどうしたいのかというような解決方法が様々あると思います。

自分なりの意見をまとめるというのはこの様なことも言うので、戸惑うことが多いとなればまずは自分はどの様に思うのかを理解することが大事になるでしょう。

気持ちを書き出す

気持ちを書き出すということもできます。

気持ちを書き出すというのは内に秘めるものではなく何かに出すという形をすると良いのです。

例えばよく考えている人というのは様々な思考が頭の中で巡っていると思います。

常に考えがまとまるという時もあればパンクをしてしまい、どうしたいのか解らないとなる場合もあるのです。

そこで書き出すという行為をすることで自分の気持ちを整理することができるようになるのです。

まごまごするような事があれば尚更書き出すと良いでしょう!

まとめ

いかがでしたか?

戸惑うという経験は誰しもあるものだと思います。

ですがその経験を次はしないようにするというのも大切ですし、仮にその様なことがあった場合には、直ぐに対処をできるようにする事も大切です。

まずは深呼吸をしてみてはいかがでしょうか?

その後に様々な方法で「戸惑い」というものを無くしてみてはいかがでしょうか?

この様なものは考えてしまえばしまうほど余計に戸惑うことも多いです。

時間が解決するという場合もありますが、まずは気持ちなどを整理してみて、どうしたいのかということを考えると良いでしょう。