あなたは日本語を正しく使えていますか?と問われた時に、自信を持ってはいと答えることができますか?

おそらく自信を持って、はいと答えることができる方は想像よりも少ないと思います。

なぜなら、想像以上に私達が使用している日本語というものは難しい言葉がたくさん存在しているからです。

例えば、私たちが目上のかたに対して使わなければいけない敬語に関しても、様々な敬語が存在しており、時には二重敬語になってしまったり、そもそも敬語として適用されないようなものを使ってしまったりして、間違った言葉の使い方をしてしまっている可能性も十分考えられます。

なので、正しい日本語を使うということは想像以上にとても難しいことであり、簡単に行えるようなことではないのです。

また、昔の時代と比べて今の時代は難しい言葉を使う習慣も失われつつあります。

余計に敬語などを学びにくい環境に変化しているとも考えられます。

しかし、そんな時代だからこそ逆に敬語をしっかりとマスターすることができれば、きちんと評価を受けることができるようになります。

周りと比べてとてもしっかりしている人間だと頭一つ抜きん出た行動を示すことができるようにもなります。

そうすることによって結果的に自分自身の魅力に繋がるようになりますし、自分の一つのスキルとして確立することができるようになります。

なので、正しい敬語や日本語を使うということは自分にとって大きなメリット、そしてプラスの効果を得ることができると考えることができます。

そこで、今回は間違えやすい日本語として知られている、失念という言葉をテーマにして、意味や使い方、そして間違った使い方などをご紹介していきたいと思います。

失念の意味

あなたは失念という言葉の意味を正しく理解していますか?

おそらくビジネスの経験が長い方に関しては理解している言葉であり、よく耳にしたりするようなことがあったりすると思います。

しかし、ビジネスも経験がまだ浅い方であったり、年齢的に幼い方に関してはこの言葉の意味を知らなかったりする方も多いと思います。

若干難しい言い回しの言葉であり、少し考えてみなければ意味なども推測できにくい言葉でもありますので、この言葉の意味を知らなかったりするのもしょうがないと思います。

ただ、失念という言葉はビジネスの場面ではよく用いられる言い回しの言葉であり、一般的には知っておかなければいけない言葉の類に分類されます。

なので、失念という言葉の意味を知らない方については、失念という言葉がどういう意味を持っている言葉なのか、そしてどのような使い方をするべき言葉なのかという基本的な知識を身につけるきっかけにしてください。

知らなかったり、正しく使うことができない場合は、場合によっては恥ずかしい思いをしてしまったり、時には仕事上で関わる相手の信頼をなくしてしまう可能性もありますので、十分注意するようにしてください。

うっかり忘れること

失念という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考え時に、考えられる意味としては「うっかり忘れること、ど忘れ」のことを意味している言葉です。

つまり、うっかりしていて何かしらに関することを忘れてしまったり、急に思い出せなくなってしまったりするような場面で使用されたりするような言葉であると考えることができます。

日常生活を過ごして中でどうしても意識をしていなかったりすると、大切な場面で何かを忘れてしまったり、必要なものなどを忘れてしまったりするようなことなどは起こり得たりしますよね。

例えば、仕事上で必要な書類などがあったとして、取引先との打ち合わせでその大切な書類を忘れてしまった場合上司に対して、必要な書類を失念してしまいましたというような言葉遣いで用いたりすることの一般的な扱いになります。

人によっては忘れたという言葉をそのまま用いたりする方もいるのですが、そのまま用いるのではなく、忘れたという言葉をより丁寧な言い方に変化させたものが失念という言葉になります。

なので、言葉の意味を知っており、その場で適した言葉選びができるような方は、ビジネスの場面では失念という言葉を使って表現するしたりする場合が多いのです。

覚えているはずの事が思い出せない

失念という言葉にはもう一つ意味が存在しており「覚えているはずの事が思い出せない」という意味も含まれています。

つまり、本来であれば知っている知識がその場で思い出すことができないような状況ということになります。

先ほどご紹介した意味で考えるのであれば「ど忘れ」という意味とほぼ同義だと思っていただいて間違いないと思います。

頼りない話ではありますが、実際にど忘れしたりするような場面は人間であれば起こりるのは誰もが理解していると思います。

例えば、何かに対する説明を求められた時に、その説明をしたりするときに練習では問題なかったのに本番で急にフレーズが飛んでしまうようなことなどは人間ならば一度は経験したことがあるはずです。

極度の緊張によるものなのか、それとも自分自身の意識が欠落していたのが問題なのかということは定かではありません。

結果的に知っている知識が急に思い出せなくなってしまうということはよくありますので、そのような時には失念という言葉で表現することができるということになります。

こうして考えてみると、幅広い状況で失念という言葉を使って現在の状況を表現することができると考えることができます。

なので、覚えておけば様々なシーンで利用することができる便利な言葉であり、丁寧な言葉なので、覚えておいて損になるような言葉ではありません。

失念の使い方

失念という言葉の基本的な意味を理解いただけたところで、ここからは失念という言葉の使い方について詳しく例文を交えてご紹介していきたいと思います。

言葉の意味を理解していても、正しい使い方ができていなければ、それは結果的に言葉を知らないということになってしまいます。

せっかく言葉の意味を理解したのに、使い方が間違っていてはとてももったいないので、失念という言葉を知らなかったかたの正しい使い方についてもしっかりと把握してください。

その場面場面で適切な言葉を用いることができれば、必ずビジネスの場面において信頼性のある人間だと判断されることができるようになります。

たったひとつの言葉遣いで全く相手に与える印象などは変化するようになります。

なので、魅力的なビジネスマンだと思われたいのであれば、適切な言葉遣いは必須のスキルであると考えることができますので、この機会にわからない言葉を知るという癖を身に着けるようにしてみてください。

鍵を失念してしまった

まずはじめにご紹介する失念という言葉を使った例文は「鍵を失念してしまった」という例文です。

鍵を失念してしまったという例文の意味としては、「鍵をなくしてしまいました」という意味として解釈することできます。

この例文に関しては必然という言葉の基本的な使い方の例文に該当すると考えることができます。

一般的に失念という言葉を用いたりする場面を考えてみると、基本的には何かを忘れてしまったときに用いることが多く、状況としては何かしらな知識というよりかは、何かしらのものを忘れたりするような場面の方が圧倒的に多いです。

なので、物を忘れてしまったという状況を考えるならば、この例文の形がとても一般的になるので、この例文の形態は基本になりますので、覚えておいてください。

この形態を覚えておけば、一般的な使用において困ることはなくなるはずです。

例えば、書類を忘れたのであれば「書類を失念してしまった」というような言葉に変化させるだけで良いので、簡単に例文を作り上げることができるようになります。

件名失念により再送信といたします

次にご紹介する失念という言葉を使った例文は「件名失念により再送信といたします」という例文です。

件名失念により再送信といたしますという例文の意味としては、「件名をつけ忘れてしまいましたので再送信させていただきます」というような意味として解釈することができます。

これもビジネスの場面において使用されるひとつの例であると考えることができます。

利用されるシーンとしては、件名という言葉がついていますので、これは実際に相手と言葉を使って会話をした時の例文ではなく、メールなどで相手に対して情報を送信した時に用いられるような例文であり、そういった状況で使用される言葉です。

ビジネスにおいてのメールに関しては、ある程度メールの形が決まっており、一般的なメールの形が整っていない状態で相手にメールを送信したりしてしまうと時には失礼に値してしまう可能性があります。

なので、きちんとした形でメールを送信する必要性がありますので、今回の例文の状況としては件名を忘れてしまったので、再度送信するという状況になっています。

このように、現実の世界で相手と会話をする時だけではなく、メールのような文章の中にも組み合わせることができる利便性の高い言葉であるということがよくお分かりいただけると思います。

これも失念という言葉を使った一つの表し方になりますので、覚えてください。

報告すべき事を失念していた


次にご紹介する失念という言葉を使った例文は「報告すべき事を失念していた」という例文です。

報告すべき事を失念していたという例文の意味としては、「報告しなければいけないことを忘れてしまっていた」という意味として解釈することができます。

これもビジネスにおける場面としてはよくあることだと思うのですが、特に入社したばかりの新人社員に関してはとても起こり得ることです。

本来であれば報連相という言葉があるように、報告連絡相談は社会人においては必須の心構えであり、基本です。

特に、自分で勝手に判断をすることができない新入社員に関しては、何かわからないことがあったり上司に報告しなければいけないことがあれば、まずは必ず率先して報告をして、そこから判断を下さなければいけません。

でなければ、大きなミスにつながったり、場合によっては大問題につながる可能性もあるからです。

この例文はそんな報連相ができていなかった場面で用いられる例文です。

新入社員に関してはどうしてもミスはつきものになりますので、このような状況を経験したことがあるという方はかなり多く存在しているはずです。

だからこそ、きちんとこのような丁寧な言い回しの言葉を心得ておくことによって、その場に適した言葉選びをすることができるようになります。

もしもこの言葉を知らなければ、丁寧な言い回しができずに、さらに相手を不快な思いにさせてしまう可能性もありますので、知っておくことはとても重要になりますので、ビジネス上での一つの言い回しとして理解しておいてください。

先方への連絡を失念していた


次にご紹介する失念という言葉を使った例文は「先方への連絡を失念していた」という例文です。

先方への連絡を失念していたという例文の意味としては、「相手に対する連絡を忘れてしまっていた」という意味として解釈することができます。

ビジネスにおいては様々な細かいことでもきちんと相手に対して報告をしておかなければ、それが後々に大きな問題に発展したりする可能性があります。

例えば、細い連絡を怠ってしまったせいで、相手のこちらに対する信用が失墜してしまい、結果的に取引がなくなってしまったということなどもあるかもしれませんし、そこまではいかなかったりしても相手に多少なり不快感を与えてしまうというようなことは十分あり得ます。

なので、きちんとした細い連絡を行うということは社会人において基本であり、絶対に身につけておかなくてはいけない考え方になります。

そして、今回の例文は連絡意識が低い方がおこしがちな状況でよく用いることができるような文章となっています。

失念という言葉の基本的な使い方の一つにもなりますのでこの機会に覚えておいてください。

申し訳ありません、失念しておりました

次にご紹介する失念という言葉を使った例文は「申し訳ありません、失念しておりました」という例文です。

申し訳ありません、失念しておりましたという例文の意味としては、「申し訳ありません忘れていました」という意味として解釈することができます。

これに関しても失念という言葉の基本的な使い方の例文になると考えることができます。

なるならば、ビジネスの場面において忘れるということはとてつもなく大きな失敗になってしまいます。

先ほどもお伝えした通り、忘れてしまったことによって様々な問題が引き起こされる可能性があり、時にはそれがとてつもなく大きな問題に発展する可能性があるからです。

なので、何かしらに対することを失念してしまった=謝罪が必要になるのです。

もちろん中には謝罪が必要ではないような小さいことなどの存在するかもしれませんが、基本的には忘れてしまうということはあまり良くないことなのでセットになる言葉として考えていただく必要性があります。

となると、失念という言葉にプラスして謝罪の例文がくるわけなので、形としては謝罪の例文+失念という言葉になるので「申し訳ありません、失念しておりました」という形に変化するということです。

基本的な使い方の一つになりますので、マスターしておけば適切な言葉遣いができるようになるので覚えておきましょう。

パスワードを失念し、面倒な事になってしまった

次にご紹介する失念という言葉を使った例文は「パスワードを失念し、面倒な事になってしまった」という例文です。

パスワードを失念し、面倒な事になってしまったという例文の意味としては、「パスワードを忘れてしまって面倒なことになってしまった」という意味として解釈することができます。

今はインターネットが発達て様々な便利なサービスを利用することができるようになっていますが、それと同時に個人情報はしっかりと保護をしなければいけない時代になっており、それによって様々なサービスを利用したりするときにはパスワードが必要になっています。

しかしながら、サービスを利用する時にはほぼパスワードが必要な場合が多くなり、たくさんのパスワードを管理したりするということだ大変な時代になっているとも考えることができます。

全て共通のパスワードであれば問題はありませんが、パスワードをひとつひとつ変化させたりしていると場合によってはそれらを失念してしまうことも十分考えられます。

なので、必要なパスワードをど忘れしてしまったというような時に用いられるような例文として考えることができます。

日常生活であれは自己責任ということもありそこまで重大な問題に発展したりすることは少ないのですが、ビジネスの場面においてはこれは一つの失敗として考えることができますので、普段からパスワードを失念したりしないように何かしらの工夫が求められるので、注意してください。

約束を失念していた

次にご紹介する失念という言葉を使った例文は「約束を失念していた」という例文です。

約束を失念していたという例文の意味としては、「約束を忘れてしまっていた」という意味として解釈することができます。

これに関してもそこまで難しくない例文になると思いますが、誰かと何かしらの約束をしていたことを忘れてしまった時に用いられる例文になります。

大きな約束であれば忘れたりすることは少ないかもしれませんが、細い約束に関してはどうしても失念してしまいがちになってしまいます。

ただ、細かい約束だったとしても忘れてしまうということは相手に対しての信頼をなくしてしまう行為に値しますので、普段から約束を失念しないように何かしらの工夫を行うようにいしましょう。

名前を失念した

次にご紹介する失念という言葉を使った例文は「名前を失念した」という例文です。

名前を失念したという例文の意味としては、「名前を忘れてしまった」という意味として解釈することができます。

これもそのままの意味で相手の名前を忘れてしまっていたというような状況で使うことができる例文であり、これはかなり相手に対して失礼な状況になると考えることができます。

どうしても人間は忘れやすい生き物なので、数回しか会ったことがない人間であったり、そこまで深く関わったりしなかった場合は相手の名前などはどうしても忘れてしまいがちになってしまいます。

ただ、ビジネスの関係上での人間関係なのであれば、名前を忘れてしまうということはとても相手に対して失礼なことになってしまいます。

名前を忘れられた場合は不快感を感じるようになりますので、相手に対して信頼する心がなくなってしまいますし、悪いイメージがつきまとうようになりますので絶対に避けなければいけないことになります。

ただ、場合によってはそれを口にしなければいけない場合もあるかもしれませんので、その時に使用することができるような例文として解釈しておいてください。

間違った失念したの使い方

ここまでは失念という言葉を使った例文をご紹介しながら、失念という言葉の使い方に触れていきました。

ある程度失念という言葉の基本的な使い方を理解いただいた所で、ここからは失念という言葉を間違って使っている例についてご紹介していきたいと思います。

正しい使い方を理解しておけば、間違った使い方をしないと感じている方多いかもしれませんが、失念という言葉に関しては意外と正しいと思っていても実はまちがっている言葉の使い方をしてしまいがちな言葉です。

なので、間違った使い方をしないようにこれからご紹介する間違った失念の使い方をマスターしておきましょう。

大事なファイルを失念した

まず初めにご紹介する間違った失念したの使い方は「大事なファイルを失念した」という例文です。

なぜ「大事なファイルを失念した」という例文が間違っているのかと考えたときに、まず考えていただきたいのは失念という言葉が何にかかる言葉なのかということを正しく理解することです。

今回ご紹介した例文に関しては大事なファイルを失念したという言葉になりますので、大事なファイルという物に対してかかっているような使い方になっています。

しかし、失念という言葉はもともと、物に対して使うような言葉ではありません。

本来であれば失念という言葉は考えや行動に対してかかるような言葉なのです。

なので、大事なファイルを失念したという例文は間違っている例文になります。

もしもこの例文を正しく直すとするならば「大事なファイルを持参することを失念した、もしくは大事なファイルを添付することを失念した」というような例文の形が正しい形になりますので、間違った使い方をしないように十分注意をするようにしてください。

添付ファイルを失念しておりましたので再度添付します

次にご紹介する間違った失念したの使い方は「添付ファイルを失念しておりましたので再度添付します」という例文です。

なぜ「添付ファイルを失念しておりましたので再度添付します」という例文が間違っているのかと考えたときに、これも先ほどご紹介した例文と全く同じことになります。

「添付ファイルを失念しておりましたので再度添付します」という例文の失念という言葉は添付ファイルという言葉にかかっていますので、物にかかっています。

なので、物にかけるのではなく、あくまで考えや行動に対してかかるようにしなければいけません。

つまり、正しい例文は「ファイルを添付することを失念しておりましたので再度添付します」というような形に直す必要性があります。

部長が打ち合わせを失念しまして

次にご紹介する間違った失念したの使い方は「部長が打ち合わせを失念しまして」という例文です。

なぜ「部長が打ち合わせを失念しまして」という例文が間違っているのかと考えたときに、この例文に関しては失念という言葉が部長という人間に対してかかっているような例文になり、部長は目上の人間なので用いることがふさわしくないのです。

そもそも、大前提として考えていただきたいのが失念という言葉は本来であれば自分自身に対して用いるべき表現方法になります。

なので、そもそも失念という言葉を使うこと自体が間違っているのですが、さらに今回の事例に関しては自分よりも上の立場の人間が忘れているということを表現している例文になっています。

目上の人間が忘れたことを表現する場合は「お忘れになられて」という言葉を使用する必要性があります。

なので、本来あるべき例文の形としては「部長が打ち合わせをお忘れになられていて」というような例文が本来あるべき形になります。

少し言葉の言い回しが難しいような例文になりますが、きちんと理解しておけば間違うことは少ないので、この機会に正しい使い方を理解しておきましょう。

先方が約束を失念していた

次にご紹介する間違った失念したの使い方は「先方が約束を失念していた」という例文です。

なぜ「先方が約束を失念していた」という例文が間違っているのかと考えたときに、この例文の失念という言葉のかかっている先が問題になっています。

つまり、この例文の失念という言葉がかかっている取引先という対象が間違っているということです。

本来であれば、先ほどお伝えしたように失念という言葉は自分自身に対して用いるべき表現方法になります。

なので、取引先を相手に失念という言葉を使うということは本来間違っている使い方になります。

では正しい使い方はどのような使い方なのかと考えると、これも先ほどご紹介したように、目上の人が忘れていたという言葉に直す必要性があります。

なので「先方が約束をお忘れになられていて」という言葉が本来使うべき例文の形になりますので、使い方などを間違わないように注意するようにしてください。

失念してください

次にご紹介する間違った失念したの使い方は「失念してください」という例文です。

なぜ「失念してください」という例文が間違っているのかと考えたときに、これは単純に意味が違っている言葉遣いになっているからです。

本来の失念という言葉の意味は「うっかり忘れること、ど忘れ」「覚えているはずのことが思い出せない」という意味の言葉になります。

これを踏まえて考えてみると、「失念してください」という言葉遣いはおかしな使い方になってしまいます。

人によっては相手に忘れてくださいという意味を込めて使ってる方がいるかもしれませんが、それは大きな間違いになってしまいます。

もしも相手に対して自分が失言をしてしまい、それを忘れてくださいと伝えたいのであれば、「放念してください」という言葉を相手に用いる必要性があります。

放念には「意図的に忘れる」という意味が込められていますので、使い方としては最適な使い方になり、その場に適した言葉遣いになります。

なので、失念という言葉と放念という言葉をセットにして覚えておくと、より細かいシーンによって使い分けができるようになりますので、混同しないように覚えておきましょう。

類似の言い回し

失念という言葉に関しては、気づいている方も多いと思いますがとても類似した言い回しが多く存在している言葉になります。

なので、状況によってはわざわざ失念という難しい言葉を使うよりも、もっと軽い言い回しの方が適しているような場面も存在しているとも言えます。

そこで、ここからは簡単に失念という言葉に類似している言い回しをいくつかご紹介していきたいと思いますので、使い分けなどの際に参考にしていただければ幸いです。

思い出せなくなる

失念という言葉に類似している言い回しとして「思い出せなくなる」という言葉が挙げられます。

失念という言葉の意味を想像していただければ、わかりやすいと思いますが、結果的には忘れるという意味になりますので、思い出せなくなるという言葉と全く同じような言葉であると考えることができます。

なので、失念という言葉と思い出せなくなるという言葉は類似している言葉であると判断することができます。

頭から無くなる

失念という言葉に類似している言い回しとして「頭から無くなる」という言葉が挙げられます。

頭から無くなるという言葉は言い換えてみれば「(記憶が)頭から無くなる」という意味になりますので、記憶を失っているという事になります。

なので、記憶が頭から無くなる=忘れるという事になりますので、結果的に類似している言い回しであると考えることができます。

自然に使えるとマナーレベルが高くみえる

今回は失念という言葉をテーマにして、失念という言葉の意味、失念という言葉の正しい使い方や、間違った使い方、そして類似した言い回しなどをご紹介していきました。

日常生活を過ごす中で、忘れるという言葉はよく頻繁に使うような言葉になると思います。

なので、失念という言葉も結果的には利用することができるシーンがたくさん存在しているということになりますので、覚えておくと丁寧な伝え方ができる便利な言葉になってくれるはずです。

この言葉が自然と相手に伝えられるようになると、一般的に考えて相手からしてみればマナーレベルの高い人間だと判断してもらえるようになります。

考えなくても自然と失念という言葉が出てくるように、普段から気をつけて言葉遣いを選べるようになるとさらに魅力的な人間に成長することができますよ。