私たちが使っている日本語の中には、今現在ではあまり使われていないような日本語なども数多く存在しています。

考えてみれば、私たちが使っている日本語というものは新しい言葉がどんどん生まれてきており、古いものは淘汰されていき、あまり使われなくなってしまうという傾向があります。

あまりにも古い表現方法の言葉に関しては、活躍する機会がどんどん減っていき、気づけば、今の時代では全くと言っていいほど使われなくなってしまっているというのが現状なのです。

実際にあなたの周りにいる人間が使っている言葉を思い返してみても、昔の時代に使っていたような古臭い言葉を使っている方はあまりいないと思います。

特に若い世代に関しては古い表現の言葉を使ったりする方はあまり多くなく、どちらかといえば新しい言葉であったり、若者言葉や和製英語などを使ったりするほうが明らかに多くなっているでしょう。

しかし、古い表現の言葉には昔の日本ならではの文化なども詰まっている素晴らしい言葉が数多く存在しているのも事実です。

日本の文化を知るという意味でも、古い表現の言葉は使わないからと言って、知らないでいいというわけでもありません。

知っておくことで、いざその言葉が日常生活で飛び出してきた時に上手に対応もできますし、理解もできるようになるので、損になるようなことはありません。

そこで、今回は比較的古い言葉として扱われている「かたじけない」という言葉をテーマにして、かたじけないという言葉の使い方や意味などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

「かたじけない」をマスターしよう

そもそもあなたは日常生活の中でかたじけないという言葉を聞いたりすることがありますか?

おそらく大部分の方は、あまり日常生活の中でかたじけないという言葉を聞いたりすることは少ないと思います。

しかし、ある程度年代が上の人間が身近に存在している環境であったり、時には人によってはかたじけないという言葉を使ったりするような人も極まれに存在しています。

そのような方がまだ存在しているということもあることを踏まえて考えてみると、かたじけないという言葉の意味を知っておくということは、無駄なことではなくしっかりと意味があることになりますし、単純に自分の知識を高めるという意味でも必要なことであると判断することができます。

なので、もしもかたじけないという言葉の意味を理解していない方がいらっしゃるのであれば、今回ご紹介する内容しっかりと理解し、かたじけないという言葉をマスターできるようにしてください。

「かたじけない」の意味

そもそもかたじけないという言葉を聞いたことがない方であったり、かたじけないという言葉を使ったこともないという方に関しては、かたじけないという言葉の意味さえ理解していない方がいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、かたじけないという言葉の具体的な使い方などを紹介していく前にまずは基本的な意味についてご紹介していきたいと思います。

意味を理解していただければ使い方などを正しく理解することも難しいと思いますし、日本的の意味を知ることによって様々な理解が深まると思いますので、まずは基本的な意味を正しく理解するところから始めていきましょう。

感謝の気持ちを示す

まずはじめにご紹介するかたじけないという言葉の意味は「感謝の気持ちを示す」という意味が挙げられます。

一般的に考えてかたじけないという言葉を使ったりする場面に関しては、相手が自分に対して何かしらの好意を行ってくれた場合であったり、相手が自分に対して親切な行動を行ってくれた場合に使ったりする言葉として知られています。

つまり、たとえば自分が何かのものを落としてしまった時に、相手がそれを拾ってくれたりした時に使ったりするような場面などが想像できると思います。

もっと簡単にお伝えするとするならば、ありがとうという言葉の意味を持っている言葉として考えてみると、よりかたじけないという言葉を使うことができる場面なども想像しやすくなると思います。

実際に、かたじけないという言葉の意味の中には「感謝にたえない、ありがたい」という言葉の意味が含まれています。

なので、この意味などを理解しておけば、かたじけないという言葉を使うことができる場面などを具体的に想像しやすくなると思いますので、正しく言葉の意味を理解しておいてください。

恐縮してしまう気持ちを示す

次にご紹介するかたじけないという言葉の意味は「恐縮してしまう気持ちを示す」という意味が挙げられます。

この言葉の意味を考える前にそもそも恐縮という言葉がどのような意味を持っているのかと考えると、「恐れて身がすくむこと、相手に迷惑をかけたり相手の好意を受けたりして申し訳なく思うこと」を意味しています。

なので、意味を変換するとするならば、相手からの分に過ぎた処遇などに対して用いたりする言葉として知られています。

この事例などを考えたりすると少し難しく感じるかもしれませんが、単純に日常生活の中で自分自身が恐縮だと感じるような場面で用いることができる言葉であると考えると、よりかたじけないという言葉を使うことができる画面を分かりやすく想像することができると思います。

例えば、自分よりも上の立場の人間がわざわざ自分に電話をかけてきてくれた場面などを想像してみると、「お電話をいただいて恐縮です」→「お電話を頂いてかたじけない」という言葉に変換して使用することができるということになります。

この言葉を覚えておくと、年齢は上の方の発言なども理解することができますし、相手の言葉に対してきちんとこちらも正しい受け答えができるようになりますので、この機会に理解しておきましょう。

謝罪の気持ちを示す

次にご紹介するかたじけないという言葉の意味は「謝罪の気持ちを示す」という意味が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、かたじけないという言葉の持っている海の中には「面目ない」という言葉が含まれています。

なので、かたじけないという言葉の意味の中には、謝罪の気持ちを相手に対して示したりするような意味も含まれていると判断することができます。

実際に、相手に対して謝罪をしたりする場面においてかたじけないという言葉を使って表現したりすることは可能であり、相手を怒らせてしまった時に謝罪の言葉として片付けないという言葉を使う方もごくまれに存在しています。

例えば、相手が怒っているのに対して、怒らせてしまって本当にかたじけないという言葉を使うことができるということです。

謝罪するときに面目ないという言葉を使って謝罪をしたりすることがあるように、同じ意味を持っているかたじけないという言葉に代用することができるということにもなります。

正しく意味を理解し、様々な場面で使用することができるということを覚えてください。

恥ずかしい気持ちを示す

次にご紹介するかたじけないという言葉の意味は「恥ずかしい気持ちを示す」という意味が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そのままの意味で恥ずかしいと思った時にかたじけないという言葉を使って表現することができるとも考えることができるからです。

しかしながら、一般的に考えて恥ずかしいという気持ちを持ったりする時には、相手に対して面目ないという言葉で表現したりすることができる場合が多く含まれています。

先ほどご紹介した謝罪の気持ちなどに対してセットで覚えておくとより使いやすい言葉になると判断することができます。

恥ずかしくなるくらいに申し訳ないことをしてしまったという風に解釈していただくと、わかりやすいと思いますので、併せてこのような意味も含まれているということ理解しておきましょう。

恐れ多い気持ちを示す

次にご紹介するかたじけないという言葉の意味は「恐れ多い気持ちを示す」という意味が挙げられます。

この言葉の意味に関しても、先程ご紹介した恐縮してしまう気持ちを示すという項目とかなり似ている部分になると思います。

一般的に考えて相手に対して恐縮するということは、相手に対して恐れ多い気持ちを示すことと全く同じような意味であると判断することができます。

この意味に関しても恐縮してしまう気持ちとセットで覚えていただくと分かりやすいと思います。

現代日本ではほとんど使わない


ある程度かたじけないという言葉がどのような意味を持っているのか理解いただけたと思います。

かたじけないという言葉は様々な意味を持っている言葉であり、たくさんの意味を持っているということは様々な場面で用いることができる利便性の高い言葉であるということにもなるのですが、残念ながら今の日本においてはほとんど使われることがない言葉に変化しています。

実際に、現在の日本においてかたじけないという言葉を使ったりしている人はあまり多くなく、実際に使っていたとしてもかなり高齢の方に限られると思います。

若い方に関してはなかなかこのような古い言葉を使用している姿をみかけることはありませんし、中年の方でも使用している方は少ないです。

場合によっては、意味を理解されしていないような方などもいる可能性があるかもしれません。

しかし、歴史のある言葉でもありますし、全く使われないかと言われれば、そうでもありませんので、意味くらいは知っておいても損になるようなことはありません。

実際にどのような場面において使われることがあるのかということについて少し触れていきたいと思います。

時代劇などでよく聞く

かたじけないという言葉は現代の日本ではあまり使われないのですが、場合によっては耳にしたりするようなことも十分考えられる言葉です。

では、具体的にどのような場面でかたじけないという言葉を聞くかと考えてみると、時代劇などの場面ではかたじけないという言葉を聞いたりすることが多いと思います。

時代劇に関しては今の時代とは全く違う昔の違いを検出しているドラマなので、当然ながら出演する人間に関しては現代の言葉ではなく昔の言葉などを使って演技を行っています。

なので、昔の言葉であるかたじけないという言葉などを使用したりすることが一般的に行われていますので、かたじけないという言葉を聞く場面を想像してみると時代劇などが挙げられると判断することができます。

「かたじけないでござる」

時代劇に関しては武士などが登場したりすることも多く存在しており、武士などが使用したりする言葉としてかたじけないという言葉が登場しています。

そんな中には、かたじけないでござるという言葉などが使用されたりしている場面などに遭遇したりすることもあると思います。

しかしながら、そもそもなぜござるという言葉をつけているのかということなどをよく理解していない方も多く存在していると思います。

そこで、簡単になぜこのような形になっているのかということをご紹介していきたいと思います。

そもそもかたじけないでござるという言葉を使ったりする場面としては、相手に対して感謝を示したり、相手に対して謝罪をしたり、恐縮した気持ちを伝えたりする場面が想定されると思います。

そのような場面において、ござるという言葉にはどういう意味が含まれているのか考える時に、元々ござるという言葉は御座あるという言葉から生まれた言葉であり、御座あるという言葉には「いらっしゃる、おいでになる」という意味が含まれています。

また、御座あるという言葉はある、いる、行く、来る、という言葉の尊敬語としての意味も含まれており、丁寧語としても使用されたりすることがある、比較的様々な意味で使用することができる言葉なのです。

そのことから、一般的にはござるという言葉は、現代における「です、ます」という言葉の意味を持って使用されていますので、結果的にかたじけないでござるという言葉の意味は「面目ないです」などといったような意味に変換することができると解釈することができます。

これを知っておくと、時代劇などを見たりしたときに、意味をより理解できるようになり、面白みが増してくると思いますよ。

いつの時代から使われていた?


かたじけないという言葉は時代劇などで用いられたりするような言葉であるとお伝えしましたが、具体的にかたじけないという言葉はいつの時代から使われていたということなどをあなたはご存知ですか?

かたじけないという言葉の意味を知っていても、意外といつの時代に使われていた言葉なのかということなのについてはなかなか理解できていない方がとても多いと思います。

そこで、簡単にかたじけないという言葉がいつの時代から使われていたのかということにも触れていきたいと思います。

まず考えていただきたいのは、そもそもござるという言葉自体は室町時代から江戸時代までの間に使われており、それ以前はござるという言葉は全く使われておらず、そもそも生まれていなかったと考えられています。

なので、かたじけないでござるという言葉に関しては室町時代から江戸時代までの間に使用されていたと考えることができます。

そして、かたじけないという言葉自体は平安期以前から存在している古い言葉であると言われており、かたじけないという言葉の意味を考えてみるのであればそれなりに歴史がある言葉であると判断することができます。

かなり以前から存在している言葉であり、人によっては現代でも使っている可能性があるということを考えて考えてみると、とても長い間私たち日本人の中で親しまれている言葉であるとも判断することができます。

このような歴史のある言葉が今の時代はだんだんと少なくなってきてしまっているということを考えてみると、少し悲しい気持ちにもなるかもしれませんね。

漢字で書くと?

かたじけないという言葉に関しては、あまり知られていませんが実は漢字で書くことができるということが判明しています。

なかなかかたじけないという言葉を使ったりすることが少なくなっている現代においては、万が一かたじけないという言葉に触れたりする機会があったとしても、それは相手からの発言によって自分の耳に入ってくるようなことくらいしかないと思います。

話し言葉としての使用がもっぱらであり、文字にして書いたりするようなことなどは明らかに少ないと思いますので、漢字の書き方などを知らなかったり、そもそも感じに変換できるということ自体知らないということも無理はありません。

では、かたじけないという言葉を感じに直すとどのようになるのかということについてご紹介していきたいと思います。

かたじけないという言葉に関しては実は、忝い、辱いという言葉で表現することができると言われています。

以外かもしれませんが、なぜこのような漢字で表現することができるのかと考えた時に、考えていただきたいのはかたじけないということなの基本的な意味をもう一度思い出していただくことです。

かたじけないという言葉が持っている基本的な意味としては、感謝の気持ちを示したり、謝罪の気持ちを示したり、恐縮な気持ちを示したりすることです。

そこで、忝いという言葉の成り立ちを創造してみると、この感じは天に心という漢字が組み合わさって作られています。

つまり「天に対する心」という意味が存在しており、この意味からかたじけないという言葉の意味が絡まって生まれたとされています。

それ以外にも、かたじけないという言葉は難気(かたしけ)なしという言葉が語源として生まれたともされており、少し語源が難しい言葉ではありますが、考えられて作られている言葉でもあるので、この機会に漢字も併せて理解してください。

「かたじけない」の例文

ある程度かたじけないという言葉の基礎的な知識を身につけることができたと思いますので、ここからはかたじけないという言葉を使った例文についてご紹介していきたいと思います。

かたじけないという言葉の意味だけを知っていても、正しい使い方を知っていないと、正しく言葉として使うことはできませんので、例文を通して片付けないという言葉の使い方を理解してください。

例文のそれぞれの意味なども解説していきながら、詳しくご紹介していきますので、正しく理解できるように確認してみてください。

いつも気を遣っていただいて、かたじけないです。

まずはじめにご紹介するかたじけないという言葉が含まれている例文は「いつも気を遣っていただいて、かたじけないです。」という例文です。

この例文の意味としては「いつも気を使っていただいてありがとうございます」という意味で解釈することができます。

この例文に含まれているかたじけないという言葉が持っている意味としては、相手に対する感謝の気持ちを示していると判断することができます。

かたじけないという言葉は相手に対する感謝の気持ち以外にも様々な意味が含まれている言葉ではあります。

しかし、この例文に一番合いやすい気持ちは感謝の気持ちであるため、感謝の気持ちの意味をこの例文に代入してみるとすぐに内容を理解することができるはずです。

相手が自分に対して何かしらの気遣いであったり、嬉しい行為などをしてくれた場合にはこの例文を用いることができるようになるため、比較的かたじけないという言葉のスタンダードな形の例文であると判断することできます。

日常生活の中でもこのような言葉を使って表現することができる場面は多々存在していますので、積極的に使用してみると面白いかもしれませんね。

自分が不注意だったばかりに、かたじけない!

次にご紹介するかたじけないという言葉が含まれている例文は「自分が不注意だったばかりに、かたじけない!」という例文です。

この例文の意味としては「自分が不注意をしてしまったばかりに、大変申し訳ない」という意味で解釈することができます。

この例文に含まれているかたじけないという言葉が表している意味を想像してみるとすぐに言葉の全体像が分かると思うのですが、この例文に含まれているかたじけないという言葉は相手に対する謝罪の気持ちを表している言葉であると判断することができます。

自分が不注意をしてしまったばかりにという言葉にかたじけないという言葉はかけられていますので、この例文を踏まえて考えてみればかたじけないという言葉が謝罪の気持ちを表していることも明らかです。

なので、かたじけないという言葉に謝罪の気持ちを表している言葉を代入していただければすぐに意味を解釈することができるはずです。

現実の世界でもこのような言葉を使って相手に対して謝罪をすることができる場面は多々あります。

しかし、かたじけないという言葉を使うときには相手との上下関係などをしっかりと理解していなければ間違った言葉遣いになってしまいやすいです。

なので、このような言葉を使って謝罪をする時にはしっかりと自分が立たされている状況を理解した上で言葉を用いるようにしてください。

こんなにたくさん貰って、かたじけないです。

次にご紹介するかたじけないという言葉が含まれている例文は「こんなにたくさん貰って、かたじけないです。」という例文です。

この例文の意味としては「こんなにたくさん頂いて、大変恐縮です」という意味で解釈することができます。

この例文に含まれているかたじけないという言葉が表している意味を想像してみると、こんなにたくさん貰ってという言葉にかたじけないという言葉がかけられていますので、相手から何かしらのものを頂いたという状況を想像することができます。

つまり、この例文におけるかたじけないという言葉に関しては相手に対する恐縮な気持ちを表している言葉であると判断することが適切です。

なので、かたじけないという言葉の部分には自分自身が相手に対して恐縮した気持ちを持っているということを表す言葉を代入していただければすぐに意味が成り立つようになると思います。

こうして考えてみるとかたじけないという言葉は様々な場面で用いることができるとても利便性が高い言葉であり、丁寧な言葉遣いと判断することができます。

なかなか現代においてはかたじけないという言葉を使ったりする人が少なくなっていますが、あえてこのような言葉を使うことによって、相手に対する自分の印象を大きく変化させることもできるようになるかもしれませんので、機会を見て使ってみるととても面白いかもしれません。

そんなかたじけないこと、お願いできません。

次にご紹介するかたじけないという言葉が含まれている例文は「そんなかたじけないこと、お願いできません。」という例文です。

この例文の意味としては「そのような恐縮な言葉はお願いすることはできません」という意味で解釈することができます。

この例文に含まれているかたじけないという言葉が表している意味を想像してみると、お願いすることができないという言葉にかけられていることがわかります。

お願いすることができないということは、自分の立場でそのようなことをお願いすることができないという意味として解釈することができますので、この例文に含まれているかたじけないという言葉は相手に対する恐縮な気持ちを表していると判断することができます。

なので、かたじけないという言葉の部分に恐縮な気持ちを表す言葉を代入していただければ意味が成り立つようになります。

目上の立場の人間に対して自分にとって虫がいいことをお願いしたりすることは、基本的にあまり好まれることでもありませんし、恐れ多いですよね。

そのような場面に遭遇してしまった時に使用することができる丁寧な例文であるといえます。

「かたじけない」と言われたら、どう返事をする?

現在の日本において、なかなか日常生活の中でかたじけないという言葉を相手から使われたりすることは少ないと思うのですが、もしも相手からかたじけないという言葉を使われた時にあなたはどのように返答しますか?

この返答方法に意外と頭を抱えてしまう方はかなり多く存在していると思います。

実際に相手から使われた時を想像してみると、言葉に詰まってしまうことはかなり多くいると思いますので、ここからはかたじけないという言葉は相手から使われた時に、どのように返答するべきなのかということについてご紹介していきたいと思います。

正しい言葉の使い方、そして正しい受け答えの仕方などを理解することができて初めてその言葉をマスターすることができるといえますので、まだ完璧にこの言葉をマスターできていない方は、細かい部分までかたじけないという言葉をマスターできるようにしてみましょう。

どういたしまして

相手からかたじけないという言葉を使われた際に返答するべき言葉としては「どういたしまして」という言葉が存在します。

相手は自分に対してかたじけないという言葉を使って、感謝の気持ちや謝罪の気持ち、恐縮した気持ちを表しているのです。

なので、相手がこれらの気持ちを片付けないという言葉で表現してくれた場合には、表現方法としてはどういたしましてという言葉を使って表現するのが適切であると判断することができます。

相手からかたじけないという言葉を使われた際にはどういたしましてと言う言葉で相手に返事をするようにしてください。

気にしないでください

次にご紹介する相手からかたじけないという言葉を使われた際に返答するべき言葉としては「気にしないでください」という言葉が存在します。

先ほどもお伝えしたように、相手がかたじけないという言葉を使って自分に対して気持ちを表現してくれる場合には、基本的に感謝、謝罪、恐縮の気持ちが該当します。

なので、相手の言葉に対する返答としては気にしないでくださいという言葉が無難な言葉であり、その場に適してる言葉であると判断することができます。

なので、相手に対する返答としてはどういたしましてという言葉か、気にしないで下さいという言葉の二つの表現方法を用いるようにして、会話をつなげるようにしてください。

使う時の注意

なかなか現代社会においては使う頻度が高くない言葉である、かたじけないという言葉ですが、もしも相手に対して使おうと思っているのであれば、使う際には是非とも注意していただきたいポイントが存在しています。

この注意点を理解しないで、かたじけないという言葉を使ってしまうと、場合によっては相手に対してかなり失礼な言葉になってしまう可能性があります。

相手と良い関係を結びたいと思ってあえて丁寧な言葉を選択していても、それが逆に失礼な言葉だと捉えられてしまうと本末転倒になってしまいます。

なので、もしもかたじけないという言葉を日常生活の中で使おうと思っているのであれば、これからご紹介する注意点をしっかりと守った上で言葉を使うようにしてみてください。

目上の人には敬語に変えて使う

かたじけないという言葉は丁寧な言葉ではあるのですが、敬語ではありません。

なので、相手に対してかたじけないという言葉を使った場合、基本的には相手が目下の立場の人間であるということを表していますので、目上の立場の人間に対してかたじけないという言葉を使うと失礼に値してしまいます。

なので、かたじけないという言葉を目上の人間に対して使う場合には「かたじけのうございます」という言葉に変換した上で使用するようにしてください。

これを理解していなければ、相手に対してとても失礼な言葉遣いになってしまいますので、相手が言葉に関してとても詳しい人間であると場合によっては信頼をなくしてしまう可能性がありますので、注意するようにしてください。

もしも自信がない場合には、わざわざ難しい言葉に変換する必要性もありませんので、無難にありがとうございますという言葉を使った方がよい場合もありますので、注意するようにしてください。