国も副業について、理解的な見方を始めている昨今、多くの企業が副業についてNOと言わなくなった事で、本業とは別で何か副業を探しているという方も少なくは無いでしょう。

しかし、副業をしたいけれど空き時間を使って仕事をするのだから、外へ働きに行くのではなく、自宅に居ながらできる、いわゆる在宅という形での副業をしたと思っている方も少なくはないでしょう。

また、副業を探している方とは違い、介護や子育てと言った何かしらの理由で外へ働きに出れない為に、自宅で簡単にできる在宅ワークを考えている方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

そこで今回は、在宅ワークをする際のオススメワークとメリットやデメリットについてご紹介いたします。

在宅ワークにおすすめな15個の簡単な仕事

まず、在宅でお仕事を探しているという方に伺いたいのですが、在宅ワークと聞くとどのような物を思い浮かべられるでしょうか。

おそらく一昔前では内職を思い浮かべると言う方も少なくは無いでしょう。

そんな、内職のイメージが強い在宅ワークですから、自際に稼げるか稼げないか分からないし、騙されるのでは無いかという様な不安を持っている方も少なくは無いはずです。

しかし、最近はインターネットの普及などから、工場の内職という様な在宅ワークのイメージから、少しづつ本当に本業としてでもやっていけるというイメージへ移行しているのが現状です。

しかしその為、在宅ワークとして仕事をするという際に、選択肢も多くなってしまっており、正直なところ何を選択する事が本当に良いのか分からなくなてしまう方も多いと聞きます。

そこで、在宅ワークオススメな15個の簡単な仕事をご紹介してみましょう。

1、ライター


最近の在宅ワークと言えば、主にパソコンを使った物というイメージがある方もいらっしゃるかと思います。

しかし、パソコンを使えなくてもできるのがライターというお仕事です。

皆さんも、スマートフォン等でコラム記事等を読んだ事はあると思いますが、イメージとしては、皆さんが読んだ事のある記事を実際に書いていくというイメージです。

これは、紙ベースに仕事をする方とパソコンをベースに仕事をする方が居ます。

また、このライターがオススメなり有としては、スマートフォンにWordのアプリさえ入っていればいつでも何処でもお仕事が可能なのです。

更に、文章を書くのが苦手でも、自分の知識内で説明をする事も、インターネットで調査してそれをまとめる事ができるので、作文や感想文を書くような感覚で記事を作成する事ができる為、やってみるとそんなに難しくは感じないかと思います。

また、自分の書いた記事がインターネット上で誰かに読んで貰う事ができているというのは、とても嬉しく在宅でも、こんなに充実感を得る事ができるのだと思える事でしょう。

2、音声データ入力

音声データ入力と聞くと、声でデータを読み上げていきデータを入力して行くという様なイメージを持たれる方が多胃かもしれません。

その為、一切にやってみると想像と違っていたという方もいらっしゃるかもしれません。

というのも、音声データ入力という言葉だけを聞いていると、音声でデータ入力をする様な解釈をしてしまうからです。

しかし、実は音声のデータ化という意味で、音声で送られてきたものをデータにして行くという物です。

テープレコーダーを使っての案件が多かったのですが、最近ではICレコーダー等で録音した物を文字に起こしていくという物が多く、元々は速記からスタートした仕事なのです。

実は、インターネットが普及してから需要が出たと思われがちですが、インターネットが普及する前から在宅ワークとして行われてきた、非常に歴史のある職種なのです。

具体的には、雑誌などでインタビュー記事や対談の記事が乗っているのを皆さん目にしたことがあられるかと思います。

そのような記事は、録画されたDVDやデータによって送られてきます。

その映像や音声を聞きながら文字にし、記事にしていくという物なのです。

さいきんでは、YouTubeの映像を文字起こしされている方も多いようで、湯要は多い業種と言っても良いでしょう。

3、データ入力

データ入力というと、音声データ入力と何が違うのかと思われる方も少なくは無いでしょう。

基本的にデータ入力と言う場合には、何かしらの資料からデータを拾い出しながらエクセル等に入力していくのが通常なのですが、実はこのデータ入力という仕事には少々注意が必要です。

というのも、パソコンに延々とデータを打ち込んでいく作業と思われがちなデータ入力ですが、実は別の作業の付随作業としてのデータ入力であると言う事があります。

例えば、事務作業の1つとしてデータ入力が付随している場合や、基本的な仕事内容は別の作業なのに、その作業にはデータを入力するという作業がある為、データ入力として応募されている事が多いのです。

その為、実際に仕事をしてみると思っていたものと違っていたという事になってしまい、失敗してしまうという事もあるようです。

更に、基本的にパソコンを操作できる方であれば、作業自体には問題はありませんが、入力の速さが求められるため、1分間に100文字もしくは、テンキーの入力であれば150文字位の入力速度が必要です。

その為、基本的にはテストなどが実施される事もあるのです。

4、校正作業

校正作家という様なジャンルもある事から、この校正という仕事は、記事を作成する際に多いに関係のある作業だという事がお分かり頂けるかと思います。

と言っても、校正というお仕事は、ライターがかき上げた記事のチェックをメインにするお仕事なので、しっかりとした日本語や文法の使い方などを理解しておかなければなりません。

さらに、校正とはライターが執筆した記事や文章、印刷物の不具合などをを事前に検査するお仕事の為に、より正確な作業と、う斬るが必要になるのです。

校正の仕事は、文章に関してだけではなく様々な仕事に対して行われますので、幅が広く執筆だけを手掛けるライターとは違い、仕事の量に恵まれている為、文法や仕事の性格さに自信がある方にはオススメの在宅ワークです。

5、チラシ作製

パソコンを使った在宅ワークとして、ひときわ技術が物を言うのが、チラシ作成です。

このチラシ作成は、簡単に言うと企業やテンポなどのチラシやパンフレットの作成をする物なのですが、単価が大きく一度付き合いが始まると、また次回も利用してもらえる等の可能性がある為、成功する方も多くいらっしゃる様です。

しかし、高単価なのでやってみようかなと思われる方も多いかも知れませんが、チラシを作成するには、パソコンのスキルやレイアウトのセンスなど求められる物が多く、中には途中で投げ出してしまうという方も少なくはありません。

しかし、やってみなくては技術も身に付かない為、研究や試行錯誤をしてでも何かを達成する事ができるという方にはオススメかもしれません。

6、手作りアクセサリー販売


自分のオリジナルのアクセサリーを販売するといった、平たく言うと物販系の在宅ワークになります。

基本的には、作成をしないと販売ができない為、アクセサリーの作成に趣を置いてしまいがちですが、そこにばかり集中し過ぎては販売数が伸びない為、販路の開拓などの努力も必要になってきます。

基本的には、ネットでの販売が主になってきますので写真の撮影方法や、販売経路の確保などがメインだと言っても過言では無いでしょう。

しかし、最近では楽天やアマゾン、メルカリ等の販売ができるサイトが多々ありますので、それらのサイトを利用して販売をする事ができますので、販路の確保にはそんなに時間を掛けなくても良いかもしれません。

良いものを作って、人気が出ると口コミで人気が広がるなどしますので、まずはヒット商品を1つ作る事を目標にしてみては如何でしょう。

7、HP等のデザイナー

ウェブデザイナーと言われる人たちも居るのですが、主にウェブサイト等のデザインをしている人たちの事です。

ウェブデザインには、確かに必要な知識やスキルもありますが、中には持ち前のセンスだけで作業をしているという様な方も少なくはありません。

但し問題なのは、一日や二日でできる仕事ではなく、多くの時間が掛かってしまう事です。

その為、作業が遅い方だとどうしても作業に時間が掛かってしまう為、副業として活動するには、睡眠時間を削るなどの事から本業への影響が出てしまうと言った弊害が出てしまう可能性もあるようです。

また、頑張って作成したとしても、数人の人の中からの抽選という形になる事も多く、作ってもお金にならない問い事もあるようです。

その為、最初の内は作業量と収入の釣り合いが取れないという方も少なくは無いようです。

8、イラスト作成

パソコンを使ってイラストを作るのが得意だと言う方にオススメなのが、イラスト作成です。

このイラスト作成という作業は、企業のロゴマークの作成依頼やパンフレットのイラスト、またはウェブサイトのイラスト作成があり、幅広く仕事を探すという事が可能です。

基本的には、パソコン内のイラストツールを使って作業をするようで、在宅ワーカーというよりもややクリエイターとしての魅力も多いのでは無いでしょうか。

また、イラストを書くことが好きな人には苦にならない作業のため、稼いでいる人の中には、趣味の延長として仕事をされているという方が多いようです。

そのため、ほとんどの場合ストレスフリーというよりも、楽しんで仕事ができている人の方が多いのも特徴です。

しかし、多くの場合が、応募の仲からの抽選出の採用となる事が多い為、なかなか収入に結びつかないと言った人たちも居るのが現状の様です。

9、コーディング

コーディングと聞くと、加工や編集、又はウイルス対策等をイメージするという方も少なくは無いでしょう。

しかし、このコーディングという作業は、コードを書く作業なので編集や加工とは違います。

主にHTMLやCSSといった技術を用いて、ウェブサイトを作成するためのプログラミングをするという物なのです。

制作するためのプログラミングと聞くと、一からサイトを作成するもとになるものかと思われますが、実はプログラミングをするにあたって何も元が無いという事では無く、元となるものはしっかりと準備されて居る事が多いようです。

というのも前述したウェブデザイナーと呼ばれる人たちが居ますので、そのウェブデザイナーがデザインした物を、実際にサイトで見られる様にするのが、コーディングの主な仕事内容と言えるでしょう。

そんな、専門的な知識が必要な作業ですから、勿論作業単価は高く、しっかりと稼ぎたいならば、知識のある方にはオススメの在宅ワークです。

10、シール貼り

パソコンに余り馴染が無いという方も最近は多く、手軽にできる物は無いのか?という人へオススメなのがシール貼りです。

シール貼りはthe内職という様な作業です。

シール貼りと言っても、ポケモンやドラえもんのシールを貼るという様な物では無く、その作業は、実は過酷にも思える物です。

というのも、このシール貼りという作業は、古くからありました。

皆さん、お店などで良く見かける値札やPRシールを治夫言った物なのですが、札に対してどの位置に貼るなどの範囲が決まっていたりと、非常に細かい決まりがある為、慣れても酸何多くの数をこなせる物ではありません。

更に言えば、1つ1つの単価が、高くても1円ほどの為、副業として稼ぐという面では、メリットがある様な仕事では無いようです。

しかし、年金等の収入にプラスで数千円あればという様なシニア世代にはむいているのあもしれません。

11、アンケート回答

パソコンの知識が不要で、スマートフォンがればできてしまうのが、アンケートモニターという物です。

このアンケートモニターには、大きく分けて3つのタイプがあります。

1つ目は、メールアドレス等を登録してするタイプで、こちらは、スマートフォンへメールで送る事ができる為、回答をして直ぐにお金になる良いった物です。

2つ目は、郵送でアンケート結果を送り、その報酬を得ると言った物で、回答してからアンケートを行っている企業に届くまでに時間が掛かる為、報酬の振り込みが遅いなどのデメリットもありますが、量をこなす事で解消できるようです。

この二つのアンケートの単価は基本的に30円から100円となっており、簡単作業としては、報酬が高い設定になっているようです。

3つ目は、会場が用意してあり、製品などを実際に使用した感想を答えるという、座談会方式のアンケートモニターですが、これは一軒で数千円ほどの謝礼を貰える為、他の2つのアンケートモニターよりも稼ぐことができるのが特徴です。

どのアンケートモニターも、サイトの登録等が必要になっており、不正をすると会員情報の削除や回答が反映されないなどの事がありますので、自分の回答にはしっかりと責任が持てるような物だけを選ぶようにしましょう。

12、写真販売

自分で撮影した写真を、インターネットで販売するという物なのですが、どのようにするのかというと、まずは販売者登録をしなくては行けません。

写真販売ができるサイトというのは、多くあり登録に関しての審査というのは、そんなに厳しくはありません。

ですので、多くのサイトに登録をする事が、写真を多く販売する為の方法だと言えるでしょう。

しかし問題は、登録を行った後なのですが、実はこの写真をサイトに登録するのに喪審査があります。

この審査が、めちゃくちゃ厳しく、中には何度やっても審査をパスできないという方も少なくは内容です。

その為、稼ぎ出すには、それなりの写真の腕が要る等の事から、成功者とそうでない方の差が激しいのも、写真販売の大きな特徴とも言えるでしょう。

基本的には映りが良いものが、審査をパスしやすいようですが、写真を取る事が好きというだけでは稼げないのが写真販売なのです。

13、ポイントサイト

パソコンが無くても、副業として成立するのが、ポイントサイトです。

ポイントサイトにも色々あり、大きく分けると、貯めたポイントを現金に変えられるものから、ポイントを物に変えるといったものがあります。

基本的には、どちらもポイントサイトの会員登録が必要で、登録をしてサイト内の広告やゲーム、サイト内の勧誘による外部サイト等の登録によりポイントが貰える物が多く、そのポイントを貯めていくという作業的な物になります。

しかし、ログインにより貰えるポイントは少ない為、最初は一気に貯める事ができても、後々貯める事が困難になる場合が多い為、副業として成立させるには、多くのポイントサイト等を掛け持ちでやっていく等の方法が求められるようです。

スマートフォンがあれば簡単に始める事ができるのも魅力的で、学生を中心に広まっている様です。

14、リサーチ作業

在宅ワークの中には、リサーチを行うだけで収入になるといった物もあります。

それがリサーチ作業なのですが、簡単に言うと情報収集です。

何故リサーチだけで稼ぐことができるのかというと、在宅ワークをする上での根本的な物が理由なのです。

というのも、ライターが記事を作成するのも、ウェブデザイナーがサイトのデザインを上げるのにも、必要なのが下調べや情報収集なのです。

しかし、この情報収集はやってみると意外に面倒だったりします。

その為、多くの方が自分の為に情報収集をしてくれたらと思っています。

なので情報を収集するだけで報酬が貰えるのですが、在宅ワーク初心者の方には、敷居が低い為始めやすいというメリットがあります。

単価は低いかもしれませんが、自分の収集した情報をエクセルなどにまとめて納品するという事が多く、調べ物が好きで、エクセルが使えれば簡単に稼ぐ事ができるのが魅力的です。

15、DTP

DTPという言葉を初めて耳にするという方も少なくは無いでしょう。

DTPとは(デスクトップパブリッシング)の略で、机上出版や卓上出版と言われる物です。

基本的にパソコンを使用してデータを作成し、実際に印刷物を作成する事を指す言葉です。

DTP作業をする方が居るおかげで、過去には印刷物を作成するためには多くの人員が必要だったのですが、現在は人員削減ができている等のメリットがあるようです。

というのも、パソコンで気軽に行えるため、一人でも簡単に作る事ができ、外注として仕事を依頼できる為でしょう。

家に居ながら働ける在宅ワーク

在宅ワークは、自宅に居ながら働くことができます。

その為、ストレス社会との関わりを無くすことができるなどの効果があり、健康的に仕事をする事が可能です。

しかし、在宅ワークにしたことでのしかかるプレッシャーは大きくなりますが、それでもしっかり自分で目標を立てて仕事をして行く事で、達成できた時の達成感は大きく、快感とも言える物なのです。

在宅ワークのメリット

在宅ワークを選択するうえで、多くのメリットが得られるのも、在宅ワークの魅力とも言えるのです。

というのも、そのメリットの為に在宅へと転向するという人もいるほどで、そんなにすごいメリットがあるのならば、是非自分も在宅へ転向してみようかなと思う方も多いでしょう。

そこで、そのメリットとは何かという事をご紹介します。

時間に余裕を持てる

在宅ワークをするうえでの一番のメリットは、何と言っても時間に余裕ができるという事ではないでしょうか。

というのも、基本的に自宅で仕事ができますので、通勤が無く朝からバタバタと準備をする必要がなく、朝からゆっくりと仕事に向けて気持ちを整える事ができるのです。

その為、時間に余裕が出ますので、勿論時間に追われて気持ちがギスギスしてしまう事もなく、毎日を落ち着いて過ごす事ができるのです。

家族との時間を確保出来る

在宅ワークを選択する事で得る事ができるのが、時間的余裕の他に、家族との時間の確保という物があります。

というのも、サラリーマンで7時半に家を出て夜は8時頃にしか家へ帰って来ないという方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合、子供さんと顔を合わせるのは土日だけという様な方もいらっしゃいますよね。

しかし、在宅ワークであれば基本的には自宅にいる為、家族との時間をしっかりと確保する事ができるのです。

更に、子供の授業参観等の行事の前には、夜中に仕事をしておく事で、行事に参加したりと時間を自分の都合に合わせる事が可能なのです。

人と接しなくても良い

人と接する事が嫌いだという方も中にはいらっしゃいますよね。

そのような方には、人と接する事無く仕事が完結するというメリットがあります。

これはどういう事かと言うと、基本的にパソコンでのやり取りがメインになる為、直接人と接しなくても仕事ができるのです。

そのため、変ないざこざが発生する事もなく、スムーズに仕事を進めていくことができ、嫌いな上司との人間関係を気にする事もありませんので、ストレスフリーで働く事ができるのです。

都合の良い時間で働ける

会社に勤めていると、どうしても定時がありますので、毎日決まった時間に仕事をしなくてはいけませんよね。

その為、中抜けをしたくても出来なかったりと融通が利かない場合も多々ある事でしょう。

しかし在宅ワークであれば、自分の都合に合わせて仕事をする事ができる為、用事がある場合には時間をずらして仕事をする事ができるのです。

その為、社会活動等に参加する事もできるなど、自分の活動の幅が広がるのもメリットと言えるでしょう。

在宅ワークにはデメリットも

勿論在宅ワークにはメリットばかりではありません。

というのも、良い事ばかりなのであれば、全ての人が行っていますから、もちろん他の業種と同じでデメリットもあるのです。

どのようなデメリットがあるのかご紹介します。

確定申告を自分でしなければならない

在宅ワークの一番面倒な部分が、確定申告です。

この確定申告は時間も掛かりますから、仕事が詰まっている時には面倒ですし、作業時間が削られるという問題もあります。

会社勤めであれば、確定申告は不要なので、確定申告をするのが面倒だという方は会社勤めの方が良いかもしれません。

もしも、副業として在宅ワークをするのであれば、年間20万円以下の金額であれば確定申告は不要になりますので、副業としてされるのであれば20万円以下での仕事量がオススメです。

希望条件の仕事が見つかるとは限らない

在宅ワークをいざしようと思っても、一番の問題として希望の職種が見つからないという事があります。

その為、なかなか在宅ワークを開始できないという方も多いのが現状です。

その為、まず在宅ワークに転向したいのであれば、会社を辞める前に実績を作っておく事が必要になると言えるでしょう。

というのも、実績を作っておく事で在宅ワークに転向した後にスムーズに仕事が獲得できる様になるのです。

そうする事で、順調に収入も増えていきますので、実績作りはとても大切です。

仕事の単価が安い

在宅ワークと会社勤めの方の給料を比べると、わかりやすいのですが、基本的に在宅ワークは単価が安いのがデメリットです。

中には単価の高い物も多くありますが、始めのうちは思うように稼ぐことができないかもしれません。

更に、単価が安いうちは目標の金額を稼ぎ出すためには作業の数量を増やすなどの方法もありますので、実績作りと思って仕事を続ける事が大切です。

実績さえ作れば高単価の仕事をする事ができる可能性もあるので、頑張っていきましょう。

誰とも話さない事が増える

在宅ワークをしていると、基本的には一人での作業になってしまう為、人と話さないという時間が生まれてしまいます。

それもそのはずですよね、仕事の打ち合わせから納品までパソコン一つで完了してしまうのですから、人の顔は見えません。

中には、Skypeや電話での打ち合わせをされている所もありますが、基本はメールです。

クラウドソーシング系のマッチングサイトであれば、直接の依頼なども禁止されている為、余計にメッセージ等での打ち合わせが多くなってしまいます。

そんな時間を過ごしていると、数日間人と会話をしないという様な人もいるようで、自分が引きこもりの様に思えてしまうという方も少なくはありません。

ですから、定期的に外に出て気分転換をする事も必要だと言えるでしょう。

というのも、周りの人との会話の中にも多くの知識を広げる情報がありますし、誰かと会話をする事で、自分も社会の一部なのだと再認識する事ができるのです。

家族と会話をしているという方も、出来たら家族以外の方との接点を持つようにして行くことが大切なのです。

納期厳守なので休むことが出来ない

基本的に、納期は厳守です。

その為、納期前であれば休みの予定であっても休む事はできません。

病気や怪我といった理由があれば担当者に連絡をして、待ってもらう事もできますが、納期は基本的に厳守だという事を念頭に置いておきましょう。

そうしなければ、今後のリピートは無く、それは稼いで行く上ではかなりのマイナスになり得ますので、休んでいる暇はありません。

PCが壊れると仕事出来ない

パソコンを利用して在宅ワークをしている人たちの共通の恐怖というのが、パソコンの故障です。

というのも、基本的にパソコンを使わなければ仕事ができない為、故障してしまうと勿論仕事ができなくなってしまいます。

ですので、在宅ワークにとってパソコンの破損は死活問題だと言っても良いでしょう。

いつパソコンが壊れてしまうか分からない為、いつでもパソコンが購入できる様にしておくというのも、在宅ワークをする上では必用な事なのかもしれませんね。

メリットとデメリットを理解して働いてみよう

この様に在宅ワークにはメリットもあれば、デメリットも勿論存在しています。

しかしこれはどのような業種であっても言える事であり、在宅ワークだからデメリットがあるというわけではありません。

ですので、在宅ワークをするにはこのようなメリットやデメリットがあり、どのように仕事をこなしていくことによって、デメリットの部分を最小限に減らし、メリットの部分をより大きな物にできるのかという事を考えて行く事が大切なのです。