部屋が汚くてもなかなか片付けられない人っていますよね。

今回は、部屋の片付けを上手くやるポイントを紹介します。

片付けたくても片付けられない

片付けたくても片付けられない、片付けようと思っているのに・・・。

そんなあなたに簡単に片付けが上手になる方法や収納術、断捨離の方法をご紹介します。

これであなたも片付けたいと思ったら片付けられる人に大変身です。

簡単に素早く綺麗な環境を作りだすことが出来るようになりますよ。

綺麗にしたい気持ちはあるのに…

綺麗にしたい気持ちはあるのに、なかなか片付けられないという方は、片付け方の基本が出来ていない、収納のアイディアを知らない、断捨離が出来ないかのいずれかに該当します。

片付けの基本を知り、収納のアイディアを取り入れ、断捨離をマスターすれば、片付けは絶対に出来るようになります。

部屋の上手な片付け方


まずは部屋の上手な片付け方をご紹介しますね。

片付けの基本となりますので、まずはこの基本をしっかりと身に付けましょう。

1、所有している物を全部集める

まずは所有している物を全部集めてください。

全てですよ。

まだこれは処分しないから集めなくてもいいなどということは考えず、すべて一カ所に集めてしまいます。

家全体のものを集めてしまうと部屋数が多ければ多いほど大変になってしまうので、ものが多い場合はブースごと、部屋ごとに区切って行うと良いでしょう。

2、必要なものを選択する

その中で必要なものを選択していきます。

この時、とっておきたいものを選択するのではなく、必要なものを選択するのですよ。

本当に自分の日常に必要なものだけです。

3、分類する


次に必要なものを分類していきます。

例えば服、日常品、食品、アクセサリー等々部類ごとに分別します。

箱などを利用するとよりわかりやすく分類できるのでおすすめです。

4、仕舞う場所を決める

続いて分類したもの達を仕舞う場所を決めていきましょう。

例えば日用品は脱衣所へ、食品はキッチン、服はクローゼット、本は本棚などということです。

仕舞う場所を決めたらその場に運びましょう。

5、仕舞い方を決める

最後にしまい方を決めます。

仕舞うと言ってもぐちゃぐちゃに置いてしまうと台無しですよね。

綺麗に見えるように、服はハンガーを使ってかける、食品は箱に入れてしまう、日常品は籠に入れてしまう、本棚に本を入れる時は巻数を揃えて仕舞うというような感じですね。

このとき、うまく収納できない場合は収納術を活用しましょう。

更に全て仕舞ってみて、どうでしょう。

何か不自由はありますか?
必要なものを選択した時に選択しなかったものがないと不便ですか?
不便と感じなければそれはあなたにとって必要のないものですよね。

スッキリ片付く収納方法

仕舞い方を決める時、うまく仕舞えないという事態に陥ってしまったとき、これってどうやって収納したらいいのだろうと悩んだ時はぜひ、これからご紹介する収納術を活用してみてください。

デットスペースを有効活用する

収納術の一つ目としては、デットスペースを利用しましょう。

デットスペースとは普段家の中で使いにくい、使えないスペースの事を指します。

例えば壁と家具の間、冷蔵庫と壁の間、台所下や洗面台下のスペース等々、ですね。

収納スペースが少ないと感じている方は、是非デットスペースを使用して収納場所を増やしてしまいましょう。

様々なデットスペースを収納スペースにするアイディアをいくつかご紹介していきます。

台所下、洗面所下のデットスペース

台所下や洗面所下の収納スペースに物を置きますよね。

しかし、物を置いたところで、物を置いた上のスペースって空いてしまいますよね。

そのスペースを有効活用しましょう。

使用するのは突っ張り棒です。

突っ張り棒を2本つけるだけ!その上にラップやジップロック等々おけますね。

また、洗面台の下に付ければ、掃除用のスプレータイプの洗剤を掛けて置いたり、詰め替え用のものを置いておいたりということができますね。

冷蔵庫との隙間

冷蔵庫とキッチンの隙間や冷蔵庫と壁の隙間など、冷蔵庫脇のデットスペースも有効活用することが出来ますよ。

すのこを活用して、冷蔵庫との隙間にあう棚を作ります。

棚の下にはキャスターを付けます。

調味料や買い置きのもの、よく使う小物などを置くことが出来ますね。

また、キャスターがついているので出し入れも簡単で掃除も簡単に出来ちゃいます。

すのことキャスターは100均でも販売されているので低コストでデットスペースを収納スペースとして活用出来てしまうのでおすすめです。

出窓を収納スペースに

キッチンの出窓をなかなか開けない、よく物を置いてしまうという方におすすめの収納術です。

DYIショップなどに売っているフリーラックポールを取り付けます。

幅に合わせた棚板を乗せ、その上にお菓子を調理するときの道具や大きめの鍋などを収納することが出来ますよ。

但し出窓は日光の光が入ってくる場所となるので、あまりぎゅうぎゅう詰めに置いてしまうと暗くなってしまうので、隙間を開けるように適度に収納することをおすすめします。

しかし、物を置いている出窓を来客者が来た時に見られるのはちょっと・・・という場合は、ウッドブラインドを設置すると良いです。

ウッドブラインドを閉めれば収納物は見えなくなりますし、開ければ収納出来ちゃいますね。

玄関の靴箱の収納

玄関の靴箱に入りきらない靴が玄関に散乱してしまっているという方におすすめの収納方法です。

使用するのはタオルかけとCDラックです。

靴箱の扉の裏にタオルかけやCDラックを付けてしまいましょう。

するとタオルかけの方にはスリッパを収納することが出来ますし、CDラックの方にはサンダルなどの高さのない靴を収納することが出来ちゃいます。

更に靴箱の下のスペースって空いてしまっていませんか?そこもデットスペースです。

靴箱の下に更に靴箱を作ってしまいましょう。

靴箱を掃除するのはとても大変で、土や泥で汚れてしまった靴を一時的であっても靴箱に入れたくないですよね。

そこで一時的に泥などで汚れてしまったときでも収納しておける靴箱となります。

ホームセンターなどで板を二枚カットしてもらい購入したら、T字型にくっつけます。

その下にはキャスターを付け、デットスペースに新たな靴箱の完成です。

キャスターがついているので掃除もしやすく、靴もより仕舞えるのでよいですよね。

全ての材料を購入しても1500円くらいで作れてしまいますよ。

傘縦いらずの傘収納方法

傘縦って玄関にあると余計なスペースを使ってしまいますよね。

そこで、玄関の壁を使って傘を収納し、玄関のフリースペースを広くしてしまいましょう。

家の中で一番人の目につき、すっきりさせておきたいところなので、出来るだけ綺麗に、シンプルに収納したいですよね。

使用するものはワイヤーラックとワイヤーラック専用のかける部分です。

どちらも100均で販売されています。

ワイヤーラックをかける部分を2つ壁に取り付け、ワイヤーラックを壁に掛けます。

そこに傘の持ち手の部分をかけるのです。

家族がたくさんいる場合はみんなの傘を掛けて収納できますし、傘があまりないという場合は、傘だけではなく、鍵などもかけておくことが出来ますね。

洗面所の吊戸棚

洗面所の吊戸棚は中に棚板は無く、1ボックスであることがほとんどです。

しかし、洗面用具やお風呂用品、洗剤類などを収納するにはもってこいの場所です。

そこで上手く収納し、より多く綺麗に収納できるようにしましょう。

普通に収納するよりも、収納術で約2倍もの収納が可能となりますよ。

使用するものは100均の取っ手付きのカゴと手作り棚です。

棚はホームセンターで吊戸棚にあうサイズの板を購入しDYIしちゃいましょう。

棚のものを置く場所となる板と、足になる部分を購入します。

足になる部分の板のサイズは、棚の上に100均のボックスが入るくらい上部に空きを作れる高さの棚になるようにします。

購入した板は強力両面テープで張り付けることが可能です。

棚を設置したら、後はボックスに洗濯用洗剤・シャンプー類、コットンやコンタクトや化粧品のストックなどと分けて入れて置くだけです。

ここでポイントはボックスの見える部分にテプラなどを活用し、何が入っているのか一目瞭然の状態にしておくと使用するときにとても便利ですよ。

また、棚の横幅を小さめに作り、端にスペースをあえて作って置き、そこにはファイル立てを置いておくのもおすすめです。

すると洗濯に使用する折り畳み式カゴやネットなどを立てて収納しておくことが出来て便利です。

棚の下のスペースには一回り小さいサイズのカゴを置きます。

取っ手がついていないタイプとなりますね。

底には小さい石鹸類や髪留め類、歯ブラシなどの替えなどを入れて置く場所にすると良いでしょう。

こうすることで収納できるものも格段に増えますし、見た目もすっきりとしますね。

またしまう場所が自分でしっかりとわかるようになるので、随時片付けができ、散らかる心配が無くなります。

生活しやすい環境になるとも言えますね。

長いものは吊り下げる

長いものを畳んだり横にしておいてしまうと、スペースを使ってしまいます。

しかし、デットスペースを活用して、吊り下げればスペースを使用せずに収納することが出来ます。

長いものは吊り下げて収納しましょう。

衣類は立てて収納する

衣類は立てて収納する。

これは衣類収納の鉄則です。

立てて収納することで、タンスの中がぐちゃぐちゃにならずにしっかりと収納できますよ。

更に衣類を立てて収納することで得られるメリットがあります。

1.取り出しやすい

立てて収納することで、サッとワンアクションで衣類を取り出せます。

取りたい服も上から見れば一目瞭然ですし、上の服をどけて下の服を探して取るといった必要もないので、着ない服がグチャグチャになることもありません。

2.持っているものが分る

衣服を立てて収納することで、どんな服を持っているのかがすぐにわかります。

自分が持っている服が見てわかるので、同じような服を何枚も買ってしまうというミスもなくなります。

また着られなくなり、要らなくなった服もすぐにわかり処分できるので、タンスの肥やしが増えるということも無くなりますね。

畳み方も揃えると綺麗さアップ

更に畳み方を揃えると綺麗さもアップしますね。

畳み方を揃え、立てて収納しやすい服の畳み方をご説明します。

・服を広げます。

・服の見ごろの3分の1程度のところでおります。

・袖を下に折り返します。

・反対側も同じようにします。

・収納スペースの高さに合わせて4つ折りか3つ折りにすれば完成です。

綺麗にこの畳たが出来ると服が自立してくれますよ。

ストールなどもクルクルと巻いて立てて収納しても良いです。

畳んで収納するよりも立てて収納することで、こちらも見やすくなりますね。

畳むのが面倒

畳むのが面倒、苦手という方は、ぐちゃぐちゃになるのが目に見えているので、畳んで収納するという方法を諦め、ハンガーにつるして収納しましょう。

服にもシワが付きにくく、コーディネートをするときも見やすいのでおすすめです。

ハンガーに吊り下げて収納する場合は、長いものから短いものと階段式に順々に並べていくとクローゼットがより綺麗に見えるのでおすすめですよ。

ベルト類も畳んだり丸めたりするのは面倒ですよね。

そのためベルトも架けて収納しておくと良いですよ。

引出しは仕切って取り出し易くする

引き出しに服を仕舞うときは、仕切って取り出し易くすると良いですよ。

仕切りがないと服や靴下、ズボンなどがぐちゃぐちゃになってしまいますよね。

また、仕切ることで着替える時、服を選ぶ時にかなり楽になります。

また仕切りを作ることで、洋服を立てて収納しても、倒れないようになるのでグチャッとなってしまう心配がありません。

仕切り方は簡単でアクリル板で仕切れば完成です。

また靴下などはネクタイ用の収納ボックスのようなものが100均で販売されているので、活用すると靴下がバラバラにならずに収納できます。

アクリル板以外でも仕切りを作ることはでき、突っ張り棒でも仕切りを作ることがで出来ます。

A4ファイルボックスを収納の仕切りに活用するのも良いですね。

収納グッズは色・素材を揃える

収納グッズ、ボックスなどを使用するときは、色や素材は統一させることをおすすめします。

収納グッズを揃えるだけで、かなり見た目が美しくなりますよ。

色や素材だけではなく、収納ボックスなどの高さまでも揃えるとより美しく見えます。

何をどこに収納しているのかということは、テプラなどで項目名を付けておくと良いでしょう。