普段何気なく生活している中で何だか今日は気分が落ち着かないな・・・と感じる事はありませんか。

自分で何とか気分を落ち着かせようと思っても、焦って余計に落ち着かなくなったりしてしまう事もありますよね。

また、家族・友人・恋人等の人間関係でもストレスを感じて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな心のざわつきの対処法についてまとめてみました。

こんな心のざわつきありますよね!

心のざわつきと言ってもその時の状況によって様々です。

よくある心のざわつきの一例をご紹介します。

突然のソワソワ焦燥感

普段は余り気にしていないはずなのに、突然自分と周囲の人間を見比べてしまい、気分がソワソワしてしまうような事はありませんか。

学校や職場等で自分だけ取り残されてしまうような焦燥感は季節の変わり目に起こりやすく、特に環境が変わる季節である春は一番起こりやすいと言われています。

彼のSNSを見てモヤモヤ

見てはいけないと思っていてもついつい気になる彼のSNS。

コッソリ見てみたら自分が知らない異性とやり取りしている形跡があったりして、気分がモヤモヤしてしまう事はありませんか。

浮気をしているんじゃないか・・・と考え込んでしまってずっと気分が落ち着かないですよね。

大事な場面の前のドキドキ

学校での発表会や、職場での大事な会議のプレゼン等の大事な場面の前では緊張でドキドキしてしまう事もありますよね。

落ち着こうと考えれば考えるほど余計に緊張してしまって、中には手足の震えや、汗が止まらない等のトラブルもあります。

ちょっとしたことでイライラ

家族や友人等と何気ない会話の中で言われた一言でイライラしてしまうような事はありませんか。

後でよくよく考えたら大した事では無いのに、何故かちょっとした事でイライラしてしまう事もよくある心のざわつきの一つではないでしょうか。

悩みごとで頭がグルグル

一度悩み始めたら一日中同じ事を考えてしまって頭から離れない・・・といった事はありませんか。

不安で夜も眠れない位に心がざわついてしまうというのも辛いですよね。

落ち着くためにやるべき28個のこと

それでは心がざわついてしまった時にはどうしたら良いのでしょうか。

ある程度は普段から意識する事で心を落ち着かせる事ができると言われています。

ここからは心が落ち着くためにやるべき事をご紹介します。

まず手始めに…!

1.深呼吸

誰でも簡単に出来るのが深呼吸です。

ドキドキしてしまう時に、無意識に手を胸に当てている事はありませんか。

そんな時はそのままの状態で良いので、鼻からなるべくたくさん息を吸い、3秒程息を止めましょう。

その後は、口からゆっくり細く息を吐きましょう。

何度か繰り返している内に緊張がほぐれていくのが分かるはずです。

腹式呼吸とも言われ、胸式呼吸よりも体内に多くの空気を取り入れる事が出来ると言われています。

また、深呼吸には心を落ち着かせる効果以外にも冷え性や便秘の改善、呼吸を意識する事で集中力もアップする等の効果があります。

安眠効果もあるので、不眠症の人は寝る前に布団やベッドの中で深呼吸をしてみるのもおすすめです。

お金も時間もかからずこれだけの効果が得られるので、普段からちょっとした時間の合間に深呼吸を取り入れてみてはいかがでしょうか。

2.瞑想

瞑想する事で心や身体がリラックス出来ると聞いた事はありませんか。

実際に瞑想を実践している著名人も多数存在しており、最近では瞑想がブームにもなりましたね。

瞑想には雑念を取り払い、集中力を高める効果もあるそうです。

また、瞑想中に深呼吸をするという事でさらに心は落ち着くとも言われています。

瞑想の簡単なやり方の一つとして、まずは座りやすい椅子を用意します。

瞑想する場所はなるべく静かなところを選びましょう。

足は組まずに手は太ももの上に置きます。

目を閉じてゆっくり深呼吸を繰り返します。

呼吸は鼻から吸って鼻から出す鼻呼吸です。

もし、瞑想に集中できなくてもまた深呼吸に意識を戻せば大丈夫です。

最初は少しの時間でも、慣れてくれば徐々に長い間の瞑想も可能になります。

現代では常に色々なメディアが目に飛び込んでくる時代になりました。

その為、現代人の目は休まる事がありません。

例えば、通勤電車の中では多くの乗客がスマートフォンをじーっと眺めていますよね。

でもよく周りを見てみると、中には居眠りをしていたり考え箏をしている乗客も居るかと思います。

もしかしたらこの人達は瞑想しているのかも知れません。

忙しい毎日だからこそ、一日1分でも目を閉じて無心となる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

3.心の中でおまじないを唱える

緊張がほぐれるよう人前で話をする前に、手の平に「人」と書いて飲み込むというおまじないは聞いた事がありますよね。

そんなおまじないですが、心がざわついた時にも効果があると言われています。

世の中には様々なシチュエーションに合わせたおまじないが存在しますが、オリジナルのおまじないを作っても良いです。

但し、始める前から「本当に効果なんてあるのか?」と疑っていたら効果はありません。

おまじないとは自己暗示です。

その為、ネガティブな言葉では無く例えば「明日はきっとうまくやれる」や「みんなも喜んでくれる」といったポジティブになれる言葉を選ぶようにしましょう。

落ち込んだ時はこのおまじない!と自分なりに幾つか決めておくと良いかも知れませんね。

4.客観的に見た自分を想像する

事が起きてから何故あんな事をしてしまったのか・・・と後悔するような経験はありませんか。

心がざわついている時こそ自分を客観的に見れなくなってしまいますよね。

そうならないようにする為には、心が落ち着いている時に客観的に見た自分を想像しておくと良いでしょう。

これはメタ認知と言われています。

イライラしている時や、悩んでいる時の自分の姿を想像してみましょう。

メタ認知を習慣づけておく事で、実際に心がざわついた時に想像していた事を思い出して我に返る事ができるかも知れません。

5.鏡の中の自分を見る

自分自身の表情をチェックする事でどんな効果があるのでしょうか。

心がざわついている時に自分の顔を見る事は中々ありませんが、人と会話をしている時に相手の表情でどんな感情になっているのか想像できる事があるかと思います。

身近に鏡を置く事で今自分がどんな表情になっているのか客観的に見る事が可能になり、メタ認知の効果があると言われています。

もしその時に鏡の中の表情が強張っていたり、暗い表情だったら自分自身で励ましてあげましょう。

6.腕をつねる

少々強引ではありますが、例えば腕をつねるという方法があります。

何かがきっかけで心のざわつきを感じたら、すかさず自分の腕をつねるようにします。

当然痛みがありますが、その痛みで我に返ってネガティブな心になるのを未然に防ぐ事ができます。

落ち着かない時は考える前にこの辺をつねる!と予め決めておくと良いでしょう。

習慣づける為には日頃から意識していく必要がありますが、メタ認知の一つして効果があると言われています。

7.身の回りを整理整頓する

自分の部屋や普段仕事で使っているデスクが散らかっているなんて事はありませんか。

心が落ち着かない時はつい面倒になりがちですが、そんな時こそ自分の身の回りの整理整頓をしてみましょう。

最初は面倒だと思っても掃除や片付けをしている内に、他の事を忘れる事ができます。

綺麗に整理整頓が出来ればストレス解消にもなりますし、気持ちもリフレッシュできます。

お金もかかりませんし、心が落ち着かない時の習慣となれば尚良いですね。

8.身だしなみを整える

心が落ち着かない時に外見の事等気にかけていられそうもないですが、身だしなみを整える事でも心を落ち着かせる効果があります。

昔から服装の乱れは心の乱れとも言いますよね。

心が落ち着かない時、自分の身だしなみを頭から足元までチェックしてみましょう。

自分でチェックしている内に心も落ち着いてきますし、清潔な服装で身だしなみを心がけておけば周囲の人からも信頼されて自信がつく事にも繋がります。

もう少し落ち着くなら!

9.ヒーリングミュージックを聴く

現在ではCDショップやインターネット等でもヒーリングミュージックが販売されていますよね。

音楽療法でも使用されているように、ヒーリングミュージックには心と身体を癒す効果があると言われています。

中でもジャズやクラシック等が効果が高いと言われています。

また、ヒーリングミュージックには安眠効果もあると言われていますので就寝前に試してみてはいかがでしょうか。

10.好きなアーティストの曲を聴く

自分のお気に入りのアーティストの音楽は何度も繰り返して聴きたくなってしまいますよね。

ヒーリングミュージック以外にも自分の好きなアーティストの音楽を聴くという事も心を落ち着かせる効果があります。

また、その時の自分の感情に合わせてテンポの早い音楽や、スローバラード等の音楽を選ぶとさらに効果があると言われています。

聴くだけなく、好きなアーティストの音楽を演奏する事でも効果がありますので、楽器を弾ける人は試してみてはいかがでしょうか。

11.お風呂で温まる

お風呂で温まるというだけでも何だか身も心もリラックスできて気持ちが良いですよね。

なぜお風呂で温まるとリラックスできるのか、それは脳内のアルファ波が出るからと言われています。

それもあまり熱すぎず、少しぬるい位のお湯の方が効果あります。

アルファ波には身体をリラックスさせ、ストレス解消や記憶力や集中力を高める効果があります。

もしも心が落ち着かない時は、億劫でもお風呂で温まるようにしましょう。

但し、いくら気持ちが良いとからと言っても入浴中に寝てしまうと大変危険ですので注意しましょう。

12.座禅をする

座禅には自分の内側と向き合い、心を落ち着かせ、集中力を高める等の効果があると言われています。

座禅と聞くと何だか厳しい修行のようなイメージがありますが、現在では自宅やオフィスでも簡単に座禅ができる方法があります。

心がざわついてしまった時に座禅をして気分をリフレッシュできるように日頃から習慣づけておくと良いかも知れません。

座禅の知識や作法も知らない・・・という人も座禅体験をやっているお寺が多数ありますので興味のある人は是非チェックしてみて下さいね。

13.とりあえず体を動かす

イライラしている時に体を動かしてストレス発散しているという人もいるのではないでしょうか。

イライラしている時の人間の脳内にはアドレナリンが多く分泌されていると言われています。

いわば覚醒状態になっているので、心が落ち着いている状態とは呼べませんよね。

ですが有酸素運動をする事により、セロトニンという成分が脳内に多く分泌されるようになります。

セロトニンには心を落ち着かせる効果があり、睡眠のリズムにも深く関係していると言われています。

また、無意識に貧乏揺すりをしている人も、本能ではセロトニンを出そうとしているからと言われています。

心を落ち着かせたい時は、セロトニンを沢山分泌できるようにとりあえず体を動かしてみるのも良いかも知れませんよ。

心のリフレッシュだけでなく、美容や健康にも良いので一石二鳥です。