結婚は人生の墓場などと言い方をする場合もあります。

それだけ、大変な事が多いと言う事を揶揄して出された言葉なのでしょう。

この言葉は、大概男性側の意見として使われる場合が殆どです。

確かに、男性は自由に使えるお金が減ってしまったり家庭を守るという重圧がのしかかり、大変な思いをする事もあるでしょう。

ですが、結婚が辛いのは男性だけではありません。

女性だって同じだけ辛いのです。

女性の場合は、男性以上に生活が変化する場合が多いと言われて居ます。

男女平等の社会になったとはいえ、家事や育児は女性が率先して行う事が今だ主流であり当たり前のように考えられて居る場合も多々あります。

例え、働いて居なかったとしても毎日続く育児や家事を一人でこなす事は必要以上に大変な作業です。

子育てをしていない人から見れば、子供と一日家に居るだけで生活する事ができるなんてなんて幸せなんだろうと思うかもしれません。

しかし、実際は子育て程大変な仕事はありません。

24時間365日休みなく働く必要があるのにも関わらず給料は0です。

赤ちゃんの頃には、昼夜関係なく泣く事も珍しい事ではなく母はそれに常に向き合わなければならないのです。

そんな時に、理解の無い行動を取られれば旦那に対して不信感を持ったとしてもおかしくはありません。

夫婦と言えども所詮は他人です。

その他人同士が上手く行く為にハお互いの歩み寄りがあるかどうかが、夫婦を長持ちさせるポイントです。

それがなければ二人の関係は決して良いものにする事は出来ません。

最近のインターネットでは、旦那と検索すると『死ね』と出てくる程過激な気持ちを持った旦那が嫌いな主婦が増加しています。

旦那さんである男性の方々も、自分は大丈夫と思って居たとしても実際には奥様から疎まれているなんてことも十分にあり得ます。

自分の行動を冷静に見返し、後悔の無い結婚生活を目指してください。

旦那が嫌い!

現状、既婚者の女性に対して『旦那さんの事が好きか?』という質問をした場合、どれほどの人が好きだと答えるでしょうか。

勿論、好きだと即答できる人だって居るでしょう。

ですが『嫌い』と即答する事ができる人だって大勢居るはずです。

夫婦と言えども所詮は他人です。

例え、何十年一緒に住もうと子供を儲けようともその事実は変わる事はありません。

どこかの歌にあるように、育った環境が違えば考え方も違います。

恋をしている時はなんでも許せた事も、日が経つにつれて冷静になり許す事が出来ない場合もあるでしょう。

その結果、旦那の事が嫌いと言えるような夫婦関係になってしまうのです。

ですが、誰しもが嫌いになる為に結婚したわけではありません。

最初はどんな人でも、好きで結婚下のです。

まさか嫌いになる日が来るなんて夢にも思って居なかったかもしれません。

ですが、まさかが起こるのが人生です。

今新婚で、ラブラブな生活を送っている方もこれらかの結婚に夢を抱いている方も、明日はわが身です。

気が付いたら大嫌いな旦那と生活する日々が待っているかもしれません。

浮かれていては見えない部分もあります。

冷静に判断する事を忘れずに居てください。

なぜ旦那が嫌いなの?


それでは、まず人はどうして旦那の事が嫌いになるでしょう。

理由は人によって様々です。

一つ言える事は、理由は一つでは無いと言う事です。

何かのきっかけがあり、その結果旦那の全てが嫌になって行くのです。

その理由は、大きな場合もあるでしょう。

浮気や借金など、信用を裏切る行為があったのかもしれません。

そんな場合では、嫌いになったとしても不思議ではありません。

ですが、そんな大きな理由がなくとも、旦那の事を嫌いになる事はあります。

結婚は、生活です。

その生活の中で、何かちょっとした行き違いがあったとします。

最初は許す事が出来た事も、日が経つに連れて段々気になるようになって行く事もあります。

10年も経てば嫌気がさし、嫌いだと感じるようになるのです。

だからこそ、嫌いな理由はなかなか一言で言う事が出来ない場合も多々あります。

結果的に、全てが嫌いになてしまう事も珍しくはありません。

今からご紹介する理由も、大きな原因のうちの一つにしか過ぎないのです。

一つひとつは大した事が無い事も、それが継続して怒ったり何度も繰り返される内に心はすっかり離れてしまう事でしょう。

あなたが当てはまる物はありませんか?少しでも当てはまったら、既に奥さんから嫌われている可能性大です。

態度がでかい

昔の旦那さんと言えば、亭主関白が当たり前でした。

イメージで言うのであれば、サザエさんの波平さんのようなタイプの男性です。

一家の家長として家族をしっかりとまとめて居るのでしょう。

だからこそ、奥さんには自分を支える為に一歩下がった存在で居て欲しいと願っている場合もあります。

ですが、今の時代はそんな時代ではありません。

男性の打ちロに下がって支える女性など、なかなか出会う事が出来ないでしょう。

今の時代、基本的に男女平等の社会です。

『男性だから』『女性だから』という考え方はっせず、それぞれがそれぞれできる事をしお互いに支え合っていくのが基本です。

それを出来ずに、奥さんに多くを求める男性は嫌われる事間違い無しです。

こういう男性の場合、実家の義理のご両親もこの様に『昭和の家庭』のタイプの場合が多々あります。

その姿を見て育ってきているからこそ、旦那さんもまたそれを理想としてしまうのです。

もしかしたら、それができる女性に出会う事ができるかもしれません。

男性を支える事で幸せを感じる事ができる人だって居るでしょう。

ですが、それはあくまでも貴重な存在です。

その為、全ての女性にそれを求めては行けません。

自ら嫌われに行っているような物です。

価値観が違う


いくら夫婦と言えども、所詮は他人です。

人間の基本は、子供の頃に作られます。

その為、そこから何年一緒に居ようとも、根本的な違いは変える事が出来ない場合もあるでしょう。

その為、お互いの価値観が合わずそれがストレスになってしまう事もあるのです。

恋をしている時は、多少の我慢も苦になりません。

大好きな人の為なら頑張る事ができるのです。

ですが、恋はいつか冷めます。

例え、熱が冷める事がなかったとしてもいつまでも相手の良い部分しか見ないラブラブな恋愛の時期は終わり、家族愛としての落ち着いた感情に変わって来るはずです。

この時、相手との価値観の違いに気が付く事でしょう。

価値感の違いはあって当然です。

全く同じ考え方をする人間など、この世には存在しません。

例え双子であろうとも、それぞれ違った感情を持ち考え方があるのです。

その為価値観が違う事だけで嫌いになる訳ではありません。

問題なのは、その価値観をどれだけお互いに譲る事ができるのかという部分なのです。

自分の価値観を理解して欲しいのであれば、相手の価値観を理解する事も大切なポイントです。

相手にばかり求めて居ては行けません。

自分も多少の努力が必要でしょう。

その努力をする気持ちが無い次点で、既に関係は冷めきってしまって居るのです。

また、努力をした所で埋める事が出来ない溝もあり得ます。

互いに譲る事が出来ない場合には、嫌いとなる大きな原因となる場合があります。

どんな問題はそれに当てはまるかは人それぞれです。

相手が何か話をしてきたときは、きちんとその話に耳を傾けましょう。

それをするだけでも、相手の真意をきっちりと受け止める事ができるようになるはずです。

旦那がケチ

『金の切れ目が縁の切れ目』などと言う言い方をすることもあります。

それだけお金は人間関係の中でとても重要な役割を果たして居るのです。

それは、夫婦関係にとっても同じ事です。

ケチな人はこの世の中に沢山います。

ケチとは、収入に関わりません。

例えお金が有り余って居る人でもケチな人はケチなのです。

ケチと倹約家は違います。

何でもかんでもお金をかければ良いと言うものでは無く、必要な事にどれだけお金をかける事が出来るかが大切なポイントなのです。

お金をかける場所は人それぞれです。

子供にかける人もいれば、自分の趣味に使う人も居るでしょう。

食事やインテリアなどにかける人もいるかもしれません。

何にお金をかけるかは、それぞれの価値観です。

その価値観が合うかどうかが問題なのです。

例え他の人から理解されなかったとしても、お互いに納得して不満が無いのであれば問題ありません。

反対に、自分が価値を感じている物に対して、相手が価値観を感じてくれずお金を出してくれなければ不満を感じる事もあるでしょう。

特に、女性の場合は金銭的に不利な場合もあります。

共働きが増えて来たとはいえ、まだまだ男性の方が多くのお金を稼ぐご家庭は珍しい事ではありません。

そんな状態の場合、旦那さんがお金を出すことを渋れば奥さんは嫌な気持ちになります。

『ケチ』はそうそう治るものではありません。

お金の不満は、相手に対して大きなストレスの原因となる事でしょう。

だらしない

結婚は生活です。

いつもいつもラブラブで、相手が居てくれるだけで幸せなどど言う感情は早々に無くなって行くことです。

残るのは、日々の生活なのです。

だからこそ、その中での細かな不満が嫌いとなる原因となる場合もあるでしょう。

1つ1つの原因は大した事が無いのも多々あります。

ですが、何事も積み重ねていく事によってどんどんと不満が大きくなっていきます。

主婦の仕事は日々変わりません。

毎日同じことの繰り返しなのです。

仕事のように誰かに評価される訳ではありません。

賃金が貰えるわけでもありません。

誰にも感謝されず『やって当たり前』の中で、日々自分のモチベーションを保って行かねばならないのです。

そんな中で、だらしない行動を取る旦那が居たらどうでしょうか?片付けても片付けても減らない衣類。

食べたものは食べっぱなし。

使ったものは使いっぱなし。

主婦として、それらをする事は当然と言われればそれまでです。

専業主婦の場合には、反論する事も出来ない部分もあるでしょう。

ですが、理解が出来ることと納得できる事は違います。

『それがあなたの仕事』と言われればそれまでですが、不満は確実にたまります。

相手に発散する事が出来無いからこそ、その気持ちは更に大きくなる事でしょう。

だからこそ、結果的に旦那の事が嫌いと言う事になってしまうのです。

旦那さんからすれば『その程度の事で』と思う事もあるでしょう。

ですが、その程度の事が、夫婦感を壊す大きな原因となり得るのです。

協力してくれない

夫婦は常に対等であるべきです。

どちらかが上などど言う関係は、正常な関係性とはいえ無いのです。

だからこそ、お互いの出来ることは常に協力し合うべきでしょう。

例え奥さんが、専業主婦だったとしても家事を手伝う事はなんらおかしな事ではありません。

共働きであるなら、それはなおのことです。

ですが、やってくれて当たり前の事をやってくれ無いと不満は大きくなります。

『疲れている』『お前の仕事』などど言う事を言われれば、不満は更に大きくなる事でしょう。

本来、家事や育児などはお互いに協力して行う事が当たり前です。

その事を理解する事が出来無い人は、嫌われても仕方がないでしょう。

浮気された

結婚すると言う事は、その相手と一緒一緒にいると言う約束です。

ですが、最近では離婚率が上がっている事もあり結婚に対しての認識が下がって来ている現状があります。

そのせいか、既婚者ながらも浮気をする人も年々多くなっています。

最近では、芸能人の浮気なども良く話題にのぼります。

どんどん新たな話題が出て来ており、1人が見つかっても自分の行動を全く反省せず浮気を繰り返しているのです。

浮気をする人は、遊び感覚で軽い気持ちでするのかもしれません。

ですが、された方はどう思うでしょうか。

人間不振になってしまう事だったあるかもしれません。

浮気がバレ、反省したとしても一度裏切られた気持ちは消える事はありません。

相手に対して大きな不信感を抱くこととなるでしょう。

結果として、相手の事が嫌いになったとしても、それは仕方がありません。

正に自業自得です。

【旦那の浮気を見破るには、こちらの記事もチェック!】

旦那が嫌いになったのはいつから?

現在、旦那の事が嫌いと言う方も結婚する前から嫌いだった訳ではありません。

嫌いだったのであれば、そもそも結婚などしないからです。

それでは、人はいつから旦那を嫌いになるのでしょう。

タイミングは人それぞれです。

だんだんと心が冷めていくのです。

自分が変わった場合もあれば、相手が変わった場合もあります。

もしかしたら、お互いに変わったのかもしれません。

人は変化する生き物です。

変わらずにずっと居るなど不可能なのです。

その中で、どれだけいい形で変わる事が出来るのかが、結婚生活を長続きさせる為のポイントなのでしょう。

結婚して3年頃からという意見

昔から、結婚が冷めるのは3年目からと言われて居ます。

そんな唄も作られた事があるほど。

結婚当初は、多少の嫌な部分も愛がカバーしてくれる事もあるでしょう。

ですが、愛はいつか変わるもの。

昔は許せた事が段々と許せなくなる事もあります。

それが積み重なっていき、限界を迎えるのが3年目なのでしょう。

妊娠中や産後という意見

女性が最も旦那を嫌いになるタイミングは妊娠中や産後だと言われて居ます。

それは、まずホルモンのバランスが大きく関係しています。

普段は許せる事も、ホルモンによってイライラしやすくなって居るせいで許す事が出来無い場合もあるでしょう。

また、子供ができることによって守るものが増えます。

そのせいで、母性本能が強くなり、旦那を敵だと感じる事もあります。

手助けをしてくれる旦那は味方になりますが、世話ばかり増やすのは敵でしか無いよです。

物理的に世話をしなければならない子供が居る場合、それと同等かそれ以上に手のかかる旦那は疎ましく嫌いだと感じたとしても仕方がないのです。

旦那は嫌いだけど離婚ができない理由とは?

他人が見れば、嫌いなら別れれば良いと思うでしょう。

ですが、結婚と恋愛は違うものです。

嫌いだから別れると言う端的な解決方法では対処しきれない問題もあります。

結婚には責任があり、互いの家族もかんけいしています。

子供が居るならば、その子供の事も考えなければなりません。

だからこそ、相手の事は嫌いだけれど別れる事ができないと言う人も大勢居ます。

旦那とやり直せるならと思っている

例え今嫌いだとしても、昔は好きだった相手です。

一生一緒に居たいと思うほどだった相手です。

だからこそ、その気持ちが忘れられずもしかしたらまた昔のようになる事が出来るのかもしれないと考えており、離婚に踏み切れない場合もあるでしょう。

人の気持ちは変わるものです。

悪い風に変わる場合もありますが、勿論良いように変わる場合もあるのです。

だからこそ、別れるという最終決断が出来ないのかもしれません。

離婚がするのがめんどう

結婚を経験した事がある方は、結婚までのプロセスが意外と面倒である事を知って居るでしょう。

単に紙を提出すれば、結婚をする事は出来ます。

ですが、それだけでは済まない様々な問題が出て来るのです。

その為、嬉しい気持ちはあるものの面倒だと感じる事がある場合もあるでしょう。

ですが、離婚はそれ以上に労力を使います。

楽しい気持ちで過ごす結婚とは違い希望して離婚したとしても、やはり多少の心労はあるものです。

だからこそ、より大変だと感じるのです。

それを分かって居る人は、ついつい離婚する事が面倒だと感じてしまうのです。

どうしても離婚しなければならない大きな理由がある場合は別です。

ですが、今のままでも、そこまで大きな問題がない場合、なかなかその踏ん切りがつかず、ズルズルとしてしまう事もあります。

子供がいる場合

離婚を、しない一番大きな理由はやはり子供の存在でしょう。

子供がいると、自分の気持ちだけ決める事は出来ません。

離婚は、少なからず子供の人生にも影響を与えます。

その為自分の人生ではなく子供の人生の事を思い、離婚という決断をする事が出来ない人も居るのです。

親というものは、基本的に子供の幸せを願って居ます。

例え自分が旦那の事を嫌いだったとしても、親子関係が良好なのであればあえて離婚する必要はないと考える事もあるでしょう。

子供にとって離婚はしない方が良いと思ってしまう

日本は、まだまだシングルマザーにとって厳しい社会です。

世間の目も冷たい事もあり、どうしても離婚しなければならない程の大きな原因がない場合ついつい離婚をする事を躊躇してしまう事もあるでしょう。

離婚をする事によって、経済的に不利な立場になる場合も考えられます。

そうなれば、子供に今までのような生活をさせてあげる事が出来ないかもしれません。

人によっては進学を再検討しなければならなくなってしまうような現状だってあるかもしれないのです。

そんな状況になるくらいなら、離婚をせずに今の状態のまま一緒に過ごした方が子供にとってより良い環境を維持する事ができるのではないかと考えるのです。

自分の幸せよりも子供の幸せを願うのが親という物なのかもしれません。

親権をとれない

日本の法律では、両親が離婚した場合『親権』というものを持っている方が子供の責任を持つ事となります。

ですが、その親権は必ずしも母親が持つ事ができる物ではありません。

場合によっては、父親になってしまう事もあるのです。

親権は、収入などによっても変化する場合があります。

その為、自分に仕事がない場合親権を取る事が出来ない可能性も出てくるのです。

そうなってしまうと、離婚した場合子供と一緒に生活する事が出来なくなってしまう可能性も出てくるのです。

大事な子供と離れたいと思う人は、そう多く居る物ではありません。

だからこそ、離婚をせずに今の生活に我慢をしているのでしょう。

生活に甘えている

専業主婦として働く人の場合、経済的な部分は全て旦那の収入に頼って居ます。

だからこそ、いざ離婚をしたいと思っても出来ない場合があるのです。

生活して行く為にはお金が要ります。

子供を育てるのだって同じ事です。

『離婚してバリバリ仕事をしよう!!』と意気込んだ所で、実際に働く場所を見つける事ができるかどうかは分りません。

若いうちは、やる気さえあればどんな仕事にも挑戦する事が出来たでしょう。

ですが、年齢を重ねれば重ねるほど、それが難しくなってしまう場合もあります。

自分の好きな仕事を選ぶ事が出来ず限られた選択肢しか見つける事が出来ない場合もあるでしょう。

そうなれば、収入も不安定となり、なかなか生活をする事が難しいと感じるようになってしまう事もあります。

そうなってしまわない為にも、離婚を考えるのであれば早いうちから準備を進める事が肝心です。

ですが、人間頭では分って居てもそう簡単に動く事が出来ない場合もあるでしょう。

ついついダラダラしてしまい、結果的に行動に移す事が出来ない人も多く居ます。

体裁を気にする

日本は、まだまだ『離婚』というものに対してマイナスなイメージをもっています昔よりは珍しい物では無くなってきたもののまだまだ良いい印象をもっていない事も少なくありません。

だからこそ、体裁を気にして離婚しない人も少なくありません。

例え仮面夫婦だとしても、お互いの中でそれに納得しているのであればわざわざ離婚をして面倒を起こす必要もないと考えるのでしょう。

離婚はしない方がいい?

『離婚』と聞くと、どうしてもマイナスなイメージをもってしまうものです。

だからこそ、旦那が嫌いな人も離婚に踏み切る事が出来ない場合も多いでしょう。

ですが、離婚は本当に良くない事なのでしょうか。

昔の日本は、結婚したら一生その人と添い遂げる事が当たり前でした。

それが、どんな人だったとしても我慢をしてきたのです。

例え、親が決めた結婚相手で他に好きな人が居たとしても。

しかし、今はもうそんな時代ではありません。

恋愛は自由となり、離婚をする事も珍しい事ではなくなりつつあります。

だからこそ、自分の人生は自分で決める事ができるのです。

人生には色々な事が起こる物です。

他人から見ればマイナスなポイントでも、あなたにとってはプラスになる場合もあります。

何が大切で、何が要らないかは他人が決める物ではありません。

自分が決める事なのです。

だからこそ、自分の人生を前向きにする為にも、離婚をしても良いのでは無いでしょうか。

中には離婚をしない方が良いという人も居るかもしれません。

ですが、それはあくまでもその人の意見です。

あなたが離婚する事によって幸せになる事ができると思うのであればそれで良いのです。

離婚をした方が幸せという意見が多い

実際、離婚をした人に聞いてみると多くの人が離婚した方が幸せだと答えるのです。

もしかしたら、結婚している時に比べれば生活は大変になったかもしれません。

人によっては専業主婦からアルバイトをかけもちするような生活に変わってしまった人も居る事でしょう。

ですが、それでも幸せだと感じる事ができるのです。

人は、お金があれば幸せを感じる事ができるというわけではありません。

確かにお金は必要です。

なければ生活する事が出来ないからです。

ですが、お金さえあれば良いというものでもないのです。

もし、自分で何とか生活をして行く事ができるのであればストレスの軽減した世界は幸せそのものでしょう。

子供の事に関しても『養育費』というものを貰うことだって可能です。

例え夫婦関係が破たんしているとしても、親子関係がきちんとしているのであれば子供の為のお金が互いに出し合うことができる可能性だってあるのです。

無理して毎日辛い思いを続ける位なら、自分らしく生きる事ができる時間を選んで見ても良いのでは無いでしょうか。

離婚をした人のうち離婚をした方が幸せという人は8割にも

統計学的に見ても、離婚をした人の実に8割の人が今の人生の方が幸せだと感じています。

人生は一度しかありません。

離婚する事に対して、色々心配な部分もあるでしょう。

もしかしたら、離婚を後悔する事だってあるかもしれないのです。

ですが、それでも毎日嫌いな旦那に対してイライラするくらいなら思い切って離婚する事も必要です。

離婚する事によって新しい人生が開ける事でしょう。

もう絶対誰も好きにならないと思って居たとしても、新たな素晴らしい出会いを見つける事だって可能かもしれません。

人生の可能性は無限にあるのです。

その可能性を自ら捨てずに前向きに取り組んでみてはいかがでしょうか。

離婚をするために準備することとは?

離婚をする為には、下準備が必要です。

感情的に離婚を決めれば後悔する事になります。

まずは冷静になり、離婚後の生活について考えましょう。

先立つものがない時には、長期間に渡ってへそくりなどをしてお金を貯める事も必要でしょう。

また、親権などの問題がある人はどうすれば親権を取る事ができるかをきちんと調べる事も必要です。

最近では、無料で相談に乗ってくれる場所もあるので、そういった所を利用して後悔のないように前向きに離婚の準備をすすめて行きましょう。

明日急に離婚を思い立ったとしても、実行するまでにはできるだけ長い時間をかけてきちんと考える事が必要です。

まとめ

世の中には、いくつになってもラブラブな夫婦は沢山居ます。

多くの人は、そんな彼らの姿を美しい遠い、それに憧れを抱き結婚するのでしょう。

自分もいつか彼らのような夫婦になりたいと思っているはずです。

ですが、人生はどうなるか分からない物です。

自分でも予想していなかった事が起こったとしても不思議ではありません。

もしかしたら、結婚相手の事を嫌いになってしまう事だってあり得るのです。

旦那の事が嫌いという人は、以外にも多く最近では『旦那デスノート』などというサイトが人気になった程です。

一体どんな理由で旦那の事が嫌いになってしまうのか。

それは人によって様々です。

浮気などの大きな原因がある場合もありますが、それ以外にも小さな出来事の積み重ねによって相手の事が嫌いになる事もあります。

一度離れた心は、そう簡単に修復できる物ではありません。

いくらかつて大好きだった相手でもいつの間にか大嫌いになる事だってあるのです。

そうなれば、離婚した方が良いと世間は思うかもしれません。

ですが、離婚はそう簡単にできる物ではありません。

特に子供が居る場合には、将来の事や金銭的な事を考えるとついつい尻込みをしてしまう事だってあるかもしれません。

ですが、将来を決めるのは結局自分自身です。

今の日本は、まだまだ離婚に対してマイナスなイメージを持っている事も少なくありません。

ですが、一度しかない自分の人生を我慢だけで終わらせるのは勿体無いとは思いませんか?

離婚によって幸せになった方も沢山居ます。

世間の意見を気にするのではなく、自分自身がどうしたいのかを考えてみてはいかがでしょうか。