新しい仕事を探すにあたって、皆さんは何を重要視して、星の数ほどある会社の中から「ココだ!」という、会社を見つけますか?

やりたい仕事だから?

給料が高いから?

会社の雰囲気が良さそう?

働きたい会社を選別する材料は、人それぞれです。

最重要項目に〝働きたい職種〟を置いていても、そこに給料や会社の雰囲気、社柄もある程度は自分自身に合っていないと、

その会社で長く働いていくことは難しいですよね。

就職、そして長く続けられる会社を選ぶことは、本当に難しいことなのです。

最近の大学生の就職活動状況は、昔とははるかに変わってきています。

就職氷河期と呼ばれた世代があったことを抜きにしても、

昔は、内定を何社からかもらってから、入社をする会社を決めていたものですが、

今の就職活動では、一社から内定をもらった時点で、その会社に入社することを決め、就職活動を終了する学生が多いと聞きます。

その背景には、昔に比べて、社会は圧倒的に情報化が進んだことがあります。

皆さんは働きたい会社や仕事を探す時、まず始めに何から行っていますか?

筆者は、インターネットで情報を集めるところから始めます。

就職活動中の学生たちも、大学で得られる会社情報だけを鵜呑みにはせず、独自に、インターネットで情報を集める世代なのです。

職種や業界、社名を入力して検索するだけで、その業界の雰囲気や、会社の評判も、簡単に調べることができます。

社会問題にもなった〝ブラック企業〟かどうかも、片手間に情報収集をすることが可能です。

就職、転職活動中の方のために、会社の評判や口コミを集めたポータルサイトもあるほどです。

昔は、実際に面接を受け、そこの会社で働く社員と話さないと、会社の雰囲気というものは掴めませんでした。

足で情報を稼ぐ時代が終わり、面接を受けるかどうかを、事前に情報収集をする時代になったので、就職活動生の内定は一つで終了なのです。

既に、選別に選別を重ね、面接を受けた会社からの内定なのですから、一つでも十分なのですね。

さて、これは、就職活動中の大学生だけに言えた話ではありません。

転職活動中の方や、新生活に向けてアルバイトやパートを探している方にも、当てはまる話です。

アルバイトやパートを探している場合でも、手当たり次第に問い合わせをしてみて、面接を受けてみるという方は少ないかと思います。

何故なら、面接って疲れるんですよね。

履歴書や職務経歴書を細々と制作するのは骨が折れますし、履歴書用の写真撮影だってタダではなく、いちいち身だしなみを整える手間もかかります。

そうなると、やはり、譲れない条件や希望を踏まえて、事前に面接をする会社やお店を選別し、手間を減らしたいと考えるのが人間です。

しかし、そうした情報収集の末、希望の条件を満たす会社が、何社もあるのでしょうか?

実際、すべての希望に見合った会社などはなく、何かを妥協せざるを得ない状況になるのが現実です。

ですが、それでも、運が良いことに、希望に見合う会社や近しい会社を見つけたら、

選別に選別を重ねて、やっと見つけた会社ですから、どうしても面接に受かり、入社をしたいですよね。

面接でポイントとなる「自分の長所」

会社の面接を受けた際、必ずといっていいほどに質問をされるのは「長所」であり、次いで「短所」です。

正社員の面接に限らず、アルバイトやパートの面接の場合でも、この「長所」「短所」を、質問される可能性は高いです。

それほど、面接においてはオーソドックスな質問であり、普遍的だから取り敢えず聞いてみる感もある質問です。

取り敢えず聞くだなんて、怠惰の一種なんじゃないの? とも思えなくもないですが、

今、初めて会った人がどのような人間であるのか、限られた時間で知るためには有効な質問なのです。

面接をする会社としては、これから一緒に働き、雇用して賃金を払う人間なのだから、短時間にでも、その人がどのような人間なのかを、見極めなくてはなりません。

私たちは事前に会社のことを調べて知っていても、会社側は私たちを調べることは出来ず、履歴書の一枚でしか知ってはいないのです。

そこで、この「長所」の質問が有効になってきます。

「あなたの長所はなんですか?」

と、問われて、パッと答えられる方は何人いらっしゃるでしょうか? 残念ながら、筆者は答えられませんでした。

もともと自己主張が乏しい我々は日本民族ですから、長所と聞かれても、きちんとした答えを用意していないと、大多数の日本人はろくに答えられはしないのです。

面接で大事なポイントとなる「長所」のアピール。

今一度、自分自身を見つめ直し、答えるべき内容を考えておきましょう。

しっかりとポイントをつかむことで、面接合格の門出をグッと引き寄せることができます。

面接官が好感を持つ7個の話からわかる長所

「あなたの長所は?」と聞かれたら、つまづくことなく、スラスラと話せるように、答えを用意しておきましょう。

備えあれば憂いなし。

準備が全てだ、という言葉もあるように、何事も想定をして、準備を行っていることは良いことです。

ですが、長所として答えることが、何でも良いというものではありません。

例えば、長所の一つに〝優しい〟というものがあります。

「あなたの長所は?」と問われて、「よく優しいと人に言われます」と、答えたとします。

優しいことは良いことで、プラスの要因に間違いがありませんが、なんだかぼんやりとした印象を受けてしまいませんか?

そっかあ、この人は優しいと言われてるんだあ……なんて、曖昧な印象を抱いて終わりです。

曖昧な印象のままで終わるだなんて、折角の〝優しい〟というプラスの要素なのに、もったいないとは思いませんか。

長所のアピールは、実際の出来事の経験などを混ぜ込んで、具体的に話すことが上手なアピール方法になります。

「よく人から優しいと言われます」これだけのアピールと、「◯◯をした時など、よく人から優しいと言われることがあります」と、

具体例を入れて話すのとでは、だいぶ印象が変わりますよね。

長所のアピールをする時は、このように具体的なエピソードを交えて、話をしていくのがいいでしょう。

また、長所としてコレをアピールした方が印象が良いだろうなあ……そう思う事柄がありますよね。

実際は、細かい作業などが苦手であるのに、丁寧でコツコツとした作業がいかにも得意なようにアピールする……。

など、面接合格に有効そうだからとアピールしたい気持ちは分かりますが、あまりにも事実と異なるものはいけません。

本当に合格した後に、仕事を続けていくのが苦しくなってしまうからです。

面接に合格することがゴールではなく、気持ち良く働いていけることが目的なのです。

いくつか長所としてアピールすると、面接官に好印象を与えるであろう例を上げていきますので、

自分自身の性格や経験に照らし合わせて、自分に合ったものをチョイスしてみてください。

1.過去の成功体験に基づいた長所の説明

過去に、何かをやり遂げたという話は、とても好印象なものになります。

あなたにも、何かしらの経験があるのではないでしょうか?

大きなものでも、小さなものでも良いのです。

勉強をして資格取得をした。

練習を積み重ねて、スポーツで優勝した。

血の滲む思いをして学び、高校や大学受験をして、第一志望校に合格をした。

学園祭や文化祭でも良いです。

仲間と力を合わせて、催し物を大盛況におさめた。

絵画や俳句、化学実験などの祭典で、見事な賞をとった。

など。

思い返してみると、様々な事柄が浮かんではきませんか?

大会での優勝や資格合格の話で努力家という長所がわかる

スポーツの大会での優勝や、試合での好成績といった輝かしい青春の舞台の裏側には、日々の練習の積み重ねがあり、あなたが努力をしてきたことを裏付けています。

その上、団体スポーツであればチームプレイが必要不可欠なので、あなたの協調性の良さも同時にアピールしてくれますよね。

個人競技では、一人で戦う精神力の強さを、示してくれる機会でもあります。

スポーツだけに限らず、何かの資格の合格や、学校受験でも同じです。

何故なら資格でも学校でも、合格をするためにはそれに見合う勉強が必要なので、

同じように、あなたの努力家の一面をアピールしてくれ、そして、その努力を積み重ねて継続していけるということを、示してくれるのです。

「あなたの長所は?」と聞かれたら、「◯◯の資格に合格するために、毎日◯時間を勉強に費やし、努力をしてやっと晴れて合格しました」というように、答えていくといいでしょう。

一度失敗したが諦めずにやって結果を残せた話で忍耐力がわかる

大会の優勝、資格の合格など、大舞台に乗った成績を残せなくても、何かをやり遂げた経験は糧になります。

優勝ではなく、準優勝でも、三位でも、それこそ最下位であってもいいのです。

確かに、成績の順位としたら大したことはないのですが、努力を重ねて精進したことには間違いはありません。

こういった経験のことは、結果に重点を置くのではなく、諦めずに努力を続けた経過のことを、具体的に話すようにしましょう。

結果に繋がるまでの経緯を話すことで、あなたが我慢強く、そして、辛抱強いことが表せられます。

研究や調査を主に行う職種の会社であれば、面接官に対して好印象なことが間違いなしです。

2.周囲の人に褒められた長所の話

自分自身で「自分の長所は◯◯です」と、主観でアピールするよりも、「◯◯だと人に褒められることが多くて」と、

他人からの意見を取り入れ、客観的な視点でアピールする方が、聞く側としては信憑性がありますよね。

自分のことは自分が一番によく分かるとは言いますが、自分の首元や背中などと鏡を通さないと見えない部分があるのと同じで、

他人を通さないと気付けない部分というものがあるものです。

他人からの指摘を受けて、初めて気付けたことはありませんか? 例えば、癖。

口癖や手癖などの癖は、自覚をして行っているものではなく、無自覚のうちに行ってしまう行動です。

他人に言われて、初めて自分の癖に気付く人は、とても多いものです。

家族や友人など、近しい距離と関係にいる方たちは、あなたが思っている以上に、あなたのことを見ていたりします。

癖と同じように、長所も性格の一端でありますから、無意識のうちに表れている可能性が大です。

他人から褒められることがあれば、「いやいやいや……」なんて否定をせずに、素直に受け止めて褒められたことを覚えておくようにしましょう。

自分自身では発見ができなかった、自分の良いところに気付けるキッカケなのです。

周囲の人も認める人格であることが分かる

「家族や友人からは、よく◯◯だと言われます」と、長所をアピールすることにより、

主観で話すよりも信憑性が高まることに加え、〝あなた〟という人間性も確実に示していることになります。

他人の目から見ても如実な長所であると同時に、それが周囲に受け入れられていて、認められた存在である、ということになるからです。

この人のこういうところが良いところだなあ〜と気付くことはあっても、実際に口に出して褒める機会が、あなたには頻繁にありますか?

そう、ありそうで、実際にはあまりないことなのです。

そんなに親しくない人に対して、急に褒め出すことは難しいですし、敢えて伝えたいとも思いません。

それなのに、実際に言葉にして伝え、褒めてくれる人が周囲にいるということを、「◯◯と言われます」と話すことでアピールができるんですよ。

3.協調性を持ちつつもその中で自分の個性を活かせる

生まれて間もない赤ちゃんには、〝お友達〟という感覚がありません。

一歳を過ぎ、二歳の頃から〝お友達と遊ぶ〟という、他者とのコミュニケーション方法を、ゆっくりと育んでいくようになります。

そうして、人間は保育園や幼稚園、小学校に入学し、中学校に上がる。

やがて高校に入り、大学を経て、社会人となっていくように、日本の社会では、人間がただ一人だけで生活を送ることは、無理に等しいです。

誰もが集団の中の一つとして、周りと共存しながら生きているのです。

お友達遊びを始める前の段階。

お友達遊びをしないからと言って、赤ちゃんに全くのコミュニケーション能力がないわけではありません。

赤ちゃんと言えど、周りの大人の様子をきちんと観察をしていますし、自分のお世話をしてくれる母親や父親の存在を、しっかりと認識しているのです。

そして、天使のような笑顔を見せてくれます。

最初は自分の意思ではなく、生理的に微笑みを浮かべるもので、それが、他者へ自身をアピールし、世話をしてもらうための本能ではないか、と言われているのですから、

人間は生まれてきた瞬間から、無意識のうちに他者とコミュニケーションを取る能力が備わっており、集団の中で過ごすことに適した生き物なのです。

学生生活を終え、社会に出てもそれに変わりはありません。

場を学校から会社に移しただけで、集団の中の一つとして生きていくことに変わりがなく、そして、これは死ぬまでの一生涯に渡り続きます。

ただ協調性があるだけではダメ

集団の中で過ごすことを余儀なくされている人間社会では、重要視される長所の中に〝協調性〟というものがあります。

一人一人、違う性格であり、さまざまな意見を持つ人間の集合体の中で、輪をかき乱しまとまりを無くしてしまうような存在は、はっきり言って邪魔ですよね。

集合体を上手くまとめ上げて、利益を出していかなくてはならない会社にとっては、協調性が皆無な人間がいるというのは、存続の危機でもあるのです。

会社に限らず、学校や友人間、ご近所との付き合いだって、人と人が多数で集まることには〝協調性〟が重視されます。

しかし、ただ協調性があるだけの人間では、その他大勢の中に埋もれてしまい、存在がボヤけてしまいます。

学校やご近所付き合いなどといった場合は、それでもいいでしょうが、就職の面接の時、面接官に好印象を与えるためには、

協調性も保ちつつ、良い意味での存在感をアピールしなくてはなりません。

その他大勢と一緒なのであれば、敢えてあなたを合格させる必要はないからです。

集団の中での自分のプラスアルファの長所は何かを話そう


難しく考える必要はありません。

「学生時代に学級委員を務め、クラスのみんなをまとめてきた」などといったことでいいのです。

その他大勢の集団の中にいて、自分が担ってきた役割を話しましょう。

「友人の中で、相談役になることが多い」のであれば、他人から頼られることの多い、しっかりとした人柄であるとアピールができますし、

「仲間内ではムードメーカーのような役割で、いつもみんなを笑わせていた」のであれば、集団の空気を円満にしてくれる人間性がある人だとアピールができます。

あなたがこれまで過ごしてきた集団の中で、どのような存在であったかを思い出していけば、自ずとアピールができるはずです。

地元に密着した中規模から小規模の会社で、人間関係に重きを置いている場合、この長所アピールはとても有効ですよ。

4.辛い出来事をどの様に耐えて乗り越えてきたのかという話

仕事は、楽しいことばかりではありません。

仕事をすることによって、やりがいを感じたり、人脈や自分自身のスキルの広がりを感じて、充実感を得ることができます。

ですが、時に仕事をしていると、とても辛い苦境の最中に、立たされてしまうことがあります。

失敗をしてしまうことがあれば、怒られることもあり、行き詰まりを感じ、挫折感を味わうこともあるでしょう。

仕事には良いことがある一方で、辛いこともたくさんにあるのです。

一度でも働いたことがある人なら、よく分かるはずです。

今時の若い人は、打たれ弱い。

そんな言葉があります。

一種の偏見のようなものですが、実際にそう思っている人が、数多くいることは残念ながら事実。

面接官も「せっかく雇っても、すぐに辞められたら困る」と、仕事が長続きできそうな人かどうかを、見極めようとしています。

そんな時、有効になる長所のアピールがあります。

その人の忍耐力と精神力の長所がわかる

敢えて、失敗をした時のことや、苦しくて辛かった時のことを話し、その逆境からどのように立ち上がっていったのかを、アピールすると良いでしょう。

誰にでも、苦しい時期というものがあるはずです。

特別、立ち上がるべくとった行動はないという方は、その苦しい時にどのように感じ、思っていたかを話すこともいいです。

その辛かった経験があるからこそ、忍耐力が鍛えられ、精神的に強くなった今の自分があるということを、積極的にアピールしていきましょう。

苦境を力強く耐え抜く力、辛さをバネにできる精神力が、面接官にはきっと評価されると思います。

この人なら長く働いてくれそうだ、との安心感を与えられたら大成功です。

5.友人や困っている人などをどのように助けた経験があるか

会社に勤めるとなると、同僚や上司、やがて後輩が出来たりと、人と人との関わり合いが必須になってきます。

上記でも少々触れましたが、人間は集団の中で生涯を過ごしていく生き物です。

他者との関わり合いを一切絶とうとしたら、無人島にでも移住して、自給自足のサバイバル生活をおくらなくてはなりません。

そこで必要となってくるのが、協調性というお話もしました。

協調性は誰とでも分け隔てなく接しられ、輪を乱さないが積極性には欠ける力だとしたら、思いやりや気遣いといったものは、協調性にプラスして積極性が加わったものになります。

会社は、人と人とのお付き合いが必須の場所ですから、協調性はもちろんのこと、思いやりもある人間だと尚更に好印象ですよね。

同僚同士で励まし合えること、先輩後輩で叱咤激励ができること、社員同士で助け合える会社は、会社自体の空気を良くさせます。

面接官は、そういったところも見ているんです。

どれくらい深い思い遣りができる人かがわかる

「困っている人を見つけてしまうと、つい助けてしまって……そういうところを、友人から褒められます」といったように、長所をアピールしてみるといいでしょう。

更に、具体的な「道を聞かれて現地まで送り届けた」「迷子を見つけて交番まで送り届けた」など、実際にあったエピソードを交えて話すと、効果が絶大です。

社員同士の空気を良くしてくれる存在になると思われると同時に、接客業やサービス業など、対人を相手にする職種の会社にとっては、是非とも雇いたい人柄だと思わせられます。

こんな長所話はNG!


いくつか長所として話すと好印象である事柄についてご紹介してきましたが、自分が受ける会社に合っていて、自分自身にも当てはまりそうなものはあったでしょうか?

長所として何をアピールするかを決めた後は、長所をアピールするさいに、注意をすべき点を抑えていきましょう。

いくら良いエピソードで、好印象が間違いない長所であっても、アピール方法によっては、面接官に上手く伝わらないことがあります。

同じ話でも、話が上手い人が話す時と、話が下手な人が話す時とでは、捉え方が違ってくることがありますよね。

同じ話のはずなのに、話す人によっては、ものすごく面白く感じたり、全然つまらなく感じてしまったり。

何かをアピールしたい時は、アピールしたい相手にきちんと伝わるように、話し方についても考えていかなくてはいけないのです。

1.ダラダラと3分以上話す

面接を受ける側も、自分の時間を割いて面接に挑むことに間違いはありませんが、面接をする側にとっては、仕事の時間を割いて面接をすることになります。

自分との面接の他に、やらなくてはいけない仕事がたくさんあるでしょうし、面接官には時間がないということを念頭に置いておきましょう。

仕事をする貴重な時間を割いている面接官に対し、長々と話をしてしまうのは、

相当な話好きの面接官であり、自分もプロ並みの話し上手でない限り、悪印象を与えてしまう可能性が高いです。

時間がない最中の面接ですので、長所のアピールも要点を絞り、簡潔に話ができるようにしておくと、好印象のまま終わることができます。

それに、簡潔に必要なことを話せる人は、頭の回転が速く、賢そうに見えますよ。

2.話に具体性がない

これまでも、具体例をあげて長所をアピールしていくと好印象であると、何度かお話をしてきましたが、本当にココは大事なポイントです。

主観だけで話してしまうと印象がぼやけてしまいますが、客観的な意見や、実際にあった体験談などを交えて話すと、話の内容は一気に厚みを増します。

あなたが話している内容への、信頼性が高まるのです。

また、より強い印象を与えたい時は、数字を入れて話していくのもいいでしょう。

資格に合格するまでの期間や、何人ほどのサークルでどんな役割を担ってきたかなど、数字が入り込むだけで印象が強まるのです。

ただ「この商品はいい」と聞かされるよりも、「この商品は◯人の人がいいと言っている」と話された方が、信憑性があるように感じますよね。

3.長所なのに自信なさげに話してはダメ

話すべき長所を決めて、アピール方法も考えていたのに、いざ本番となると、急に話す内容に自信がなくなってしまうことがあります。

面接官を前にした静かな個室空間は、自分を小さく小さく感じてしまうものです。

ですが、せっかくの超、という良い面をアピールするのに、自信なさげに話してしまっては台無しです。

上手くいかないかもしれない……。

本当にこれでいいのだろうか……。

そう思っても、自分に自信を持って、堂々と長所をアピールするようにしましょう。

長所というものは、自分自身の良い面なのですから、自分に自信を持たせる要素でもあるのです。

堂々と話すことによって、面接官への印象が良くなるはずですよ。

加えて、面接官の目を見て話すようにすると、更に良いです。

堂々と話してはいても、下を向いていたり、キョロキョロと目が泳いでいたりしたら、それだけで自信がなさそうですし、

本当のことを言っているのかも疑わしく思われてしまう危険があります。

4.機械的にではなく、自分の言葉で話し人間味を伝える

面接に挑む前に、話す内容が決まったのであれば、どのような筋で話していくかセリフを考えると思います。

緊張しないようにと心構えてはいても、緊張をしてしまうのが面接というもの。

長所のアピールの段階になってからセリフを考えても、上手くまとめて話すのは困難なものですし、言葉を選んでいる内に沈黙が挟まれてしまうことも避けたいです。

なので、事前にセリフを考えておくことは、スムーズに面接を進めていくにあたって、とっても良いことです。

ですが、そのセリフ。

堅苦しすぎはしませんか? 教科書のような文言ではなく、口に出してもおかしくないような丁寧な文言で、セリフを決めていきましょう。

また、セリフをそのままの棒読みにしてしまうのも、好印象を与えるにはいただけません。

自分の言葉で、きちんと気持ちが入った話し方を心がけて長所をアピールすることで、伝えたかったことが面接に良い印象で伝わるはずです。

一番、自分をアピールできるのは、自分しかいない!


いかがでしたでしょうか?

アルバイトでもパートでも、正社員や転職活動でも、今から仕事を始めようとしている方たちの、少しでもお役に立つお話はできたでしょうか。

仕事を始めるのならば、必ずといっていいほど、みんなが通る道である面接。

せっかく自分の希望に合う会社が見つかったのならば、緊張の面接に受かって、晴れてその会社で働きたいですよね。

そのためには、長所のアピールというのは、とっても重要であり、有効です。

ですが、長所のアピールで蹴躓いてしまう方が多いのも、悲しいながら事実。

それは、自分で自分の良いところについて、よく考える機会なんてそうそうないからではないかと思います。

「長所!」と急に言われて、筆者は言葉に詰まらずに返答する自信がありません。

会社の面接は、そういった意味合いでも、自分自身を見つめ直す良いキッカケにもなります。

自分自身を見つめることは、苦しくて難しいことでもありますが、

面接にとって長所のアピールは、自分の直接的な人間性をアピールできる項目ですから、しっかりと見つめ直していきたいですね。