いつ頃からでしょうか?日本語が乱れてきだしたのは。

私が知る限りにおいてはテレビ文化が花盛りになった昭和50年代頃からその兆候があったように思われます。

テレビコマーシャル等で数々の目新しい言葉が生まれてきた時代です。

俗にいう「キャッチコピー」というものですね。

そしてやがてバラエティー番組を中心にどんどん、日本語は乱れ崩れてきました。

新宿のことを「ジュク」と言ったり、警察の事を「ポリ」と言ったり。

そして今回ご紹介致します「ら抜き言葉」が横行し始めます。

ところが私自身も全く違和感なく「ら抜き言葉」を使っているから不思議です。

新聞もテレビも、マスコミに関わる機関自体が間違いを指摘しないのですからね。

それでは今回は少々、国語の文法の話しに偏ってしまうかもしれませんが私自身が中学高校を通して文法は全く苦手だった口なので、極力、専門知識に走り過ぎないようまとめてみるつもりです。

ら抜き言葉、使っていませんか?

さて、タイトルにもありますように「ら抜き言葉」を皆さん、使っていませんでしょうか?

基本的に「ら」を抜いて書いたり話したりすることは日本語の文法上は誤っているのです。

しかし、その事を誰も指摘したりはしませんね。

別に「ら」を抜いたからからいって、言葉の意味が通じなくなることもないからでしょう。

では、「ら」についてざっくりですが大まかにならない程度に見ていく事に致しましょう。

ら抜き言葉とは?


それではまず「ら抜き言葉」について少々、学校で学習したつもりになってみていきましょうね。

助動詞「られる」の「ら」を取ってしまっている

「ら抜き言葉」というのは助動詞の「られる」の「ら」のみを抜き取ってしまって使っている言葉を指します。

さてここでそれぞれのややこしい単語について少しばかりおさらいをしておきましょう。

まず助動詞というものは、

・動詞の付属語であり活用がある
・体言・用言に意味を添える単語

であるのです。

そして

・受け身
・尊敬
・可能
・自発

という動詞型の活用で主に動詞の未然形につくのが特徴です。

ここで未然形というのはどういう意味だったでしょうか?それは「まだそうなっていないこと まだその事が起こらない事」という意味なのです。

つまり「ら抜き言葉」の「ら」は助動詞であり,動詞の「未然形」の末尾につけて活用するものであり、その動詞の意味合いは「受け身」「尊敬」「可能」「自発」の4つの意味合いに主に使われる、という事になるようです。

さあ、いかがですか?ここまで理解できましたでしょうか?「え?全然分からない?」

ウウン、仕方ないですね。

バカな私が難しい日本語の文法を解説するのはここが限界です。

第一、日常会話で「受け身」やら「尊敬」とか「未然形」とかを意識して話していませんからね。

これ以上の学問的追求を目指すなら。

日本語検定を受ける覚悟で日本語を勉強し直さなければならないでしょうね。

でも今となってはそれはまっぴら御免ですけどもね。

下一段活用の影響とも言われている

「ら抜き言葉」の横行は五十音の下一段活用も影響していると言われているようです。

その前に下一段活用について少し触れておきましょう。

助動詞の活用語尾が五十音図の「エ段」だけで活用するものを「下一段活用」といっています。

昔、学校で習った事をかすかにでも思い出した方も多いのではないでしょうか。

動詞の次に来る音、例えば「れ」や「け」などが五十音で見れば「エ」の段にきます。

それらを使う言葉が「下一段活用」と呼ばれるわけです。

さて下一段活用はまあ、いいとして実際にその通りに使おうとすれば、案外発音しにくいのがお分かりいただけるでしょうか?

「ら」の次に「れ」がくると確かに発音がしにくく、ちょっと面倒くさい感じがするのですよね。

だから知らず知らずのうちに「ら」を特別使わなくなってしまったのかもしれません。

「乗れる」「上れる」「走れる」など


例えば「乗れる」「上がれる」「走れる」などがそれに該当してきます。

これらの言葉は本来「ら」をつけるべき言葉のはずだった、という訳なのです。

「乗られる」「上がられる」「走られる」という訳です。

たった一言「ら」がついただけで言葉の意味が変わってしまった感もありますし、早口で発音すると確かに言いにくいのですよね。

それならわざわざ舌をかみそうな言い方をせずにさっさと「ら」を抜いて喋ってしまった方が楽じゃないか、というのが現代に生きる人々の偽らざる心境なのかも分かりませんね。

いつ頃から使われるようになった?

さてそれでは「ら」を抜いて用いるようになったのは何時頃のことなのでしょうか?

このお話の冒頭でも少し触れましたが、恐らくテレビが一家に一台、完璧に揃いだした昭和50年代の後半あたりから「ら抜き言葉」が出てき始めたのではないかと、私は思っています。

西暦で言え1980年代からが該当しそうです。

確かこのあたりからテレビのCMに斬新なキャッチコピーがあふれだしてきました。

「なんとなくクリスタル」「美味しい生活」、果ては当時の人気番組でギャグや流行語として変な日本語のオンパレードになっていったのを覚えています。

とにかく和製英語というか日本語に英単語をくっつけて略字にしてしまうとか、(喫茶店をサテン、マクドナルドをマック、あるいはマクドなど)これらの言葉がテレビから毎日、洪水のように流されてきたのです。

また時代の最先端をいっていたはずの各局の報道情報番組の有名アナウンサーたちが軽いノリでおかしな日本語を平気で使っていました。

今、ネットの世界ではそれこそ魑魅魍魎のような怪奇な言葉が日常茶飯事で流されています。

動画の中の文字、投稿の文字、SNSで使われている文字。

もう文法も何もあったものではありませんね。

本当にめちゃくちゃです。

しかしながらこのような傾向の礎は1980年代のマスコミの多くから既に発信されていたことは疑いようのない事実だと私は思っているのです。

そんな流れの中で「ら抜き言葉」の発生が見過ごされてきたとしてももはや誰も気づかなかったのではないでしょうか?

文法的にNGだが、通じるようになった

「ら抜き言葉」は確かに文法的には誤りです。

先ほども触れましたが、動詞の後に続くはずの助動詞を不完全な形で用いているからです。

ところが実際に「ら」を抜いて使ってみたからといって人々の生活やコミュニケーションに著しい支障が起こったかといえば、応えは「ノー」でしょう。

実際に何ら困った事は起きていないのです。

意味も大きく歪曲されて相手に伝わる、という事も起こっていません。

例えば本来の使い方が「乗られる」と言うべきところを「乗れる」と言っても全然、違和感は覚えないのです。

言葉を使った会話は、前後の文脈というか話のニュアンスによって大方、会話が成立します。

例え全然違う言葉を間違って言ったとしても瞬時に判断して頭で理解し直したり出来るものです。

だから「ら」という文字が一つ抜けたぐらいでそうがたがた言い放つ方がおかしな人、という風潮が起こってしまったのかもしれませんね。

特に若者は普通に使用している

さて、今の時代の若者にとって、「ら抜き言葉」がそれほど重要な問題かと問えば、必ずや答えは「ノー」と却ってくるに違いないでしょう。

ネットが生まれながらにして既に存在していた人達です。

パソコンやスマホを縦横無尽に使ってSNSに没頭する時代です。

今までのように自分が発信した文書が「私」から「公」に行っていたのではなく「私」から「個」、つまり一般人同志、何ら自分の人生において深い影響も与えないであろう人間とのやりとりになっているからです。

そこにはあなたへの厳しい採点や評価もありません。

緩い関係が延々と続くだけです。

そんな環境の下にいてどうして正しい日本語の取得が出来るでしょう。

誰もあなたの日本語のここが間違っている、などと指摘しません。

間違ったまま、ネットを使い続けるのですから今更どうしようもないでしょう。

よって、今の若い人達が「ら抜き言葉」だけではなく全ての日本語において間違った使い方をしていたとしても、それは確たる大事な事ではないのです。

だって、ネットに投稿している人の大部分が間違っているのですから。

大部分に抵抗する方が却って怖いですからね。

教科書や新聞には一切使われない

ところが教科書や新聞といった活字を使う媒体においては、しっかりと「ら抜き」ではない正しい日本語を使い続けてくれています。

ある意味「ほっ」とできる出来事ではありますね。

ただ、残念な事に若者の多くは全国版の新聞社が発行する紙媒体をほとんど読みません。

これは日本の問題だけではなく全世界共通の問題かも分かりませんが、ネットがあれば手軽に手早くニュースや情報が手に取るようにゲットできてしまうのですからどうしようもないのです。

かつてはニュースや情報を取得しようとしたら毎晩、テレビでニュースを見るか、あるいは翌朝の新聞を待ってじっくり読むか、のどちらかでした。

ただ活字媒体の新聞はさすがの情報量は豊富でテレビのニュースが伝えきれていなかった情報も網羅していました。

勿論、正しい日本語で、です。

よって昔の学生さんを含む多くの若者は正しい日本語に接する機会が今よりもはるかに高かったというのは疑いようがないでしょう。

更に各家庭もほとんどが新聞を購読料を払って取っていました。

ところがここにもネットの普及により新聞を定期購読しない家庭が大幅に増えているという実態があるわけです。

社会人になって今更学校時代の教科書は読まないでしょう。

救いは新聞だけなのですが、現状は今、もうした通りです。

このような状況だと、これからますます日本語が解体されてしまい元の原型を留めない変な母国語になってしまう可能性も無きにしも非ず、といった事態に陥ってしまうかも分かりませんね。

代表的なら抜き言葉を見てみよう

それではここからは代表的な「ら抜き言葉」を見ていく事に致しましょう。

全部で5個のご紹介です。

ピーマン食べれる

代表的なら抜き言葉の1つ目は「ピーマン食べれる」です。

多くの子供が(中には大人も)嫌いな野菜のナンバーワンの座を常にニンジンと争っている「緑の苦み」、それがピーマンです。

ピーマンのあの独特な苦みが子供の味覚に合いません。

基本、甘いもの好きな子供には生は勿論のこと、お母さんがいくら腕によりを振るって料理しても必ずやお皿の端っこにニンジンと共によけられている存在、それがピーマンです。

このピーマンを食べることが出来るようになれば、あなたは晴れて大人の仲間入りと言える訳なのです。

食べられるが正解

「ピーマン食べれる」は「ピーマンを食べられる」と言うのが正解です。

「ピーマン食べれる」は確かに自分の意思でピーマンを食べることが出来ますよ、という意味とお母さんが子供に「ピーマン、ちゃんと食べることができる?」と相手の気持ちを聞く様子とが伺えます。

そこに正しい「食べられる」という言い方にしておけば、「私はピーマン、嫌いだけど残さずにちゃんと食べることができますよ」という「可能」の意味合いが色濃く描出されてくるのです。

しかし、何気ない日常会話だと、どちらの言い方でも十分伝わっている感じはしますね。

ここら辺が日本語の奥ゆかしさを通り越した「無駄」というか難しさを大いに感じさせる一面を見る事ができますね。

クレヨンしんちゃんで一般化

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の作中で主人公のしんのすけはピーマンが食べられず嫌いだったのでしょう。

確か設定は幼稚園児のはずだったと思いますが、日頃、大人顔負けの事ばかり言っていてもさすがに食べ物の好き嫌いの激しさは5歳児の設定になっていますね。

劇中でしんちゃんが「ピーマン食べれる」と言うシーンのシチュエーシンは綺麗なお姉さんに向かって
「おらは野原しんのすけだぞー、ピーマン食べれる?」という感じで言っているようです。

どうやらこれはしんちゃんの口癖で一種のナンパのセリフのようですね。

相手の女性に対して「私はピーマン嫌いだけどお姉さんは食べることができますか?」といのが直訳した感じでしょうか?

つまり「食べれる」は自身の事ではなく疑問形として第三者に尋ねていた、というのが真相のようですね。

6時に起きれる

代表的なら抜き言葉の2つ目は「6時に起きれる」です。

朝の6時に起きるのはなかなか大変です。

特に朝に弱い人にとったら6時という時間帯はまだまだ熟睡中の時間かもしれませんね。

となってくると、この場合の「起きれる」はどっちの意味でとったらいいのでしょうか?「自分の意思で起きることができる」、の方でしょうか。

それとも母親か誰かが「6時に起きることができるのですか?」という疑問形なのでしょうか?

さあ、どっちの意味になるのか、「起きれる」だけでは見当がつきかねますね。