誕生日は、誰にとっても特別な日です。

一年に一度しかない、主役になる事が出来る日です。

子供の頃は、誕生日が来る事が楽しみで仕方がなかった人も沢山居るでしょう。

ですが、大人になると段々と自分の誕生日を祝う事が少なくなっていきます。

歳をとる事が段々と嫌になっていくからです。

ですが、本来人間は幾つになっても誕生日を祝うべきです。

歳を重ねれば重ねるほど、その歳まで生きる事が出来たことに感謝すべきなのです。

女性の方々も、自分の年齢を気にすることなく、日々の生活を楽しめばいいのです。

だからこそ、より楽しい時間にする為にも誕生日には思い出に残る出来事を沢山するべきです。

中でも、誕生日ケーキは欠かす事の出来ない大切なアイテムです。

そのアイテムである、大事なケーキを選ぶ際は、きちんと準備をしていきましょう。

そこで今回は、誕生日ケーキを買う際の注意点をご紹介させて頂きます。

ただケーキさえ買えば良いと思ってる人は居ませんか?一年に一度の大切な日のケーキをそんな簡単に決めてしまうのは良くありません。

是非今一度、きちんと考えてみてはいかがでしょうか。

誕生日ケーキを買う時の5個の注意点とスペシャル要素

誕生日ケーキとは、その名の通り誕生日のお祝いに買うケーキの事を指します。

誕生日の時に何故ケーキを食べるのか。

その始まりは正確には分かって居ません。

一説によると、そのはじまりは古代ギリシャ時代にまで遡るとまで言われて居ます。

多くの人は、いつから誕生にケーキを食べて居るのかなど意識もして居ないでしょう。

ですが、始まりは分からないながらも誕生日にはケーキを食べるという事を当たり前のようにして居るのです。

それは、親から子供に伝えられる事であり後々には、自分が子供に伝えていく物なのかもしれません。

例え、自分は親から祝って貰わなかったとしても自分の子供には祝ってあげたい。

そんな人も居るかもしれません。

何はともあれ、日本では誕生日=ケーキを食べるというイメージが根強く頭の中にプログラミングされております。

だからこそ、誕生日ケーキは大切な物であり、手を抜いてはいけないポイントなのでしょう。

デコペンで心を込めたメッセージを

ケーキを購入するさい、大きな丸いままで購入するのかカットされた状態で購入するのかによってもその特別感が変わってきます。

少人数で祝う場合などは、カットされているケーキの方が食べやすいというのが正直な所かもしれません。

ですが、誕生日ケーキといえば、やはりホールと呼ばれる丸いままの形の物を想像する方が圧倒的に多いのでは無いでしょうか。

だからこそ、どうしてもホールで購入する事となります。

ホールで購入する場合、大抵の定員さんは『メッセージなどを記入されますか?』と聞いてくれるはずです。

これも、特別な日だからこそホールのケーキを購入するというイメージが浸透しているからなのでしょう。

メッセージはどんな物を書いて貰っても良いのです。

お店によっては名前だけしか受け付けてくれない場合もありますが、お店によっては長い文章を書いて貰う事も可能です。

その為、何か伝えたい思いがある方はあえてケーキに記入して貰うのもいいかもしれません。

男性の中には、日々の感謝の気持ちや愛情表現を直接する事にテレを感じてしまう方も居る事でしょう。

だからこそ、ケーキに日頃口では伝える事の出来ない思いを込めて相手に渡すのです。

そうする事によって、より素敵な誕生日にする事が出来るでしょう。

店員さんにメッセージを伝える事が恥ずかしいという方は、メモなどに書いて渡しても良いでしょう。

ただし、その際は何文字程度の言葉を入れる事が出来るのかというポインを事前にきちんと確認しておきましょう。

そうしないと、せっかく作った文章も、書く事が出来ずあたふたしてしまう場合もあるからです。

ありきたりのおめでとうはもう時代遅れ?!

誕生日ケーキに書くコメントといえば『誕生日おめでとう』が一番一般的です。

ですが、それでは正直面白くありません。

余りにもありきたり過ぎて感動する事はないでしょう。

ケーキを貰う事は嬉しい事です。

ですが、そこにサプライズがプラスされていればより感動する事が出来るでしょう。

普段何も伝えてくれない相手が、気持ちを伝える文章を選んでくれたとしればその感動は何倍にも膨れ上がる事でしょう。

誕生日は、一年に一度しか来ない特別な日です。

だからこそ、誰に向けても使える言葉ではなく、その人だけにしか使う事が出来ない言葉をチョイスしましょう。

どんな言葉を使って相手を喜ばせる事が出来るかは、あなたのセンス次第です。

相手の事をしっかりと考えて一番喜ぶ言葉を選びましょう。

一生思い出に残るような言葉を選ぼう

誕生日ケーキには、メッセージを書く事が出来ます。

どんな内容にするかは注文する人次第す。

多くの方の場合には『誕生日おめでとう』とそのままの文章を記載する事も多いでしょう。

ですが、それでは面白くありません。

確かに、そう記入すればとても分かりやすくだれもが誕生日の為のケーキなのだと理解する事が出来るでしょう。

ですが、それはいいかえれば誰の時でも同じメッセージにする事が出来ると言う事でもあります。

自分がもし貰う立場だったらどうでしょうか。

誰に当てても同じメッセージよりも、自分にだけに向けられたメッセージの方が良いと思うのではないでしょうか。

だからこそ、誕生日ケーキのメッセージは出来るだけ凝った物にしましょう。

内容は何だって構いません。

自分の思っている事を相手に伝えれば良いのです。

そのメッセージが素晴らしいものであればあるほど、その人の心の中に残るケーキにする事が出来るでしょう。

誕生日は毎年来ます。

しかし、その中でも同じ年代・同じ年の誕生日は一年に一度しかありません。

その一生の内に一度しかない誕生日をぜひ特別な物にしてみてはいかがでしょうか。

インスタ映えするケーキを選ぼう


若い方を中心に人気となているアプリがあります。

それは『インスタグラム』です。

『インスタ』と略されて多くの方が利用する人気のアプリです。

インスタグラムとは、写真を投稿するアプリの事を指します。

今まで人気となっていたTwitterなどの多くのSNSは文章を投稿していました。

ですが、インスタグラムメインは写真です。

だからこそ、言葉の分からない遠い国の人達とも、写真を通してならコミュニケーションを取る事が出来るのです。

難しい事を考えずに自分の思った事を投稿する事が出来るのです。

また、ハッシュタグと呼ばれるコメントを付けることも出来るのでより簡単にSNSの良さを体感する事ができる物となっております。

そのインスタグラムを使用している方々の多くが使用している言葉に『インスタ映え』という言葉があります。

これは、より美し写真や面白い写真を投稿する事によって自分のインスタグラムのページをより素晴らしいものにしようとする物です。

インスタグラムを使用している若者たちは、このインスタ映えを意識しすぎるあまりインスタグラムに投稿する為に、食事をしたり観光したりする場合も出てきており大きな社会現象となっております。

だからこそ、このインスタ映えという言葉は流行語にもなった程です。

誕生日ケーキもまた、インスタ映えさせるにはもってこいの素材です。

より凝ったケーキを投稿する事が出来れば、見た人から押してもらう事の出来る『いいね』を沢山獲得する事が出来るでしょう。

インスタグラムで注目されたとしても、多くの場合お金になる事はありません。

いわば自己満足です。

ですが、人間の行うことなど所詮はどれも自己満足です。

どれだけ自分が楽しく過ごす事が出来るかを考えて行動すれば良いのです。

インスタグラムに投稿するほど、送った相手が誕生日ケーキを喜んでくれた嬉しいとは思いませんか?思い切り凝ったケーキを用意してみてはいかがでしょうか。

写真で残すため

人の記憶程曖昧な物はありません。

出来事が起きた当初は『絶対に忘れない』『一生の思い出にしよう』と心の中で誓うはずです。

ですが、いつの間にかその記憶は薄れ、多くの事を忘れてしまいます。

だからこそ、記録を取る事は大事な事です。

記録をしておく事によって、自分自身が忘れてしまったとしても思い出すきっかけを掴む事が出来るからです。

記録の方法は、様々なものがあります。

昔は紙とペンを使用して、日記などを書いていた時代もあったでしょう。

ですが、今では多くの方が携帯電話のカメラを利用して簡単に記録を取っています。

文章ではなかなか伝わらない臨場感も、写真にする事によってすぐに思いだす事が出来ます。

自分が忘れてしまったとしても、写真が残って居ればその時の記憶を保存しておく事が出来るでしょう。

また、楽しい写真を撮る事が出来ればそれをインスタグラムなどのSNSにアップしたいと思うかもしれません。

そうする事によって、より多くの人に自分におきた出来事を初回する事が出来ます。

インスタグラムをやらない人からすれば、わざわざ紹介する必要がないと言われてしまうかもしれません。

ですが、やってみると意外と楽しい物なのです。

芸能人だけではなく、一般の方の多くが投稿しているので今まで全く興味が無かった方は、この機会に一度覗いてみてはいかがでしょうか。

ろうそくを付ける時は注意が必要


誕生日ケーキと言うぐらいなので、誕生日をお祝いするケーキが誕生日ケーキの目的です。

だからこそ、誕生日を祝わなければ意味がないのです。

その為にも、年齢のろうそくを立てる事があります。

小さいうちは、大きくなる事が嬉しい事でした。

だからこそ、誕生日ケーキの上に立つろうそくにウキウキしたものです。

それは、祝ってもらう子供だけでは無く、それをとりまく大人たちもまた同じようい嬉しかったはずです。

毎年増えていくろうそくの数をみて、そこの子成長を喜んだ事でしょう。

ですが、それも年齢を重ねるにつれて段々とろうそくを付けることが少なくなって行きます。

特に女性の場合は、明らかに年齢が分るような物を避けるようになって行く事でしょう。

年齢を重ねるとは、本来恥ずかしい物ではありません。

ですが、どうしても女性は若い方が人気も高くついつい自分の衰えを認めたくないと言う気持ちもあり自分の年齢をあまり他の方には言いたくないと思っている人も居ます。

だからこそ、そんな人に対して年齢が分かりやすいろうそくを用意してしまうと相手が嫌がる場合もあります。

自分は良かれと思っている事でも相手を傷つけてしまう恐れもあり、注意が必要です。

ケーキ=ろうそくという固定観念を捨て、その人がどうしたら喜んでくれるのかと言う事をしっかりと意識して行きましょう。

年齢を気にしている人にはろうそくを付けない

誕生日ケーキには、当たり前の様にろうそくがついてきます。

お店の方も『何本お付けしますか』と聞いてくれる事でしょう。

子供の頃は、誰もが誕生日が来ることが嬉しかったはずです。

その時だけは、主役になる事が出来たから。

誕生日ケーキの上に乗るろうそくの火を消す事が好きだった方も居る事でしょう。

ですが、大人になると段々と自分の年齢を意識する事が嫌になってきます。

特に女性の場合には、年齢を他人に知られる事に抵抗を感じている人も居ます。

だからこそ、そんな人への誕生日ケーキには注意が必要です。

もし、相手が年齢を気にしているようであれば年齢が分かりやすいろうそくは避ける事をおすすめします。

自分が良かれと思って行った事でも、相手にとっては嫌な事もあります。

誕生日を祝う事と年齢を世間に公表する事は別問題です。

誕生日を祝う気持ちがあれば、相手がいくつかどうかはさほど大きな問題ではないのです。

もし、どうしてもケーキの上にろうそくを乗せたいという気持ちがあるのであれは、年齢とは関係ない物をおいてみてはいかがでしょうか。

最近では、可愛いモチーフのろうそくも沢山用意されて居ます。

その為、それを利用する事によって相手の年齢を意識させる事無く、楽しい誕生日会を開催する事が出来るでしょう。

溶けたろうそくがケーキにつかないよう工夫する

ケーキの上にろうそくを乗せることは、誕生日の基本ですがこの際に注意しなければならないポイントがあります。

それは、ろうそくは垂れると言う事です。

その為、ろうそくをつけてそのままにしてしまうと、ケーキがろうそくまみれになってしまう事もあります。

ろうそくは基本的に食べる事が出来ないので、危険な食べものになってしまう事でしょう。

また、年齢をかさねた人のケーキに余りにも多くのろうそくを刺してしまうと火事のような事態になってしまう事もあります。

それでは楽しい誕生日会を行う事が出来なくなってしまいます。

安全に、皆で楽しくケーキを食べるその為そうそくが垂れないようにする事も大事な事でしょう。

ろうそくを少し食べた位では、そこまで大きな問題は報告されては居ないものの、知さなお子様を持つ方にとっては不安に感じる部分もある事でしょう。

だからこそ、少しでも心配を無くす為にもろうそくのロウが垂れない量を意識して刺してください。