みなさんは「恥をかく」、つまりは「情けないなぁ…」と感じてしまう事は無いでしょうか?人は誰でも失敗をします。

そう考えると本当に情けなく思わなくてはならないのは、「失敗をしてしまった直後のケアの方法」ではないかと思います。

そこで今回は、自身を「情けない…」と感じてしまったときに観て頂きたい、自身を鼓舞する方法を記事にまとめて皆さんにご紹介出来ればと思います。

「情けない…」と思っても、時間は返って来ません。

前向きにいきましょう。

情けないなぁって感じる時ってどんな時?

まず「情けない…」と感じてしまう状況とはどんな状況でしょうか?

何か失敗した時、思っていたように出来なかった時、期待に応えられなかった時、自分を守りたいあまり人を傷つけてしまった時などなど…。

長い人生を生きていけば、こんな事はたくさんありますよね?

そうやって、「またやってしまった…」と思っても、2、3日したら忘れてしまって、また同じ失敗をしてしまい、強い後悔を感じてしまうことの繰り返しで、人は人生を送っていくのでしょう。

人は誰でも失敗はある。

しかしその失敗を「善し」としていては、前進できません。

失敗は誰にでもあるのだけれども、己の失敗を「悪し」として改善していく姿勢が重要なのです。

しかし失敗を改善していくことも一筋縄ではありません。

では一体どうすれば、「情けない…」と感じてしまう状況から解放されるのでしょうか?

情けないと思う心理状況から抜け出す方法

ではつづいて、「情けない…」と感じてしまうことから脱する方法を見ていきたいと思います。

ここでご紹介するのは「考え方」に重点を当ててご紹介していきます。

ご自身に合った具体的なモノの捉え方が見つかれば、何か改善までの糸口が見つかるかも知れません。

順番にご紹介していきますので、さっそく参りましょう。

情けないという状況は変わらないと受け入れる

まず、いくら自身を「情けない…」と嘆いても状況は改善されないと考えましょう。

確かにしてしまった「失敗を分析」して、「次回からは絶対にやらないんだ」という意識は重要です。

しかし、中には「自分はなんて情けないんだ…」と、反省だけして次回から有効的な「どうしていたら良かったのか?」という改善点を挙げずに終わってしまうこともあるかと思います。

これでは単なる「反省」、「自己否定」だけの一種の「自己満足」だけで終わっているので、

本当に情けないと感じるのなら、「では次回からはどうすれば?」という自身への問いかけが重要です。

どんなに深刻に悩んでも、「何が悪かったか?」、「では次回からはどうすれば?」という、一種の「自己分析と改善」を行わないと、

ただの時間の浪費というとても「もったいない状況」になってしまいます。

折角悩む時間を設けるのなら、自身を本当の意味でに見つめ直す、「有効な時間の使い方」をした方が賢明でしょう。

過ぎた時間は帰って来ませんからね?

情けないと自分を責めない

そして次に、「情けない情けない」と自分を責め過ぎるのも止めた方が良いでしょう。

あまり自身を追い込み過ぎても不必要に縮こまってしまい、それから「同じ様なミスを誘発してしまうこと」もあります。

更に度が過ぎれば、「もう一生やらない」と諦めてしまう事もあり得るでしょう。

何事にも失敗はつきものです。

どんな優秀な人材も始めは「大きな失敗」を重ねてきたのでしょう。

不必要に根拠のない「自己否定」は、自身の成長や、これからの人生設計・実現に大きな溝を開ける原因になってしまいます。

失敗を重ねてしまう自分を責め過ぎるのはあなたのためになりません。

何処かで「ずぶとく生きる事」も人生においては必要なことがあるでしょう。

情けないを自己防衛にしない

そうであっても、「自己防衛し過ぎる事」も余りよろしくありません。

「自分に甘い」のは、自身の失敗を容認すること、つまり「自分だけは失敗しても構わない」という事になります。

では周りの方に向けてその気持ちはどうでしょうか?

「自分は良いけど、あいつの失敗はダメ」となるのならおかしな話です。

周りとの「協調性・信頼性」にも響いてくるでしょう。

「情けない」と思うのだから、「改善した方が良い」のは事実です。

しかし「自分を責め過ぎるのもダメ」、「自己防衛し過ぎるのもダメ」です。

どちらにしても「バランス」が重要です。

その一種の「判断基準」は難しいところですが、それが仕事に関係のある事ならば、ある種の客観性も重要になります。

その「情けない」と思う事が、直す事をしないと周りにどんな苦痛や、わだかまりを生むか?どんなデメリットがあるか?

という視点で捉え、あまりに理不尽ならば直す必要があるし、あまり関係のないことならば無理して直す必要性はありません。

情けない事に対して、周りの人も巻き込む「緊急性があるかどうか?」が直すか直さないのかの大きな基準の一つであるでしょう。

自分ルールを一旦壊す

どうしても自身の「情けない状況」が改善されない場合は、自身の中の生活習慣やルールがおかしい場合があると思います。

そういった一種の「自分ルール」を一旦は壊さない事には抜本的な改善は見込めないでしょう。

ルールのパターンを増やす

自身の中での「自分ルール」、それがおかしいと当然、その人の思考・行動から導き出される結果も「おかしいもの」になってしまいます。

ですからこのおかしい「自分ルールの改善」に努めなければなりません。

そもそも自分ルールとは、例えば「人と会う時には10分前行動を心掛ける」とか、「家路に着く時は2駅分歩いて帰る」などの、

他人には関係ないけど独自で設けている「自分を規制するルール」のことです。

この自分ルールの改善にはいくつか方法があるかと思います。

例えば痩せたいのに、「全て三日坊主になってしまう」という状況では、「ダイエットが続かない」という問題点が挙がるでしょう。

何故続かないのかはそれぞれ違った原因があるのでしょうが、第一に「目標設定が辛すぎる」ということでしょう。

辛い運動や、食事制限は「いままで気を付けてこられなかったんだから、ツケが周って太っている」という状況があるのだと思いますから、そのやり方では「上手くいかない」としか言えません。

そこに気づいてやってこれたのならば、誰も太ったりしません。

続かないのは分かっているけど、何かやらないと満足できない、そんな考え方、ここで言う「自分ルール」が間違っているのです。

ではどう直したらいいのでしょうか?目標設定がキツ過ぎるのならば、「ほどほどにする」こと。

食事制限が辛いのなら「無理な方法はやらない」として、「ルールを緩くする事」を考えるのが第一にあるでしょう。

確かにこの方法を取ると、結果は遠のくばかりです。

しかし一日「1」でも前進すれば、一年間で「365」、三年頑張れば「1000以上の4ケタ」になります。

少しの変化なら「やっても意味ない」と決めつけるのではなくて、「少しの変化でさえも求めないのなら、何も変わっていない」と思い、毎日少しでも進めれば、正に「塵も積もれば山となる」でしょう。

他には、「強制的にやる」という方法です。

有無を言わさずということですね?決まった時間に筋トレをやるとか、

ジムに友人を作って毎週そのジムで絶対に会うという約束を作るといった方法で、「半強制的に行動」すれば、やるしかないので結果は出るでしょう。

やり方はいくらでもあります。

しかし今の方法で結果が出ないのならば、「やり方が悪い」としか言えません。

もっとご自身に合った、「最適の方法」があるはずなので、周りの人の力も借りて時間を掛けて直していくのがいいのではないでしょうか?

自分を肯定する


つづいてこれまでの方法でも改善できない場合は、「肯定」に走りましょう。

前述で「根拠のない自己防衛は良くない」との旨の文章をご紹介しました。

確かにこの考え方は変わりません。

できれば止めておいた方が良いでしょう。

しかし、自分を否定したところで改善の兆しが見えないのなら、先ほどの自分ルールの改善にもある通り、「やり方が悪い」はずなので、他の方法を取る必要があります。

そこでご提案するのが、「自己肯定」です。

失敗して情けない状況にある自分も、「まごう事なき自分」なのですからどんなに逃げても他人には成れません。

ですからとりあえずはそんな自分も「肯定」して、冷静に見つめ直すことも必要になってくると思います。

自分を一旦は肯定してみて、そんな「他人にすり替わって逃げられない状況からどうすればいいのか?」という視点から徐々に改善していくしかありません。

この考え方の良いところは、他人と自分は関係なく、「主観で自分を見つめ直せる事」です。

自分の事を考える時、「あの人はこうだから…」と他人視点で考え過ぎなところがあります。

しかしこのような考え方だと、上手く改善できない時もあります。

それは何故かというと、「あなたとその人は同じでない」からです。

与えられた外見や能力、価値観、性格など全て合致しているのなら、「あの人はこうだから、自分もこうしよう…」という視点は正しいと思います。

しかし改善のお手本にしている「その人とあなたの間に共通点がなければ、お手本にしている人を間違っている」という事に他なりません。

プロ野球選手になりたいのに、すし職人をお手本にしても果たして意味があるでしょうか?

ですからとりあえずは、他者は関係なく己の状況を己の目線で見て改善していく、その下準備に「自己肯定」をワンクッション設けることが重要になってきます。

あまり、「周りの人はこうだから、自分も…」と考えても上手くいかない時もありますから、

「他人は他人、自分は自分」と考えた方が楽に自分を改善でき、情けない自分から脱却できるのかも知れません。

プライドを捨てて無になる

次にご提案したいのが、時に「プライドが邪魔する」という点です。

記事冒頭でご紹介しましたが、鼻をほじっている時に知り合いから挨拶された時の状況を使いましょう。

ここで正解は、「挨拶されているのだから失礼のないようにきちんと返すこと」だと思いますがどうでしょうか?

しかし、「プライドが高い」と、異性の知り合いに鼻をほじっているところを見られた時点で「その高いプライドがズタボロ」です。

こうなると、相手を邪険に扱ったり、無視したりと、正に「カッコ悪い態度」になってしまいます。

これは、自分を「人前で鼻をほじるような人間に思われたくない」ということですかね?

または、「何で鼻ほじっている時に限って、挨拶してくんだよ?確信犯かよコイツ?」、「どうせ、鼻ほじってた話を誰かにすんだろ、このバカは」とかを考えているのでしょうか?

そういった考えから、「鼻をほじった自分が悪い訳ではなく、それを見た相手が悪い」となって、本来挨拶を返さなければいけない相手に「無視」という最悪のお返しをしてしまうのです。

しかし考えてみて下さい。

本当に「鼻をほじる事」はそんなに悪い事でしょうか?冗談で言っている訳ではありませんよ?人間生きていれば「鼻をほじる事」もあります。

確かにそれを人前でやる必要性はありません。

状況や場所を考えた方が良いでしょう。

しかしここで重要な考え方は、「確かに人前で鼻をほじる事は悪かった」、「それを見られて相手に誤解されたのでは?」、「いやいやそんな事より、挨拶しているのだから返さなくては」、「鼻をほじった自分を見られた事よりも、きちんと挨拶を返さなきゃ」というものです。

誰でも鼻くらいほじるんだから、「ごめんね汚いところ見せて、今朝鼻血が出たから気になっちゃって…」とか、

「うわぁあ、こんな時に限って最悪だぁ」、「毎回ここで鼻をほじるのがルーティーンなんだよ?」とか、

何でもいいのでプライドを捨てて「鼻をほじった事をカッコつけずに肯定して、きちんと挨拶を返す」。

こうすれば見てしまった相手も、そこまで深くは考えないでしょう。

逆に鼻をほじっているところも見て、挨拶したのに無視されたのでは相手からしてみて「汚いし、失礼な奴」としてそれこそ大々的に笑い者にされてしまいます。

そうなるくらいなら、「私のルーティンワークです」と言いきった方がよっぽど人としてカッコいいでしょう。

いや、鼻ほじってる時点で負けですね、すみません…。

みなさんはどっちを取るでしょうか?

切り替える