映画やドラマで素敵なバラの花束を女性に贈るシーンがありますが、実際にもらった女性はどう思うのでしょうか。

架空の世界と現実は違うもの。

喜んでくれることもあれば、迷惑に思うこともあります。

女性のタイプによっても意見がわかれるので注意しましょう。

また、送るバラによっては花言葉の持つ意味で誤解されてしまうこともあります。

こちらの記事では、バラが持つ意味と実際にもらった女性の5つの声をご紹介します。

バラの花束を贈る前に本当に喜ばれるかどうか検討していきましょう。

バラの花束を本当に女性が喜ぶの?

さすがに贈った瞬間に「え…いらない…」と言われることなんて、そうそうありません。

大概は笑顔で喜んでくれるでしょう。

しかし本心ではどう思っているのかわからないのが難しいところです。

確実に喜んでくれるのは花が好きな女性。

しかし、その分贈る側より花に関する知識が豊富な可能性も高いので、花言葉には要注意です。

たとえば、オレンジのユリの花言葉は「憎悪」。

キレイなのにそんな言葉がついているので驚きです。

バラの花が持つ意味は様々


花束をつくるとき、数本入れるだけで一気に華やかさが出るバラ。

花束だけでなくバラ風呂やアクセサリーのモチーフ、刺繍など、女性が好む花です。

しかし、バラの花言葉はやっかいで、色だけでなく本数でも意味が異なります。

それだけバラを贈ることが多いからこそ生まれた言葉ともいえますね。

本数による意味は次の通りです。

・1本:「あなたしかいない」
・2本:「この世界は2人だけ」
・3本:「愛しています」

このように1本増えるたびに花言葉が変わり、10本超えたあたりから飛び飛びになっていきます。

99本では「永遠の愛」、100本では「100%の愛」、そしてなぜか煩悩と同じ数の108本で「結婚してください」となるのが面白いところです。

そして、15本だと「ごめんなさい」なので注意です。

バラの花言葉の主な意味

色に関わらず、バラとしての花言葉は「愛」と「美」です。

バラはずっと昔から愛する者へ贈られてきた花であるため、このような意味をもつことは納得でしょう。

しかし、これだけを知っていて贈ってしまうと大変です。

愛に色々な形があるように、バラも様々な条件で異なった愛の形を表します。

ただし、花言葉というのは参照元によって意味が違うこともしばしばです。

どれが正解ということもなく、誕生花などもそうですが、日本と西洋で意味が異なるものもあります。

そこで、こちらの記事では複数の参照元から代表的なものをご紹介します。

ほとんどが恋愛に関するもの

先述した通り、バラの花言葉は恋愛に関するものがほとんどです。

バラ以外にも恋愛に関する花言葉を持っているものはたくさんあります。

中でも、可愛い花なのそのイメージと異なる花言葉を持つものは注意です。

たとえばチューリップは「望みのない恋」、アジサイは「移り気」などです。

母の日に贈るカーネーションも赤なら「母への愛」ですが、黄色だと「軽蔑」になります。

花の色、つぼみ、とげにも花言葉がある

色別の意味は後述しますが、バラの花言葉は花だけでなく、つぼみやトゲにも意味があります。

バラのつぼみの花言葉は基本的には「夢や希望」「愛の告白」ですが、こちらも色別で意味があり、開いた時の花言葉と関連していることが多いです。

トゲは「不幸中の幸い」を意味し、トゲのないバラは「誠意」となります。

葉は「希望」「あきらめないで」という意味があるようです。

そして、バラは花びらの付き方や種類によっても全般的な意味が変わります。

多輪咲きなら「プライド」、野バラは「優しい心」でミニバラは「無意識の美」です。

色別の意味

では、色別に細かな意味を確認していきましょう。

組み合わせで変わるものをあらかじめご紹介すると、赤いバラの中に白いバラを入れる場合は「あたたかい心」、黄色のバラに赤いバラを入れると「どんなにあなたが不実でも」となります。

なぜそうなるかは色別の意味を見ればわかるはずです。

赤は「強い愛情」

赤いバラは強い愛情を表します。

その他の花言葉には「あなたを愛しています」「美」「情熱」「あなたに尽くします」などがあります。

告白のタイミングに適した花でもあり、108本贈ると「結婚してください」になるので好きな女性に贈るなら一番おすすめです。

ただし、13本だと「友情」に変わってしまいます。

つぼみの場合は「純粋と愛らしさ」「純粋な愛に染まる」という意味を持ち、赤いバラは西洋でもほとんど意味に違いはありません。

赤なら上記の意味ですが、深紅のバラはまた別で、「死ぬほど恋焦がれています」「内気」「恥ずかしさ」などちょっとクドそうな花言葉です。

そして気を付けたいのは「赤に白斑のバラ」。

これは「戦争」を表します。

黒に近い赤も「死ぬまで憎みます」「憎悪」などがあるので、鮮やかな赤を選びましょう。

ピンクは「おしとやか」

ピンクは「おしとやか」「上品」「気品」などの意味を持ちます。

その他にも「感謝」「感銘」があります。

西洋では上記に加えて「幸福」という意味も持っています。

感謝という意味なら贈りやすいですが、活発な上に疑り深い相手だと「おしとやかにしろってこと?」と思ってしまうこともあるかもしれません。

黄色は「友情」

黄色はバラの中では要注意の色です。

「友情」だけなら気楽に贈れますが「嫉妬」「愛情の薄らぎ」「恋に飽きた」という意味も兼ね備えています。

つぼみにも「笑って別れましょう」という意味があるので、バラが愛に関する花言葉を持っていても黄色だけは愛の終焉を示しています。

ただ、何故か日本では父の日に黄色いバラを贈ることが良しとされています。

理由は、父の日にバラを贈るというアメリカの風習を日本に持ち込んだ際、メンズファッション協会や委員会が選考するベストファーザー賞が黄色のリボンをモチーフとしているため、その色と結びつけたようです。

販売戦略なので花言葉は関係ありません。

冒頭で記載した、黄色と赤のバラの組み合わせが「どんあにあなたが不実でも」になるのは、「愛情の薄らぎ」を相手に感じながらも「あなたを愛しています」ということです。

白は「純粋な心」

花嫁のブーケなどに使われる白のバラは「純粋な心」「純潔」を表します。

結婚式後に放り投げるのですから洒落が利いていますね(本来はそういう意味はないと思いますが)。

他にも「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」などの意味もあります。

一方つぼみになると、「恋をするには若すぎる」という意味があるので、年下女性からの告白をやんわり断りたいときには贈ってみてもいいかもしれません。

青は「奇跡」

ギリシャ神話で、神が作らなかったものとして青のバラが記載されているように、かつては青のバラは存在しませんでした。

それを生み出すことは世界中のバラ愛好家にとっての目標であり、こぞって研究をしていましたが、ずっと生み出すことはできませんでした。

他の花は青の色を持つものはたくさんありますが、それらは「デルフィニジン」という青色色素を持ってます。

しかし、バラには「デルフィニジン」がありません。

つまり、バラ同士の交配では青いバラはできないということになります。

そのため、存在しない、生み出せない青のバラの花言葉は「不可能」「奇跡」でした。

その後、1957年に紫のバラ「スターリング・シルバー」が誕生し、これを機に数々の青に近いバラが生み出されていきます。

さらに1992年日本で誕生した「青龍」というバラは極めて青に近く、「デルフィニジン」とは異なった新しい青色色素「ロザシアニン」が発見されました。

しかし、この「ロザシアニン」を持つバラを交配して青の発色を出そうとするとバラが弱くなり、その後の交配もさせにくいなどの特徴がわかりました。

しかし、2004年にサントリーが「デルフィニジン」を持つバラの開発に成功し大反響となります。

実に14年の歳月をかけて開発された青いバラはそれから5年後、「喝采」を意味する名「サントリーブルーローズアプローズ」として2009年から販売されています。

名前とは別に、花言葉は「夢かなう」です。

ただし、「デルフィニジン」を持っているという意味では世界初の青いバラですが、まだ見た目はほとんど紫です。

それだけ真っ青なバラを作ることは難しく、今も花言葉から「不可能」「奇跡」はなくなっていません。

バラのプレゼントを女性はどう思っている?5個の声

さて、ここからはバラをもらったとき女性はどんなことを思うのか見ていきましょう。

全部が「嬉しい!」だと良いのですが、ご紹介する5つの声はポジティブなものばかりではありません。

ちなみに、100本のバラは圧倒的に不支持派が多数。

大きな花束はデートのスタート時に渡されたら身動きもとりづらいですし、別れ際に花屋が空いている時間に取りにいくのもなかなか微妙です。

ディナーはどうするのかという問題が残ります。

このように、渡されるシチュエーションが想像しづらいことも不支持の理由と言えるでしょう。

デキる男はレストランに協力してもらって事前に段取りしているかもしれませんが、無難なプレセントとはいえません。

では、より具体的な声をご紹介します。

真っ赤なバラだと気持ちがこもっていてとても嬉しい


真っ赤なバラがもつ花言葉の意味からしても、その花束を贈ってくれて嬉しいという声があります。

男性の少ない花屋で照れくさそうに準備してくれたことを想像すると、それだけで愛おしく思えることもあります。

本数としては片手に収まる程度で10本前後がおすすめ。

デート開始時にもらうとどこに行くにも不便になってしまうので帰る際に手渡すのがスマートです。

かといって男性がずっと持ちながら移動していると何がしたいのかさっぱりわからないので、デートコースに花束を受け取れる場所を設定しておきましょう。

サプライズの演出を伴うとより一層喜びが増す、記憶に残るという意見もあります。

レストランでの食事の後にスタッフから、チャイムがなって玄関を開けたら、などなど演出方法は様々です。

年配の人(50代以降)はそう思う人が多い

バブル期を謳歌した50代以降の年代の方は、お金の余裕からロマンティックな演出に酔いしれることができました。

トレンディドラマの流行などもあって、車のトランクを開けたら大輪のバラの花束が!というシチュエーションに憧れ、体験してきた人も多くいます。

また、当時は好きな人に贈るプレゼントとして花束は一般的なものでもありました。

そのため、年配の方であれば当時の記憶も手伝ってロマンチックなバラの花束を喜んでくれる確率が上がります。

また、熟年夫婦で普段は素っ気ない夫が仕事帰りにバラの花束とともに感謝を伝えてくれて見直した、感動したなどのエピソードもあります。

女性は皆、花をもらえば喜ぶだろうというのは安直すぎる

ここからはネガティブな声が続きます。

理由のほとんどは現実的なものばかり。

喜んでくれる女性は物事を感情で判断するタイプが多いですが、大体の女性はとても現実的に物事を判断しており、表面的には喜んでくれても内心困っていることがあります。

さて、ネガティブな声の1つ目は「安直すぎる」ことです。

母の日に贈るカーネーションが喜ばれるのは、愛する子供が一生懸命おこづかいを貯め、お母さんのために花束を買うという過程まで総合して嬉しいプレゼントだから。

しかしその喜んでくれたイメージに引っ張られて「女=花が好き」と思い込むのはNG。

女性という一括りにして個人の好みを考えない男性には幻滅です。

何も高価なアクセサリーじゃなきゃ嫌だということではありません。

「好きな人へ贈るものくらいリサーチする努力をしたらいいのに」と今後の付き合いにおける意志疎通や努力の有無まで不安になることが要因です。

そして、花の香りというのは好き嫌いがあります。

香水や柔軟剤の臭いで頭痛を引き起こすことがあるほど、嗅覚からの刺激は人体への影響が大きく、女だから花の香りまで好きとはいえないのです。

他のプレゼントが思い浮かばなかっただけでは?と思われる

好きな女性から事前に「花が好き」と言われていたり、彼女の家が花に溢れてるなど見るからに花が好きだとわかっているのなら花束は喜ばれるでしょう。

しかし、そういった情報もないのに花束を贈れば「他のプレゼントが思い浮かばなかったのか」と思われてしまうことがあります。

贈られたものにケチをつけるほど荒んだ女性もいないでしょうが、疑問を持つことは確実です。

そもそも、「他のプレゼントもあるでしょ?」と思ってしまうくらい“花に興味がない女性”に贈ってしまったということを男性側は理解する必要があります。

花はすぐ枯れてなくなってしまうからつまらない

複数の男性とデートしている女性は「花束を贈られた方がいい」と言うことがあります。

これは、枯れれば捨てられるから。

アクセサリーなどは誰にもらったかを管理しなければならず面倒くさいからだそうです。

しかし、そういった事情がないときは、花のように枯れたり、食べ物のようにすぐに無くなってしまうものは最終的に捨てる瞬間に寂しさや、どことなく罪悪感すら生まれてしまい気分がよくありません。

花がとても好きな人なら、ドライフラワーなどにして残すという手段を持っているかもしれませんが稀です。

うまくできないと結局捨てることになってしまいます。

形として残る物のほうがもらったら嬉しいと思う人が多い

特定の人とのお付き合いをしている女性としては、形の残るものを贈られるのが嬉しいと感じる人が多いです。

とくに身に着けられるアクセサリーやマフラーなど彼と会っていない時でも身近に感じられるものが喜ばれる傾向にあります。

一方、夫婦になるとガラッと変わって、レストランでの食事や実用家電などが好まれます。

これは、常に旦那と同じ家にいるので常に身に着けられるもので相手を想う必要がなくなり、より生活を豊かにしたり家事の手をとめて休ませて欲しいという思いがあるようです。

花はもらうと気恥ずかしいし、人前なら尚更嫌だ

この声については一概に、花をもらって本当に嫌という気持ちではないかもしれません。

花が好きな人でもこの気持ちを持つことがあります。

ただ、喜びよりも恥ずかしさが大差で勝っているので嬉しくなれないのです。

そのような場合は彼女の家で過ごす日であれば喜ばれる可能性はあります。

ただ人前は完全にNGです。

コンプレックスを持っている女性などはとくに気を付けましょう。

たとえ周囲が羨望のまなざしや微笑みうを向けていただけだとしても、冷ややかな目や嘲笑のように捉えてしまい恥ずかしさで逃げてしまいかねません。

男性が購入している場面を想像しても、かなり恥ずかしいようです

これは言いづらい理由も含んでいます。

ルックス抜群の自慢の彼氏ならスマートに花束を用意している様子が想像できるので画にもなるでしょう。

しかし、あまり花の似合わない男性が購入している姿というのは人によっては恥ずかしいと思ってしまうことがあります。

そして、まだ彼女ではない人に花束をプレゼントするなら、女性側がまだ付き合う段階ではないと考えていた場合は自分もよく利用する花屋で注文された花束だと、なんだか居心地が悪くなってしまうこともあります。

飾る場所を作ったり手入れするのが面倒だな

日頃から生活に花を取り入れていない女性の方が多く、花をもらったら飾る場所を考えなくてはならなくなります。

住む家の玄関の棚があったり、室内のどこかに飾れるような空きがあればいいですが、そうでなければ贈られても困ってしまいます。

そして、バラはユリほどではなくても香りの強い花です。

食事もとるワンルームの部屋などの場合、香りが気になってしまう人もいるでしょう。

そして、切り花は長持ちしません。

水も放っておくと腐るのでこまめに取り換えなければなりませんし、せっかくいただいたからと長持ちさせようとすると栄養剤などの購入も必要になります。

面倒な作業負担を与えることになりかねません。

虫が寄ってくるのも敬遠される一つの理由

夏場は少し窓を開けておくだけで虫が侵入します。

とくに水場に集まるので、花瓶の水はコバエなどのかっこうの棲家となってしまうのです。

冬であれば虫の被害はそれほどありませんが、まだ暖かさのある季節に花束を贈るのは相手の都合もよく考えてからにしましょう。

花の香りに誘われてやってくる虫もいます。

バラの花束を女性の部屋で渡す、女性の家に直接発送するなどの場合は問題ありませんが、出歩く最中に贈ってしまうと蜂などが寄ってくる恐れもあるので、蜂が寝静まる夜や活発ではない寒い季節なら安全です。

暖かい季節は持ち歩くにあたって花も傷むので考慮するべきでしょう。

バラのプレゼントを贈る際の注意

ここまで女性の声を見てきました。

ネガティブものは「安直すぎること」「すぐ枯れてしまうこと」「恥ずかしいこと」「手入れが面倒なこと」であり、贈る相手がそれらの声と同じような感じ方をしないかどうか考慮する必要があることがわかってきたのではないでしょうか。

それでは最後に、バラのプレゼントを贈る際の注意点を確認しましょう。

ただ花束を贈るよりも気の利いた付属品をつけることもおすすめです。

バラの花束に限らず、プレゼントを贈るときに大切なのは、相手のことをよく考えることです。

それを念頭に注意点を確認すれば納得できるでしょう。

本当にバラが好きな人には送っても良い

バラが好きな人も、生花を自分で買う習慣のある人はなかなかいません。

バラは安くても1輪200円はしますし、栄えのいいサイズは500円以上するのが一般的です。

それでも1週間くらいしか持たないので、日常生活に生のバラを取り入れられるのは、金銭的余裕がそれなりにあるということになります。

20代女性の平均月収は20万円以下が85%とされており、30代でも25万円以下が80%弱とかなりシビア。

500円あったら食材や日用品に回してしまうのが現状です。

そのため、生花がいくら好きでも、安価に購入でき長期間楽しめる鉢植えの花がギリギリで、その分手間暇もかかります。

それらの事情から、どんなに憧れていても日常に花を取り入れる生活は難しいものです。

花が好きで、とくに生花のバラを部屋に飾ってみたいという憧れ、希望のある女性にバラの花束を贈れば喜ばれるでしょう。

ただし、それだけ花が好きなら花言葉にも詳しい可能性があるので気を付けてください。

相手の好みを事前に確認しよう

花が好きだということがわかったら、バラが好きかも知っておきたいところです。

同じ花束なら別の花の方が良いということもあります。

花言葉はともかくとして、好きな色も聞いておいたほうがいいかもしれません。

また、好みだけでなく飾れる環境があるかどうかも事前に聞いておくことをおすすめします。

彼女であれば部屋に行ったときに、それとなくチェックできますし、花が好きかどうかのヒントもあるはずです。

若い人にはバラよりも物をプレゼントしたほうが喜ばれる

正直なところ、若い女性、とくに20代のほとんどは、まだ花の美しさを楽しむ精神年齢には達していません。

花を美しいと思えるのは人生経験が豊富になってからです。

若い内はまだ実利の伴うプレゼントを重視しがちなのは当然のこと。

花を買うくらいならそのお金で夕飯に1品足したい、ケーキが食べたい、化粧水が買いたい、といった食欲や物欲が優先しているからです。

まだまだエネルギッシュな年齢といえます。

これが年齢を重ねてくると、食欲も物欲も治まってきますし、デートもおしゃれなディナーや夜景、ショッピングセンターよりも落ち着いていられる公園や森林を散歩しながら自然の美しさを愛でることに興味が向いてきます。

それは、若い頃にさんざん遊んで、雑多な欲望を満たすことに対して興味が失せているからです。

その域に達していない年頃の女性へ贈るプレゼントは、洋服や財布、アクセサリー、時計、香水、バスグッズなどが好まれます。

しかし、これらは花以上に相手の好みがわからないと贈れないものばかりです。

服やアクセサリーは好みに合わなければ身に着けられませんし、財布や時計も個人によって求める利便性やサイズも違います。

香水やバスグッズは香りの好みや肌質を知らないと頭痛や肌荒れを引き起こす恐れも。

その分喜んでくれた場合は、それだけしっかり相手のことを理解しているということになるので、喜びの度合いが上がります。

飾る花瓶もセットで贈ったほうが良いかも

花が好きな女性は日常生活で切り花を飾っていることもあるかもしれませんが、一輪挿し程度の花瓶を持っていても、花束規模を挿せる花瓶があるかどうかは別です。

とくにバラは茎もそれなりに太く、花も大きいので花瓶の口の広さやバランスなども考慮すると合う花瓶があるかどうか考えなければなりません。

本来ならもらってすぐに水揚げ(キレイな水の中で茎の先端をカットする)して花瓶に移し替えたいところなのに、丁度いい花瓶が無いとそれを買いに行く手間も出費もかかってしまうのでありがた迷惑ということもあります。

そこで、バラの花束と一緒に丁度いい花瓶をセットで贈りましょう。

花束も花瓶も大きすぎると場所をとるので、手頃なサイズに収めるのが無難です。

そして、花瓶はしょっちゅう水を変えたりして持ち歩くことが多くなるので、高価すぎるものだと割ったときのダメージも甚大。

あくまで花が主役なので、手頃な物にしてあげるのが優しさです。

最近は花瓶すら持っていない女子が多い

花瓶“すら”というのは昔の男性目線の認識です。

女性が学校を出てすぐに見合い結婚をしていたような時代であれば、親戚・近所付き合い、夫の会社の人たちとの関係も濃密で来客なども多くありました。

そのため、もてなしとして玄関や床の間の花を季節のものに変えるのは専業主婦としての仕事、たしなみでもありました。

当然、花瓶も家にはあったでしょう。

しかし、今はそんな時代ではありません。

現代女性が花瓶を持っていないのは当たり前と思ってください。

現代の女性は社会に出るタイミングも、任される仕事も責任も男性と変わりません。

つまり、生活も男性とほとんど変わらず、持っているものも種類としては男性と大差無いといえます。

花瓶どころか、調理器具を持っていない人も普通にいます。

すぐ枯れないように花の栄養剤も一緒に贈ろう

「せっかくだから長く楽しみたい」という気持ちになるのはごく自然なので、栄養剤もセットにするのがおすすめです。

切り花は根がなく土から栄養を吸い上げることができないため、栄養剤を入れないと1週間もすればほとんどの花はしおれてしまいます。

また、夏場は花瓶の中の水も腐りやすいので小まめに水を変えないとバクテリアで花がダメになります。

栄養剤の中には水を腐りにくくする成分が入っているものもあり、その効果によって毎日水を変えなくても良いところが便利です。

できるだけ贈る相手の手間を減らすものを選びましょう。

青いバラは希少価値が高いので喜ばれやすい

色素の問題ではサントリーが開発したバラが世界的に初の青いバラとされており、切り花のみ購入することができます。

他にも「青(ブルー)」の名がついたバラはいくつかありますが、どれも日持ちしないので自然な発色の生花としてプレゼントにするなら今のところサントリーのブルーローズアプローズが有力候補です。

染色された青いバラも販売されており、かなり鮮やかな青色をしています。

染色されていても生花であれば、希少価値が高いため贈ると喜ばれやすいでしょう。

特別な時にはいいかも!送る時は注意しよう

バラの花束を贈られたときの女性の声や注意点について見てきました。

それらから総合して言えることは、バラを贈る相手について「よく知っている」のがポイントであるということです。

花言葉のもつ意味に詳しく気にする人であるかどうか、飾れる部屋かどうか、好きな色はなにか、そもそも花に興味があるかなど、さまざまな情報が必要です。

そのため、付き合いが浅く、まだ好意を伝えてみようという段階で贈るプレゼントとしては相手から好印象を得るハードルは高めともいえます。

また、花は二人の関係が進み、年齢も上になってきた時の方が嬉しい効果を発揮します。

長い付き合いの中で花束を贈ったことがないならギャップを狙って贈ってみる、若い頃を思い出を甦らせる同じ花束を贈るなど、マンネリ化した二人の関係を改善する起爆剤のような役割を果たしてくれるはずです。

誕生日や結婚記念日、二人の特別な日など文字通り花を添えて素敵な思い出づくりにバラの花束を利用してみてはいかがでしょうか。

【バラの花束を女性に渡す時のアイディアは、こちらの記事もチェック!】