「私なんて…」と口にして後ろ向きな考えの姿勢を見せている人が最近多く感じます。

いわゆる「こじらせ」系の方のことを言うのですが、一時期はこじらせ女子なるワードもできるほど、女性があえてこじらせている姿勢を見せて、男性の気をひくやり方なども流行ったほどです。

しかし、最近では女性に限らず、「こじらせ男子」も多くなっています。

ひとえに草食系男子が増えたことが原因と言われています。

しかし、「こじらせ」が流行ったのは一昔前であり、現在では「こじらせ」もそんなに良いものといった感じにはなっていません。

しかし、流行っているせいか、知らない間にあなた自身も「こじらせ」系になってしまっている危険性が高いのです。

相手から指摘されて「こじらせ」系だったと気づいても遅いですよね。

そこで今回、こちらの記事では「こじらせ」に関しましていろいろと情報を集めましたので、ぜひ、参考にしていただけましたらと思います。

「こじらせ」系の性格を見せるよりも自分に自信のある人の方が相手から見るとかっこいいですし、相手を不快にさせることはありません。

「こじらせ」はもう昔のものです。

現在を生きる人が昔のことにすがっていては時代に乗り遅れてしまいますよ。

ぜひ、先へ進むためにも「こじらせ」系を防ぎましょう。

️こじらせ女子・こじらせ男子ってご存知?

一昔前に一時流行った「こじらせ」ですが、では、こじらせ女子とこじらせ男子など性別によって違いがあるかのような感じで言われていますが、実際この違いやもしくは根本の「こじらせ」の意味を具体的に説明できるかと言われますと、なかなか説明できる人はいないと思います。

これは仕方がありません。

なぜなら、「こじらせ」と言う言葉の意味に絶対的な意味はないからです。

つまり、人によって「こじらせ」に対する捉え方が違うのです。

ただ、共通しているのは後ろ向きな人、ネガティブな人といった感じのことであります。

しかし、世の中いつまでも「こじらせ」系でいるわけには生きません。

そこで「こじらせ」系を防ぐためにも、まずは「こじらせ」と言う言葉自体から見直していく必要があります。

そこで、まずは「こじらせ」の意味からしっかり学んでいきましょう。

意味がしっかりわかれば今後の対策もしっかり取れますし、周囲にいる「こじらせ」系の人に巻き込まれる心配もありません。

まずはしっかり「こじらせ」の意味を理解しましょう。

そんなに難しくはありませんので、まずは簡単に考えていきましょう。

何事も柔軟な姿勢で行くことがしっかり理解するためのスタンスでもありますよ。

こじらせとは


まず、「こじらせ」とは言う説明になりますが、主に後ろ向きな姿勢を見せることが代表的な意味です。

これは場面場面によってもですが、「私なんか…」「自分バカなんで」「何をやってもダメなんです」といった感じのことを口にする方が、「こじらせ」系の代表とも言えます。

このようにマイナスな自分を見せることである意味、ガードしているような感じもあります。

もしくは、そのような姿勢を見せて相手にツンツンしたりする人も中にはいらっしゃいます。

なぜ、そのような態度を取ってしまうのかと言いますと、それが自分自身の姿だと思っているからです。

そのような姿を受け入れてくれる人を好きになってしまうのです。

もしくは、そのような姿勢を見せることで、相手から仕方がないかと思わせようと考えている節があるかもしれません。

できる人間は仕事などをいっぱい降られてしまうので、そうならないためにガードしている人もいらっしゃいます。

では、どのような感じの人が「こじらせ」系なのかここからは紹介していきます。

大まかに言うと面倒臭いタイプの人

はっきり言えばネガティブな発言しか言ってこないので、聴く人によってはすごく面倒臭いです。

ネガティブなことを言ってきて何を求めているのかわかっていないからです。

ある意味、言われた方からすると、何をすれば良いの?と言った感じに捉えてしまうので、対応に困ります。

また、何をして欲しいのかの部分をしっかりアピールしないので、さらにストレスを溜め込んでしまう危険性もあって非常に厄介です。

「こじらせ」系の中にもご自身おネガティブな部分をアピールすることだけを目的にしている人も結構多くいらっしゃいます。

なぜかと言いますと、このような人たちは慰めの言葉が欲しいのではなく、自分のネガティブな話を聞いて欲しいと考えているからです。

つまり、ただ聞いてくれさえいれば相手に取っては問題ないのです。

しかし、そこを何かを求めているような姿勢で話すから面倒なのです。

ひねくれている感じの人

「会社が悪い!」「こんな社会だから…」と言った感じに問題になった原因を抽象的な感じものに当ててしまう人がいます。

所謂、ひねくれ者です。

主に自分が悪くないと言った姿勢を持っているので、非常に厄介です。

このようなタイプは厚かましく同意を求めてきます。

同意してくれる人がいるだけで自分だけではないと言う環境下になるので余計に自分が悪くないと言った感じを産みやすくなります。

これは非常に厄介です。

仮に同意してしまったら、「あの人だってそう言っている」と口にしてくるので、巻き込まれてしまう危険性が非常に高いです。

ひねくれている人は物事を神秘的に捉えてしまうので何事においても抽象的なものに目を当ててしまい、それを原因にしてしまう癖があります。

抽象的なものを原因にしても解決には至りませんよ。

独身のことを指す場合もある


最近では独身でいる人のことを指す言葉になっています。

なぜかと言いますと、「こじらせ」系だから結婚できないと思われているからです。

つまりは結婚できない原因が「こじらせ」にあると世間では思っているのです。

確かに「こじらせ」系の性格では相手に不快を与えてしまう危険性が高いので、結婚できない確率は高いかもしれません。

しかし、独身でいることが必ずしも「こじらせ」系であると言うわけではありません。

これは「こじらせ」系に対する捉え方がネガティブなために起きた現象であり、勘違いと言っても過言ではありません。

独身だから「こじらせ」系と言う考えは一致しません。

しかし、「こじらせ」系だから独身という意味では若干ながら一致するかもしれません。

まずはその人がなぜ独身なのかと言うことの理由を確かめることが大切です。

こじらせは総じて可愛げがない

「こじらせ」系はひねくれやネガティブな人が多いので、相手からすると可愛い感じがしません。

なぜなら、一緒にいるだけで不快に感じてしまうからです。

要は聴く側からすればそうなりたくないと感じてしまうのです。

人は相手から受ける影響力が強すぎると言われているので、自分がなりたいと思う人の近くにいることがその人にとって一番なのです。

つまり、「こじらせ」系と一緒にいてもポジティブとは思えないのです。

また、そのようなタイプを可愛がってもメリットはないと感じているのです。

さらに最近では、人間の出す言葉でネガティブな発言は毒素を含んでいるとも言われているので、ある意味「こじらせ」系の方の発言は毒素がいっぱいあるのだと思っている人も多くいらっしゃいます。

こじらせるとモテから遠ざかる

可愛がりがないので、もちろん「こじらせ」系になってしまうとモテなくなってしまう危険性があります。

一緒にいてネガティブな発言ばかりする人と、ポジティブな発言ばかりする人だったらどちらがいいですかと聞かれたら、ほとんどの人はポジティブな発言をする人がいいと答えますよね。

このように「こじらせ」系は恋を遠ざけてしまうのです。

一昔前は、女性が「こじらせ」た態度を取ると可愛いと言った感じに見る男性は多くいらっしゃいましたが、それは草食系男子が出てくる前です。

所謂、そんなにネガティブなら自分が支えてあげようと考える男性が多かったのですが、現在は相手をささえるどころか、自分を支えるのがやっとなので、「こじらせ」系を見ると避けたいと感じるのです。

故に「こじらせ」系の姿勢は良くありません。

️こじらせ女子・こじらせ男子への印象

ここまで「こじらせ」の意味がなんとなくですが、分かったと言う人が多いと思います。

「こじらせ」が可愛く思えたのは一昔前までであって、現在ではそんなんではありません。

しかし、では、自分が「こじらせ」系かどうかと言いますと、違うとは答えたくてももしかしたら「こじらせ」系になってしまっている可能性があります。

そこでここからはこじらせ女子・こじらせ男子を含めて、「こじらせ」系の人への印象を説明していきたいと思います。

仮に友人などからそのような態度を取られていたり、そのような印象を持たれていたら、もしかしたら「こじらせ」系に見られてしまっている可能性が高いですよ。

もしくはあなたがそう見てしまう相手がいらっしゃいましたら、その相手が「こじらせ」系かもしれませんよ。

まずはしっかり「こじらせ」系への印象を理解しましょう!

イライラする

とにかく「こじらせ」系の人を見てしまうと男性、女性に限らずイライラしてしまうのです。

なぜかと言いますと、ネガティブな発言が続くだけでなく、では、一体どうして欲しいのかと言った確信の部分をつくことができないからです。

聞かされているこちら側のことを考えれば、ただ、聞いているだけなので、ストレスが溜まってしまってイライラするだけなのです。

自分の否定的な部分をアピールされても相手は困ります。

何か解決方法を出したくても意味がありません。

これは傲慢きまわりありません。

あなたの愚痴や不平不満を聞くために相手の時間を奪っているようなものなのです。

相手からすれば迷惑なものです。

イライラするのも当然と言ってしまって仕方がありません。

相手がちょっとイライラしているなと思いましたら、自分自身に注意が必要だと思いましょう。

恋人にはしたくない

前文で恋から遠ざかることを説明しましたが、その通りで「こじらせ」系は恋人にしたいと思えることがまずありません。

まず一緒にいてもいいことはないからです。

一昔前のドラマで「こじらせ」系の女性に恋するドラマがあったので、「こじらせ」系でいることが恋人ができやすいと感じている人もいっぱいいましたが、現在ではそんなことはありません。

なぜなら、現在は男性も女性も相手に収入を求める傾向が強くなってきているからです。

かつては男性の場合、女性に求めるものは家事や可愛さなどがありましたが、草食系男子が増えるたびに、女性に求めるものは収入に変わってきています。

つまり、「こじらせ」系よりもしっかりした人の方がいいと男性も見てきているのです。

これからの恋で大切なのはもしかしたら、考え方になっていくのかもしれませんね。

接しづらい

「こじらせ」系の人は感情のコントロールが苦手な人が多いので、相手から見ると非常に接しづらいです。

こちら側が良かれと思って接しても不快な思いをしてしまう人もいるので、そうなってしまうのなら接しない方がいいなと思ってしまうのです。

また、常にネガティブな印象があるので巻き込まれたくないと言った感じになってしまうので、なるべく接触を避けようと考えます。

このように自己防衛の観点からも接触を避けようと考えるので、いつしか一人になってしまっている人もいます。

感情のコントロールができないので、接するち火傷をしてしまう恐れがある。

ネガティブな雰囲気に巻き込まれたくない!そう言った感情を抱いてしまうのです。

最近、知人からの誘いが少ないと思いましたら、もしかしたらがありますので、思い返して見ましょう。

浮いている

「こじらせ」系の人は外との接触が減っていく危険性があるためにいつしか浮いた存在になってしまう危険性があります。

要は周囲に馴染めないのです。

常にひねくれているので、何かがあると相手のせいやスピリチュアルなもののせいにしてしまう癖があるので、周囲も一緒にいたいと思わないのです。

そのため、徐々に浮いてきてしまうのです。

最近ではわざと相手を「こじらせ」系に思わせて、職場で浮かせて退職に追い込もうとする人もいるので、「こじらせ」系でなくても注意が必要です。

このように最近では「こじらせ」系を良いような感じで利用している輩もいらっしゃるので厄介です。

浮いてしまったらなかなか地に着くのは大変です。

また、変に浮かばされないようにすることにも注意が必要です。

️こじらせ系から卒業しよう!

ここまでの説明で「こじらせ」系でいることにメリットを感じた人はいないと思います。

ほとんどの人は脱「こじらせ」系と思ったでしょう。

そこでここからは「こじらせ」系になりたくない人、「こじらせ」系から卒業したい人などに向けて、脱「こじらせ」系の説明をしていきます。

何だか難しそうと考えている方もいらっしゃいますでしょうが、まずはその考えを取っ払いましょう。

何事も柔軟な姿勢でいることが大切です。

つまりは簡単に考えましょう。

簡単に考えることで、たとえ難しいことでも簡単に思えてきますよ。

そう考えて実践して「こじらせ」系から卒業できたら最高ですよね。

ぜひ、モノにしましょう。

そのためにも理解して実践することが大事ですので、まずはしっかり理解しましょう。

努力すれば自然体になれるはず

まず最も大切なのは「こじらせる」ことを考えないことです。

少しでも考えてしまうと「こじらせ」系の発言や行動を引き越してしまうので、考えないようにしましょう。

そのためにも努力が必要です。

努力していくことで、ご自身でも知らない間に自然体になってしまっていることがありますよ。

つまり、「こじらせ」系は自分自身の考えから生まれてしまっているのです。

故になるべくそのような考えを生まないようにすることが大切です。

そのためにもプラスなことを考えるようにしましょう。

考えや言葉があなたを作っているのです。

ネガティブな発言ばかりしていたら、本当にネガティブな人になってしまいますよ。

そうなってしまうと「こじらせ」系なので、そうならないためにも自然体を目指しましょう。

️こじらせ女子・こじらせ男子にならないための11個の注意点

「こじらせ」系がよくないと言うことがわかったので、ここからはお待ちかねの「こじらせ」系にならないために必要なことをご紹介します。

大きくピックアップして11個ありますので、ぜひ、しっかり理解しましょう。

いきなりすべてをマスターしろとは言いません。

すべてをマスターする方が難しいです。

まずは身近なものや読んでいてビビッときたものなどから理解していくことをお勧めします。

1つでもマスターすることであなたも「こじらせ」系にならずに済みますし、また、「こじらせ」系から卒業できる可能性が高くなりますよ。

「こじらせ」系を生み出してしまっているのはあなたの考えです。

つまり、あなた自身が変わりたい。

「こじらせ」系は嫌だと思えば「こじらせ」系にならずに済みますよ。

ぜひ、理解していきましょう。

自分に自信をつける

「こじらせ」系の人に多いのが、自分に自信がない人です。

自信がないから自分を低く見せてガードを作ろうと考えているのです。

自分を低く見せれば、相手からそんなに無茶なことは来ないという考えがあるのだと思います。

しかし、現在は保守系の人が多い世の中です。

つまり、そのような人がいると自分にとっては厄介だと思って切ろうとする人も最近では多いのです。

つまり、自信がない人の立場も危ないと言うことです。

ただ、自信に溢れている人も自分を脅かす危険性があると思って切られてしまう危険性があるので、大変です。

ただ、ないよりかはあった方がいいと言うのが自信ですので、自分に自信をつけましょう。

そのためにも小さな成功体験を積み重ねていくことが大切です。

成功に大きいも小さいもありません。

ぜひ、毎日何か成功したと思えるものがあったらメモするなどして積み重ねていきましょう。

【自分に自信を持つ方法は、こちらの記事もチェック!】

素直になってみる

素直は成功への近道と言われているほど、素直な人はいろいろなことに成功しています。

一時期は、正直者が損を見るや素直は騙されやすいなどのフレーズがありましたが、そんなのはただの虚像です。

素直こそベストな姿勢なのです。

「こじらせ」系の人は素直な人が少ないです。

また、他人の意見を参考にしようとしないので、なかなか相手の言っていることを受け入れようとする姿勢が見えてきません。

そうなると、相手も接しようとしないのです。

つまり、新しい情報が入って来ないと言った感じになってしまいます。

故に素直になることが大切なのです。

すぐに素直になれないと言う方も、まずは身近なところから素直になってみてはいかがでしょうか?いきなりすべてに置いて素直になっても、相手が混乱してしまう場合が多いので気を付けましょう。

卑屈的にならない

自分を下げすぎても意味がありません。

昔はかわいそうだなと思ってフォローしてくれる方は多かったのですが、最近は経済状況の落ち込みと比例するような感じで草食系男子が増えていることもあって、相手をよく見ようとする人が減ってきています。

みんな自分で精一杯なのです。

つまり、「こじらせ」系でなくても自分を見ることで精一杯になっている方が多いのが世の中です。

つまり、卑屈的になっている人を相手にしているほどの余裕がないのです。

卑屈的な人は他力本願的な感じの人が多いので、他人からすると来てほしくないと思われる可能性が高いのです。

故に卑屈的になりすぎてはいけません。

まずは自分自身を過小評価することをやめましょう。

ネガティブにならない

「こじらせ」系に最も多いのがこのネガティブな人です。

ネガティブな人はネガティブなことを言うことと、ネガティブな発想をすることを普通だと思っているので、なかなかそのような癖から抜け出すことができません。

ネガティブは相手を巻き込んでしまう危険性があるので、人がなかなかよって来ません。

なぜなら、ネガティブになりたいと思う人は世の中に少ないからです。

つまり、ネガティブでいること自体が異常自体なのです。

まずはネガティブから脱出しましょう!そのためにも環境を変えることが大事です。

そこにいる環境から受ける影響はあなたが思っている以上に強いのです。

おそらくネガティブな人は周囲もネガティブな人が多いと思います。

まずはそのような環境から抜け出しましょう。

笑顔を大事にする

笑うことは最高のお薬と言われるほど、現代でも笑顔でいることが大切になって来ています。

「こじらせ」系の人の多いのが、笑顔が少ない人です。

もしくは笑った顔を見たことがない。

笑っていても楽しそうと感じない人です。

つまり、「こじらせ」系から脱出するには笑顔になることが大切なのです。

笑顔になれば自然と人が寄って来ますよ。

よくテレビに出ている芸能人などで人気のある人たちに共通しているのは、笑顔が素敵なことです。

つまり、笑顔は自分を輝かせるだけでなく、相手をも喜ばせるウインウインな手段なのです。

泣くことは難しくても、笑顔になることはそんな難しいことではないですよね。

ぜひ、笑顔になることをしましょう。

まずは、笑顔になれる面白いものに触れることが大切なので、ぜひ、実践しましょう。

広い視野を持つ

なぜ、ネガティブに考えてしまうのか?なぜ、自信がモテないのかと言いますと、それは広い視野を持つことができないからです。

範囲が狭いと自然と選択肢が狭くなってしまいます。

故に広い視野を持つことが大切なのです。

ポジティブな人のほとんどは世界が大きい人です。

常に新しいことを求める体質なので、いちいち落ち込んでいる暇がないのです。

広い視野を持つと同時に判断材料を多く持つことができるので、どうしたら最も良い判断ができるだろうと考えることができるのです。

視野が狭いと、失敗したらどうしようと言った感じでマイナス的なことから考えてしまう傾向が強いのです。

なので、できる限り視野を広く持つようにしましょう。

どうすれば良いかと言いますと、行ったことのない所にいくなど、未体験のことをすると自然と視野を広くすることができますよ。

悪い口癖をやめる

言葉は自分に返ってくる。

あなたが発した言葉があなたを作っているとよく言われますが、あながち嘘でもありません。

「こじらせ」系の人はいつもネガティブな言葉を発しているので、「こじらせ」系になってしまうので、これは潜在意識が働いてそのような自分を作り出そうとしていると言われています。

あなたが発する言葉に、潜在意識が反応してそのような言葉をだす場面を引き起こしと言われています。

つまり、ネガティブな言葉ばかり発していると、ネガティブな言葉を発する場面に出くわすのです。

このように、たかが口癖と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、百聞は一見に如かずです。

まずは信じて実践してみてはいかがでしょうか?世で成功者と言われている人のほとんどは口癖がポジティブな人ばかりです。

「どうせ私なんて…」

自分を低くするような言い回しですが、このような言葉を発していると潜在意識が働いて「どうせ私なんて…」という場面を引き起こしますよ。

つまり、自分を過小評価してしまう場面がいっぱいくるということです。

自分を過小評価しても意味がありません。

また、人生100年時代と言われているので、ちょっとやそっとの失敗が大きく影響するなんてことも少なくなりましたよ。

つまり、過小評価していても意味がないのです。

「どうせ私なんて…」よりかは、「だから私は!」と言えるようにしましょう!このフレーズの方が相手もあなたの意見を聞きたいと思いますよ。

ちょっとのそっとのことや他人から何か言われたからと言って、卑屈になる必要はありませんよ。

「女捨ててるから」

女性らしさがない人に対してそんな感じのことを指摘すると「女捨ててるから」と口にされる方がいますが、女性を捨てたからと言って男になれるなんてことはまずあり得ません。

これは自分を受け入れられていないだけです。

男性、女性関係なく自分を受け入れることができないとこのようなことを口にしてしまうのです。

また、口にしていることでそのような場面を引き起こしてしまうので、いつまでたっても「女を捨てている状態」から抜け出せなくなっているのです。

これは女性だけでなく、男性でも起こり得る現象ですので、気を付けましょう!あまりネガティブなことを口にしてもいいことはありませんよ。

それよりはポジティブな発言をして福を呼びましょう!

「恋愛なんていらない」

本心ではそう言っていません。

ただ、パートナーに巡り会えない自分を否定したくないからそう言っているのです。

しかし、そんなことを言っているうちは本当に恋愛の場面に遭遇することはありません。

本当に恋愛したかったら、毎朝起きたら無感情に「愛している」と口にすることです。

そのことで潜在意識が働いてそのような言葉を口にする場面に出くわすことができますよ。

恋愛をしたくないという人はまずいないと思います。

ただ、恋愛をすることで、傷つく自分が嫌なだけです。

そのために防衛機制として「恋愛なんていらない」と口にしているだけです。

恋に対して卑屈に考えるのは辞めましょう!世界にはたくさんの素敵な人がいますので、一度や二度で変に考えるのは辞めましょう。

周りをよく見て空気を読む

「こじらせ」系になってしまうのは、周囲をよく見れていないからです。

自分よがりになっているから浮いてしまうのです。

ただ、最近は「こじらせ」系以外の人にも周囲を見ることができない人がいっぱいいるので仕方がありません。

しかし、だからこそ周囲を見ることが大切です。

優柔不断をやめる

「こじらせ」系に多いのが優柔不断のタイプです。

これは決断力がないからそうなってしまうのです。

なぜ、決断力がないかと言うと、決断することで周囲からどんな目で見られるのかという不安を持ってしまっているからです。

決断に悪いことはありません。

大切なのは、決断したあとです。

人に頼ることを知る

人は文字通り支え合ってこそ人間です。

故に相手に頼られることも大切ですが、相手を頼りにすることが大切です。

頼ることは恥だと思っている方も多いですが、そんなことはありません。

頼っていいのです。

なぜなら、頼られて嫌な思いをする人はいません。

故に相手を頼るようにしましょう。

とにかく表に出る

「こじらせ」系は後ろにいて相手を見て判断するようなタイプが多いです。

しかし、それではことが進みません。

故に、前に出ることが大切です。

前に出ると叩かれると言いますが、それは出すぎた時だけです。

出る杭は打たれるという言葉の通りです。

つまり言われた時は、出すぎた時なのです。

何も言われなかったら調度いいと思いましょう。

️こじらせからの卒業は難しくない

以上のように「こじらせ」系から卒業することは難しくありません。

大切なのは意識付です。

あなたの考え一つで、変えることができますよ。

ぜひ、実践していきましょう。