いつの時代も女性の悩みは尽きないものですよね。

その中でも働く女性には、特有の悩みがあるようです。

他の人からみたら、“たったそんなこと…”と思うようなことも、本人にとっては大問題なはずです。

今回はそんな働く女性のよくある悩みとその悩みを軽くする方法をご紹介していきます。

働く女性の悩みは尽きない!

仕事をしていると、解決しても解決しても新しい悩みが押し寄せてきますよね。

自分の将来への不安、職場の様々な人間関係や男女の待遇差別、仕事に対してのやりがい等、とても多くの問題が発生すると思います。

仕事の忙しさから友達とも疎遠になってしまい、悩みを打ち明けられる人もいないなんて人もいるでしょう。

そして、そんなことも悩みになってしまって、どんどん深いところへハマっていってしまう人もいます。

しかし、あなたが抱えている悩み、実はほとんどの女性が抱えている悩みかもしれません。

あなたはどれだけ共感できる?

もし、あなたの悩みが周りの女性も抱えている悩みだと分かったら、少し悩みも軽くなるはず。

仕事を続けていくと、ステップアップするごとに悩みも増えますよね。

人間関係だって上司との関係から、部下と上司との狭間で悩んだり、色々なハラスメントにあったりするのは、経験していなくても耳にしたことはあるはずです。

それだけでなく、だんだんと身体もつらくなってきますよね。

昔はなんともなかった連日の残業や飲み会なども、徐々に次の日に響いてきたりすると思います。

そういった人間関係や自分自身の体の変化は、多くの働く女性が悩んでいることでしょう。

どんな悩みがあるのか見ながら、共感できる項目がいくつあるのか確認してみるのもいいかもしれません。

働く女性の10個の悩み


ここから具体的に、仕事を頑張っている女性が抱える悩みをご紹介していきます。

よくある悩み10個なので、これ以外にも色々とあると思います。

また、仕事を頑張る女性以外にも同様の悩みを持つ人ももちろんいますし、もし仕事はそんなに頑張っているわけじゃないけど…と思っている人も、参考にしてみてください。

1.結婚できるかどうか

多くの女性に立ちはだかる悩みかもしれません。

就職してしばらくしたら自然と良い人と知り合って、自然と結婚に向かうと考えていた人もいるでしょう。

しかし、働き始めてみると、意外と出会いは簡単ではないと知ったはずです。

もちろん働いていれば新入社員がはいってきたり転勤や社内異動で、新しい男性と知り合うこともゼロではないと思います。

なので、その中で結婚に繋がる人もいるかもしれません。

ただ、その男性たちが全員独身だという保証はないですし、新入社員の多くは年下になります。

男性は女性に比べて、結婚願望が高くない人も多く、また結婚について考え始めるのも女性よりはワンテンポかもう少し遅くなるのです。

そのため、その中で結婚相手を期待できるかと聞かれると、なかなか難しいですよね。

そう考えているうちに周りが結婚しはじめ、先輩や上司が寿退社をしていくと、自分はどうなるんだろう?と急に不安になってくる女性もいるようです。

仕事一筋の女性がふと立ち止まったときに悩む

忙しい仕事の毎日で、職場と自宅の行き来ばかりになってしまう人もいるはずです。

仕事を始めたばかりの頃は、覚えないといけないことの多さやお金を稼ぐことの大変さ、そしてやりがいを感じて、仕事が充実していると感じるでしょう。

しかし、仕事に慣れてきてふとしたときに、周りが結婚していることを実感すると、急に不安に思い、このままでいいのか悩んでしまう人多いのです。

そしてまず目を向けるのが職場内でしょう。

ただ、その職場で結婚相手を見つけることが出来るのか、正しいのかはもうなんとなく分かっている人がほとんどだと思います。

職場内での出会いに期待できないと判断すると、さらに結婚への不安が押し寄せてくるかもしれません。

職場内での出会いが望めないとなると、必然的に職場の外に出会いを求めますよね。

そうしなければ、結婚の望みが薄くなってしまうと考えているからです。

でも、友達の紹介や合コン、趣味などの関係で出会いの機会はあったとしても、それにも限界があるはずです。

その出会いの機会が一段落してしまうと、自分は結婚できるのかという不安がまた大きくなってしまうものなので、なるべく早めに何らかの対策が求められる悩みかもしれません。

2.キャリアを重ねていけるかどうか


仕事を頑張っている女性ならプライベートも大事ですが、その会社でキャリアを重ねていくことができるのかも大きな悩みですよね。

目指すポストがあったり部署があったりというのももちろんですが、仕事をしていった姿を想像したときに、現在のやっていることが将来の仕事のためになっているのか、その基本になっているのかということは、とくに限定的な仕事をしている女性はとても悩んでしまうんだとか。

もちろんどんな仕事でも、長く続けることや経験をすることは大切なことですが、自分の思い描いているキャリアへの道に必要なことなのかどうかは、働く女性の悩みの種になっていると思います。

将来の不安から現実逃避を繰り返している

将来の自分を想像して、色々な不安を抱えてしまうと、行き場のないもやもやから現実逃避に走ってしまうことがあるようです。

その結果、今のこの状況が自分の思い描く将来に通じているのか確認することもせずに、だらだらと流されて時間を無駄に使ってしまうこともあるんだとか。

そして、たまにふと現実に戻ってくると、その悩みから現実逃避してしまったという後悔も重なり、さらに現実逃避をしてしまうという悪循環になってしまいかねません。

3.男性と比べると昇進が襲い

世間では“男女平等”とだいぶ前から言われていますが、現実はなかなかそうではありませんよね。

昔と比べれば、だんだんと社会の中での男女の関係は平等に近づいているといえるでしょう。

女性の役職者や実力を認められる機会も増えてきていると思います。

ただ、それもまだ完全に男女平等といえるところまでいってませんよね。

まだまだ男女の差はかなり大きいと感じる場面もあるはずです。

そのため、今でも男性よりも女性のほうが昇進できないという現実があるということではないでしょうか。

新入社員として同期入社した男性社員のほうが、どんどん昇進していってしまうと嘆く女性も多いかもしれません。

また、自分のほうが仕事の実績も高かったり、スキルなどもあるはずなのに、なぜ自分じゃないのだろうと悩んでしまう人もいるでしょう。

そう思い悩んでしまうと、仕事にも身が入らなかったり、自分が実績を残すこともバカバカしくなってしまうこともありますよね。

頑張っても報われないのではないか

男性と同じように頑張って、実績や上司からの評判も良いはずなのに、周りの男性ばかり昇進していくと、同じように会社に貢献していくのが自分の為になっているのかと疑ってしまうこともあると思います。

そんな気持ちは仕事にも影響が出てきてしまうかもしれません。

でも、自分の望むようなポジションが得られないと、仕事へのモチベーションは下がり、仕事も嫌になってしまうなんてことも。

せっかく仕事を頑張って、やりがいや上を目指して頑張ってきたのに、報われないと感じてしまうのは、働く女性にとっては大問題にはるはずです。

4.上司や同僚からモラハラ・セクハラを受けている

これも昔に比べると社会の目などが厳しくなったことによって、だいぶ改善されてきたことですが、未だに職場でのモラハラやセクハラに悩む女性はとても多いといいます。

最近では社内に相談窓口を設けたり、第三者機関に顧問弁護士を設けている会社も増えてきたと思います。

中には逆セクハラという事例もあるようですが、やはり女性がセクハラの対象になってしまうほうが圧倒的に大多数なんです。

昔から働いている上司は、なかなか考え方が凝り固まっていたり、女性を軽視してきたまま現在に至る人もいます。

そしてそんな周りを見ていたら、同僚だってそんな考え方に流されてしまうこともあるかもしれません。

その結果、モラハラやセクハラなどがなくならないのだと思います。

我慢する必要はない

仕事を続けたいからといって、そんなモラハラやセクハラに我慢をする必要は全くありません。

そういった行為が問題だからこそ、会社も相談窓口や相談できる弁護士などと契約をしているのです。

なので、もしこういった悩みを抱えている女性がいるのであれば、このような機関を利用するべきでしょう。

ただ、場合によってはこういった機関をおいているだけで、機能していないことも実はあるようです。

もし然るべき場所に相談しても、特別動きが見られなければ、無理にその会社で働く必要はないと思います。

あなたにとっては大事な仕事かもしれませんが、そういった問題をきちんと処理してくれない会社は、いてもあまり自分の為になるとは考えにくいといえます。

そして、社内でどうにもならない場合は、外部の力を頼って行動を起こすことも必要になってくるかもしれません。

5.仕事場の人間関係がうまくいっていない

働いていくうちに仕事内容だけでなく、人間関係に悩む女性も多くいるようです。

その中でも女性が多い職場で働く人は、とくにこの悩みに直面している人が多いといわれています。

女性というのは、学生の頃からたくさん集まると、色々な問題が起こりますよね。

派閥ができてしまったり、仲良くなったグループで行動しないといけないような目にあったり、休憩時間も一人ではなかなかゆっくりできないことも出てきてしまうでしょう。

また、女性同士では結婚や子供などの話題も慎重にならざるを得ないと思います。

さらにドラマでも題材にされるようなマウンティングなどが実際にあったりすることもあるんだとか。

仕事ではない部分でそんなに気を使ったり、気疲れするようなことはなるべく少なくしたいですよね。

居心地が悪い

職場にはなぜか、お局さんと呼ばれる古くから働いている女性がいることが多々あると思います。

そういったお局さんに気に入られるかどうかで、仕事が居心地良くできるか、そうでなくなってしまうのか決まってしまうことも有り得ます。

また女性の中にはプライベートにまで関わってこようとしたり、付き合いを半ば強要されたりと、どうしても居心地が悪くなってしまうことがあるようです。

6.妊娠、産休、育休など会社に申し訳なくなる

女性は結婚をしたり子供ができたりすると、どうしても休みが増えたり、残業に対応できなくなったりしてしまうことが出てきてしまいますよね。

中には寿退社を選択する女性もいますが、今はそうではない選択をする女性も増えてきています。

結婚だけであれば突然の休みや残業などの制限もそこまでないでしょう。

しかし、妊娠をするとなかなかそうもいかないと思います。

悪祖で仕事ができる状態ではなくなってしまったり、起き上がることすらできずに休んでしまうこともあるでしょう。

また、出産が近くなったら、しばらく産休をとり、その後育休もそのまま取る人が多いと思います。

そうなってくると、当然会社のことが気になってしまいますし、周りの人の仕事が増え、迷惑をかけてしまっているのではと申し訳ない気持ちになってしまいますよね。

でもそれは当然の権利!気にしない

どうしても同僚や後輩などの会社の人に迷惑をかけるのが申し訳なくて、なかなか休めなかったり、早退や遅刻などができない人もいると思います。

しかし、それは会社の規定で定められていることであり、それを活用するのは当然の権利だといえます。

なので、縮こまらずに正直に休みたいときは休みましょう。

また、会社がどこまでそれに対応してくれるのかもバラバラだと思いますので、いま働いているところがどこまでケアしてくれるのか調べておく必要はあると思います。

7.肩こり、むくみ、頭痛

長時間の仕事では、どんな仕事でも肩こりや足などのむくみ、頭痛に悩む女性は多いですよね。

学生の頃は一つの授業で何時間も座りっぱなしだったり、書物をずっとし続けることも少なかったと思います。

それが、仕事をしていると何時間も様々な作業に追われ、ランチもままならないほど忙しいこともあるでしょう。

そうすると、どうしても体の色々なところに疲れが溜まっていき、肩が凝ってしまったりすることも仕方ないかもしれません。

デスクワークにはつきもの

肩こりやむくみ、頭痛などはデスクワークをしている女性にとっては、つきものともいえるでしょう。

座ったまま何時間も仕事をしていれば、嫌でも足はむくんでしまいます。

肩こりや頭痛も、姿勢が悪かったり体の中の血流が悪くなってしまうことで起こるので、避けられないともいえます。

そのため、むくみ防止にこまめに席を立つよう心がけたり、座ったままのエクササイズを行うことで、良くなることもあるかもしれません。

最近ではむくみ防止に着圧タイツが売っていたりもしますよね。

そういったものも試してみる価値はあるはずです。

また、座ったままできるエクササイズも数多くありますし、ただ肩甲骨をほぐすように前や後ろに大きく伸びたり、肩を回すようにするだけで少し楽になったりします。

目からくる頭痛なのであれば、ブルーライトガードのメガネをしたり、目薬で目の疲れを緩和することも手でしょう。

このように様々な解消方法もあるんです。

それでもどうにもならないと思ったときには、プロにマッサージをしてもらうことも必要だと思います。