毎朝起きて、ご飯を食べたら身支度をして会社に出勤する人が多いですね。

寒い日も、暑い日も、台風の日も、雪の日も休まず出勤します。

仕事はたくさんあり、家で仕事をできる人もいれば会社に出勤する人、自分のお店を持っている人など様々ですが、仕事は生活の一部であり、1日のうちの大半が仕事をして過ごしています。

もちろん、専業主婦も立派な仕事です。

専業主婦は一年中休みはありません。

朝から晩まで常に、家族のお世話に、家の用事に忙しい毎日です。

疲れてたり、体調が悪いとき、気持ちが落ち込んでいるときなどもあり、仕事のやる気が出ないときもあります。

今回は、そんな様々な仕事についてお話します。

仕事のやる気でない10個の理由と、理由ごとの対策も解説します。

仕事のやる気が出ない時、ありますよね

誰でも仕事のやる気が出ない時ってありますよね。

やる気が出ない理由は様々ありますが、予期せぬ時にやる気が出なかったりすると、困ってしまいます。

どうにかして、やる気を出そうとしますが、理由によってなかなかやる気が出せない場合もあります。

やる気が出ないのに仕事をするのはキツイ

仕事に限らず、やる気が出ないのに何かをすることはキツイですよね。

たとえ、楽しい飲み会やランチ、ショッピングにスポーツなどで際もやる気が出ないのに楽しい気持ちにすることは難しく、またすぐには気持ちを高められない場合もあります。

大事な試合や、大事な発表会などで、やる気が出せないと、結果にも表れやすくなります。

また、周りからも心配されてしまったり、迷惑をかけてしまう場合も多くあります。

仕事のやる気が出ない10個の理由


では、なぜ仕事のやる気がでないのでしょうか。

仕事は、生活のためにもやらなくてはならない事であり、生きている限り必要なことでもあります。

ここからは、仕事のやる気が出ない10個の理由についてお話ししていきます。

1、疲れが溜まっている

仕事のやる気が出ない一番の理由は、疲れが溜まっている場合がほとんどです。

仕事のやりすぎによる睡眠不足や、歩き回り過ぎて体力の限界、パソコンによる目の疲れ、長時間同じ体勢です仕事をしていたことによる、肩凝り、首、腰による痛みなどがあります。

仕事がなかなか終わらず、徹夜で何日も頑張ってしまい、寝不足になり、終始体がぼーっとしてしまったり、頭が重くなってしまったり、フラフラしてしまうこともあります。

肩凝りや首、腰による痛みは慢性化すると歩けなくなるほど重症化したり、偏頭痛が常にしてしまう場合もあります。

体調不良だと、どうしても仕事にやる気が出せない場合が多くあります。

また、女性特有の冷えにより、体が冷えすぎてしまい、体全身が凝って、偏頭痛や重度の疲れが出てしまうこともあります。

冷えはより疲れやすく感じてしまう場合もあるのです。

2、仕事にやりがいを感じていない

疲労に次いで多いのは、仕事にやりがいを感じていない人も多いです。

毎日同じ作業の繰り返しの仕事の場合や、仕事内容に将来性が見えない場合など、理由は様々ですが、今の仕事が本当に自分のためになるのかわからない場合、やりがいを感じられないことが多くあります。

仕事に対して、人それぞれの求めるものも違いますが、自分自身が仕事を通して成長したい人や、仕事を通して学びたい人、大きくなりたい人、特定の技術を身に付けたい人などの場合は、今の仕事に対して自分が仕事に対して求めている事に合っているのかなど、常に意識している人も多くいます。

そのため、今の仕事が自分自身にとってためになるかならないかを見極め、ためにならないと感じてしまうと、仕事にやりがいを感じられなくもなります。

また、今の仕事に一生懸命取り組んでいる人のなかには、周りをリードして引っ張っていこうと努力している人の場合、自分の思いが周りには伝わらなかったり、自分の努力が周りによって、水の泡になるような場合、今の仕事が大好きだけどやりがいがなくなってしまう場合も多くあります。

このように、仕事に対してやりがいがなくなる理由は、自分自身の都合もありますが、周りの環境でも大きく変わるのです。

3、将来のビジョンが想像出来ない

仕事にやりがいを感じられなくなる理由でもありますが、今の仕事に対して、将来のビジョンが想像できない場合も、仕事にやる気が出なくなります。

夢を持って就職した会社や、夢を叶えるため、勉強して経験を積むために就職した会社など、自分自身の将来のビジョンを考え、想像して入社します。

そのため、仕事をしていくにあたって、自分の思い描いていた将来のビジョンとは、かけ離れた場所にどんどん来てしまったり、一向に向上出来なかったり、夢が離れる、夢に近付けない場合などは、多くの人が転職を考えてしまう場合が多くあります。

時間は貴重ですし、仕事をしなければ生活もできないわけなので、どうせならためになる仕事をしたいと思う人が多いのです。

また、仕事内容以外に、給料面も大きくなります。

しっかりまともに働いて、安定した収入を得て、貯金もしっかりとして、マイホームを建てたり、家庭を築いて子供にいい教育をさせてあげたい、老後に海外移住するための資金を貯めたいなどどいう、キンセンテキナ夢を持って就職した人もいます。

しかし、一向に給料が上がらなかったり、なかなか安定した収入が得られなくて、貯金が出来なかったり、仕事量に比べて全然給料が合わなかったりする場合もあります。

人は、夢が見えなくなったり、夢を見失うと気持ちが不安定になり、やる気もなくなる傾向があります。

4、人間関係が上手くいっていない

職場では、人間関係が付き物です。

元々人付き合いが苦手な人や、うまく人と関われない人の場合は、人間関係がうまくいかないと、仕事に対してやる気もなくなる場合もあります。

上司とうまくいかない人や、同僚とうまくいかない人、異性とうまくいかない人など様々ですが、仕事は毎日ありますし、1日の大半がその人と過ごすことにもなります。

中には、人間関係がうまくいかな過ぎて、精神的に疲れてしまい、うつ状態になる人や、精神的に破壊してしまい、爆発してしまい、会社から辞めさせられたりする場合もあります。

上司が部下に厳しいのは当たり前ですが、あまりに理不尽すぎる場合や、精神的に耐えられなくなり、体調を崩してしまう人の場合は、相手が上司なだけになかなか言い出しづらく、仕事にやる気が出せなくなり、仕事事態が苦痛になり、自ら辞めてしまう人も多くいます。

職場に親しい人間でもいれば、話は別ですが、なかなか上司や同僚の愚痴は言いづらく、一人で塞ぎ混んでしまう人が実際多いようです。

5、生活リズムが崩れている


あまりの仕事量や、仕事内容により、夜寝る時間もなくなってしまったり、食事もまともにとれなくなる人もいます。

睡眠時間が毎日3時間以下の人や、食事は3食食べられず、食べても片手で手軽に食べられるパンなど、生活習慣が乱れ、生活リズムも崩れてしまっている場合などは、仕事のやる気が出なくなります。

一歩間違えれば、過労で倒れてしまったり、偏った食生活のために体調を崩してしまうことも多くなります。

元々仕事の都合上、夜勤や夜の仕事の場合は、昼夜逆転してしまいますが、昼間に眠る時間を作りやすいですが、昼間がメインの仕事の場合に、徹夜続きや、昼間もハードな仕事内容だと、体が付いていけなくなり、精神的にも疲れてしまい、仕事どころではなくなってしまいます。

生活リズムを整えたいけど、仕事量が多すぎる場合などは、嫌けがさしてしまい、仕事にやる気が出なくなります。

昼間車を運転するような人や、自転車やバイクなどを使う仕事の場合は、寝不足と過労により、運転に誤りが出やすく、思わぬ事故を起こしてしまう場合もあります。

事故に合えば、もちろん会社には出勤出来ず、保険で収入はカバー出来ても、一時です。

長期入院となれば、生活もできなくなり、退院してからも、今まで通り働けなくなる場合もあります。

最悪の事態の場合ですが、生活リズムが崩れてしまうと、体も崩れてしまう場合もあるのです。

6、仕事に対して不安を感じている

自分の中では、一生懸命取り組んで、努力して仕事をこなしているのに、仕事に対して不安を感じている人はとても多くいます。

会社の方針に対して不安を感じている人ももちろん多いですが、職場環境や人間関係、さらに、自分の力不足などに対して不安を感じている人がいます。

会社の方針や職場環境、人間関係はよくありますが、自分の力不足に対して不安を感じている人の場合は、仕事のやる気が出ない理由は2つに分かれます。

1つは、仕事があまりにも責任感が必要すぎて、自分自身の力ではとても行えない場合です。

2つ目は、仕事自体、大好きで、毎日楽しく仕事をこなして、日々勉強になり、将来の自分の夢にも日々近付けていますが、どうしても自分の力ではどうにもならない壁にぶち当たってしまう場合です。

1つ目の場合は、諦めでもあり、自分の力では無理と決めつけて、やる気すら出てこない場合もあります。

憧れて医療関係の仕事に就いたけれど、実際働いて、医療現場の慌ただしさや生死をかけた戦いに自分はとても耐えれす、諦めモードになり、開き直って仕事内容に不安を持ち始めて辞めてしまう人もいます。

2つ目は、日々誰かに必要とされていたり、自分自身今の仕事が大好きで、誇りをもっているけれど、自分にはどうすることも出来ない状況が起こった時に、自分自身の仕事に不安を感じてしまう場合です。

憧れの警察官になり、日々人々を助けて守っていますが、毎日悲惨な事件が相次ぎ、警察官として、出来ることはなかったのか、もっと何かをしたいと強く思っていても、上の判断で出来ない場合など、自分の仕事に不安を感じてしまう場合です。

仕事は、会社の方針が絶対であり、違反した場合は、同等の代価を払います。

しかし、仕事に対して不安を感じている人の場合は、その代価を払っても構わないという強い意思や仕事に対して異議を持っている場合が多くあります。

仕事に対して不安を感じている人は、仕事に対してやる気が出せず諦めモードの人もいれば、仕事に対してやる気は強くあり向上心からの人もいるのです。

【仕事の不安を取り除く対処法は、こちらの記事もチェック!】

7、仕事への不満が沢山ある

仕事に対して誰しも様々な不満がたくさんあります。

人間関係に対する不満や、会社の規則、やり方、扱い方など理由は様々ですが、あまりにも踏まんが多かったり、大き過ぎると、仕事に対してやる気が出なくなります。

「なぜ自分はここまでやるのか」「なぜわかってくれないのか」「なぜ気付かないのか」など、「なぜ」がたくさん生まれます。

「なぜ」が増えれば増えるほど、人は不満がたまり、深くなり、最悪の場合、逃げ出したり、諦めてしまう場合が多くあります。

会社的には、そのような人が増えれば増えるほど成り立たなくなり、人材不足に陥り、最悪の場合、一人一人が残業しなくてはならない状況や、人材不足により仕事に穴が空いてしまうなど、会社として信用問題に発展しかねません。

信用問題に発展してしまえば、仕事もなくなり、給料も未払いになり倒産してしまいます。

仕事に対して不満が働いている人から続々と起きた場合は、会社側として、耳をしっかり貸すなど、対策が必要になるのです。

8、刺激がなく詰まらないと感じている

1日のうちの大半が仕事の人が多いですが、毎日同じ業務を繰り返し行う仕事や、ノルマが毎日ある仕事などの場合、仕事に対して刺激がなくつまらないと感じている人が多くいます。

毎日の生活の中では、たとえ仕事以外でも、刺激があるのとないのとでは、気持ちの持ちようも変わります。

たとえば、恋愛をしている場合は、好意を抱いている相手が仕事場にいるだけで、毎日出勤する楽しみが増え、身だしなみにも力が入りやすくなったり、仕事の合間もいつ会えるか、話が出来るかなどで常に意識して、楽しみになります。

好意を抱く相手が仕事場にいなくても、仕事の後に会えたり、相手を思うだけで心が温かくなり、仕事に対してもやる気が出せる場合も多くあります。

恋愛以外でも、仕事の量をこなせばこなすほど給料面に反映するような仕事や、給料面だけでなく、職場での立ち位置が変わるような場合も刺激になり、仕事に対するやる気も変わります。

何より、職場での良きライバルの存在は大きな刺激になり、常に仕事に対しての刺激になります。

あまりにも、やり手なライバルの場合は、格差を感じてしまったり、周りから比べられ過ぎて、やる気をなくしてしまう場合もありますが、自分と同等の立場や、同期生の場合は、お互いに刺激し合えるよきライバルとなるのです。

このように、仕事で刺激を感じられると、仕事に対してのやる気が大きく変わり、仕事に対しても誇りを持てるようになるのです。

刺激のないつまらない毎日だと、やる気もなくなり、手を抜きがちになる場合もあります。

結果、ミスが増え、仕事の質も下がり、周りからの信用も失い、様々な仕事に支障が出てしまいます。

9、目的を失った

大きな仕事が結果に関わらず、終わってしまったり、目標としてきたことがなくなってしまった場合、それまで自分が仕事の糧としてきたことが、「目的を失った」と認識してしまい、仕事に対してやる気が出せなくなる場合もあります。

ここ何ヵ月か、一生懸命に取り組んできたプロジェクトが終わってしまったり、誰かの手柄となり、参加出来なくなってしまったりした場合、仕事への目的を失ってしまい、やる気どころか、気力すら失い、精神的にも覇気が失ってしまいます。

中には、周りの人から見てもわかるほど印象が変わってしまったり、人が変わってしまう人もいます。

比較的、男性に多く見られる傾向ですが、その事が原因となり、精神的にも落ち込みやすくなったり、やる気や気力がないため、仕事のミスが続き、ますます悪循環を繰り返してしまう人もいます。

周りからの信用も薄くなり、人付き合いも次第に減り、人間関係に支障をきたし、孤立しやすくなる場合が多くあります。

責任感が強い人や、人から頼られることが気持ちのモチベーションを高める人の場合に多く見られ、仕事上で次期高い地位の候補に上がっていたような人の場合は注意が必要になります。

今まで長い年月を、1つの目的に向けて取り組んできたため、その目的を失った損失感はとても大きく、失ったことによる、先々の不安も大きくなってしまうのです。

10、理想と現実の差

誰しも、理想と現実の差にショックを受けたり、傷付いてしまう場合が多くあります。

理想として描いてきたことがなかなか現実にならないケースは、当たり前のようにあります。

自分の力を過大評価し過ぎていたり、現実を甘く見すぎていたりします。

理想を持つことは、夢でもあり、時として仕事上では強い糧となりますが、その分、理想と現実の差がありすぎてしまう場合、思い知った時の落差ははかり知れません。

しっかりと現実を受け止められるような人の場合は、それほど落ち込んだり、塞ぎこむことはありませんが、自分の理想を強く信じてしまっている人の場合は、なかなか現実を受け止められません。

そのため、現実逃避してしまったり、なかなか現実を見ないため、一人で暴走してしまう人も多くいます。

周りを見れなくなり、自分自身をも見失い、一人で理想の世界に突き進んでしまう場合も多くあります。

周りから止められて、ようやく現実に目を向けられる人もいますが、現実を受け止められず、長い間根に持ち続け、何かある度に思い出し、ネチネチしてしまう人もいます。

理想と現実の差に苦しめられてしまうと、トラウマにもなりやすく、逆に理想や夢を持てなくもなり、淡々とした性格に変わってしまう人もいます。

決められた業務だけをこなし、必要以上に自分の力を使うことに意味がないと思い、無駄な労力は一切使わず、最低限の仕事が終わればおしまいというような人もいます。

理想と現実の差に気付いてしまった人は、仕事に対して夢や理想を持たなくなり、やる気もなくし、周りに迷惑がかからない程度にしか力を出さなくなってしまう場合が多いのです。

やる気が出ない時の対処法

では、やる気が出ない場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

やる気が出ないと、説明した通り、生活の質も下がり、人間関係にも支障をきたし、精神的にも疲れてしまったり、肉体的にも影響を及ぼす場合が多くあります。

常に全力でいることは大変でもあり、なかなか出来ることでもありませんが、些細なことで、やる気が持てる場合もあります。

ここからは、無理なくやる気を出せる対処法についてお話します。

小さな目標を立てる

大きな目標を持つことは、とてもいいことで、やる気を持つことが出来ますが、万が一、その目標が失われた場合を考えると不安になるケースもあります。

そのため、大きな目標ではなく、小さな目標をいくつか立てることがおすすめです。

一日一日で、今日の目標を決めてこなしていくことでもいいですし、一週間ごとの目標でも構いません。

あまり大きな目標や、長い期間持ち続けるような目標ではなく、些細なことを目標にしてみて下さい。

たとえば、
・原稿の改正と見出しを今日は10個決める。
・明日からは一つずつ書いていく。
・挨拶を必ずする。
・早めに出勤して、机の上を片付ける。
・お昼ご飯を定時に食べる。
・残業しないで帰る。

など、些細な目標を決めて、1日の仕事の流れを考えると毎日メリハリがつきやすくなります。

しかし、自分で時間割を決めれらない仕事も多くあります。

そのような仕事の場合は、今日は何着売り上げる。

お客様に親身に寄り添いながら会話する。

同僚にアドバイスしたり、手助けしてあげれるような心持ちをする、など簡単な気持ちの面での目標を立ててみてください。

一日の仕事終わりに、今日の目標を見直してみて、うまくできたことはしっかりと自分自身を褒めてあげることも大切です。

続けられることは継続していくと、日に日に自分自身に自信がついてきたり、明るく振る舞えるようになる場合が多くあります。

人間関係に支障をきたしてしまっている場合は、まず人とのかかわり合いから見直して、目標をたて、仕事に対して不満や不安がある場合は、その原因をしっかりと把握して理解し、考えないようにするのではなく、逆に深く考えて目を向けて、小さな解決方法を自分自身で見付けていくと、自然と解決してしまう場合もあります。

「塵も積もれば山となる」というように、大きな問題に対しては、一気に崩すのではなく、少しずつ崩していくほうが、自分自身負担も少なくてすみます。

思いっきり休む

休みの日は、思いっきり休むことも大切です。

家族がいる場合は、のんびり家族と過ごし、気分転換がてら遠出をしてもいいリフレッシュになりますし、独身の人も、自分の好きなことに思いっきり時間を使って楽しむことが必要になります。

つかれも溜まっている場合は、ゆっくり休み、寝坊するのもいいですね。

寝ることが好きな人の場合はいいですが、あまりにも眠りすぎると、生活リズムが乱れてしまう原因にもなります。

夜眠れなくなってしまったり、朝起きれなくなってしまう可能性もあります。

天気のいい日は、昼間太陽の下で体を伸ばしたり、歩いたり、軽めの運動をして過ごすと、体の疲れも心もリフレッシュしやすくなります。

家に一日こもって読書や映画を観ることも、気持ちがリラックスして落ち着く人もいます。

とにかく、休みの日は、仕事を忘れて、自分の好きなことを思いっきり楽しんで過ごしてみてください。

気持ちがリセットされ、仕事上で溜まっているストレスを吐き出すいい機会です。

転職する

あまりにも、精神的にも肉体的にもきつく、苦しい場合や、どうしても自分自身の思い描く未来や、理想と違う場合、収入面で納得がいかない場合などは、思いっきって転職することも対策法の一つです。

自分に合った職場環境や、仕事内容、仕事の種類など、世の中にはたくさん仕事があります。

無理しすぎて体を壊したり、精神を病んでしまってはこれから先の生活も難しくなる場合もあります。

そうゆう場合は、思いっきって転職してみることも頭にいれておきましょう。

しかし、転職はある意味人生の分岐点でもあります。

年齢もかなり重要で、ある程度年齢が高くなると、再就職が難しくなる場合もあります。

また、初任給が少なくなる場合もあるため、一からまたやり直すことは容易ではないのです。

逆に、ある程度年齢が高くなると好都合の場合もあります。

経験値が高くもなるため、同じ職種の場合などは、就任直後からある程度いいポジションで働ける場合もあり、初任給も今まで以上のケースもあります。

しかし、その分、会社や周囲からの期待は高いため、結果が求められます。

中には、スカウトされて転職する人もいますが、スカウトの場合も同じで、会社や周囲からの期待は高い事は当たり前です。

今の仕事のまま、やる気も出せずにやり慣れた仕事を続けていくか、期待されて責任は強いが新たな職場環境で気持ちを入れ換えてやる気を出して、またチャレンジしてみるかはあなた次第です。

【転職したいなら、こちらの記事もチェック!】

糖分を補充する

一番手っ取り早いやる気の出し方は、糖分を補給することです。

手軽にどこでも買えますし、気持ち的に明るくなれる場合もあります。

疲れたりすると、甘いものが食べたくなる人が多いですが、糖分を補給すると血糖値が上がるため、今まで体も重く、ダルさや疲れがあったりした時に、一時的に回復することがあります。

しかし、あくまで一時的なために、根本的なやる気が出せない理由がある人の場合はあまり効果はありませんが、一時しのぎ程度にやる気を取り戻したい場合などは、一粒のチョコレートでも、あめ玉でも少しは元気が回復します。

自分を褒めてあげる

自分の良き理解者は、自分自身です。

疲れがどれだけ溜まっているか、ストレスがどれだけあるか、どれだけ怒りがあるのか、どれだけ頑張っているのか、どれだけ自分を犠牲にして努力しているのかは、周りの伝えても受け流される場合が多くあり、「そんなに無理しないで」の一言の労いで終わりになってしまいます。

しかし、自分自身はいかに自分が頑張っているのかを身をもって理解しているため、自分自身が一番の理解者なのです。

周りに自分の苦労話をしたところで、何も変わらないのが現実です。

自分自身が自分を褒めてあげてください。

美味しいものを食べたり、休みの日に自分にご褒美を買ってあげたり、マッサージやエステに行って疲れを癒したりしてあげてください。

自分自身にご褒美をあげることにより、「また次も頑張ろう」と思えたり、ご褒美を目標にしてやる気を出せたりする場合もあります。

自分自身が一番嬉しい事をわかっているのも自分自身です。

気持ちのモチベーションが上がるようなご褒美を考えて、自分自身を褒めてあげてください。

何らかの刺激を与える

生活の中で、何らかの刺激を与えることも効果的です。

やる気を出すために、ジムに通い、体を鍛えてみたりすることも、生活面でいい刺激になります。

体を鍛えると、自然に食生活にも気を付け出す人が多いため、食生活も見直されて、より良い刺激になります。

時間制限を設ける

会社により、退社時間が決まっている場合はなかなか時間を制限出来ないですが、自宅に仕事を持ち帰るような場合は、何時から何時までと決めたりして、睡眠の時間もしっかり確保してください。

また、時間制限を設けると、やりきった達成感を得られやすくもなり、無理なく行えて、達成感も得られるためおすすめの対策法です。

身体を動かす

休みの日や、仕事帰りにジムで一汗流して帰宅する人が増えています。

朝出勤前に通う人もいます。

体を動かすことは、心もリラックスしたり、疲れも取れることが多くあります。

もちろん、無理のしすぎは逆効果ですが、ジムに通わなくても、一駅歩いてみたりするだけで気持ちがリセットされる場合もあります。

短時間の昼寝をする

短時間でも昼寝をする環境がある場合は、少しでも体を休めましょう。

あまりにも寝過ぎてしまうと、仕事に支障をきたしてしまうので、ほどほどに楽な姿勢で目を閉じて、目を休めたり、足を伸ばしたりしてみましょう。

環境を変える

なかなか環境を変えることは難しいですが、たまにはお昼はお弁当を持参して、公園のベンチで食べてみたりするだけで、気持ちがリセットされて仕事にやる気が出る場合もあります。

あまりに切り詰めた職場環境に長い時間いると、息が詰まってしまいやすいです。

休憩をとり、外の空気を吸うことも大切です。

とにかく忙しくする

やる気が出ない場合、何もしたくなくなり、ついぼけっとしがちで暇になってしまいます。

そのような場合は、逆に忙しくしてみるのも効果的です。

些細なことでも、次から次にやってみたり、常に頭をフル回転させて、動き回ると、自然に元気が出ることもあります。

我慢し過ぎない

仕事に限らず、我慢のし過ぎには注意してください。

時には我慢は必要ですが、我慢をしすぎると体に異常をきたす場合もあります。

相談できる人がいれば、相談して、一人で抱え込みすぎないようにしましょう。

共同で行う仕事をしてみる

個人の仕事の場合は、責任は自分一人ですが、共同で行う仕事の場合は、人と分担でき、協力し合うことにより、いい関係が築ける場合もあります。

朝ごはんを食べる

やる気を出すために、朝、毎日ご飯を食べる習慣を身に付けましょう。

朝ご飯を食べることにより、体調も整いやすくなり、シャキッとする場合もあります。

目を疲れさせないようにする

パソコンによる目の疲れは、仕事上パソコンを使う場合は、回避することが難しいですが、しっかりケアすることにより、目の疲れを軽減することも出来ます。

小まめに目薬をしたり、就寝前は温めるなどして、目の疲れにより頭痛や肩凝りを回避しましょう。

やる気はちょっとした事で取り戻せる

いかがでしたか。

やる気は気持ちの持ちようや、生活習慣を見直すことで取り戻せる場合もあります。

個人差もありますが、自分なりの最適な方法を見付けて、無理のないようにやる気を取り戻してください。