日本では、一つの仕事を長く続けるという美徳があります。

ですが、一生涯続ける仕事を見つけるというのは至難の技だと思いませんか?

今の時代は、特にそう思います。

昔では考えられなかった仕事がありますし、ブラック企業などという言葉もあるように必ずしも良い会社ばかりではないという現実があります。

もし、どんな理由であっても「転職」という二文字が頭に浮かんだら、どうやったらうまく次の仕事を見つけることができるのか、また、やりたい仕事は何なのかをじっくり考えておく必要があります。

今回は、「転職」という二文字が頭に浮かんだり、「転職」しようと決意した人がどのように転職活動をすれば良いのかと言うことについて考えてみましょう。

️転職活動をスムーズにやろう

現在の仕事に満足できず、プライベートでもうまく行っていないと感じることがあると思います。

その満足できなかったり、不満に感じる原因は何なのかということをじっくりと考えてみることがとても大切です。

仕事が思うように上手く行かなかったり、最悪の場合は、そうとは知らずブラック企業に勤めていたなんていうこともある可能性もあります。

一生懸命就職活動をして、就職したのに理想と違う現実に戸惑い、悩み、苦しむ。

そういうことは、誰しもが経験することです。

ですが、一言で言うと「我慢」ができるかどうかに限ると思います。

我慢をして嫌な仕事をするよりは、楽しめたり、やりがいを感じられる仕事に就いた方が将来的にも良いのではないかと誰もが一度や二度は考えることです。

そうなったら、転職をするしないにも関わらず、自分にどういう仕事が一番向いているのかというのを真剣に考えるべきです。

闇雲に仕事を辞めたり、後先考えない転職は時間の無駄になる場合があります。

スムーズに転職をするためには、今の仕事を辞めて転職活動をする前に活動しておくことがたくさんあります。

その辺をよ〜く考えて行動しないと、本当に後悔するのは自分ですので、冷静になって熟考した上で活動するというステップを踏むようにすることをオススメします。

転職は、考える前に行動するにはリスクが高すぎるからです。

もし、ブラック企業などでどうしても続けられないとしたら、辞める方が良い場合もありますが、辞めて転職活動をする前に、「辞めてからどうするのか」、「将来はどうなりたいのか」、「自分に合った仕事は何なのか」などをはっきりさせておくのとそうでないとでは将来も違ってきますので、ここは、時間をかけて考えてみるべきです。

転職を決めたら行動を起こす


よ〜く考えている間にも行動を起こすことは大事なことです。

それは、考え過ぎてしまうという場合があるからです。

考え過ぎてしまって、行動に移せないという場合もありますので、考えながら行動するというようにしてみると一番効率がよく次の仕事を探せると思います。

まずは、転職サイトを調べてみたりすると、今の業種と同じものや似ているものでもたくさん会社がありますので、調べてみて損はありません。

転職サイトに登録してしまっても全く問題ないと思います。

そして、同じ業種を調べて、似たような業種を調べることで、少しずつ視野が拓けていくと思いますので、視野が少しでも拓いたら考えてみたり、もっと深く調べてみたりするといいと思います。

または、全く違う業種にチャレンジするという意気込みがあるのであれば違う業種を調べてみるという方法も良い方法です。

ですから、仕事のことや将来のことをきちんと考えておかなければ、見えるものも見えてこないということを伝えたいのです。

今の仕事で知り合った人に相談するという手もあります。

転職という言葉を出さなくても、他の業種について知ることだったり、他の会社のことを知るということは、必要なことで辞める前の仕事でも辞めた後の仕事でも損になることではありませんので、まずはいろんなことを知るというところからスタートしても全く問題ありません。

自分の中で、「これだ!」という感覚になるまでには、ある程度の情報収集は必要だと思いますので、必要だと考えられることは全てやっておくようにした方がいいと思います。

でも何をしていいかわからない?

でも、漠然と「転職」と考えている方もいらっしゃると思います。

そして、何をしたらいいのかわからなくなってしまう場合もあります。

そのような方は、将来の自分がどうなりたいのかということをはっきりさせておくのが、転職を成功させる最大の近道です。

今の仕事は、会社がダメなのか自分がダメなのか。

それとも上司や先輩、同僚、後輩がダメなのか。

ハッキリさせてから、転職したい理由をもう一度考えてみます。

当然、将来ということもも考えることになるとは思いますが、今の仕事を続けていたとして、5年後の自分はどうなっているでしょうか。

10年後は、15年後はどうなっているでしょうか。

5年は長いと感じるなら3年スパンでも構いません。

自分の中でしっくりくる年数で、将来を考えてみてください。

そして、リアルにイメージしてみるのです。

良い将来が思い浮かぶのであれば、転職する必要はないのかもしれません。

良い将来が思い浮かばないのであれば、転職した方がいいです。

これは、イメージを漠然とするのではなく、リアルなイメージをするという前提での話です。

現実に起きる可能性が高いリアルなイメージをすることで、将来がハッキリ見えてきます。

もし、頭の中でだけ考えるのが難しいのであれば、紙に書き出してみてください。

自問自答形式で、一問一答形式で書き出すのです。

誰にも見せる訳ではありませんので、正直で素直に書き出してみてください。

漠然としたイメージしかできなかった将来が、リアルなイメージになります。

まるで、アスリートがイメージトレーニングをして、本番に備えるというような感覚です。

何をしていいのかわからない時は、紙に書き出すという方法が一番手っ取り早く、しかも考えもまとまったりしますので、大変オススメな方法です。

何をしていいのかわからない場合は、将来をイメージして一問一答形式で自問自答してみて、それを紙に書き出しておくと、後になって見返してみると書いた時と読み返した時では答えが違う場合もあります。

紙に書き出すということは、やっておいて損はありません。

ぜひ、何をしたらいいのかわからない場合でも、そうでない場合でも紙に書き出してみてください。

目標が定まったり、自分という人間が何を求めているのかというのがわかったりしますので、メリットは大きいです。

最初は、もしかしたら恥ずかしいと感じるかもしれませんが、誰に見せる訳でもありませんから、勇気をだしてやってみてください。

ノートでもいいですし、手帳やメモ帳でもいいです。

そのような物だと、もったいないと感じるならば、カレンダーやチラシの裏面が何も印刷されていない紙などに書いてみるといいです。

転職を考えたら、ぜひやってみてくださいね。

️転職活動を上手くやるための方法


転職活動を上手くやるためには、良いと思った求人を見つけたら臆することなく応募してみるということです。

何社でも構いません。

次の仕事が決まるまでは、今の仕事は辞めないことを強くオススメします。

人によっては、ブラック会社で今すぐ辞めたいという状況の方もいらっしゃるかもしれません。

そのようなブラック会社などで、心身共に危険な状況になっているのであれば、辞めてからの転職活動がいいのかもしれませんが、そうでない場合は、次の仕事が決まってから退職をすることをオススメします。

今の仕事が辛く、精神的にも苦痛でどうしようもないという状況もあると思います。

本当に精神状態に影響を与えすぎて、ヤバイ場合は仕方がありませんが、そうでない場合は我慢して今の仕事を続けながら転職活動をすることをオススメします。

仕事を辞めると、当然、収入が無くなります。

蓄えがある方もそうでない方もいらっしゃると思いますが、転職活動をしたからといって、すぐに次の仕事が見つかるとは限りませんし、次の仕事が良い仕事だという保証もありません。

ですから、今の仕事が辛くても我慢できるのであれば、我慢して続け、次の仕事を探すようにしてください。

転職したいから今の仕事を辞めてしまうと、収入がなくなり、社会保険なども脱退することになります。

厚生年金など会社に勤めているから受けられていた物が全て無くなり、健康保険であれば、国民健康保険に加入しなくてはならなくなります。

そうすると、その国民健康保険料を支払わなければならなくなります。

すぐに支払わなければいけないということではありませんが、数ヶ月後には支払いの義務が出てきます。

もし、仕事をすぐに辞めてしまって、転職活動をしても良い仕事が見つからず、数ヶ月経ってしまったら、収入がない訳ですから、蓄えから生活費などを崩して生活していかなくてはならなくなります。

次の仕事が見つかっても、すぐに給料をもらえるという訳ではありませんよね。

その辺のこともよく考えておかないと、大変な苦労をすることになりますので、自分の生活スタイルなどをきちんと把握しておかなくてはなりません。

まずは転職活動の流れを把握する

転職活動をする時に大事なのが、職活動の流れを大まかに把握しておくことが重要です。

今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合と、今の仕事を辞めてから仕事を探す場合もあると思いますが、大体は同じです。

①仕事を探す。
②良い仕事を見つけて応募する。
③面接を受ける。
④採用が決まる。
⑤再就職。

このような流れが普通です。

この5つの流れの中で、どれだけ時間や期間がかかるかは、もう運に任せるしかないのかもしれませんが、自分から行動しない限りは、時間や期間が短くなることはありません。

もし、転職活動で仕事を探していても、良い仕事が見つからないのであれば、諦めるというのも一つの選択肢だと思います。

良い仕事が見つからないというのは、もしかしたら、今は転職する時期ではないのかもしれません。

そのように柔軟に考えてみるという心の余裕のようなものも必要です。

準備期間

転職活動の流れを大まかに把握したら、それは準備期間に入ることになります。

ですので、その準備期間で何をしなくてはいけないのかというのも必要になってきます。

まずは、履歴書と職務経歴書を作成しておくということです。

一刻も早く仕事を探して次のステップに進みたいと思うのは、転職活動をしていれば誰でも思うことですが、その前に履歴書と職務経歴書は仕上げておいてください。

「履歴書はいつでも書けるから大丈夫」という方もいらっしゃると思いますが、準備しておいて損は全くありません。

履歴書を手書きでもパソコンででも書く時に、自分の経歴を再確認するという意味でも転職活動をすると思い立ったら、まずは履歴書を書いてみてください。

そして、これからの自分の経歴に何が足りないのか、何の経歴がプラスされると良いのかというのを考えてみてください。

そういうことをしてみると、これからの自分の歩む道が見えてきたりするものです。

そして、履歴書では、志望の動機や自宅から何分で会社までかかるという通勤時間だけは空欄にしておけば、どこの会社でも使えるものになります。

ですので、履歴書と職務経歴書は、転職活動をすると決めたら、一番最初に仕上げておいてください。

探す仕事も今までとは違う職種が見つかったり、これからの自分に必要な仕事は何なのかなどということがはっきりする確率が高まります。

もう一つ準備期間でやっておいて損はないことは、お金を貯めておくということです。

今の仕事を続けながら転職活動をするのでも、今の仕事を辞めて転職活動をするのでも同じです。

転職活動は、何かとお金がかかったりするものです。

履歴書であったり、応募した会社の面接が決まった場合には、ヨレヨレのスーツやワイシャツでは良い印象を与えることは難しいですよね。

靴であっても同様のことが言えます。

もしかしたら、そのような物を新調しなくてはならなくなる場合も出てくるということを頭に入れておいて、お金は貯めておくことをオススメします。

また、面接に行く場所が遠方である場合もありますし、何社も面接を受けるとなると定期券ではまかないきれない場合が多いですから、交通費というのも考えておかなくてはなりません。

そのようなことを考えて、お金を貯めておけるような生活をすると良いと思います。

仕事を変えるという人生でも大きなイベントになることをしようとしているのですから、お金がないことには面接にもいけなくなるなどというのは無いようにしましょう。