今の時代は様々な魅力的なものにあふれている時代であると考えることができます。

例えば、自分自身の自宅にある便利なものを考えてみてください。

様々な利便性の高い魅力的なものに囲まれて私たちは生活をしていると思うのですが、一般的には生活家電であったり、家具などが容易に想像できると思います。

そんなものの中には、必ずしも自分自身で購入しなくてもよいものなどが存在している場合があります。

例えば、掃除機などの家電はメーカーが販売しているものなどを購入したりすることによって手に入れるのが一般的ですが、ソファーやベッド、もしくは棚などは必ずしも購入しなくても、自分自身の工夫によって手に入れることができます。

なぜならば、これらのものに関しては自分自身で「作る」ことができるものであるからです。

大がかりな作業が必要なものなどは気軽に作ることができませんが、ものによっては想像以上に簡単に作ることなどが可能であり、棚などは一日あれば作れてしまうようなものなどもあります。

そこで、今回はDIYをテーマにして、DIYを行う際の注意点やまずは試しに作ってみたいものなどを入門編ということでご紹介していきたいと思います。

もしも今オリジナリティのある家具が欲しい、もしくはなるべく費用を安く抑えながら魅力的な家具が欲しいと感じているのであれば、DIYの魅力を知り、実践してみてください。

DIYブームがやってきた!

今の時代はまさにDIYブームであると言えます。

なぜならば、テレビ番組や、動画投稿サイトなどにおいてもDIYがよく取沙汰にされており、たくさんの方が関心を持っている時代になっている時代だからだと言えます。

せっかく今DIYブームがやってきているので、もしもまだDIYにチャレンジしたことがないという方であったり、興味はあるけど試すきっかけがないという方がいらっしゃるのであれば、この機会にDIYを知り、実際に自分自身で初めて見ることを強くお勧めします。

実際にDIYを行い、自分で魅力的なものを作ってみることで、よりDIYの魅力を感じ取ることができるようになりますし、新たな趣味を見つけることができる可能性が生まれます。

自分が行動することで、初めて気が付けるようなことなどもたくさんありますので、考えるだけではなく実際に行動に移すことを念頭に置いて、DIYとはどういうものなのかということを改めて考えるきっかけにしてみてください。

芸能人のDIY番組がきっかけ

なぜ今DIYブームがやってきているのか?ということを考えたときに、もともとブームの発端としては、芸能人がDIYを行うということが大きく取沙汰されたことが一つの要因になっていると考えることができます。

具体的には、芸能人であるヒロミさん、そして森泉さんなどがDIYにチャレンジし、魅力的なものづくりを行っている様子をテレビ番組で放送されたことに始まります。

ヒロミさんはもともと多趣味なことでも知られており、タレントとしての顔を持つだけではなく、カーレースやライフル射撃、そしてトライアスロンやオートバイ、サーフィン、スキューバダイビングなどといった様々な趣味を持っており、多彩な才能を持っていることでも知られています。

そんなヒロミさんの趣味の中にはDIYが存在しており、かなり情熱を注ぎこんでいる様子がテレビ番組などで放送されています。

どれくらい熱があるのかということを簡単に説明するとすれば、ヒロミさんはリフォーム会社を設立したということもあり、かなり本格的にDIYなどに取り組んでいます。

もともとの発端は自宅を改装したいということからだったそうで、現在ではプロ顔負けの技術や、道具などもそろえ、斬新なアイディアやテクニックなどを披露して視聴者を驚かせています。

また、森泉さんも百円均一の商品を使用したDIYなどを行っており、現在では森泉流のDIYBOOKなどを販売しており、たくさんの方にDIYの魅力を伝えていることでも知られています。

人気芸能人が積極的にDIYを行うことによって、たくさんの方が注目し、現在のDIYブームがより広まっている要因になっていると考えることができますので、DIYにチャレンジするのであれば、ぜひこの機会に興味があるなら挑戦し、自分自身で魅力的なものづくりを行ってみることをお勧めします。

DIYとは?


DIYブームの時代ともいわれていますが、そもそも人によってはDIYがどのようなものなのかということについてよくご存知ではない方もいらっしゃるかもしれませんね。

DIYがどのようなものなのか知らなければ、そもそもDIYの魅力も分からないと思いますし、興味も湧きづらいと思います。

そこで、まずはDIYに関する基礎的な知識からご紹介していきたいと思います。

DIYとはどのようなものなのか、ということを知り、もっとDIYが身近なものに感じていただき、より自分にとって魅力的な存在であることをまずは理解してみてください。

DIYは何の略?

DIYとはそもそも何を意味している言葉なのかと考えたときに、DIYとは「Do It Youeself」という言葉の略称として知られています。

つまり、これは和訳すると「自分自身でやる」という意味として解釈することができます。

簡単に言えば、自分でできることは自分でしようという理念のもと、自分自身の身近にあるものなどを手作りしようという考え方や精神を表したものであると言えます。

先ほどもお伝えした通り、今の時代はとても便利な時代になっています。

自分が欲しいと思ったものはお金を払えば簡単に手に入れることができるようになりますし、自分が手間暇をかけなくてもお金を支払えば誰かが代理で何かをしてくれるような時代になっています。

もちろんその考え方は間違っていませんが、その逆に人にしてもらうのではなく自分自身で何かを作ったりするということも、また素晴らしいものであると考えることも間違っていない考え方です。

DIYを積極的に行うことで、自分自身で考えて行動をする力を身に着けることができるようにもなりますので、場合によっては仕事に関する面においてもその影響を受けることができる可能性もあります。

なので、単純に趣味という範囲だけではなく、自分自身を成長させるという面においても魅力的な行動や趣味に該当するといわれています。

常に人任せな考え方をしている方であったり、自分が積極的に行動することが苦手だと感じている方は、DIYを通して自分自身を成長させるきっかけとして受け止めてみると、DIYがいかに魅力的なものであるのか、さらに感じていただけるはずです。

ホームセンターではDIYコーナーが大人気


今はDIYブームになっていますので、ホームセンターなどではDIYに関するコーナーなどが大人気となっています。

実際にホームセンターに足を運んだことがある方ならばわかると思うのですが、ホームセンターのDIYコーナーでは、DIYに関する商品がかなり多く販売されています。

あまり詳しくない方であれば、ホームセンターで販売しているような商品は木材やネジくらいではないか?と考える方もいるかもしれませんが、お店によっては塗料や溶接機、工具パックや本格的な電動工具なども販売されていますので、足を運ぶだけで必要な道具などは簡単に揃えられるようになっています。

それなりに費用は掛かりますが、本格的な道具などもそろえられるようになっていますし、場合によっては貸出などに対応しているようなお店などもあります。

本格的な道具でも一日貸出で数百円程度の金額である場合なども多いので、上手に使えば本格的なものが低価格で生み出すことができるようになっています。

もしも自宅の家具を新調しようと思っているのであれば、下手なお店で購入するよりも自分自身で作ってみるほうが圧倒的にコストパフォーマンスもよく、魅力的な商品を手に入れることができるかもしれませんよ。

昔はお父さんの専売特許だった

DIYといえば、昔は同じ意味を持っている言葉として日曜大工という名目で親しまれていた存在でした。

昔はお父さんが休みの日に工具を買ってオリジナルの家具などを作ったりして家族を喜ばせたりしていたことが一般的だったのですが、今ではたくさんの方が積極的にものづくりを行おうとしている時代になっています。

人によっては若い女性の方でも積極的にDIYなどを行っていることでも知られており、まさにたくさんの方が積極的に取り組んでいる行動に変化しています。

女性の方でも簡単に行うことができるくらい、今では気軽に作れるものがたくさんありますので、女性の方でも興味があるのであればチャレンジし、魅力的なものづくりを行うきっかけとして受け止めてみてください。

DIYを自分でやるための注意点とは?

DIYとはどのようなものなのかということを簡単にご紹介していきましたが、ここからはDIYを行う際に必ず確認していただきたい注意点をご紹介していきたいと思います。

これからご紹介する注意点をきちんと確認しておかなければ、DIYを行なった時に後から後悔してしまったりする可能性もありますし、場合によっては危険な状況になってしまう可能性もあります。

なので、これから始めてDIYを行う、もしくは行おうと考えている方は必ず確認した上でDIYにチャレンジするようにしてください。

材料の特徴を勉強する

まず初めにご紹介するDIYを自分でやるための注意点としては「材料の特徴を勉強する」ということが挙げられます。

なぜ材料の特徴を勉強しておかなければいけないのかということを考えた時に、材料の特徴を勉強せずにDIYなどを行ってしまった場合、場合によってはDIYが失敗してしまう可能性があるからです。

せっかくDIYを始めようと思ってチャレンジしたのに、いきなりDIYに失敗してしまったとなると、どうしても意欲などが削がれてしまいますし、二度としたいと思えなくなってしまう可能性があります。

なので、必ず材料の特徴を勉強した上で行動をしないと後悔してしまう可能性が生まれますので注意をしておくようにしてください。

耐熱や乗せられる重量などをしっかりチェックして事故防止

材料の特徴を勉強した上でDIYにチャレンジしなければいけない理由の一つとしては「耐熱や乗せられる重量などをしっかりチェックして事故防止」ということが関連しています。

例えば、ものづくりを行おうと思った時に、ものづくりに使用する素材などの特徴をしっかりと把握しておかなければ、その素材の持ち味を生かすこともできませんし、場合によっては素材の選び方を間違ってしまったりして事故が発生してしまう可能性も考えられます。

物を作る過程の中で耐熱素材のものを使わなければいけないのに、耐熱素材ではないものを使用してしまった結果、熱に耐えることができずに素材が使えなくなってしまったりすることもありますし、乗せられる重量以上のものを乗せてしまって、結果的にものが壊れてしまったり、その反動でケガをするようなことなども考えられます。

そうなってしまっては嫌な思い出しか残らないですし、肝心なものづくりという目的が全うされないでDIYが終わってしまう可能性などもありますので、この点は必ず確認した上でDIYを行うようにしましょう。

より長持ちするように工夫して作る

DIYをする上で、大切なこととして「より長持ちするように工夫して作る」ということも考えられます。

当然ながら、DIYをするということは何か自分自身が必要だと感じているものを作るわけなので、作るものが長く使われることを前提として作らなければいけません。

なので、長く使用するためにはそれなりに考えた上でものづくりを行わないといけません。

例えば、あるものを作ろうと思った時に、使用した金属が水に弱く、さびてしまいやすいものを使用したばかりに短期間で使い物にならなくなってしまったとなると非常に残念な結果になってしまいますよね。

物を作るまでに費やした時間の無駄になってしまいますし、物を作るために購入した素材などもすべて無駄になります。

なので、必ずものを作る前にどのような素材を使うと長持ちするのか、どのようにして作ると長持ちしやすくなるのかということなどを先読みして作るようにしてください。

これをしっかりと考えながらDIYをすることによって、非常に長い期間使用することができる魅力的なアイテムを作ることができるようになりますので、必ず注意するようにしてください。

プロレベルは目指さなくていい

次にご紹介するDIYを自分でやるための注意点としては「プロレベルは目指さなくていい」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、人によってはDIYを行うときにまるでプロが作るようなレベルのものを作ろうとしたり、作るものをプロレベルまで仕上げようとこだわったりするような方が存在しています。

しかしながら、これはあまり良い考え方ではありません。

もちろんこだわりを持ってものを作ったりすることは良いことでもありますし、決して悪いことではないのですが、あまりにもこだわりすぎてしまうと逆にDIYをすることを楽しめなくなってしまう可能性も生まれてしまいます。

なぜならば、プロの方もはじめは上手くできない状態で何度も何度も練習を重ねて初めてプロの仕事をすることができるようになっているのです。

それを趣味レベルでいきなり目指そうとしたところでできるはずがありませんので、理想と現実のギャップを知ってDIYをすることが楽しくなくなってしまうようになる場合があるのです。

なので、初めてDIYを行うという方は、いきなりプロレベルを目指すのではなく、まずは自分が初心者ということを十分に理解した上でDIYに取り組むようにしてください。

そうすることによって、変に気負わないでDIYを楽しく行えるようになるはずです。

DIYを行うことがだんだんと楽しくなるようになれば、自然と何度も何度も繰り返し行うようになり、結果的に技術などは向上するようになるはずです。

なので、上手に作らないといけないという強迫観念などは捨てて、まずはものづくりを楽しむということを十分に考えた上でチャレンジするようにしてみてください。

それがDIYを楽しむコツであり、上手になるコツでもあります。

まずは継続する、楽しむということが大前提だということを理解してくださいね。

失敗してやり直すと、結局買ったほうが安かったことになる

次にご紹介するDIYを自分でやるための注意点としては「失敗してやり直すと、結局買ったほうが安かったことになる」ということが挙げられます。

DIYを行う上で、魅力的な点としては本来購入するよりも安い金額で必要なものを手に入れることができるという点にあると思います。

だからこそ自分の貴重な時間を消費した上でものづくりにチャレンジしているような方はとても多いはずです。

しかし、もしもDIYを行うことに失敗してしまうと、結果的には失敗してしまうことで素材を無駄にしてしまうことになりかねません。

そうなってしまいますと、購入したほうがはるかに手っ取り早く無駄にすることもなかったということになりかねません。

そのような経験をしてしまいますと二度と自分自身でものづくりを楽しもうと思うことができなくなってしまいます。

なので、必ずDIYを行う時にはどうすれば成功するのか、失敗しないためにどのようなことを準備しなければいけないのかということを必ず考えて行動するようにしてください。

DIYを始める際は素人の状態である場合が多いと思いますので、しっかりと確認をしておかないと失敗をしてしまいやすくなります。

なので、最初は特に何度も何度も念入りに確認をして作業をするようにしてください。

まず手始めに作りたい3個のもの

DIYを行う際の注意点を簡単にご紹介していきましたが、ここからはDIYを初めて行う際にチャレンジしていただきたい手軽なものをご紹介していきます。

何事においても、チャレンジする際にはまずは作ってみることが大切です。

実際に自分で行い、まずは終わらせてみて、そこから学びが生まれるはずです。

そこで大事なのはあまりにも難しすぎるものにチャレンジせずに、比較的簡単に作れるようなものから徐々にレベルアップしていくことが大切です。

スポーツに関してもいきなり高度なことをチャレンジするのではなく、何度も何度も基礎練習を行って初めて高度な技や応用などを行えるようになりますよね。

なので、DIYをこれから始めたいと思っている方は簡単に行えるようなものからまずはチャレンジして、まずはDIYに慣れること、そして楽しめることを意識してチャレンジしてみてください。

レンガ花壇

まずはじめにご紹介する手始めに作りたいものとしては「レンガ花壇」が挙げられます。

男性の方であればそこまでチャレンジすることが少ないかもしれませんが、家庭を持っている方であったり、女性の方に関してはレンガ花壇などは大いに興味がある分野になると思います。

一見すると作るのがとても難しそうに感じますが、意外とチャレンジすると簡単に行うことができるようになっています。

材料としては当然レンガが必要になるのですが、レンガは大体50~80円程度で販売されており、個数としては大きさにもよりますが160個程度あればそれなりに見栄えのあるレンガ花壇が作れるようになります。

それ以外には、水平に積み上げるための水平器、もしくは糸などを準備する必要があり、土を積み上げるためのスコップ、モルタルを練るための容器、あとはレンガをカットするのであればディスクグラインダーなどが必要になりますので、状況に沿って購入していただく必要性があります。

それなりに費用も掛かりますが、それでも自分で作ることによって充実感を味わえるようになりますし、思い出深いものが作れるようにもなりますので、一軒家などを購入している方には比較的初歩的なDIYとしてお勧めです。

木の棚

次にご紹介する手始めに作りたいものとしては「木の棚」が挙げられます。

一般的に考えて棚はどのような家庭にも存在しているものになりますし、あれば利便性が高く使用することができる存在でもあります。

また、意外と棚は気軽に作ることが可能なものでもありますので、DIY初心者の方にはうってつけの存在になります。

木の棚を作るには、必要なものは素材となり木材、そして木の板などを固定する電動ドライバーやネジが必要になります。

また、最終的に綺麗に仕上げるために塗料なども必要になりますし、木の板をカットしたりして使用するのであればノコギリなどが必要になります。

しかしながら、場合によっては木材の中にはカットする必要がない木材なども存在しており、そのような木材を使うことによってノコギリなどを使用しないで安全にDIYを楽しむことができる場合もあります。

シンプルな木の棚を作るのであればそこまで大きな時間はかからないで作ることもでき、ものによっては1時間で作成できるような場合もありますので、自分がどのような棚を作りたいのかということを事前に考えながら所要時間なども計算しておくとより細かく計画を立てて作業を行うことができるようになりますよ。

木材の中には比較的安い価格で販売されているようなものもありますので、1.000円以下で作成することもできますので、初心者にはぴったりなのでチャレンジしてみてくださいね。

ランプシェード

次にご紹介する手始めに作りたいものとしては「ランプシェード」が挙げられます。

ランプシェードは電球を覆う笠のことであり、工夫することで様々な光の形を演出することができるようになります。

DIYの中でも比較的人気なランプシェードですが、ランプシェードも想像以上に簡単に作れることで知られています。

ランプシェードを作る場合、必要なものとしてば毛糸やコットン糸などを準備していただき、それ以外には木工用ボンド、水風船、イルミネーション、バケツやハケ、新聞紙、空気入れなどが必要になります。

簡単なやり方としてはまず水ふうせんを空気入れを使って膨らませておき、しっかりとハケで掬い取れるぐらいの量のボンドを作っておきます。

そして、しっかりと風船を膨らませた状態で新聞紙をひいた上で水風船の周りにボンドでコーティングし、水風船にしっかりと糸を巻きつけるようにしてください。

たくさんの糸を巻き付けてしっかりとボンドが乾燥するまで時間を置いた後に、完全に糸が固まったのを確認し、風船を割ってきれいに丸の円になった糸ができれば完成です。

あとはその中に電球などを入れた状態で光を照らせば、糸の隙間から光がでて来るようになりますので、きれいな光を演出できるようになります。

予想外に低コストで簡単に作れるますので、気になる方はチャレンジしてみてください。

一気に部屋の中がおしゃれになりますので、DIYをすることが楽しく感じられるようになると思いますよ。

DIYするメリットとは?

ここまではDIY初心者の方が手始めに作ってほしいものをいくつかご紹介していきました。

想像以上に簡単にチャレンジできるようなものがたくさんありますので、ぜひチャレンジしていただきたいのですが、最後にDIYを行うメリットについてもいくつかご紹介していきたいと思います。

DIYはただ単に安くものを作るというだけではなく、たくさんのメリットが存在しています。

このメリットの部分に気がつくようになれば、さらにDIYを積極的にチャレンジしたいと思えるようになると思いますし、魅力を感じてもらえるようになるはずです。

なので、簡単にDIYをするメリットをいくつかご紹介していきますので、改めてDIYの魅力を知るきっかけにしてみてください。

既製品ではピッタリサイズの物がない

DIYをするメリットとしては「既製品ではピッタリサイズの物がない」ということが挙げられます。

既製品はある程度大量生産されている場合が多いので、サイズなどはある程度決められたサイズしかないのが現状です。

しかし、DIYをすることによって得ることができるメリットとしては自分の理想のサイズに作られることができるという点です。

自分の理想のサイズに作ることによって、部屋に置いたりする場合や、飾ったりする場合に自分の理想通りに演出することができますので、これはDIYでしか得ることができないメリットであると言えます。

自分で作ってSNSで自慢できる

次にご紹介するDIYをするメリットとしては「自分で作ってSNSで自慢できる」ということが挙げられます。

今はSNSはたくさんの人から高い関心がもたれているツールになっています。

TwitterやInstagramなどにDIYした写真を掲載することによって、周りの人に自慢することもできますし、DIY好きな人とつながりあうこともできます。

自分の隠れたスキルをたくさんの人に知ってもらえるチャンスでもありますので、コミュニケーションの大きな助けにもなってくれる場合があります。

なので、DIYをすることによって、周りに自慢できるスキルを身に着けられるということも大きな魅力であるといっても過言ではありません。

世界でひとつだけのオリジナルができる満足感

次にご紹介するDIYをするメリットとしては「世界でひとつだけのオリジナルができる満足感」ということが挙げられます。

既製品などに関しては、ある程度大量生産されている場合が多いので同じような商品が並んでいる場合が多いので、人と被ってしまうことがよくあります。

しかし、DIYを行って自分でものを作るようにすれば、世界にひとつだけのオリジナリティ溢れるものを作ることができるようになります。

人と被らないからこそおしゃれであることを感じたり、様々な思い出が詰まった魅力的なものへと成長していくことができるようになりますので、唯一無二の存在のものを作りたいと思うのであれば、DIYを行うことで大きなメリットを感じていただけるようになるはずです。

日頃のストレス解消ができる

次にご紹介するDIYをするメリットとしては「日頃のストレス解消ができる」ということが挙げられます。

なぜDIYを行うことによってストレスを発散できるのかと考えたときに、DIYを楽しみながら行うことによって、DIYが自分自身の楽しい趣味へと変化するようになります。

人間は楽しいことをしている時間や、没頭できる趣味を見つけることによって自分の中に抱えているストレスを発散することができるようになります。

楽しいことをしている時間は嫌なことを忘れることができるようになりますし、自分が熱くなれば熱くなるほど充実感を感じることができるようになりますので、心の中に抱えてるストレスを発散し健康的な精神を手に入れることができます。

なので、DIYを楽しみながら行うことができるようになれば日頃のストレスも解消することができる大きなメリットを手に入れられます。

一度やったらハマるかも!DIYを始めてみよう

今回はDIYをテーマにして、DIYの意味や注意点、そしてDIY初心者におすすめのもの、DIYのメリットなどをご紹介していきました。

一見すると難しそうに感じることかもしれませんが、実際に自分自身でチャレンジしてみると簡単に行えるようなものはかなり敷居が低いものなども存在していますので、気になる方はチャレンジしてみると、意外とハマる可能性が高いです。

継続して行うことで、どんどん知識とスキルは上がっていきますので、継続してDIYをぜひ楽しんでみてください。

長年続ければ、あっと驚くようなものなども作れるようになるかもしれませんよ。