あなたが自分の姿を写真に収めたりすることが日常生活の中で頻繁にありますか?

おそらく、昔の時代と比べて今の時代では圧倒的に自分の写真をカメラに収めたりする機会が多くなっていると考えることができます。

なぜならば、自分が撮影した写真をたくさんの人間に見てもらうことができるツールが今の世の中にはありふれていますし、さらには自分自身を撮影することができる機械なども数多く身近に存在しているようになっているからだと考えることができます。

今や、自分の姿を写真に収めることなのは当たり前のことであり、特に若い年齢にある方などに関しては、かなり高い関心を寄せていることだと考えることができます。

実際に、頻繁に自分の姿を収めた写真を撮影したりすることはどちらかといえば若い年代が中心になっており、ある程度落ち着いた年齢の方が自撮りをしたりする機会はそこまで多くはありません。

ただ、それでも写真を撮ったりする機会などはこれからの時代多いでしょうし、写真として記録を残したりするのは昔から行われてきた習慣でもありますので、自撮りをするかどうかは別として、カメラに写真を収める機会はどのような方でもかなり増えると考えることができます。

そこで、今回はデジカメをテーマにして、デジカメで自撮りをするための方法と、必要な機材などに関してご紹介していきたいと思います。

今までスマホなどで写真を収めてきた方などに関しては、デジカメの魅力を知っていただくきっかけとして、今回ご紹介させていただく内容を受け止めていただければ幸いです。

SNSの発展で自撮りする機会が増加

自分の写真を撮影したりする機会が多くなっているのは、先ほどもご紹介した通り自らが撮影した写真をたくさんの人間に見てもらうことができるツールが発展しているからだと言えます。

では、そのようなツールは主にどのようなものが存在するのかと考えた時に、代表的なものといえばSNSであるといえます。

SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービスの略称として知られており、そもそもの意味合いとしては「個人間のコミュニケーションを促進し社会的なネットワークの構築を支援する存在」だといわれています。

要するに、SNSを利用することによって、SNSを利用している個人の間のコミュニケーションを促進してくれるような存在であると解釈することができます。

実際に考えてみると、自分の日常的な体験を写真に収めておくことによって、その写真をSNSにアップロードして、その写真を見た人間がその人間に対するコメントなどを残すことができるようになっていますので、インターネット上でしっかりとコミュニケーションを取れるツールであるといえます。

昔は離れた場所に住んでいる人間同士が連絡を取り合ったり、相手とコミュニケーションを交わしたりするということはとても難しいことだったのに対して、今の時代はSNSを利用するだけで、簡単に繋がりあうことができるようになっています。

SNSは正しい使い方をすれば、どんな人間とも気軽に絡み合うことができますので、とても便利な存在であり、現在は芸能人なども頻繁に行っていたりしていますので、たくさんの人間が関心を寄せている存在であると考えることもできます。

なので、そのような存在が現れたことによってやはり写真をとったりする機会は昔に比べて激増していると考えることができます。

スマホで簡単に撮れる


たくさんの人間が自分の写真を撮影したりする機会が多くなっているのは、SNSが存在するからということだけではなく、写真を撮ることができるツールなども発展しているからだと考えることができます。

では、どのようなツールを用いれば写真を気軽に撮影することができるのかと考えた時に、代表的な存在としてはスマートフォンなどが存在すると言えます・
今の時代においてはスマートフォンは一人一台持っているくらいの割合で所持されています。

それぐらい私たちの生活にとっては切り離せないような存在になっており、想像以上に利便性の高いアイテムであると考えることができます。

昔は写真を撮影したりする場合はデジタルカメラなどを用いたりするのが一般的だったのに対して、今の時代はスマートフォンの性能が格段に上がっていることでも知られていますので、ヘタをすればスマートフォンの写真がデジカメに近い画質で撮影することができる場合も考えられます。

もちろん写真を撮影することに特化しているデジカメの画質には及ばない場合が圧倒的に多いのですが、それでもスマートフォンの画質などに関してはかなり以前と比べて向上されていると考えることができます。

デジタルカメラに関しては昔と比べて軽量化されていますが、それでも外出先で用いたりするのは圧倒的にスマートフォンの方が手軽であり利便性が高いので、どちらかといえばスマートフォンが撮影に用いられたりする機会が圧倒的に多いと思います。

これらを踏まえて考えてみると、たくさんの方がスマートフォンで写真を撮影しており、気軽に写真撮影を行える環境にあるため、今の時代は自撮りが増えているということに大きく関係していると考えることができます。

デジカメで自撮りするのは大変

自分で自分自身の写真を撮影したり、何らかの被写体を撮影する機会が多くなっている今の時代だからこそ、一般的に考えると画質が綺麗に撮影することができるデジタルカメラで写真を撮影することが魅力的だと感じる方もいるかもしれません。

ただ、先ほどもお伝えしたように写真を撮影したりする場合、デジタルカメラで撮影するのではなくスマートフォンで撮影されるのが今の時代は一般的になっています。

では、なぜデジタルカメラで撮影するのではなくここまでたくさんの人間がスマートフォンで撮影をしているのかということが気になる方もいるかもしれませんね。

特に、SNSなどを利用していないような方であったり、年齢などを重ねているような方などからしてみると、この点がいまいち理解できない点になると思います。

そこで、ここからは簡単になぜデジカメで撮影されずに、スマートフォンで撮影されがちなのかということについて具体的な理由を述べていきたいと思います。

これからSNSを利用しようと思っている方や、デジカメ推奨派の方は、スマートフォンを用いられる理由を知り、具体的にどういうメリットがあり、どういうデメリットがあるのかということを知るきっかけとして活用してみてください。

フレームに納まってるか分からない

なぜデジタルカメラで撮影されずにスマートフォンで自撮りが撮影されがちなのかと考えた時に、考えられる理由としては「フレームに納まってるか分からない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、スマートフォンで撮影をする際には現在のスマートフォンの機能で内側にもカメラが内蔵されているため、写真を撮影する段階でどのようにフレームに自分の姿が納まっているのかどうかということがすぐにわかるようになっているのです。

つまり、自撮り写真を撮影しようとするときに、自分がどのようなポーズをしているのか、どのようにフレームの中に納まっているのか、どのような表情をしてどのような明るさの写真が取れそうなのかということなどがすべて一目でわかるようになっています。

しかしながら、デジタルカメラで撮影をする際には確かに画質が綺麗なのかもしれませんが、どのようなフレームになっているどうかということなのがよくわからない状態で写真撮影が行われてしまいがちになってしまいます。

そうなってしまいますと、写真を撮影する際に場合によっては自分の理想とするような写真が撮れていなかったりするような場合が生まれてしまいます。

ブレてしまうことを防止するようなデジタルカメラなどもかなり多く存在していますが、それでも注意をしておかないとブレてしまったりする可能性もありますし、場合によっては赤目になってしまったり、想像以上に暗い写真になってしまったりと、想定外の写真になってしまう可能性はよくあります。

それを踏まえて考えてみると、細かく確認をすることができるようなスマートフォンの方が利便性が圧倒的に高く、なおかつそこまで画質も悪いわけではありませんので、デジタルカメラではなくスマートフォンで写真撮影が優先されるひとつの大きな理由になりいると考えることができます。

思い通りのアングルで撮れない


なぜデジタルカメラで撮影されずにスマートフォンで自撮りが撮影されがちなのかと考えた時に、考えられる理由としては「思い通りのアングルで撮れない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、昔に比べてデジタルカメラは圧倒的にコンパクトで軽量化されているとはいえ、それでもそれなりの画質を保つためには、ある程度の重さなどが必要です。

それを踏まえて考えてみると、デジタルカメラとスマートフォンとでは圧倒的に重さの違いますし、薄さも全くちがいますので、どうしてもスマートフォンの方が扱いやすさにおいては軍配が上がってしまうのです。

なので、写真を撮影する時にとても大事なカメラアングルに関してもデジタルカメラで撮影するよりもスマートフォンで撮影した方が圧倒的に撮影しやすいと言えます。

写真はアングルによって全く違った印象を与えるようになりますし、普段から写真を撮影し慣れている方に関してはどのようなアングルで写真を撮影すれば綺麗に写ることができるのか、もしくは自分自身が魅力的に見せることができるのかということなどを把握したりこだわったりして写真を撮影してる人が多いです。

などで、結果的にデジタルカメラで撮影するよりもスマートフォンで撮影した方が手軽でなおかつ自分の理想通りの写真が撮影しやすくなるため、撮影に関してはデジタルカメラではなくスマートフォンが圧倒的に多く用いられる理由になっていると判断することができるのです。

他人に頼むのも恥ずかしい

次にご紹介するデジタルカメラで撮影されずにスマートフォンで自撮りが撮影されがちな理由を考えた時に、理由としては「他人に頼むのも恥ずかしい」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、例えば友達同士で何かをしたりしている時に複数の人間同士で集まって写真を撮影する場合に、自分もフレームの中に入って一緒に写真を撮影したいと思った時には写真撮影を身近にいる他の人にお願いしたりするような場面があると思います。

旅行なのであれば全く違和感はないと思うのですが、日常の生活の中での写真を撮影したりするときに、周りのみんながスマートフォンで写真撮影をしているのに、自分だけがデジタルカメラで写真を撮影したりすることに対して違和感を感じてしまったり、写真撮影お願いした時にデジタルカメラで撮影をお願いしたりするのが恥ずかしく感じたりするような方も中には存在しているのです。

なので、他人にお願いするときにデジタルカメラだと恥ずかしい経験をしてしまうので、用いたくても用いないというような意見などもあります。

これもデジタルカメラではなくスマートフォンが自撮り撮影に用いられる大きな理由の一つとして考えることができます。

撮り直しも大変

次にご紹介するデジタルカメラで撮影されずにスマートフォンで自撮りが撮影されがちな理由を考えた時に、考えられる理由としては「撮り直しも大変」ということが挙げられます。

もしもスマートフォンで写真を撮影した時のことを思い浮かべてみてください。

スマートフォンで写真を撮影した時に自分の想像よりも魅力的な写真が撮影することができなかった場合、すぐに写真の撮り直しの作業をすることができると思います。

なぜならば、そもそも撮影した写真がすぐに画面に表示されるようになりますし、取り直しの作業に関してもボタンひとつですぐに行うことができるようになりますので、比較的写真を撮りなおしたりする作業において面倒な作業はそこまで存在していないのです。

しかしながら、一転してスマートフォンではなくデジタルカメラで写真を撮影しようと思った場合、残念ながらデジタルカメラの操作に関してはスマートフォンに比べてレスポンスが遅い場合がとても多く、撮影した写真を確認したり、再び写真の撮影するモードに切り替えたりするまでにスマートフォンよりも時間がかかってしまうことがとても多いです。

それを踏まえて考えてみると、圧倒的にデジタルカメラよりもスマートフォンの方が手軽に写真撮影をすることが可能であり、面倒なことが少ないといえます。

自然であったり動物などを写真撮影したりするのであればそこまで面倒に感じたりするようなことはないかもしれませんが、自分の知り合いなどを含めて写真撮影をしたりする時には手間がかかったりすると周りに対して迷惑をかけてしまったりするような場合が多くあります。

周りの人間もデジタルカメラで撮影しているのであれば問題ありませんが、自分だけ写真撮影に手間取ったりしてしまうと周りからの印象が悪くなったりする可能性がありますので、これもデジタルカメラではなくスマートフォンが選ばれる大きな理由に繋がると考えることができます。

デジカメ自撮りのメリット

ここまではデジタルカメラではなくスマートフォンが用いられる理由についてご紹介をしていきました。

こうして考えてみると様々な細い理由においてデジタルカメラではなくスマートフォンが選ばれるということがよくおわかりいただけたと思いますが、ここからは逆にスマートフォンではなくデジタルカメラで自撮りをする上でのメリットについてご紹介していきたいと思います。

割合としては圧倒的にスマートフォンで撮影する方の方が多いと思うのですが、あえてデジタルカメラで写真撮影をすることによって得ることができるメリットをピックアップしてご紹介しますので、自分自身の中でどちらのメリットが魅力的なのかということを天秤にかけて判断していただければ幸いです。

自分自身がどのような目的で写真撮影をするのかということを念頭において判断していただくと分かりやすいと思いますので、新しい意見が生み出されたり、自分なりの価値観を変化させるためのきっかけとして捉えてみてください。

画質が良い

まずはじめにご紹介するスマートフォンよりもデジタルカメラが写真撮影に向いているメリットとしては「画質が良い」ということが挙げられます。

これに関しては多くの方が実感していることになると思うのですが、スマートフォンよりもデジタルカメラの方が圧倒的に外出においては優れていると判断をすることができます。

例えば、至近距離であればスマートフォンで撮影する場合でも比較的高画質で撮影することができますが、離れた被写体を取られたりするときなどに関しては圧倒的にデジタルカメラの方が画質は高くなります。

また、夜間だったとしても魅力的な写真撮影などを行ったりすることができますので、基本性能はやはりデジタルカメラのほうが圧倒的に上です。

当然ながらスマートフォンに関しては写真撮影だけに特化しているようなものではなく、それ以外にも様々な機能が搭載されているようなアイテムになりますので、デジタルカメラのような写真撮影に特化されたようなアイテムに比べて劣ってしまうのはしょうがないことでもあります。

なので、単純に写真撮影をすることだけが目的なのであれば、スマートフォンで撮影する分には問題ないのかもしれませんが、より綺麗で高画質な写真を撮影したいという目的のもと写真を撮影するのであれは圧倒的にデジタルカメラの方に軍配が上がると考えることができます。

個人の価値観によって大きく左右されるかもしれませんが、基本的に写真を撮影して綺麗な写真が撮れる方法がどのような方も嬉しいと思いますので、スマートフォンよりもデジタルカメラが優れている点としては画質が良いという点が大きなメリットとして考えることができます。

高倍率ズームが可能

次にご紹介するスマートフォンよりもデジタルカメラが写真撮影に向いているメリットとしては「高倍率ズームが可能」ということが挙げられます。

あまりカメラに詳しくないような方に関しては高倍率ズームがどのようなものかよくわかっていないような方もいるかもしれませんね。

高倍率ズームとは、その名前の通り、ズーム幅の大きさが大きいレンズのことを意味しており、ズーム幅が大きくなることによって、ボケを生かした望遠撮影であったり、広い空にをダイナミックに映すな広角撮影などが行えるようになったりするなど、撮影環境が想像以上にはかどるようになる機能となっています。

例えば日常生活の中でスマートフォンで撮影をしようと思った時にかなり近い被写体を捉えたりするのが少し難しく感じたりするような経験をしたことはありませんか?
高倍率ズームを利用することができれば、目の前の小さな被写体をしっかりと撮影をすることが可能になりますので、鮮やかな写真撮影をすることができますし、手前の被写体にピントを合わせることができるようになりますので、背景を上手にぼかすことができて、被写体がより綺麗に撮影することができるようになるのです。

また、デジタルカメラであれば広角撮影と望遠撮影を切り替えて撮影したいときも瞬時に行うことができたりする場合がありますので、シャッターチャンスを逃したりするようなことが基本的にはなくなります。

スマートフォンのカメラで撮影する時にうまくピントを合わせると良い少し手間取ったりするような経験をしたことがある方が多いと思うのですが、そのような手間が一切なくなったりするということに関してはとてつもなく大きな魅力であると考えることができます。

なので、スマートフォンよりもデジタルカメラの方が様々な機能の面においては圧倒的に有利な立場に身を置いているということを踏まえて考えてみると、高倍率ズームの機能が利用可能ということは写真撮影に向いている大きなメリットであると判断をすることができます。

手ブレの心配なし

次にご紹介するスマートフォンよりもデジタルカメラが写真撮影に向いているメリットとしては「手ブレの心配なし」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、写真撮影をしたりする上でとても重要なのがぶれないように写真をとるということです。

なぜならば、折角良い条件で写真を撮影することができたとしてもその写真がぶれてしまっては一貫の終わりになってしまいます。

ブレてしまうことによって写真全体がうまくまとまらなくなってしまい、綺麗に撮影することができずに悲しい気持ちになってしまった経験をしたことがある方はとても多いと思います。

特に写真に関しては、その場の瞬間瞬間の情景を移したいと思い写真を撮影する場合が多いので、後から気づいた時に取り直しをしようと思ったところでできなかったりするような場合がほとんどだと思います。

すぐに気づくことができれば修正することはできますが、家に帰った後で気づいたとなると既に時は遅いのです。

それを踏まえて考えてみると、スマートフォンは比較的手ぶれの可能性が高いですが、デジタルカメラで撮影をすることによって手ぶれ補正などの機能がついているものがほとんどなので安定的に写真を撮影することができるようになります。

写真を撮影した後に家に帰って写真を見直したりしたときも、手ぶれによって失敗した写真が撮影されていることなどはほとんどなくなりますので、それを踏まえて考えてみるとスマートフォンよりもデジタルカメラで撮影をした方が写真撮影を失敗する可能性は少なくなり、大きなメリットであると判断をすることができるのです。

上手に写真を撮ることが苦手な方に関してはデジタルカメラで撮影をする方が圧倒的に有利であると考えることができるといえます。

デジカメで自撮りする為の方法

ここまではスマートフォンよりもデジタルカメラで写真を撮影するメリットをご紹介していきました。

スマートフォンで撮影をすることに対しても、デジタルカメラで写真を撮影することに対しても、どちらも一長一短が存在するということがおわかりいただけたと思います。

それぞれの良い点がありますので、自分自身がどのような環境で、どのような目的で写真を撮影するのかということなどを踏まえて考えてみると、どちらが自分にとってメリットがあることなのか適切な判断ができるようになるはずです。

自分なりの目的と比較して、どちらが自分に合ったアイテムなのか考えていただきたいと思いますが、ここからはもしもデジタルカメラで自撮り写真を撮影する場合に、どのような方法を使って自撮りをするべきなのかということについてご紹介していきたいと思います。

一般的に考えるとデジタルカメラで写真を撮影したりする場合、自分たちの方向にカメラを向けてシャッターを押さなければいけないと考えてる方が多いと思いますが、それ以外にも工夫をすれば自撮りをすることができるような機能や方法などはいくつか存在していますので、これからご紹介する方法を参考にしてデジカメを自撮りに用いていただければ幸いです。

三脚を使う

デジタルカメラで自撮り写真を撮影する場合におすすめの方法としては三脚を使う方法がおすすめです。

三脚に関しては、安いものであれば1.000円程度で販売されているような場合が多く、家電量販店やもしくは通販などでも気軽に購入していただくことが可能になっています。

三脚があれば三脚とデジタルカメラを取り付けるようにして、少し離れた場所からシャッターを切ることが可能になり、スマートフォンで撮影をするよりも本格的な自撮り写真を撮影することができるようになります。

先ほどもお伝えした通り、スマートフォンよりもデジタルカメラの方が圧倒的に画質の性能が高いので、綺麗な写真を撮影したいのであればやはりデジタルカメラの方に軍配が上がると思います。

少し離れた場所からシャッターを切ることができるという点を考えてみても、より綺麗なアングルでより綺麗な写真を撮影することができますので、しっかりした本格的な写真を撮りたいのであれば三脚を使うととても便利に撮影ができますよ。

リモートシャッターを使う

デジタルカメラで自撮り写真を撮影する場合に、おすすめの方法としてはリモートシャッターを使うこともおすすめです。

リモートシャッターとはどのようなアイテムなのかと考えた時に、リモートシャッターとは離れた場所にいながら自分の好きなタイミングでシャッターを切ることができるようなアイテムになっています。

つまり、離れた場所にカメラを置いている状態だったとしてもリモートシャッターのボタンを押すことによってその好きなタイミングで写真を撮影することができるということになります。

スマートフォンにおいてもリモートシャッターの付属品などは販売されたりしていますので、デジタルカメラに限ったことではないのですが、デジタルカメラでもリモートシャッターを使うことによって離れた場所で好きなタイミングで写真撮影ができるということを知っておけば、写真撮影の幅が広がると思いますし、自撮り写真の撮影などもしやすくなりますので、デジタルカメラで自撮り写真を撮影するのであればリモートシャッターのアイテムを別途購入しておくと良いと思います。

デジカメで自撮りする為に必要な機材

デジタルカメラで自撮り写真を撮影する方法についてご紹介していきましたが、デジタルカメラでも子も自撮り写真を撮影するのであればある程度機材も準備しておくことをお勧めいたします。

どのような機材を準備すればいいのかということがよくわからないと感じている方も多いと思いますので、ここからは簡単に必要な機材などをご紹介していきますので、デジタルカメラで今後自撮り写真を撮影しようと思っている方は参考にしてみてください。

液晶部分が回転するものを買う

デジタルカメラの中には、液晶部分が回転するようになっているものがいくつか存在しています。

液晶部分が回転するようなものを購入しておくことによって、自分にレンズを向けている状態でもどのようなフレームになっているのかということが一目でわかるようになります。

つまり、スマートフォンで撮影する時と同じように、自分がどのような姿になってるのかということがすぐにわかるので、自撮り写真を撮影するのであれば必ずこの機能が備わってるようなデジタルカメラを購入するべきです。

これさえあれば細かい確認をしたりするときに圧倒的に利便性が高くなりますので、必ず購入する前にこの機能が備わってるかどうかということを確認しておきましょう。

三脚

デジタルカメラで自撮り写真を撮影する際に必要な機材としては先ほどもお伝えしたように三脚が必要です。

三脚がなくても自撮り写真を撮影することはできますが、本格的な自撮り写真を撮影しようと思うのであれば三脚があった方が安定的にアングルを確保することができるようになりますので、あるに越したことはありません。

三脚は値段がピンキリなので、当然ながら性能なども全く違っています。

安いものでもしっかりと三脚の役割を果たしてくれるようなものはあるのですが、よく確認しておかないと下方向に向けたりすることができないような三脚なども存在していたりするため、必ず三脚の機能はどのようなものなのかということを確認した上で購入するようにしてください。

デジカメ自撮りをものにすれば良い写真がもっと撮れる

今回はデジタルカメラをテーマにして、デジタルカメラで撮影をするデメリットとメリット、そしてデジカメで自撮りするための方法と必要な機材などをご紹介していきました。

なかなか周りの人を見て考えてみるとデジタルカメラで自撮り写真を撮影しているような方は少ないと思うのですが、今回ご紹介した内容を踏まえて考えてみると圧倒的に優れた写真を撮影したいのであればデジタルカメラで写真撮影することがやはりおすすめです。

自分の目的によってどのようなアイテムを使うのかということは別れると思うのですが、魅力的な写真を撮影したいと思うのであればデジタルカメラで撮影することを強くお勧めいたします。

昔と比べて今の時代はデジタルカメラもかなり安い金額で手に入ることができるようになっていますので、高画質な写真を撮影して魅力的なSNSをアップしたいと思うのであれば、ぜひデジタルカメラを利用してみてくださいね。