プレゼントを贈ろうと思った時に花を贈ろうかな?花が無難だよね。なんて思って花をプレゼントしていませんか?

実は花のプレゼントは気を付けなければいけない注意点があったんです!

この注意点を知っておかないとプレゼントしても嫌な感じに思われてしまうかもしれませんよ。

️プレゼントといえばやっぱり花

プレゼントをするといえばやっぱり花ですよね。

昔からプレゼントと言えば花というイメージが強いです。

特に女性へプレゼントをする場合には花を贈るというイメージが非常に高いですね。

しかし、この花のプレゼント…間違ったプレゼントになってしまうリスクもあったんです。

会社や多くの場所でプレゼントする機会も多い花束について詳しく見ていきましょう。

今回は花をプレゼントすることで起きてしまうデメリットについてご紹介していきます。

️花をプレゼントで贈るときの7個のデメリット

花をプレゼントすることで起きてしまう7つのデメリットを今回はご紹介していきます。

お花をプレゼントで贈った経験のある人は自分が贈った時の状況を思い浮かべてみてください。

これから贈ろうと思っている人やお花を贈らなければいけない人は花を贈ることでデメリットが生じてしまわないかよく考えながらみてください。

各生じるデメリットの対処方法も一緒にご紹介していきます。

枯れてしまう

花は生きています。

その為プレゼントされた時にはきれいで素敵なのですが…
場合によってはお花は早い段階で枯れてしまいます。

花が枯れてしまうとそれはもうプレゼントではなくただのゴミ…になってしまうかもしれませんね。

せっかくプレゼントをするのならその日の一瞬だけではなくもう少し長くきれいな状態で持っていてほしいですね。

その為には切り花などの花束であれば水切りをしてもらうことやコットンなどで水分を切らさない工夫をする必要があります。

ほとんどのフラワーショップでは枯れない様な対策をして花束を作ってくれるのですが…お店によっては言わなければ何もしてくれないお店もあります。

してくれて当たり前ではないんですね。

あくまでも枯れないためにお店側の優しさや配慮でしてくれているだけなんです。

してくれて当たり前ではないんですよ。

枯れない対策をしてない時に文句を言うのは筋違いです。

自分が花束を作っておらう際に言わなかったからだけなのです。

花束を作ってもらう際に一言お店の人に枯れにくいようにお願いしますなど声をかけてください。

お店の人も快く対応してくれますよ。

せっかくプレゼントをするのならすぐにゴミになってしまうモノは贈りたくはないですよね。

贈られた相手もすぐに枯れてしまうと何だかゴミを渡された感じになってしまうかもしれません。

枯れないお花があればいいのにね…って思いませんか?

実は枯れないお花はあるのです。

枯れないお花はどんなお花なのか知っていますか?

ブリザーブドフラワーなんていうお花もあって枯れることの無いお花なんですよ。

他にも昔からあるドライフラワーなど枯れないお花も色々ありますので贈る相手のことを考えて枯れないお花をプレゼントすることも良いかもしれませんね。

枯れることが無ければゴミを渡されたなんて思いませんね。

手入れが必要になる


お花は頂いた時にはとってもきれいで嬉しいのですが、いざ家に持ち帰ってみると案外お花の手入れって面倒なんです。

お花は枯れるとゴミになってしまから枯れない方が良い…なんて先ほどお話をさせて頂きましたが…
枯れない場合は枯れないでお手入れが大変なんですよね。

わがままなのかもしれませんが貰った相手は確かにそう思ってしまうのです。

とっても好きな人からのプレゼントであればその人のことを思って大切にお世話ができます。

毎日話しかけて楽しくお世話ができますが…
そうではない人からのプレゼントやお祝い事などの花束ですと枯れてくれないと捨てるに捨てられないし、そのままほったらかしなんて訳にもいきません。

なかなか枯れないお花はそれはそれで厄介なのです。

枯れない(枯れにくい)お花と言えば花束では無くて鉢植えタイプのお花は枯れにくいですよね。

鉢植えタイプのお花は長持ちして良いのかなとも思いますが人によっては迷惑なプレゼントになってしまいます。

こういったお花のプレゼントには注意が必要なんですね。

プレゼントした相手がお世話をする気持ちまで考えて鉢植えタイプのお花は考えましょう。

渡すまでの手入れも必要

お花によってはプレゼント当日に購入してプレゼントする場合と事前にお花を購入してプレゼントする場合がありますよね。

事前に鉢植えなどのお花を用意した場合はプレゼントするまでの間自分で手入れをしなければいけません。

買ってそのままでは購入時よりどんどん劣化していってしまいます。

お花は渡すまでの間自分で手入れも必要で大変です…プレゼントする際にすでに枯れかけているなんてことにならないように渡す前にも正しい手入れは必要なのです。

お花をプレゼントする場合には事前に用意している場合には自分自身も手入れが必要な事も覚えて下さいね。

お花をプレゼントすると決めて先に買って用意して渡すときに見たら枯れていたなんて事の無いようにして下さい。

渡すまでの間分でお手入れをしなければいけないなんて知らなかったこんなはずではなかったなんて事の無いようにしましょう。

持ち帰りに不便

お花のプレゼントは貰った際にはとても嬉しく思えるのですが…
プレゼントされて帰る際に意外と大きくて持ち帰るには少し不便に思いませんか?

花束の場合は普段持ちなれていないこともあって結構かさばってしまい電車など公共の交通機関で帰る際にはまわりの人の迷惑となってしまいます。

花束がだれかにあたってしまわないように気をつかわなければいけません。

花束の種類によっては花粉が衣服などに付いてしまう花束の場合があります。

その場合には特に気をつかって持ち帰る必要がありますね。

花束を下に向けて持ち帰ってみたり自分に向けてみたりと大変です。

花束ではなく鉢植え上の花の場合にも同じことが言えるのですがそれとは別に鉢植えは重さがあります。

花の重量だけでは無くて鉢の重さや土などの重さも増えてしまいます。

すぐ近くに家がある場合は良いのですが長時間鉢植えを持って帰る作業は意外と大変なのです。

男性でも鉢植えタイプのお花の持ち運びは大変なことですが女性になってしまうとなおさら大変です。

場合によってはココに置いて帰ろうかしら?なんて思ってしまうほどです。

プレゼントを贈る場合には相手の気持ちと共に相手がどのように持ち帰るのかまで考えてあげるとより喜ばれますね。

この場合の対処方法としては花束の場合には上からカバーができる工夫をしてあげることが有効ですね。

まわりに人に気をつかうことなく花束を持ち帰ることができます。

鉢植えタイプであれば鉢の素材を樹脂素材の軽い鉢植えにするなど考えたら色々と対処できる事は多いはずです。

面倒かもしれませんがそこまで相手のことを考えて考慮して贈ることが出来たら素晴らしいですね。

もし自分が貰ったらどうなのかな?なんて考えると分かりやすいですね。

生花禁止の病院などがある


生花のプレゼントを禁止され散る場合があることも知っておいてください。

病院などの施設では生花のプレゼントは禁止されている場合があります。

生花についているムシやアレルギー物質などによって患者さんに重篤な症状があらわれてしまうなど様々な要因により禁止されているのです。

病院などの病気人がいる施設などへは生花は持っていかないようにすることが優しさかもしれませんね。

病院以外でも海外への持ち込みなどは多くの国で禁止されています。

在来種が生花も持ち込みによって危険にさらされてしまう危険があるからなのです。

生花をプレゼントする場合にはそのプレゼントを渡す現場の状況も確認して把握する必要があります。

せっかく用意してもプレゼントを渡すことができなくなってしまいますよ。

花粉アレルギーの人がいる

花のプレゼントには注意しなくてはいけないことがあります。

花粉アレルギーを持っている人は花束の花粉に反応してしまいとってもつらい思いをしてしまう可能性もあります。

プレゼントする相手に花粉アレルギーがあるのかどうかわからない場合にはどうしたらいいのでしょうか?
花束を渡さないことが一番良いのかもしれませんが花束を渡したい時もありますよね。

そんな時には花束を作ってもらうフラワーショップの人に花粉アレルギーがある人でも大丈夫な花束を作って頂けますか?なんて相談して下さい。

花粉アレルギーがある人でも大丈夫な花束を作ってくれる場合が多いですよ。

他にも花粉が飛散しないブリザーブドフラワーなどやパッケージングされたお花など花粉対策ができているお花は意外と多くあります。

花粉症の人は多いですのでその事も考慮してプレゼントする相手のことを考えてプレゼントできると良いですね。

1日荷物になる

花のプレゼントは頂いた時には嬉しいのですがその流れでお祝いパーティーや二次会などへ出かける際にはその間渡された花束はずっと荷物となってしまいます。

大きな花束は豪華でもらった際には嬉しいのですが暫くすると…
普段持ちなれていないものですので持ち難く邪魔な大きな荷物に思われてしまうかもしれません。

この邪魔な荷物に思われることを回避するために花束はプレゼントを渡すタイミングが重要でとなります。

お花の場合はお祝い事の帰り際に渡すことがおすすめですこの帰り際のタイミングこそがベストタイミングとなります。

帰る際に花束をわたして盛り上がったところで解散となれば楽しかった嬉しかった気持ちが最後になりピークを迎えたまま充実して帰ることができます。

先に渡してしまいますとピークは花束を渡したその時でそこからは盛り下がっていき最後には大きな邪魔な荷物が増えた…なんて思われてしまうかもしれません。

花束のプレゼントは渡すタイミングが重要なんですね。

ただこの際にプレゼントを渡す人が自分で花束を持っているといつ渡されるんだろうなんてソワソワしてしまいます。

花束をくれるんだな…なんて思われながらずっといることになってしまいます。

そうならないためにはプレゼントの花束をお店の人に預かって頂き保管してもらうことが有効です。

ベストなタイミングでお店の人に合図をしてプレゼントを渡すことができます。

他には花束を作ってもらったフラワーショップの人に時間指定で現場に届けてもらうなど方法は沢山あります。

渡すタイミングも考えること(演出)が出来たらプレゼントとしては最高ですね。

花瓶がないと買わなければならない

プレゼントで花束を渡された場合には枯れないようにするために家に帰ってから花瓶を用意しなければいけません。

プレゼントされた状態の花束のままにしておいたらすぐにお花は枯れてしまいます。

花瓶が無い場合には貰ったお花の為に自分で花瓶を買わなければいけなくなってしまいます。

元々家に花瓶が無い人はお花を家に飾ることがない人ですのでプレゼントされた花が枯れてなくなってしまうと無駄に買った花瓶だけが残ってしまいます。

花瓶だけ残っても邪魔になってしまうだけですね。

この様な場合はかえって迷惑なプレゼントになってしまう可能性すらありますね。

この対処をするためには花束と一緒に花瓶をプレゼントすることですね。

花瓶を一緒にプレゼントすることで新しく花瓶をかく負担も無くなります。

他にも花束では無くて鉢植えタイプの花をプレゼントすることでそのまま使うことが出来て花瓶を余分に買う必要はありませんね。

家に帰った後の花の状態も考えてプレゼントすると良いですね。

️花を贈るときのデメリット解消

花を贈る時に生じてしまうデメリットが多くあることが分かったかと思います。

また簡単な対処方法も何となくわかったかと思います。

ココからはお花を贈る際に生じてしまうデメリットを解決する方法として具体的にご説明していきますね。

花束などをプレゼントする際の注意点と対処方法が分かればとっても素敵なプレゼントになりますよ。

花瓶や手入れグッズもセットでプレゼントする

お花をプレゼントする際にはお花だけでは無くてお花と一緒に帰った後に必要なお手入れグッズや花瓶などもプレゼントしましょう。

花束の場合は持ち帰る際に周りの人に気をつかうことが無くなるようにカバーも一緒にプレゼントすると尚良いですね。

お花を入れる花瓶に水やりのための霧吹きなども一緒にプレゼントして下さい。

プレゼントしたお花に合わせて可愛い花瓶やオシャレな霧吹きなどをプレゼントするととても喜ばれます。

お花が枯れてしまった後にも貰った花瓶などを有効活用するために自分でお花を買って飾ってくれるようになる可能性もありますよね。

お花を自分で買う事をしない人でもオシャレなグッズであればそのままインテリアとして使ってくれますよ。

話題のインスタ映えする小物類ですね。

お花をプレゼントしたその時だけでは無くて家に帰った後のことも考えてプレゼントをして下さい。