今では数多くの資格があると思います。

代表的なものであれば英検であったり、漢検というようなものがあると思いますが、この2つの中で重宝をするものと言えば英検になりますよね。

ですがこの2つというのは代表的な物にしかすぎないのです。

例えば医療事務などの資格というのもありますし、ベビーシッターというような資格もあります。

基本的にこの様な特殊な資格たちも多く存在して、それを取ることで仕事で活躍できたり、実際に活かせるというようなものも多いのです。

あって損はしないというような資格が多いという事になりますよね。

よくこの様な資格というのは専門的なものであって、興味や知ることが無いという状態になってしまったら取ることができないというようなものにもなっています。

なので例えばアロマデザイナーや色彩検定というものは知らなければ取ることができないものですよね。

また何か事業などをする際に、その関連する特殊な検定を受けなければならないというものもあるでしょう。

アロマデザイナーがその例になるのではないかとも思います。

数多くの資格がありますが、どの資格を取りたいと思いますか?

今回はそんな資格を在宅で取れるというようなものであったり、女性に役立つような資格のおすすめをいくつかお教えしたいと思います。

人によりもう既に持っているという人もいるかもしれませんが、他の資格も興味があれば是非取ってみてはいかがでしょうか?

そうする事で実際の生活でも役に立つというようなこともあるかもしれません。

代表的な英検などでは英語を読むというような事がどこかであると思いますが、その際に読めるとなんて書いてあるのかというような事が解り良いですよね。

ですがこの英検の欠点というのは在宅で取ることができないという事です。

言うのであれば在宅で取れるというようなものは限定をされているという事でもあり、数は多くあると思いますが、今回は女性が役に立つ、活かせるというようなものを詳しく紹介をしていきたいと思います。

どの様なものがあるのか、皆さんは考えたことがありますか?

実際にどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

また取ったことがあるという人は、是非他のものも取ってみてはいかがでしょうか?

数多くの資格が存在

数多くの資格が存在する中、在宅で取れるものというのはとても良いですよね。

何故なら他の検定というのは必ずその試験会場に行かなくてはいけないからです。

例えばその日などがどうしても忙しいとなってしまっては辞退をするしかないですよね。

急な用事でというような事もあると思います。

そんな中で大事なのはこの、在宅でも受けれるというような資格たちです。

例えばその日は体調が悪いから試験会場などに行かなくても好きな時に受けることができる、その決まった日であれば時間が分けられているので、自分のタイミングで受けることができる、というような事があるというのが在宅での資格を取ることができるというメリットです。

言うのであれば自分のペースで勉強をすることはもちろん、試験会場に行かなくても良いというような事があります。

英検や漢検というものは基本的にその試験会場で受けるというものが多く、英検の場合は会話をするというような事もありますよね。

ですが数多くの資格がある中、在宅で資格を取ることができるものも多く、何をとれば良いのだろうと悩む人もいるのではないでしょうか?

どの資格を取れば良いのか迷う


在宅で取るものが多くてもどの資格を取れば良いのだろうと迷ったりすることがありますよね。

基本的にどの資格も興味があるというものであれば挑戦をしてみることをオススメします。

またどの資格も特徴的なものがありますが、解りますか?言うのであれば、どれも活かすことができて仕事にできたりするというようなものです。

趣味として取るというような人も多いかもしれませんが、それなりに勉強というものをしなければいけないものばかりだと思います。

最近ではこの在宅で資格を取れるというような事にも注目があり、中でも医療事務などに関してはとても重宝をする資格なのではないかとも思います。

また、ベビーシッターも同じような事が言えますよね。

どんな事でも私生活で活かせるものばかりという事なのです。

これは良いことだと思います。

例えば資格を折角持っていても活かせていないという人が多いようにも感じられます。

何故ならその資格を活かせるような職種についていないからというのもありますが、何より学生時代に取っていて、もう忘れているというような人がほとんどだからという事です。

せっかく学生時代に勉強をして取ったものを忘れてしまうというような事になると、当時は解ったかもしれないというような事が多いのではないでしょうか?英語もその1つですよね。

何事も資格を取るという事は、それについてはエキスパートという事でもあり、折角のことを忘れてしまうとなると自分が悔しい思いをするのではないかと思います。

ではどの様な資格を取ることが一番良いのでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

資格に求める条件

せっかく資格を取るのであれば、その事についてはずっと忘れないようにしたいとも思いますし、どんどん活かしたいとも思いますよね。

それは私生活でもあり、仕事先でも活かせるというのであれば尚更だと思います。

では資格に求める条件というのはどの様なものがあると思いますか?例えば今回紹介するものは在宅で取れるというものという事があります。

今回紹介をするものは全て在宅で取れるような資格です。

資格というのは普段では学校などや試験会場に行って行うというようなイメージがありますが、その様なことはありません。

基本的に家で受けれたりもするという事です。

他にもあります。

例えば資格を取るからには興味のあるものでなければならないという事です。

なんとなくで勉強をしてなんとなくで取ることができたら、それは才能に近いようなものかもしれないですよね。

この様に資格というのは取るだけでなく、求められる条件というものがあります。

どのようなものがあるのか詳しくみて見たいと思います。

皆さんはどの様なことが大事だと思いますか?

活かせる

資格を活かせるというのはとても大事なことですよね。

どんな事でも同じですが、活かせないような経験や知識というものは基本的にありません。

英語でも必ず読むというような事があるでしょうし、逆に今の生活で英語を見ないという人も少ないはずだと思います。

また、その資格がいかに私生活や仕事で役に立てるのかというところにもあるのではないかと思います。

中には本業とは違うような資格を取るという人もいますが、そこから学ぶという事はたくさんあるのです。

活かせることができるかどうかというのは、その資格をとった本人次第にもなってしまうという事です。

取って終わり、というような形ではなく、資格を活かせるようになりましょう!

在宅で取れる

何よりも今回の条件というものは在宅で取れるという所です。

この利点というのはとても良い利点ですよね。

体調が優れなかった、コンディションが万全ではなかったというような事が試験中では多いと思います。

そのため、時には試験を休まなくてはいけないというような人も多いはずです。

そこで在宅で取れるという利点を活かすことで、自分の万全の状態で受けるという事ができるというものです。

基本的にこの様な資格というのは、持ち込みや見ても良いというものがなく、筆記用具のみとなっています。

また、パソコンでする形も同じような事が言えるのではないかとも思います。

在宅で取れるという事は、パソコンを使ってでも試験を受けれるという事です。

在宅で取れるようなものは多く、今回紹介する以外にもたくさんあります!是非、時間が合わないという人は在宅で取るようにしてみてはいかがでしょうか?

興味が湧くもの

何よりも資格を取る上での条件として、興味が湧くものでなくてはいけないですよね。

どんな事があっても興味が湧くものを取るようにして、活かしていただきたいとも思います。

例えば全然違うようなものであっても、興味があるのであれば知識として吸収をすることができますし、いざとなった時にはその資格を活かす際に、私生活などでも役に立つことがあるかもしれません。

よく興味があってもどうしようという人がいますが、勉強などをしているのであれば是非取ってみてはいかがでしょうか?あって困るものでもないので、挑戦をしようという心が大事になるのではないかと思います。

おすすめの資格22選


ではそんなおすすめの資格を22種ほど紹介をしたいと思います。

今回は22種ですが、他にも様々な資格があり、その一部というのは在宅で取れるものばかりです。

例えば代表的なものを言うと、医療事務であったり、心理カウンセラーなども在宅で取れるようなものなのではないかとも思います。

アロマデザイナーも同じような事が言えるでしょう。

どれも、基本的に身に着けるようなものではないですよね。

何か特殊なものが入っていると思います。

特に色彩検定などに関しては美術に関連するような検定にも見えますし、タイピング技能検定となればパソコンに関わることだなと直ぐに解るものもあるでしょう。

ですが、直ぐに解らないものもありますよね。

例えばPOPライターインストラクターというのはどの様なことをする人なのだろうか?

CADインストラクターはどの様な資格なのだろうか?というような様々な種類があるので、どれを選ぶのかは興味が湧いたものを資格を取るために勉強をすれば良いと思います!

今回紹介をするものはどれもお勧めのものばかりです!

基本的に在宅で取れるというものが中心なので、検討をしてみてはいかがでしょうか?

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

1、医療事務

医療事務というのは基本的に人手が不足しているようにも思えます。

言うのであれば看護などの関係というのは常に人手が不足しています。

なので、ナースであったり、介護士であったりというような職種も少ないです。

また、それは医療事務でも同じような事が言えます。

そんな医療事務の資格というものがあるのはご存知でしょうか?

医療事務にも様々な種類がありますが、そのどれもが独学でも勉強をして取れるというものです。

よく学校などに行かないとと思うような人もいるかもしれませんが、決してそうではありません。

在宅でも勉強をして取ることができるというものもあるのです。

また、試験などは一部は毎月行っているものもあります。

お手軽に受けれることもできるので、是非自分のタイミングで受けてみてはいかがでしょうか?

2、調剤事務実務士

調剤事務実務士というような資格をご存知でしょうか?初めて聞いたという人もいるかもしれません。

この資格の特徴というのは薬剤師のような資格が取れるという事です。

例えば、診察をする医師がいますよね。

その医師がじきじきに薬を出すというような事もありますが、最近はどこも近くの薬局に行って処方箋をもらうというような形が多いと思います。

そこで出てくるのが薬剤師という事です。

もちろん薬剤師の方と同じような事ができる、というようなものではなく、これはその薬剤師さんの支えとなるような事ができるというものです。

補助をするということですね。

この資格というのもとてもメリットが多いのではないかとも思います。

特にこの資格というのは在宅で受けることができ、合格率なども比較的に半分以上が取れるとも言われています。

仕事や家庭の事情で忙しい、という人にもオススメのものなので、是非検討をしてみてはいかがでしょうか?

3、心理カウンセラー

心理カウンセラーというものはご存知でしょうか?

聞いたことがあるというのは、音楽療法士であったり臨床心理士というような資格もあるのではないかと思います。

基本的に心理カウンセラーというのは様々なものを全部含めて言うことが多いので、心理カウンセラーの資格でも多くのものがあります。

例えば今の臨床心理士というようなものは、とても重宝をするような職種になっており、学校で活躍をしていますよね。

子供たちの悩みや相談などを聞いて解決に導くというのはとても立派なことだと思います。

臨床心理士の場合は在宅では取れませんが、これとは違う資格は在宅で取ることができるのです。

驚いた方もいるかもしれませんが、メンタル心理カウンセラーなどの資格は基本的に在宅で取れたりします。

一部の人はこの様な資格が在宅で大丈夫なのかという不安もあるかもしれませんが、実際に仕事としてする分には更なる資格が必要にもなってくることがあります。

知識としても是非活かしてみてはいかがでしょうか?

4、ベビーシッター資格

これもよく聞いたことがある資格の1つになりますよね。

ベビーシッターの資格です。

例えばベビーシッターの資格というのは在宅以外にもアルバイトなどを通じて取るというような人が多いかもしれません。

その働き先によってはベビーシッターなどの資格も取れるというような講座があるからです。

そもそもベビーシッターというのは、親がいない子供を一時的に預かるというものですよね。

保育園や幼稚園で預かるというのではなく、自宅で預かるというのがポイントにもなるでしょう。

ベビーシッターの資格というのは基本的に在宅でも取れることができたりするので、お手軽なものとして興味がある方は是非取ってみてはいかがでしょうか?

5、アロマデザイナー

アロマデザイナーという資格をご存知でしょうか?アロマセラピーというような言葉も聞いたことがあるという人がいるかもしれないですよね。

どの様なものかというと、正式にはアロマブレンドデザイナーと言います。

アロマデザイナーとは精油を様々な組み合わせをして新しい香りであったり、目的にあったものを作るというようなもので、その資格を取ることができるという事です。

この資格も実は在宅でも取ることができる資格であり、また様々な組み合わせで日常の生活にも使えるようなものを作れたりすることもできるのです。

アロマデザイナーも最近はどんどん増えていますが、実はこの資格が在宅で取ることができるというものも原因の1つかもしれないですね。

6、色彩検定

よく聞いたことがあるというものが色彩検定です。

特に美術関連をしている人はだれでも取っているというようなものなのかもしれないですよね。

色彩検定というのは、色のコーディネート、いわゆる色のことについて幅広い知識などを持っている人達ということになります。

これには級というものがあり、1級から3級までというような形になっています。

これも実は在宅で取れるという事に気がついたという人はいるのではないかと思います。

色彩検定も興味本位で受けて取るという人が多いです。

何よりその人達は基本的に色のことが好きな、いわゆる美術が好きだという人が取るというようなものです。

もし絵などを描くことがすきだ、色などを使いたいというような人がいるのであれば、是非色彩検定を受けてみてはどうでしょうか?

7、ヨガインストラクター

最近ではダイエットにも効果などがあったり、様々なことで知られるヨガですが、このヨガインストラクターの資格も実は在宅で取ることができるのです。

そして何と言っても試験中はテキストなどを見ても良いというものです。

基本的にヨガインストラクターというのはそれを持っているだけで、専門的なスキルなどがあるという事になるので、働くとなった場合でも直ぐに来て欲しいというような事になります。

ヨガインストラクターの最大の利点というのは試験を取るまで1ヶ月程度で直ぐに取れたりするという事です。

【ヨガインストラクターになるためにやるべき事は、こちらの記事もチェック!】

8、ウェディングプランナー

ウェディングプランナーという資格をご存知ですか?言うのであれば結婚式の会場での接客や知識などを様々なもの備えているというような資格のことです。

普通はこの様な仕事というのは資格が無くてもできたりするような事が多いです。

ですが資格として取ることで、ブライダル関係のプロとして見られることができるので、その職種についているという人であったり、アルバイトなどでも行くという人にとってはとても良い資格の1つになるのではないかと思います。

この利点はマナーなども学べたりすることができるという点です。

マナーとなる部分は私生活でも重要なことですよね。

マナー無しでは社会に出ることもできないと思います。

この様な資格も興味があれば是非取ってみてはどうでしょうか?

9、タイピング技能検定

よくパソコンなどをしている人が取っていると思いきや、取っていないというようなものがタイピング技能検定です。

例えばよくタイピングテストとなるようなものがありますよね。

その中でも1分間にどれだけ打てるのか、何級なのかという目安があると思います。

例えば事務などで仕事をする場合は、このタイピング検定がいるというようなところもあるのです。

タイピング技能検定というのは基本的に、パソコンさえあれば受けれるというようなものなので、誰でも挑戦をすることができます。

もし機会があれば、今の自分はどれだけできるのだろうという事を試すにも良い機会かもしれません。

10、POPライターインストラクター

POPライターインストラクターという資格をご存知でしょうか?初めて聞いたという人もいるかもしれません。

いわゆるPOPというのは簡単に言うとイメージ広告などのことを言います。

よく広告などのキャラクターであったり、イメージやデザインなどがありますよね。

それを専門としてしているエキスパートの人達のことを言います。

よくお店などに入ると広告などが目に映りますよね。

それと同じです。

魅力のあるものはつい見てしまうというような事が多いのではないでしょうか?

それを専門としている職種でもあるので、これがあることで、広告会社などにも入りやすくなるのではないかと思います。

11、レジンアクセサリークリエイター

レジンアクセサリークリエイターという資格はご存知でしょうか?

レジンアクセサリーという言葉は聞いたことがあっても資格があるというのを知らないという人もいるかもしれません。

レジンアクセサリーというのは言うのであればピアスやキーホルダーを作るというようなものであり、少し手芸とは違うような特徴もあります。

例えば色などを混ぜ合わせて透明な色を作り上げるというような事もできるのです。

この資格はその様な人のエキスパートとして与えられるというようなものです。

12、CADインストラクター

最近では土木でも建築でも言われるようなことがありますよね。

それが「CAD」と呼ばれるものです。

例えばCADというのは簡単に言うとパソコンなどを使い設計図を作るというようなことを言います。

昔はよく手書きで設計図を描いたりすることが多かったですが、今ではどこもパソコンのCADというソフトを使い設計図を作成していることが多いです。

そんなCADを使いこなして実務までできるような資格というものがCADインストラクターです。

13、家庭料理スペシャリスト

家庭料理スペシャリストというのもご存知でしょうか?初めて聞いたという人もいるかもしれないですよね。

これは日常生活で主婦の方であれば誰でもしている事のエキスパートという事になります。

どの様なことなのかと言うと、例えば魚やお肉などの選び方、鮮度であったり、どの様なところを見て選ぶべきなのか、メニューやアレンジの作成など、栄養のバランスなどをどの様にして考えられるのかというような、まさに料理に関してのスペシャリストという事になります。

更に深く言うと保存の方法であったり、下ごしらえというのも重要な項目になります。

普段からしているような事を資格として取りたいと思うのであれば是非挑戦をしてみてください!

14、食育アドバイザー

家庭料理スペシャリストと似ているものがこの食育アドバイザーです。

例えば先ほど言った食材の見極め方もそうですが、他にも栄養のバランスであったり、食育とはどの様なものなのかということを知識として知ることができるというものです。

食育アドバイザーなどに関してはその様な職種についた際にも重宝されるようなものであり、また在宅などで試験を受けるという利点があります。

基本的に在宅での試験というのは見ても良い試験と見てはいけない試験というものがありますが、この食育アドバイザーの場合は見ても良いものとなっています。

なので試験が苦手だという人でも簡単に受けることができるというような仕様になっているので、勉強をしたら是非受けてみてはどうでしょうか?

15、パンコンシェルジュ

パンコンシェルジュという言葉を初めて聞いたという人も多いかもしれません。

パンのエキスパートという風に捉えてくれるとわかりやすいかもしれないです。

いわゆるパンのことであれば知識的に誰にも負けないくらいの知識を持っているというものです。

機材の名前から歴史まで、様々なパンのことについての知識を持っているという人に与えられる資格です。

これはパン好きであれば是非挑戦をして欲しいものでもあります。

パンコンシェルジュというのは少し特殊な資格だとも思いますよね。

いわゆるワイン検定に近いようなものという風に捉えてくれると解りやすいかもしれません。

16、ダイエットコーディネーター

これはいわゆるダイエットの指導者になれるというような資格です。

よくダイエットをする際に指導をする人がいますよね。

その人になれるという資格です。

在宅でも受けることができ、基本的に数ヶ月ほどで取れるというようなものなので、ダイエットコーディネーターという選択もあるのではないかと思います。

ダイエットに成功をしているという人は、是非指導者側になってみてはどうでしょうか?

17、トリマーペットスタイリスト

イトリマーペットスタイリストというのは簡単に言うと犬のブラッシングであったりシャンプーなどのグルーミングについて学んだりすることができるというものです。

その犬種によりやり方が違うので、そのスタイリストになれるというような資格ということになります。

18、トリマー

先ほどはスタイリストでしたが、今から紹介をするのはトリマーです。

言うのであれば美容師のようなことを想像をしてもらって大丈夫です。

トリマーも実は在宅で受けれる資格の1つであり、また美容関係のこと以外にも、健康状態などを見たりするというのもトリマーの仕事でもあります。

犬が好きでなりたいけどなれないという人でも取れるというような資格なので是非とってみてはいかがでしょうか?

19、動物介護士

動物介護士というのをご存知でしょうか?

動物介護士というのもありますし、更に分けると様々な資格があるというのがこの資格の特徴です。

何より動物のことが好きだという人であったり、高齢になっているようなペットを世話したいという人に向いている資格でもあります。

ペットも実は人と同じように歳を取るとどんどん衰えてしまうので、それを介護するというような資格ということになります。

20、ドッグシッター

ベビーシッターと似たような言葉ですが、こちらが赤ちゃんのお世話という事であれば、ドッグシッターというのは簡単に言うと犬のお世話という事になりますよね。

実はこの様な動物の資格関係というものは多く、特にドッグシッターなどのような資格は重宝されやすいです。

興味があるという人は是非とってみてはいかがでしょうか?

21、アニマル・ペットロス療法士

初めて聞いた人も多いかもしれません。

アニマル・ペットロス療法士という資格をご存知でしょうか?例えばペットと一緒にいるというのはとても嬉しく、そして可愛いですよね。

ですがペットの方が先に旅立つことが多いと思います。

そんな時に恐ろしいほどに悲しくなると思います。

人というのはこの様なことから立ち直れないというような事も多く、それを支える人としてこのような療法士がいるという事です。

特に可愛がっていたのにそこから抜け出せないというような人も多いでしょう。

ですがこの資格も重宝をするような資格なので、相手の気持ちが解るというような人にとってはオススメの在宅で取れる資格だと思います。

22、翻訳実務士

翻訳実務士というのはご存知でしょうか?例えば商品について説明をする際に、いわゆる説明文となるものがありますよね。

それをいかに正しい語学力で、文章能力で作ることができるのかというような資格です。

これがあると、例えば会社などで新しいものの説明をするとなった時もすんなりとできるようになりますし、また私生活でも説明となった場合に重宝するような資格になっています。

私生活でも仕事でも活かせる資格たち

いかがでしたか?私生活でも仕事でも活かせる資格は多くあります。

まずは興味を持つこと、そしてそれを活かすことができるのかという事が重要になります。

知識として覚えるという意味でも何か資格を受けてみてはどうでしょうか?

そうする事で自分自身を成長させることもできるのではないかと思います!

是非挑戦をしてみてください!