最近になってよく耳にするようになった言葉の一つに「スローライフ」というものがありますね。

スローライフ=「ゆっくりした生活」とでも訳せるでしょうか?

これは現代社会の生活様式が慌ただしく、何かに追われているかの感じを肌で感じている医からの裏返しと言えるからでしょうか。

実際、都会の生活の速さは人間らしさを失わせる要因の一つかも知れませんね。

それでは「スローライフ」について紹介していく事に致しましょう。

スローライフに憧れているあなたへ

ではまず「スローライフ」について考えてみましょう。

「スローライフ」とは一体何なのか?どういった暮らし方がそうなるのか?

スローライフに憧れを持っているのは事実としても実際にはどういった現実が待ち受けているのか?

まずはそういった点を踏まえていって、ザクッ大きく「スローライフ」をみていく事に致しましょう。

スローライフとは

それではまず「スローライフとは」について紹介して参りましょう。

効率よりゆとり

スローライフとは「効率よりゆとり」を優先させた暮らし方をいいます。

今の世の中、時間との競争です。

学校では詰め込み教育の反省に立って「ゆとり教育」なる明らかな「改悪」が実施されて以降、これでは受験競争に勝てない、という事で授業終了後に競って進学塾に通うのが当たり前の時代になってしまっています。

当然ながらいかにして勉強時間を確保するかが受験を勝ち抜くための最低条件となるので皆、朝から夜まで自分の時間など無いに等しい生活を送っています。

一方、社会人となって会社に入社すればその日から過酷な会社人生がスタートします。

自身に課せられた予算や目標を達成するため、毎日、必死になって仕事に取り組みます。

違法に残業時間を増やす事が「悪」「ブラック」とニュースで取り沙汰されていますが実際に仕事を始めてみたら、時間がいくらあっても足りない事を実感するはずです。

それくらい世の中は忙しいのです。

これらはすべて「効率」を追求していった結果、早く仕事なり勉強なりを終わらせて自分の時間を確保するはずだったのに逆にやらなければいけない事がどんどん生まれ、結局「効率化」されていない、という現状に突き当たってしまっているのです。

スローライフが叫ばれるようになったのは、このような「効率重視」の風潮が人間としての心の余裕を失わせるから発生してきたのだ、とも言えるのでしょうね。

何でも買うのではなく作る


スローライフとは「何でも買うのではなく作る」という考え方です。

現代は大変、便利な時代です。

生活していくうえで必要なものは大抵、購入することができます。

これによって生活に何一つ、不便を感じる事なくやっていく事が出来るようになりました。

ところがこの時間の制約からの解放が却って余計な煩雑さを生み出してしまっているようです。

そもそも昔はその季節にならないと旬の食材は手に入りませんでした。

秋にならないと手に入らないものは次の秋まで待つしかなかったのです。

ところが今の時代は1年中、季節の制限も関係なくいろいろなものを食べることができます。

確かにこれはこれで人間の「食」に対する欲望を見事に叶えてくれています。

しかし、そのせいで人の気持ちはそれが当たり前になり、「ありがたみ」という本来持っていなければいけない生産者への感謝の気持ちが薄らいでいってしまったのもまた事実です。

スローライフの発想では「買うよりも作る」事を訴えています。

自分で作ることによってその作物なり製品がどれくらいの手間暇をかけて作られていたのか、を肌で実感できるようになるでしょう。

モノが出来上がるために費やされる時間はあなたの生活スタイルを確実に「ゆとりある」暮らしぶりに変えてくれる事でしょう。

都会よりも田舎

スローライフとは「都会よりも田舎」の生活を優先させたものです。

都会と田舎の違い。

いろいろあるでしょう。

モノがあふれるくらい揃っていて交通手段も発達していて何といっても「便利」が揃いまくっているところが「都会」でしょう。

一方の田舎、欲しいものがあってもお店は近くにない、町まで行こうと思っても交通手段が発達していないので時間がかかる。

都会暮らしに慣れた人間からみたらこれほど「不便」なところはないでしょうね。

しかし、だからこそ「田舎」での生活が見直されてきているのです。

確かに田舎の生活は都会に比べれば圧倒的に不便です。

買い物一つ行うにしても非常に時間がかかります。

これほど効率の悪い生活スタイルって、意味があるの?と思えるほどです。

ところがこのゆっくりした生活スタイルが人間性を復活させるのにもってこいのものになるのです。

何をやるにしても時間がかかる田舎の生活。

そうなってくると人はあくせく急ぐ必要がなくなってきます。

これが私たちの心の中に「ゆとり」を復活させてくれるのです。

今まで自分を顧みた生活など、送った事のなかった人にとったらこの田舎暮らしによる時間の余裕。

人間性の回復を図るにはもってこいの環境であることがすぐに分かってくることでしょう。

お金よりも時間

スローライフとは「お金よりも時間」を優先させた考えのものです。

現代人は時間に追われています。

これは効率を追い求めて利益を追求する企業文化にどっぷりと毒された結果とも言えなくはないでしょう。

また日本の世の中が資本主義国家であるのですから、お金を稼ぐための行動は否定されてもいけないのです。

ただ、そのために人々の気持ちと心は余裕と穏やかさを失い、気持ちが殺伐としてゆき他者を蹴落としてでも自分が出世するんだ、という弱肉強食の時代へと移り変わっていったのです。

だからこそ、今一度人間の原点回帰の発想が叫ばれるようになったのでしょう。

確かに生きていくためにはお金は必要ですが、それがために朝から晩まで寝る間も惜しんで働き続ける事が果たして健全な人間の生活なのか、大いに疑わしいところです。

スローライフとは必要以上なお金をバッサリと諦めて時間の観念の届かない空間で生きていくスタイルとも言えるでしょう。

時間に追われない暮らしがどれほど人間性の回復に効果を発揮してくれるか。

是非、一度試してもらいたいものですね。

自然に触れる暮らし


スローライフとは「自然に触れる暮らし」ということなのです。

都会で生きていたら否が応でも目に入ってくるのはコンクリートに包まれたビル街や街並み、道路。

そしてびっしりと所狭しと建てられた住宅街。

わずかに公園や街路樹などの緑は点在するもののホッと一息つける環境か、とはとても言い切れない息もつまりそうなところが都会の暮らしの実態なのです。

そんな生活様式をスローライフではやんわりと否定しています。

人間は緑多い環境で生活してこそ、心にやすらぎと憩いを覚えるものだと問うているのです。

お盆やお正月に実家のある田舎に帰郷した経験のある方ならお分かりなのではないでしょうか。

何もない田舎ですが、青空と綺麗な空気と遠くに眺められる山々、もしくは広々とした海はいくらでも眺めることができます。

そしてなぜか大きく背伸びをして深呼吸してみたりしていませんか?

これが人間の求めている環境だと、つくづく思うのは私だけではないと思うのは早計でしょうか?

いえいえ、やはり本当はこういった自然に触れる暮らしに多くの人が憧れているのです。

都会の住まいでも、オーシャンビューや屋上緑化、屋上菜園に人気があるのも頷けるはずです。

やはり人間は生活の中に自然がないと心が休まらないのです。

スローライフはそんな人間の原点に戻りたいという欲望を叶えてくれる生活様式なのです。

仕事を変える

スローライフとは「仕事を変える」という発想にもつながるのです。

今、あなたが勤めていらっしゃる会社のお仕事はどのような関係のものでしょうか?

飲食関係でしょうか?それとも営業関係でしょうか?

世の中にはこれ以外にも様々な仕事が存在し、人々のより良き生活を作り上げていくために今日も多くの人達が携わっています。

ただ、悲しいかな多くの場合、個人の生きがいやゆとりは犠牲とされ会社の利益追求のため、あるいは自身の生活のためにギリギリの働き方を強いられているケースが少ないとは言いにくい状況なのです。

確かに自分一人だけが生きていく分を稼げばいいのいなら、そこまで苦労はしなくてもいいでしょう。

非正規雇用の身分であっても何とか生きていく事は出来ると思います。

しかし、人間は家族というものを形成しています。

もし自分が一家の大黒柱なら家族のために働き続けねばなりません。

例えその働き場が大企業であっても景気次第で明日はどういう境遇が待っているのか分かりません。

皆、何かに縛り付けられたようになって働くしかないのです。

ところが場所が変わればそういった気苦労も必要なくなります。

田舎ならば田舎の相場の暮らし方が出来るのです。

田舎は都会のようにモノは豊富にありませんがその代り物価が安いというメリットがあります。

土地の単価も安いため大きな家に移り住む事も可能です。

仕事の種類も都会程はありませんが、田舎暮らしなら贅沢な生活レベルを望まない限りちゃんとやっていける程度の仕事はあります。

要は気持ちの持ちようです。

ぜいたく品を望まず、都会のような便利な暮らし方を求めないのなら田舎で十分やっていけるのです。

スローライフとはあなたの欲求がどこに向いているのかを問い質してくれる絶好の機会かもしれないのですよ。

スローライフを送る10個のメリット

では次にスローライフを送るメリットを考えてみましょう。

全部で10個、ご紹介致します。

ストレスが少ない

スローライフを送るメリットの1つ目は「ストレスが少ない」です。

スローライフは今までの過密な働き方をする会社勤めはやめ、住まいも緑多い場所に移り住むのが定番的な考え方です。

その分、今までのような通勤ラッシュや交通渋滞、人混み、会社での上限関係、コンクリートに囲まれた住居からは離れた暮らしになるはずです。

そうなれば得られるものが「ノンストレス」、つまり都会生活で受けるはずのストレスは避けられるという事です。

これは今まで感じる事が出来なった新たな発見をあなたに与えてくれるでしょう。

ストレスはつまり自分自身が感じる苛立ちや怒り。

それらを我慢しなければならないのでストレスとしてあなたの心身を蝕んできていたのです。

このストレスが消え失せるわけです。

これは非常に大きな収穫となるでしょう。

ストレスのかからない生活がこれほど快適で健康的だったとは。

スローライフのメリットにあなたは驚かれる事でしょう。

物を大切にする

スローライフを送るメリットの2つ目は「物を大切にする」です。

都会暮らしは便利です。

生活用品が切れたりしたらすぐに買いにゆけます。

よっていつからか私たちは物を大切にする習慣がなくなってしまいました。

トイレットペーパーも歯ブラシもまだ使えるのにちょっと傷んだりしたら遠慮なく捨てて次の新しいものに買い替えました。

ただそのような行動がいけない行動とは言いません。

先の傷んだ歯ブラシでは歯茎を傷つけます。

替え時になったら新しいものを買いかえるのはいい事です。

問題は、その物がそこまで傷んでもいないのに捨ててしまって新しいものに買い替える事。

資源や物が無限にあるという発想は危険です。

明日どうなるか分からないのです。

ただ、どうしても便利な都会で暮らしていれば自然、物を大事にしなくなってしまいました。

ところが生活スタイルをスローライフに切り替えたらこの無駄遣いがなくなるのです。

例えば田舎暮らしだったらスーパーやコンビニは自宅の近くにないかもしれません。

備蓄するにしても大事に使って長く使おうという気になるのが人間の考え方です。

もったいない、という精神は恐らくどの人間にも備わっている考え方だと思います。

物を大切にして生きていく。

これって人間が本来、行うべき基本中の基本だったはずですよね。

人間関係を大切にする

スローライフを送るメリットの3つ目は「人間関係を大切にする」です。

都会の住宅街で隣近所のお付き合いがある地域というのは今や稀ではないでしょうか?ましてやマンションや集合住宅ではそのようなものは皆無に等しいでしょう。

うちの隣人は誰だか分からない、という状況は都会で暮らす一つのパターンです。

ところが田舎暮らしに代表されるスローライフでは地域の住民の距離がぐんと近くなります。

特に新しい人が近くに越して来たらあれやこれやと面倒をみてくれる風習が残っている地域も珍しくありません。

つまり人と人の絆が都会に比べてより密に出来ているのです。

これによって改めて人間関係の大切さを思い知らされるきっかけにもなるわけなのです。

この人間関係、都会の生活に慣れ過ぎた人にとっては逆にストレスに感じてしまう傾向が近頃、耳に入ってきます。

都会の1人暮らしでやがて孤独に見舞われていく人生と、晩節に多くの親しい人が近所にいてくてる人生。

あなたならどちらを選びたいですか?

健康に気を遣った生活をするようになる

スローライフを送るメリットの4つ目は「健康に気を遣った生活をしるようになる」という事です。

それは生活サイクルが規則正しくなってくるからです。

都会で会社勤めの方は、早朝から夜遅くまで毎日激務の連続ではないでしょうか?朝は満員電車に揺られ帰りも終電ギリギリが日常茶飯時。睡眠時間が十分取れないのも日常的。

これだと規則正しい生活をするのはなかなか難しいでしょう。

朝はぎりぎりまで寝ていれば、朝食をゆっくり食べている暇もありません。

もしくは朝食抜きの方も多いでしょう。

昼は簡単な軽食。そして夜は同僚とのお付き合いや接待等で否が応でもアルコールの毎日。

これで健康な生活を送れという方が無理ですよね。

スローライフのメリットの大きなポイントとして健康的な生活が送れるようになる、というのは理屈ではなく事実なのです。

毎日、あくせくした生活に追われる必要はありません。

強要される酒席もありません。

就寝時間も起床時間もピタッと規則正しくなります。

勿論、三度の食事もです。

このような規則正しい生活を送って健康を害する、という事例は聞いたことがありません。

健康で長生きを目指したいなら、スローライフは打ってつけと言えるでしょう。

小さなことに気付くようになる

スローライフを送るメリットの5つ目は「小さなことに気付くようになる」です。

スローライフは基本的に時間に追われない生き方です。

例え住んでいる場所が都会であったとしてもです。

それによって今まで時間に追われて慌ただしい生活を送っていた頃と比べたら、驚くほど自分の身の回りが見渡せるようになるのですよね。

これは一緒に住んでいる家族の方に聞いてみたらよく分かるでしょう。

今まで忙しさにかまけて家の中の事が何一つ分からなかった、例えば予備のトイレットペーパーの置き場所すら分からなかったあなたの存在を指摘してくれるでしょう。

あなたは一家の大黒柱でありながら家の中の事は何一つ分っていなかったのです。

ところがスローライフを行うようになって時間的に余裕が生まれたことによって、今まで気づかなかった小さな事が面白いように分かりだすのです。

お金をあまり使わなくなる

スローライフを送るメリットの6つ目は「お金をあまり使わなくなる」です。

スローライフな生き方とは都会の第一線から身を引いた生活です。

生活基盤は主に都会から離れた郊外や田舎になるでしょう。

地位や名誉に囚われないのどかな生活が主目的となるのです。

そのような環境に身を置くと、それまで都会暮らしで必要だった「贅沢品」には縁がなくなってしまいます。

なくても全然気にならなくなるのです。

何故なら、それらを補って余りある「大自然」があなたのすぐ近くになるのですから。

都会の生活では、何とかして「緑」や「土」を自宅の一部に取り込もうとします。

景色や眺めのいい高層マンションの最上階に人気があるのもそのためでしょう。

ただ必然的にそれに見合う出費を毎月強いられるため、あくせく働くという循環を繰り返します。

しかし、スローライフな生活にはそのような出費は必要ありません。

毎月の食費さえ確保できれば何とかなるのです。

住むところが田舎だったら住居費も安く済みます。

なので、スローライフな生活になるとお金をあまり使う必要がなくなるという訳なのです。

安全な食べ物を食べる機会が増える

スローライフを送るメリットの7つ目は「安全な食べ物を食べる機会が増える」です。

スローライフにおける大きなメリットの一つでしょう。

住む場所にもよりけりですが、田舎では農作物や海産物などの食材が都会のどこのスーパーで購入するよりも安く、且つ、安全なものを食べられるようになります。

もしあなたが自宅の一角に家庭菜園を始めたら、野菜は自給自足できるかも分かりません。

それが出来なかったとしても「道の駅」などの施設に行けば驚くほど安価で農薬を使っていない取れたての新鮮な野菜を手に入れることができます。

田舎の水は都会の水とは違って栄養豊富な水なのです。

その大地の恵みを吸収して野菜も芳醇な味を提供しているのです。

一度、味わってしまったら虜になることは間違いないでしょう。

精神的に余裕ができる

スローライフを送るメリットの8つ目は「精神的に余裕ができる」です。

スローライフな生活を送る現場はのどかな郊外や田舎が多い事でしょう。

都会のように便利な商業施設は近くにはないでしょうが、都会の生活では決して手に入らない豊かな自然がそこにあります。

人はどういう訳か、自然の中に身を委ねるとそれまでのあくせくした生活をすっかり忘れ、その場所が自分の本来いる場所だと認識してしまいます。

田舎は都会と違い時間の流れがゆったりしています。

交通手段もそれに合わせたかのように本数は少ないです。

でもそれで十分、やっていけるのです。

この環境が精神的な余裕をあなたに与えてくれるのです。

都会の生活では決して手に入らなかった「余裕」。

人間性の回帰にはなくてはならないものでしょう。

時間に追われない

スローライフを送るメリットの9つ目は「時間に追われない」です。

スローライフな生活に時間の制約はありません。

会社勤めをやめ、田舎の生活スタイルに馴染んでいけば分かりますが、とにかく全てが「スロー」です。

時間が止まっているのか?と思うくらいのどかです。

田舎には多くの人が出勤するくらいの大規模な会社もありません。

基本、第一次産業と呼ばれる農業や漁業がメインになります。

つまり日の出から日没の間が人間の活動時間帯なのです。

このゆっくりした時間の流れ。

あなた自身の管理の元で自由に使うことが出来るということです。

穏やかな仲間も増える

スローライフを送るメリットの10個目は「穏やかな仲間も増える」です。

スローライフな生活を送る上で欠かせないのが近隣住民たちとの絆です。

特に近年は「限界集落」や「空き家」の増加で地域の平均年齢は上昇傾向が続いています。

だから、どの地域も他地区からの若い人たちの移住は基本的に「ウエルカム」なのです。

よって、最初の挨拶などのとっかかりを上手くこなせばその後は穏やかな人間関係を続けられる仲間が増えることでしょう。

スローライフのデメリット

それでは次にスローライフな生活を送ることのデメリット面を6個ご紹介します。

社会に取り残されないか不安

スローライフのデメリットの最初の1つ目は「社会に取り残されないか不安」です。

スローライフな生き方は、基本的に会社を退職し、自営を始めるか地元で小さな職業に就くか就農するか、という選択肢になってくるでしょう。

この選択は、あなたが企業戦士としてのプライドが高ければ高い程、受け入れにくい選択肢でしょう。

都会ではなく田舎が生活基盤になるのですから、あらゆる情報が入ってこなくなってしまい社会から取り残されるのでは、という不安感が増大するでしょう。

よって、これから新社会人として巣立ってゆく若者には、とても眼中に入る生き方とはならないでしょう。

スローライフな生活に身を置こうという選択は、ある程度世の中でもまれてきた人間に限られてくるでしょうね。

勿論、社会から全くというわけではないにせよ、かなりのレベルで世の中の第一線からは退く事になります。

その覚悟がなければとてもスローライフな生き方は出来ないでしょう。

周囲に怠けていると思われる場合がある

スローライフのデメリットの2つ目は「周囲に怠けていると思われる場合がある」です。

確かに昨日まで会社勤めをしていたはずなのに、このところ毎日家にいるところを近所の人に目撃されたら、そう思われるかもしれませんね。

よって、今の都会にある住居でスローライフを始めようと思ったならば、そういった覚悟も必要となってくるでしょう。

ただ、怠けているかどうかについての判断は周囲の人が行うものではありません。

あなたのモチベーション次第ですからね。

実際に田舎で暮らすと不便

スローライフのデメリットの3つ目は「実際に田舎で暮らすと不便」です。

憧れの田舎住まいに念願かなって始めてみたはいいのですが、実際に住んでみたら最初に抱いていたイメージと大違いだった。

こういった失敗談はよく聞く話ですね。

スローライフは「ただ現実逃避したいから」という理由で始めてしまっては危険です。

田舎住まいは都会の生活に慣れた人にとっては思い違いの連続になってしまいます。

田舎は大いに不便、という事なのです。

この事実を事前によくよく調べてから実行に移されるべきでしょう。

自然は意外と手ごわく思い通りにいかない

スローライフのデメリットの4つ目は「自然は意外と手ごわく思い通りにいかない」という事です。

都心部と田舎の最も大きな違いは、「自然の驚異」です。

都市ではいざという時の災害対策が施されています。

地下道や高いビルなど避難場所も結構完備されていますし、上下水道も完備され電気やガスなどのライフラインもほぼ問題なく作動しています。

しかし、田舎で一たび災害に見舞われると大惨事に発展する可能性もあります。

自然の驚異は都会に住み慣れた人間の想像をはるかに超えているという事を重々、肝に銘じておかなければならないのです。

将来の経済的な不安

スローライフのデメリットの5つ目は「将来の経済的な不安」です。

スローライフで高額の月収を得る事は容易ではないでしょう。

という事は貯金を含めた経済的な不安が常に付きまとってくるという事になります。

恐らくスローライフを始めたら毎月の生活費でいっぱいいっぱいでしょう。

とても貯蓄にまで回す余裕はない、という事になります。

ですので、まだ若い方がスローライフを選択する場合は、余程の将来設計を立てておかないと生活に困ってしまう可能性もあります。

収入と支出の綿密な計算は必ずやっておかなければならないという事です。

子供がいる場合は教育の遅れが不安

スローライフのデメリットの6つ目は「子供がいる場合は教育の遅れが不安」が挙げられます。

しかし田舎住まいに都会並みの教育水準を求めるのは難しいでしょう。

ただでさえ人口の少ない場所なのです。

公立の小中学校にしても自宅近所にないことも多く、通学に相当な時間がかかることを覚悟しておく必要もあるでしょう。

そして問題は学力のレベルです。

受験を意識するならば町の塾まで親が送り迎えしなければならないでしょう。

それくらい都会とはレベルが違うということを知る必要があります。

スローライフには向き不向きがある

如何だったでしょうか?ここまではスローライフのメリットとデメリット面をそれぞれ紹介してまいりました。

社会の複雑化によって新しい生き方として注目を集めている「スローライフ」。

しかし、安易な決定はあとで後悔する可能性もあります。

単にブームに乗ると失敗する

「スローライフ」は「田舎住まい」「移住」というキャッチフレーズとして、時代のブームになっている感もあります。

「これだけ多くの人が積極的に移住する時代だったなら、一つ私もそのブームに乗ってやってみようか?」と思われる気持ちも分からなくはありません。

しかし、ブームは所詮ブームです。

ただの「流行」と考えておいた方がいいかもしれません。

そのような浮ついた気持ちで簡単にブームに乗っかってスローライフを始めると、「失敗」という結果が返ってきてしまう可能性があります。

自分の性格や価値観に合っているかよく考える

まずは、ご自身の性格や価値観がスローライフの生き方に向いているかどうかをじっくり検証してみる事です。

そして実際に住みたいと思っている現地に足を運んでみて自分の目でしっかり見てくる事です。

出来れば1週間くらい現地に泊まって朝から夜までのその現場の移ろいを観察しておいた方がいいでしょう。

思う事と実際に触れてみる事は大違いです。

是非とも実行してもらいたい下準備ですね。

経済的なこともよく考える

勿論、一番重要なのが経済面です。

スローライフになるということは、従来の収入が大きく減少するという事にもなるのです。

果たしてこれからの生活を今後の収入でやっていけるのか検証しておかなければならないでしょう。

スローライフで人生が変わるかも

如何だったでしょうか?

「スローライフ」という言葉の聞こえがいいので「今のしんどい仕事から脱出して呑気で優雅な毎日を送れるのかなあ?」と漠然に夢を追いかけるかのような方も、もしかしたらいらっしゃるかも分かりませんね。

スローライフは「田舎住まい」なので、周りは何もありません。

あるのは山か海、そして田んぼなどでしょう。

コンビニもないところや、場所によってはスマホの電波も届いていない事もあるかもしれません。

他にも不便な事がたくさんあると思います。

もしスローライフを送りたいと思うなら十分な事前調査を行い、後悔のないスローライフを
送りましょう。