児童が成長しやすい環境を作るのは親の役割です。

自分たちの間にできた子供が、きちんとまっとうな大人になって社会の中で活躍してくれるようになれば、と望んでいる人はたくさんいるでしょう。

そのためにも、きちんと育てなければいけませんが、子どもが育っていく中では、親の教育以外の要因もたくさん関係があります。

どのような子供に育つかは個人の資質というものももちろん大きくはありますが、それだけではなく、環境から受ける影響というものももちろんあるのです。

それでは、その環境をできる限り良くするために、大人はどのようなことをしてあげられるのでしょうか。

親が関係できるのは家庭内の教育だけと考えている人もいるかもしれません。

ですが、それは違い、きちんと子どもの育つ全体的な環境を作ってあげることと言うのも大切なものになってくるのです。

児童が成長しやすい環境には何が必要なのか、大人は子どもにどのようなことをしてあげなければいけないのかについてご紹介します。

親になるとだんだんと気になって仕方がなくなる子供のための環境について知りたい方は、ぜひ詳しく見てみてください。

児童が成長しやすい環境を作るのは大人の役割

子どもが成長して親になると、だんだんと考えることが変わってきます。

自分が中心の世界から子どもが中心の世界に変わりますよね。

そこで気になってくるのは、自分の子どもがきちんと健やかに育っていくことができる環境であるのかどうかということでしょう。

児童が成長しやすい環境と言うのは絶対的に子どもには必要なものですし、それを作るのは大人の役割であって義務でもあるように感じているはずです。

子供が成長しやすい環境を作ることができれば、まっすぐに育ってくれるというわけではありませんが、やはり、子どもにとって良い環境を与えることで、きちんと子どもが受け取るべきものを受け取って大人になってくれるのです。

児童が成長しやすい環境を作るというのは、家庭だけに限った話ではなく、地域全体で作るものかもしれません。

子どもの成長のためにも、大人が考えなければいけないこと、大人がしなければいけないことについて詳しく見てみることにしましょう。

子育ては自分には関係ないと思っている方でも、地域の中でできることがあるかもしれません。

そもそも児童って……?


児童と言う言葉が出てきましたが、そもそも児童と言うのはどれくらいの年齢までをイメージすると良いのでしょうか。

子どもと言われる年齢には幅がありますし、使われる文脈によっても異なってきますよね。

実際に「もう大人」だと思っている年齢の人も「児童」に含まれてしまっていることもあるかもしれません。

幼児や乳児と言う言葉にも同じ印象がありますが、何となく抽象的に子どものグループを想像してしまう「児童」と言う言葉は、そもそもはどの年齢群のことを言うのでしょうか。

まずは児童の環境を考える前に、どのような年齢の人のことを自動と言うのか、どれくらいの年齢層を対象とした環境のことを話しているのかなど、認識を一つにしておいた方が良いでしょう。

法律によって年齢が異なる

児童と言う言葉をはっきりと理解するのは実は難しく、法律上でも何歳までかということが曖昧になっていることがあるようです。

と言うのも、児童と言う言葉でくくられている法律の対象となっている年齢が、法律によって異なるからです。

児童を対象にしている法律の中には「児童福祉法」などがありますよね。

また、児童手当と言う言葉の中で使われることもありますし、「母子及び寡婦福祉法」という法律の中で児童と言う言葉が使われていることもあります。

それぞれ大幅に年齢が異なっていますので、何を対象にしている話なのかということは、文脈を見てみなければ分からないということが本当なのかもしれません。

法律や法令ではっきりしたことが分かっていなのだとすれば、定義的にも曖昧であるということになってしまいますよね。

具体的に詳しく見てみることにしましょう。

18歳以下?

「児童福祉法」と言う法律の中での児童は、二つに分かれています。

一つ目としては1歳から小学校に入学する年までという区分ですね。

大体6~7歳くらいまでということになるでしょうか。

ちなみに用事と言う言葉は5歳前後くらいを指しますから、この場合には自動と言う言葉は用事と言われる年齢くらいのことを言っているのと同じになるようです。

もう一つの区分としては、小学校に入るくらいの年から、18歳までとなっています。

18歳と言うと高校を卒業する年となっていますから、小学校から高校生になるくらいまでの年齢の区分ということですね。

つまりは、「児童福祉法」の中ではジャンルが二つになってしまっているとはいえ、大きく言えば18歳以下ということになります。

また、児童手当の法律の中で決まっているのは18歳に達してから、次の3月末までという決まりになっています。

つまりは、高校卒業までということになりますね。

ところが、「母子及び寡婦福祉法」の中では20歳未満となっていますので、若干幅があるということが分かります。

イメージ的には小学生くらいまで

それでは児童と言う言葉で一般的な人がイメージするのはどれくらいの年齢までのことでしょうか。

児童と言う言葉には幼いという印象があり、ここからイメージされるのはやはり、小学校入学前から大体卒業くらいまでということになるのではないでしょうか。

教育の中で使われることが多い言葉でもありますので、幼稚園くらいから小学校卒業の年までであり、それを越してしまうと、くくりとしては児童と言うよりは「中学生」「高校生」というものになってしまいそうですね。

実際に、高校生が児童に含まれるというと、何となく印象が異なっているように感じる人もいるでしょう。

イメージされるものとしては幼い印象なのです。

最近では18歳を成人にしようという動きも一部ではありますので、何となく児童と言うには大きすぎるようなという印象でしょうか。

ここでは、児童と言う言葉からイメージされるものではなく、一応、18歳以下までと言うくくりを採用していくことにしましょう。

周りが気を付けてあげたい4個のこと


児童の健やかな成長のためには、しっかりと周りが気を付けてみてあげなければいけないことがたくさんあります。

子どもと言っても、悩みや問題点を素直に見せてくれるものではありませんし、子どもが気づかないで摂取しているものが良いのか悪いのかということは、きちんと親が考えて導いてあげなければいけないところですよね。

しなければいけないことを考えると、大人の立場としてはキャパシティオーバーとなってしまいそうですよね。

ここでは、大人が子供にしてあげたいと思うようなことを4つのジャンルに分けて、そこから細かくそれらについて見てみることにしました。

特に、初めての子育てでは何をすれば良いのか分からない、どのようなことがベストなのか分からないという状態になっているでしょうから、色々整理して考えてみることにしましょう。

自分がどのようなことをすれば良いのかをきちんと分かっていれば、焦ることなく子どもにとってベストな環境を作ることができるはずです。

ちょっとした表情の変化

まず、児童の表情をきちんと見てあげたいところですね。

子どもを育てるにあたっては、色々と気に駆けなければいけないところはたくさんあります。

子どもの育つ環境を整えてあげるというのは、大事なことではありますし、絶対に必要なことでもあります。

ですが、子ども自体のことを見ていない人と言うのは、どれだけ環境を整えてあげても、子どものためにはなっていないのではないでしょうか。

ちょっとした表情の変化は、子ども自身が隠そうとしていることなのだとすれば、そう簡単に読み取ることはできません。

きちんと見ていなければ、気付いてあげることもできないでしょう。

ですが、そうした表情にこそ、子どもが悩んでいることなどが表れている可能性もあるのです。

環境という大きな場所に目を向けることももちろん大切ですが、子どもの表情と言う小さなところから、環境を改善してあげることができないか、どこを改善しなければいけないのかを考えることも大切なのです。

いじめにあっているかもしれない

子どもの表情が少しいつもと違うと思った場合、いじめにあっているのではないかということを考えてみても良いかもしれません。

子どもが自分からいじめのことを訴えてくれるというのは、特に初期のうちはないでしょう。

児童の中ではいじめがなかなかなくならないと言われていますし、何も理由がなくてもいじめが起こるということも、大人の目で見ればすぐに分かります。

ですが、その中で子どもは、自分が何か悪いことをしてしまったのではないか、いじめにあっているなんて恥ずかしいと感じてしまうのです。

だからこそ、大人には隠そうとしますし、それとはっきり分かるような形でSOSを出してくることはないでしょう。

ですが、表情の中では完全に隠すことはできないということもあります。

些細な表情の変化を見て、おかしいということに気づいたのなら、子ども同士の社会の中で、何かおかしなことが起こっているのではないかと疑ってみても良いでしょう。

精神的に落ち込んでいるかもしれない

精神的に落ち込んで悩みを抱えている子供もたくさんいます。

現代では児童であったとしても、精神病にかかってしまうということが珍しくないのです。

精神的な悩みや重さと言うのは、早めに解決しておかなければ深刻化してしまう可能性があります。

子どもが明確にSOSを出してきたときにはもう手遅れかもしれないと思うことにして、子どもの些細な表情に目を配りましょう。

深刻化する前に手を打つことができれば、元の健康な精神状態に戻すことも難しくはありません。

質の良い食事

児童に必要なものの一つには質の良い食事があるでしょう。

子どもがきちんと質の良い食事をとっているかどうかと言うのは、きちんと親の目から見て確認しておかなけばいけません。

食事を与えないというような虐待をしているのではなく、質の良い食事をしているかということになってしまうと、そこまでは気が回らないという忙しい方もいるかもしれません。

ですが、子どもは、ある程度荒れた生活を送っても生きていくことのできる大人とは違います。

まだ身体も出来上がっていないような状態で質の悪い食事ばかりをとっていると、将来に悪影響であるということが良くあるのです。

きちんと質の良い食事をとって、しっかりと栄養をつけさせてあげなければいけないのは当たり前です。

食事を与えることばかりに気を使っているのではなく、自分が子供に食べさせているものが質の良いものなのかということを、きちんと考えてあげる必要があります。

なるべく添加物の少ないものを

子どもに与えるのなら、なるべく添加物の少ないものを与えるべきですね。

大人の身体ではいくらでも添加物を取ることができますが、子供を健やかに育てたいと思ったら、きちんとした添加物の少ないものを与えた方が良いでしょう。

子どもだから多少の物は大丈夫なのではなく、子どもだからこそ、無添加に近い、身体に優しいものを食べるべきなのです。

子どもの成長期には、できる限り身体にとって悪いものや無駄なものは取り入れない方が良いでしょう。

全ての作物を無添加にする必要はありませんが、自分のために作る食事とは異なるのだということを覚えておかなければいけません。

全部をオーガニックにする必要はなくても、できる限り添加物を排除した生活を送った方が子どものためになるということは確かでしょう。

成長期に栄養のあるものをたくさん食べさせて

児童の主な年齢を考えてみると、大抵は成長期だと言ことが分かりますよね。

女の子の方は少し早めに訪れることもあるかもしれませんが、男のこの場合には高校生になってもまだ身長が伸び続けるということもあるでしょう。

最近では大きい人も増えてきていますから、身長をきちんと伸ばすことができるように栄養面でサポートしてあげるということは絶対に必要でしょう。

子どもが身長をコンプレックスに思わないように育ててあげることも大切です。