「なにをしても気持ちが入らない」「体が怠くてやる気が出ない..」

体調が悪いわけではないのに、どこか本調子じゃなく気持ちが落ち込んでしまう…

なんていう人はもしかしたら“ストレス”が原因かもしれません!

心が疲れているとカラダにも影響を及ぼします。

体に鉛を取り付けられたように、重たく感じたり、特に理由もないのにため息が出たりするのは、カラダからのレッドサインです。

自分では気づいていなくても、私たちの日常にはいろいろなストレスの原因が潜んでいます。

ストレスというのは無意識のうちに溜まっていくもの。

コップに水滴が一粒ずつ落ちてはいつの間にか並々と蓄積していくように、小さなことも積み重なればいつかは容量オーバー!

自分のことって、知っているようで意外と知らないものなんですよ。

自分のコップがどの程度の大きさなのか、今どのくらい水が溜まっているのか、あなたはきちんと把握できていますか?

それを知っておかないと、溜まった水が急に溢れてしまいかねません。

自分の周りが水浸しになってしまっては身動きがとれませんよね。

そうならないよう、時には自分の心としっかり向き合って、ストレスの原因を真正面から受け止めて消化してあげる必要があります。

毎日鬱々とした気分に悩まされている人、やるせない日々を抜け出したい人、そのままにしていてはどんどん悪化する一方。

ストレスの原因は、きっとあなたにとって考えたくない事だったり見たくないものだったりするのかもしれません。

でも、やはり自分の為にもストレスと向き合うことは避けて通れない道です。

今回は、多くの人が心に抱えているストレスの原因とその対策について考えていきましょう。

ストレス無く生きている人はほとんどいない

ストレスと無縁の生活というのは、なかなかに難しいものです。

なんていっても、ストレスの原因というのは、身の周りにゴロゴロと転がっているから!

一つもぶつからずに避けて通るなんていうのは不可能に近いと言えます。

「能天気」「楽天的」と呼ばれるような人でも、ストレスを感じないことはほぼありえないでしょう。

ストレスの種類

ストレスの原因が身近なところに沢山あるように、ストレスの種類も多々存在します。

あなたの抱えているストレスの種類はどんなタイプでしょうか。

自分の抱えがちなストレスの傾向を探ってみることで、どんな方面からのストレスに弱いのか、

今後どう対処していけばストレスを軽減できるのかが見えてきます。

今回は客観的に自分のストレスと向き合ってみましょう!

1. 人間関係のストレス

成人した社会人の抱えるストレスの原因を調査したとあるランキングのデータを見てみると、男女ともに「人間関係」という理由が大半を占めていました。

特に女性は圧倒的に人間関係でストレスを感じている人の割合が多く、男性の場合は「仕事」に次いで2番目に多い結果となりました。

中身を詳しく探ってみると、この人間関係が指すところはプライベート的な部分ではなく、会社内での上下関係や同僚との人間関係について悩んでいる人が大多数!

社会人になると学生のころとは違い、自分の好き嫌いで交流関係を自由に築ける環境ではなくなります。

会社内におけるコミュニティというのは、社会人として働くうえでとても大切なものです。

同じ会社で働いている以上、社内での繋がりを単なる好き嫌いで遮断するわけにはいきません。

どんなに苦手な相手でも関係を円滑に築いておかなければ仕事に支障をきたします。

しかも仕事となると、否が応にも週5日以上顔を合わせる関係になります。

それこそ、家族や友人と過ごす時間よりも多くの時間を共有するわけです。

その人物が自分にとっていい影響を与えてくれる人であればいいのですが、全員が全員と良い関係を築けるとは限りません。

自分が本能的に「苦手」「嫌い」と感じる人と一緒にいるのは、思っている以上に辛いものです。

人にはそれぞれの個性や性格による相性があります。

他人はなんとも思わないことでも、あなたにとっては心底NGということも大いにあり得ます。

あなたにとって、「話し方が威圧的で苦手」という人であれば、ただ話をするだけでストレスを溜める原因にもなりえるでしょう。

社内の人間関係で悩んでいる理由

・会社内の派閥争いに巻き込まれる
・上司が必要以上に厳しい
・噂話が好きなお局がいる
・仕事のできない上司がいる
・同僚と扱いの差を感じる…etc.

仕事とは関係の無いところで、余計なパワーを使ったり、不当な扱いを受けたりするとウンザリしてしまいますね。

実際、嫌いな人が一人もいない職場なんていうのはなかなかに珍しいものです。

2. 仕事の忙しさのストレス

人間関係とは、また違った部分で、仕事の現場で感じるストレスといえば「業務多忙」によるものがあります。

程よい充実感を得られる忙しさであれば、仕事へのやりがいやモチベーションに繋がりますが、精神を削るような行き過ぎた忙しさは心の余裕を奪っていきます。

さらに、忙しい日々が続くと体に疲れが溜まっていき、体力的にもバテてしまい心身ともにグッタリ…。

特に、入社したてで慣れない業務に四苦八苦している新入社員や、〆切が多い編集職、休日が少ない接客業、

管理業務を任されている中間管理職の人は繁閑の差に関わらず忙しさがついて回るので仕事に関するストレスを抱えがちです。

毎月一定の時期だけ忙しいというようなものならば、我慢のしようがありますが、

慢性的ともなるとストレスを和らげる時期を作ることができず心も体もストレスに蝕まれていくばかり!

うまく発散できる人なら良いですが、真面目であればあるほど、折角の休日にも仕事のことを考えてしまったりして、

うまく切り替えができずに悩むことになってしまうので注意が必要です。

仕事の忙しさがストレスになる理由

・体を休める時間が十分に確保できない
・睡眠時間が削られている
・プライベートな時間や趣味が満喫できない
・ストレスを発散できる時間が作れない…etc.

社会人の生活の大半を占める職場環境というのは、ストレスの元になりやすいということがわかります。

3. 恋愛のストレス

一見、楽しみや幸せなど明るいオーラで溢れているイメージが強い「恋愛」ですが、意外にもストレスの原因として上位に組み込んでくる項目なんです。

恋愛というのは、仕事と同じで真面目であればあるだけ、そこにかかるパワーが偏ります。

その分、楽しいときに働くプラスの作用が大きいのはもちろん、悲しいことがあったときのマイナスの作用も大きくなるんです。

恋愛の時に生じる独占欲や嫉妬心というのはとても厄介で、大きく膨らむと心身ともに蝕むほどの脅威になりかねません。

心の中にモヤモヤと負の気持ちが渦巻いていると自然と気持ちは落ち込んでいき、沈んだ気持ちはやがてストレスへと変わっていきます。

いいことばかりではないのが恋愛ですが、必要以上に考えこんでマイナスな思考に偏ってしまうのは避けたいですね。

恋愛が原因でストレスが溜まる理由

・恋人とすれ違ってイライラ
・浮気の可能性があって不安
・相手の機嫌や顔色をつねに窺っている
・頻繁に喧嘩をしてしまう
・相手からの連絡を待ちわびている
・結婚に対する価値観が合わない…etc.

恋人同士の歩調があっていなかったり、信頼感が欠けていると恋愛でのストレスは大きくなっていくようです。

4. 家事のストレス

人によってストレスを感じるポイントはさまざまですから、家に居ながらにしてストレスを感じることあるでしょう。

家庭内の家事洗濯を全面的に支えている女性は、家にいてもあまり気が休まらないという人が多いようです。

1人暮らしの人も勿論ですが、食事、洗濯、掃除などの家事全般は働きながら両立するとなると、どれも意外と億劫なものです。

それも家族数人分の家事を一手に担うとなると負担も倍に…。

世の主婦(夫)の皆さんはどなたも尊敬に値します。

中には家事が好きだという人もいますが、ごく少数派であることは間違いないでしょう。

忙しいときに、やらなければならない家事と直面すると嫌気がさしてしまうこともありますよね。

家庭で感じるストレスの理由

・共働きなのに自分にばかり家事の負担が多い
・疲れているときに「ご飯は?」と聞かれる
・家族が家事に対して非協力的な姿勢
・苦手なりに家事を頑張ってるのに文句ばかり言われる…etc.

なんてことない家事も周囲の環境と気の持ち用次第ではストレスの原因となってしまうんですね。

5. 自分自身に対するストレス

ストレスは、なにも周囲から受ける影響が全ての原因というわけではなく、自分自身に対する苛立ちや不甲斐なさから生じることもあります。

自分自身の姿に、理想と現実のギャップを感じたり、自分のプライドのせいで物事がうまく進められなかったりして躓くこともよくある話です。

中でも客観的な視点で自分を観察できる人は、人一倍厳しい視点で自分を値踏みし、周囲からの評価にも敏感です。

そういった自らへの不満や不安、そして期待が心の負担になることもあります。

自分に対する苛立ちによるストレス

・要領の悪い自分に腹が立つ
・やりたいことができないもどかしさ
・周囲との差を感じて落ち込む
・自分に重い責任を課している…etc.

自分の可能性を信じ、高みを望んで上昇志向を持つのはいい事なのですが、

あまり根を詰めすぎてしまうと嫌な形で自分を追い込むことになってしまいます。

ストレスフリーな生活をするための20個のポイント

ストレスというのは、私達の生活と切っても切り離せない関係です。

ストレスを溜め込まないためには、考えることをやめ、鈍感力を磨くほかありませんが、いかんせんそれは人としての質を落としかねません。

問題に直面した時、人は思考し苦悩しながら、解決策を導き出します。

これは成長のための一途であり、とても大切なことです。

その中で、ストレスを極力溜め込まずに気持ちを穏やかに保つためには元来の〝考え方〟を少し変えるだけで全く違います!
ここからは、心の中のモヤモヤを解消し、ストレスフリーなライフスタイルを送るためのコツを教えしていきます。